東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
重要なお知らせ
先ほど、ページを運営するFC2ブログ様から、次のような通達が来ました。

2013年11月12日を以ちまして、課金モード『有料ブログモード』を廃止する運びとなりました。

いままでこの有料ページ「東南西北」では、有料ブログモード という方法を採用して参りました。しかしこれが11/12までで廃止されるため、バックナンバーモード という方式に移行させて頂くことになりました。 なおそれぞれのモードの説明ですが

有料ブログモード(今までのモード)

1ヶ月単位で料金を設定し、1/3/6/12ヶ月単位で購入できます。
購入したプランの期間中、そのブログのすべてのブロマガ記事が読むことができます。
購入した期間が終了すると、ブロマガ記事が閲覧できなくなります。

バックナンバーモード (11/12以降のモード)

記事の投稿年月単位で購入する方式。
購入した月のブロマガ記事は、期限なしに閲覧できます。

に移行することになりました。
なお、バックナンバーモードへ変更されますと
自動更新の際にエラーが発生する可能性がございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

特に今まで毎月購読してくださっている方にとっては、大きくは変わらないと思います。ただ時期によって登録されている方にとっては、今まで大きく変わってくることになるのではないのでしょうか。

大変ご迷惑をおかけしてしまいますが、どうかご理解のほどよろしくお願い致します。モードの変更は、11/11の夜に行うつもりでおりますので、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:無題 - ジャンル:その他

高校JAPAN VS 大学JAPAN (高校野手編)
高校JAPANの野手に関しては、ヒットも少なくあまりよくわからなかったというのが率直なところ。この中で今秋のドラフト会議に関わってきそうな選手を中心に、簡単に感想を述べたいと思う。

鈴木 将平(静岡3年)中堅 173/73 左/左

甲子園不出場組ながら、今回のJAPANに選出されました。また試合でも、初回にいきなり柳(明大)投手の外角球を逆らわずレフト線にツーベースを放つなど、非凡なところを示します。高校生の外野手としては上手いですし、肩は図抜けてはいませんが、走力は塁間 4.0秒台ぐらいとまずまず、対応力には非凡なものがあります。左打ちの外野手というスカウト受けしないポジションでも、指名確実だと言われる三拍子揃った好選手。今すぐにでも、ファームの試合に違和感なく交じることができそうです。ただし左の好打者タイプであることを考えると、指名は5位前後ぐらいに落ち着くのではないのでしょうか。あとは、今後の伸びしろがどのぐらい残されているのか?

九鬼 隆平(秀岳館3年)捕手 179/79 右/右

今年の高校球界を代表する捕手であり、強烈なリーダーシップを備えます。甲子園でのレポートにも書いたように、荒っぽかった守備も、だいぶ普通になってきました。ノーステップでトップもキッチリ作れないまま振り出す消化不良の打撃が、木製バットでプロレベルの投手相手に通用するのかという疑問と、将来的に捕手としての適性があるのかには疑問が残ります。

しかし捕手としてはA級の打力の持ち主であり、俊足・強肩の身体能力は確か。二塁までの送球タイプは、1.9秒前後で捕ってから素早いが、コントロールはいまいち安定していない。一塁到達タイムも右打席から4.4秒前後(左打者換算で4.15秒前後)と並なものの、ベースランニングなど長い距離を走るとかなり速い。そういったことからも高い身体能力を生かし、将来的には他のポジションで才能が開花するかもしれません。いずれにしてもドラフト会議では、3位前後あたりでは指名されるのではないのでしょうか。

松尾 大河(秀岳館3年)遊撃  174/73 右/右

特に何が凄いというわけではないのですが、高いレベル相手にも順応できるだけの確かな技術があります。特に右打ちでありながら、安定した遊撃守備でこの夏一気に評価を高めました。この代表チームでもショートを始め三塁を務めたりと、使い勝手の良さは目を惹きます。打っても長打を放つなど、ファームレベルの試合でなら早くから順応して行けそうなタイプ。問題は、何処まで今後伸びしろが残されているのか? という部分ではないのでしょうか。ドラフトでも、きっと本会議中に名前が呼ばれるでしょう。

納 大地(智弁学園3年)右翼 175/73 右/左

チームでは左翼手でしたが、この試合ではライトを守っていました。柔らかいリストワークを活かした対応力が自慢。柔らかいだけでなく、強く叩ける強さも兼ね備えている。試合では、右翼から返球する場面も。これに関しては、平均ぐらいの肩であり、際立つものはなかった。高校からプロというよりは、高いレベルの大学に進み今後の実績次第ではその上を狙うという進路をたどりそう。

藤嶋 健人(東邦3年)外野&投手 175/78 右/右

一応投手としての選出ですが、高校球界屈指の右の強打者としての色彩が強いと思われます。捉えた時の飛距離・破壊力には目を見張るものがありますが、最大の課題は対応力の低さ。そのため本当にレベルの高い相手だと、対応できるのか注目でした。しかしやはり大学生のトップクラスが集まったこの試合では、まだまだ対応仕切れない、そんな印象を強く受けました。この辺が、野手として勝負した時に、どうなのか? 今後のU-18 の試合で、レベルの高い投手との対戦が注目されます。といっても貴重な右の大物打ちということで、ドラフトでは中位指名では消える選手ではないのでしょうか。

上記にあげた鈴木・九鬼・松尾・藤嶋に関しては、ドラフトでも本会議中に指名される選手だと評価しています。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

高校JAPAN VS 大学JAPAN (大学野手編)
野手に関しては人数が多くなってしまうので、気になった選手のみ触れさせて頂きます。

大西 千洋(法政大2年)左翼 181/76 右/左 (阪南大高出身)

今春のリーグ戦では、14試合 0本 5打点 7盗塁 打率.305厘 を残しました。180センチの大型野手でありながら、塁間3.9秒前後で走り抜けられる快速が売り。足の速さに関しては、プロレベルでもう売りにできるレベルにあります。この試合でも内野安打で出塁し、先発・早川(木更津総合)投手のリズムを崩す活躍を。初回の5得点は、まさに彼の足が早川のリズムを狂わせたことが大きかったといえます。また打撃にもミート能力がありますし、守備範囲も広いです。気になるのは、あまり肩が強くないのかという部分か。いずれにしても2年後のドラフト候補として、期待したい1人です。

辰己 涼介(立命館大2年)中堅 178/68 右/左 (社出身)

こちらも塁間3.9秒前後の快速に、強肩、天才的なハンドリング・対応力の持ち主で、2年後のドラフト上位候補として期待されます。特に打撃の潜在能力が高く、プロで毎年3割が打てるのではないかと思わせる天才肌。今後の2年間で、どのような位置づけに育ってゆくのか注目されます。

この試合でも左投手の早川を苦にせずにヒットを連発したり、あわやセンター前にポテンと落ちるかと思われる打球をギリギリでキャッチングするなど好守でアピールしていました。

森下 翔平(東海大4年)一塁 180/83 右/右 (東海大相模出身)

学生球界を代表する強打者であり、長打力だけでなく右方向にしぶとく食らいつく打撃も魅力です。高いレベルで揉まれてきており、結果を残してきた選手だけのことはあります。どんな状況でも、なんとかしてくれるという信頼をおけるポイントゲッター。ドラフトでも、中位~下位指名ぐらいでは十分期待できると思います。

楠本 泰史(東北福祉大3年)内野 180/78 右/左 (花咲徳栄出身)

ツボにハマれば素晴らしい打球も飛ばしますが、むしろボールに合わせる対応力に非凡ものを持っています。ただし守備に難があり、その点でポジションの融通性に欠けるところがマイナスポイント。彼がもう少し長打力のある右打者であれば、守備に難があってもという部分はあるが、左の中距離打者というだけに、来年ドラフト指名となるとどうだろうか? 打撃に関しては、非凡なものを持っているのだが・・・。

その他の選手は、大学選手権やリーグ戦レポート・平塚合宿のレポートでも触れているので簡単に。牛島将太(明大4年)捕手は、さすがに打撃に関しては、他のポジションの強打者とひけをとりません。捕手としても悪く選手であり、少々上から叩き突けるようなスローイングは気になりますが、今年の大学生の中では上位の捕手であり、ドラフトでも指名されると思います。

大山 悠輔(白鴎大4年)三塁手は、やはり大学球界屈指の強打者であるのは間違いないありません。リーグ戦8本塁打の長打力が示すように、豪快なスイングは貴重な右の長距離候補。現時点ではまだ絶対的なものはありませんが、プロで何年か漬け込めばいずれは一軍でも存在感を示すことが期待されます。ドラフトでも3位前後の指名が、十分予想されます。

京田 陽太(日大4年)遊撃手は、守備ではそれほど見せ場はありませんでしたが堅実な守備は高く評価できます。この試合ではセンター前にもはじき返していましたが、やはり打撃の未来像が描けないのが大きなネック。ドラフトでは、守れるショートが欲しい球団が、2位以降で指名した。吉川 尚輝(中京学院大)二塁は、ショートはではなく二塁として出場。何よりその攻守にダイナミックなプレーは魅力ですが、課題はスローイングの安定感。ここを、いかに改善して行けるのかが今後の課題。現時点でプロでショートを任せると、凄いプレーを魅せる反面、大くのミスも頻発しそう。そう考えると入る球団次第では、セカンドを任されることになるかもしれない。いずれにしてもこちらはスター候補であり、ハズレ1位から2位以内では指名されるのではないのだろうか。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

高校JAPAN VS 大学JAPAN (大学投手編)
高校VS大学JAPANの交流戦レポート第二弾。今回は、大学JAPANの投手陣について取り上げてきます。

柳 裕也(明治大4年)投手 180/83 右/右 (横浜出身)

今年の大学生投手の中でも、最も計算できるゲームメイクできる能力が最大の自慢。さすがに短いイニング限定ということもあり、そのストレートは、コンスタントに140キロ台~中盤を記録。何より素晴らしかったのが、立ち上がりからコーナーにしっかりコントロールできていたこと。また違和感なくコンビネーションの中に、フォークを織り交ぜ空振りを取れる点。元来はもっと多彩な球種もあるので、より相手に的を絞らせない投球ができます。

投球に凄みは感じられないものの、どのチームに入っても開幕先発入りできるぐらいの完成度・総合力があります。いの一番で指名して来る球団があるかは微妙ですが、いずれにしても1位指名の間で消えるのは間違いないでしょう。一年目から、7,8勝前後は期待できると思いますし、何より要所での精神面の強さは特筆ものです。

濱口 遥大(神奈川大4年)投手 173/80 左/左 (三養基出身)

気持ちの浮き沈みが激しく計算しづらいところはあるのですが、良い時の爆発力は今のアマチュア球界でNO.1左腕。この試合でも厚みと勢いのある140キロ台中盤のボールを連発し、スライダー・チェンジアップを織り交ぜてきました。特に魂のこもったボールを投げられる投手であり、チェンジアップがまともに決まればプロの打者でも打てないフィニッシュボールに。あまりに熱すぎる性格ゆえに反動が怖い部分はあるので、年間でどのぐらい残せるのかは見え難いところが評価の別れるところ。しかしボールだけみれば、文句なしの1位候補なのは疑いようがありません。

吉川 峻平(関西大4年)投手  183/78 右/右 (関大北陽出身)

スラッとした細身の投手で、140キロ前後と驚くような球威・球速はありません。しかし非常に安定感のある好投手であり、更に強烈なシンカーを持っていて、この球が国際試合で有効だと判断され全日本に残りました。この球に関しては、プロでも武器になるだけの強烈な縦の変化球。ただし速球の球威という部分では見劣りし、ドラフト戦線で彼の名前を耳にすることは殆どありません。

一芸で特徴があって面白いという見方で、ひょっとすると指名を検討する球団はあるかもしれません。しかし上位指名とか高い評価はし難いタイプだけに、何処まで本人のプロ志向が高いのかにも関わります。現状は、社会人に進むタイプという印象です。

齊藤 大将(明治大3年)投手 178/75 左/左 (桐蔭学園出身)

スリークォーターから繰り出す独特の球筋と、キレのあるボールが持ち味のサウスポー。スライダー・チェンジアップを織り交ぜる、来年のドラフト候補。課題はムラっ気のある投球で、好い時と悪い時の差が激しいところ。この日も球筋は結構暴れていて、不安定さを覗かせていた。プロとしてはリリーフタイプという位置づけであり、左打者の背中越しから来る球筋から対左打者に強いタイプ。逆に右打者に対して、どんな投球を示せるかが今後の課題か? 使い方が限定されるタイプだけに上位候補ということにはならないと思うが、来年の有力な指名候補となってゆくだろう。

伊藤 将司(国際武道大2年)投手 178/82 左/左 (横浜出身)

テイクバックを隠して投げ、ボール球の出どころを見えなくする技巧派左腕。球速は130~135キロぐらいも、球速よりキレを感じさせるタイプ。ただし球威・球速はないので、甘く入ると怖い一面を持っている。まだ大学2年生ではあるが、2年後球威・球速を増してドラフト候補という匂いはしてこない。すでに横浜高校時代から、かなり完成された投手との印象を受ける。投手陣にバエラティを持たせる意味でも、こういった投手を1人加えてみたかったという意図はわかるのだが。

佐々木 千隼(桜美林大4年)投手 181/83 右/右 (都立日野出身)

右スリークオーターから繰り出す、キレと勢いのある速球を投げ込んでくる。球速はコンスタントに145~150キロ前後のボールを投げ込め、スライダー、シンカー系のボールを投げ込んでくる。昨年までは、勢いのある速球とスライダーの単調な投球が目立っていた。しかし今年に入り、ツーシームやシンカーなどを上手く織り交ぜることができ、ピッチングの幅が広がってきた。現在大学球界においても 田中 正義(創価大)に次ぐ存在であり、1位指名はまず間違いないだろう。状況次第では、競合してもなんら不思議ではない内容。今日投げた大学生の中でも、頭一つ抜け球を投げていた。

田村 伊知郎(立教大4年)投手 173/80 右/左 (報徳学園出身)

小柄ながら145キロ~150キロ級の切れ味鋭い速球と、闘争心のある熱いハートが持ち味の大学JAPANの守護神。勢いだけでなく元々好投手タイプだっただけに、コントロールやマウンド捌きも安定しているところも魅力。この試合では上吊る場面もあったが、低め膝下に集まる球も少なくなかった。低めに落ちる系の球も持っており、この球でも空振りが狙える。プロでもリリーフならば即戦力になり得る投手であり、身体は小さくても4位前後ぐらいでは指名されそうな確かな力量の持ち主。上手くハマれば、1年目からセットアッパーぐらいまで務まるかもしれない。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

高校JAPAN VS 大学JAPAN (高校投手編)
昨日行われた、高校JAPAN VS 大学JAPAN の交流試合のレポートを。今回は、4回に渡って高校・大学JAPANの選手たちについて触れてゆきたいと思います。まず今回は、高校JAPANの投手陣から。

早川 隆久(木更津総合)投手 178/68 左/左

高校JAPANの先発は、千葉マリンで行われたこともあって地元の 早川 隆久(木更津総合)投手。高校球界屈指の実戦派左腕として知られる投手ですが、個人的にはプロ入りとなると4年後を待った方が良い選手だと言い続けてきました。

立ち上がりに 大西 千洋(法大2年)外野手の内野安打でリズムが掴めません。そうこうしている間に、初回5失点を失います。早川の場合140キロ前後の速球に、スライダー・チェンジアップ系の球を上手く織り交ぜるコンビネーションで打ち取るタイプ。しかし立ち上がり、甘くカウントを取りにゆく球を大学JAPANは見逃しません。

元々早川は、ピンポイントにコースを突くタイプではなく、ストライクゾーンにポンポン集めて有利な状況を作ってゲームを組み立てるタイプ。その自分のリズムに相手を引き込む前に打ち込まれてしまいましたし、高校レベルならば打ち損じてくれる球を簡単に打ち返されてしまします。この辺が、まだボールに本当の力がない、変化球含めて絶対的なものがなく、今プロに入っても特徴が見出だせずに埋もれてしまう危険性があると指摘するところです。あともう一つ気になったのが、ストライクゾーンの枠の中で勝負したがるので、今後の4年間でストライク~ボールになる球を振らせる技術を磨いて欲しいと思います。段階を踏んで技術を高めて行けば、4年後には即戦力左腕として1位指名も夢ではない素材だと思います。

藤平 尚真(横浜)投手 185/80 右/右

まだ成長途上の投手という印象は受けますが、今後の上積みが期待できるという意味では、今回のJAPANのメンバーの中でも一番だと思います。短いイニング限定ということもあり、140キロ台後半(MAX149キロ)を連発し、スライダー・フォークなどを織り交ぜたピッチング。まだボール全体の収まりが悪かったり、変化球の精度が低かったりと未完成な印象は受けますが、これがピタッとハマって来ると、手に負えないピッチングができそう。球速も今は150キロ前後ぐらいがマックスですが、将来的には155キロ前後ぐらいまでは行きそう。プロで勝てる投手になれるかと言われると、もう一皮二皮向けないと行けないでしょうが、持っているエンジンは、先輩の 涌井秀章(ロッテ)以上なのは間違いありません。ドラフトでは単独で欲しい球団が狙って来そうですが、1位競合が起きても全然不思議はないでしょう。少なくても、ハズレ1位までは残らない気がします。

寺島 成輝(履正社)投手 182/83 左/左

今年の高校生投手の中では、左右含めてNO.1投手。また大学・社会人含めても、総合力ではNO.1左腕だと評価されている投手。安定した下半身を元に、バランスの良いフォームから狂いの少ない投球が自慢。球速は140キロ前後~中盤ぐらいのボールが多いものの、手元でキレるので5キロぐらい速く感じさせる球質があります。またスライダー・カーブ・チェンジアップともに絶対的なボールはないものの、切れ味・生かし方もソコソコ。コントロール・投球術・マウンド捌きなどの総合力も適度に兼ね備えており、将来的にも計算できる投手との評価があります。特に、右打者にも左打者にも厳しく内角を突けるのが特徴

ただし持っている能力はこんなものではないだろうというのは誰しもが歯がゆく感じられるところで、春季の近畿大会ではリミッターを外して140キロ台後半を連発。雄叫びをあげるような投球を魅せてくれましたが、甲子園では最後までそういった投球を観られず。その最大の理由は、力を入れて投げると身体が突っ込んでコントロールを乱したり、合わされやすくなりパフォーマンスが返って低下してしまうから。そのことを自分でも自覚しており、あえて常に抑えて投げることを心がけているようです。今後爆発的に伸びるのか?という疑問と、プロだと意外に決めて不足になるじゃないのか?という中途半端になるかもという不安も残りますが、最もリスクが低い高校生としてドラフトでは1位競合は確実ではないのでしょうか。

島 孝明 (東海大望洋3年)投手 180/80 右/右

この春、衝撃の153キロを投げ込み一躍ドラフト戦線の新星を印象づけた速球派。甲子園組以外では、唯一選出された選手でもあった。この日は145キロ前後の速球に、カーブ・スライダー・チェンジアップ系を織り交ぜ、変化球はいつもよりも制御できていた。ただし甲子園組に比べると実戦から遠ざかっており、その点では若干まだベストではないのではという感じだった。

彼の最大の良さは、打者の外角一杯・膝下の高さにズバッと決められる速球。速球全体の球筋が下がってくるかどうかが、調子のバロメーターでもある。先発だとどうしても底の浅さを感じてしまうが、リリーフ時の爆発力では世代屈指。その凄みをぜひU-18でも魅せて欲しい。昨年同じく甲子園不出場組みから選出された 森下 暢仁(大分商)投手が調子を取り戻せないままこの大会を終えてしまった、そういったことがないことを祈っている。ドラフトでは、ハズレ1位から2位指名ぐらいの間には消えるのではないのだろうか。ただし現状は、リリーフでなら面白いという域を脱していない。

高橋 昂也(花咲徳栄)投手 179/81 左/左

甲子園同様に、あまり制球・ボールの走りはイマイチでした。破れた作新学院戦では、元来の投球に近い内容を取り戻していただけに、ちょっとこの日も残念。それでも高校NO.1左腕・寺島以上の球威があるので、その点で素材として魅力を感じている球団は少なくないでしょう。特に寺島を外した球団が、彼を指名してきても不思議ではありません。

高橋の特徴としては、ストレートは結構暴れるものの、スライダーでカウントを整えられるので四死球が意外に少ないこと。それと速球だけでなくフォークで空振りを誘えるなど、的を絞らせない荒れ球の投球を持ち味としています。それでも微妙な制球、いまいち掴みどころのない投球術など、将来的にものになるのかは微妙なタイプ。力と技のバランスが上手く取れるようだと、寺島を凌ぐスケールも感じられますが、それをまとめきれるかが課題ではないのでしょうか。かなり、リスキーな素材であることは間違いありません。ハズレ1位で指名される可能性があるものの、3位ぐらいまで残る可能性もあるという意見の別れる選手ではないのでしょうか。

堀 瑞輝(広島新庄)投手 176/80 左/左

左スリークオーターから繰り出す、140キロ前後の切れ味抜群の速球が魅力。一見アバウトそうな力投派に見えるがスライダー、チェンジアップ系の球が、甘いゾーンに浮いて来ないで低めに集まるところが素晴らしい。左打者にとっては、背中越しから来る球筋でもあり、左のリリーフ投手としては非常に興味深い。実は大学・社会人でも今年はこういったタイプが少ないだけに、貴重な存在。まだ基礎体力・基礎筋力の部分での未完成さは感じさせるものの、投球内容の完成度は高い。ドラフトでも3位前後の指名が期待できるだろう。

