FC2ブログ

7/11・12 の ドラフト候補


7月11日(水)

大分大会で、川瀬 堅斗(大分商2年)右腕が登場。兄は、同じ大分商出身の 川瀬 晃(ソフトバンク)内野手。弟は 181/78 と兄よりも体格に恵まれた本格派。球速は135~140キロぐらいだったが、糸を引くような球筋にスケールの大きさを感じさせる。変化球・マウンド捌き・コントロールなどもこの時期の下級生としては水準以上で、間違いなく来年のドラフト候補に入ってくる存在だろうと思わせてくれるのに充分だった。

滋賀大会では、プロ注目の 吉田 力聖(光泉3年)右腕が試合途中から登板。こちらも135~140キロぐらいのストレートに、スライダー・フォークなどを織り交ぜ、力の片鱗を魅せてくれた。ただし高校からのプロ入りとなると微妙な内容で、その辺は大会が進んできてセンターカメラからの映像で確認したいところ。この日のネット裏には、3球団のスカウトが集結していたというから、最終確認に訪れていたのだろう。そういった力は、この選手はもっている。

7/12(木)

土浦三VS霞ヶ浦 という好カードがあったので、土浦まで足を運びました。この試合のお目当ては、鈴木 寛人(霞ヶ浦3年)右腕でしたが、結局最後まで登板せずに終わり肩透かしを喰らいました。そんな霞ヶ浦の先発は、背番号9をつけた 山本 雄大(2年)左腕が登場。こちらは、中背のスリークォーターで、躍動感溢れるサウスポー。球速こそ常時135キロ前後(MAXで138キロ)ほどでしたが、球筋が良くしっかり手元まで伸びてきました。変化球もスライダーとチェンジアップ系の球もあり、コントロールも安定。時々土浦三に痛打を浴びてピンチはありましたが、要所を締めて9回完投に成功します。高校からプロとなるとパンチ不足でしたが、勢いとまとまりもあり好い左腕だと思います。さらなる球威・球速が今後望めるようだと、ドラフト候補に入ってくるのではないのでしょうか。

またどうしてもこの試合を観たかったのは、霞ヶ浦の対戦相手に濱崎 鉄平(茨城・土浦三)投手がいたから。緒戦では、MAX146キロを記録。この試合では、私が計測した中では88マイル(141キロ)が最高。私が球場に着く前には、土浦のガンで144キロまで記録したといいます。変化球は、スライダー・カーブなどを織り交ぜ、力のあるボールをストライクゾーンに投げ込んでくるだけというシンプルなもの。スライダーが高めに抜けたり、細かい駆け引きなどはまだないのが今後の課題でしょうか。こちらも高校からプロとなると総合力不足ですが、180/80 と均整も取れていてまだまだ速くなるかもしれません。彼も、本格的な環境で野球を続ければ大化けが期待できるかもしれません。

川瀬 堅斗(大分商3年)投手 181/78 右/右
吉田 力聖(光泉3年)投手  179/81 右/右
山本 雄大(霞ヶ浦2年)投手 177/73 左/左
浜崎 鉄平(土浦三3年)投手 180/80 右/左

(感想)

高校からプロとなると、下級生の 川瀬(大分商)ぐらいなのかなと感じました。しかし吉田・山本・濱崎は、いずれも大学などの次のステージで資質を伸ばせばドラフト指名候補としてクローズアップされてゆく可能性に秘めた存在です。これで鈴木の登板が見られたら最高だったのですが。19日まで順調に勝ち上がると、シード校の藤代との対戦予定。そこで、再度確認できるか検討してみたいと思います。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2019年 大学選手権初日 東京ドーム




第一試合 大阪工業大 VS 創価大

創価大の先発・杉山 晃基(盛岡大付出身4年)右腕は、立ち上がりシュート回転して収まりが悪かったものの、イニングの途中から指にかかったボールを投げはじめて最速149キロまで到達。力を入れた時のボールには、さすがと思わせる勢いと球威があった。2回以降は球速を落としてのピッチングにはなったが、縦に曲がりの大きなスライダーにフォークなどの各変化球でも空振りを奪えており、バランスの取れた投球はできていた。ドラフト上位かと言われると、やや荷が重い印象だが、3位前後ぐらいでの指名はあるのではないのだろうか。絶対的に動作のメリハリやキレに欠けるところがあり、ピリッとしないのは気になるのだが。

