東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
重要なお知らせ
先ほど、ページを運営するFC2ブログ様から、次のような通達が来ました。

2013年11月12日を以ちまして、課金モード『有料ブログモード』を廃止する運びとなりました。

いままでこの有料ページ「東南西北」では、有料ブログモード という方法を採用して参りました。しかしこれが11/12までで廃止されるため、バックナンバーモード という方式に移行させて頂くことになりました。 なおそれぞれのモードの説明ですが

有料ブログモード(今までのモード)

1ヶ月単位で料金を設定し、1/3/6/12ヶ月単位で購入できます。
購入したプランの期間中、そのブログのすべてのブロマガ記事が読むことができます。
購入した期間が終了すると、ブロマガ記事が閲覧できなくなります。

バックナンバーモード (11/12以降のモード)

記事の投稿年月単位で購入する方式。
購入した月のブロマガ記事は、期限なしに閲覧できます。

に移行することになりました。
なお、バックナンバーモードへ変更されますと
自動更新の際にエラーが発生する可能性がございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

特に今まで毎月購読してくださっている方にとっては、大きくは変わらないと思います。ただ時期によって登録されている方にとっては、今まで大きく変わってくることになるのではないのでしょうか。

大変ご迷惑をおかけしてしまいますが、どうかご理解のほどよろしくお願い致します。モードの変更は、11/11の夜に行うつもりでおりますので、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:無題 - ジャンル:その他

2017年夏甲子園4日目・第一・第二試合

大会4日目・第一試合 中京大中京 VS 広陵

中京大中京の先発は、磯村 峻平(3年)左腕。球速は135~140キロ強ぐらいだが、ボールにキレと勢いがあり球速以上に感じさせる球質。変化球はスライダーとのコンビネーションで、やや単調な印象は否めない。フォークもあるのだがまだ精度は低く、この球を打者に意識させることができるようになると、投球に奥行きが出て来るだろう。高卒プロという匂いはして来ないが、大学などでも活躍が期待される存在。

ドラフト候補としても注目される広陵の先発・平元 銀次郎(3年)左腕。こちらも135~140キロぐらいの球速だが、磯村ほどのキレは感じられない。ただし広島大会のときは、コンスタントに140キロ台~中盤ぐらいまで出ていて、これは単にスピードガンの違いからなのだろうか? 変化球は、110キロ台の緩いカーブと120キロ台のスライダー。時々左打者外角にズバッと良い球を決めるときはあるが、まだコントロール、投球術、ボールのキレ含めて物足りず、高校からの指名はどうだろうか? 大学などで更に総合力が引き上げられるようだと、卒業時には上位レベルに到達していても不思議はない。

この二人以上の球速を叩き出していたのが、伊藤 稜(中京大中京3年)左腕。小さめなテイクバックから、コンスタントに140キロ前後~MAX143キロに到達。ボールには確かな勢いが感じられるものの、その割に打者が苦になく合わしていたのが気になった。変化球もスライダーのみのようで、打者としては的が絞りやすいのかもしれない。この辺はチェンジアップ系のボールなど習得したり、フォームに更なる工夫を重ねるなど改善の余地がありそう。それでもランナーを背負うとじっくりボールを持つなど投げ急がないセンスもあり、まだまだ大学などでの成長が期待できる。

また中京大中京の核弾頭・伊藤 康祐(3年)中堅手も好選手。センターバックスクリーンに叩き込むパンチ力があり、右打席から4.3秒強(左打者換算で4.05秒強)ぐらいの俊足に、守備・肩なども悪く無さそうで三拍子バランスが取れている。関東などの有力大学などでも、野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また今大会注目の捕手であった 中村 奨成(広陵3年)捕手は、衝撃的な内容だった。ライトスタンドに2本の本塁打を叩き出したり、センター前、レフト前にもヒットを放つなど大当たり。県大会、打率.176厘の不調を払拭して見せた。また捕手としても打球への反応が素早かったり、バント処理の際に二塁で刺したような圧倒的な強肩ぶりも確か。強肩と超高校級の打撃で、1位指名候補であることを決定づけた。こと中国地区では、あの 谷繁元信(大洋-中日)以来の大物ではないのだろうか。

気になる点をあげれば、2度のキャッチングミスがあったこと。けして打球への反応が悪かったり、ミットの出し方は間違っていないものの、いずれも前に止められなかったのは悔やまれる。また打っているのが速球系だけなので、変化球をしっかりコンタクトしているところを次回の試合で観てみたい。昨年はややプレーに雑な面があったが、そういった部分はこの一年間でだいぶ解消されつつある。ただし投手の気持ちを察するようなきめ細やかなタイプというよりは、圧倒的な打力と地肩で魅了するポテンシャル型捕手であるのは間違いない。

また最終回に登板した 森 悠祐(広陵2年)右腕は、制球に苦しんだものの、MAX147キロを記録するなどスピード能力は一級品であることを示し、U-18の候補メンバーでもある 鵜飼 航丞(中京大中京3年)一塁手は県大会打率.190厘だったが、2本のヒットを放ち名目躍如といったところだった。

磯村 峻平(中京大中京3年)投手 178/77 左/左
伊藤 稜 (中京大中京3年)投手 177/81 左/左
伊藤 康祐(中京大中京3年)中堅 172/76 右/右
鵜飼 航丞(中京大中京3年)一塁 181/83 右/右

平元銀次郎(広陵3年)投手 180/73 左/左
中村 奨成(広陵3年)捕手 181/78 右/右
森  悠祐(広陵2年)投手 178/70 右/右

大会4日目・第2試合 横浜 VS 秀岳館

選抜で最も株をあげた男・川端 健斗(秀岳館3年)左腕が登場。相変わらず投げ終わったあとのバランスが悪いが、コンスタントに140キロ台~中盤の速球には勢いがある。更にハードな曲がりをするスライダーの威力は一級品で、三振を奪えるサウスポー。チェンジアップ系の球も投げるものの、現状は速球とスライダーのコンビネーション。全国で3本の指に入るサウスポーであり、ドラフトでも2,3位ぐらいでは消えるのではないのだろうか。粗っぽいコントロールなだけに、じっくりとみられると苦しいのと一辺倒な投球を今後いかに改善して行けるかではないのだろうか。

横浜の2番手で登場したのが、スーパー1年生である・及川 雅貴(1年)左腕。まだボールに凄みはないものの、すでにコンスタントに140キロ台を刻み、横滑りするスライダーとのコンビネーションで一定のまとまりを持つ。また田中将大を彷彿とさせるような顔つきで、意志の強さも滲みでる。この投手を今後、どの程度の選手までに育てあげられるかで、横浜の未来は大きく変わってきそうだ。やはり現時点でのレベルから考えると、上位指名でプロに送り出せるまでには育てあげたい。

横浜ではドラフト上位候補の 増田 珠(3年)中堅手が4番で出場。神奈川県大会では、打率.600厘 5本 11打点と存在感を示したが、この試合ではセンター前一本にとどまり充分なアピールとは行かなかった。甲子園でのアピール次第では、1位指名候補まで浮上しても不思議ではない状況だっただけに残念。緒戦で姿を消し、ドラフトでは2位指名前後に留まるのではないのだろうか。

来年の候補と期待される 万波 中正(横浜2年)右翼手は、リリーフで登場し常時140キロ台~中盤の速球を投げ込むなど、最近では投手の素材という色彩が強くなってきた。打席でもマウンドでも、力みが薄れ周りを見えるようになってきたところは成長の証。まだまだ投打に粗いが、ポテンシャルの高さがあるのは間違いない。来年のドラフト候補として、追いかけてみたい一人。

また県大会では、川端以上の投球で成長を実感させられた 田浦 文丸(秀岳館3年)左腕。しかし体調が悪く、予選よりも15キロ近い遅い内容で、全く物足りなかった。チェンジアップが良くなったことで投球の幅が広がったことは認めるが、次戦の巻き返しに期待したい。熊本予選並の投球を見せれば、いっきに指名候補に再浮上して来るだろう。

また指名候補と目されていた 福永 奨(横浜3年)捕手は、ホームランを放ったり捕殺を決めたりと存在感を示した。打撃も窮屈でバットの抜けが悪かったスイングが改善され、だいぶ素直に振れるようになってきている。また投げるまでに時間がかかったスローイングも捕ってから素早くなり、持ち前の強肩が生きるようになってきた。志望届けを提出すれば指名は濃厚な素材だが、ここに来て進学が噂されているのは残念。

川端 健斗(秀岳館3年)投手 175/70 左/左
田浦 文丸(秀岳館3年)投手 170/75 左/左

及川 雅貴(横浜1年)投手 181/78 左/左
増田 珠 (横浜3年)中堅 180/81 右/右
万波 中正(横浜2年)右翼 190/89 右/右
福永 奨 (横浜3年)捕手 177/81 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏甲子園3日目・第三・第四試合

大会3日目・第三試合 おかやま山陽 VS 聖光学院

おかやま山陽の先発・大江 海成(3年)右腕は、かなり肘が下がって出て来るスリークォーターから135~130キロ台後半の速球を投げ込んでくる。変化球は、カットボールにスプリットというところで球速以上にボールに勢いが感じられる。ただしその分投球に角度がなく、一辺倒な印象も否めない。大学などでも続けて行ける素材だと思うが、今後どのぐらい上積みが残っているだろうか?