今井 達也(作新学院)投手 180/70 右/右

ご存知夏の優勝投手だが、甲子園での激闘の疲れを全く感じさせなかった。150キロ前後の回転の好いストレートを、低め膝下に集められるところは素晴らしい。球質が好いので、大学生相手でも空振りが取れる。スライダー、チェンジアップの曲がりも、身体に近く実戦的。まだ肉体的に未完成でありながら、キャパを使いきって投げているだけに故障が怖い。それでも見た目以上に精神的にタフであり、身体も疲れ知らずな点は素晴らしい。何より無駄な動きが少ないフォームであり、けして無理して投げていないところが、このパフォーマンスを持続できる要因かもしれない。ドラフトでも1位指名どころか、競合までも予感させる所まで来ている。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

森原 康平(25歳・新日鉄広畑)投手
近大工学部時代は、140キロ出るか出ないかの好投手タイプだった 森原 康平(新日鉄広畑)投手。しかし都市対抗では、150キロを超えるボールを投げ込み、一躍ドラフト候補として注目された。都市対抗1番のサプライズだった彼の投球について考えてみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
2016年 東海地区大学選抜 VS 巨人(51)
毎年恒例の、東海地区大学選抜と巨人の交流戦がジャイアンツ球場で行われましたので、そのレポートでも。

東海大地区選抜の先発は、床田 寛樹(中部学院大4年)左腕。春のオープン戦観戦時には、この選手が観られなかったので現状が気になっていました。非常に綺麗なフォームから投げ込む、正統派のサウスポー。球速は、130キロ台後半~MAX143キロを記録。ピュッと手元でキレる実戦的な球質で、マイガンでも87マイル・140キロを記録します。

変化球もカットボール・スライダー・カーブなど一通りありますが、チェンジアップ系を投げないのか? 右打者に対し、逃げて行く球が見当たりません。適度にボールを散らすことができ、マウンド捌き、制球力共に悪く無いタイプ。ただしプロとなると、これは! という絶対的な武器はなく、そのへんで悪い投手ではないけれど、インパクト・決め手不足なという気はします。個人的には、社会人を経てからのプロ入りを狙って欲しいタイプかと。

2番手で登板したのが、今村 亮(東海大海洋学部4年)右腕。一度観客席の方に顔を向けて投げるような、独特のフォームがインパクトのある力投派。この日は、130キロ台後半~MAX89マイル(143キロ)止まり。元々細かいコントロールのない荒れ球タイプだけに、ボールに勢い・球威がないと細かいことができないだけに見栄えがしません。昨年のこの交流戦では、91マイル・146キロを出していて力強かったのに比べると物足りない内容。小さく変化するスライダーでカウントを整え、シンカー系の球を織り交ぜて狙いを外します。気になったのは、右のスリークォーター系のフォームの割に、高めに甘く入った球を右打者に打たれていたこと。この手のフォームならば、左打者に打たれても右打者は抑えて欲しかったところです。シーズン中に比べるとデキはいまいちだったのでしょうが、この日の投球をみる限りは社会人経由かなと感じました。かなり良くなっていると訊いていただけに、こ残念な内容でした。

その他、昨年弟がソフトバンクに2位指名された・小沢 拓馬(日大国際関係学部2年)右腕なども、130キロ台後半ぐらいで思ったほどではなかった。日大三島時代はもっと力でグイグイ押して来るイメージがあったのですが、むしろ落ち着いて投げていたのが印象的。

床田 寛樹(中部学院大4年)投手      180/70 左/左
今村 亮(東海大海洋学部4年)投手    178/68 右/右
小沢 拓馬(日大国際関係学部2年)投手 174/93 右/右

打者では、大学日本一の中心メンバーになった・吉川 尚輝山崎 善隆の二人が際立っていました。吉川はあわやホームランというフェンス直撃弾を打ったり、時々スローイングが乱れるところはあっても遊撃守備やプレーには実に華があります。山﨑は、フットワーク、送球、打撃でも、どれもハイレベルで今すぐプロのファームに混ぜても実戦に入れるようなレベルにあります。体格は小さいですが、プロに混ぜてみたいと思わせる好選手でした。

彼らを除くと、石川 裕也(日大国際関係学部出身・4年)遊撃手という選手が目につきました。遊撃手としてのフットワークもよく守備は、上のレベルでもニ遊間を担えそうな好選手。また打撃でもミートセンスがあり、三軍レベルの投手相手なら簡単に仕留められない技術がありました。卒業後プロかは別にして、社会人レベルならば野球を続けて行ける好選手ではないのでしょうか。

吉川 尚輝(中京学院大4年)遊撃      175/73 右/左
山崎 善隆(中京学院大4年)捕手      165/74 右/左
石川 裕也(日大国際関係学部4年)遊撃 178/72 右/左

一通り見たい選手は観られたのですが、大学からプロとなると、吉川・山﨑の中京学院大コンビかと。床田・今村・石川などは、この試合を観る限りは、社会人経由で今後も注目してゆきたい選手でした。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年 高校野球選手権大会総括・将来の候補・野手編
2017年度は、清宮幸太郎(早実)を筆頭に、間違いなく高校生野手の当たり年。そう予感させてくれるメンバーが、甲子園にも揃っていた。特に目立っていた選手を中心に、今回はピックアップしてみる。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
2016年 高校野球選手権大会総括・将来の候補・投手編
2017年度組の高校生は、まさしく数年に一度級の野手の年であることを予感させてくれる。その一方で、甲子園組を観る限り、来年のドラフト候補だと言い切れる選手は殆どいなかった。そんな中、数少ない注目すべき選手をまとめてみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
大城 卓三(23歳・NTT西日本)捕手
社会人期待の若手捕手として注目される 大城 卓三(NTT西日本)捕手。先輩の 戸柱恭孝(DeNA)の後をついで正捕手になったが、彼に続いてプロ入りできるのか? 今回は、検証してみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
山岡 泰輔(21歳・東京ガス)投手
社会人では、頭一つ抜けた存在の 山岡 泰輔(東京ガス)右腕。果たして、一年目からプロでも即戦力になり得る力があるのか?検証してみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
2016年 高校野球選手権大会総括・野手編
甲子園総括・今回は、野手編をお送りしたいと思います。超A級の大物はいませんでしたが、指名の可能性がある選手は結構いたので、まとめてみました。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
2016年 高校野球選手権大会総括・左投手編
甲子園総括第二弾は、左投手編。果たして、10/20(木)のドラフト会議で、指名される投手は誰なのか?
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
2016年 高校野球選手権大会総括・右投手編
甲子園総括、今回は右投手編を。これだけの人材が、甲子園に集結したことは記憶にないというぐらいの充実ぶりだった今年。果たして、ドラフト指名を意識できる右投手は、どのぐらいいたのか検証してみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
2016年夏 甲子園7日目・第二・第三試合
甲子園レポートも、今回が最終回。これで、出場49校すべての選手を取り上げることになります。今後は、2回戦以降の確認したい時に、気になった選手が新たに出たら今発表の記事に補充する形を取りたいと思いますし、1回戦でよくわからなかった部分がわかった場合も同様に、あと記事を補充・訂正して取り上げてゆきたいと思います。また総括は、現在投手編については終えていますが、野手編・将来編と、この更新が終わったあとに、行ってゆきたいと思っています。

大会7日目・第二試合 明徳義塾 VS 境

この試合の注目は、ドラフト指名濃厚な 古賀 優大(明徳義塾3年)捕手のプレーぶり。古賀の最大の売りは、抜群の強肩にある。この試合でも数度の送球の機会があり、改めて地肩の強さをアピール。気になったのは、身体を小さく屈めた構えるのは良いものの、あまり動きたがらない捕手であり、次の動作への移行・反応がやや鈍いところ。打撃も明徳を5番を打つように、捕手としてはソコソコといった感じも、特に長打力・対応力含めて特別なものを感じ無い点。そのため指名はされるだろうが、上位指名云々という捕手ではないだろう。強肩以外は、総合的に大きな欠点がないという適度なまとまりを持っている。

境の方では、強打者・勝部 浩平(3年)右翼手が注目。鳥取大会では、3本塁打・打率.556厘で存在感を示した。しかし甲子園では、力み過ぎて引っ掛けたりと持ち味を発揮できずに甲子園をあとにすることに。肩・守備は基準レベルだが、走力はあまり期待できなそう。バリバリの強打者タイプだけに、個性を尊重してくれる地方の有力大学や社会人あたりで野球を続けて欲しい。見るからに強打者という感じの、大物感は失ってほしくない。

古賀 優大(明徳義塾3年)捕手 178/75 右/右

勝部 浩平(境3年)右翼 175/88 右/右

大会7日目・第三試合 創志学園 VS 盛岡大附

大会最後に登場してきた創志学園の先発は、プロ注目の 高田 萌生(3年)。立ち上がりから140キロ台後半~MAX152キロを記録したボールの球威は、高橋 昂也(花咲徳栄)左腕と並んで大会随一のものがあった。選抜までは、普段は140キロ台前半ぐらいで力を入れた球が150キロ近く出るというタイプ。しかしこの試合では、コンスタントに速い球を投げられるようになり、速球だけならば松坂大輔に匹敵するレベルになりつつあった。

変化球は、スライダー・フォーク・カーブなど。ただしスライダーのキレは悪くなかったものの、変化球すべてが一流だった松坂と比べると、変化球の精度・キレ・勝負どころでの精神力にはまだまだ大きな差を感じる。それでも3回までのピッチングは素晴らしかったのだが、4回以降飛ばし過ぎたのか? ガクンと球速が落ちたり、スライダーが甘く入ることが増えパフォーマンスが低下。慣れだしたのも相まって、火がついたた盛岡大付属打線の勢いが止められなくなってしまった。

こうやってみると、まだ本当の体力・精神力が身についておらず、発展途上の投手であることが伺われる。逆に言えばこの部分をプロで補えれば、かなりの投手になれるという考え方もできるだろう。ドラフトでは、2,3位ぐらいでは、消えるのではないのだろうか?将来的に勝てる投手になれるかは微妙だが、凄いボールを連発できる投手にはなれそうだ。

また高田の後を継いだ、難波 侑平(2年)左翼&投手は、135~MAX140キロに到達。けして高田のような力でねじ伏せるタイプではなく、スライダーを織り交ぜながらコースを突いて打ち取って来る。それでも2年夏で140キロに到達していることを考えると、今後更に球威・球速を増すことが期待される。

高田 萌生(創志学園3年)投手     178/75 右/右
難波 侑平(創志学園2年)左翼&投手 178/75 右/左

 

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園6日目・第四試合&7日目・第一試合

大会6日目・第4試合 秀岳館 VS 常葉菊川

野手に、タレントの多い試合だった。プロ注目の 栗原 健(常葉菊川3年)中堅手は、結局ヒットを放つことなく甲子園をあとにすることに。それでもスイングの強さは感じられ、塁間を左打席から3.9秒前後の俊足と強肩ぶりはプロ級。打撃も荒っぽいが、静岡大会決勝で見せた本塁打のように、捉えた時の打球の飛距離・破壊力は圧巻。完全にイケイケ系の選手であり、上下関係や規律の厳しい大会系には馴染まず、個性を尊重してくれるような環境や、大人として扱ってくれるチームに合いそう。ドラフト的には微妙なラインだが、下位指名~育成あたりでの指名があっても不思議ではない。

また2番打者で地味な扱いだが、赤井 啓輔(常葉菊川3年)遊撃手のスピード感の溢れる守備が印象的。打球への一歩目への反応も素晴らしく、難しい体勢からでもスローイングが乱れないなど守備に関しては今大会1番のショートストップだと言えるであろう。強烈なライナーをはじく場面もあったが、あれはギリギリの打球にボールを触ることができたのは彼だから。静岡大会7試合で0失策のように、例年の菊川の遊撃手のような荒っぽささはなく、純粋に天才肌の遊撃手という感じがする。予選でも7試合で4盗塁を決めるなど動ける選手であり、打球も鋭くひ弱さは感じ無い。上のレベルでも、どのような活躍を魅せてくれるのか楽しみ。

また4番捕手である 米沢 利紀(3年)捕手は、今大会の右打者で最もバットの振れる強打者だった。ただ思っきりが良いだけでなく、静岡予選では打率.556厘。この試合でもあわやホームランかという長打を放っており、ミート能力も悪く無い。捕手としても再三飛びした走者に送球したり、捕ってからの送球も正確で自信があるのだろう。予選でも3盗塁を決めているように、動ける身体能力を秘めている。捕手としては少し深く座り過ぎているのは気になるが、キャッチング・送球なども悪くなく、けして打つだけの選手ではなかった。上のレベルでも、どんな活躍を魅せてくれるのか今後も気にしてみたい。

秀岳館では、ドラフト指名濃厚の 九鬼 隆平(3年)捕手が注目。春よりもキャッチングが雑なところが修正されており、だいぶ捕手らしくはなってきた。相変わらずミットを一度地面に降ろす癖があるので、ワンバウンド処理などに立ち遅れるのは気になるところ。1.8秒台の送球、ハイレベルな相手にも対応できる打力などは、全国でもトップクラスの捕手であるのは間違いない。また足も速い選手であり、プロの捕手として厳しい場合は、身体能力を活かして他のポジションにコンバートされ花開かもしれない。

また2番で地味ながらも、松尾 大河(3年)遊撃手の堅実な遊撃守備にも見どころがあった。何が凄いという打撃ではないのだが、高いレベルの相手にも対応できてしまう能力の高さを持っている。右打ちというアピールポイントもあり、下位指名あたりならば指名される可能性を秘めている。

エースの 有村 大誠(3年)投手も、最後で登場。球速は135~140キロぐらいとあまり伸びておらず、この夏はやや順調さを欠いていたようだ。まずは、大学・社会人などに進んで、さらなる成長を期待したい。

栗原 健  (常葉菊川3年)中堅 170/73 左/左
赤井 啓輔(常葉菊川3年)遊撃 168/64 右/右
米沢 利紀(常葉菊川3年)捕手 171/73 右/右

九鬼 隆平(秀岳館3年)捕手 181/82 右/右
松尾 大河(秀岳館3年)遊撃 174/73 右/右
有村 大誠(秀岳館3年)投手 181/84 右/右

大会7日目・第一試合 木更津総合 VS 唐津商

プロ注目の 早川 隆久(木更津総合3年)左腕は、春よりもフォームやボールにメリハリが出てきた。ゆったりとしたモーションから入り、鋭く腕や上体を振れるようになって打者はワンテンポ差し込まれる。更にボールにもキレが増し、1球1球寝ぼけていた球筋が、明確な意志を持ち始めている。球速は、無理しなくても130キロ台後半~140キロ台前半と基準レベル。変化球も、スライダー、チェンジアップ、カーブと一通り持っている。コントロールは、ピンポイントで投げ分けて厳しいところに突くというよりも、ストラクゾーンの枠の中に安定して集め、常にストライク先行の有利状況で対峙できる。

ただし投球としては、そこからの奥行きは感じられず、何か売りという絶対的なものがなく特徴を見出し難い。現時点では、プロに混ぜても埋没しそうな印象で、個人的には大学などに進む方が正解ではないかと思っている。実際のところ、有力大学への進学が濃厚とも言われている。ゲームメイクできる左腕ということでプロ側の評価も高いので、志望届けを提出すれば中位ぐらいでの指名があっても不思議ではない。ただし4年間で、自分の色・特徴というものを明確に打ち出してからの方が彼にとってはプラスに働くのではないかと。精神面も強く、秋から段階を踏んで良くなってきている。今後も努力を続けて行ければ、4年後には即戦力候補として1位指名・12名の中に入ってくる投手への成長も期待できる。

来年のドラフト候補として注目されている 峯村 貴希(木更津総合2年)遊撃手は、再三転がってくるゴロを無難に捌くなど守備での安定感を増していた。千葉県予選でも打率.077厘と絶不調で、この試合でも打撃でのアピールはなかった。打って走って守って走れてという、神宮大会で見せたようなプレーを新チーム以後取り戻したい。

唐津商では、1年生の 土井 克也(唐津商1年)捕手の動きが目立った。実に落ち着いたプレーで、先輩も安心して投げ込めるどっしり感がある。捕手としてもキャッチング、技巧派の谷口優成(3年)右腕の粘りの投球を引き出したリード、スローイングも捕ってから投げるまでの動作の移行・型をしっかり作って投げられる送球にも好感。非常に基本に忠実で、九州の捕手にありがちな荒っぽさや身体能力に頼ったプレーをしないところにも好感が持てる。2年後には、九州を代表する捕手への成長を予感させる。

早川 隆久(木更津総合3年)投手 180/73 左/左
峯村 貴希(木更津総合2年)遊撃 184/75 右/左

土井 克也(唐津商1年)捕手 178/73 右/右

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園5日目・第三、6日目・第ニ・第三試合

大会6日目・第二試合 松山聖陵 VS 北海

この試合の注目は、アドゥワ誠(松山聖陵3年)右腕。アドゥワは、ナイジェリア人の父と日本人の母とのハーフで196センチの長身から繰り出す角度のある球が持ち味。現状は、135~140キロ前半ぐらいのボールが多く、驚くような球威・球速・勢いは感じられない。特に手元までボールがグッと来る感じがなく、あくまでも角度と威圧感で打ち損じを誘うピッチング。変化球は、スライダーとチェンジアップを織り交ぜ、特にチェンジアップの落差があり、時にはフォークのような空振りを誘える球種でもある。ストレートは高めに、フォークは低めにと高低の揺さぶりができ、相手としては角度のある球筋も相まって、短時間で対応するのは難しい。

また思ったほどピンチでも気持ちが揺らがないのと、コントロールに不安がないところは良いところ。逆に相当自我を抑えて投球しており、持ちえる能力はもっと高いのだろう。そんな片鱗を見せたのは、7回の投球。ランナーを背負ってから140キロ台を連発し、MAX144キロまで記録。あれが、アドゥワの現状の本気モードなのだろう。あくまでも現在は、将来凄く良くなりそうという期待感を抱かせる素材が魅力であり、現在のピッチングは際立つほどではない。そういった意味では、昨年の 綾部 翔(霞ヶ浦-DeNA5位)みたいな位置づけの投手であり、ドラフトでも綾部よりもスペックが高そうな分、4位前後ぐらいでの指名になるのではないのだろうか?

北海の先発・大西 健斗(3年)右腕は、コンスタントに140キロ前後のボールを投げ込み、身体の近くで小さく鋭く曲がるスライダーで試合を組み立ててくる。球速ほど打者の手元まで来る感じのボールではないが、コントロール、投球術とも安定しており、安心して見ていられる好投手。だてに、甲子園を勝ち上がって行ったわけではなかった。ドラフト候補云々ではないが、大学などでの活躍も期待される。また打っても4番を務めるなど、野球センスは高い。

アドゥワ誠(松山聖陵3年)投手 196/86 右/右

大西 健斗(北海高校3年)投手 180/74 右/右

大会6日目・第三試合 作新学院 VS 尽誠学園

今大会1番のインパクトといえるのが、今井 達也(作新学院3年)右腕のピッチング。実に質の良いストレートを、左打者内角膝下に集めたり、身体の近くでスッと曲がる縦横のスライダーに、チェンジアップなどもあり、けして速球だけで勝負する投手ではない。元々総合力で勝負するタイプであり、制球の不安や変化球に不安があるタイプではないので安心して見ていられる。

イレギュラーでランナーが想定外に出塁しても、全く気持ちがブレないなど精神力も強い。まだまだ華奢な身体つきに見えても、最終回に150キロ台を連発したりと体力も見た目以上。緒戦で151キロを記録した試合よりも、二戦目の方が腕の振りが更に鋭くなっていたのには驚いた。大会前から2位以内で消えるとは言われていた選手だが、甲子園での活躍で1位指名の12名に残ることは間違いないのではないのだろうか。

今大会では3試合連続本塁打で打撃の方で注目を浴びることが多かった 入江 大生(3年)一塁&右腕は、準決勝の明徳義塾戦で初登板。最速145キロを記録するストレートの質も良く、作新学院投手陣全体に観られる身体の近くで鋭く曲がる変化球も悪く無い。スペック的にも 186/79 よりも恵まれており、大学あたりで鍛えたら見違えるような投手に育ちそう。特に最後の打者に投げ込んだ145キロストレートは、ウエートが乗っており彼の未来を感じさせた。4年後は、上位指名候補として今井の後を追うかもしれない。

尽誠学園はチームとしては非常に良いチームではあったのだが、突出した選手がいなかった。そんな中では、4番の 松井 永吉(3年)三塁手の、パワフルなスイングが印象的。香川大会打率.520厘の数字はダテではなく、香川大会の模様を観るときにじっくりチェックを入れてみたい強打者だった。