創価大の2番手・望月 大希(市立船橋出身4年)右腕は、真上から投げ下ろす130キロ台後半~MAX146キロの速球を投げ込んでくる。緩いカーブやフォークなどを織り交ぜる投球でで素材としての可能性を感じさせた。続く東北福祉大戦では先発し、8回2安打1失点と好投した。リリーフタイプと思いきや先発でも好投したのは驚きだったが、まだまだこれからの選手だけに社会人で力を付けたら面白い存在になりえるかもしれない。

4番の 山形 堅心(明徳義塾出身4年)一塁手も、第一打席に高めの球を逃さずヒットを記録。しかし一塁手というポジションと一塁まで到達タイムが4.7秒前後(左打者換算で4.45秒前後に相当)であり、守備・走力との総合力を考えると、大学からのプロ入りは厳しそう。

その他気になったのは、ホームランを記録した 下小牧 淳也(日大三出身4年)遊撃手。一塁までの塁間も、右打席から4.25秒前後(左打者換算で4.0秒前後に相当)と俊足だった。ショートとしてもスピード感があり、一歩目のスタートよく肩もまずまず強かった。また三番を打つ・荻原 哲(日南学園出身・3年)捕手は、しっかりしたキャッチングで、ワンバウンド処理などの反応も悪くない。送球も1.9秒前後だが、地肩はまずまず。打撃もパワフルで、ヘッドスピードも中々鋭いものがあった。

また大阪工業大では、ヒットと盗塁を記録した 山本 脩平(比叡山出身・3年)二塁手あたりが気になった。5リーグオールスターなどに出場しているようなので、再度注目したい好選手だった。

杉山 晃基(創価大4年)投手 183/88 右/左
望月 大希(創価大4年)投手 187/83 右/右
山形 堅心(創価大4年)一塁 180/88 右/右
下小牧淳也(創価大4年)遊撃 173/71 右/左
荻原 哲 (創価大3年)捕手 174/82 右/左

山本 脩平(大阪工大3年)二塁 180/77 右/右



第二試合 佛教大 VS 八戸学院大

八戸学院大の先発・大道 温貫(春日部共栄出身・3年)右腕は、惚れ惚れするようなフォームから投げ込む正統派。球速はコンスタントに140キロ台を記録し、MAXで145キロに到達。指先までしっかり力を伝えられるリリースで、ビシッとミットに突き刺さる。変化球も身体の近くでキュッと曲がるスライダーに、ブレーキの効いたチェンジアップやフォークなどもあり総合力が高い。球威・球速では前の試合で投げていた 杉山(創価大)の方があるが、フォームや投球のメリハリという意味では大道の方が優れている。来年の有力なドラフト候補であり、さらに全体の出力を高められれば、上位指名も視野入れられる素材ではないのだろうか。

一方の佛教大の先発・中山 怜央(奈良大付出身・4年)右腕は、130キロ台後半~140キロ台前半(MAX143キロ)ぐらいのストレートを投げ込むスリークォーター。身体の近くで小さく曲がるスライダーに、フォーク系の縦の変化球を織り交ぜてくる。ドラフト候補の匂いのしてくる選手ではないが、脱力して投げ込むタイプで見た目以上に打ち難い。社会人でも、活躍が期待される一人だ。

またこの試合では、八戸学院大の4番・武岡 大聖(生光学園出身・3年)左翼の、胸をすくような2本のホームランが印象的だった。実弟の龍世は八戸学院光星の遊撃手としてドラフト指名が有力視されている選手。兄はバリバリの強打者といった感じで、左翼で走力も塁間4.4秒ぐらいと左打者としては遅い部類の打撃に特化したタイプ。来年のドラフト候補かは別にしても、楽しみな強打者であることは間違いない。

その後決勝まで進んだ佛教大は、決勝戦のリリーフでドラフト候補の 福森 健(水口出身・4年)右腕が登場。昨秋は5勝をあげ最優秀投手賞を獲得したが、この春は僅か1試合の留まっていた。その決勝戦では、試合がワンサイドになりそうな4回に登板。ここで踏ん張り9回まで好投した。球速は145キロ前後の真っ直ぐには力があり、小さく曲がるスライダーと縦に沈むチェンジアップだかフォーク系の球を投げていた。球離れが悪くコントロールは悪かったが、返ってそれが的を絞り難くしていたこと。スライダーでカウントを整えることができるなど、明治打線を最後まで苦しめた。スペックの高い投手ではあるが、現状はプロとなると怖さのある選手で2年後まで様子を見られるのではないかと思う。しかし本人のプロ志向が高く、秋のリーグ戦でも安定した投球を取り戻せば一躍指名圏内へ入ってくるかもしれない。まずはこの大会で、復調ぶりをアピールすることはできた。