聖光学院の先発・斎藤 郁也(3年)右腕は、腕が突っ張って投げるアーム式の力投派。球速は135~140キロ前半を記録するが、腕がしならないぶん、ボールの伸びでは大江の方があるように感じる。カーブ・スライダー・チェンジアップをなどを織り交ぜ、特にチェンジアップで空振りが奪えるのが強味。こちらも現時点ではプロ云々の素材ではないが、地方大学などでなら早くから頭角をあらわすかもしれない。

プロも注目するという 小松 章浩(おかやま山陽3年)右腕は、試合中盤から登場。181/79 の均整の取れた体格から、135~140キロぐらいの角度のある速球に、スライダー、フォークなどを投げ込んで来る。思ったほどストレートの勢い・球速が物足りなく、ボール全体が高いのも気になるところ。またフォークがまだ身体の近くで落ちていないのか? 見極められてしまうことも少なくない。将来性を秘めた素材なので、大学などでもうワンランク上の総合力を身につけたい。

聖光学院では、4番を打つ・柳沼 楽人(3年)一塁手が抜けた存在だった。コンタクト能力もあり、かつパワフルな打撃は、園部 聡(オリックス)を彷彿とさせる。下級生時代から全国で実績を残してきた先輩に比べると、実績・実力的にワンランク劣る印象はあるが、東北などの大学に進めば主力として活躍して行けそうな素材ではあった。今後の試合でも、どのぐらいの活躍を示すのか注目したい。

大江 海成(おかやま山陽3年)投手 176/76 右/右
小松 章浩(おかやま山陽3年)投手 181/79 右/右

斎藤 郁也(聖光学院3年)投手 174/71 右/左
柳沼 楽人(聖光学院3年)一塁 177/81 右/右

大会3日目・第四試合 早稲田佐賀 VS 聖心ウルスラ学園

聖心ウルスラ学園の先発・戸郷 翔征(2年)右腕は、サイドに近い腰高のスリークォーターで、常時135~140キロ台前半のキレの良い球が特徴。身体の近くでキュッと曲がるスライダーとのコンビネーション。シンカー気味の球もあるようだが、現状はこの球は発展途上。しかしボールの勢い、マウンド捌き、制球力などの総合力も高く、新チーム以後は宮崎を代表する存在になりそう。来年のドラフト候補の一人として、覚えておいて損はないだろう。

早稲田佐賀の方では、途中から登板した 森田 直哉(3年)左腕。181/79 の均整の取れた体格ながら、投げ終わった後バランスを崩すフォーム。球速は130~中盤程度だが、打者がタイミングがとり難いのか球速以上に威力はありそう。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、大学などで野球を続けてゆくのだろう。ドラフト候補云々ではないが、今後何処までストレートが磨かれるか。理想なステップを見つけて、力をうまく伝えられるようになりたい。

戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園3年)投手 184/70 右/右

森田 直哉(早稲田佐賀3年)投手 181/79 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 甲子園3日目 第一・第二試合

大会3日目・第一試合 日本航空石川 VS 木更津総合

今大会注目度NO.1投手だった 山下 輝(木更津総合3年)左腕。コンスタントに140キロ台のストレート(NAX144キロ)を、コーナーや低めに集めるなど速球の威力・コマンドは悪くなかった。ただし変化球でカウントを整えるのに苦労し、なかなかスライダーやチェンジアップで空振りを誘う場面まで持って来られなかったこと。そして苦し紛れに最後、速球で勝負せざる得ない状況を作ってしまい14安打をきっした。終始そういった収まりの悪さが改善されず、千葉県予選ほどのピリッとした内容ではなかったところは残念。持ち前のランナーを背負ってからの粘り強さも全国大会を主戦として投げた経験がなく、キャリアの浅さが最後の最後で逆転を許す格好となってしまった。大学進学が基本線だという話だが、県大会からの内容を加味すると、志望届けを提出した場合2位前後での指名があっても不思議ではない。貴重な将来先発ローテーションが期待されるサウスポーだが、大学に行って何か得るものがあるのかは疑問なのだが・・・。

一方の日本航空石川の先発・佐渡 裕次郎(3年)右腕は、常時135~140キロ前半のストレートに、身体の近くでキュッと曲がるスライダー、シンカー系のショート回転して沈む変化球とのコンビネーション。この球を、低めに集める丹念なピッチングが持ち味。あまりに低めに集めるので、打者が低めに目付けしやすいので、もう少し高めに吊ったり、両サイドのコーナーワークも使えるようになると狙われ難くなる。ドラフト候補云々というスケール型ではないが、完成度の高い投球を、今後いかに膨らませて行けるかではないのだろうか。

また1年秋の神宮大会で活躍し注目された 峯村 貴希(木更津総合3年)遊撃手は、このときの輝きを取り戻せないまま最後の夏を終えることになる。186/82 の大型遊撃手で、グランド映えする選手。遊撃手としてもかなり安定感を増してきて、地肩も基準以上。むしろ問題は、打撃の確実性がもう一つといった感じ。持ち得る潜在能力は高そうだが、まずは大学で総合力を引き上げ4年後を目指すべきではないのだろうか。

山下 輝 (木更津総合3年)投手 187/87 左/左
峯村 貴希(木更津総合3年)遊撃 186/82 右/左

佐渡裕次郎(日本航空石川3年)投手 182/75 右/右

大会3日目・第二試合 開星 VS 花咲徳栄

花咲徳栄の先発・綱脇 彗(3年)右腕は、ゆったりとしたフォームから投げ込む正統派。球速は130キロ台後半と驚くことはないが、小さく身体の近くで曲がる実戦的なスライダー、緩いカーブ、左打者には外に逃げてゆくツーシームと一通りある。高校の間に本格化しきれなかった印象だが、身体がビシッとして来ると面白いかもしれない。特にツーシームに威力があるので、この球を中心に投球を組み立ててゆきたい。うまく大学で総合力を高められると、卒業時には指名レベルに入ってきても不思議ではない。

またドラフト候補の 清水 達也(花咲徳栄3年)右腕は最終回に登場。少々癖のある腕の使い方をするフォームから、145キロ前後の高校生離れした重い球を投げ込んでくる。しっかりテイクバックできない分、変化球が曲がりきらず抜けることが多いのが難点。それでもストレートのコマンドがあるので、四死球で自滅する危うさは見た目よりも少ない。もう少し長いイニングでの登板もみたいが、プロ側の評価も高く中位~下位指名ぐらいでの指名があるのではないのだろうか。

また昨年から4番を任される 西川 愛也(花咲徳栄3年)左翼手も有力な指名候補。この選手の最大の特徴は、バットを強く振れる割にコンタクト能力も非常に高い  柳田 悠岐(ソフトバンク)外野手タイプ。まだ余計なアクションが多いのと、守備が左翼手、走力も平凡という部分をどう見るか?ただし打撃の潜在能力は相当高く、高校から指名される選手だろう。打撃の潜在能力は凄そうで、大物に化けるかもしれない。

