FC2ブログ
東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
有料コンテンツとは 
迷スカウト」の管理人として、長年ドラフト候補を追いかけてきた 蔵建て男(くらたてお)の有料コンテンツ。

月300円 で、ほぼ毎日のペースで更新されるドラフト候補についての情報が閲覧できます。他の媒体では作成困難な濃厚なスカウティングレポートを、ぜひご堪能あれ。時々このブログでは、誰でも閲覧可能な無料記事も配信されます。有料ページに登録されてない方でも、時々見に来てくださいませ。

現在の方式 

記事の投稿年月単位で購入する方式です。購入した月の記事が、期限なしに閲覧できる仕組みです。

蔵建て男の略歴

1987年 長島一茂(立教大-ヤクルト入団)内野手が注目された年から、ドラフトに興味を持ち始める(当時中学2年)。1998年松坂世代の活躍に触発されて、その年の12月15日にドラフトサイト「迷スカウト」を開設。以後全国を駆け巡って、ドラフト候補のレポート作成をはじめる。その活動をきっかけに、野球に携わる仕事を始めるようになる。現在は「野球太郎」などネット媒体を超えたところでも、活動の幅を広げている。 Twitterアカウントは @kuratateo 

2017年度のドラフト指名選手 及び現在寸評が読める選手は、すべてリンクを張りました。

スポンサーサイト

テーマ:無題 - ジャンル:その他

横川 凱(大阪桐蔭3年)投手
190センチ台の上背だけでなく、インステップすることで横の角度も併せ持つ 横川 凱(大阪桐蔭3年)左腕。果たしてこの魅惑の才能は、プロで花開くのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
山田 龍聖(高岡商3年)投手
正統派のサウスポーとして、全国指折りの素材だと注目されてきた 山田 龍聖(高岡商3年)投手。この一年伸び悩んで苦しんだが、最後の甲子園で、その投球が形になった。いま伸び盛りの左腕の、今後について考えてみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
中尾 勇介(山梨学院3年)中堅手
今年の右打者のドラフト候補の中でも、一番の一塁到達タイムを叩き出した 中尾 勇介(山梨学院3年)中堅手。ただ走力が破格なだけでなく、スイング軌道が非常に素直であり、インパクトの際の押し込みや集中力が素晴らしいなどの特殊な才能の持ち主だった。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
垣越 建伸(山梨学院3年)投手
甲子園に出場したものの、元来の力を示すことなく去った 垣越 建伸(山梨学院3年)左腕。果たしてどのような可能性を秘めた投手なのが、検証してみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
坂井 翔太(中越3年)遊撃手
プロでも守備売りにして行ける可能性を秘めた 坂井 翔太(中越3年)遊撃手。プロ志望届けを提出し、育成枠でもプロ入りしたいという熱いプロ志向の持ち主だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2018年 首都二部リーグ
今日は、久々の生観戦に。場所は、10数年ぶりぐらいの明治学院大グランドへ。お目当ては、首都二部リーグに在籍する 古谷 勇斗(獨協大4年)捕手という選手の視察でした。

なるほど評判の捕手らしく、ボールまわしにも好いリズムがあり、足回りもなかなかスムーズ。身体を小さく屈め的を大きく魅せるキャッチングに心がけ、しっかりミットを動かないまま吸い込まれてゆくようなキャッチングができる。またしっかり周りにも的確な指示も出せるなど、捕手らしい捕手との印象をうけた。けしてガンガン投手を引っ張ってゆくというよりは、うまく投手の気持ちに寄り添いながら組み立ててゆくタイプではないのだろうか。

スローイングに関しては、二塁までを安定して1.9秒前後を記録し(早い時には1.85秒)で送球。地肩自体はドラフト候補としては際立つものはないが、素早い身のこなしで補うタイプだろうか。打撃に関しては、リーグ戦で3割5分前後を毎シーズン叩き出すなど、4番を務めることが多かったという。しかし今日は、二番打者として出場。私が確認した3打席では、四球・レフトフライ・死球ということで特別なものは感じられなかった。特に外角の甘い球を、何度か打ち損じていたのは気になるところ。やはり、プロレベルとなると、まだまだ打力の差は感じる部分がある。

打撃や地肩などを見ていると、素材型というよりもセンス型のタイプ。前週でもスカウトの姿が見えなかったという話を耳にしたが、今日もスカウトの姿は見られず。すでに社会人にでも決まっていて、プロ志望届けは出さないのかもしれない。力量的には、志望届けを提出すれば育成枠あたりならば指名があっても驚きはないといった印象をうけた。ちなみに第三打席では死球をうけたのだが、「よっしゃー」と大きな声をあげて一塁まで走っていた(笑)

