東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
重要なお知らせ
先ほど、ページを運営するFC2ブログ様から、次のような通達が来ました。

2013年11月12日を以ちまして、課金モード『有料ブログモード』を廃止する運びとなりました。

いままでこの有料ページ「東南西北」では、有料ブログモード という方法を採用して参りました。しかしこれが11/12までで廃止されるため、バックナンバーモード という方式に移行させて頂くことになりました。 なおそれぞれのモードの説明ですが

有料ブログモード(今までのモード)

1ヶ月単位で料金を設定し、1/3/6/12ヶ月単位で購入できます。
購入したプランの期間中、そのブログのすべてのブロマガ記事が読むことができます。
購入した期間が終了すると、ブロマガ記事が閲覧できなくなります。

バックナンバーモード (11/12以降のモード)

記事の投稿年月単位で購入する方式。
購入した月のブロマガ記事は、期限なしに閲覧できます。

に移行することになりました。
なお、バックナンバーモードへ変更されますと
自動更新の際にエラーが発生する可能性がございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

特に今まで毎月購読してくださっている方にとっては、大きくは変わらないと思います。ただ時期によって登録されている方にとっては、今まで大きく変わってくることになるのではないのでしょうか。

大変ご迷惑をおかけしてしまいますが、どうかご理解のほどよろしくお願い致します。モードの変更は、11/11の夜に行うつもりでおりますので、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:無題 - ジャンル:その他

