東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
有料コンテンツとは 
迷スカウト」の管理人として、長年ドラフト候補を追いかけてきた 蔵建て男(くらたてお)の有料コンテンツ。

月300円 で、ほぼ毎日のペースで更新されるドラフト候補についての情報が閲覧できます。他の媒体では作成困難な濃厚なスカウティングレポートを、ぜひご堪能あれ。時々このブログでは、誰でも閲覧可能な無料記事も配信されます。有料ページに登録されてない方でも、時々見に来てくださいませ。

現在の方式 

記事の投稿年月単位で購入する方式です。購入した月の記事が、期限なしに閲覧できる仕組みです。

蔵建て男の略歴

1987年 長島一茂(立教大-ヤクルト入団)内野手が注目された年から、ドラフトに興味を持ち始める(当時中学2年)。1998年松坂世代の活躍に触発されて、その年の12月15日にドラフトサイト「迷スカウト」を開設。以後全国を駆け巡って、ドラフト候補のレポート作成をはじめる。その活動をきっかけに、野球に携わる仕事を始めるようになる。現在は「野球太郎」などネット媒体を超えたところでも、活動の幅を広げている。 Twitterアカウントは @kuratateo 

スポンサーサイト

テーマ:無題 - ジャンル:その他

中川 虎大(箕島3年)投手
一昔前の、懐かしい匂いがする速球派、それがこの 中川 虎大(箕島3年)右腕。140キロ台を割らないスピード能力は、関西でもトップクラスの素材だという。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
阪口 皓亮(北海3年)投手
前評判が芳しくなかった割に、この夏の甲子園で一番驚かされたのが、阪口 皓亮(北海3年)右腕のピッチング。低めでしっかり伸びてくる球筋、まだまだ伸びそうな奥行きのある素材。それでいて精神的なムラや制球力の不安も感じさせない好素材だった。もしプロ志望届けを提出したら、どのぐらいの位置づけになるのか考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
清宮 幸太郎(早稲田実業3年)一塁手 最終寸評
私が観てきた中でも、最高の打者だと評する 松井秀喜 の高校時代と匹敵する 清宮 幸太郎(早稲田実業)。今回は、その松井秀喜と比較する形で、清宮の最終寸評を作成してみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
西巻 賢ニ(仙台育英3年)遊撃手
U18の日本代表メンバーにも選出された、高校球界を代表する内野手・西巻 賢ニ(仙台育英)遊撃手。一見センスが勝った大学タイプに見えるが、果たして高校からプロに入る素材なのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
増田 珠(横浜3年)中堅手 最終寸評
1年生の頃から、内川聖一(ソフトバンク)の再来だと注目してきた 増田 珠(横浜3年)中堅手。集大成を迎えた3年夏には、神奈川大会では大会タイ記録となる5本塁打を放ち、文句なしの活躍を魅せた。しかし甲子園では緒戦敗退、U18の日本代表では不調で充分なアピールができなかった。果たして最終的な評価としては、どのような位置づけになるのだろうか?3年間追ってきた、増田 珠 の最終寸評をを書くとしよう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017年(44) BCリーグ選抜 VS DeNA 後編

寺田 光輝(BC石川・25歳)投手 175/73 右/右

右のスリークォーターから、キレのある130キロ台後半~MAX89マイル・143キロを投げ込む好投手。変化球は、スライダーとのコンビネーションとやや単調な印象は否めない。リーグでは、35試合 0勝3敗10S 防 2.41 とリリーフとして活躍。41イニングで38安打、被安打率が92.7%と多め。リリーフとはいえ投球に奥深さがないところが、数字にも現れている。四死球は18個で、四死球率は43.9%とこれも少し高め。この試合でも、1イニングに登板して1個四球を出していた。奪三振率は、1イニングあたり0.76個。リリーフだと0.9個以上は欲しいところで、この辺も決め手に欠ける部分が。リーグでは上位のボールの力はあるものの、NPBレベルだと物足りないといった感じか。強烈なシンカーなどがあれば、ストレートの勢いは悪くないだけにと思うが、育成でもどうかなぁというボーダーラインレベルの選手ではないかと思う。イメージ的には、水野 滉也(東海大北海道-DeNA2位)投手に感じは似ている。