大道 温貴(八戸学院大3年)投手 178/78 右/右
武岡 大聖(八戸学院大3年)左翼 178/91 右/左

中山 怜央(佛教大4年)投手 185/84 右/右
福森 健 (佛教大4年)投手 189/95 右/右



第三試合 東日本国際大 VS 愛知工業大

両チーム共に、ドラフト候補といった感じの選手はいませんでした。愛知工業大では、最後に投げた 新村 将斗(桜丘出身・3年)右腕が、140キロ前後の球速ではあったものの、球速以上に勢いと球威を感じさせる球を投げていた。小さなスライダーでしっかりカウントを整え、落差のあるフォームを交えて来る好投手。

また一歩目の反応が鋭く、平本 敦己(愛工大名電出身・3年)遊撃手の動きの好い守備と、右方向に強い打球が光った 山本 航樹(東福岡出身・4年)三塁手の強打が気になった。

一方の東日本国際大でも、蒔田 高広(小高工出身・3年)右腕の力強いボールが目立った。球速は130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらいだったが、高めのボールに力がああった。また、縦の変化球にも威力があり、こちらも一皮むけて来るようだと楽しみ。またチームの核弾頭の 磯邉 伶也(聖光学院出身3年)遊撃手も、軽快な守備に加え、右打席から4.15秒前後(左打者換算で3.9秒前後に相当)の俊足ぶりも目を惹いていた。

新村 将斗(愛工大3年)投手 177/77 右/右
平本 敦己(愛工大3年)遊撃 175/70 右/右
山本 航樹(愛工大4年)右翼 185/95 右/右

蒔田 高広(東日本国際大4年)投手 183/80 右/右
磯邉 伶也(東日本国際大3年)遊撃 178/76 右/右



第四試合 大商大 VS 日本文理大

日本文理大の先発・藤野 幹大(東福岡出身・3年)右腕は、191センチの体格を活かした腕の長いサイドハンド。球速こそ135~後半ぐらいだったものの、ボールのキレも良く打ち難い。スライダーに加えシンカーに落差があり、大商大打線から11三振を奪い苦しめた。このスペックでコンスタントに140キロ台を出せるぐらいになると、来年は候補として名前が上がってきそうだ。

大商大の先発は、大西 広樹(大商大高出身・4年)右腕。こちらは対照的に、176/80 とちょっとゴロンとした体型の投手。球速はコンスタントに140キロ台を記録し、最速で146キロまで記録。しかしボールが捕手のミットにスポッと収まる感じで、指のかかり悪くボールが来ている感じがしない。むしろスライダーやフォークなどの、縦への変化が多織り交ぜく的の絞りづらさが魅力だろうか? 大学からプロというよりも、社会人に進むタイプではないのだろうか? けして悪い投手ではないのだが、不思議とプロの匂いがして来ない。

また九州産業大戦で先発した・橋本 侑樹(大垣日大出身・4年)左腕は、球速はコンスタントに140キロ前後を投げ込むサウスポー。変化球は、スライダーでカウントを整え、チェンジアップで空振りを誘うスタイル。ピュッと見えないところからボールが出てくるので、九州産業大は最後まで捕まえきることができなかった。特に球威・球速は平凡で、コントロールも好いわけではないが、相手として気持ちの悪い存在だろう。果たしてこういった打ちづらさを評価して、指名する球団が出てくるのか注目される。こういう投手は球団の考え方次第だと思うが、左の中継ぎあたりでは面白い存在ではないのだろうか。

藤野 幹大(日本文理大3年)投手 191/77 右/右

大西 広樹(大商大4年)投手 176/80 右/右
橋本 侑樹(大商大4年)投手 183/72 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