オリックス9位 根本 薫(霞ヶ浦3年)投手&外野手
球団は投打の可能性を買い、まずは二刀流として勝負させる方針を打ち出している 根本 薫(霞ヶ浦)投手&外野手。果たしてどのような選手なのか、今回は投手としての可能性を探ってみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天育成4位 木村 敏靖(履正社スポーツ専門学校)投手&外野
投手としても152キロを記録するという速球も魅力ながら、個人的には内野手として鍛えてみたいと思わせる素材、それがこの 木村 敏靖(履正社医療スポーツ専門学校)だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天7位指名・野元 浩輝(佐世保工業3年)投手
3年間テレビ中継とは無縁だった 野元 浩輝(佐世保工業)投手。そんな選手試合の模様が、DVDで販売されているのを知り注文。ようやく家に届いたので、この謎に包まれた男の正体を知ることができた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天10位 西口 直人(甲賀医療専門)投手
大阪の山本高校時代から、公立の逸材として知る人ぞ知る存在だった 西口 直人(甲賀医療専門学校)右腕。今やその球速は、MAX149キロに到達し、素材の良さが認められ楽天から指名された。そんな西口投手が、どんな選手なのか考えてみたい。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ロッテ育成2位 菅原 祥太(日本ウェルススポーツ大)外野手
今年のドラフトの中でも、1,2を争うぐらい無名な隠し玉・それがこの 菅原 祥太(日本ウェルススポーツ大)外野手。果たしてこの全く無名の逸材は、どのような選手なのか考えてみたい。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成8位 松澤 裕介(香川OG)外野手
昨年は、左手指関節靭帯の腫瘍除去手術のため巨人に指名されながらも、ドラフト拒否をした 松澤 裕介(香川OG)外野手。今年はその影響がないことを証明し、満を持してのプロ入りとなった。それも同じ巨人から、再び指名されたのである。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ロッテ1位 佐々木 千隼(桜美林大4年)投手
今や新人王筆頭ではないかと評価する 佐々木 千隼(桜美林大)。果たして春に比べ、どのような変化があったのか? 最終寸評で考えてみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ヤクルト6位 菊沢 竜佑(28歳・相双リテック)投手
軟式チームに在籍していた選手として話題になった 菊沢 竜佑(相双リテック)投手。しかし昨年まではアメリカの独立リーグに在籍し、それ以前は六大学の舞台も踏んでいる硬式一筋の野球人生だった。一体どのような選手なのか? ご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成7位 堀岡 隼人(青森山田)投手
球威のあるボールの力と縦のスライダーのキレに可能性を示した 堀岡 隼人(青森山田)投手。果たして支配下入りするのには、何が物足りないのか? 考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天育成3位 向谷 拓巳(兵庫BS)内野
大和広陵時代は、立田 将太(日ハム)投手とチームメイトとして活躍。卒業後は、関西の独立リーグでその才能を開花させた。果たしてどのような選手なのか? ご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天4位  菅原 秀(大体大)投手
高校時代はナックルカーブが代名詞だった 菅原 秀(大体大)投手。今は強烈な縦のスライダーを武器に、本会議で4位指名されるまでに成長した。いったいどんな投手なのか、考察してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ソフトバンク育成5位 清水 陸哉(京都国際)外野&投手
フォロースルーを使ってボールを運べる 清水 陸哉(京都国際)外野手。一体どのような選手なのか、検証してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天育成1位 千葉 耕太(花巻東)投手
怪我で不完全燃焼に終わった三年間ではあったが、そのスケール・可能性には素晴らしいものがある 千葉 耕太(花巻東)投手。果たしてどんな選手なのか、検証してみよう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ロッテ6位 種市 篤暉(八戸工大一)投手
ダイナミックな腕の振りから繰り出す、勢いのある速球と変化球が魅力の速球派、それがこの 種市 篤暉(八戸工大一)投手だ。今年の甲子園不出場組の選手の中では、最も期待をしたくなる選手の1人だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成4位 坂本 工宜(関学大・準硬式)投手
実際の投球は確認できなかったが、投球フォームを観る限り非常に理に適ったフォームで投げている 坂本 工宜(関学大・準硬式)投手。そこから何が見えて来るのか、考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天9位 高梨 雄平(JX-ENEOS)投手
腕下げて独特の球筋を見出したことで指名された 高梨 雄平(JX-ENEOS)左腕。果たして腕を下げたことで、どのような効果が生まれたのか考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ソフトバンク育成1位・大本 将吾(帝京五)右翼手
県大会でも早々敗れることが多かった、大本 将吾(帝京五)外野手。テレビ中継に映る機会も少なく、県内屈指の強打者だった割に、その実態はあまり知られていない。一体どのような選手なのか、ご紹介したい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成2位 加藤 脩平(磐田東)外野手
強烈な打球を放つ左の強打者で、巨人の 亀井 義行 タイプ。その亀井のいる巨人に、育成枠指名された 加藤 脩平(磐田東)外野手をレポートする。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ソフトバンク育成6位 松本 龍憲(崇徳)遊撃手
2016年度の中国地区屈指の身体能力を持つという 松本 龍憲(崇徳)遊撃手。特にピンと来るものはなかったが、ソフトバンクから育成枠の6位で指名された。一体どんな選手なのか? 考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
DeNA7位 狩野 行寿(平成国際大)遊撃手
攻守に非常に華のある大型内野手・狩野 行寿(平成国際大)遊撃手。素材としての奥行き、高い身体能力、それでいて積極的で明るい性格。丈夫な身体と併せ持つ、プロでぜひ鍛えてみたいと思わせる好素材だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
阪神7位 長坂 拳弥(東北福祉大)捕手
昨年の 坂本誠志郎(明大-阪神)と比較的似たタイプである 長坂 拳弥(東北福祉大)捕手。あえて似たタイプの捕手を獲得した印象があるが、果たしてどのような捕手なのか考察してみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
阪神5位 糸原 健斗(24歳・JX-ENEOS)三塁&二塁手
今年に入り、打撃で何か掴んだ感があった 糸原 健斗(JX-ENEOS)内野手。果たして彼は、プロで通用する人材なのだろうか?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成3位 山川 和大(兵庫BS)投手
大学連盟に属さない、芦屋大に在籍する 山川 和大(兵庫BS)投手。2年前に独立リーグに在籍していた選手なので、指名直前までいったが、連盟から大学2年生だったために待ったがかかった。あれから2年、ようやく解禁の年を迎え、プロ入りにこぎつけた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成1位 高井 俊(BC新潟)投手
野茂英雄を彷彿とさせるトルネード投法から、力のあるボールを投げ込んでくる 高井 俊(BC新潟)投手。プロは、何処に可能性を感じて彼を指名したのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
DeNA9位 佐野 恵太(明治大)一塁手
捉えた時の飛距離には目を見張るものがある 佐野 恵太(明大)一塁手。長距離打者の可能性を秘めた素材の、問題点と将来像を考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
中日6位 丸山 泰資(東海大4年)投手 最終寸評
春の投球ならば、指名も厳しだろうと考えていた 丸山 泰資(東海大)投手。秋は幾分春よりは復調気味な印象を持っているが、果たしてどうだろうか?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
六大学選抜 VS ヤクルト
東京6大学が選抜チームを作って、ヤクルトとのプロアマ交流戦を行ないました。先日のドラフト会議に指名された選手も何人か出場していたので、その感想でも。ヤクルトが、山田や川端など主力選手を出場させ、試合序盤から真剣モードだったのには驚かされました。

星 知弥(明治大-ヤクルト2位)投手 181/85 右/右 

六大学選抜の先発は、ヤクルトに2位指名された 星 知弥(明大)右腕。ズバーンとミットに突き刺さる爽快感は、今年のドラフト候補でもNO.1と言い続けてきた男。この日も2イニングでの登板ということで、思いっきりヤクルトの打者めがけて投げ込みます。球速もコンスタントに140キロ台後半を叩き出すなど、持ち味を発揮します。スライダーやチェンジアップがやや甘かったのと、速球全体の球筋が高い部分は気になりましたが、あのぐらい速球の勢いがあれば、短いイニングなら誤魔化せる、そんな印象を残してくれました。この日登板した投手の中では、最も普段の力を素直に発揮できたと思います。やはりこの選手がプロで活躍するとすれば、リリーフでの起用でしょうが、プロのシーズンならばいつもこう上手くゆくとは思えない部分も残りました。