明治学院大の先発は、蓬田 拓己(文京出身3年)右腕という投手。非常にオーソドックスなフォームから、コンスタントに130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいの勢いのあるボールを投げ込んでいた。変化球・制球などのバランスも悪くなかったが、これは!という絶対的なボール・ストレートの威力は見られなかった。まだ3年生だということで、来年までに、さらなるパワーアップが望めるようだとその先の展望も広がってゆきそう。首都二部には、玉川大に 山田 綾人(桐光学園出身・3年)右腕という投手がいて、この選手が140キロ台後半を叩き出せる速球派であり、来年のドラフト候補に上がってくるはず。この選手を観に来るときには、一緒に成長を確認してみたいと思わせる選手だった。

その他では、獨協大の4番・沓澤 侑輝(千葉経済大附出身・4年)DHが、高めの甘い球をスコーンと破る右中間ツーベースを放つなど存在感を示していた。ちなみにこの選手、高校時代は中堅手。また1年時から、首都大学リーグ選抜に選ばれるなど、非凡なものを示してきた選手のようだ。4年秋のシーズンでも現役を続けているところをみると、何処かのチームで野球を続けるのではないのだろうか。

古谷 勇斗(獨協大4年)捕手 180/83 右/左
沓澤 侑輝(獨協大4年)内野 182/81 右/左(1年時)

蓬田 拓己(明学大3年)投手 178/77 右/右
山田 綾人(玉川大3年)投手 186/82 右/右

掘り下げてみれば、首都二部には他にも面白い選手はいるかもしれない。ちなみに獨協大は、中々良さげなチームだった。優勝して、入れ替え戦まで来られるかもしれない。

鈴木 健矢(21歳・JX-ENEOS)投手
高卒1年目から社会人で活躍してきた 鈴木 健矢(21歳・JX-ENEOS)投手。果たしてどのような投手なのか? 改めて考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
吉川 峻平(23歳・パナソニック)投手 最終寸評
都市対抗前にメジャー球団と契約してしまい、社会人の登録を除名されてしまった 吉川 峻平(元パナソニック)投手。もし今年のドラフトにかかっていたら、どのような位置づけだったのか? プロでどのぐらいやれそうだったのか考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
喜多 亮太(22歳・セガサミー)捕手
社会人5年目を迎えた 喜多 亮太(22歳・セガサミー)捕手。若くして社会人の正捕手となり、確かなディフェンス力を持つまでに成長した。果たして今年こそ、ドラフトで指名されるのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
森脇 亮介(26歳・セガサミー)投手
26歳とドラフト適齢期は過ぎて感はあるが、力みのないフォームから140キロ台中盤~後半の球速を連発する 森脇 亮介(26歳・セガサミー)投手。今の内容ならばドラフト指名されても不思議ではないが、果たしてドラフト会議当日、名前は読み上げられるのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
久保田 昌也(24歳・日本新薬)中堅手
国学院大時代から、長谷川 勇也(ソフトバンク)似の外野手として注目してきた 久保田 昌也(24歳・日本新薬)中堅手。果たして社会人でも存在感を示しており、ドラフト会議で指名されるほどの選手に成長したのでしょうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
森下 翔平(24歳・日立製作所)三塁手
東海大時代は、大山悠輔(白鴎大-阪神1位)と並ぶ、右の強打者として注目された 森下 翔平(24歳・日立製作所)三塁手。あれから2年、再び解禁を迎えた今年、果たして指名はあるのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
岩本 喜照(23歳・日本新薬)投手 
指にかかったときのボールには、ビックリするものがある 岩本 喜照(23歳・日本新薬)投手。昨秋の日本選手権から、ジワジワとその存在感を高めつつある期待の速球派投手だの一人。しかし今年のドラフト指名となると、かなり微妙な位置にいるのではないのだろうか。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
大貫 晋一(24歳・新日鉄住金鹿島)投手
社会人3年目を迎えても、ジワジワその力量を高めてきたのが、この 大貫 晋一(24歳・新日鉄住金鹿島)投手。果たして昨年に比べると、どのへんが変わってきたのか考察してみたい。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
岡野 祐一郎(24歳・東芝)投手
今年の社会人のドラフト候補の中では、上位に位置すると評価されている 岡野 祐一郎(24歳・東芝)右腕。しかし私は、この選手がプロで活躍するには劇的な変化がないと厳しいのではないかとみている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
近本 光司(24歳・大阪ガス)中堅手
三拍子揃ったタイプの選手という意味では、藤原(大阪桐蔭)・辰己(立命館)などに次ぐ位置づけになりそうなのが 近本 光司(24歳・大阪ガス)外野手。指名確実なレベルにある、社会人屈指の外野手を今回はとりあげてみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
山野辺 翔(24歳・三菱自動車岡崎)二塁手
派手さはないが、攻守に堅実な玄人好みの選手と言えるのが、この 山野辺 翔(24歳・三菱自動車岡崎)二塁手。右打ちの二塁手が欲しい、そういったピンポイントの需要のある球団からは、指名されても不思議ではない職人肌の選手だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
臼井 浩(24歳・東京ガス)投手
佐竹 功年(トヨタ自動車)の後釜として「ミスター社会人」の称号を期待したくなるのが、臼井 浩(東京ガス)投手。とは言っても大卒2年目の投手であり、再びプロ解禁となるドラフト候補。果たして、プロから指名されるほどの投手なのか検証してみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
小幡 竜平(延岡学園3年)遊撃手 最終寸評
今年の選抜大会で、180センチ台の体格を活かしたダイナミックなプレーを魅せつけた 小幡 竜平(延岡学園3年)遊撃手。選抜ではよくわからなかった走力や地肩の強さなど、身体能力の高さを確認することができた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
源 隆馬(宮崎学園3年)投手
下級生の時から宮崎では話題の速球派だった 源 隆馬(宮崎学園3年)投手。しかし最後の夏まで、この投手の投球が確認できないで終わってしまっていた。しかし、高校Japanと宮崎県選抜の壮行試合で、最後の最後で彼の勇姿を確認できた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園3年)投手 最終寸評
高校日本選抜と宮崎県選抜が対戦した壮行試合において、素晴らしい投球を披露したのが 戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園3年)右腕。春季大会に見た時より、格段に短期間で内容を良化させていたのには驚いた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
渡辺 和哉(24歳・JR東日本)捕手
社会人の中でも「打てる捕手」という意味では、この 渡辺 和哉(25歳・JR東日本)がNO.1ではないのだろうか。しかしこのキャッチャー、ただ打つだけの選手ではなかったのである。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
柘植 世那(21歳・HONDA鈴鹿)捕手
高卒入社2年目から、チームの正捕手に座っている 柘植 世那(21歳・HONDA鈴鹿)捕手。社会人屈指の若手捕手として、ドラフトでも指名が濃厚な実力の持ち主だと言えよう。果たしてどんな特徴がある選手なのか、検証してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
杉山 一樹(21歳・三菱重工広島)投手
今年のドラフト戦線においても、素材という意味では社会人随一なのが、この 杉山 一樹(三菱重工広島)投手。本当にまだ原石といった感じの選手ではあるが、ひょっとすると秋のドラフト会議で1位指名されてしまうかもしれない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
平尾 奎太(24歳・HONDA鈴鹿)投手 最終寸評
190センチ近い体格から投げ下ろしてくる投球は、打者にとって大きなプレッシャーとなる 平尾 奎太(HONDA鈴鹿)左腕。しかしながら、今シーズンはピリッとしない投球を続けている。果たしてこのような状況で、プロ入りしても大丈夫なのか? 私には不安がよぎった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
瀧中 瞭太(24歳・HONDA鈴鹿)投手 
今年の都市対抗・MHPS横浜戦では、打者8人に対し6奪三振の圧巻のピッチングを魅せた 瀧中 瞭太(24歳・HONDA鈴鹿)投手 。果たしてプロでも、安定してあのようなピッチングが望めそうなのか? 検証してみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
庄司 拓哉(23歳・日本通運)投手
目立った球速はないものの、左サイド特有の球筋を活かした投球が持ち味の 庄司 拓哉(日通)投手。第二の高梨雄平(楽天)になりうる素材として、その可能性について言及しました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
荒西 祐大(26歳・HONDA熊本)投手
ドラフト適齢期を過ぎたとはいえ、年々投球内容を良化させてきた 荒西 祐大(HONDA熊本)投手。ドラフト適齢期を過ぎてから指名されて活躍した 攝津正(ソフトバンク)のような活躍をイメージしたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
生田目 翼(23歳・日本通運)投手 最終寸評
流通経済大時代は、肘への不安などもあり上位指名候補でありながら社会人に進んだ 生田目 翼(日通)右腕。あれから2年、強豪チームのエースにまで成長した彼の、現状を考えてみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
斎藤 友貴哉(23歳・HONDA)投手 最終寸評
今年の社会人投手の中では、頭ひとつ抜けた存在である 斎藤 友貴哉(HONDA)投手。果たして春先のスポニチ大会の頃と比べると、どのような変化があったのか考察してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.