橋詰 循(BC栃木・23歳)投手 190/90 右/右

長身から繰り出すストレートが魅力で、コンスタントに140キロ台~MAX92マイル・148キロを記録するなどスピード能力には見るべきものがあります。ただいかんせん速いだけで、制球力がバラバラ、変化球もカーブなどを投げていましたが、ほとんど使えるような球ではありませんでした。いつもこうなのか? 力みからこのような投球だったのかはわかりません。そこでリーグ戦での成績を見てみると 35試合 1勝3敗6S 防 6.69。この日は1イニングを、1安打2四死球ながら、なんとか0点で切り抜けます。36回1/3イニングで、イニングを遥かに上回る48本。四死球も26個あり、四死球率は71.6%にものぼり、普段からカウントを整えるのにも四苦八苦していることが伺えます。奪三振は34個であり、1イニングあたり0.94個と、リリーフの基準である0.9個以上を記録。この成績からも、普段からこういった投球の投手なのでしょう。あとは、BC上位のスピード能力を評価して、素材としてどうみるかではないのでしょうか? 

寺岡 賢治(BC石川・25歳)投手 180/85 右/右

BCリーグで、最もNPBに近い男と言われ、この試合に訪れていた多くのスカウトは、まさにこの投手を見に来ていたであろうという感じでした。結果的には、1イニングを15球投げて、0安打・無四球・3者連続三振で討ち取る完璧な内容。真上から投げ下ろしてくる感じのフォームから常時145~MAX94マイル・151キロを記録し、この球速を3度記録。ストレートの勢い・厚みも確かですが、カーブでしっかりカウントを整え、横滑りするスライダーと、縦に切れ込むフォークで空振りを誘っています。その他にも、カットボールのような球もありそうです。

リーグ戦では、43試合 2勝1敗0S 防御率 1.52(リーグ3位)の好成績。59回1/3イニングで被安打は38本、被安打率は64.1%と充分な成績です。70%を切って来るようだと、1年目から一軍も見えてきそうな数字。四死球は28個で、四死球率は47.2% とかなり高め。この辺が、ボールを見められた時にどうなのかな? という不安があります。実際投球を見ていても、制球はかなりアバウトそうという印象は受けました。奪三振は82個で、1イニングあたり1.38個と右投手としては破格の数字になっています。ドラフトでも本会議での指名は確実なレベルで、又吉克樹(香川OG~中日2位)以来の独立リーグ上位指名すら期待させる内容でした。これだけプロが翻弄されたのをみたのは、石川歩が東京ガス時代にリリーフで登場し圧巻の投球を魅せて以来の衝撃でしょうが。石川は、そのまま1位競合となりましたが。やはり不安点は、コントロールの部分でしょうかね。

フランシスコ・ペゲロ(BC富山・29歳)右翼 183/86 右/右

この日は、3安打を放ち、守備でもファインプレーを魅せるなど大活躍の一日でした。第一打席にはカーブをセンター前にはじき返し、第四打席では 国吉佑樹 の内角の球をセンターバックスクリーンに叩き込むパワーも。すべての打席で、ミートポイントでボールを捉えるセンスがあります。けして俊敏そうには見えない選手なのですが、球際に強くファインプレーを連発。ある程度、守備でも足を引っ張らないのは魅力ではないかと。なんとなくグランドでの雰囲気でも、愛されキャラになれそうなタイプです。

リーグ戦での成績では、.38721厘でほんの僅かの差で首位打者にはなれず。70試合(297打席)・20本 52打点 1盗塁 という成績。昨年DeNAに入ったシリアコが、68試合(274打席)15本 53打点 1盗塁 .332厘 という成績でしたから、かなり近いタイプではないのでしょうか。シリアコよりもワンランクコンタクト能力があり、若干実戦で本塁打が打てるタイプかと。守備に不安のあるシリアコに比べると、外野ならそれなりに守れるという魅力もあります。保険外人としては、面白いかもしれません。