澤田 圭佑(立教大-オリックス8位)投手 178/96 右/左

大阪桐蔭時代は、藤浪晋太郎(阪神)と共に、春・夏連覇に貢献。立教大に進んでからは、140キロ台後半のストレートと変化球を交えて通算22勝を積み上げてきた実績を誇る。しかし大学2年ぐらいまでがピークで、長年の勤続疲労で何処か痛いのか? ここ2年は誤魔化し投げている印象が強かった。もう無理かなと思っていたが、この秋は幾分復調気味。そのため、8位ながらも指名される形となった。

この日は、スピード・キレに欠け、ボールは高めに浮くなど好いところはなく6失点。下級生時代の内容ならば上位指名されて不思議はなかった投手だが、完全復調までにはまだ時間がかかる印象を残した。

柳 裕也(明治大-中日1位)投手 180/83 右/右

中日とDeNAが競合して、中日が交渉権を得た投手。140キロ前後の速球と多彩な変化球で、ゲームメイクして来る。この日は、ボールが上手く制御できていなかったり、球速・キレともイマイチ。しかし走者を三塁においての三塁ゴロは、プロの三塁手ならばアウトにできたであろう計算どおりのピッチングだった。力を入れれば140キロ台中盤の速球も投げられる投手だが、状態が良くなかったのだろう。元来格としては、柳がこの試合の先発を任されるような選手だったはず。しかしこの後に明治は、神宮大会を控えているだけに柳の状態が上がらないのは心配の種。学生なら空振りをしてくれそうなカーブや外角のスライダーをファールにされるなど、リズムが作れないまま1イニングが終わってしまった感じ。やはりストレートの平均アベレージがやや物足りない投手だけに、その辺の不安も覗かせる投球だった。

田村 伊知郎(立教大)投手 173/80 右/左

ジャパンの守護神を務めていた選手で、140キロ台後半のキレキレのボールが持ち味。この試合では、スライダーや速球が高めに入り、プロは甘い球を見逃してくれません。球速は2,3キロ遅い分、ストレートのキレも若干好いときよりは鈍かったと思います。しかしヤクルトの打者も差し込まれたりと、その片鱗を伺うことはできました。しかしキレ型の投手のために甘く入ると痛打を簡単に浴びてしまうことを、改めて露呈する形に。プロでは、何処までコントロールの精度を高め投げミスを減らせるかでしょう。

加藤 拓也(慶応大)投手 175/90 右/右

良くも悪くも、いつもどおりの内容だった気がしますし、普段からこういう投手です。イチ・ニ・サンで投げ下ろす投球で、145キロ前後のボール投げていました。散々粘られた末にライトフライに仕留めますが、外野がはじいてランナーを許します。変化球もスライダーや縦の変化などもありますが、ストレート含めてプロの一軍の打者相手だと仕留めきれるほどの球があるかは微妙でしょうし、コントロールはアバウトです。1位で行く程の投手かなという気もしますが、気持ちが強くボールも力があるので、リリーフなどならば1年目からそこそこは抑え込むのではないのでしょうか。 リリーフで、50試合 3点台前後 ぐらいはドラ1だけにやってくれないと困るでしょう。

石井 一成(早稲田大)遊撃 180/77 右/左

それなりに安定した守備と、深いところからの送球を魅せるなど持ち味は出ていたように思います。まだ甘い球を確実に仕留めきる能力には欠けますが、どの打席でもバットの芯付近でボールを捉えていたのは印象的。高めの甘い球をヒットするなど、力は素直に出せた試合でした。元来の能力を出しきれない選手が多い中、その点では評価できるポイントかと。1年目はまず、一軍半あたりで多くの経験を積みたいところ。

田中 和基(立教大)右翼 181/75 右/両

強肩、俊足の高い身体能力が魅力のアスリート系外野手。強肩ぶりはアピールできていましたが、逆に好いところを見せようと三塁を遥かにオーバーするような返球を魅せたり、ほぼ追いついていた打球を落とすなど、まだその守備力にも甘さを残します。打撃も脆さが改善できていないところを露呈し、プロの球への対応にも苦労が予想されます。

3位とは随分と高く評価したなという印象で、ポテンシャルは高いものを秘めているものの、すべての部分で粗さを改善して行かないと行けない気がしました。まずは、二軍でじっくり基礎を学ぶ一年になるのではないのでしょうか。



テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

西武2位 中塚 駿太(白鴎大4年)投手 最終寸評
MAX157キロの球速ばかりが先行する 中塚 駿太(白鴎大4年)投手 。この秋は、140キロ台の球速ではじめてチームのエースとして、1シーズン乗り切って見せた。その上で現状の中塚が、プロで通用するレベルに達しているのか? 考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
巨人育成5位 松原 聖弥(明星大)中堅手
プロでも売りにできる強肩を売りに、守備に特徴があり指名された 松原 聖弥(明星大)外野手。果たしてどんな選手なのか? ご紹介してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
楽天育成2位 南 要輔(明星大)内野
恐らく今年指名された選手の中では、最も足が速いであろう 南 要輔(明星大)遊撃手。果たして、どんな選手なのかみてみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
copyright © 2016 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.