今井 達也(作新学院3年)投手      180/72 右/右
入江 大生(作新学院3年)一塁&投手 186/79 右/右

松井 永吉(尽誠学園3年)三塁 177/81 右/左

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園5日目・第三、6日目・第一試合

大会5日目第三試合 嘉手納 VS 前橋育英

前橋育英の先発・佐藤 優人(3年)右腕は、成長が高校の間に間に合わなかった感じの好投手。181/82 という均整の取れた体格に、先輩である高橋 光成(西武)を彷彿とさせるような綺麗なフォームで投げ込む正統派。球速は135キロ前後と平凡だが、近い将来140キロ台を連発してくれそうな投手との印象を持った。高校では才能爆発とまでは行かなかったものの、次のステージで本格化するのではないかと期待を抱かせてくれた。

また前橋育英には、下級生の逸材達がわんさかと。この佐藤の後に投げた 吉沢 悠(2年)右腕は、すでに135~MAX142キロを記録するなど、ボールの勢い・球速はエースの佐藤を凌ぐものがある。合わされやすいフォームと、収まりの悪い制球力の改善が今後の課題。

またその後を継いだ 皆川 喬涼(2年)右腕は、ズシリと球威のある球を投げ込んでくる。すでに球速も140キロ台を連発しており、MAX144キロまで到達。縦に落ちる球も持っており、秋以降楽しみなリリーフタイプ。順調に伸びて行けば、来夏には150キロ台の大台も見えてくるかもしれない。

最後に投げた 丸山 和郁(2年)中堅&左腕は、3人の下級生の中では一番体格では見劣る。しかし左腕から130キロ台後半を連発するキレの好い球を投げ込み、3人の中では最もまとまりがある先発タイプ。新チーム以後は、エースとして君臨するのではないかという期待を持つ。一冬超えれば、140キロ台を連発できるようになっていても不思議ではないサウスポー。

嘉手納の方では突出した選手はいなかったものの、4番の 知花 拓哉(3年)捕手が攻守で活躍。逆転となるタイムリーなどヒットを連発し、更に捕手としても捕殺をするなど攻守の中心選手だということを強く実感させてくれた。

佐藤 優人(前橋育英3年)投手 181/82 右/右
吉沢 悠  (前橋育英2年)投手 174/63 右/右
皆川 喬涼(前橋育英2年)投手 178/76 右/右
丸山 和郁(前橋育英2年)投手 170/69 左/左

知花 拓哉(嘉手納3年)捕手 174/80 右/右

大会6日目・第一試合 聖光学院 VS クラーク国際

聖光学院では、2番手に登板した・斎藤 郁也(2年)右腕が、135~後半ぐらいのボールを安定して投げていた。少々肩で投げるフォームなので故障が怖いのと、ボールを押し込みきれず高めに抜けやすい。それでも来夏には、140キロ台を連発する投手への期待が高まる。

また野手では、4番の 鈴木 駿輔(3年)外野手が、高い身体能力を持ったアスリート系外野手。右打席から、セーフティバントとはいえ、4.05秒前後で走り抜けており、これを左打者に換算すると3.8秒という快速。しかしおそらく普通に打った時は、左打者換算で4.0秒前後なのかなという気はしている。この辺は、もう少し他の試合の模様を観て詳細を詰めたい。また東邦戦では投手として先発し、勢いのある140キロ前後の本格派で、腕の振りを活かしたチェンジアップに威力がある。打者としては根本的な対応力に脆さがあり、個人的には投手として才能を磨いた方が良いのではないかと考えている。均整が取れた体格だけに、大学などで投手に専念すればかなりのレベルまで到達できるかもしれない。

クラーク国際では、背番号6をつけた・平沢津 虎揮(3年)右腕が、右サイドハンドから135キロ前後のボールを披露。しかし野球センスの高い選手で、将来的にはやはりショートとして勝負したい。打撃は払うようなスイングでも、対応力は高かった。

またチームの打点をことごとく稼いだ・安田 世幸(3年)一塁手の、勝負強い打撃が光った。けして長距離打者という感じではないが、北北海道大会・打率.556厘の数字は半端ではなかった。将来的には、もう少し他のポジションも担えるようだと起用の幅が広がりそう。

斎藤 郁也(聖光学院2年)投手      173/67 右/左
鈴木 駿輔(聖光学院3年)投手&中堅  182/75 右/右

平沢津虎揮(クラーク国際3年)遊撃&投手 168/61 右/右
安田 世幸 (クラーク国際3年)一塁      173/68 右/左

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園5日目・第一・第ニ試合レポート

大会5日目・第一試合 日南学園 VS 八王子

八王子では昨年からそのセンスが光っていた 竹中 裕貴(3年)遊撃手の、フットワークの身軽さが光っていた。打撃ではアピールできなかったが、守備・野球センスはピカイチ。158/60 と小柄な選手ではあるが、大学でも野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また2番手で登板した 米原 大地(八王子2年)右腕は、180/68 とまだ線の細さは感じられるものの、135キロ前後~MAXで141キロを記録したストレートには観るべきものがあった。まだボールの収まりというかコントロールが不安定なのは気になったものの、筋は良さそうなだけに一冬超えた成長を期待。来夏ぐらいには、コンスタントに140キロ前後を連発し、西東京でも話題の投手になっていても不思議ではない。

日南学園では、度重なる盗塁を刺した 萩原 哲(3年)捕手のスローイング。再三転がってきた打球を、安定した守備で捌いていた 石嶋 友翔(3年)遊撃手の守備が目立っていた。打撃など含めて、2回戦以降のプレーにも注目したい。

また投手では2番手登板した 上野 椋太(2年)右腕が、135キロ前後の力のあるボールを投げ込んでいた。173/75 とそれほど上背はないが、がっちりとして馬力がありそうなので、来夏には140キロ台を連発するような力強い存在に成長していそう。

竹中 裕貴(八王子3年)遊撃 158/60 右/右
米原 大地(八王子2年)投手 180/68 右/右

萩原 哲  (日南学園3年)捕手 175/73 右/左
石嶋 友翔(日南学園3年)遊撃 176/75 右/右
上野 椋太(日南学園2年)投手 173/75 右/右

大会5日目・第二試合 中越 VS 富山第一

富山第一の先発・中津原 元輝(3年)右腕は、常時135キロ前後と驚くような球速ではないものの、球筋もよくフォームの土台もしっかりしており、182/83 の均整のとれた体格も考えるとこれからまだまだ良くなりそうな素材。カーブ‥スライダー・フォークなどの各変化球の曲がりも悪くないだけに、新潟医療大のような地方の有力大学あたりで才能が伸ばせるようだと面白いのではないのだろうか。卒業する頃に、どんな姿になっているのか今から楽しみ。

また2番手で登場した・森 圭名(富山第一2年)右腕は、130キロ台後半の速球に力があり、スライダー・カットボールの曲がりにも光るものを持っていた。174/79 というがっちりした体格で、今後の富山をリードして行きそうな素材。来夏には140キロ台中盤ぐらいまでは期待できそうで、大いに楽しみな一人ではないのだろうか。

チームを4番を務めた・狭間 悠希(3年)捕手も、懐の深い構えからヒットを連発。また捕手としても、3度の盗塁を確実に刺すなど精度の高いスローイングが光っていた。特に慌てることなく、確実に刺していたところが印象に。

一方の中越には突出した選手はおらず、先発した 今村 豪(3年)左腕は、9回まで0点に抑える力投を魅せたが、さよならで甲子園をあとに。4番・西山 侑汰(3年)一塁手の、鋭い打球が目についたた。

中津原元輝(富山第一3年)投手 182/83 右/右
森   圭名(富山第一2年)投手 174/79 右/右
狭間  悠希(富山第一3年)捕手 175/80 右/左

今村 豪  (中越3年)投手 165/68 左/左
西山 侑汰(中越3年)一塁 170/73 右/右

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園4日目・第三・第四試合レポート

大会4日目・第三試合 市立和歌山 VS 星稜

選抜でも好投した 赤羽 陸(市和歌山3年)右腕は、130キロ台後半~140キロ台前半のストレートを低めに集めるのが持ち味。変化球はスライダー中心であり、春魅せていた沈む球はよくわからなかった。試合をまとめるセンス、マウンド捌き、制球力などセンスを感じさせるものの、高校からプロとなるとまだ球威が物足りない。大学などで体幹などを鍛え強さを増して来ると、上位指名候補へと将来なっても不思議ではない。選抜からはそれほど変わった印象はなく、緩やかな成長曲線を辿ってゆくタイプなのかもしれない。

星稜は、下級生中心にタレント揃い。先発をした4番打者・寺西 建(2年)左腕は、柔軟性に欠ける部分はあるものの、191/92 という恵まれた体格。そのため打席に入った時の存在感は確かで、将来的には打者としての資質を高く感じさせる。今後北信越を代表する強打者として、いかにスケールを増して行けるだろうか。

また寺西のあとマウンドに上った 竹中 理央(1年)右腕は、173/78 と小柄なものの、135~後半ぐらいの速球とスライダーを中心に、1年生離れしたマウンド捌きを披露。秋以降は、主戦としてチームを支えてゆくことになりそう。また最後にマウンドに上った 清水 力斗(2年)右腕は、コンスタントに140~140キロ台中盤を叩き出すスピード能力は図抜けており、秋以降北信越の話題を独占しそう。中背の力投派だけに、秋には先発・竹中~リリーフ・清水という必勝パターンを確立して来るかもしれない。ただし高校からプロにゆく素材かと言われると、まだまだ先は見えて来ない。高校からの指名を意識するのならば、身体がもうひと回り、二回り大きくなって欲しい。

赤羽 陸 (市和歌山3年)投手 180/72 右/左

寺西 建  (星稜2年)投手 191/92 左/左
竹谷 理央(星稜1年)投手 173/78 右/左
清水 力斗(星稜2年)投手 175/75 右/右

大会4日目・第四試合 大曲工業 VS 花咲徳栄

大曲工業の先発・藤井 黎来(2年)右腕は、135~140キロ台前半のストレートに、スライダー、カーブ、フォークなどを交えるピッチングで想像以上の内容だった。特に追い込んでからのフォークに威力があり、来夏までに速球が磨かれて来ると面白い。来年は、コンスタントに140キロ台を刻めるようになると、ドラフト候補として浮上してきても不思議ではないだろう。

プロ注目の左腕・高橋 昂也(花咲徳栄3年)左腕は、立ち上がりからリズムに乗れず、埼玉大会の内容を示すまでには至らなかった。それでもそのストレートの球威に関しては、寺島 成輝(履正社)以上のものがあり、容易に外野の頭を越すことが難しい。その分球威型なので、140キロ台中盤を投げ込んでも打者から空振りを誘えない。高橋の良さは、ストレートは結構暴れるものの、スライダーで確実にカウントが取れ、フォークで相手を仕留めるというピッチングができること。しかしこの試合では、変化球の切れ・精度がもう一つでリズムを掴み切れなかった。埼玉大会の内容がよかったとはいえ、次戦の内容次第でドラフトの位置づけも定まってきそう。

プロ注目の 岡崎 大輔(花咲徳栄3年)遊撃手は、柔らかいハンドリングを活かした攻守が魅力の好選手。ただしスカウトが入れ込むほど、何か高校からプロという強さやインパクトに欠ける印象があり、個人的にはピンと来ないというのが率直な感想。これは今までもそうなのだが、今回も攻守にあまり見どころがなかったので次戦も引き続き注目してみたい。

県大会から打撃でのインパクトならば、西川 愛也(2年)外野手の方が目立っていた。こちらは、パンチ力を秘めた打撃に、左右に打ち分ける技術も光る強打者。来年のドラフト候補とまでゆくかは、走・守のバランスとの兼ね合いもあるが、打撃では花咲打線でも最も目立つ選手ではないのだろうか。

藤井 黎来(大曲工2年)投手 181/82 右/右

高橋 昂也(花咲徳栄3年)投手 181/83 左/左
岡崎 大輔(花咲徳栄3年)遊撃 182/75 右/左
西川 愛也(花咲徳栄2年)左翼 177/75 右/左

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園4日目・第一・第二試合レポート

大会4日目・第一試合 広島新庄 VS 関東一

プロ注目のサウスポー・堀 瑞輝(広島新庄3年)左腕は、左スリークオーターから繰り出す130キロ台後半~MAX144キロの速球に、スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜるピッチング。高校の先輩である同じ左腕の 田口 麗斗(巨人)の高校時代と比べると、試合をまとめる能力とスライダーの曲がりという意味では田口に分がある。しかしボールの勢いは田口以上であり、気持ちを全面に出して投げる力投派。ストレートは結構暴れて荒っぽい印象を受けるのだが、スライダーとチェンジアップは低めに集まり投げミスも殆ど見られない。そこが、この投手の最大の強味ではないのだろうか。先輩の田口同様に、3位ぐらいでの指名があっても不思議ではないだろう。

一方の関東一の方では、選抜に続いて 佐藤 佑亮(3年)捕手の好捕手ぶりが光っていた。フットワークが素軽く動きがよく、けして図抜けた地肩ではないが、1.9秒台のスローイングでも安定した送球でアウトにしてゆく。捕手としての総合力・センスも兼ね備え、大学などでも活躍が期待される存在。

最後の夏は、投手に専念した 竹井 丈人(関東一3年)投手も、だいぶ投手らしくなってきた。昨秋神宮大会で見た時に、一冬超えて鍛えたら140キロ台を連発するのではないかと書いたが、コンスタントに130キロ台後半~MAX144キロを記録までに成長。特に勝負どころでの、力のあるボールには目を惹くものがあった。まだスライダーが早く曲がり過ぎたりする部分はあるが、間を意識して投げるなど、だいぶ投手っぽくなってきた。卒業後は、本格的に投手一本に専念するのだろうか? 馬力のある素材だけに、環境や本人の意識次第では、もっと速くなっても不思議ではない。

堀   瑞輝(広島新庄3年)投手 177/72 左/左

佐藤 佑亮(関東一3年)捕手 171/75 右/右
竹井 丈人(関東一3年)投手 181/89 右/右

大会4日目・第二試合 京都翔英 VS 樟南

樟南の先発・浜屋 将大(3年)左腕は、135キロ前後ながら空振りを誘える切れのある速球を投げ込んでくる。またスライダーを低めに集めるコントロールがあり、この球が浮いて来ないところは良いところ。試合をまとめるセンス、マウンド捌きの良さも感じられるが、まだ球威・球速が上のレベルを意識すると物足りない。社会人あたりに進んで、もうワンランク・ツーランク、球威・球速を増せば、高卒3年目ぐらいで実戦派サウスポーとして指名されるまでになるかもしれない。

京都翔英では、下級生の頃から注目されてきた「古都のドカベン」こと 石原 彪(3年)捕手に注目。石原は、評判どおりのパワフルな打撃で長打を放つなど打撃は超高校球。捕手としてもボールを押し込めるキャッチングに、ミットの出し方なども悪く無い。送球が大きく逸れる場面もあったが、捕ってから投げるまでのスローイングもスムーズであり、これからも打てる捕手としてアピールしてゆくべきではないのだろうか? 思ったよりも捕手としても悪くなく、高い評価はできないかもしれないが、育成枠あたりなら指名して来る球団が出てきても不思議ではない。

浜屋 将大(樟南3年)投手 173/66 左/左

石原  彪(京都翔英3年)捕手 169/87 右/右

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園3日目レポート
大会三日目の模様は、録画に失敗したのでバーチャル高校野球にあった試合まるごと動画を参考に観戦。どうしてもパソコンだと観戦が粗くなるので、そのことはご理解頂きたい。

大会3日目・第一試合 市立尼崎 VS 八戸学院光星

選抜でも注目された 田城 飛翔(八戸学院光星3年)右翼手が、素晴らしい活躍見せた試合だった。右に左へとヒットを放ったあと、今度はセンター方向へのホームラン。更に延長戦では、試合を決めるタイムリーを魅せた。春注目されるなか不完全燃焼で甲子園をあとにしたが、この夏は自慢の爆発力を遺憾なく発揮。右翼手としても打球への落下点への狂いがなく,、難しい打球も好捕するなど守備力は安定。地肩や走力が塁間4.0~4.2秒ぐらいと中の上レベルであり、その辺がプロとなると微妙なところ。高校からの指名は厳しいかもしれないが、今後も追いかけてみたいと思わせる選手だった。

市立尼崎には突出した選手はいなかったものの、エースの 平林 弘人(3年)右腕が粘り強い投球を披露。球速こそ135キロ前後だったが、右打者内角に食い込むツーシームを活かしたピッチングが光っていた。今後も実戦的な投球に磨きをかけて、大学などでも野球を続けて頂きたい。

田城 飛翔(八戸学院光星3年)右翼 176/79 右/両

平林 弘人(市立尼崎3年)投手 173/63 右/右

大会3日目・第二試合 長崎商 VS 山梨学院

山梨学院は打線が売りのチームだが、タレント的には2人の2年生投手に注目。先発した 吉松 塁(2年)左腕は、まだビシッとして来ないものの、MAX138キロを記録した速球に、スライダーを織り交ぜたピッチング。それほどスケール感あふれる素材ではないが、一冬超えれば140キロ台を記録できるサウスポー。

その吉松をリリーフした 栗尾 勇摩(2年)右腕は、まだボールの収まりは悪いものの、球速はコンスタントに130キロ台後半を記録。独特のブレーキの効いたスライダーが武器の投手だが、秋には140キロ台の話も聞こえてきそう。吉松同様に、来夏までにどのぐらいビシッとして来るか?

長崎商も突出したタレントがいるチームではないが、県大会を一人で投げ抜いた絶対的エース・本田 一政(3年)右腕の粘り強い投球が光った。特に得点圏に走者を置いてからの投球が光る選手で、力んで投球を乱すのではなく、逆境になるほど自分の能力を発揮できるタイプの好投手だった。

吉松 塁  (山梨学院2年)投手 177/74 左/左
栗尾 勇摩(山梨学院2年)投手 185/80 右/右

本田 一政(長崎商3年)投手 165/67 右/左

大会3日目・第三試合 横浜 VS 東北

全国NO.1右腕・藤平 尚真(横浜3年)右腕が、甲子園に初登場。立ち上がりから県大会では空振りの取れなかったストレートで、三振の山を築くことができたのは大きかった。むしろ武器であったスライダーの制御に苦しみ、県大会と比べてプラスマイナス0といった内容。まだ成長途上の投手ではあるが、それでこれだけのパフォーマンスを見せるのだから、やはり1位指名は揺らがない。涌井秀章(現ロッテ)ほど勝てる投手になれるかと言われると疑問だが、持っているエンジンの大きさは涌井以上ではないのだろうか。ここに来てストレートに上積みがあったことは大きく、履正社戦の内容次第では競合してでも欲しいという球団がでてきても不思議ではない。まだ投手としての完成度としては、寺島成輝ほどではないので、直接対決では若干履正社の方に分があるように思えるのだが。

横浜野手もタレント揃いで、4番の 村田 雄大(3年)左翼手は先制のレフト前タイムリ。この選手は、秘めたる潜在能力は相当高そうだが、技術的にまだ開きが我慢できず外に逃げてゆく球を捕まえきれない欠点がある。この辺が、今後改善されてくると、見違えるほどによくなるかもしれない。そのパワーは、超高校級と言っても過言ではないだろう。左翼を守っているように守備・走力は平凡だが、肩は基準以上のものがある。潜在能力の高さを買って、何処か指名して来るかもしれない。

また6番ながら、横浜高校の打線の中で最も打撃技量が高いのが、公家 響(3年)三塁手。こちらは三塁手としてはややスケール不足も、技術の高さからレベルの高い相手でも充分対応できそう。これでセカンドあたrができれば、高校からのプロ入りも可能そうだが、現状は有力大学へ進むタイプではないのだろうか。次戦の履正社戦では、この公家の活躍がポイントになりそう。

また来年の上位候補とみられるのが、3番を打つ 増田 珠(2年)中堅手。こちらは、広角に打ち返す打撃が持ち味で、高校時代の 内川聖一(現ソフトバンク)外野手を彷彿とさせる天才肌。しかも才能に奢ることなく、気持ちを全面に出した闘志あふれるプレースタイルにも好感が持てる。3年目ぐらいには、プロでもレギュラーに定着できるのではないかと思わせるほどの選手。タレント揃いの横浜高校の中でも、頭一つ抜けて存在。

今年野手で一番プロに近いと思われるのが、1番を打つ 戸堀 敦矢(3年)二塁手。右打席から塁間4.2秒前後(左打者換算で3.95秒前後)に相当する俊足に加え、二塁手の守備もプロ級。打撃はタレント揃い選手の陰に隠れがちだが、持ちえる能力はかなり高そうな選手。上のレベルに混ざれば、どのレベルにも順応できそうなセンスの良さを感じる。一見地味だが、こういった選手をプロがちゃっかりと下位あたりで指名する可能性がある。本人が志望届けを提出すれば、右打ちの選手だけに需要はあると考えている。

東北では、唯一の得点となる本塁打を放った核弾頭・杉沢 龍(1年)遊撃手のセンスが光っていた。東北の遊撃という意味では、加藤 政義(九州国際大-日ハム-DeNA)以来の素材かもしれない。また4番の植木 利久(2年)一塁手のスイングも目立っていた。一塁以外のポジションでアピールできれば、来年は候補に上がって来るかもしれない。共に下級生ということで、新チーム以後の活躍が注目される。宮城県大会の模様も確認して、レポートを作成してみたいと思う。

藤平 尚平(横浜3年)投手 185/83 右/右
村田 雄大(横浜3年)左翼 185/85 左/左
公家 響  (横浜3年)三塁 179/79 右/右
増田 珠  (横浜2年)中堅 178/79 右/右
戸堀 敦矢(横浜3年)二塁 183/78 右/右

杉沢 龍  (東北1年)遊撃 173/75 右/左
植木 利久(東北2年)一塁 178/85 右/右

大会4日目 近江 VS 常総学院

鈴木 昭汰(常総学院3年)左腕は、球速こそ130キロ台だったものの力のある速球中心で押すピッチング。秋~春の間に大幅に球威を増してきたストレートは健在で、以前の切れで勝負する好投手タイプのイメージは殆どない。変化球もスライダー、チェンジアップを織り交ぜ、選抜ではバランスを崩して制球を乱していたが、そういった危うさも薄まりつつある。まだ少し力んで投げていたように、次戦での投球内容でプロ入りの有無を評価したい。タイプ的には名門大学に入って行きそうな選手に見えるが、左腕だけに簡単には見限れないところ。個人的には通算100勝以上した、野村弘樹(大洋)のPL学園時代と、遜色ない力量の持ち主だと評価している。次の試合で、もうひと推し春からの成長を感じさせて欲しい。

最終学年になって順調さを欠いていた 京山 将弥(近江3年)右腕も最後の夏に間に合った。2回に交代した直後は、相手の勢いを止められなかったものの、落ち着きを取り戻した3回以降は持ち味を発揮した。この選手の良さは、膝下にスピンの効いたストレートを投げ込むところ。この日は、MAX147キロを記録し、昨年よりも更に逞しさを感じさせる内容。カットボール・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ、特にチェンジアップに威力がある。どちらかというと細身のセンス型であり、高校からプロに入るというよりも名門大学・有力社会人に進んで行きそうなタイプであり、試合後進学を希望することを表明した。4年後には、上位指名でプロ入りできるようになっていて欲しい。それだけの可能性は、充分秘めた素材だろう。

この試合では、陶山 勇軌(2年)中堅手の、選球眼の良さ・俊足ぶり、対応力の高い打撃が光っていた。三拍子揃った好選手だけに、来年に向けて覚えておきたい一人。4番の花輪 直輝(3年)三塁手は、強打者というよりも対応力の高い好打者の印象が強い。共に、今後の試合で更に細かくみてみたい。

鈴木 昭汰(常総学院3年)投手 176/77 左/左
陶山 勇軌(常総学院2年)中堅 180/70 右/左
花輪 直輝(常総学院3年)三塁 178/78 右/左

京山 将弥(近江3年)投手 183/72 右/右

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園2日目レポート

大会2日目・第一試合 鶴岡東 VS いなべ総合

いなべ総合の2番打者・宮崎 悠斗(3年)右翼手が、4安打を放ち際立っていた。レフト方向へヒットを飛ばしかと思えば、3安打放ったあとの4打席目には、ライトスタンドに叩き込むなど当たりに当たっていた。しかしこの選手、ただこの試合が絶好調の男ではなかった。一塁までの塁間を、左打席から3.95秒前後という俊足。右翼としての送球も基準以上のものがあり肩も悪く無く、三拍子バランスの取れたプレーヤー。次戦以降も、どんな活躍を見せるか注目したい。

鶴岡東では、丸山 大(3年)右翼手の豪快なスイングが目を惹く。少し膝が固く低めの球への対応は気になるところだが、高めに浮いた球は逃さない。山形大会でも3本塁打を放った強打者で、守備・走塁含めて県大会の他の試合の模様も確認してレポートを作成してみたい。2016年度の、山形を代表する強打者だと言えるだろう。

また終盤登板した 吉住 晴斗(2年)右腕は、コンスタントに130キロ台後半~MAX141キロを記録。もう少しボールを押し込んで低めに投げ込みたいところはあるが、スライダー・チェンジアップなども織り交ぜ来年楽しみな本格派。一冬超えれば、コンスタントに140キロ台を投げ込めるまでになるかもしれない。

宮崎 悠斗(いなべ総合3年)右翼 166/60 右/左

丸山 大  (鶴岡東3年)右翼 180/90 左/左
吉住 晴斗(鶴岡東2年)投手 184/80 右/右

大会2日目・第二試合 中京 VS 大分

中京の核弾頭・渡辺 豪(3年)遊撃手は、バットコントロールが巧みな打撃が光った。更に相手の隙を突くスピード感あふれる走塁に、最初の一歩目が抜群の遊撃守備も目を惹くものがある。まだインパクトが弱くその辺が今後の課題であるが、三拍子バランスの取れた将来楽しみな大型ショート。

またプロ注目の 今井 大貴(中京3年)一塁手も素質の片鱗を魅せてくれた。県大会から力が入り過ぎかなと思える部分は相変わらずなものの、あれだけバットを振れる力とヘッドスピード・打球の速さは逸脱。それだけでなく、眼の良さ を持っており、ただブリブリ振るだけの選手ではない。また一塁手としての反応の良さ、キャッチングの上手さもあり、三塁あたりの可能性も感じさせるプレーだった。これで右打ちならば指名も充分期待できるが、左の一塁手ということからも評価は微妙なところになりそう。それでも、育成あたりならば獲ってみたいと思わせるものを持っている。今後の試合の模様も観て、最終的な判断をしてゆきたい。

その今井が不調だった県大会で存在感を示したのが、北川 竜之介(3年)右翼手。こちらは1,2打席目はポテンヒットでラッキーな部分があったが、ライトスタンドへの打球は見事だった。肩・守備は並という感じではあるが、打撃に関しては上のレベルでも続けて行ける存在だろう。

一方の大分では、3番を務めていた 佐藤 陸(3年)二塁手の、捕ってから全く無駄のないキビキビしたセカンド守備が光っていた。打ってもヒットを連発するなど、大学などに進んでも注目してゆきたい好選手。

また2番打者ながらヘッドスピードの速さが目立っていた 三浦 拓人(2年)遊撃手も来年に向けて楽しみな一人。遊撃手としてはまだまだ勉強の余地はありそうだが、全国レベルの野球を経験できたことは、必ず彼の今後に大きな影響を及ぼすだろう。

渡辺 豪  (中京3年)遊撃 180/70 右/左
今井順之助(中京3年)一塁 177/88 右/左
北川竜之介(中京3年)右翼 173/78 右/左

佐藤 陸  (大分3年)二塁 172/70 右/左
三浦 拓人(大分2年)遊撃 173/75 右/左

大会2日目・第三試合 高川学園 VS 履正社

高校NO.1投手・寺島 成輝(履正社3年)左腕が、甲子園に初登場。バランスの取れたフォームから、130キロ台後半~140キロ台前半の球速が中心で、コントロール重視で抑え気味に投げていた。それでも追い込めば、140キロ台中盤(MAX146キロ)を記録するなど、要所では力のある球を。特にこの投手は、球速以上に手元でキレる球質なのが大いなる強味。その代わり力を入れて投げると身体が突っ込んで、バランスが悪くなりコントロールが乱れやすい側面もある。

スライダー、カーブ、チェンジアップ・フォークと各変化球のレベルはそれほどではないものの、速球をしっかり魅せていれば効果的に使うことはできている。しかしこの辺ちょっとプロレベルの打者だと、仕留め切れず苦労するかなという心配は確かにある。

その辺が、高川学園の核弾頭・大江 駿介(3年)中堅手に粘られて、球数を放らされていたところにも現れていた。最後は四球をだしリズムを崩されるなど、プロではこういったことが当然起こって来る。そういった部分でを見ていると、意外に精神面が強いわけではない部分も垣間見られる。ただし、大江は本当にミートセンス、いやらしさは一級品の好選手。中堅手としても落下点までの入りが早く、肩も悪くなかった。チームにこういう選手がいると、実にいやらしくなる。

また高川学園の先発・山野 太一(3年)左腕も好投手だった。左スリークオーターから繰り出す、135~140キロ台前半の速球のキレは評判どおり。曲がりながら低めに切れ込むスライダーの威力は、寺島以上だった。高校からプロという凄みはないが、大学などでパワーアップを遂げられるようになると、将来は実戦派として社会人などまで活躍して行ける投手になるかもしれない。

履正社の野手では、核弾頭の 福田 観大(3年)中堅手のリストワークが柔らかく、芯で捉える能力が光っていた。また来年のドラフト候補として注目される 安田 尚憲(2年)三塁の、188/92 の体格は一際目立つ存在。打撃の技量も確かで、秋以降関西を代表する強打者として注目されてゆくはず。三塁の守備は、まだおっかなびっくりプレーをしていたが、思ったよりは再三転がって来るゴロを無難に捌いていた。結果は出なかったが、3番の 四川 雄翔(3年)一塁手も、技術・長打力を兼ね備えた素晴らしい強打者だけに、次戦以降も注目してみたい。

寺島 尚輝(履正社3年)投手 183/85 左/左
福田 観大(履正社3年)中堅 175/72 右/左
安田 尚憲(履正社2年)三塁 188/92 右/左
四川 雄翔(履正社3年)一塁 172/75 右/左

山野 太一(高川学園3年)投手 167/61 左/左
大江 駿介(高川学園3年)中堅 172/65 右/左

大会2日目・第四試合 東邦 VS 北陸

東邦の先発・松山 仁彦(3年)左腕は、野手が投げているような固いフォームなのは相変わらず。それでも左スリークオーターから135~140キロを超える球を投げ込めるスピード能力に、コントロールなどにも大きな破綻はない。打者としても一定の打力を持っている選手ながら、希少価値としては140キロ投げられる左腕としての能力が買われ、卒業後は投手に専念されることが求められるかもしれない。

それとは対照的に、エースナンバーをつけた 藤嶋 健人(3年)右翼手は、あわやサイクル安打という爆発ぶり。少々差し込まれても外野の頭を抜けてゆくような、圧倒的な腕っぷしと体幹の強さは健在。金属打ちではあるものの、神宮大会同様驚きのパワーを魅せてくれた。個人的には投手としての能力は買っていないものの、評価は次戦への持ち越しとなった。いすれにしてもドラフトで3位前後で指名されるぐらいの、圧倒的なポテンシャルの持ち主であることは間違いない。

一方大差はつけられたものの、打力のあるところ魅せてくれた北陸。特に一番の 山内 佑真(1年)三塁手は、早めに足をあげ回しこんで思いっきり引っ叩く打撃は光っていた。チームの沈滞ムードをものともせずに自分のプレーに徹し、好い意味での鈍感力は強打者として大事な要素。今後は、北信越を代表する打者に育ってゆくことを期待したい。

4番の 八木 雅也(2年)一塁手もヒットを連発するなど、秋以降も楽しみなチーム。この経験を活かし、この悔しい負けを糧に大きく育って欲しい。そのためにも、投手力・守備力の整備が求められる。

松山 仁志(東邦3年)投手 177/75 左/左
藤嶋 健人(東邦3年)右翼 175/78 右/右

山内 佑真(北陸1年)三塁 175/70 右/右
八木 雅也(北陸3年)一塁 178/74 右/右

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

2016年夏 甲子園初日レポート
今日から出場全校が出そろうまで、気になった選手を簡単にご紹介してゆきます。

大会初日・第一試合 鳴門 VS 佐久長聖

この試合の注目は、プロも注目する 元山 飛優(佐久長聖3年)遊撃手。左の好打者タイプで、内角の厳しいところに投げ込まれたツーシームをライト前に、チャンスで内角高めの速球を一二塁間を抜けるタイムリーで存在感を示した。しかし打球自体強烈なインパクトというほどでもなく、ショートゴロも一回しか飛んで来ないなど、この試合だけで能力を計るには材料不足。ショートとしても動きは悪くなく肩もそれなりに見えたが、打球の正面に入らないでの捕球だけに安定感はどうなのか? 走力は左打席から4.15秒ぐらいとドラフト候補として並で、その辺も含めると高校からプロに入るほど絶対的なものは感じられなかった。もう少し詳細を掴むためにも、長野県予選の模様を見なおしたりしてわからないところを埋めてレポートを作成してみたい。

想像以上に良くなっていたのが、鳴門の先発・河野 竜生(3年)左腕。球速も130キロ台後半~勝負どころでは140キロ台を記録し、MAX143キロまで到達。まだベース板を通過する時のボールの強さという意味では物足りないものはあるものの、大学などでの成長次第では非常に楽しみ。曲がりながら落ちるスライダー、ツーシーム・チェンジアップなどを織り交ぜ、コンビネーションで討ち取って来る。マウンド捌きにもセンスが感じられ、今後も段階を踏んで成長して行ければ、今永 昇太(駒大-DeNA1位)のような左腕に成長していっても不思議ではない。高校からプロというほどの凄みは感じられなかったものの、今後も見守ってゆきたい投手だった。

鳴門では、4番の 手束 海斗(3年)中堅手が、第一打席に左中間スタンドへホームラン。またライト方向にも強烈にはじき返すなど、腕っ節の強い打撃は光っていた。肩は平均レベルといった感じだったが、中堅守備・走塁なども含めてもう少し観てみたい。やはり彼も大学などでも野球を続けて行ける素材であり、今後も気にしてみたい。

佐久長聖では、塩沢 太規(2年)投手が、強気の投球で存在感を示した。現時点ではまだ130キロ台中盤ぐらいの球速で驚くほどのものはなかったが、がっちりした体格で馬力がありそうなだけに、来夏には140キロ台を連発できるようになっていても不思議ではない。結構変化球もいろいろ使って来る投手なので、秋以降どうなってゆくのか気にしてみたい。

元山 飛優(佐久長聖3年)遊撃 180/73 右/左
塩沢 太規(佐久長聖2年)投手 177/77 右/右

河野 竜生(鳴門高校3年)投手 174/72 左/左
手束 海斗(鳴門高校3年)中堅 172/81 右/右

大会初日・第二試合 智弁学園 VS 出雲

出雲の先発・原 暁(3年)右腕は130~137キロぐらいの球速だったものの、球速以上に手元まで伸びていた。もう少し体重を乗せてボールを投げられるようになったり、体幹が強くなれば140キロ台を連発しても不思議ではない。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、特にスライダーを多く混ぜて来る。爆発的に伸びる素材としての凄みは感じないが、地道に精進を重ねて行けば段階を踏んで成長を遂げて行きそうなタイプ。今後も、野球を続けて欲しい好投手。

原がまだ能力を出しきれていない好投手ならば、選抜優勝投手でもある 智弁学園の 村上 頌樹(3年)右腕は、174/78 の体格をフルに使って持ちえる能力を出しきっているタイプ。130キロ台後半~MAXで145キロまで到達し、その球も指先まで神経の通ったリリースができるので、打者の手元までビシッと生きてくる。緩いカーブをアクセントに使い、相手の打ち気を逸らすのも上手い。ただし打力が格段に春より上がってくる夏の大会では、全国の強豪校を抑えきれるのかには不安が残る。またすでに完成された投手との印象が強く、ドラフト候補という臭いはしてこない。名門大学などに進んで、どのぐらいの上積みと実績を残せるかで、評価は定まることになりそう。

智弁学園では、太田 英毅(2年)二塁手が、外角の球をセンターバックスクリーンに叩き込むなど、こんなにパワーがあるのかと驚かされた。また右方向にもはじき返すなど、広角に打ち返す持ち味を発揮。選抜ではショートを守っていたが、春季大会同様に夏は二塁手としてキビキビした動きを魅せていた。走力は思ったほどないが、中学時代から評判の力を、大舞台でも素直に発揮できるまでになってきた。

4番の 福元 悠真(2年)右翼手は、破壊力のある打撃と、右打席から4.2秒ソコソコで走る高い身体能力が売り。まだ対応力で粗い部分もあるが、178/75 と均整の取れた外野手。選抜優勝チームの4番打者という地位も板についてきており、彼もまた来年の候補として注目されるだけのものはある。

バットコントロール・対応力という意味では、1番の 納 大地(3年)左翼手が一番ではないだろうか。リストワークが柔らかく、それでいて強く叩くこともできる。左翼手だが、けして打球への反応、落下点までの入り方も悪くなかった。走力含めて、今後の試合も注目してみたい。大学などでも、活躍して行ける素材だと期待している。

出雲高校では、4番の 林 将広(3年)捕手が光った。パワフルな打撃では結果はでなかったものの、捕ってから投げるまでの動作が実に素早く、コンスタントに1.8秒台を刻んで来る。ちょっと上から叩きつける強引な送球ではあるが、スローイングにはA級のものが。構えた時にどかっと腰を落としすぎているので、この辺を改善すれば更にコントロールの精度を上げることも期待できそう。捕手としても相手を的を絞らせないように、頭を使ったインサイドワークを魅せていた。大学などでも、ぜひ野球を続けて欲しい司令塔だった。

原 暁  (出雲3年)投手 178/76 右/右
林 将広(出雲3年)捕手 171/71 右/右

村上 頌樹(智弁学園3年)投手 174/78 右/左
太田 英毅(智弁学園2年)二塁 176/78 右/右
福元 悠真(智弁学園2年)右翼 178/75 右/右
納   大地(智弁学園3年)左翼 175/73 右/左

大会初日・第三試合 盛岡大付 VS 九州国際大付

九州国際大附の先発・藤本 海斗(3年)右腕は、コンパクトなテイクバックから常時135~140キロ強と驚くような球威・球速はない。しかしボールの手元での伸びもよく空振りを誘える球質であり、これで平均して140キロ台~中盤ぐらいまで出せると、かなり厄介な投手になるのではないのだろうか。変化球は、スライダー・チェンジアップとオーソドックス。適度なまとまりと総合力もあり、大学などに進んでの成長次第では、その上も狙えるかもしれない。

盛岡大附の先発・坪田 伸祐(3年)右腕は、藤本とは対象的に腕を強く振って来るタイプ。こちらは荒っぽいフォームで、もう少しボールを押し込めるようになると好いのだが、素材としてのスケールは藤本よりある。ただし持ち球がスライダーぐらいで単調なのとまとまりに欠けるので、個性を重視してくれる環境で伸び伸びと才能を育みたい。現在は最速で140キロぐらいの球速が、将来的に10キロぐらい上がっても不思議ではなさそうな投手ではあった。

野手では打撃でアピールできなかったが、九州国際大附の核弾頭・中山 竜秀(3年)右翼手の強肩ぶりが目を惹いた。福岡予選では、2本塁打・4盗塁を記録した選手であり、予選の模様もみてレポートを作成してみたい。ちなみに一塁までの到達タイムは、右打席から4.35秒前後。これを左打者に換算すると4.1秒前後であるから、ドラフト指名される打者の平均ぐらいの走力はある。肩は、上のレベルでも充分売りにできるレベル。今後も、名前を片隅とどめておきたい選手だった。

また盛岡大附の方では、8番ながら強肩ぶりが目立った 比嘉 賢伸(2年)遊撃手が気になった。打撃でも鋭い当たりを放っており、新チーム以後の位置づけ、活躍が気になる。2回戦以降の試合の模様を確認するときも、気に留めてみたい。

藤本 海斗(九州国際大附3年)投手 180/77 右/右
中山 竜秀(九州国際大附3年)右翼 174/73 右/右

坪田 伸祐(盛岡大附3年)投手 180/77 右/右
比嘉 賢伸(盛岡大附2年)遊撃 176/68 右/左

源田 壮亮(23歳・トヨタ自動車)遊撃手
愛知学院大時代は、プロ志望届けを提出していれば上位で指名されたであろう 源田 壮亮(23歳・トヨタ自動車)遊撃手。あれから2年経ち、再び解禁の年を迎える。果たして現状の源田は、どのような感じなのだろうか? 
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
池田 駿(24歳・ヤマハ)投手
左腕からコンスタントに140キロ台のボールを投げ込む 池田 駿(ヤマハ)。社会人2年目を迎え、ヤマハのエースへと成長した。果たして、ドラフトではどのような位置づけになるのか考えてみたい。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
岡下 大将(25歳・BC福島)遊撃手
独立リーグ界屈指の強打者であり、元NPB経験のある助っ人達と互角に本塁打争いを演じている 岡下 大将(BC福島)。昨年も調査書が2球団から届いていたが、今年はいよいよ指名が現実味を帯びてきた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
地方大会で破れた逸材達 後編
地方大会で破れた逸材達 後編 をお送ります。今回は、西日本の投手編と、野手編ということで、選抜・選手権に出場していないドラフト有力どころを紹介してみました。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
地方大会で破れた逸材達 前編
今年の夏の選手権大会は、私が観てきた大会の中でも稀に見る投手の逸材が集まった大会だといえる。そんな年でも、地方大会で散っていった逸材は数知れず。今回は、ドラフト指名が有力視される敗退組の有望選手をまとめてみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
白石 翔樹(長崎・大村工)捕手
小学生の時はソフトボール、中学の時はソフトテニス。本格的に硬式野球を始めたのは、高校に入ってからだという 白石 翔樹(大村工業)捕手。僅かな期間で九州を代表する捕手にまで昇りつめた、その成長力について考えてみた。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
工藤 俊(相模田名3年)遊撃
夏前まで全く知らない選手でしたが、プロから注目されている存在だと新聞に取り沙汰された 工藤 俊(相模田名3年)遊撃手。なるほど見てみると、公立校の中ではキラリと光る好選手だった。
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
copyright © 2016 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.