岡下 大将(BC福島・26歳)三塁 184/76 右/右

昨年は打撃部門で外人勢と上位で争っていた、リーグを代表する強打者。今季はやや地味な感じですが、69試合(261打数) 9本 33打点 11盗塁 打率.291厘 という成績に。この試合では途中から出場し2打席ほどでしたが、内角の球を力でもってゆきライト前にとパワーのあるところを魅せていました。今季の成績は昨年ほどではないのですが、打撃はBCでも上位の強打者であることは変わりません。気になるのは、14失策の守備の安定感。昨年あれだけの内容を示しながら指名漏れしており、今年何か大きな上積みがあるのかと言われると疑問なだけに、推せる材料が不足していることは否めません。年齢的にも26歳だということで、そろそろラストチャンスの年ではないのでしょうか。好いものを持っているだけに、何処かに指名されないかとは思っている一人です。

河本 光平(BC富山・23歳)二塁 168/72 右/左

きっちり叩けるスイングで、一塁までの塁間も4.0秒前後で走り抜けるまずまずの脚力があります。この試合では、レフト線を抜けるツーベースを放ったりもしていました。リーグでは、71試合(270打数) 3本 29打点 12盗塁 打率.300厘 を記録。二塁手としては平凡かとは思ったのですが、リーグ戦で21失策は気になる材料。今日見ていた選手の中では好いものを持っていそうという感じは受けましたが、育成でも指名があるのかは微妙かとは思います。しかし独立リーグの選手は、成績よりも何処に可能性を見出すかにかかっているので、それほど現時点での成績は重視しなくても好いと思います。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年(44) BCリーグ選抜 VS DeNA 前編
BCリーグが、選抜チームを作ってNPBの二軍と試合をします。その皮切りに、DeNAとの試合を行いました。今回は、2回に分けて気になった選手に取り上げてみたいと思います。

渡邉 雄太(BC新潟・26歳)投手 186/85 左/左

長い手足を活かした左サイドハンド投手で、現在BCリーグの防御率部門1位に位置するリリーフ投手です。ここまで46試合に登板し、1勝2敗16S 防 1.29 。 球速は130キロ前後(MAX83マイル・134キロ)とありませんが、左打者の背中越しから来る球筋を武器にします。さらにサイド特有の大きく横曲がりするスライダーのキレは一級品で、対左打者に特化した投球が光ります。リーグで防御率1位になっているぐらいですから、このフォームでも右打者にもある程度投げられるからなのでしょう。僅か1イニングという投球で、細かい部分はわかりませんが、こういった投手を探している球団には面白い存在かもしれません。今日も、1イニングを僅か7球で3人で打ち取りました。リーグでは、55回2/3イニングで46安打で被安打率は、82.7%。やや高いのは、やはりキレで勝負するタイプで、球威・球速がやや弱いからでしょう。奪三振は、イニングを遥かに上回る66個。四死球18個で、四死球率は32.4%とイニングの1/3以下ですから基準レベルにはあります。育成枠あたりならば、面白い存在になり得るかもしれません。26歳と年齢もいっているので、一年目から使えるか使えないというのがハッキリするタイプではないのでしょうか。

高井 ジュリアン(BC信濃・21歳)投手 176/81 右/左

東海大三時代から、知る人ぞ知る存在でした。右のスリークォーターから、MAX86マイル・138キロのストレートに、キレ味抜群のスライダーを武器にしています。今日は、打者3人を3奪三振と完璧な内容。リーグでは、27試合 12勝2敗 防 2.08 でリーグ5位の成績を誇ります。12勝はリーグ2位の成績であり、先発をこなす日本人では1位の防御率でもあります。NPBを目指すにはストレートが物足りないレベルなのですが、スライダーは右打者がタイミング合わないブレーキと曲がりをしているので、この球が通用するかどうかにかかっています。被安打率は82.9%、奪三振率は、1イニングあたり0.81個と先発としては基準以上。四死球は17.1%であり、制球力はかなり安定していると言えます。ちょっと右投手としては、パンチ不足と判断されるかもしれません。スライダーのキレと安定した制球力、ゲームメイク能力に、高卒3年目の若さで、どう評価されるか?

