fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2024年選抜大会総括(野手編)


(捕手偏)

高校からプロとなると、箱山 遥人(健大高崎3年)捕手。ガンガン俺について来いといったタイプではなく、投手と対話しながら試合を作ってゆくタイプの捕手。それほどフットワークが機敏なタイプではないが、キャッチングなども安定していて、ワンバウンド処理なども必要な時にはしっかり対応してくる。ランナーがいなくても、立って返球するなど雑なところもみられない。初戦では打撃のアピールが薄かったが、その後の試合で力を発揮。高校球界を代表する、存在感を徐々に示し始めてきた。

箱山と同様に、高校球界を代表する存在である 只石 貫太(広陵3年)捕手は、旧チームから活躍してきた強打の捕手。二塁までの送球は1.9秒台と平凡なのと、送球も逸れ気味で精度の意味でも改善が求められる。。打っても4番打者として、打席での雰囲気は抜群。捕手としても、きめ細やかに投手を導き、攻守にバランスのとれたプレーヤー。打撃のポテンシャルは高そうだが、送球の精度同様に確実性に課題を残す。夏まで追いかけてみた1人だが、有力大学を選択するのかもしれない。

箱山 遥人(健大高崎3年)捕手 176/78 右/右
只石 貫太(広陵高校3年)捕手 178/78 右/右

(内野手偏)

内野手では、指名確実というほど強烈なインパクトを残せた選手はいなかったように思える。そんな中、武田 勇哉(常総学院3年)一塁手。第一打席のレフトフライは良い当たりで、また第三打席には決勝点となるライト犠牲フライを放った。残りの打席は四球であり、能力を存分に発揮できたとは言えない。 ただし気になるのは、秋は背番号5を付けて一塁を守ることが多かった。しかし、このセンバツでは引き続きファーストを守っており、守備的なアピールが低いところをどうみるか。充分なアピールができないまま甲子園を去ったので、夏までのアピール次第といった感じの消化不良の内容だった。

ラマル ギービン ラタナヤケ(3年)一塁手も、パワーの片鱗を魅せた試合ではあった。ただし、打撃には粗さがあり守備にも不安があるなど、高校からプロなのか?と言われると、意見が別けれるところかもしれない。ただし彼の場合は、プロ志望であれば、育成も含めれば、何処かしらが指名してくる可能性は高いのではないかとみている。

ショートでは、青森山田戦で3安打を放った 藤本 陽毅(3年)遊撃手は、三拍子揃った活躍で目立った。特に、京都国際でショートを任されるだけあってうまく、判断力に優れた走塁にもセンスを感じさせる。打力も一定レベルあり、ドラフト候補として夏まで追いかけてみたい選手であった。

その他面白そうなのは、颯佐 心汰(3年)遊撃&投手は、投打に優れた素材だった。打っては、大和(DeNA)似の払うようなスイングをする選手で、ショートとしても送球が安定。投手としては、ゆったりしたモーションから、最速142キロを記録。球速以上に、糸を引くような球筋と質の良い球を投げ込むのが印象的。スライダーやチェンジアップ系の変化球のキレもよく、奥行きのある素材として期待が持てる。野手としては、右打席から 4.1秒強(左打者換算で3.85秒強)ぐらいの脚力もあり、プロでも上位クラス。140キロ前後を安定して投げられる地肩もあり、身体能力の高さも魅力の一つだ。高校からプロ入りするかは別にして、今後も追いかけて行きたい選手だった。

あとは、石見 颯真(3年)遊撃手が、強肩・強打のショートとして気になった。外野手登録の選手だっただけに、ショートを無難に守っていて驚いた。スイングも力強く魅力のある素材だが、高校からプロというよりも、有力大学を経由してからのプロ入りになるかもしれない。

武田 勇哉(常総学院3年)一塁          182/87 右/右
ラマル ギービン ラタナヤケ(大阪桐蔭3年)一塁 180/82 右/右
藤本 陽毅(京都国際3年)遊撃          170/69 右/右
颯佐 心汰(中央学院3年)遊撃&投手       176/70 右/右
石見 颯真(愛工大名電3年)遊撃         177/75 右/左

(外野手偏)

捕手同様に、全国を代表する外野手が揃った外野手達。中でも モイセエフ ニキータ(豊川3年)中堅手は、吉岡(阿南光)の変化球に翻弄されて、なかなか自慢の強打を発揮できなかった。それでも4打席目となった8回に、見事ライトポール際に本塁打を放ったパワーはさすが。今大会、フェンス直撃の長打すら見られなかった中で、文句なしのスタンドインへの飛距離を放ったことで、面目躍如となった。本人がプロ志望であれば、中位~上位でのプロ入りも狙える素材ではないのだろうか。

内容だけで言えば、正林 輝大(神村学園3年)右翼手は、第一打席こそ内角のカットボールで三振をしたものの、同じカットボールを第二打席にライトボール際に運んでみせた。今大会、フェンス直撃の長打すら観られない中、ドラフト候補の ニキータ(豊川)とこの正林(神村学園)が、スタンドインさせたのは興味深い。一塁までの塁間も、左打席から4.1秒前後と基準レベル。出塁すれば、すかさず盗塁も決めていた。天性のスラッガーというよりも、ある程度確実性も兼ね備えたポイントゲッタータイプ。亡くなわれた 横田慎太郎(鹿児島実-阪神)外野手以来の、鹿児島では左の強打者ではないのだろうか。高校からのプロ入りも、意識できる素材だった。

また大阪桐蔭の核弾頭・境 亮陽(3年)右翼手のさばきの良さが目立った。一塁までの塁間も、左打席から3.8秒を切るような快速選手で、2回戦の神村学園戦では、フェンス直撃の当たりからランニングホームランを放って魅せた。また、ライトからの返球も一級品で、肩はプロでも売りにして行けるレベル。プロ志望であれば、高校からのプロ入りも期待できる三拍子揃ったプレーヤーだ。

モイセエフ ニキータ(豊川3年)中堅 180/82 左/左
正林 輝大(神村学園3年)右翼    179/84 右/左
境  亮陽(大阪桐蔭3年)右翼    180/76 右/左

(最後に)

捕手と外野手に関しては、全国のトップクラスの選手が出場。それだけに、彼らが中心となって秋までドラフト戦線をリードして行きそう。その一方で、内野手は指名確実だと思わせる選手もおらず、むしろ面子的には今回出場していない学校に有力どころが多い。そういった意味では、今回出場していた選手たちは候補の1人として追いかけて行きたい存在。

全体的には、、質・量 ともに例年並なのかなといった印象は受けた。新基準バットで長打が減ったといっても、力のある選手は確かな打力を示していた。むしろ、そういった個々の能力の違いが顕著になりやすくなったという気もしなくはなかった。投手も含めて一定数の候補はあり、ドラフト候補といった意味では例年並のレベルは確保できた大会ではなかったのだろうか。

スポンサーサイト



2024年センバツレポート7


大会5日目・第一試合 作新学院 VS 神村学園

作新学院の先発・小川 哲平(3年)右腕は、球速こそ130キロ台後半~140キロ台中盤ぐらいはでていたものの、抜け球も多く甘く浮いた球を打ち返されていた。左打者の内角にカットボールを決めるあたりはさすがで、カーブ・スライダー・カットボール・チェンジアップなど球種も多彩。ただし、真っすぐの力で押し込めきれなかったり、その制球力も含めて課題を残す。高校からプロを狙える素材ではあるものの、剛球投手というほどの力強さがなく、実戦派に徹しきれていない。もう一度、夏までに真っすぐを磨き直すことが求められるのではないのだろうか?

注目の強打者・正林 輝大(神村学園3年)右翼手は、第一打席こそ内角のカットボールで三振をしたものの、同じカットボールを第二打席にライトボール際に運んでみせた。今大会、フェンス直撃の長打すら観られない中、ドラフト候補の ニキータ(豊川)とこの正林(神村学園)が、スタンドインさせたのは興味深い。一塁までの塁間も、左打席から4.1秒前後と基準レベル。出塁すれば、すかさず盗塁も決めていた。天性のスラッガーというよりも、ある程度確実性も兼ね備えたポイントゲッタータイプ。亡くなわれた 横田慎太郎(鹿児島実-阪神)外野手以来の、鹿児島では左の強打者ではないのだろうか。高校からのプロ入りも、意識できる素材だった。

小川 哲平(作新学院3年)投手 183/92 右/右

正林 輝大(神村学園3年)右翼 179/84 右/左


大会5日目・第二試合 北海 VS 大阪桐蔭

大阪桐蔭の先発・平嶋 桂知(3年)右腕は、立ち上がりから140キロ台後半の速球を連発し、一冬越えてスケールアップ。スライダーに、カウントが取れるフォークと空振りを誘うフォークを使いわけ、エンジンの大きさを感じさせる内容だった。まだ、それほど細かいことができるわけではないが、適度なまとまりも身につけ、高校からのプロ入りも意識できる内容。特にベースカバーの際には、少しでも飛び出したランナーをタッチに向かうなど、意識の高さは伺われら。高校の大先輩である 藤浪晋太郎(元阪神)タイプの大型右腕。現状は中位指名ぐらいの内容だが、夏までの成長が観られれば、上位指名も期待できるのではないのだろうか。

また、大阪桐蔭の野手では、1番の 境 亮陽(3年)右翼手のさばきの良さが目立った。一塁までの塁間も、左打席から3.8秒を切るような快速選手で、2回戦の神村学園戦では、フェンス直撃の当たりからランニングホームランを放って魅せた。また、ライトからの返球も一級品で、肩はプロでも売りにして行けるレベル。プロ志望であれば、高校からのプロ入りも期待できる三拍子揃ったプレーヤーだ。評判の ラマル ギービン ラタナヤケ(3年)一塁手も、パワーの片鱗を魅せた試合ではあった。ただし、粗さもあり、高校からプロなのか?と言われると、意見が別けれるところかもしれない。今後の試合も含めて、能力を見極めて行きたい。

一方の北海の方では、4番の 大石 広那(3年)捕手の、強烈な打球が目をひいた。捕手としても、一球一球立って返球するなど、丁寧なプレーヤー。ワンバウンド処理にも素早く対応し、下級生投手をもりたてた。

平嶋 桂知(大阪桐蔭3年)投手 187/86 右/両
境  亮陽(大阪桐蔭3年)右翼 180/76 右/左
ラマル ギービン ラタナヤケ(大阪桐蔭3年)一塁 180/82 右/右

大石 広那(北海3年)捕手 170/78 右/右

2023年夏 甲子園レポート11


大会6日目第三試合 北陸 VS 慶応義塾

北陸の先発・竹田 海士(2年)右腕は、初回から140キロ台を連発するなど、ボールに力があった。普段は切れ味のあるスライダーとのコンビネーションだが、フォークにも落差があり空振りも奪えていた。特に制球力が粗いとか、変化球の曲がりがイマイチだということはなかったものの、慶応打線に捕まって序盤で降板。秋以降も北信越では注目の好投手の一人となると思うが、相手から嫌がられる、そういった投球も追求することが求められそうだ。下級生ながらかなりのレベルまで達しているが、今のところ高校からプロ入りという匂いはしてこない。一冬超えて、体が大きく変わってくると、その印象も違ってくるかもしれない。

野手では、 平田 海智(3年)捕手もなかなかの好選手。体を小さく屈めて的を大きく見せるキャッチングで、実に一つ一つの動作がキビキビしている。スローイングも1.9秒台前半ぐらいだったが、捕ってなら投げるまでもシッカリ型を作ってから送球できているので、球筋も安定していた。スイングも三番打者で、キッチリした打撃をしてくる。大学や社会人に進んでも、活躍して行ける可能性を秘めていた。

慶応の先発・小宅 雅己(2年)右腕は、両コーナーを投げ分ける丁寧なピッチングが光った。球速も130キロ台後半~140キロ台中盤を叩き出せる能力があり、球質も悪くない。スライダーやチェンジアップを織り交ぜたレベルで、下級生ながら高い水準に達している。ただしこの選手も、高校からプロといった匂いは今のところして来ない。それでも秋以降は、神奈川を牽引して行く存在になって行きそうだ。

一方野手では、1番の 丸田 湊斗(3年)中堅手は粘れたりする技術が高く嫌らしさを感じさせる好打者。さらに、守備・走塁とのバランスも取れており、ハイレベルに三拍子揃っている。その能力を買われ、U-18 の日本代表にも選出された。大学での4年間で、どのぐらい実績を残せるのか興味深い。また、2番の 八木 陽(3年)遊撃手の、守備も光った。上体の強さだけに頼らず、丁寧さも兼ね備える。捕ってからも素早く、送球が乱れない。この試合では打撃でアピールできなかったが、守備に関しては即大学レベルでも通用するのではないのだろうか。

竹田 海士(北陸2年)投手 176/73 右/右
平田 海智(北陸3年)捕手 170/69 右/右

小宅 雅己(慶応義塾2年)投手 178/76 右/左
丸田 湊斗(慶応義塾3年)中堅 174/73 右/左
八木 陽 (慶応義塾3年)遊撃 182/77 右/右


大会6日目第四試合 文星芸大付 VS 宮崎学園

宮崎学園の先発・河野 伸一朗(2年)左腕は、球速こそ135キロ前後だが189センチの長身で打ち難い。またチェンジアップの威力は確かで、経験の浅い高校生が初見で対応するのには苦労するタイプ。今後スケールを増してドラフト候補にというよりも、この体格を生かした打ち難さを武器に、上のレベルでも野球を続けて行きそうなタイプだった。

また一番打者の 斉藤 聖覇(2年)中堅手は、バットコントロールが巧みなだけでなく、打球も鋭く楽しみな素材。試合でも盗塁を決めるなど、一番打者として俊足ぶりもアピールできた。外野からの返球でも、肩も悪く無さそう。同じ宮崎の 武藤 敦貴(都城東-楽天)外野手のような選手に育って行くのか注視したい。

また、文星芸大付では、アクションが話題になった 黒崎 翔太(3年)捕手が注目。しっかり投手にミット示し、いろいろジェスチャーを交えながら投手を鼓舞するタイプ。テンポの好いリードは悪くないが、ちょっと上から被せたがるキャッチングには不安を残した。肩の強さはプロ級だと思うが、打力含めて高校からのプロとなると厳しそう。ワンクッション置いて、攻守の精度を増して行きたい。

また三番打者の 曽我 雄斗(3年)二塁手も、キッチリと広角に打ち分けるスイングに、キビキビしたセカンド守備が魅力の好選手。大学などで、そのセンスを磨いて実績を残して行って欲しい。

河野 伸一朗(宮崎学園2年)投手 189/68 左/左
斉藤 聖覇 (宮崎学園2年)中堅 175/68 右/左

黒崎 翔太(文星芸大付3年)捕手 175/68 右/右
曽我 雄斗(文星芸大付3年)二塁 168/63 右/右

2023年夏 甲子園レポート8


大会4日目第四試合 神村学園 VS 立命館宇治

立命館宇治の先発・十川 奨己(2年)右腕は、球速こそ130キロ台中盤と驚くほどのものはなかったが、筋の良さを感じさせる素材で今後が楽しみ。結構真っ直ぐが膝下に、スライダーも外角一杯に決まったりとコントロールも悪くない。他にもカーブやフォーク系などの球を織り交ぜてくる。問題は、まだゾーン内での球威が弱いので、それほど甘くなくても打ち返されてしまうことが大きい。学校が学校だけに進学が基本線となるが、195センチの上背からこれだけ滑らかに体が使える才能は素晴らしい。

神村学園も、正林 輝大(2年)右翼手が、右に左にセンターへと打ちまくった。バットを振れる選手であり、守備・走塁などの能力も引き上がってくると、来年の候補としてマークできるぐらい振りには目をみはるものがあった。鹿児島の左の強打者というと、先日亡くられた・横田慎太郎(鹿児島実業-阪神)のような存在になって行けるかもしれない。

また最後には、注目の 黒木 陽琉(3年)左腕が登場。左投手の球速が出にくい甲子園のガンでも140キロ台を記録しており、先発だと物足りなくみえたが真っ直ぐの球威・勢いも良かった。進学が噂されるが、将来性の高い素材として今後も注視して行きたい。

十川 奨己(立命館宇治2年)投手 195/87 右/右

正林 輝大(神村学園2年)右翼 178/82 右/左
黒木 陽琉(神村学園3年)投手 183/78 左/右


大会5日目第一試合 東海大熊本星翔 VS 浜松開誠館

浜松開誠館の先発・近藤 愛斗(3年)右腕は、サイドに近いスリクォーター系の球からコンスタントに140キロ台のボールを投げ込んでくる。ボール自体もビシッとミットに収まる感じで、最速147キロを記録し力強かった。変化球もシンカー系の球とのコンビネーションだが、時々カーブやスライダーなども織り交ぜてくる。そんなにコントロールも荒れ荒れではないし、本人もプロ志望だという。評価的には下位~育成ぐらいではと思うが、高校からのプロ入りも意識できるのではないのだろうか。

野手では、打席で粘り鋭い打球を飛ばす 広崎 漣(3年)左翼手は、時にはマウンドにも上がるサウスポー。高校からプロとなるとパンチ不足の印象は否めないが、仕留めるときは一振りで決めるなど高い技術を持っていた。ただし、左打席からの一塁到達タイムが、4.2秒前後と走力が平凡だったので、高校からのプロ入りとなるとどうだろうか?。また、4番の 新妻 恭介(3年)捕手は、強肩・強打の捕手。実に力強い打球でスタンドに叩き込んだり、ライトまえにきっちり打ち返していた、塁間1.8秒台後半ぐらいの送球は、型がしっかりしていて球筋も悪くなかった。捕手としての技能も一通り兼ね備えており、育成枠あたりで指名して来る球団があっても不思議ではない。

東海大熊本星翔の 百崎 蒼生(3年)遊撃手は、高校球界を代表する強打の遊撃手。ショートとしての動き、球際でのボールさばきなども基準レベルtがあり肩も強い。プロでショートを担って行けるほどかは微妙だが、他のポジションでの融通性も考えれば評価できる。パワフルな打撃も、第一打席にきっちりライト方向に食らいついたり、三遊間を抜けたあたりもヘッドを残していたからこそ野手の間を抜けていったと感じ。単なるパワフルな打者というだけでなく、しぶとさもあるところを示した。ドラフトでも中位(3位~5位ゾーン)ぐらいでの、本会議での指名が意識できる素材ではないのだろうか。

近藤 愛斗(浜松開誠館3年)投手 177/85 右/右
広崎 漣 (浜松開誠館3年)左翼 177/77 左/左
新妻 恭介(浜松開誠館3年)捕手 178/83 右/右

百崎 蒼生(東海大熊本星翔3年)遊撃 178/74 右/右

横浜高校のドラフト候補たち




横浜高校のドラフト候補たちについて触れてみました。

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード