FC2ブログ

有料コンテンツとは 

迷スカウト」の管理人として、長年ドラフト候補を追いかけてきた 蔵建て男(くらたてお)の有料コンテンツ。

月300円 で、ほぼ毎日のペースで更新されるドラフト候補についての情報が閲覧できます。他の媒体では作成困難な濃厚なスカウティングレポートを、ぜひご堪能あれ。時々このブログでは、誰でも閲覧可能な無料記事も配信されます。有料ページに登録されてない方でも、時々見に来てくださいませ。

現在の方式 

記事の投稿年月単位で購入する方式です。購入した月の記事が、期限なしに閲覧できる仕組みです。

蔵建て男の略歴

1987年 長島一茂(立教大-ヤクルト入団)内野手が注目された年から、ドラフトに興味を持ち始める(当時中学2年)。1998年松坂世代の活躍に触発されて、その年の12月15日にドラフトサイト「迷スカウト」を開設。以後全国を駆け巡って、ドラフト候補のレポート作成をはじめる。その活動をきっかけに、野球に携わる仕事を始めるようになる。現在は「野球太郎」などネット媒体を超えたところでも、活動の幅を広げている。 Twitterアカウントは @kuratateo 

2020年度のドラフト指名選手 及び現在寸評が読める選手は、すべてリンクを張りました。


過去の更新記事の一覧は、こちら から。





毎月の活動報告として、動画を使ってドラフト候補やドラフトの流れをご紹介する新たな試みをはじめました。良かったら、ご登録は、こちらを https://www.youtube.com/user/kuratateo/?sub_confirmation=1

スポンサーサイト



テーマ : 無題
ジャンル : その他

高木 翔斗(県岐阜商3年)捕手

一冬越えて、だいぶ捕手らしくなってきた 高木 翔斗(県岐阜商3年)捕手。強肩・長打の素材ということで、キャッチャーとしてのスケールは、高校球界でもトップクラスに位置する選手ではないのだろうか。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

松川 虎生(市立和歌山3年)捕手

選抜大会で、一躍評価を高めた 松川 虎生(市立和歌山3年)捕手 。果たして、ディフェンス面はどうなのか? ドラフトではどのような位置づけになりそうなのか? 考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

小園 健太(市立和歌山3年)投手 選抜寸評

今年の高校生の中でも、総合力では1,2を争う 小園 健太(市立和歌山3年)右腕。昨秋と比べどうだったのか? 現在の位置づけなどについても考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

川上 陸斗(福岡大大濠3年)捕手

選抜大会に出場した捕手の中でも、デェフェンスに関してはNO.1ではなかったかと思われる 川上 陸斗(福岡大大濠3年)捕手。一体彼の何処が優れているのか? 細かく検証してみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 東京都春季高校野球大会

東京で気になっていた、左右の投手が登場するカードとなったので、駒沢球場まで東京都春季大会を観戦に足を運びました。

関東一 VS 日本学園

関東一高の先発・市川 祐(3年)投手は、右の正統派右腕。すでに昨年の段階から140キロ台を連発できるスピード能力があったが、私が会場に着いたときにはすでに大量リードだったせいか? 球速は120キロ台後半~130キロ台中盤。スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜるオーソドックス投球スタイルは変わらなかった。ただし、身のこなしやボールの感じからも、いくら力を抜いて投げていたとしても、ドラフト候補の匂いは全くしなかったのは残念だった。現状は、大学などに進学するタイプとみて良いのではないのだろうか。

関東一では、4番を打つ 楠原 悠太(3年)遊撃手が気になった。私が見ているところでは、あまり打撃で派手な活躍は見られなかったものの、ここまでの春季大会では3試合でマルチ安打を放つなど安定した内容。均整の取れた体格からの、守備・肩などの身体能力も高そうで、今後の試合でも注視したいと思わせる雰囲気があった。秋は、捕手として出場していた選手だった。