また来年世代の野手の中でも期待されるのが、野村 佑希(花咲徳栄2年)一塁手。少々打席で力が入りすぎて打球が上がらない傾向があるものの、甲子園で初ヒットを記録したことで以後の試合に期待がかかる。打撃の能力には確かなものがあり、来年は三塁ぐらいを無難に守れるようだと、貴重な右の大砲候補として評価が急騰するかもしれないスター候補。

開星では、2番を打っていた 杉本 涼(2年)遊撃手が目立っていた。動きの良い遊撃守備に加え、右に左へと打ち返す幅のある打撃は必見。身体は小さいが、来年は島根を代表する野手に育ちそう。また3番を打つ・葉田 翔人(3年)右翼手は、打撃では結果が出なかったものの右翼守備で存在感を示した。強肩・好守のプレーヤーで、県大会.423厘の打撃も、予選の模様を観てレポートを作成したい。大学でも、野球を続けて行ける素材だろう。また最後に投げた 加納 智也(2年)左腕は、まだ130~135キロ程度ではあったものの、球筋がしっかりしていてボールに球速以上の強さがあった。キレのあるスライダーもあり、来年の開星を引っ張ってゆく存在ではないのだろうか。

綱脇 彗 (花咲徳栄3年)投手 180/80 右/右
清水 達也(花咲徳栄3年)投手 182/83 右/右
西川 愛也(花咲徳栄3年)左翼 180/78 右/左
野村 佑希(花咲徳栄2年)一塁 185/87 右/右

杉本 涼 (開星2年)遊撃 167/72 右/左
葉田 翔人(開星3年)右翼 170/77 右/左
加納 智也(開星2年)投手 180/84 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 甲子園2日目・第三・第四試合

甲子園2日目・第三試合 山梨学院 VS 前橋育英

昨夏も甲子園で登板した・吉松 塁(山梨学院3年)左腕が先発。球速は135~140キロぐらいとあまり変わっておらず、スライダー・チェンジアップを低めに集めて投げる粘っこい投球が持ち味。コントロールが甘くなり、持ち前の粘っこさが発揮できずに打ち込まれる。あとワンランク上の球速、変化球のキレや精度など総合力を大学で高められるかがポイント。すでにある程度のレベルまでは来ている選手だけに、このまま素直に全体レベルが引き上げられれば面白いとは思うのだが。

一方の前橋育英の先発は、皆川 喬涼(3年)右腕。選抜では野手としての比重が高くさほど注目されなかったが、昨夏の甲子園では最も良い球を投げていた下級生だった。夏に向けて投手への比重を高め、MAX149キロまで到達。一躍、今大会注目の投手へと成長してきた。コンスタントに140キロ台~中盤を刻めるストレートの勢い・速さはドラフト級だが、不思議と高卒プロの匂いがして来ないのは何故か? 一つは、178/76(公称)という中背の体格が、あまりドラフト候補っぽくないこと。そしてそのストレートのコマンド力やスライダーやチェンジアップという変化球で、相手を仕留めきれないなど、投球をまとめきられていないことに物足りなさを感じるから。こういったタイプは、大学よりも社会人などで実績を残しプロ入りを目指す、そういった方が私は良いような気がする。志望届けを提出したら指名される可能性はあると思うが、個人的にはもうワンクッション置いた方がプロで大成する可能性が増すのではないのだろうか? 可能性は買うが今は旬だとは判断しない、昨年の 京山 将弥(近江-DeNA4位)投手のパターンを思い出す。

前橋育英は、昨秋エースだった 吉沢 悠(3年)右腕が、140キロ前後のキレのある速球とスライダーでマウンド捌きの良さを魅せた。また193/96 の巨体が目立つ 根岸 崇裕(3年)右腕も、コンスタントに140キロ台の速球とフォークのコンビネーションで健在ぶりをアピール。特に根岸はまだ身体にキレがなく全体的にもっさりしているので、この辺の動作にメリハリが出て来ると4年後はプロも狙える可能性を秘めている。また春は主戦で選抜でも活躍した 丸山 和郁(3年)左腕は、この夏は故障のため投げられそうもないとか。しかし出塁するとすかさず盗塁を仕掛けるなど、塁間3.9秒台の走力が目立っていた。コンタクト能力や守備力は図抜けていないが、走力はプロ級。左腕としても社会人経由あたりならばプロをの可能性も秘めている素材だけに、将来的にどちらを選択するのか注目される。

また山梨学院では、吉松と共に昨夏の甲子園で存在感を示した 栗尾 勇摩(3年)右腕が登板。しかし野手に専念していたのか? 投手としては135キロぐらいまでで昨年よりも劣化していて残念だった。指にかかったときの速球には可能性を感じさせる素材だったに、大学などで再度投手に専念するのか注目される。また骨折をしながらもホームランを放つなどパワフルな打撃を魅せた 飯島 大夢(前橋育英3年)三塁手の活躍も、目を惹く試合だった。

吉松 塁 (山梨学院3年)投手 178/78 左/左
栗尾 勇摩(山梨学院3年)投手 185/82 右/右

皆川 喬涼(前橋育英3年)投手 178/79 右/右
吉沢 悠 (前橋育英3年)投手 174/65 右/右
根岸 崇裕(前橋育英3年)投手 193/96 右/右
丸山 和郁(前橋育英3年)中堅 171/72 左/左
飯島 大夢(前橋育英3年)三塁 185/82 右/右

甲子園2日目・第四試合 明徳義塾 VS 日大山形

明徳義塾は、県大会.176厘と低迷していた 西浦 颯大(3年)右翼手が、コンタクト能力確かな打撃を見せつけ存在感を示した。元々守備・肩まずまずで、走力にそれほど際立つものはないものの、野球への意識も高い好選手。同じ明徳から直にプロ入りした 北川 倫太郎(元楽天)外野手の高校時代よりも、個人的には買っている。プロでは余剰気味になりやすい左の好打者タイプだけに、果たしてプロ側の需要があるかは微妙なところ。それでも個人的には、指名リストに名前を残しても良い選手ではないかと思っている。うまく行けば、上林 誠知(ソフトバンク)みたいになれるかもしれない。

明徳では2番手で投げた・市川 悠太(2年)右腕が良かった。サイドに近いスリークォーターから、常時135~140キロ強ぐらい。一定の球威があり、打者の内角にしっかりコントロールできるコマンドの高さも確か。新チーム以後、四国を引っ張ってゆく存在になり得るのではないのだろうか。更に最終学年でレベルアップできれば、高校から直にプロ入りしても不思議ではない実戦力と力を兼ね備える存在だった。

一方の日大山形では、鈴木 琉生(3年)中堅手が目立っていた。鋭い打球でヒットを連発しただけでなく、塁間4.05秒前後の脚力に、中堅守備も安定し肩もまずまず。三拍子バランスの取れた好選手で、卒業後も関東の有力大学で野球を続けて行きそうな素材だった。

西浦 颯大(明徳義塾3年)右翼 178/70 右/左
市川 悠太(明徳義塾2年)投手 183/70 右/右

鈴木 琉生(日大山形3年)投手 183/84 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 甲子園2日目・第一、第二試合

大会2日目・第一試合 盛岡大附 VS 作新学院

盛岡大付属の 平松 竜也(3年)右腕は、球筋は荒れるものの、要所で力強いストレートをズバッと投げ込んだり、スライダー、チェンジアップ、フォークなどの各変化球が有効に作用する。そのため前年度優勝の作新学院打線でも、最後まで捉え切ることができなかった。

普段は130キロ台後半ぐらいだが、要所で投げ込む140キロ台中盤の速球の球威・球速は本物。選抜ではリリーフで140キロ台中盤を記録し、夏までの成長が期待された。まだま粗っぽいものの、先発をすると要所を締めるピッチングで春からの成長を感じさせ、指名レベルに入ってきたのではないのだろうか。プロ志望届けて提出した場合、下位~育成あたりで指名して来る球団があるのではないかと評価する。最後はヘロヘロだったので、まずは基礎体力・更なるパワーアップという課題は残るが、伸び代を残していると捉えたい。

同じく盛岡大附の 植田 拓(3年)中堅手も、県大会4本塁打で腕っ節の強い打撃は健在。165/72 と小柄な体格は大きなマイナスポイントだが、超高校級の打力とプロ向きなマインドはまさにドラフト級。選抜ではあと一歩届かない球際の弱さと打球への反応の一歩目が遅れる部分もだいぶ解消されてきた。選抜からの大きな成長は感じられないものの、この体格でも育成ならば混ぜてみたいと思わせる技量とハートの持ち主。