(25) 関東一 VS 横浜高校

毎年6月に、江戸川区民球場を利用して関東一高が他校を招待して試合が行われる。今年は、横浜高校が呼ばれ午前と午後1試合ずつの試合が組まれた。

関東一 VS 横浜 第一試合

横浜高校の先発は、木下 幹也(2年)右腕。185/85 という堂々とした体格から投げ込む正統派。球速は130キロ台中盤ぐらいと物足りなかったが、実際観ていると要所では140キロを越えていそうな力強いボールも観られた。変化球も、カーブ・スライダー・フォーク・チェンジアップ など多彩な球種を上手くコンビネーションに交えてくる。まだ投球に絶対的なものは感じられないが、適度に試合をまとめという意味では現状の横浜高校では安定感NO.1。体格は先輩の藤平 尚真(楽天1位)を彷彿とさせるものがあるが、ピッチング内容は柳 裕也(明大-中日1位)に近いタイプ。果たして来夏までに、スケールを増して来るのか? より実戦的になるのか? それともその両方で資質を伸ばしてくるのか気になるところ。

横浜高校の野手では、内海 貴斗(3年)内野手のスイングの強さと打球の速さが目を惹いた。けしてオーバー・フェンスを連発するような長距離ヒッターではないが、やはり打者としての潜在能力は同校の中でも一番ではないかと。しかし気になるのは、第一試合がセカンドで第二試合はショートで出場するも、守備ではミスが多かった。旧チームでは一塁を守っていた選手だけに、上のレベルだとニ遊間では荷が重そう。総合力の物足りなさからも、高校からプロというよりは、有力大学などに進むタイプではないかとみている。

関東一では、一番を打っていた 大久保 翔太(3年)中堅手の守備・走力が目立っていた。中堅手としての動きにも無駄がなく、出塁すればすかさず盗塁を決めたりとプレー全体のスピード感が素晴らしい。3番の 藤松 丈一郎(3年)右翼手も、難しい打球を好捕したり、足もかなり速い。投手としても140キロ台を記録する地肩もあるらしく、身体能力は高そう。5番の 野口 洋介(3年)捕手は、第一試合で木下の高めに浮いたスライダーをニ打席連続でレフト前にはじき返し、続く打席ではライト横を破る長打を放つなど、打撃で最も存在感を示してくれた。しかし捕手としては、地肩は平均的といった感じがする。3人とも高校からプロということはないと思うが、夏に再度見る機会があったら気に留めてみたい。

第二試合 横浜 VS 関東一

第二試合になると、ドラフト上位候補である 及川 雅貴(横浜3年)左腕が投げるということで、続々とスカウトたちが集まってきた。センバツでは序盤に打ち込まれ初戦敗退となり評価を下げたものの、その後の試合では一位候補の呼び声も再び上がり出すなど、立て直しに成功しつつあると訊いていた(春季大会では確認したけれど)。

ブルペンから明らかにモノの違いを感じさせるボールを投げていたものの、試合に入ってからは130キロ台中盤~MAXで89マイル(143キロ)程度と球速は地味め。相変わらずストレートを中心に球筋が定まらず、四球を出して失点に絡むなど悪い時の及川が顔を覗かせていた。しかし春季大会でも触れたが、スライダーだけではなくチェンジアップ系の球を織り交ぜるなど、夏に向けてピッチングの幅を広げようと努力の跡は伺える。

しかしこの日の第二試合は、控え選手がスタメンに並んでおり、そのメンバーに打ち返されていたのは正直気になる。特に自慢のストレートが、並の高校生にはじき返されてしまうのはドラフト上位候補としては物足りない。好素材だと思うが、1位でゆくのには怖いなというのを改めて実感した試合だった。夏までに、何処までそういった不安定な部分を改善できるかだろう。

今日足を運んだ最大の理由は、関東一の 谷 幸之助(3年)右腕を確認したかったから。立ち上がりから135キロ前後(MAXは86マイル・138キロ)ながら、非常にキレの好い球をポンポンと投げ込んで来る。スライダーのキレも良く、カーブやフォークといった球種も上手く投球に交えることができていた。この投手は、日によって調子の波が激しいのだという。今日は、そういった意味ではかなり好い部類だったのではないのだろうか。

しかし3イニング目ぐらいになると、彼の投球に目が慣れてきた横浜の打線に捉えられるようになる。序盤の勢いで押すだけのピッチングでは通用しなくなり、失点を重ねてしまった。やはりこの投手は、現状リリーフタイプなのだと思う。まだ高校からプロとか、そういった選手ではないのだろうということ。今後進む先の環境がマッチすれば、生田目 翼(日ハム)のように、大学で才能が爆発する可能性は秘めていそうだった。

以上簡単ではあるが、両校の有力選手をご紹介してみた。両校の中でも今年の指名となると、なんやかんや言っても 及川 だけなのだろうなと言う気がした。

木下 幹也(横浜2年)投手 185/85 右/右
内海 貴斗(横浜3年)二塁 182/77 右/左
及川 雅貴(横浜3年)投手 183/74 左/左

谷幸之助(関東一3年)投手 177/78 右/右
野口 洋介(関東一3年)捕手 右/右
大久保翔太(関東一3年)中堅 右/左
藤松丈一郎(関東一3年)右翼 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

(24) 都市対抗西東京予選 

MHPS横浜が西東京予選を連勝したことで、都市対抗では東芝かJX-ENEOS のいずれかのチームが見られないことが確定的になりました。今年は関東選抜リーグなどを見られないままここまで来てしまったので、春先以来となる東芝とENEOSの選手達を観に横浜スタジアムまで足を運びました。

東芝 VS JX-ENEOS

東芝の先発は、昨年指名されなかった 岡野 祐一郎(25歳・青学大出身)右腕。球速こそ常時140キロ台~MAXで147キロぐらい出ていましたが、それほどストレートに球威・勢いは感じません。ハマスタのガンは、常時5キロ程度速く表示される印象なので、私の目測でも常時130キロ台後半~140キロ台前半に見えます。この球場よほど前で観ないと角度がつきすぎるのと、トラックマンの影響なのかまともにスピードガンが計測できません。したがってマイガンとは、平気で10キロ程度の差が生じて参考になりませんでした。ただし角度の少ない前方で球速を計測すると、球場のガン表示に影響すると注意されたことがあるので、球場前方にはあまり座らないことにしています。

変化球は、スライダー・チェンジアップ・フォーク系の球を織り交ぜつつ、両サイドに散らせる安定した内容。確かに完成度が高くある程度の総合力はあるものの、プロの一軍で活躍するイメージが湧きません。このまま、東芝の大エースへの道を続けた方が好いのかなという感じがします。東芝のエースで日ハムに指名された 新垣 勇人 が指名された時でも150キロ近く出ていましたし、もう少し相手を圧倒していたイメージがあったので。特に昨年からの上積みは感じられませんでしたし、もう少し何かガツーンと来るパンチが欲しいです。

一方、ENEOSの先発は、大場 遼太郎(24歳・筑波大出身)右腕。こちらは、初回からハマスタガンで150キロを連発するなど、ボールの勢いは岡野より遥かに感じました。こちらは140キロ前後のカットボール・ツーシーム系のボールを織り交ぜながら、大まかに両サイドに散らせて来るピッチングスタイル。ちなみに春先のオープン戦で観た時は、マイガンで140キロ~中盤ぐらいだったことを考えると、実際はそのぐらいだったのではないかという気がします。

どうしても速球と速く小さく動く球とのコンビネーションで、タイミングが合わされすい。上背の無さも相まって試合中盤になってしまうと慣れられて捉えられてしまう傾向を感じます。これでもう少し120キロ台ぐらいで抜く球などがあれば、また投球の幅が広がるのではないかと思うのですが。こちらもあまり一軍で活躍というイメージは沸かず、二軍ならばといった内容で投球に何かアクセントが欲しい気がします。

エネオスでは新人ながらMHPS横浜戦で先発した 藤井 聖(23歳・東洋大出身)左腕が二番手で登場。東洋大時代は、上茶谷・甲斐野・梅津 のビッグ3の陰に隠れた存在でしたが、富士市立時代に個別の寸評を作成したほどの当時から注目されていたサウスポーでした。この日の球速は、140~MAXで145キロぐらいまで記録。特に、右打者へのチェンジアップに特徴があります。こちらは、来年の候補として今後も気にしてみたい一人かと。

また六大学対抗戦では力みがない投球を魅せていた 江口 昌太(25歳・鹿児島工出身)右腕も、この日は147キロのぐらいの速球とフォークのコンビネーションで攻めましたが、東芝の中軸にはじき返されて試合を決定的にしてしまいました。またエネオスでは、守備に定評のある 小豆澤 誠(24歳・上武大出身)内野手はスタメンでは出場しておらず、好捕手の 小林 遼(24歳・富士大出身)捕手あたりをどうみるかという感じでしょうか? この日出場した両チームの選手で、指名が濃厚と思えるほどのインパクトを受けた選手はいませんでした。都市対抗本戦、補強選手としての活躍なども見定めて、最終的な評価をしてゆきたいところです。

岡野祐一郎(25歳・東芝)投手 180/85 右/右

大場遼太郎(23歳・JX-ENEOS)投手 169/75 右/右
藤井 聖 (23歳・JX-ENEOS)投手 175/77 左/左
江口 昌太(25歳・JX-ENEOS)投手 181/80 右/右
小豆澤 誠(24歳・JX-ENEOS)遊撃 170/70 右/左
小林 遼 (24歳・JX-ENEOS)捕手 172/75 右/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

(23) 春季東海大会

ゴールデンウィーク最初に、紅林 弘太郎(駿河総合3年)遊撃手を観に行って、雨で観られなかった以来の清水庵原球場に再び足を運びました。今回は、春季東海大会がこの地で行われるからです。

第一試合 津田学園 VS 加藤学園

この日の目的は第二試合だったので、第一試合の終盤に会場入りでした。またドラフト候補の 前 佑囲斗(津田学園3年)右腕も、最終回にようやく登板しました。この日の前投手は、球速こそ135~88マイル(141キロ)程度でも、実に指先まで力が伝わったスピンの効いた真っすぐは健在。変化球はスライダーぐらいでしたが、選抜の高いパフォーマンスの片鱗は見せてくれたように思います。しいて言えば、ストレートも変化球も全体的に高めに浮いており、そのへんが気になったところです。おそらく2回戦の先発を見越しての登板でしょうから、そこでの投球内容が問われます。変わらず、中位候補ぐらいの素材であることを再認識させられました。

一方の加藤学園では、川上 智己(3年)遊撃手という選手が気になりました。難しいバウンドにうまく合わせる動きの好い遊撃手で、肩もかなり強そう。打っても4番を務めるなど、攻守の中心的な存在です。夏に観られる機会があったら、じっくり観てみたい選手でした。

前 佑囲斗(津田学園3年)投手 182/87 右/右

川上 智己(加藤学園3年)遊撃 178/72 右/右

第二試合 大垣日大 VS 菰野

この日のお目当ては、岡林 勇希(菰野高3年)右腕。真上から投げ下ろしてくる剛球右腕で、球速もコンスタントに140キロ台~MAX93マイル(150キロ)に到達。何よりボールの強さ・迫力という意味では、今年生でみた高校生では一番だったと感じます。他にも曲がりながら沈むスライダーのキレもまずまずですし、チェンジアップやカーブなども織り交ぜます。かなり粗っぽいタイプなのですが、意外にボールが散って中に中へと入って来ないところは好いところ。気になったのは、ランナーを出すと走者に走られ放題のところでしょうか。このへんは、ランナーを出しても投球に集中すれば抑えられる自信からなのかもしれません。

爆発力は高校球界でもトップランクなのは間違いないと思いますが、試合をまとめる技術、コントロールなどの総合力は相当課題があることは否定できません。また打っても4番を務めるなど、打撃でも非凡なものを持っており、将来大成するのは野手での才能かもしれないと思えるほどです。いずれにしても兄・飛翔(広島)のような育成での指名ということはなく、本会議の中で指名が濃厚なのではないかとみています。ただしこういった選手を好むか好まないかは、球団によって評価は別れるのではないのでしょうか。かなり荒くは見えるものの、チームを東海大会まで導いたようにランナーを出しても要所を締めることができる投手のようです。

菰野はタレント揃いで、1番の 山本 悠馬(3年)中堅手と3番の 川上 泰平(3年)遊撃手は、対応力があり打球も強烈でレベルが高い。そこに、長打力抜群の4番の 岡林 が控えている。また岡林以外にも、 奥田 域太(3年)左腕がいて、こちらはMAXで140キロぐらいだそうだが、プロ志向が強いのだという。スカウトがオススメしてくれたが、バスの時間の関係で泣く泣く確認できずに球場をあとにすることに。夏の大会などで、じっくり観てみたい大型チーム。タレント的には、夏の甲子園出場を果たしても全然不思議ではないだろう。

一方の大垣日大の方は、試合前ノックなどをみるとチームのレベルの高さが伺える。ただし突出したタレントがいないところを、どう補って行けるかではないのだろうか。

岡林 勇希(菰野3年)投手 176/71 右/左
奥田 域太(菰野3年)投手 177/65 左/左
山本 悠馬(菰野3年)中堅 左/左
川上 泰平(菰野3年)遊撃 右/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード