東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年度ドラフト会議感想・セリーグ編
まだ今年のドラフト候補をすべて最終評価を仕切れていないので、ドラフト採点ができるのはそれが終わるであろう一ヶ月後ぐらいでしょうか。今回は、簡単に指名選手を見ての率直な感想でも。しかあくまでも今回は、チーム事情などは度返して指名された選手の良し悪しだけで私見を述べさせて頂きます。まずは、セ・リーグ編から。

(中日指名選手)

1位 柳 裕也(明治大)投手
2位 京田 陽太(日本大)内野
3位 石垣 雅海(酒田南)内野
4位 笠原 祥太郎(新潟医療大)投手
5位 藤嶋 健人(東邦)投手
6位 丸山 泰資(東海大)投手
育1 木下 雄介(徳島IS)投手

1位の(明大)投手は、開幕ローテーション入りが期待できる新人王候補。7,8勝~10勝ぐらいは1年目から残しても不思議ではないでしょう。こういった選手を、確実にゲットできたことは大きかったかと。精神力・人間性ともに素晴らしく、これから中日の投手陣のリーダーとなってゆく素材かもしれません。また2位の京田も、遊撃手として最も期待できる守備力があります。打撃での未来像が描き難くレギュラーまで昇り詰められるかは微妙ですが、守備・走力では即戦力級。3位の石垣は、自分のツボを持っておりホームラン打者としての期待が膨らみます。笠原は1年目からは多く望めませんが、投手の育成力に定評があるチームだけに2年目以降楽しみな速球派。藤嶋はまず投手から適性が見られそうですが、将来的には飛ばし屋としての野手としての才能を買います。6位の丸山は春のシーズンでは散々でしたが、秋のシーズンで復調しているとのこと。リリーフならば、ボールの切れ味抜群で掘り出しものになる可能性があります。育成の木下は、速球だけで押す素材型。本格的な指導を受けたら、どうなるのかという魅力があります。過去のドラフトと比較していませんが、ここ数年の中日のドラフトの中では1番の面子が揃ったと言えるのではないのでしょうか。

(ヤクルト指名選手)

1位 寺島 成輝(履正社)投手
2位 星  知弥(明治大)投手
3位 梅野 雄吾(九産大九産)投手
4位 中尾 輝(名古屋経済大)投手
5位 古賀 優大(明徳義塾)捕手
6位 菊沢 竜佑(相双リテック・軟式)投手
育1 大村 孟(BC石川)捕手

将来のエース候補、それも左腕を単独で指名できたのですから、寺島の獲得は大きかったはず。高校生だが、1年目からある程度やれそうな総合力がある。のボールの勢いは素晴らしいものの、合わされやすいフォームで即1年目から戦力になれるかには疑問が残ります。素材としてはA級ですが、そこをプロの指導で上手く実戦的にできたらチームのリリーフ陣を支える存在に。梅野はじっくり見たことがないのではっきりしたことは言えませんが、スピード能力は素晴らしいものの、一辺倒な印象は受けます。高校生なので、今後幅を持たせられるか? 中尾は、なかなかクレバーな左腕で、2年目以降楽しみなサウスポー。古賀は打撃がネックになる可能性はありますが、肩の強さは一級品。軟式の菊沢はよくしりませんでしたが、1年目から使えて欲しいタイプという感じがしました。育成の大村は、スケールよりは実戦派という感じで、ファームの試合ならばすぐに入って行けそうな攻守にまとまりがあります。来年すぐにという面子ではないと思いますが、数年後が楽しみな選手を多く獲った印象を受けました。

(阪神指名選手)

1位 大山 悠輔(白鴎大)内野
2位 小野 泰己(富士大)投手
3位 才木 浩人(須磨翔風)投手
4位 濱地 真澄(福岡大大濠)投手
5位 糸原 健斗(JX-ENEOS)内野
6位 福永 春吾(徳島IS)投手
7位 長坂 拳弥(東北福祉大)捕手
8位 藤谷 洸介(パナソニック)投手

大山は、今年の野手の中で1番のスラッガー・強打者であり、強打の三塁手をアマに求めるのならば、彼以上の人材はいません。野手ですから1年目からレギュラーに定着できるかは微妙なものの、数年後の中軸候補になることは間違いないでしょう。2位の小野は、ボールの力は1位の選手たちとヒケは取りません。セットになると制球が乱れて浮足だつので、ボールに勢いはあるものの先発の方が向いているかも。才木は将来性豊かな本格派で、高校時代の岩隈久志を彷彿とさせます。4位の濱地は、逆にかなり形のできている投手で安定感がある分、凄みはありません。しかしこういった選手が、素直にパワーアップした場合は計算できる先発投手に。糸原も凄みはありませんが、この秋何かを掴んだ感はあり若手との競争を煽るには面白い存在かと。6位の福永は、独立リーガーでも本会議で指名する価値のある今年の独立NO.1投手。調子の波が激しいタイプでしたが、この一年安定した活躍を魅せ心身ともに成長を感じます。7位の長坂は、大学球界を代表する好捕手で、凄みはありませんが総合力の取れた好捕手。藤谷はまだ驚くような球はありませんが、将来性を秘めた大型右腕。ボールがプロで一皮むければ、大化けの期待が持てます。野手は1年目から一軍争いを期待できるタイプ、投手は少し育成が必要な選手が多いのですが、将来性の高い選手を揃えているので、阪神の投手育成料に託す形です。

(DeNAの指名選手)

1位 濱口 遥大(神奈川大)投手
2位 水野 滉也(東海大北海道)投手
3位 松尾 大河(秀岳館)内野
4位 京山 将弥(近江)投手
5位 細川 成也(明秀日立)外野
6位 尾仲 祐哉(広島経済大)投手
7位 狩野 行寿(平成国際大)内野
8位 進藤 拓也(JR東日本)投手
9位 佐野 恵太(明治大)内野
育1 笠井 崇正(BC信濃)投手

くじ2度外した影響で、上位指名は順位を1つずつぐらい繰り上げたような印象を受けます。しかし中盤以降、補強ポイントを上手くおさえ、なんとか前半の失敗を取り返したような指名でした。濱口は調子の波は激しいですが、良い時の爆発力は今年のサウスポーでNO.1。うまく彼を乗せる雰囲気を作れるのかで成績は変わってきそうですが、今永、石田に続く左腕として先発に入るか入らないぐらいにはなれそう。むしろ完成度では、2位の水野の方が計算できます。リリーフならば1年目から貴重な存在になりそうですが、チームは先発して期待。その辺は昨年の熊原のように、ちょっと中途半端な位置付けにならないかは心配です。3位の松尾は、曲者系の内野手でベイにはいないタイプなのは大きいかと。4位の京山は、惚れ惚れするような身のこなしの投手で、故障しない身体作りが無事できれば楽しみ。5位の細川は粗っぽいですが、高校球界屈指の飛ばし屋で、そういった意味では筒香以来の長距離砲。6位の尾仲は、140キロ台後半の速球だけでなく変化球で空振りを奪えるリリーフ型。7位の狩野は、菊池涼介(広島)の大学時代を彷彿とさせるようなポテンシャルを秘めた内野手。8位の進藤はサイドに転向し、課題だったコントロールが改善されつつあり、スライダーにも特徴が出てきました。私が最後に見た試合の内容を安定して出せるならば、1年目から貴重なリリーフとして活躍できるのでは? 佐野は、潔いスイングができる打撃型で、仕事ができるポジションがあれば代打などで活躍できる気持ちの強さがあります。育成の笠井は、早稲田のサークルで野球続けBCリーグで頭角を表した変わり種。数年後に、どのレベルまで到達しているか? 突出した選手や1年目から計算できる先発投手は補強できませんでしたが、下位指名まで面白い選手を獲得しており、チーム事情にマッチした補強はできているのではないのでしょうか。

(巨人指名選手)

1位 吉川 尚輝(中京学院大)内野
2位 畠 世周(近畿大)投手
3位 谷岡 竜平(東芝)投手
4位 池田 駿(ヤマハ)投手
5位 高田 萌生(創志学園)投手
6位 大江 竜聖(二松学舎大付)投手
7位 リャオ・レンレイ(岡山共生卒)投手
育1 高井 俊(BC新潟)投手
育2 加藤 脩平(磐田東)外野
育3 山川 和大(兵庫BS)投手
育4 坂本 工宜(関学大・準硬式)投手
育5 松原 聖弥(明星大)外野
育6 高山 竜太朗(九産業大)捕手
育7 堀岡 隼人(八戸学院光星)投手
育8 松澤 裕介(香川OG)外野

今年の野手の中で、1位指名があるとすれば吉川だと思っていました。ショートには坂本がいますから、セカンドを見越した人材なのでしょう。長い距離のスローイングに難があったので、そういった意味では合っているかもしれません。1年目から、我慢してポジションを与える価値のある選手であると思います。は故障がちなのが気になりますが、半即戦力として期待できます。1年目はそう凄い成績は残さないかもしれませんが、まだまだ良くなる余力を秘めており主力投手になれる器かと。谷岡も高卒3年目と若くして、名門・東芝のエース格に。まだ制球や投球が怪しくなる時もあるのだが、意外に苦しい場面で踏ん張れる精神力の強さがある。こちらも半即戦力という感じではあるが、近い将来主力投手へと成長しても不思議ではない。左腕の池田もボールに力のる投手であり、左のリリーフとしてならば戸根あたりと一軍争いできそうな力量はある。戸根ほど球筋に特徴がないので、自分の武器を見出だせるか?5位で高田を取れたのは大きく、ボールの力は1位指名された高校生達とヒケを取らない。あとは、心身ともにスタミナ持続がしないので、その辺を今後いかに補えるか? 6位の大江は、マウンド捌きがよく気持ちの強さを全面に出す力投派。球威に欠けるのと一辺倒なところはあるが、140キロ台を連発できる勢いがある。上手くハマれば面白いが、ポンポンぽ~んと打ち込まれる可能性否定できない。7位のリャオは日本の高校を卒業し台湾に戻っていた大学生、台湾ウインターリーグで目立っていた存在だという。201/125 の巨体が魅力も、ボールを結構動かして来るタイプ。コントロールに課題があり、これを改善できるかが課題。育成は多いのでここでは省くが、山川は小柄ながら活きの良い球が魅力。スケールというよりは、2年以内に結果を残したいタイプ。ひょっとすると、1年目から支配下登録されるかもしれない。来年即という面子ではないが、非常に楽しみな素材が並んでいる。特にチームの長年の穴であるセカンドに、これでもかという素材を加えたので、近い将来このポジションを埋める存在に吉川はなるはず。田中を外してネームバリューがある選手は少なかったが、実のある良い指名だと評価したい。

(広島指名選手)

1位 加藤 拓也(慶応大)投手
2位 高橋 昂也(花咲徳栄)投手
3位 床田 寛樹(中部学院大)投手
4位 坂倉 将吾(日大三)捕手
5位 アドゥワ 誠(松山聖陵)投手
6位 長井 良太(つくば秀英)投手

加藤は、昭和の男という無骨なタイプの力投派。巨人の澤村を、さらにゴツくした感じ。良い時と悪い時の差は激しいが、爆発力を秘めている。今年になり投球の幅を広げてきており、先発でもある程度やれるだけの投手に成長してきた。1年目から先発でも、5,6番手に入ってくるのではないのだろうか。2位の高橋も将来的にどう転ぶかは微妙だが、爆発力は寺島以上のものがある。速球は暴れるが、変化球でカウントを整えられるので、意外に四死球は少ない。将来の主力候補として、じっくり育てたいタイプ。3位の床田は、正統派のサウスポーという感じで、高橋とは対照的。凄みはないが、安定した投球が期待でき左のリリーフ陣に割り込みたい。坂倉は凄い強肩とかいうわけではないが、細かいところまで意識がゆく捕手らしい捕手で、打席センスにも優れている。こういった素材は少ないだけに、段階を踏んで育ててゆきたい。5位のアドゥワはまだまだ未完成だが、一体完成したらどんなになるんだと言うワクワク感がある。特にここまで角度のある球筋は、貴重な存在かと。長井もボールの力そのものは、地方敗退組で1番ではないかというぐらいの剛球投手。まとまりはないが、こういった投手を6位で取れたのは大きい。加藤、床田あたりは、1年目から一軍に絡めそうで、加藤は昨年の岡田ぐらいはやれるのではないのか? あとはカープらしく、ファームでしっかり鍛え上げて行けそうな素材型を並べた。

特に今年は人材が豊富なので、何処のチームにも上手く良い選手が散らばった印象がある。しいてこの中で良さそうな球団をあげるとするならば、中日 だという気がする。最終的には、チーム事情や未評価の選手の寸評を進めて各チームの評価を定めてゆきたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
お疲れ様でした。
蔵さんの評価(感想)はさすがに他の野球評論家の方々と異なり、説得力のある解説でした。本当にチーム事情が分かっているの?と思われる評価が多いので。
今年のドラフトで残念なのは、相変わらず、目玉と呼ばれる選手がパ・リーグに行ったことですね。くじ運がすべてのぶぶんですが。
2016/10/22 (土) 18:38:43 | URL | はらへり #-[ 編集 ]
ヤクルト6位の
菊沢は立教にいた菊沢ですね。報道で「軟式」の選手と言われると何となく違和感があります。
検索すると蔵さんも寸評されてますね。10年前ですが(笑)
2016/10/27 (木) 11:27:24 | URL | 六大学ファン #xRS1q4qQ[ 編集 ]
まさか、こんなところで会おうとは(笑) ドラフト評価というよりは、アマの獲得した選手に感想つけているだけなのですが ・・・ 逆に野球評論家は、よくアマのことを知らない人が多いですからねぇ。

立教にいた鬼沢なのですよね、あまり覚えていないのですが・・・ 菊沢の寸評探してみます。
2016/10/27 (木) 16:45:34 | URL | 蔵建て男 #PK8F3B5w[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.