また作新学院では、選抜から注目されてきた 鈴木 萌斗(3年)中堅手も、予選では.565厘・8盗塁で健在ぶりをアピール。プロ級の走力が売りで、コンタクト能力がある打撃、広い守備範囲を誇る外野守備と三拍子バランスの取れた好選手。個人的にはセンスは感じるものの、スイングに凄みが感じられないこと。肩もプロに混ぜると平均的なため、あまり指名候補として見たことがない選手だった。本人も試合後、卒業後は大学進学を目指すと明言。中央の有力大学へ進むことが予想され、4年間で更なるパワーアップを期待したい。

平松 竜也(盛岡大附3年)投手 182/83 右/右
植田 拓 (盛岡大附3年)中堅 165/73 右/右

鈴木 萌斗(作新学院3年)中堅 182/75 右/左

大会2日目・第2試合 土浦日大 VS 松商学園

来年度の北信越を代表する投手になるであろう 直江 大輔(松商学園2年)右腕がいましたが、この試合では登板なく終わります。そういった意味では、突出した選手のいる両チームの対決となりました。

松商学園では、先発の 青柳 真珠 (3年)右腕は、130キロ台と球威・球速は平凡ながら、強力な沈む球(チェンジアップ?)があり、この球が非常に有効でした。また県大会.136厘と不調だった4番・藤井 大地(3年)一塁手が4安打を放つなど、腕っ節の強さを活かしたパワフルな打撃が光りました。

土浦日大の方も、突出したタレントがいません。しかし二年生がスタメンに多く並んでいるチームであり、この経験を今後どう活かすか? このメンバーが、来年度の茨城の高校球界をリードして行って欲しいと願わずにはいられません。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年(43) 東海地区大学選抜 VS 巨人
毎年恒例の、東海地区大学選抜が巨人と対戦するプロアマ交流戦。そこで気になった選手を中心に、印象を述べたいと思います。

與座 海人(岐阜経済大4年)投手 173/74 右/右

今年の大学選手権で好投し、一躍株をあげたサブマリン。今日も東海地区の先発を任され、序盤3回まではストライク先行し、安定したコントロール、投球術、下手特有の球筋に、プロの三軍レベルの打者は翻弄されます。しかし目が馴れてきたのか? 4イニング目に捉えられ、3失点をします。

確かにその投球の安定感は、ファームレベルでも充分通用しそう。ただし一軍の打者相手だと、それほどストレートもキレるというほどでもなく、甘く入ると怖いなという印象はやはり受けました。こういう投手がいないチームで、投手陣にアクセントをもたせたいという需要はあると思うので、志望届けを提出すれば下位ぐらいでなら指名があっても不思議ではありません。個人的には、ヤクルトにいる 山中 浩史 ぐらいやれるかなとも思ったのですが、あまり過大な評価はできないと感じました。

濱口 雄大(岐阜経済大4年)投手 177/80 右/左

大学選手権では、素晴らしい投球を披露した速球派投手。今日もコンスタントに140キロ台~ジャイアンツ球場のガンで146キロ。マイガンでも90マイル・145キロを計測。スピード能力・ボールの勢いは、今回の選抜チームでは抜けた存在でした。急遽與座が打たれてイニング途中での登板だったのもあり、コントロールが定まらず僅か2/3イニングで2四死球1安打・1失点と荒れ荒れの内容。大学選手権ではボロが出なかった制球の不安定さ、調子の波の激しさの片鱗を垣間見た気がします。

すでに社会人に内定しており、プロ志望届けを出さないとの話しも。志望届けを提出すれば中位ぐらいで指名されそうな投手ですが、この不安定さを社会人で改善しようと試みるのもありなのかとは思いました。ボールの威力は一級品ですが、安定した投球は期待し難いのかもしれません。それでも與座・濱口は、やはりドラフト級の素材だと思います。

鈴木 彩隼(静岡産業大3年)投手 180/75 右/右

兄は鈴木 翔太(中日)で、その実弟だそうです。小さめのテイクバックから、コンスタントに140キロ台・MAX89マイル・143キロを記録するなど、適度に勢いのあるボールを投げ込みます。変化球はスライダーぐらいという感じで、投球が一辺倒で深みがないなぁと感じる部分はあります。それでも140キロ台を刻める選手として、来年に向けて覚えておきたい選手でした。

日下部 啓太(日大国際関係学部4年)投手 167/68 左/左

左のサイドハンドから、135キロ前後ですがまとまっています。球速はさほどないのですが、ボールが見え難いのか?打者が打ち難そうにしていたのが印象的。特に強烈なチェンジアップ系の沈む球が有効で、社会人あたりでも1年目から活躍できそうな好投手。リーグでの実績は確かで、意外に短いイニングならばプロも苦労するかもという期待感も抱きます。スカウト受けするタイプではないので社会人に進むことになると思いますが、個人的には面白いと思います。球速はなくても打ち難い故に、球威がないタイプではないのも推せる材料でしょうか。

その他の投手では、横浜商大高時代から注目された 続木 悠登(日大国際関係学部3年)右腕は、135~140キロぐらいであまり変わった印象はなくワンアウトしか取れず3安打を打たれて降板。その後投げた 中川 奎太(皇学館大3年)右腕は、140キロ前後の速球とスライダーを投げ込むオーソドックスな好投手。もうブルペンに誰もいなく投げていなかったので新たな投手の登板はないと会場を後にしたのですが、畑中 希龍(朝日大4年)左腕という投手が、最後に投げたようです。帰宅後、試合の動画 で確認したのですが、130キロぐらいの小柄な技巧派サウスポーでした。

打者では、選抜チームの核弾頭を担った 稲垣 誠也(中部学院大4年)二塁手が、一二塁間を破るヒットと2四球で全打席出塁。打撃では目立った活躍を魅せませんでしたが、2番の 江川 直人(鈴鹿大4年)遊撃手が、動きの良い守備が目立っていました。また4番で全日本メンバーである 内海 大寿(中部学院大4年)右翼手含めて、この選抜チームからドラフト指名される野手はいないのではないかという印象を受けました。

(最後に)

生で與座を観てみて、やはり球威の無さから甘く入ると怖いなという印象。しかしピッチングが安定しており、リズム感のある投球はファームでならば即通用しそう。濱口は、大学選手権では顔を出さなかった不安定なところが確認できたのは収穫でした。その他、こういう選手がいるのだなということがわかったのが収穫なのと、日下部 は社会人だろうけれど、ちょっとプロでも面白いのではと思えた部分もあり、機会があれば再度注目してみたいです。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏・甲子園大会初日レポート
遅ればせながら、甲子園のレポートを少しずつ行って行きたいと思います。とりあえず軽くみて、詳細はその後のレポート・寸評に繋げて行きたいと思います。

大会初日第一試合 彦根東 VS 波佐見

彦根東の先発は、増居 翔太(2年)左腕。球速こそ130キロ前後程度だが、球持ちがよく差し込まれやすいのと、低めを中心に球筋が集まるのは好感。カーブ・スライダーなどを織り交ぜるオーソドックスなスタイルで、新チーム結成直後の秋のチームでは中々攻略が難しそう。来年のドラフト候補云々ということはないと思うが、ゲームメイクできるセンスとまとまりがあり、今後もアマ球界で長く活躍して行ける可能性を持った投手だった。

波佐見の先発・隅田 知一郎(3年)左腕は、事前に知らない投手だった。しかし常時135~MAX143キロのストレートには球威があり、容易に前に飛ばさせない強さがあった。変化球は、スライダー・チェンジアップなどだが、増居のような細かいコントロールはなく、アバウトなところが今後の課題。大学にいって力量を高めれば、すでに140キロ台を叩き出せる左腕だけに可能性を秘めた素材ではないのだろうか。

波佐見では、1番を打っていた 村川 大介(3年)遊撃手の力量が抜けていた。コンタクト能力が高い上に、右に左に鋭い当たりを連発。最初は緊張でぎこちなかった遊撃守備も、徐々に動きの良さを魅せてきた。また二塁打を2本打ったあとに、相手守備を冷静にみてセーフティバントを決める視野の広さ、野球センスの高さは際立つ。その時の一塁到達タイムは、3.7秒と快速ぶりも印象づけた。173/69 と小柄な選手だが、石井琢朗を彷彿とさせる選手で面白い存在かもしれない。この試合のみで破れてしまったのは残念だが、長崎大会の模様を見ながら寸評を作成してみたい。

また試合後「筒香2世」の呼び声もあがった波佐見の4番・内野 裕太(2年)左翼手も来年に向けて楽しみなスラッガー候補。内角低めの球を叩いて、まさかスタンドインするとは思わない低い弾道には驚いた。その後もヒットを放つなど、存在感を示した。県大会では結果を残せなかったが、甲子園で監督の期待に応える活躍を魅せた。

増居 翔太(彦根東2年)投手 171/59 左/左

隅田知一郎(波佐見3年)投手 172/66 左/左
村川 竜也(波佐見3年)遊撃 167/62 右/右
内野 裕太(波佐見2年)左翼 175/83 右/左

大会初日第二試合 済美 VS 東筑

済美の先発・八塚 凌ニ(3年)右腕は、非常にオーソドックスなフォームと投球。135~140キロぐらいの速球と、スライダー・チェンジアップとのコンビネーションで投球を組み立ててくる。ただしこの投手、球速以上に手元で伸びてくるので、打者は差し込まれることが多いのが特徴。こういった投手は、コンスタントに140キロ台ぐらい刻めると、まとまりもあるだけに面白くなってくるかもしれない。しかしながら4番を打つ打力もあり、大学などでは野手に専念するかもしれない。右方向に打球が伸びるのが、この選手の持ち味か。

東筑の先発・石田 旭昇(2年)右腕は、サイドハンドかの135キロ前後の速球と右打者内角に食い込む2種類のツーシームに特徴。他にカーブだかスライダーなども投げて来る。かなりコントロールが粗っぽい荒れ球投手で、打者としては的が絞り難い。また135キロぐらいでも球威があり、うまくハマってくると厄介な投手だと言えよう。来年のドラフト候補とかいうことはないが、この荒れ球をうまく活かしつつ変化球を磨くと、実戦派として異彩を放つ存在になりえるかもしれない。

済美では、2番手で投げた 影山 尭紀(3年)左腕が、八塚以上の投球で好投。135キロ前後ながらキレのある速球を投げ込み、この球で空振りが誘えていた。他にスライダー、チェンジアップなどもあるようだが、次戦での投球も注目される。

また愛媛では話題だった強打者・亀岡 京平(3年)三塁手は、右に左へと腕っ節の強い打撃が目立った。特にセンターバックスクリーン横の中断スタンドに叩き込んだパワーは、想像以上。パワフル打者にありがちな脆さがなく、県大会でも.550厘のコンタクト能力の高さも実証できた。また三塁手としても、出だしの一歩目が鋭く守備範囲が非常に広い。走力は無さそうだが、打撃と守備力があるので、次戦でも注目してみたい強打者だった。

八塚 凌ニ(済美3年)投手 175/77 右/右
影山 尭紀(済美3年)投手 173/77 左/左
亀岡 京平(済美3年)三塁 172/87 右/右

石田 旭昇(東筑2年)投手 173/67 右/右

大会初日第三試合 津田学園 VS 藤枝明誠

藤枝明誠の先発・久保田 蒼布(3年)右腕は、サイドハンドから130~135キロぐらいの速球に、スライダー・シンカーなどを織り交ぜて来る好投手。特にシンカーが強力で、両サイドを広く使った投球に特徴がある。U-18の日本代表候補にも入っている選手ではあるが、ドラフト候補というタイプではない実戦型。

藤枝明誠では、4番の 中田 悠斗(3年)右翼手も旧チームか目立っていた好打者。ヘッドスピードが鋭く、柔らかいハンドリングを活かしたミート力に、パンチ力を兼ね備えた中距離ヒッター。俊足で守備・肩も基準レベルに達し、三拍子のバランスが取れている。高校からプロというほどではないにしろ、大学などでも活躍が期待される存在。

また津田学園では、1年生ながら5番を担った・藤井 久大(1年)右翼手の、振り出し鋭いスイングが目立った。小柄だが打撃センスはすでに光っており、2年後は三重を代表する野手に成長しそう。また三重屈指の捕手である久保田 拓真(3年)は、負担を軽くするためなのか6番打者として出場。しかしヒットを連発し打撃でも存在感を示し、捕手としてもグラブさばきは光っていた。試合では、座ったままでも送球できる強肩ぶりは確認できなかったものの、次戦でのスローイング機会を待ちたいところ。今後も継続して注目したい、評判通りの大型捕手だった。

久保田蒼布(藤枝明誠3年)投手 176/68 右/右
中田 悠斗(藤枝明誠3年)右翼 180/78 右/左

藤井 久大(津田学園1年)右翼 167/64 左/左
久保田拓真(津田学園3年)捕手 183/78 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

園部 佳太(いわき光洋3年)遊撃手
この夏みた、ニ遊間の高校生の中では、最も好感が持てたのが 園部 佳太(いわき光洋)遊撃手。惜しくも甲子園は逃したが、どのような選手だったのかご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
村上 宗隆(九州学院3年)捕手
「阿部慎之助(巨人)2世」として期待が高まる、打てる捕手・村上 宗隆(九州学院)。果たして、プロでも捕手としてやって行ける素材なのか? また自慢の打撃は、プロで通用するものなのか検証してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
尾形 崇斗(学法石川3年)投手
150キロを記録したということで、大会前から評判が高かった 尾形 崇斗(学法石川3年)右腕。パワー溢れる投球は、私の想像以上の内容だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
田中 瑛斗(柳ヶ浦3年)投手
今年の九州において、NO.1ではないかと言われていたのが、田中 瑛斗(柳ヶ浦)投手。しかし全国大会への出場経験はなく、ベールに包まれたまま終わってしまった。一体どのような投手なのか、今回はご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
藤岡 裕大(トヨタ自動車)遊撃手 最終寸評
今年の大学・社会人のニ遊間候補の中では、最も打撃に関して評価したいのが 藤岡 裕大(トヨタ自動車)遊撃手。社会人になり、更に安定感、爆発力に磨きがかかってきている。その藤岡の、最終寸評をお送りしたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
谷川 昌希(25歳・九州三菱自動車)投手
いかにも使い勝手な良さそうに見える 谷川 昌希(九州三菱自動車)投手。昨年までチームメイトであった 有吉 優樹(ロッテ)が貴重な活躍を見せており、この谷川にも即戦力としての期待が高まってくる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
大江 海透(神埼清明3年)投手
この春密かに佐賀で話題になっていた 大江 海透(神埼清明3年)左腕。一体どのような投手なのか? 私自身も僅かな映像を元に考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
森 伊吹(大村工3年)内野手
貴重な右打ちの大型内野手として注目された 森 伊吹(大村工業3年)内野手。昨年までは恐る恐るプレーしていた印象が強かったが、この1年でどの程度変わったのか注目してみた。わからないことも多かったが、劇的に彼の中で何かが変わったことを印象づけた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
吉住 晴斗(鶴岡東3年)投手
昨夏の甲子園では、僅か1イニングの登板ながら素質の片鱗を見せていた 吉住 晴斗(鶴岡東)投手。この1年でどのぐらい成長したのかと確認したかったが、その前に早々破れてしまい確認できなかった。しかし一部投球している映像が確認できたので、それを元に、わかりえることをまとめてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
遠藤 淳志(霞ヶ浦3年)投手
この春までドラフト戦線において全く無名だった 遠藤 淳志(霞ヶ浦)投手。果たして、どのような選手なのか? ドラフト界の新星についてご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
北浦 竜次(白鴎大足利3年)投手
パワー系サウスポーとして、徐々に評価が高まってきた 北浦 竜次(白鴎大足利3年)投手。今年の北関東を代表するサウスポーとして、プロ入りの可能性を秘めた素材。果たしてどのような選手なのか、改めて今回はご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
佐藤 隼輔(仙台高3年)投手
今年の高校生左腕の中でも、全国で三本の指に入ると言われる 佐藤 隼輔(仙台3年)左腕。ぜひ一度、生で観てみたいと仙台まで足を運んでみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
飯田 琉斗(向上3年)投手
地元神奈川の選手ながら、全く知らなかった 飯田 琉斗(向上3年)右腕。名門・東海大相模相手に、延長までもつれ込む熱戦で、あわやの展開まで演出した、まさにドラフト界では無名の選手だった。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
牧 丈一郎(啓新3年)投手
この夏見た中でも、最も好感が持てる投手だった 牧 丈一郎(啓新3年)右腕。一体どのような選手だったのか、検証してみたい。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
7/20・21の観戦記
7/20の観戦

この日からバーチャル高校野球では、新潟大会の中継がスタートし準々決勝の模様が放送された。そこで登場したのが、鈴木 裕太(日本文理2年)右腕。2年生ながらすでに県屈指の存在とされ、来年の有力なドラフト候補。骨太な体格から、まるで外人投手のような粗っぽいフォームで投げ込む力投派。コンスタントに140キロ台を記録する球威溢れる速球と、日本文理伝統の縦スラで三振の山を築く。正統派の 直江 大輔(松商学園2年)右腕とは対照的なタイプだが、秋から北信越は熱いことになりそうだ。

熊本でも準々決勝からネット中継が始まり、正成 智(八代3年)捕手が登場。春先から猛肩の捕手が熊本にいると密かに話題になっていた選手で、招待試合では投手としても140キロ台を連発しスカウトを驚かせた。捕手としては手だけで捕りに行ったり、フットワークが重苦しくカバーリングに行けなかったりと疑問が残る。むしろ収穫は、想像に打力がある選手だということ。背番号も3であり、チーム事情で捕手をやったり捕手をやったりしていて生粋の捕手ではないのではないかと思えてしまう。捕手としてよりも、他のポジションの選手として見た方が良いのではないのだろうか。

また秋田の中継に・藤井 黎来(大曲工3年)右腕が登場。藤井は、昨夏甲子園に出場した下級生の中では、最も素晴らしいパフォーマンスを見せた選手だった。しかし春先から調子が上がらず、ドラフト戦線ではやや後退した印象があった。しかし夏の大会に入り、その前の試合でノーヒットノーラン達成するなど調子をあげてきた。球速は、135~140キロぐらいと球速を重視していない印象だが、コントロールが安定し安心して見ていられる実戦型に。要所で140キロ台中盤の力のあるボールを投げ込んでくれれば、一気にドラフト候補として再浮上しそう。ただしピンチになってもギアはあまり変らず、淡々と自分の投球に徹してくる。この辺が、甲子園を賭けた大事な場面や甲子園に出場した場合に、どのような変化が見られるのか注目したい。チームとしても大曲工業は強く、秋田では本命校ではないかとみている。

また都市対抗では、有力どころの中で一回戦で登場していなかった 鈴木 博司(ヤマハ)が登場。登場していきなり155キロを記録するなど、エンジンは今年のNO.1というところを見せつけてくれた。ただしコントロールなど投球は相変わらず不安定な上に、球速ほど打者は苦にしていない。しかしこの選手、ランナーを背負っても意外に失点しない踏ん張れる側面があることも抑えておきたいポイント。昨年の 中塚 駿太(白鴎大-西武2位)のように実戦力には欠けるが、ロマン溢れる素材として高い順位でプロ入りしそうな流れではある。今年のような状況だと、1位指名に入ってきても不思議ではない。

7月21日の観戦

この日の注目は、園部 佳太(いわき光洋3年)遊撃手。高校通算40本塁打以上のパンチ力と俊足・好守の遊撃手。スラッガーというよりはきっちり叩けるタイプで、右中間方向にも打ち返す打球は想像以上に伸びる。出塁すればすかさず盗塁を決めるなど、脚力にも確かなものがありそう。守備機会が少なくよくわからない部分んはあったが、難しいフライを好捕したり、キャッチングも丁寧に捕球する姿勢が見られ好感が持てる。個人的には、高校からのドラフト指名があっても不思議ではない選手だと考えている。今年の高校生遊撃手の中では、オススメの一人ではないのだろうか。

もう一人注目だったのが、村上 宗隆(九州学院3年)捕手が登場。昨夏見たときは、打撃が期待ハズレで思ったよりも捕手として悪くないという印象だった。しかし最終学年のプレーを見る限り、捕手としてはスローイング・キャッチング・プレースタイルともにイマイチで、プロ入り後他のポジションにコンバートされてしまうのではないかという気もする。一方打撃では、見逃し三振・内角低めをライトスタンドに、左中間への長打、一二塁間へのヒットと、良いところを見せつけ、モノの違いを見せてくれた。

問題は、プロで捕手として使えるかどうかだということ。もしイケると評価すれば、打てる捕手の素材として高い評価でプロ入りする可能性は高い。逆に捕手としては厳しいとなると、守備・走塁でアピールできるタイプではなく、打撃もそこまでA級の素材であるかは微妙。個人的には、世間で言われているほどの選手なのか? と言われれば疑問が残る。その辺はこの試合も勝ったので、次戦以降もみて見極めて行きたい。

神奈川のテレビ中継では、先日生で見てきた 石井 涼(三浦学苑3年)右腕がテレビ中継に登場。この夏何人か下位~育成ぐらいの微妙な評価になりそうな逸材を見たが、彼らと比べても 石井 は一枚劣る印象を受ける。現状はまだ135~140キロ程度だし、何か素材的に凄いとかいう秘めたるものもそれほど感じない。ようはまだ未完成の素材だというだけで、これならば無理して高校の時点で獲得する意味合いは薄いのではないかと。個人的には、育成でも厳しいのではないかとみており、ワンクッション置いて成長を見届けてからの方が無難ではないのだろうか。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

佐々木 健(小笠3年)投手
今年の静岡屈指の素材だと言われる 佐々木 健(小笠3年)投手。12球団が視察に訪れるほどの逸材であり、一体どのような選手なのか考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
7/19 の観戦記

秋田大会で、山口 航輝(明桜2年)右腕が先発。181/85 の骨太な体格の投手で、実にスケールを感じさせてくれる素材。球速もけして無理をしなくても140キロ前後を記録し、MAXでは146キロまで到達したのだという。この投手、意外に器用なところがあって、マウンドをパッと外したり、変化球やストレートなどのコントロールも悪くない。試合中盤に四球を連発するなど危うい場面もあったが、要所を踏ん張り9回を2失点で抑えチームを準決勝に導いた。以前は野球どころと知られていた秋田だが、近年は野球熱も下がり気味。しかしこの投手は、広島に入団した 佐藤 剛士(秋田商)以来の大物ではないかと思われる。真上から投げるというよりも少しスリークォーター気味になってショート回転する事が多いので、もう少し腕の振りを上から叩けるものにしたい。いずれにしても秋田では久々の大物だし、来年度の東北を引っ張って行ける素材ではないのだろうか。間違いなく、ドラフト候補として今後注目される器。

この日の注目は、ネット中継に九州NO.1の呼び声高 田中 瑛斗(柳ヶ浦)右腕が登場。普段の球速は135キロ前後ぐらいと平凡だが、勝負どころだと力を入れて140キロ台を越して来るタイプ。夏の三重総合戦では、147キロ、大会前の関東遠征では東海大相模相手に146キロ記録したというから、投げようと思えばいつでもそのぐらいの球は投げられるのだろう。ただしボールの力・キレに驚くものはなく、曲がりながら落ちるスライダー、小さく横にずれるカットボール、それに緩いカーブなどを織り交ぜるものの、コントロール、投球術に特別なものは感じられなかった。むしろまだ発展途上の肉体、投手としてのセンスの良さからも、今後の伸び代を期待したいセンス型タイプ。雰囲気は、どことなく沖縄尚学時代の 東浜 尚(ソフトバンク)を彷彿とさせる。

最初にマウンドに上がったときに、入念に足場を馴らしていたことからも、投手として必要なきめ細やかさ や こだわりが感じられた。また際どいコースに投げたスライダーをボールと判定。そのすぐ後の球を、首を振って同じスライダーを選択したあたりに気の強さも覗かせた。仮に志望届けを提出した場合、3位前後ぐらいでの指名があっても不思議ではないだろう。指名は確実なレベルの選手なので、あとはどのぐらいプロへのこだわりがあるかにかかっている。

またもう一人今日注目だったのが、尾形 崇斗(学法石川)右腕。こちらは田中とは対象的に、初回から140キロ台中盤の速球でグイグイ押してくる馬力型。初回は力みから高めに抜ける球も多かったが、二回以降スライダー・カーブ・フォーク系の球も織り交ぜ落ち着きを取り戻した。結果的には、日大東北相手に破れ最後の夏を終えることになる。しかし粗っぽさは残すものの、馬力・ボールの力は間違いなくドラフト級の素材。下位指名にはなるかもしれないが、志望届けを提出すれば本会議で指名される可能性は充分あるとみて良さそうだ。

またこの日は、先日リリーフで登板した 石川 翔(青藍泰斗)右腕が、先発しながらも140キロ台後半を連発する素晴らしい投球を披露したとの話。1位指名を意識できる素材として、これから大きくクローズアップされることになりそう。また同じ会場では、ドラフト候補の 北浦 竜次(白鴎大足利)左腕が登板したが、文星芸大附に破れ最後の夏に終えることになる。北浦投手は、馬力のある140キロ台を連発できるサウスポー。この夏の投球を確認できていないのでなんとも言えないが、志望届けを提出すれば指名されそうな評価の高いサウスポーである。今後の進路が、気になるところ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

梶原 昂希(大分・大分雄城台)外野
ソフトバンクの「柳田悠岐二世」との呼び声も高い 梶原 昂希(大分雄城台3年)中堅手。実際どのような選手なのか? 僅かな映像しかないが、それを元に考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
7/17・18 観戦記
7/17(月)

今年の長野でも注目度の高い・高橋 聖人(小諸商3年)右腕の投球を視聴。プロも注目するというほどの人材だが、171/80 という小柄な投手。球速もコンスんタントに140キロ前後は出ていそうで、特にチェンジアップに威力があるのが特徴。ただし高校からプロとか、そういった素材ではないように思う。もしプロ志向が高いのであれば、独立や社会人に進んで短期間でのプロ入りを狙った方が、ある程度完成されている投手なので近道なのかもしれない。

長野吉田という学校に、岡沢 健太郎(3年)右腕という、知らない投手が優勝候補の上田西打線を4回まで無失点に抑える好投。コンスタントに135キロ以上は出ていそうな投手で、調べてみると2回戦で18奪三振を奪いに話題になった選手だと知る。中盤以降スタミナが切れて上田西打線につかまってしまったが、大学などで野球を続けてみたら面白いのではないのだろうか。

長崎大会では、飯田 大翔(長崎海星3年)右腕が、コンスタントに140キロ台を記録し、最速で145キロまで到達。また縦に切れ込むスライダーにも威力があり、前評判以上の投球に驚かされる。高校からプロとなるとまだ厳しそうではあるが、九州の強豪大学などに進みポテンシャルを高めたら、大化けする可能性も充分あるだろう。けして長崎でも前評判が上位といったほどではなかっただけに、コレだけの選手がいたのは驚き。春までは制球などにも課題があり、そこまで目立つ存在ではなかったのだという。夏に向けて大幅に伸びてきたのかもしれないが、このチームがここで破れてしまったのは惜しいチームだった。

この日のショックは、テレビ中継前にプロ注目の大型遊撃手・森 伊吹(大村工業)が破れてしまったこと。長崎のテレビ中継のない方の球場での試合だっただけに、最後の夏を確認できなかったのは残念。昨年までは長崎大会の決勝まで行った選手なので、それを元にレポートを作成したい。

また遠征観戦候補だった 辻井 亮汰(市尼崎3年)右腕が、神戸弘陵の東 晃平(兵庫・神戸弘陵)投手との注目対決で破れてしまったのは残念だった。個人的には、翁田 大勢(西脇工)右腕と共に、今年の兵庫では最も気になっていた投手だったのだが。ちなみに、翁田のいる西脇工業は、注目の山内 響(東洋大姫路)投手との対戦で勝ち、まだ敗退していない。

また 山口 翔 のいる 熊本工業がこの日敗れたという。こちらは選抜にも出場し全国でもおなじみの投手だが、プロ志望届けを提出すれば3位前後では指名されることが濃厚な速球派の敗退となった。秀岳館との対戦を前に、あっさり破れてしまったところに、まだまだ実戦力に課題を残しているのではないかと危惧する。

7/18(火)

千葉大会では、注目の好投手・川上 鳳之(専大松戸)右腕が登場。昨年からあまり身体は大きくなっておらず、中背から繰り出す135~140キロぐらいの速球で、高校からプロという雰囲気はしなかった。代わりっぱな調子が上がらなかったが、その後元来のボールの勢いを取り戻し、チームも辛くも逆転勝ちで勝利する。

続く第二試合では、山下 輝(木更津総合)左腕が登場。個人的には、今年みた高校生左腕ではNO.1ではないかと位置づけてい手。この試合でも安定したコントロールと、ランナーを背負ってもブレない精神力は健在。ボールは球威型なので、あまり打者の空振りは誘えない。それでも間違いのないコントロールの持ち主で、ボールが高めに浮いて来ないところも良いところ。速球で空振りが誘えない分、スライダーで三振を奪うケースが多い。同校の選手は進学する選手がほとんどなので、プロ側も志望届けを提出しないのではないかとテンションが上ってこないのが実情。甲子園でも出場し活躍すれば、その流れも変わるかもしれない。いずれにしても志望届けを提出すれば、3位以内での指名は間違いないだろうお。特に将来的にローテーションを意識できる、数少ない先発タイプの投手だからだ。

秋田大会では、吉田 輝星(金足農2年)右腕が、135~141キロぐらいの重い球を投げていたのが印象的。勝負どころで見せる力のあるボールは必見で、来年に向けて楽しみな投手。ただしこの投手、中背の体格を考えると、来年は140キロ台中盤ぐらいまで出せるようになるかもしれないが、高校からプロかと言われると現時点では微妙な印象で、ドラフト候補ではないのかもしれない。

個人的には地元・横須賀スタジアムに、今年の神奈川で数少ないドラフト候補と言われる 石井 涼(三浦学苑3年)右腕を観戦してきた。三浦はオーソドックス上手投げで、187/90 という恵まれた体格も、そこまでフォームや投球に威圧感は感じられない。小さくズレるスライダーでカウントを整えられ、ストレートは常時135~MAX87マイル・140キロぐらい。先日死球を受けた影響もあったのかもしれないが、ちょっとプロ入りとなるとインパクトに薄い。今日の試合に勝ったことで次戦はテレビ中継での放送があるはずなので、詳細や評価はその時にまた詳しく述べたい。

今日の敗退となる、和歌山で注目されていた 中川 虎大(箕島)右腕が2回戦で敗退。また大分で「柳田二世」と評判だった大型外野手・梶原 昂希(大分雄城台)外野手が敗戦していたのは残念だった。というのは、大分は今日からネット中継が閲覧可能。それなのに梶原のプレーを確認できたのに、見落としたからだ。すっかり明日からだと思ってしまっていた。その他では、埼玉を代表する左腕・メンディス海 のいる市立川越も今日で夏を終えることになった。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

本田 仁彦(星槎国際3年)投手 最終寸評
今年の神奈川NO.1投手との呼び声高い 本田 仁海(星槎国際3年)右腕。果たして春季大会の頃に比べると、どのような変化があったのか考えてみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
高木 渉(真颯館3年)投手
元々は140キロ台を記録する投手として注目されていた 高木 渉(真颯館)投手。しかし故障などもあり、プロの注目は打撃の方に移ったのだという。果たしてどのような選手なのか? 今回は考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
7/16 観戦記
今日は遠征を予定していましたが、どうしても遠征してまで観るには条件が整わかったので、自宅で昨日同様気になる試合の中継を観ておりました。

私の地元・神奈川では、県下NO.1投手の呼び声高い・本田 仁海(星槎国際3年)右腕が登場。普段は140キロ前後の球速で驚くような球や凄みはないのですが、要所では内角の厳しいところや外角にしっかり投げ込める度胸と制球力があるところは良いところ。球速も力を入れて投げるときは、140キロ台中盤まで到達します。春からいたずらに球威・球速を上げることよりも、勝負どころでしっかりコントロールできる制球力・低めに安定して集めることを心がけてきた跡が感じられます。春の時点で指名は確実だと思っていましたが、今日の内容ならば3~5位ぐらいの指名があっても不思議ではないなという感じがします。球種はまだスライダーとの単調なコンビネーションですが、将来的に球種を増やし、しっかりピッチングを組み立てられる先発投手に育つのではないかというイメージが抱けます。アマの選手の中でも、将来先発でやれるというイメージが描ける選手は稀で、彼はそういった意味では貴重な存在ではないのでしょうか。ただし上位(24名)に入るほど、何か凄みみたいなものが感じられないだけに、その辺で上位では怖いなという印象を受けます。

沖縄大会では決勝戦が行われ、興南の一年生・宮城 大弥 というサウスポーに驚かされます。インステップするフォームから130キロ台後半のビシッとした球を投げ込んできます。こなれたマウンド捌きの投手だなと思ったら、侍ジャパンのU15のメンバーだそうで。変化球は、少しスリークォーター気味なフォームから流れて来るスライダーとのコンビネーション。将来的には、あの 島袋 洋奨 のような存在になっても不思議ではありません。甲子園でも一年生ということで、大変話題になるのではないのでしょうか。

また全然知らない選手でしたが、波佐見の 村川 竜也(波佐見3年)右腕という投手が、135キロ前後でしたが高めに非常に勢いのある球を投げていて印象的。長崎大会で、また見る機会があったら注目したいと思いました。また今日素晴らしかったのは、鹿児島大会の 石川 槙貴(鹿児島城西3年)右腕 と 鈴木 勇斗(鹿屋中央3年)左腕の行き詰まる投手戦。石川は、185/73 の均整の取れた体格から最速で145キロ級の勢いのある速球を投げ込みます。縦・横二種類のスライダーを織り交ぜるのですが、特に縦のスライダーに特徴があります。この選手普段は良いのですが、セットポジションになると制球が乱れるなど、自分のペースが崩れると脆い部分が。一方の鈴木の方は、普段は130キロ台中盤~後半ぐらいでコントロールもアバウトなのですが、要所だとズバッと良いところに決まる勝負強さを持っています。アバウト故に的が絞り難く、速い球では左腕から140キロ台を記録します。小柄な左腕でアバウトな投球と言えば、秋田予選で気になっていた 成田 翔(ロッテ)が、甲子園での好投で一躍ドラフト候補として浮上し3位で指名されることになります。もし成田は県予選で負けていたら、ドラフト指名されることはなかったでしょう。フォームは違いますが、その過程がよく似ているのが、この 鈴木 勇人 です。投げっぷりの良い実戦派で、果たして甲子園の土を踏めるでしょうか? 二人とも大学・社会人が基本線ですが、将来は中々面白い存在になり得るかもしれません。

私が生観戦をするか悩んでいたのが、宮崎大会・福岡大会・そして関西への遠征でした。しかしそのうちの一つである宮崎での観戦目的だった 藤谷 勇介(延岡学園3年)右腕は、第一シードながら敗退。藤谷は、最速で135キロまでしか記録できず、序盤でマウンドを降りることに。この延岡学園を完封したのは、源 隆馬(宮崎学園)右腕という2年生右腕で、最速143キロまで到達するなど、今後が注目される存在に。さらに福岡で観戦候補だった 高木 渉(真颯館)も、一度は逆転したものの破れ最後の夏を終えることに。高木は投手としての才能も期待されていましたが、故障などもあり、今は捌きの良い強打の外野手としてスカウトを集結させていた存在。順調に行けば、ドラフトで指名されても不思議ではない存在です。関西では、興国 というチームの試合が目的でしたが、これしかみたい試合が見当たらないので無理をしませんでした。興国 は大勝しましたし、今日は兵庫で、山本 拓実(市西宮3年)右腕という、160センチ台の投手にスカウトが集結していたとききます。大阪・兵庫あたりで、上手く予定が組めるようならば確認したいところです。夜は、 JR東日本の 田島 大樹 が、素晴らしい投球を披露。こちらは1位指名が確実視されている選手ですが、今年まともに抑えた試合を見たことがありませんでした。次回の試合でも、今日のようなパフォーマンスを示せるのか確認し、最終的な評価をしてみようと思っています。


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

7/15 観戦記
近年、ネットで予選の模様を流してくれる県が多くなってきた。多くの県がアーカイブできず、その場にいないと見られないケースが多い。そのためネット中継と生観戦を天秤にかけながら、今日は観戦に行った方が良いか、家で中継を見ていた方がいいか頭を悩ますという嬉しい悲鳴が。そこで7月15日に、気になった選手たちを簡単にご紹介したい。

その中でも今年から 長野県 が、一回戦から全会場の試合をネット中継するという画期的な試みをはじめた。スピードガンを使うのにも事前の許可がいるという、全国でも最も面倒な県というイメージが強かった長野。その長野が、全国で一番革新的な試みを始めたのは驚きに値する。またこのことにより大会の早い時期から、長野には素晴らしい選手がいることを全国にアピールすることができ、この試みの意義は大きいのではないのだろうか。

そんな今日の長野大会では、松本工業 VS 佐久長聖 という好カードが。松本工業のエース・筒井 恒匡(3年)右腕は、非常にバランスの取れた正統派右腕。球速は135~140キロ強ぐらいだが、ボールの勢い・キレもまずまずで、スライダーとのコンビネーション。延長戦にもつれ込んでも、0-0 で好投を続ける。両サイドに投げ分けられる安定したコントロールもあり、大学などで更なる肉付けができると将来楽しみな本格派だった。

佐久長聖の先発・塩澤 太規(3年)右腕は、少し担いで投げるようなフォームから常時130キロ台~後半ぐらいは出ていそうな重い球を投げ込んでくる。小さく曲がるスライダー、緩いカーブ、更に縦に沈む球もあり馬力を感じさせる。少しもっさりしたところはあるが、さすが名門のエースという地力を持った選手だった。

また 長野商 VS 上田西 も、今年の長野の優勝候補同士の対決が早くも実現。長野商の先発・和田 直人(3年)右腕も、135~140キロぐらいのストレートに、カーブ・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ最後まで投げきった。特にチェンジアップが大きな武器であり、上のレベルでも野球を続けて行ける素材だろう。一方の上田西は、多くの力のある選手を揃える巨大戦力。順調に行けば、甲子園出場を狙える最有力ではないのだろうか。

また松商学園の 直江 大輔(2年)右腕は正統派のドラフト候補。まだ身体が発展途上だが、投球の基礎ができており、センスの好い総合力に優れた好素材。秋からは、北信越を代表する素材として注目されることになるだろう。期待値では、今年の3年生組にはいなそうなレベルの投手であり、来年の有力なドラフト候補として注目して行きたい。今後の試合でも観戦できる機会があるだろうから、じっくり観てみたい。ぜひ皆様も、中継があるときはひと目確認しておいて欲しい北信越を引っ張ってゆくだろう存在。

また沖縄では、準決勝2試合が行われ中継が行われた。今年の沖縄屈指の好投手と言われる 山内 彗(美来工科3年)右腕は力みから制球を乱す場面が多く、持ち味を充分発揮できていたかは疑問。それでもランナーを背負うと、力の入れ方が変わり140キロ前後の力のある投球に一変する。苦しみながらも7回を無失点に抑え、チームを決勝に導いた。今年の沖縄の中では、一番全国大会向きな好投手ではないかという印象を受けた。

また今日最もスカウト達の注目を集めたのは、仙台高の 佐藤 隼輔(3年)左腕が大会に初登場し、9時に仙台で試合があった。おそらく多くの各球団の部長クラスは、その試合を見たあと新幹線で宇都宮に移動し、石川 翔(青藍泰斗3年)右腕 を視察するという予定を組んだのではないかと考えられる。二人とも志望届けを提出すれば、上位指名が噂される選手だからだ。石川翔の投球の模様は少し確認できたが、西で言えば 山口 翔(熊本工業)に近い存在ではないかと考えられる。むしろスカウトたちの評価は、それ以上とも言えるのではないのだろうか。今後のアピール次第では、昨年の 今井 達也(作新学院-西武1位)のように評価を高め、1位の12名に入ってくるのかもしれない。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.