東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
重要なお知らせ
先ほど、ページを運営するFC2ブログ様から、次のような通達が来ました。

2013年11月12日を以ちまして、課金モード『有料ブログモード』を廃止する運びとなりました。

いままでこの有料ページ「東南西北」では、有料ブログモード という方法を採用して参りました。しかしこれが11/12までで廃止されるため、バックナンバーモード という方式に移行させて頂くことになりました。 なおそれぞれのモードの説明ですが

有料ブログモード(今までのモード)

1ヶ月単位で料金を設定し、1/3/6/12ヶ月単位で購入できます。
購入したプランの期間中、そのブログのすべてのブロマガ記事が読むことができます。
購入した期間が終了すると、ブロマガ記事が閲覧できなくなります。

バックナンバーモード (11/12以降のモード)

記事の投稿年月単位で購入する方式。
購入した月のブロマガ記事は、期限なしに閲覧できます。

に移行することになりました。
なお、バックナンバーモードへ変更されますと
自動更新の際にエラーが発生する可能性がございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

特に今まで毎月購読してくださっている方にとっては、大きくは変わらないと思います。ただ時期によって登録されている方にとっては、今まで大きく変わってくることになるのではないのでしょうか。

大変ご迷惑をおかけしてしまいますが、どうかご理解のほどよろしくお願い致します。モードの変更は、11/11の夜に行うつもりでおりますので、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:無題 - ジャンル:その他

小久保 気(四国学院大4年)投手
近藤 弘樹(岡山商科大)投手とともに、大学選手権でその勇姿が見られるのが最も楽しみだった 小久保 気(四国学院大)投手。今年の地方リーグを代表する投手として、大会での投球が注目された。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
飯田 晴海(東洋大4年)投手
上背のない投手は、テレビなどでは凄く良く見えてしまうことがある。そういった意味では、春スカウト達からも注目された 飯田 晴海(東洋大)投手も、ぜひ生で観てみて判断して欲しい代表的な例だと言えるであろう。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
菊地 丈留(帝京大4年)投手
今年の大学選手権において、個人的には新たな収穫だったのが、この 菊地 丈溜(帝京大4年)左腕。強気なマウンド捌きに加え、実に実戦的なフォームをしている意外性もある。メディアで騒がれることはないが、個人的には 隠し玉 として追いかけてみたい選手だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017年(40) 四国アイランドリーグ選抜 VS フューチャーズ2
2日目は雨で中止になった、アイランドリーグ選抜の関東遠征。3日目の今日、再びフューチャーズとの試合を観戦してきました。初日に比べると、3日目には見応えを感じました。

伊藤 翔(18歳・徳島ID)投手 175/70 右/右 (横芝敬愛出身)

昨年千葉で話題になった好投手でしたが、最新の「野球太郎」の記事を読む限り、プロテストに落ち指名漏れしたと記載されていました。しかし高校時代から目立っていた選手だけに、1年目からアイランドリーグで 9試合 4勝2敗 防 2.50(5位) という成績をあげてます。

中背の体格からコンスタントに140キロ台を記録し、大田のガンでは146キロを記録。私のガンでは89マイル(143キロ)程度でしたが、手元でキレる空振りを取れる球を投げ込んできます。変化球も曲がりながら沈むスライダーに、フォークのような沈む球もあるオーソドックスなスタイル。変化球で仕留めきれるほどではありませんでしたが、カウントはしっかり取れていました。クィック1.0~1.1秒ぐらいでまとめられていますし、牽制のターンも鋭く、ランナーを背負うと長く間合いをとるなど、それなりに野球センスの良さや運動神経の高さを感じさせる選手です。

高卒1年目の若さがあるのも魅力なのですが、年齢の割にはすでにかなり完成されている投手との印象を受けます。そのため指名後に、爆発的に伸びるとかそういった素材としての奥行きはさほど感じません。高卒に求めるようなスケールとか伸び代という部分に期待するタイプではないように思います。しかし今回の選抜メンバーの中では、一番NPBに近い存在 そんな気は致しました。本会議の指名となると難しいと思いますが、育成枠でならば好調を維持してゆく限り、指名はかなり濃厚な選手ではないのでしょうか。

原田 宥希(23歳・香川OG)投手 180/70 右/右 (滋賀・高島ベースボールC出身)

最初は、130キロ台中盤を投げ込む平凡なサイドに近いスリークォーターという風に見えました。しかし最初のイニングの最後の打者に投げた145キロのストレートが素晴らしく、次のイニングに注目して見てみました。2イニング目には、コンスタントに140キロ台を越えてきて、大田のガンで146キロまで到達。私のガンではあまり球速が拾えず、89マイル(143キロ)が最速でした。しかし指にかかったときのストレートの球威・球速は、このメンバーの中では1番でしょう。

問題は、曲がりの大きなスライダー、シンカーなど、各変化球の精度がイマイチな点。そういったコントロール・変化球レベルの低さで、指名となると微妙な選手ではないかと感じます。総合力では、伊藤翔(徳島)よりも思って見えました。そのへんは成績にも現れていて 9試合 4勝2敗 防 3.50(10位)。64回1/3イニングで、60安打。被安打率は、93.3%(80%以下には抑えたい)と高め。四死球も28個で、四死球率も43.5%で(基準は33.3%以下)で、ややアバウトなところがあります。三振も1イニングあたり、0.7個程度であり(先発ならば0.8個以上が目安)、決め手不足の印象も受けます。数字の上からも、総合力ではやや見劣る印象が残ります。

ただし独立リーグの選手の場合、それほど成績は大きなウェートは占めていません。何より、指にかかったときのボールが安定して出せるようになれば、一軍も将来的に視野に入れられるものがあります。その可能性という意味では、伊藤翔や秀伍(香川)よりも一軍を意識できる素材でした。この選手は意見が別れると思いますが、育成枠での指名があっても不思議ではないと評価します。

(最後に)

野手に関してはどの部分を評価するのかにもよりますが、個人的にはあまりピンと来る選手がいませんでした。投手に関しては、伊藤翔(徳島)、秀伍(香川)、原田(香川)の3人に育成枠での可能性を感じます。

成績表を見ていて気がついたのは、例年に比べ元NPBの選手や外国人選手の上位進出さが少ないということ。それはそれでドラフト候補が浮き彫りになってきそうなものの、リーグ全体のレベルを引き下げている可能性もあるのかもという気もします。というのは、このアイランドリーグ選抜が来るようになってから毎年欠かさず見ています。しかし今年ほどインパクトに欠ける年も、そうそう記憶にないからです。ちょっとそういった意味では、BCに比べると四国の勢いが鈍っている印象は否めませんでした。

例年指名のほとんどは、このアイランド選抜に選ばれている選手からドラフトされます。そう考えるとこのメンバー以外に、どのぐらい指名される選手が他にいるのかには疑問を持たざるえません。少し厳しいことを書きましたが、選手・関係者達の更なる奮起を期待してやみません。ただし今回の日程に関しては、スカウトが最もチェックを入れやすい日程を選んだこと。これに関しては、今ままでで一番良かったのではないかと思います。アイランドリーグ選抜が来るようになって、最も多くのスカウトが球場につめかけたのではないのでしょうか。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年(39) 四国アイランドリーグ選抜 VS フューチャーズ1
毎年恒例・四国アイランドリーグが、選抜チームを作ってフューチャーズと対戦。今年も、大田スタジアムで第一戦が行われました。アイランドリーグ選抜でプロ入りする選手は、あまりリーグ戦での成績は関係ありません。そのため事前には一切予備知識を入れず、できるだけ先入観のないフラットな形で見ることを心がけました。そんな中、初日で気になった選手を何人かピックアップしましたが、3日目の模様(2日目は雨天中止)も見たので感想を追加する形で掲載してみます。

妹尾 克哉(19歳・香川OG)遊撃 178/76 右/左 (神戸国際大附出身)

選抜チームの1番・ショートを務め、第一打席から高めに浮いた速球を打って左中間ツーベース放った選手。甘い球を逃さない鋭さ・スイングの強さもあり、打撃にはキラリと光るものがありました。帰宅後リーグ戦の成績を調べてみると、14試合 1本 11打点 1盗塁 打率.200厘 という物足りない内容。この成績でも選抜チームに選ばれ、一番打者を任されていたのは、高卒1年目の19歳という若さを売りにアピールしたかったというのもあるのではないのでしょうか。ショートしての動きは平凡で、スローイングを見る限りあまり肩が強いという感じでもありません。また一塁までの塁間も、左打席から4.3秒台だったので、リーグ戦で1盗塁の理由もわかります。若さと打撃の振り出しの良さは光りましたが、守備・走塁との総合力ではどうか?という疑問も残りました。しかし高卒1年目の若さを買って、育成あたりで指名して来る球団があるかもしれません。

3日目は、途中から出場しスライダーをセンターフライと送りバントを成功させていました。守備ではエラーをするなど、この手のタイプにしては守備・走塁が物足りないところが浮き彫りになりました。高卒1年目の若さを買って、指名して来る球団があるかどうか?