また対戦相手の 日本学園の4番・澤田 夕輝(3年)捕手という選手も、同校では抜けたスイングをする強打者で、捕手としてもなかなかの強肩であった。制球の精度や細かい部分で、まだまだ高いレベルの野球で揉まれなければという感じは受けたが、持っている素材は悪くない。外野手だった選手なので、大学などで捕手の技量を磨ければひょっとするかもしれない。

市川 祐 (関東一3年)投手 184/82 右/右
楠原 悠太(関東一3年)遊撃 179/75 右/左

澤田夕輝(日本学園3年)捕手 右/右


八王子学園八王子 VS 専修大付属

八王子の先発は、星野 翔太(2年)右腕。均整の取れた体格から投げ込まれる本格派で、130キロ台中盤のストレートと曲がりの大きなスライダーを武器に、専修大付属相手に6回までヒットを許さない快投ぶり。まだ線の細さは感じられるが、フォームに癖がなく、球速以上に球筋の良さもあり、順調に肉付けして行ければ来年の今頃には140キロ台を投げる本格派として注目される存在になっているかもしれない。

八王子の4番・落合 俊介(3年)右翼手は、脚力があり肩も強そうな選手。打撃ではあまり目立たなかったが、今後の試合を観る機会があれば、その身体能力含めて注目して行きたい選手だった。

そしてコールド目の前の7回に登場したのが、この日のお目当てだった 羽田 慎之助(八王子3年)左腕。「和製ランディ・ジョンソン」とありきたりな愛称がついているが、まさにそういった上半身主導で腕をブンと振ってくる粗っぽさがある。球速こそコンスタントに130キロ台後半~MAXで91マイル・146キロを記録。明らかに、ボールの勢い・威力は、この日登板した選手たちとは違っていた。ただし、コントロールは相当アバウトな上に、変化球がどうなのか? また1試合20球ぐらいを目安に登板しているようで、出塁を許し球数が増えて来るとボールの勢い・球速も明らかに落ちるスタミナなども不安が残った。素材としてはロマン溢れるが、上のレベルで使えるようになるまでには、かなりの育成力と忍耐力に時間が必要になりそうだ。一昔前ならば上位指名になったタイプだが、今の総合力が求められるスカウティングでは育成指名あたりになってもおかしくない。そのへんは、球団やスカウトの考え方で評価が別れる存在となりそうだ。いずれにしても、もう少し長いイニングを投げてもらわないと、全容が掴みきれない。そういった投球が見られるのは、夏の大会まで待たないと行けないのではないのだろうか。

星野 翔太(八王子学園八王子2年)投手 181/82 右/右
落合 俊介(八王子学園八王子3年)右翼 183/71 左/左
羽田慎之助(八王子学園八王子3年)投手 190/82 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

毛利 海大(福岡大大濠3年)投手

選抜大会に出場したサウスポーの中でも、低めに集める球筋など制球力は一番ではなかったかと思われる 毛利 海大(福岡大大濠3年)左腕。果たして高校からプロ入りを目指すためには、何が必要なのか? 考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

石田 隼都(東海大相模3年)投手

昨秋までは、ドラフト候補といった感じで見ていなかった 石田 隼都(東海大相模3年)左腕。しかし、一冬越えた選抜大会では、ボールが格段に強くなっており、技術的にも驚くほど実戦的なことに驚かされた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

大塚 瑠晏(東海大相模3年)遊撃手

高校球界屈指の守備力を誇る 大塚 瑠晏(東海大相模3年)遊撃手。選抜では急性胃腸炎で、僅か1安打に終わった。そんな彼の、現在の位置づけについて考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

前田 銀治(三島南3年)中堅手

事前に良くしらない選手でしたが、選抜大会をみての掘り出しものと言えるのが、この 前田 銀治(三島南3年)中堅手だった。右打ちの、強打の外野手。スカウトの中でも、候補として名前を記した球団はあったのではないのだろうか。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