山崎 悠生(BC信濃・24歳)投手 173/78 左/左

非常に正統派のサウスポーといった感じで、昨年指名されるのではないかと期待していた一人です。球速は135~87マイル・140キロを記録するキレのある真っ直ぐに、今日はスライダー・カーブなどが見られました。今シーズンの成績は、37試合 0勝2敗21S 防 2.23 とクローザーとして活躍。44回1/3イニングで、被安打23本は被安打率51.9%は極めて優秀。今日は四球を出していましたが、四死球率は20.3%と非常に左腕でも安定した制球力。奪三振49個もイニングを上回っています。数字的には申し分ないのですが、今日見る限り球威・球速がもう一つで、フォームもオーソドックスな投手だけに、左腕ですがどう判断されるかは微妙です。昨年指名が見送られたのも、同じような理由からではないのでしょうか。個人的には、昨年から大きな上積みが感じられないだけに、あまり推せないというのが現状です。こういった左腕に、需要があるかだと思います。いずれにしても、育成で指名があるかないかといったレベルではないのでしょうか。

和田 康士朗(BC富山・18歳)中堅 184/68 左/左

小川高校の陸上部に在籍していたものの、退部して15歳からクラブチームとして野球を続けた変わり種。今年から、BCリーグに参加した若手野手。今日は、2番・中堅手として一二塁間を破るヒットで出塁していました。ソフトバンクの 柳田悠岐 をお手本に、フルスイングをモットーとしている選手。リーグ戦では、68試合 1本 14打点 14盗塁 打率.271厘 という成績。成績的には際立つものはないのですが、出塁すればすかさず盗塁。中堅の守備でも前に落ちそうな判断の難しい打球をダイビングキャッチするなど、ガツガツというものが今日見ている選手の中で一番伝わってきた気がします。複数球団からマークされている素材だと先日も記事になっていましたが、確かに育成ならば指名があるかもと思わせてくれる好選手でした。

纐纈 英騎(BC新潟・23歳)一塁 180/92 右/左

ガッチリした体格のパワフル打者で、国吉佑樹 からレフトポールにぶち当たるホームランを放ちました。この選抜チームでも、4番・一塁手として出場。リーグ戦では、62試合(239打数) 9本 55打点 12盗塁 打率.351厘(8位) という成績を残しています。ホームランを打つまでは、少し固いかなぁという印象ではあったのですが、パワーはあるのだと実感し、選抜チームの4番を任されていただけのことはあるのでしょう。ただし239打数で9本塁打だとすると、仮にNPBのレギュラー選手並の500打数でも19本ぐらいのペースなので、長距離打者というよりは中距離のポイントゲッターなのではと。それで一塁手でもあり、ちょっと指名となると厳しいのではないかというのがこの日の率直な感想でした。明日のロッテ戦では、どのような活躍を魅せてくれるのか気になります。

田浦 文丸(秀岳館3年)投手 
夏の甲子園では調子が合わずイマイチだったが、U18ワールドカップではJAPANの投手陣の中で大車輪の活躍を魅せた 田浦 文丸(秀岳館3年)左腕。ドラフトでは、どのような位置づけになるのか考えてみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
川端 健斗(秀岳館3年)投手 最終寸評
高校NO.1左腕の呼び声も高い 川端 健斗(秀岳館3年)左腕。果たしてプロ志望届けを提出していたら、どのような評価になっていただろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
中村 奨成(広陵3年)捕手 最終寸評
この夏、清原和博のホームラン記録を塗り替える、大会6本塁打を記録した 中村 奨成(広陵3年)捕手。一躍甲子園のスターになった彼の、プロでの可能性について考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
平元 銀次郎(広陵3年)投手
今年の数少ない実力派サウスポーである 平元 銀次郎(広陵3年)左腕。進学希望だということで、今後どういった投手を目指すべきか考えてみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
清水 達也(花咲徳栄3年)投手
独特の腕の使い方をする癖のあるフォームから、日本人離れした重い球を投げ込む 清水 達也(花咲徳栄3年)右腕。プロは、どのように彼を観ているのか、考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
丸山 和郁(前橋育英3年)中堅手 野手レポート
選抜では、投手のドラフト候補として注目されてきた 丸山 和郁(前橋育英)外野手。しかしこの夏は故障などもあり、野手への比重が高かった。しかしまさか、ここまで足でかきまわすとは思ってもみなかった。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
皆川 喬涼(前橋育英3年)投手 最終寸評
甲子園では、MAX149キロの素晴らしいボール投げ込んでいた  皆川 喬涼(前橋育英3年)右腕。しかしその割に、不思議とプロの匂いがして来ないのは何故だろうか? 考えてみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
比嘉 賢伸(盛岡大附3年)遊撃手
ドハデな活躍を魅せる 植田拓 の陰に隠れがちだが、安定した遊撃守備を誇り、打撃能力も高い 比嘉 賢伸(盛岡大附3年)遊撃手の方が、スカウト受けは良いのかもしれない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
植田 拓(盛岡大附3年)中堅手 最終寸評
160センチ台の小柄な強打者だが、ぜひプロの舞台でみてみたいと思わせてくれるのが、この 植田 拓(盛岡大附)外野手。果たしてプロは、どのような判断を下すのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
西浦 颯大(明徳義塾3年)右翼手 最終寸評
走攻守の三拍子に加え、高校生にしては非常に意識の高い 西浦 颯大(明徳義塾3年)右翼手。プロで余剰気味になりがちな、左の外野手だが、果たしてどのような選手に将来育つのだろうか?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
小松 章浩(おかやま山陽3年)投手
この夏、チームを甲子園に導いた 小松 章浩(おかやま山陽3年)右腕。非常にオーソドックスなフォームから投げる正統派だが、今後大化けする可能性も秘めている。果たしてプロは、どのような判断を下すのだろうか? 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
峯村 貴希(木更津総合3年)遊撃手 最終寸評
1年秋の神宮大会で大活躍して注目された 峯村 貴希(木更津総合3年)遊撃手。その後伸び悩んだが、最終学年ではどうだったのだろうか? 改めて振り返ってみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
西川 愛也(花咲徳栄3年)左翼手
将来どえらい打者になるのではないか? そんな予感めいたものを感じさせてくれるのが、西川 愛也(花咲徳栄3年)左翼手。果たして、どのような選手に育つのか? 考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
平松 竜也(盛岡大付属3年)投手
選抜時に比べると、明らかに実戦的になってきていた 平松 竜也(盛岡大附)投手。まだまだ粗っぽい素材ではあるが、将来性を秘めており楽しみ存在なのだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
亀岡 京平(済美3年)三塁手
甲子園で3本のアーチを架けた 亀岡 京平(済美3年)三塁手。ただパワーがあるだけでなく、三塁手としても中々魅力の強打者だったのである。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
村川 竜也(波佐見3年)遊撃
甲子園では、打って走っての大活躍で異彩を放っていた 村川 大介(波佐見)遊撃手。どことなくプレーの雰囲気は、往年の名選手・石井琢朗(横浜-広島)を彷彿とさせる。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
獄野 雄貴(西濃運輸)投手
「魔球シンカー」を操る、獄野 雄貴(西濃運輸)投手。このシンカーと勢いのある真っ直ぐで、プロでもリリーフでの活躍が期待される。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
柏原 史陽(24歳・JX-ENEOS)投手
投げっぷりの良い投球で、1年目から即戦力の期待がかかる 柏原 史陽(JX-ENEOS)投手。果たしてプロでは、どのような位置づけの選手なのか考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
辻野 雄大(HONDA)捕手
捕手としての基礎ができている、そんなことを実感させてくれるのが、辻野 雄大(HONDA)捕手。高校・大学の候補が不足するなか、貴重な捕手の指名候補となる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鈴木 博志(20歳・ヤマハ)投手
今年の都市対抗でも155キロを記録していたように、今やアマチュア球界ではNO.1のスピードボールを投げるのが、この 鈴木 博志(ヤマハ)右腕。果たしてプロの世界においては、どのような位置づけなのか考えてみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
田中 俊太(日立製作所)二塁手
今年の大学・社会人で、最も即戦力になりえる可能性が高い野手である 田中 俊太(日立製作所)二塁手。兄・広輔(広島)のアマチュア時代と比較しても、ヒケをとらない実力の持ち主だと言えよう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鈴木 康平(23歳・日立製作所)投手
千葉明徳時代からプロ級の素材と言われ続けてきた 鈴木 康平(日立製作所)右腕。社会人2年目を迎え、ようやくその才能が開花しはじめた。今ならば、プロに入る「旬」を迎えたのではないのだろうか。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
神里 和毅(日本生命)中堅手
糸満・中央大から気になる存在だった 神里 和毅(日本生命)外野手。今まで持ち得る才能を活かしきれなかった選手だが、ようやく社会人2年目にして、秘めたる才能が目覚めようとしている。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.