小林 義弘(23歳・徳島ID)一塁 182/86 右/左 (山梨学院大附出身)

山梨学院大附時代から、注目してきた強打者。アイランドリーグでは、2度の打点王に輝くなどリーグを代表する強打者。試合では、センター前に一本強烈にはじき返すらしいヒットを放つ。今シーズンは、34試合 2本 21打点 4盗塁 打率.318厘(8位)と、相変わらず長打力よりも勝負強さが目立っています。今年は守備でアピールするために三塁にも挑戦しているとも聞いていましたが、結局元のファーストに。この選手は、成績以上に光る打撃を魅せてくれます。しかし守備位置は限定され、けして長距離砲ではないポイントゲッター。それだけに、なかなか各球団指名までGo.!サインが出ませんね。勝負強い代打が欲しい!という需要があれば、アイランドリーグでは一番の適任者ではないのでしょうか? 残念ながらそういった需要は、今までなかったようですが。特に凄く良くなったという感じはしませんが、相変わらずの力は健在だという感じはうけました。

3日目は、レフトで出場。慣れない守備のせいか? 大きなミスをしてしまっています。一塁までの塁間も、左打席から4.45秒前後とかなり遅い。肩も強くなく、この日は自慢の打撃でも良いところは魅せられず。特に悪くなったということはないと思いますが、果たして代打・守備位置限定の左打者に需要があるかどうか?

ハン・ソング(28歳・高知FD)捕手 185/95 右/右 (元起亜タイガース)

笠井 崇正(DeNA)投手から、左中間スタンドに特大の一発を放った選手。その打球は、なかなかアマでは見られない凄い当たりでした。しかし打順は8番ですし、リーグ戦では 33試合 0本 2打点 0盗塁 打率.194厘 という成績で、当たれば飛ぶのだろけれど、滅多に当たらない打者に出た特大の一発だったのだろうなと感じます。今年28歳という年齢と外国人という立場なのも考えると、かなり厳しいといえます。捕手としても平凡で、ディフェンスが売りというほどでもなさそうなので。とりあえず当たったときの飛距離は素晴らしいということは間違いないようです。

3日目は途中から出場してきましたが、見逃し三振など自慢のパワーは見せつけられず。肩は平均的で、外国人枠を使ってまで獲り来る球団があるのかには疑問が残りました。よほど桁違いのパワーを、安定して発揮できるようにならないと厳しそうです。

(高島)秀伍(26歳・香川OG)投手 185/79 右/右 (セガサミー出身)

桐蔭学園-東洋大-セガサミーという経歴の持ち主ですが、セガサミーでは外野手としてやっていた選手です。スリークオーターから繰り出す130キロ台後半のストレートが中心で、最後の打者に渾身の142キロの速球を投げ込んでました。小さく横滑りスライダーでカウントを整え速球を内外角に散らしてきます。特に何か決め球があるという感じはなく、速球もプロで押し切れるほどのものは感じられませんでした。今シーズンの成績は、12試合 3勝4敗 防 2.94(8位)という成績。この日投げた投手の中では、一番NPBには近いと思います。

初日見た時より、断然3日目の方が良かったのがこの選手。この日はコンスタントに140キロ台を越えて、MAXで146キロぐらい。私のガンでも、91マイル(146キロ)まで到達し、コンスタントに140キロ台中盤を記録。右打者の高めに浮いたストレートを良く打たれるのは気になりますが、今日はシンカー系のボールも見られました。またランナーを背負ってからも、じっくりボールを持つなど相手を焦らすような投球も。そういった余裕や、視野の広さを持っていることがわかったのは収穫でした。この日の内容を安定して出せるのであれば、育成枠での指名があっても不思議ではないと思われます。

(最後に)

初日気になった選手で、恐らく育成枠で指名されるだろうと言えるのは、秀伍(香川OG)投手ぐらい。あとの選手は、かなり流動的だと言わざるえません。特に野手に関しては、例年に比べても指名できる人材に欠ける印象を受けました。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

平良 海馬(八重山商工3年)投手
一足早く開幕した沖縄に、プロ入りを意識できる怪腕がいる、その男の名前は、平良 海馬(八重山商工)。しかしこの投手、ただの速いだけの投手ではなかった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
小野 侑宏(石巻専修大4年)二塁手
大学選手権において、ノーマークながら面白い選手だと思えたのが、小野 侑宏(石巻専修大4年)二塁手。一芸を評価する傾向の強い、育成枠ならば面白い選手ではないのだろうか。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
小畑 尋規(立正大4年)捕手
今年度を代表する大学生捕手である 小畑 尋規(立正大4年)捕手。しかし私には、北照時代からこの選手の良さがピンと来ない。改めて見ることで、何かわかることがないかと考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
葛川 知哉(青学大4年)投手
今春見た 葛川 知哉(青学大)投手は、これまでのイメージとはやや違った投球を魅せていた。果たしてどのように違っていたのか? 今回も考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
椎野 新(国士舘大4年)投手
村上桜ヶ丘時代から注目されていたが、何か殻が破れない印象が強かった 椎野 新(国士舘大)投手。しかし今春の青学戦での投球は、そのイメージを一変させた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ケムナブラッド誠(日本文理大4年)投手
亜細亜大学時代の 薮田 和毅(広島)の投球にそっくりな ケムナブラッド誠(日本文理大)。大学球界屈指のストレートを誇る、彼の投球をいかに評価すべきか? 今回は、考えてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
近藤 弘樹(岡山商科大4年)投手
大会前の評判どおりのピッチングを魅せてくれた 近藤 弘樹(岡山商科大)投手。全国大会で好投したことで、上位指名の下地が整ってきた。全国的には無名だったこの投手、一体どんな投手なのだろうか。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
宮本 誉士樹(東農大北海道4年)投手
投球のほとんどが速球でのみ構成されている、非常に構成的な投球をする 宮本 誉士樹(東農大北海道)右腕。果たしてそれでも完投を繰り返し、3年秋・4年春とリーグの最優秀防御率を獲得できたのか? その謎に迫ってみたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017年大学選手権3日目神宮大会レポート
大学選手権レポートの最終回。大会3日目の神宮球場の模様が消えてしまったので、後日再放送で確認して、ここに追加しようと思っています。この日に大会初登場した、和歌山大と国際武道大は、準々決勝まで勝ち上がっているのでその試合の模様からレポートさせてもらいます。

大会3日目神宮球場・第一試合・和歌山大 VS 岡山商科大

奈良学園大の、16連覇をを阻止したのが和歌山大。上武大の試合を観る限りは、突出した選手がいる印象はありませんでした。そんななか下級生の頃からチームを支えてきた 宮本 翔太(高川学園出身・4年)右腕がリリーフで登板。右肩を痛めた影響で、120キロ台後半~130キロ台前半ぐらいしか出ていませんでしたが、好調時には140キロ台中盤を記録する力量の持ち主。ぜひ秋には、回復した姿をリーグ戦で魅せて欲しいものです。

岡山商科大の方では、豪腕・蔵本 治孝(神戸国際大附出身・4年)右腕が、最速147キロを記録したものの、2回1/3 で降板。この投球の模様は、後日ここで補足させて頂きたいと思います。

宮本 翔太(和歌山大4年)投手 176/74 右/左

蔵本 治孝(岡山商大4年)投手 185/95 右/右

大会3日目神宮球場第二試合・国際武道大 VS 九州産業大





テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権大会3日目・東京ドーム編
大学選手権も3日目になると、すでに一度登場しとりあげているチームが多いので目新しいものがあった場合のみ追加で取り上げてみたい。そのため第一試合の東海大北海道と桐蔭横浜大戦は目新しいものがなかったので、取り上げないことをご了承願いたい。

大会3日目東京ドーム第2試合・富士大 VS 立教大

今大会初登場となった富士大の先発・田中 誠也(大阪桐蔭出身・2年)左腕は、投げ終わったあと大きくバランスを崩すほどの力投派左腕。171センチと上背はないが、135キロ前後のストレートでも勢いを感じさせる。変化球も右打者外角に沈むチェンジアップを武器に、カーブ・スライダーを織り交ぜ好投。強豪・富士大相手に、9回を5安打・10奪三振・自責点0で完投勝利を果たして魅せた。2年後のドラフト候補になれるかはまだ微妙ではあるが、ハートが強くリリーフならば面白そうな素材ではある。

ドラフト候補の 笠松 悠哉(大阪桐蔭出身・4年)三塁手は、当たり千金のサード横を抜けるタイムリーで勝ち越し。強烈なヘッドスピードと、時々ポカはするもののダイナミックな三塁守備が魅力の大型サード。時々魅せる惚れ惚れするようなホームランと、リーグ戦16打点の無類の勝負強さで精神面も強い。個人的にはプロの指導者や環境で鍛えたら、大きく化けるのではないかと期待している素材。プロ側の評価が見えて来ないが、私ならば指名リストに名前を連ねてみたい。

またJAPANのメンバーでもある 熊谷 敬宥(仙台育英出身・4年)遊撃手は、軽快な遊撃守備と右打席から4.20秒前後(左打者換算で3.95秒に相当)する俊足で今春はリーグ戦で9盗塁。しかし打力の弱さはいかんともし難く、この試合でもノーヒット。現状は社会人タイプに見えるが、守備・走塁はプロ級なだけに秋に打撃で大きな変化が観られれば一気に指名候補まで浮上しそうだが。

今や笠松以上に長距離打者の色彩の強くなった 山根 佑太(浦和学院出身・4年)左翼手も、右方向に鋭くはじき返し、荒削り見えるても打球は広角に飛ばせる。今春のリーグ戦で4本塁打を放つなど、笠松より打球が上がるタイプ。社会人で化ければ、将来プロへの可能性も秘めたスラッガー候補。

また緒戦では投げなかった富士大の 村上 英(宇都宮南出身・3年)右腕は、非常に重い球質が特徴。この試合でも144キロを記録したり、武器である縦スラ・チェンジアップ系の変化球にも独特のものがあり、来年に向けてどんな存在になるのか気になる一人。日本人離れした球威の持ち主で、グランドボーラーとしての可能性も感じさせる。

田中 誠也(立教大2年)投手 171/65 左/左
笠松 悠也(立教大4年)三塁 181/85 右/右
熊谷 敬宥(立教大4年)遊撃 175/72 右/右

村上 英(富士大3年)投手 180/84 右/右

大会3日目東京ドーム第3試合 天理大 VS 大商大

天理大では、1年生の 森浦 大輔(天理出身・1年)左腕の快投が光った。細身のサウスポーなのだが、球速は130キロ台後半~MAXで145キロまで立教大戦では記録。何よりピュッと上体と腕を鋭く振れるギャップが作れるために、手元までしっかりボールがキレて来る。変化球も、カーブ・スライダー・チェンジアップを織り交ぜる。特にスライダーではいつでもカウントが取れ、ストライクゾーンからボールゾーンに切れ込む空振りの取れる2種類のスライダーを使い分ける術も持っている。すでに現時点でもドラフトにかかりそうなぐらいの力量の持ち主だが、順調に4年間かけてレベルアップをして行ければ最終学年では即戦力を期待できる実戦型サウスポーとして注目される可能性を秘めている。何処まで自らを引き上げて行けるのか、今後も楽しみな投手が出てきた。

その森浦よりも、高校時代のネームバリューでは遥か上だった 吉川 貴大(開星出身・1年)右腕も、140キロ台を連発し今後が楽しみな投手。昨年の選抜では、甲子園で147キロを記録した速球派。大学のリーグ戦でも、今春4試合に登板し防御率0.79と順調なスタートをきった。独特の縦に割れるカーブようなスライダーと落差のあるフォークも併せ持っており、速球は結構暴れるが順調に行けば彼も4年後は指名を充分意識できる素材だろう。

また大商大では、橋本 侑樹(大垣日大出身・2年)左腕というのも勢いのあるボールを投げていた。テイクバックを小さくとって球の出どころを隠すフォームながら、140キロ台の速球には勢いが感じられる。少々まだ荒削りな部分があり、変化球がスライダーぐらいという感じなものの、今後に期待を持たせるサウスポーだった。

森浦 大輔(天理大1年)投手 175/70 左/左

吉川 貴大(大商大1年)投手 180/78 右/右
橋本 侑樹(大商大2年)投手 177/70 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権2日目・東京D・第二、第三試合
大会2日目東京ドーム第2試合 東海大九州 VS 天理大

この試合で目を惹いたのが、東海大九州のリリーフで登場した 小川 一平(横須賀工出身・2年)右腕。181/80 の均整のとれた体格の投手で、柔らかいの腕を思いっきり振って来られるのが長所。まだまだ細かいコントロールがなく荒削りな側面はあるが、MAX146キロを記録した球速に更なる上積みが期待できそう。志しを高く持って今後も取り組めば、最終学年にはドラフト候補・プロへの可能性を秘めた素材ではないのだろうか。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、これらのボールにも磨きをかけたい。

また先発した 牛丸 将希(玉名出身・4年)右腕も、ガッチリした体格から140キロ台の力強いボールを投げていた。立ち上がり制球に苦しみリズムに乗れないまま序盤でK.Oされてしまったが、スライダー・チェンジアップ系の球を織り交ぜ、卒業後も野球を続けて行ける素材。ボールには力があるが、合わされやすいフォームなどに何か工夫が持てると変わってきそう。

一方の天理大の方では、5番の 山本 柊作(天理出身・4年)左翼手が、ライトスタンドにホームランを放つなど打撃で気を吐いた。鋭い打球には目を見張るものがあるが、左翼手なのと一塁までの到達タイムが左打席から4.3秒前後と並なのが残念。企業チームで続けられるかはわからないが、クラブチームなどでも野球を続けて欲しい一人。

また4番の 田中 秀政(明徳義塾出身・3年)一塁手も、右打席からパワフルな打撃で3安打。こちらもポジション・走力などでの総合力の部分では気になるが、打撃では見るべきものがあるので今後も気にしてゆきたい選手だった。

小川 一平(東海大九州)投手 181/80 右/右
牛丸 将希(東海大九州)投手 172/67 右/右

山本 柊作(天理大)左翼 180/78 右/左
田中 秀政(天理大)一塁 175/85 右/右

大会2日目東京ドーム第3試合 石巻専修大 VS 岐阜経済大

緒戦では登板がなかった 石巻専修大の先発・菅野 一樹(聖和学園出身・2年)右腕は、非常にオーソドックスな投手。球速は130キロ台後半~140キロ台前半と平凡だが、ボールに厚みがあり、球速以上の球威を感じさせる。変化球も、カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜ、8回を投げて6安打・1失点と好投を見せた。試合の方は1-0で破れてしまったが、今後も順調にパワーアップして行ければ、最終学年でドラフト候補に位置づけられておかしくはない。

また初登場となった岐阜経済大の先発・與座 海人(沖縄尚学出身・4年)右腕は、正統派のサブマリン。125キロ~130キロ台前半ぐらいの真っ直ぐに、カーブ・スライダー・シンカーなどを織り交ぜて来る。いつもいうようにアンダーハンドの球速の目安は、プラス15キロぐらいすると、上手の球速の投手と比較できる。そういった意味では、この選手は、おおよそ140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速で投げ込んで来るように感じるはず。ただしあくまでもこれは一つの目安であるので、実際は120キロ台の球であるので甘く入れば長打を浴びてしまうことは否定できない。それでも 高橋 礼(専修大)に比べると、ボールがしっかり手元で切れて、浮き上がって来る感じの球もある。ただしこの手のタイプにしては、シンカーを滅多に使って来なく、あくまでもコーナーワークで勝負するので空振りが誘える球はない。またサイド・アンダー系の打ち難さを作るしなるような腕の振りでもない。それでもこの試合では、9回を投げて内野安打の1本・10奪三振・無失点とほぼ完璧なピッチングを魅せていた。プロでもほとんどいない実力派サブマリンでもあり、プロ側からみれば非常に興味深い素材。順位にこだわらなければ、本会議中に指名される可能性は高いとみる。

菅野 一樹(石巻専修大)投手 180/81 右/右

與座 海人(岐阜経済大)投手 173/74 右/右


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権2日目・神宮・第三、東京D・第一試合

大会2日目神宮球場第三試合・上武大 VS 福井工大

福井工大は二度目の登場ということで、上武大の選手たち中心にレポートします。上武大の先発・宮川 哲(東海大山形出身・4年)右腕は、コンスタントに145キロ前後の速球を真上から投げ下ろしてくる。変化球はスライダー中心だが、このスライダーの球速が違って3種類ぐらいある印象。他にも縦に割れるカーブのような球やフォークのようなボールも持っている。ストレートが暴れて収まりが悪いものの、変化球の曲がりが独特で精度も高い。そのため打者としては、的が絞り難い荒れ球投手といった感じなのだろう。不思議とこれだけの球を投げながらも、あまりドラフト候補の匂いがして来ないのは何故なのだろうか? 掴みどころのないタイプで、あまり高い評価はできないが、実戦にゆくと期待以上の投球をしてくれるタイプではないのだろうか。ちなみにこの春は、3勝0敗 防御率 0.65 で最優秀防御率を記録。ドラフト順位はイメージし難いのだが、中位以降での指名があるのではないかと考える。

上武大の核弾頭・島田 海吏(九州学院出身・4年)中堅手は、柔らかいハンドリングと塁間3.8秒台のプロでもトップクラスの脚力が売り。残念なのは、これだけの脚力がありながらフライをあげるケースが多いのが昨年からどうしても気になる。天才的なボール捌きを魅せるときもあるのだが、リーグ戦で1割台に低迷することもある波が激しいタイプ。それでも今春のリーグ戦では、打率.385厘でリーグ2位の好成績。この試合では出塁してすかさず盗塁を決めていたように、リーグ戦で8盗塁を決めるなど走力はプロ級なのは間違いない。あまりプロの匂いのして来るタイプではない左の巧打者タイプだが、このタイプとしては究極系の選手だけ、何かしらの形で本会議の中で指名があるのではないかとみている。

むしろこの試合で目を惹いたのは、3番を打つ・鳥巣 誉議(久留米商出身・4年)三塁手。ボールを手元まで呼び込んで叩く打撃に感性を感じ、今後の広がりを期待させる打撃の持ち主。左好打者タイプだけに、三塁手としてはパンチ不足。プロとなると難しいタイプではあるが、走っても一塁まで左打席から4.1秒前後、三塁守備も安定していて基準を満たすものがあった。

またリリーフで登板した 西村 雅暉(熊本国府出身・2年)右腕は、熊本国府時代から注目してきた速球派。高2の時に見たときは、骨太の球威型かなという印象があった。しかし昨年生で見た時に、意外にキレ型というか空振りが誘える球質であることがわかった。この試合でもズバーンと勢いのある145キロ前後の速球で、打者の空振りを誘えていた。まだ粗っぽく細かいコントロールがないのと、カーブ・スライダーなどの変化球はあるものの、絶対的な決め球はない。好素材なので順調に今後精進して行けば、大学からのプロ入りを期待できる素材だろう。

また緒戦で名前をあげた福井工大の 樋口 拓真(九州国際大附出身・4年)中堅手は、この試合でも4安打と大活躍。守ってはダイビングキャッチで好捕し、走ってはセーフティバントを決めるなど塁間4.1秒前後の脚力で存在感を示した。バットの芯で高い確率でボールを捉えられる選手で、卒業後も社会人などで野球を続けてゆくことを期待させる。

また和歌山大戦で登板した 石井 将希(桐生第一出身・4年)左腕は、常時140キロ台~145キロまで到達。少々身体がツッコミがちで、コントロールに不安定さは残すが、こういったサウスポーが潜んでいるところが上武大の層の厚さ。カーブ・スライダー・チェンジアップなども平凡だが、今後も野球を続ければ面白い存在になり得る。今度は選手層の厚いチームよりも、自分が任せられるような環境で居場所を見出せば、いっきに化けるかもしれない。イニングが進むにつれて、明らかに球威・球速が落ちるなど、体力面にも課題を残す。

宮川 哲 (上武大4年)投手 178/78 右/右
島田 海吏(上武大4年)中堅 176/72 右/左
鳥巣 誉議(上武大4年)三塁 177/72 右/左
西村 雅暉(上武大2年)投手 185/85 右/右
石井 将希(上武大4年)投手 179/74 左/左

樋口 拓真(福井工大4年)中堅 178/76 右/左

大会2日目東京ドーム第一試合・京都学園大 VS 大阪商業大



大商大の先発・大西 広樹(大商大高出身・2年)右腕は、ガッチリした体格から140キロ前後(MAX144キロ)の力強いボールを投げ込んでくる。やや下半身が使い切れていないせいか? ボールが全体的に高いのは気になる。変化球は、スライダーにチェンジアップ気味にシュート回転して沈むボールなどがある。今春のリーグ戦では、5勝0敗 防御率 1.43 という好成績。今後の2年間で、更に上積みがあるようだと、最終学年にはドラフト候補として指名を意識できる位置にまで来ているかもしれない。

京都学園大の先発・川瀬 航作(米子松蔭出身・2年)右腕は、サイドから140キロ前後(MAX144キロ)のボールを投げ込み、スライダー・シンカー系のボールを織り交ぜてくる。こちらも今春のリーグ戦で、6勝0敗 防御率 0.98 の好成績を残し安定し、特に右打者にも左打者にも内角を厳しく突く投球に特徴。実戦派のサイドとして、来年の候補に上がってくるかもしれない。

また野手では、京都学園大の 橋本 昂希(地球環境出身・3年)捕手が気になった。捕ってから無駄のない動きで、走者の滑り込んでくるところにドンビシャの送球で二度の捕殺。なんとそのタイムは、1.7秒台を記録。もしこの送球を安定してできるのであれば、学生球界屈指の強肩捕手なのは間違いない。ミットを構える時に、少し独特の座り方をしている選手だが、内角を活かした強気のリードをしてくる。打撃は下位で目立たなかったが、来年に向けて覚えておいて損のなさそうな選手だった。

大西 大樹(大商大2年)投手 176/84 右/右

川瀬 航作(京都学園大3年)投手 182/78 右/右
橋本 昂稀(京都学園大3年)捕手 172/72 右/右


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権2日目・神宮球場・第一、第二試合

大会2日目神宮球場第一試合・東北福祉大 VS 四国学院大



注目の 小久保 気(四国学院大4年)右腕は、非常にオーソドックスなフォーム。球速は130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらい。勝負どころでは、140キロ台中盤まで出して来る。しかし178センチと中背の体格のせいもあるが、それほどボール自体に凄みや伸びみたいなものは感じられない。また普段の球筋も真ん中~高めが多いなど、コマンドも繊細というほどでもない。カーブと追い込むと縦に大きく落ちるフォークがあり、この球には結構な落差がある。もう少しストレートの質・コマンドを磨いて、社会人で2年間ぐらいしてからの方がプロ入りは良いのではないのだろうか? 大学の先輩でありプロ入りした 高野 圭佑(JR西日本-ロッテ7位)の方が、ボール自体のインパクトはあったように思えるので。

東北福祉大では、全日本メンバーでもある 楠本 泰史(花咲徳栄出身・4年)中堅手が注目。故障でショートから一塁、そして最終学年では中堅にコンバートされた。俊足を活かした広い守備範囲を誇り、身体能力が高いだけにセンターでも活かせそう。この春には首位者にも輝いたように、ボールを芯で捉える能力には確かなものがある。ただし左打ちの長打が売りではない外野手となると、なかなかプロ側の敷居は高くなりがち。それだけにドラフト指名は微妙であり、指名されても中位より下の順位になるのは間違えなさそうだ。できれば、もう少し中堅守備などを見てみたかった。日米野球などで、再度確認してみたい。

また福祉大の投手では、津森 宥紀(和歌山東出身・2年)右腕は、サイドからコンスタントに140キロ台の速球を投げ込む速球派。他にもスライダー・シンカーなどをテンポよく投げ込んでくる。順調にこのまま最終学年まで行ければ、即戦力のリリーフ候補としてドラフト指名される可能性は充分に秘めている。

小久保 気(四国学院大4年)投手 178/78 右/左

楠本 泰史(東北福祉大4年)中堅 180/77 右/左
津森 宥紀(東北福祉大2年)投手 177/78 右/右

大会2日目神宮球場第二試合・近大工学部 VS 中部大



近大工学部の先発・向井 翔也(広島工出身・3年)右腕は、少々肩で投げるような負担のかかるフォームながらも、130キロ台後半~MAX143キロの速球を投げ込む。特にその速球以上に、縦に割れるスライダー、緩いカーブ、フォークなどの落差もあり、変化球各種の曲がりが良いのが持ち味。ストレートがキレ型でさほど球威がないので、甘いところに入ると長打を浴びやすい。将来的にドラフト候補になりえるかと言われると微妙だが、社会人でも野球を続けて行ける素材だろう。最終学年でストレートに厚みが出てくれば、周りの目も変わってきそうだが。

むしろプロ向きという意味では、その後に投げた 野村 健人(南陽工出身・3年)右腕。こちらは体格にも恵まれ、小さめのテイクバックながらもズシリと厚みのある球を投げ込んでくる。球速の中心は140キロ前後(MAX145キロ)ぐらいだったが、それよど5キロぐらい速く見える勢いと威力がある。変化球は、カーブ・スライダー・フォークなどがありそうだが、野村の方はストレートへの比重が高いタイプ。今後の成長次第では、来年のドラフト候補に名前があがってきても不思議ではないところまで来ている。

また中部大で光っていたのは、1番を打っていた 土田 昂平(砺波工出身・4年)左翼手。砺波工業時代から注目されてきた県内NO.1打者で、ヘッドスピードが速くスイングはプロ級。ミート能力も確かで、今春のリーグ戦では打率.405厘でリーグ2位の好成績。一塁までの塁間も、3.9秒前後とプロでも俊足の部類。これだけの俊足ながら、守備位置が左翼なのは気になる。守備範囲は広そうで、肩も標準レベルぐらいはありそうに見えたのだが。残念だったのは、ファールを追った際に負傷してしまい、試合の途中で交代。大学からのドラフト指名となると厳しそうだが、社会人での2年後を期待した。

向井 翔也(近大工学部3年)投手 175/65 右/右
野村 健人(近大工学部3年)投手 182/78 右/右

土田 昂平(中部大4年)左翼 176/74 左/左

2017年大学選手権初日・東京ドーム第三、第四試合

大会初日東京ドーム第三試合 帝京大 VS 桐蔭横浜大



帝京大の先発・小倉 大生(岡山学芸館出身・4年)右腕は、非常に投手らしい投手。球速は130キロ台中盤が多く、MAXで140キロ強。カーブ・スライダー・フォーク系の織り交ぜ持ち球もオーソドックス。安定した制球力とマウンド捌きをする選手で、見ていて大崩れするタイプではない。その一方でストレートにあと一歩強さがなく、この辺が今後改善されてくると総合力の高い投手だけに期待が持てそう。帝京のエースとしての実績もある選手だけに、今後も野球を続けて欲しい一人。

一方の桐蔭横浜大の先発は、三浦 裕作(川崎北出身・2年)右腕も、総合力に優れた先発型。こちらは、130キロ台~MAXで144キロぐらいまで出せる投手で、ストレートの手元までの威力も水準レベルに達している。カーブ・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ、コントロール・マウンド捌きもまずまず。すでに2年春のシーズンに4勝・MVPを獲得するなど、大学選手権出場の立役者となった。先輩の小野 和博(SUBARU)投手に近いレベルまで、来ているのではないのだろうか。確か小野が頭角を現したのは3年春だったと思うので、それより一年早く全国大会で登板。まだボール全体が高いのと、それほど繊細な投球術がない。そのため今後已を高め追求して行ければ、大学からのプロ入りも夢ではないのではないのだろうか。

両チームで目を惹いたのが、二人のリリーフ投手。菊地 丈留(帝京出身・4年)左腕は、全身を使って来るパワーピッチャー。球速こそ130キロ台後半だが、ボールの勢い・球威は140キロ台中盤を連発しているような迫力がある。変化球は、カーブ・スライダーと投球に深みは感じられないものの、気迫のこもった投球は見るべきものがあった。全く知らない投手だったが、4年生でこれほどの左腕が帝京にいたとは思わなかった。普段の内容がよくわからないが、社会人などで野球を続けたら2年後のプロ入りがあっても不思議ではない。秋も、注目して追いかけてみたい一人だった。

また桐蔭横浜大の 登坂 航大(市立川越出身・2年)右腕も、躍動感溢れる投球が光った。172センチと上背はないが、伝説の伊藤 智仁(元ヤクルト)投手のような、体重移動滑らかなフォームが印象的。ストレートはコンスタントに140キロ台を記録し、キレのある球は145キロまで到達。カーブ・スライダー・フォークなどの変化球も、フォームに勢いがあるので思わず振ってしまう。力投派なのだが、コース一杯に決まる爽快感は素晴らしい。あとはキレ型の力投派なので、少しでもキレが鈍ったり、コースを間違えると怖いタイプ。あと2年間あるので、ボールの芯に力がついて来ると、大学からのプロ入りも現実味を帯びてくる。同学年に先発した 三浦裕作 がいるのも、好い刺激となりそうだ。

打者では、内角の球を狙いすましたようにライトスタンドに叩き込んだ、帝京大の3番・木下 和哉(横浜隼人出身・4年)右翼手の打撃が光った。走っても左打席から4.1秒前後で駆け抜けるなど、走力も水準以上。社会人などで、野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また一年生ながら、桐蔭横浜大の4番に座った 渡部 健人(日本ウェルネス出身・1年)一塁手は、初の全国でデビューで2安打と存在感を示した。甘い球を逃さない強打は、すでに大学生に混ぜても全国級。昨年東京都大会で話題になった選手で、当時は100キロを超える体型でも、無難にショートをこなしていた動ける選手。将来的には大学でもサードあたりでアピールできれば、卒業時にはプロ入りも意識できる存在ではないのだろうか。

小倉 大生(帝京大4年)投手 181/80 右/右
菊地 丈留(帝京大4年)投手 175/80 左/左
木下 和哉(帝京大4年)右翼 175/77 左/左

三浦 裕作(桐蔭横浜2年)投手 183/77  右/右
登坂 航大(桐蔭横浜2年)投手 172/65  右/左
渡部 健人(桐蔭横浜1年)一塁 175/105 右/右

大会初日・東京ドーム第四試合 福岡大 VS 富士大



富士大はオープン戦で、福岡大は開幕戦を観戦していたチーム同士の対決。注目のドラフト候補・小林 遼(仙台育英出身・新4年)捕手は、バントの際に浮いた球をダイビングキャッチした好プレーは見られたものの、やや精彩欠いた印象を受けた。リーグ戦では打率.200厘と低迷し、オープン戦の頃にはさほど気にならなかったスローイングがワンバウンドでいう物足りない。知り合いが、送球がおかしかったと観戦した時に言っていたとおり、何処か痛めているのかわからないが、その辺が大きなマイナス材料。そういった問題の解決が見えて来ないようだと、社会人に流れるかもしれない。

富士大の先発は、加藤 弦(八重山商工出身・4年)右腕。130キロ台後半~MAXで143キロぐらいの球速も、高めのストレートの回転はよく空振りが奪える。緩いカーブに、フォークのような縦の変化を織り交ぜ、特に縦の変化の落差が大きいのが特徴。今後も野球も続け、そこで更にレベルアップするようだと、プロも視野に入ってくるかもしれない。

またその後をうけた、鈴木 翔天(向上出身・新3年)左腕が好投。バランスの取れた好投手タイプの左腕で、カーブ・スライダー・チェンジアップなどを持ち球にしている。春のオープン戦でもMAXで88マイル・141キロまで記録していたが、この試合でも143キロに到達。特にプロという匂いはまだしてこないが、来年までにう少し投球にメリハリがついて来ると、正統派左腕だけにドラフト候補に名前があがってくるかもしれない。特にボールになるスライダーを、振らせるのが上手い。

その他富士大では、4番の 三浦 智聡(盛岡大附出身・4年)一塁手が、レフトスタンドに叩き込んだり、センター前に強烈にはじき返すなど、パワフルな打撃で存在感を示した。守備位置の関係からドラフト候補かと訊かれる疑問だが、社会人で続けて行ける強打者だった。

福岡大では、開幕戦で良かった4番の 春日 大生(東福岡出身4年)捕手が、あまり見せ場なく終わってしまったのは残念。1.8秒台中盤で投げられる強肩の持ち主だが、送球の際に落球してしまい送球投げられず。打ってもヒットを放てないなど、残念な結果に終わった。小林よりも体格に恵まれプロっぽい捕手ではあるが、そのまま社会人に進むことになるのではないのだろうか。ただし個人的には、高山 竜太朗(九州産業大-巨人育成)捕手よりも、総合力では上を行っているとは思うのだが・・・。

小林 遼 (富士大4年)捕手 173/80 右/左
加藤 弦 (富士大4年)投手 180/71 右/左
三浦 智聡(富士大4年)一塁 175/77 右/右

春日 大生(福岡大4年)捕手 176/77 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権初日・東京ドーム編・第一・第二試合

大会初日東京ドーム第一試合・石巻専修大 VS 共栄大



石巻専修大の先発・松澤 寛人(糸魚川出身・1年)右腕は、サイドから実に力強い投球を魅せてくれた。球威のある力強い140キロ台中盤の球を最後まで持続し、1失点・4安打・9奪三振で見事完投。変化球は、スライダー・カーブなどで、サイドにしてはシンカー系のボールが見当たらない。それでも単調になりそうなところ、投げるタイミングなど間合いを変えて、投球に奥深さを出している。そういった投球術もすでに身につけており、今後さらに精進して4年間を過ごせれば最終学年では上位指名も意識できる存在になるのではないのだろうか。

また1番を打つ 小野 侑宏(聖和学園出身・4年)二塁手は、甘い球を逃さない「鋭さ」を持った好選手。ボールを呼び込んで、二塁打・三塁打の多い長打で存在感を示した。1年秋に首位打者を経験して、この春で5度目ベストナインを獲得。さらに、この春は、打率.417厘で再び首位打者に輝き、MVPも獲得したリーグの看板選手。この試合を観る限り、本会議は微妙なものの育成枠ぐらいならば面白い素材ではないかと思わせる。春3失策した二塁守備が平凡なのと4盗塁を記録したものの、塁間4.25秒前後と走力は平凡。そういった意味では打撃と意識はプロ級だが、総合力でどう判断されるだろうか?

共栄大は、リーグ戦でレポートしたチーム。開幕週では、1番・三塁手で出場していた 長谷川 亮太(武南出身4年)は、5番・一塁手として出場で、あまり好いところを魅せられず。伊藤 ヴィットル(本庄第一出身・4年)遊撃手は、再三転がってくるゴロを無難に捌くなど身体能力の片鱗は垣間魅せてくれたがプロとなるとどうだろうか?大田のガンで146キロまで記録していた、 太田 莞地(浦和実出身3年)右腕の登板がないまま破れてしまったのは残念だった。

松澤 寛人(石巻専修大1年)投手 174/76 右/右
小野 侑宏(石巻専修大4年)二塁 170/70 右/左

長谷川 亮太 (共栄大4年)三塁 180/75 右/右
伊藤ヴィットル(共栄大4年)遊撃 178/72 右/左
太田   莞地(共栄大3年)投手  177/70 右/左

大会初日東京ドーム第二試合・ 東洋大 VS 東海大北海道



飯田 晴海(常総学院出身・4年)右腕については、リーグ戦終盤に詳しくレポートしたばかり。非常にオーソドックスなフォームから、130キロ台後半~140キロ台中盤の速球は手元までビシッと来る。リーグ戦で見た時よりもボールは来ていた印象で、内角への厳しい攻めや牽制の上手さも改めて印象づけられた。ただし中背の投手ゆえの平面的な球筋と、それほど苦にならないキレイなフォームであり、よほど繊細なコントロールや強烈なフィニッシュボールがないと、大学からプロ入りは厳しいのではないのだろうか? スカウトからも注目されているが、社会人経由の選手だとみている。

東洋大では終盤に 甲斐野 央(東洋大姫路出身・3年)右腕が、長身かラ繰り出す速球は147キロまで到達。正直ここまで速いとは思っていなかったので、嬉しい誤算となった。これまで適度の速さのあるオーソドックスな投手という認識しかなかったが、秋に向け楽しみな選手がでてきた。

東海大北海道は東洋から勝ち星をあげたが、誰か突出した選手がいるという感じではなかった。試合運びの上手さとまとまりの良さで、東都代表を撃破した印象だった。

飯田 晴海(東洋大4年)投手 175/77 右/右
甲斐野 央(東洋大3年)投手 185/75 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権初日・神宮編
今日から、大学野球最大の大会・全日本大学選手権がはじまりました。そこで今回は、大会初日の神宮大会の模様をレポートしたいと思います。

大会初日・神宮球場第一試合 東農大北海道 VS 福井工大



福井工大の先発・近藤 洸(福井工大福井出身・4年)左腕は、小気味の好い左腕で球速も135~140キロ台前半でまとまる好投手。変化球もカーブ・スライダーなどを織り交ぜるが、左腕にしてはチェンジアップらしい右打者から逃げてゆく球が見当たらない。驚くようなボールはないものの、左腕で140キロ台前後を投げ込め、まとまりのある左腕を最終学年まで知らなかったことは、全国は広いなと改めて実感させられた。イメージ的には、JR九州の主戦として活躍する 井上 翔夢(西日本工業大出身)左腕を彷彿とさせるようなサウスポーだった。ドラフト候補というよりも、社会人などに進んで野球を続ける存在ではないのだろうか。

一方の東農大北海道の先発・宮本 誉士樹(鎮西出身・4年)右腕は、昨年も大学選手権で140キロ台の速球を投げ込んでいた大型のサイドハンド。腕のしなりを活かすタイプではなく、腕が曲がらないままブンと振ってくる。何より個性的なのが、投球のほとんどが130キロ台中盤~140キロ台前半のストレートで構成されているということ。クロスへの球筋は比較的素直なフォームシーム気味なのだが、逆クロスへの球筋はナチュラルシュートするクセ球。そのため右打者の内角に鋭く食い込んでくるシュートボールになり、左打者は強烈に外に逃げてゆく。たまにシンカー系の沈む球がある程度で、カーブ・スライダー系などは見当たらない。かなり個性的な投手で、この球筋を面白いとプロが見るかどうか? 186センチの大型投手でもあり、本人がプロ志望が強いのであれば、育成あたりで指名する球団が出てきても不思議ではない。

野手では、両チームの1番打者が目立っていた。東農大北海道の 周東 佑京(東農大二出身・4年)三塁手は、第一打席の三塁打で11秒台前半で走り抜けられるアスリート系内野手。ショート前のゴロをかっさらって送球しようとしてエラーしてしまったりと、気合が空回りしてしまっていた。これでセンターラインが守れるようだと面白い選手だが、その辺がマイナスポイントか。また福井工大の 樋口 拓真(九州国際大附出身・4年)中堅手は、ミートポイント確かな打撃で、どの打席でも芯でボールを捉えていた。周東がポテンシャル型ならば、樋口は技術の高さで対応する三拍子揃った好選手。ドラフト候補というインパクトはないが、今後の試合でも注目したい。

近藤 洸 (福井工大4年)投手 174/78 左/左
樋口 拓真(福井工大4年)中堅 178/76 右/左

宮本誉士樹(東農大北海道4年)投手 186/79 右/右
周東 佑京(東農大北海道4年)三塁 180/66 右/左

大会初日・神宮球場第二試合 岡山商科大 VS 近畿大



今大会注目のドラフト候補・近藤 弘樹(安佐北出身・4年)右腕は、評判どうりの投球を魅せてくれた。ストレートはコンスタントに145キロ前後を刻み、最速では150キロを越えてきた。この選手は、ストレートのコマンドが安定しており、時々高めには浮くが両サイドに投げ分けられる。変化球は、スライダー・カーブ・チェンジアップだか沈む球があり、一通りの球がある。昨年よりも全体的にパワーアップしており、ある程度ストレートで押せるまでになっていた。ただしどの変化球でもカウントは整えられるものの、追い込んでから仕留められる変化球がないところが気になる。リーグ戦ではイニングを遥かに凌ぐ奪三振を奪えているが、プロの打者を想定するとどうだろうか? また投球に嫌らしさや攻めの厳しさはそれほど感じないので、そのへんがプロの打者の踏み込みを許さないかという心配にはなる。いずれにしても2位ぐらい中には指名される選手ではないのだろうか。

一方で近大のプロ注目の投手・岡田 和馬(南陽工出身・4年)左腕は、最後まで登板しないで敗戦となった。リーグ戦では4勝0敗 防御率 0.26 という圧倒的な内容でリーグMVPを受賞。140キロ台を記録する投球に安定感も兼ね備える存在だけに、今大会でぜひアピールして欲しかった存在だったのだが・・・。今大会で一気に全国デビュー、ブレイク候補の一人だっただけに残念だった。

近藤 弘樹(岡山商科大4年)投手 190/85 右/右

岡田 和馬(近畿大4年)投手 182/74 左/左

大会初日・神宮大会第三試合 九州産業大 VS 日本文理大



ドラフト指名候補同士の先発となったこの試合、九州産業大の先発は、草場 亮太(伊万里商出身・4年)右腕。草場については、すでに今春リーグ戦でレポート、寸評も作成しているので詳細は控えめに。この試合でもコンスタントに140キロ台を刻み、MAXで150キロまで到達。カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜてくる。普段の投球は好いのだが、勝負どころになるとボールが浮いたり、変化球が甘くなる詰めの甘さはこの試合でも見られた。特にこの選手は立ち上がりは好いのだが、イニングが進むにつれ相手に馴れられて失点してしまうというパターンをこの試合も繰り返している。まだまだ伸び代を秘めた素材であり、プロ入り後グッとよくなる余力を残している。まだまだ発展途上で即戦力としては不安は残るが、ハズレ1位~2位ぐらいまでには指名されそうな力はある。

一方、日本文理大の先発・ケムナブラッド誠(日南出身・4年)右腕も、素材の良さを改めて印象づけた。小さめのテイクバックから、ズバーンとミットに突き刺さる速球は、草場や近藤弘樹(岡山商科大)をも凌ぐものがあります。ボールが見え始めてから到達まで非常に早く、打者としてはタイミングを図るのが難しい。球質・フォームもあいまって、世代屈指のストレートの質・勢いを誇ります。フォームの感じは、薮田 和樹(亜大-広島2位)を彷彿す。ただし草場ほどボールが制御できてなく、平均してボールが上吊りやすい。また変化球もたまにスライダーを投げる程度で、投球のほとんどは速球といった未完の大器。その辺をどうみるかで、評価は別れる選手ではないのでしょうか。

その他では、九州産業大の中心打者である 岩城 駿也(東海大五出身)一塁手が、右に左に長打を放ち評判どうりの打力を披露。私が観戦した開幕戦では結果を残せなかったが、春季リーグでは脅威の25打点をあげた。ライトフェンス直撃の長打を放ったかと思ったら、左中間スタンドにホームラン。一塁手ではあるが、右打席から塁間4.35秒で到達し、これを左打者に換算すると4.1秒であり基準レベル以上の走力はある。打撃は間違いなくプロ級なので、来年どこまで内容を高めて行けるのか注目したい。

日本文理大では、リリーフで登板した 鶴永 竜治(川内出身・3年)右腕が、コンスタントに140キロ台を記録し、MAXで147キロぐらいまで到達。ボールが暴れたり、変化球にこれはという球はないものの、ケムナ同様に素材の良さを示してくれた。来年、指名されるかまで行けるかは今後次第だが、ドラフト候補として名前があがってくる素材ではないのだろうか。

草場 亮太(九州産業大4年)投手 183/75 右/右
岩城 駿也(九州産業大3年)一塁 180/80 右/右

ケムナブラッド誠(日本文理大4年)投手 192/91 右/右
鶴永 竜治    (日本文理大3年)投手 179/73 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

岩見 雅紀(慶応大4年)左翼手
今春5本塁打を記録したものの、打率.224厘と後半戦で失速した 岩見 雅紀(慶応大)左翼手。しかしながら、今までのイメージを払拭するような攻守を魅せてくれて、私の彼への印象は変わりつつある。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
柳澤 一輝(早稲田大4年)投手
六大学屈指のエンジンを誇る 柳澤 一輝(早稲田大4年)右腕が、この春はじめて先発に定着した。果たしてどのようなシーズンを送ったのか、改めて検証してみたい。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017年(38) JX-ENEOSレポート
都市対抗西関東予選において、敗退してしまったため都市対抗出場が叶えなかった JX-ENEOS 。そんな中で、今後ドラフトに関わってきそうな選手を取り上げることにする。

緒戦のMHPS横浜戦で先発したのは、 柏原 史陽(24歳・同志社大出身)右腕。中背の体格から全身を使って投げ込んでくる力投派で、先発でも常時140~MAXで91マイル・146キロを記録、ハマスタのガンでは147キロまで到達したと思われる。キレのある球質で、両サイドに散らして来る。また速球と同じぐらいの割合で、130キロ台後半のカットボール的な球を積極的に織り交ぜ、カーブ、スライダー・チェンジアップなどを加えて、一辺倒にならないように工夫されていた。コントロールも悪くないし、マウンド度胸もいい。ボールにも勢いはあるが、それほど球威はないので甘くなると長打を食らいやすい傾向はある。それでも実戦派でもあり、リリーフならば即一軍で勝負できるぐらいの力量は兼ね備えている。ドラフトでも2位~3位ぐらいまでには指名されそうで、1年目からどのぐらいやれるか興味深い選手ではある。3位ぐらいで穫れたら、かなり美味ししい指名ではないのだろうか。イメージ的には、同じ同志社から阪神に進んだ、渡辺 亮 を彷彿とさせる。

柏原と並ぶ2枚看板の斎藤 俊介(23歳・立教大出身)右腕は、東芝戦のマウンドを託された。こちらは初回からビッグイニングを作ってしまい、試合が後手後手になる展開に。須田 幸太(DeNA)のような感じのフォームから、常時140キロ台~MAXで93マイル・150キロまで到達。こちらもキレで勝負する球質が魅力だが、フォームが合わされやすいのか、東芝打線に面白いように振り抜かれていた。むしろ何か、癖を見抜いていたかと思えるほどだった。横滑りするスライダー・カーブ・チェンジアップだかフォーク気味の球などを織り交ぜる。しかしフォークだかが落ち切らないところを、痛打される場面も少なくなかった。個人的には柏原より斎藤の方を買っていたが、二日間の登板を見る限り柏原の方が高い評価でプロ入りしそう。斎藤も指名される力はあるが、5位前後レベルぐらいのため、条件次第では会社に残留しそうな印象を受ける。柏原ほど投球に勢いが感じられないのと、フォームの合わされやすさの差があるのかもしれない。

ENEOSでは、ルーキーの 左澤 優(23歳・横浜商大出身)左腕が、左腕からコンスタントに140キロ前後~MAXで145キロまで到達。小気味の好い投球は、大学時代よりパワーアップ。左のリリーフ候補として、来年マークしてみたいレベルまで引き上げられていた。この予選では確認できなかったが、他にも有力な来年の候補になるであろう 鈴木 健矢(20歳・木更津総合出身)右腕や、チーム終盤に投げることが多かった 江口 昌太(23歳・鹿児島工出身)右腕が見られないで終わったことは残念。

野手では、1番を打つ 塩見 泰隆(24歳・帝京大出身)中堅手が、右打席から4.1秒弱(3.95秒弱)の俊足ぶりを魅せたアスリート系外野手。脚力の速さは本物だが、打撃の確実性はどうなのだろうか?いう疑問は残る。この辺は、もう少し他の試合をみて煮詰めていゆきたい。

また2年前のドラフトで指名漏れした 谷田 成吾(24歳・慶応大出身)右翼手は、大きな飛球を放つこともあったものの二日間で目立った活躍はなし。8番という打順が示すとおり、現状の調子は芳しくない。そう考えると、今回も指名漏れする可能性は高そうだ。大学生の当たり年の逸材で、前をこれだけ大きく取れるスイングをする選手はいないので、このまま埋もれてしまうには惜しい選手ではあるのだが・・・。果たしてこの中から、誰が補強選手として呼ばれるだろうか?

柏原 史陽(24歳)投手 175/76 右/右
斎藤 俊介(23歳)投手 176/80 右/右
左澤 優 (23歳)投手 171/76 左/左
塩見 泰隆(24歳)中堅 179/73 右/右
谷田 成吾(24歳)右翼 183/89 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年(37) 東芝レポート
三日間に渡り、都市対抗西関東予選を観戦。第一代表を勝ち取った MHPS横浜 のドラフト候補に続き、今回は第二代表を勝ち取った 東芝 のドラフト候補をご紹介してゆきます。

東芝緒戦の先発を任された 加嶋 宏毅(23歳・慶大出身)左腕。大学時代は適度にまとまった好投手タイプというイメージの左腕でしたが、昨年はルーキーながら公式戦で1.18という安定した防御率を誇っていました。非常に癖のないフォームから、常時135~MAX142キロを記録。大学時代よりも、ストレートに勢いが出て着実に成長の跡が感じられます。スライダー・カーブ・チェンジアップなどを武器にしており、更にツーシーム系の球速のある小さな変化も加えます。こういったまとまったタイプの左腕が少ない今年だけに、貴重な存在ではあります。特に、右打者外角に沈むチェンジアップを得意としています。

すでにドラフト候補に入れても差し支えないと思いますが、プロの圧倒的な打力を考えると、この球威・球速だと餌食なって持ち味が発揮できないで終わる危険性も感じます。球団によっては評価するかもしれませんが、まさにボーダーラインといったレベルにいるの投手ではないのでしょうか。社会人投手は契約金などが非常に下位指名でもかかるそうなので、安易に微妙な選手の指名をし難い背景があると聞きます。指名は、都市対抗本戦でのアピール次第かもしれません。

2番手で登場した 岡本 拓也(24歳・九州共立大出身)右腕は、大学時代に座談会でオススメ選手にもあげたことがある思い入れのある投手。小柄なのですが、気持を前面に出して来るサイドハンド。コンスタントに140キロ台の勢いのあるストレートに、スライダー・シンカーなどを織り交ぜてきます。しかしこの投手、実はフロントドアやバックドアのスライダーを使い分けるなど、DeNAに2位指名された 水野 滉也(東海大北海道)投手のように、サイドの割に奥行きのあるピッチングができる投手。むしろ先発の方が、持ち味が出るのではないかと思って観ていました。どうしても気合の入ったマウンド捌きで、相手の勢いを止めるリリーフで使いたくなる気持ちもわからなくはないのですが。いずれにしても、実戦で生きるタイプです。

2戦目のJX-ENEOS戦で完封した ルーキーの 岡野 祐一郎(23歳・青学大出身)右腕は、安定して140キロ台のボールを投げ込み、MAXで147キロまで到達。ワンランク、大学時代よりもパワーアップしているように思います。スライダー・チェンジアップ、スローカーブなどを駆使し、ENEOS打線を寄せ付けません。この内容を来年まで維持できれば、来年は有力な指名候補としてマークされそうです。

東芝の野手で目立つのは、1番・佐藤 旭(25歳・慶大出身)中堅手。中堅手としての守備範囲が広く、MHPS横浜戦でもセンター後方に伸びてゆく打球を好捕し守備で目立っていました。ENEOS戦では、一二塁間やセンター方向へヒットを放つなど、打撃でも存在感を示します。肩も走力もある選手なので、本戦では再度注目してみたい。

また2番の 堀米 潤平(24歳・白鴎大出身)遊撃手も、大学時代同様に好選手。164/64 と体格は小さいものの、細かい動きができる遊撃手で、送りバントなどもきっちり決めてくる好選手。打撃の弱さは感じますが、守備・走力はプロ級であることは間違いありません。ただし佐藤同様に定型的なアマの好選手の匂いがする選手で、プロとなるとどうでしょうか?

東芝で1番観たかったのは、高卒3年目を迎える 善 武士(21歳・多良木出身)右腕。しかし現在調子を崩しているようで、大事なところに出せる状態ではないようです。秋の巻き返しを、期待してやみません。

加嶋 宏毅(23歳)投手 178/78 左/左
岡本 拓也(24歳)投手 171/60 右/右
岡野祐一郎(23歳)投手 180/84 右/右
佐藤 旭 (25歳)中堅 171/71 右/右
堀米 潤平(24歳)遊撃 164/64 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年(36) MHPS横浜
都市対抗西関東予選の決勝リーグが、3日間にわたって横浜スタジアムで行われている。ということで初日と2日目に登場し、見事都市対抗出場を決めた・MHPS横浜でドラフト候補になり得る選手をご紹介してみたい。

今シーズンから、長崎にあった 三菱重工長崎 とチームを統合。そのため、そこに所属していた多くの選手がチームに加わった。クラブチームも経験した同チームは、よその社会人チームに比べると人数も控えめだった。しかし今回の統合で、非常に大所帯になったのが特徴。

そんななか初日の東芝戦を任されたのが、2年目の大野 享輔(24歳・専修大出身)右腕だった。大野は172/75 という小柄な体格の投手で、小気味の良い好投手タイプ。球速も130~135キロ程度で、スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜる投球で東芝を完封。特に凄みはないのだが、適度にまとまっていて実戦的な投手。残念ながら、ドラフト候補の匂いは伝わって来ない。

むしろプロとなると長崎から移籍してきた、2日目のJX-ENEOS戦で先発した 奥村 政稔(25歳・中津商出身)右腕の方が現実味がある。奥村は、2年ぐらい前のから盛んにドラフト候補として注目されてきた。しかし指名されず見送られてきた、まさにボーダーレベルの逸材。球速は、MAXで147キロを記録するなどボールの威力は健在。130キロ台後半のカットボールのような球を多く織り交ぜカウントを稼ぎ、チェンジアップだかフォーク気味にの沈む球で仕留めに来る投球パターン。細かいコントロールやまとまりの無さがあり総合力でプロ入りまで届かなかった選手だが、制球力やまとまりの無さなどの不安定無さは感じられなくなり、今年は指名を意識できる領域まで入ってきたのではないのだろうか。即戦力を期待できる人材が枯渇していることを考えると、今年は指名のチャンスだと実感する。

その他2戦目で奥村の後を継いで好投した、本多 裕哉(24歳・福岡大出身)というサイドハンドがいる。こちらは184/78という恵まれた体格から、130キロ台後半~140キロぐらいの速球をコースに投げ分けて来る。横手故に大きく横にズレるスライダーを武器にしているが、この球が曲がり過ぎて制御しきれないところがある。また左打者にはシンカーを落とせるなど、こちらもコントロールに不安のないまとまりを持った好投手。ドラフト指名となると、もう5キロぐらい上積みがあると面白い存在だったのだが。

野手で目立ったのは、佐賀商~富士大で活躍した 久保 皓史 (24歳)二塁手。緒戦では、実に上手いリストワークでヒットを放つなど、大学時代の強打者のイメージよりも好打者のうまさを魅せていて驚き。また三塁だった守備も、このチームではセカンドを守っています。ライト前に打ち返したと思ったら、左中間を破るツーベースを放つなど、長短織り交ぜた打撃で幅広く打ち返します。二塁手としても守備範囲は広いのには驚きましたが、捕ってからスローイングが乱れる欠点は相変わらずなのかなといった感じ。イメージ的には、久保田智(東洋大-ヤクルト)外野手に似た感じの左の強打者で、それがセカンドもできるという守備の融通性があるのがアピールポイントか。打撃では光るものがあるので、指名があるのか注目されます。

今回出場していない選手の中にも、資質が高い選手は結構いそう。しかしこの二日間で見た感じでは、こんな感じでしょうか。

大野 享輔(24)投手 172/75 右/左
奥村 政稔(25)投手 177/78 右/右
本多 裕哉(24)投手 184/78 右/左
久保 皓史(24)二塁 181/82 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

宮台 康平(東京大4年)投手
東大生という話題性もあり、今年のドラフト大学生候補でも注目度NO.1だった 宮台 康平(東大)左腕。しかしこの春は、防御率8点台に終わるなど散々なシーズンだった。この春の宮台が、いかなる状況だったのか振り返ってみる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
野村 大樹(早稲田実業2年)三塁手
清宮幸太郎 の後ろで、虎視眈々とチャンスを伺う 野村 大樹(早実)。今時珍しいぐらいギラギラした欲のある選手で、最終学年までにどのぐらいの選手になるのか今から楽しみ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
篠原 翔太(報徳学園3年)捕手
捕ってから素早い1.8秒前後のスローイングは、全国でも屈指の早さを誇る 篠原 翔太(報徳学園)捕手。選抜では、スカウト達の視線を釘付けにしたという。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
齊藤 大将(明治大4年)投手
左のスリークォータから繰り出す、独特の球筋とキレのある球が武器の 斎藤 大勝(明治大)投手。この手の、左のリリーフ候補の中では、大学・社会人の中でもトップクラスの投手ではないのだろうか。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.