気になる大学生左腕の二人

今年は、全国的にも大学生左腕に逸材が多い。そんな中、先日は 伊藤 稜(中京大4年)左腕を確認した。その他にも何人か気になる左腕はいるのだが、その代表格の投球の模様を確認できたので、簡単な感想でも。生観戦をする前に、昨秋からの投球と比較しながら、現状を把握してみたい。

そんななか上位指名が期待されるのが、鈴木 勇斗(創価大4年)左腕。リーグ戦での生観戦が、無観客試合で難しいので、シーズン前に行われたオープン戦の模様を確認してみた。確認したのは、上武大戦と亜細亜大戦の模様。率直な感想から言うと、変わらずに順調といった感じがする。球速もハッキリしたものはわからないが、コンスタントに145キロ前後は出ていそうで、特に左打者外角にズバッと決まる球筋は彼の真骨頂。このゾーンにズバッと決められると、打者は思わず手も足も出ずに見逃してしまう。また左打者に対しては、外角に逃げてゆくスライダーもしっかり集めることができていた。

逆に右打者に対しては、結構上武大戦では打たれていた。特に、右打者外角高めに浮く真っ直ぐやチェンジアップなどを打ち返されるケースが多い。鈴木の場合、ストレートは球威・球速ともに一級品だが、追い込んでから空振りが奪えるほどの変化球がないのが課題となる。オフシーズンに作成した寸評でも指摘したことだが、この部分は未だに改善されていないのではないかと。その代わり、この試合では緩いカーブを結構上手く織り交ぜ的を絞らせない工夫がみられた。いずれにしてもドラフトでは、2位前後ぐらいには収まりそうな実力の持ち主で、ぜひ6月の大学選手権なり、大学日本代表など全国や国際試合でその力を証明して欲しい。

もうひとり気になっているのが、桐敷 拓馬(新潟医療福祉大4年)左腕。こちらは、すでにリーグ戦が開幕しその模様を少し確認できた。鈴木に比べるとストレートの球速やコマンドがワンランク劣る印象はあるものの、曲がりながら落ちるスライダーのキレもハードだし、何よりチェンジアップの威力は一級品だ。その他にも、地面に採算ワンバウンドさせていた球は、フォークだろうか? 多少荒っぽく見えるコントロールでも、ボールは両サイドには散らすことができていた。鈴木に比べると、プロだとリリーフタイプなのではと思える部分はあるが、こちらも3位前後ぐらいでの指名を意識できるのではないのだろうか。鈴木は先発ができストレートが良いタイプ、桐敷は変化球が良くリリーフタイプとのイメージは昨年と変わらなかった。こちらも春の間に生で確認できるかわからないが、ぜひ直に観てみたいと思わせてくれる内容だった。

先日の伊藤も含めて、この3人はドラフト指名濃厚な左腕逹。中位~上位が意識できる選手たちであり、場合によっては最上位もありうるかもしれない。またこの他にも、山下 輝(法政大)や黒原 拓末(関西学院大)に、隅田 知一郎(西日本工業大)など、彼らと同ランクからそれ以上かもしれない左腕達も存在する。まして順調に最終学年を過ごせば1位指名が濃厚な 佐藤 隼輔(筑波大)もいるわけで、大学生左腕の充実ぶりは近年にない面子が揃っている。

鈴木 勇斗(創価大4年)投手   172/78 左/左 (鹿屋中央出身)
桐敷 拓馬(新潟医療大4年)投手 177/80 左/左 (本庄東出身) 

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

瀨 千皓(天理3年)左翼手

1年秋の神宮大会で、本塁打を連発した 瀨 千皓(天理3年)左翼手。しかし今は、むしろ長打力よりも上手さが目立つ好打者になっていた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

達 孝太(天理3年)投手

21年度の選抜大会において、最もその評価を高めたのが、この 達 孝太(天理3年)右腕。この投手の素晴らしさと、秋に比べて成長した部分について考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

中京大 VS 東海大学園大

4/3(土) 全国の大学リーグの多くが、この日から春季リーグをスタートさせました。そんな中、私は愛知の瑞穂球場で行われる 愛知学生リーグに足を運ぶことに。しかし、第二試合は中止になり、観られたのは1試合のみとなりました。

中京大 VS 東海学園大

今回の観戦の目的は、伊藤 稜(中京大4年)左腕の視察でした。176/73 というプロフィールでしたが、実際観ているともっとガッチリした体型に見えます。小さめなテイクバックながら、ボールはビシッとしていて常時140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速でも、それ以上に感じさせる力強さがあります。かなりそのストレートが暴れて制球に苦しむも、小さく横滑りするカットボールでカウントを整えつつ、チェンジアップや時々決まるスライダーのキレは悪く有りません。普段はこんなコントロールに苦しむことも珍しく、球速も150キロを記録することもあるということで、良いときよりはかなり不安定な内容だったのかもしれません。ただし、今日みた感じだと、本当の制球力がないところに危うさを感じられる部分もあり、ドラフト順位としては4位前後ぐらいなのかなと感じです。それでも、左腕でこれだけのボールを投げる選手なので、大学選手権あたりでアピールできれば、その評価が一つ二つ上がっても不思議ではないのでしょう。本会議での指名は、ほぼ濃厚なレベルにはあると考えられます。

その伊藤以上に強力なインパクトを残したのが、澤井 廉(中京大3年)右翼手。第一打席で、いきなり左中間スタンドの一番深いところに叩き込んだ打球は圧巻でした。その他の打席でも、強烈な打球でヒットを連発し、このリーグでは頭ひとつ抜けた強打者なのではないかと実感します。残念ながら、守備・走力などに関してはよくわからなかったのですが、来年の大学球界を代表する、左のスラッガーとして注目して行きたい存在でした。できれば大学ジャパンなどのメンバーに選出されて、高いレベルでの経験を積ませてあげたいところはあります。

中京大では、最後に 三浦 大輝(時習館出身・3年)右腕が登板。こちらは、完全に力で押す力投派で、常時145キロ前後~後半を出せる馬力があり、来年に向けて覚えておいても良さそうな速球派でした。東海学園大では、先発の 浦野 光市(藤枝明誠出身・4年)左腕が、脱力したフォームから135キロ前後のまっすぐに、スライダーやチェンジアップなどを低めに集める技巧派でした。けして悪い投手ではなかったのですが、やはり上のレベルを意識すると球威の無さが気になります。そのためこの試合では、中京大打線に捕まっていました。東海地区の社会人チームあたりで、野球を続けて行ければと感じました。

伊藤 稜 (中京大4年)投手 176/73 左/左
澤井 廉 (中京大3年)右翼 180/80 左/左
三浦 大輝(中京大3年)投手 180/83 右/左

浦野 光市(東海学園大4年)投手 175/73 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

伊藤 樹 (仙台育英3年)投手

高校の先輩である 佐藤 由規(元ヤクルト)のように爆発的に球速を伸ばす方向性よりも、球質の強化など実戦的な術を磨くことにエネルギーを注いだ感がある 伊藤 樹(仙台育英3年)右腕。果たして彼は、高校からプロに進むタイプの投手なのだろうか? 
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

木村 大成(北海3年)投手

現時点では目立つ高校生左腕が少なく、そんな中で上位クラスにランクされる 木村 大成(北海3年)左腕。果たして、選抜の時点での到達点を、どのように評価すべきか考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツ総括(将来編)

センバツ総括総集編・今回は、下級生の選手たちについてです。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツ総括(野手編)

2021年度のセンバツ総括、今回は 野手編 をお送りします。果たして、野手で高卒プロを担える選手はどの程度いたのか、まとめてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツ総括(投手編)

出場全校をチェックできたので、センバツ総括・投手編を行ってゆきます。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート8

出場全校が出揃ったということで、センバツレポートもこれが最終回。2回戦以降に初登場した選手でチェックが済んだ選手は、今あるレポートのスペースに補足したり、1回戦でわからなかった部分も同様に、今の掲載スペースに内容の修正をしたいと考えています。今大会を代表する投手・畔柳(中京大中京)投手が登場した、大会7日目・第一試合のレポートなど。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート7 

来年が楽しみな東海大菅生バッテリーが登場した 大会5日目の第一試合・第二試合のレポート。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート6

今センバツで、最もタレントが揃った 大阪桐蔭VS智弁学園のレポートを含む、センバツレポート第六弾。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート5

大会NO.1投手・小園健太(市立和歌山)投手などが登場した、大会4日目・第一試合などのレポート。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート4

21世紀枠同士の対決や、秋季九州大会の再戦となった 大会3日目の第一・第二試合のレポート。特に福岡大大濠は、ここまで見たチームの中では一番好感が持てるチームだった。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート3

東海大系列校同士の、注目の対決があった大会二日目の第二・第三試合のレポート。全国屈指の守備力を誇る、遊撃手が甲子園に登場。また昨夏甲子園を沸かせた左腕が、成長した姿を魅せてくれた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート2

上位指名級の選手が登場した、大会二日目の第一試合を含めたセンバツレポート第二弾。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年 センバツレポート1

センバツ大会甲子園1日目・第一試合・第二試合レポート。プロ注目のサウスポーが、開幕戦から登場。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

米倉 貫太(21歳・HONDA)投手

埼玉栄時代から、その才能を高く買われてきた 米倉 貫太(21歳・HONDA)右腕。高卒3年目を迎え、再びドラフト解禁の年を迎えた現状を考えてみた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

坂巻 拳 (24歳・三菱自動車岡崎)投手

社会人3年目ながら、今年は指名されるかもしれないと思わせてくれたのが、坂巻 拳(24歳・三菱自動車岡崎)左腕。ロマン型だった大型左腕が、制球力や投球内容も指名を意識できるところまで来ている印象を受けた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2021年春 東都リーグレポート1


亜細亜大 VS 国学院大

亜細亜大の開幕戦の先発は、岡留 英貴(沖縄尚学出身・4年)右腕。重心の低いサイドに近いスリークォーターといった感じのフォームからコンスタントに140キロ台中盤のキレのある真っ直ぐを投げ込んでくる。相手に的を絞らせないように、小さく曲がるスライダーだけでなく、ツーシーム・シンカー系の球や緩いカーブなどを駆使して工夫は感じられた。確かに悪い投手ではないのだが、それでもイニングが進んでしまうと対応されてしまうのは、あと一歩ボールの球威やスリークォーター故に合わされやすいからなのだろうか? 現状は、ドラフト候補としては位置づけられても、指名となると絶対的なものはなく、有力な社会人チームに進むタイプなのではないかと思えてくる。ただし、今後のリーグ戦の内容次第では、指名圏内にリストアップして来る球団も出てくるかもしれない。

国学院大の野手では、最終学年を迎えた 福永 奨(横浜高出身・4年)捕手が攻守で存在感を示した。キャッチングや打球への反応に優れているだけでなく、高めや内角も駆使した幅の広いリードをしてくる。また送球も1.9秒台前半だったものの、走者をドンピシャのコントロールで捕殺していた。また、これまで打撃での印象が弱まっていたが、その辺も打撃への意識も傾ける余裕も生まれ、全ての打席でしっかりボールを捉えており、内容もよかった。こちらは、有力な指名候補として今後も追いかけて行きたい。

またこの試合で大活躍だったのが、山本 ダンテ 武蔵(国学院大4年)DH 。大阪桐蔭時代から、全国の舞台で活躍してきた選手。外角一杯の難しい球をライトスタンドに叩き込むなど、腕っぷしの強さは一級品。身体も、高校時代に比べるとかなりゴツくなってきた。元々俊足・強肩の身体能力はあるだけに、なんとか守備でもアピールできると、育成あたりでの指名もあるかもしれない。

また亜大では、矢野 雅哉(広島)の後釜としてショートに入った 田中 幹也(東海大菅生出身・3年)遊撃手の守備・走力が光る。元々セカンドとしては抜群の守備範囲の広さと動きを魅せていたが、この日は右打席から4.05秒強(左打者換算で3.8秒強に相当)の到達タイムを記録。脚力でも、プロでもトップクラスであることを証明した。まだ打撃でもしぶとさを魅せており、ドラフトまで一年あるが、来年の候補としてマークしたい。


テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

魅惑のロマン枠候の現状


飯田 琉斗(横浜商科大4年)投手 187/96 右/右 (向上出身)

神奈川大学リーグも、4/3に開幕。同リーグで最も注目を浴びる速球派・飯田 琉斗(横浜商科大4年)右腕が開幕試合で登板。最速154キロを記録するほどの速球派のはずが、この試合では先発ということもあり140キロ前後の球速に留まり、3回2/3イニングを投げ4失点で早々と降板。脱力を心がけて投げようというのは伝わってくるものの、力を抜いても繊細なコントロールや多彩なコンビネーションがあるわけではなく返って中途半端な結果に。変化球も緩いカーブがあるぐらいで、まだまだ試行錯誤の日々なのかもしれません。現状の内容だと、プロ云々は厳しいのではないかといった印象は受けた。今後何処まで巻き返せるかはわからのですが、ここから見違えるほど短期間で改善するのは難しそうで、ドラフト戦線から大きく後退した印象を受けました。とりあえず、150キロ台を連発している、そんな噂を訊くまでは、無理にチェックしにゆかなくても良いのかなといった感じはしました。


松田 康甫(23歳・BC茨城)投手 193/93 右/右 (金沢-拓殖大出身)

いっぽうBC茨城には、松田 康甫(23歳)という、大型右腕がいる。この投手は、193/93 という破格の体格から、コンスタントに140キロ台後半~最速153キロを記録。力みまくって投げているので、制球力やボールの質という意味ではまだまだ。ただし、これだけの球速の球が低めに結構行くので、これが安定して決まるようになると容易には捉えることは難しいかもしれません。まだ完全なロマン枠ではあるのですが、肉体のスペックと球速は破格なのでその名前を覚えておいて損はないのではないのでしょうか。


梶原 昂希(神奈川大4年)中堅 189/85 右/左 (大分雄城台出身)

また神奈川リーグでプロ注目の 梶原 昂希(神奈川大4年)中堅手のプレーも確認。どうも観ていると、チェンジアップ系の抜く球への対応に課題があるように感じました。またもう少し、プロとなるとスイングに凄みなりキレみたいなものが欲しい物足りなさも感じます。189/85 の大型外野手で、高校時代から「ギータ二世(柳田悠岐)」と言われてきた逸材ですが、この鶴見大との一週目の模様を見る限りは、大学からプロといった凄みまでは感じられませんでした。

堂々とした体格のため、打席でも雰囲気はあります。足をあまり上げず、地面をなぞるようにして上下動の少ないスイングします。高めの真っ直ぐなどを、打ち損じることなく叩いていたのは良いのですが、どうも得意な球と不得意な球がハッキリしているのかもしれません。打席に入る時も、ラインなどを踏んで入るような、強打者としては良い意味での鈍感力はありそう。それほど足場をならすなどもしないのですが、前の打者の足跡を消して、軸足は深く踏み込み自分の足場を作ろうという意識は感じられました。肩も良い選手ですし、大型でも動ける走力もあります。しかし、守備も足もプロで売りにできるほどかと言われると疑問であり、現状は社会人に進むのかなと感じました。このへんは、他の試合なども観て能力を見極めて行きたいポイントです。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード