fc2ブログ

2021年 九州遠征2日目

中津の宿を出て向かった先は、大分の球場へ。そこで行われている、春季九州大会二日目の模様を、視察するためだった。球場前で記載事項を書き込み、検温を済ませ入場するという形式。これは、福岡で行われた試合でも似たような感じだった。

東海大星翔 VS 宮崎商業

宮崎商は、選抜で天理と戦い緒戦で敗退。しかし、非常に 逹 孝太(天理)右腕相手に、球数を投げさせようとイヤらしい野球をするのが印象的だった好チーム。3番を打つ主将の 中村 碧人(宮崎商3年)遊撃手は選抜レポートでも触れた選手だった。甲子園ではエラーなどもしていたが、ショートとしての動きも良く、強肩のスローイングも安定していて好選手だった。けして長距離打者ではないが、前を大きく取れるスイングで強い打球を放つことができ、甘い球ならばスタンドに叩き込めるパンチ力を秘めている。高校からプロとなると、まだそこまで圧倒的なものは感じなかったが、大学経由ならばセンスも好いだけに、ドラフト指名されても不思議ではない才能の持ち主。夏まで追いかけて、その能力を見極めてみたいと思わせるものがあった。

この日圧巻だったのは、5番を打つ・西原 太一(宮崎商3年)右翼手だった。181/78 と堂々とした体格の持ち主で、打席での雰囲気は他と違っている。甲子園では、逹からレフトに大きなファールを飛ばしていたものの、ヒットを放つことから甲子園を跡にした。しかし、この試合では、左中間スタンドに3本のホームランを放つなど圧倒的な内容。まだ荒っぽさは感じられるものの、バットが振れる選手で飛距離は間違いない。ただこの選手、パワーもさることながら、右打席から4.1秒前後で一塁まで駆け抜ける脚力があり、これを左打者に換算すると3.85秒前後に相当する、プロでもトップクラスの脚力7がある。ライトからの返球も強く低い送球が目を惹いており、投手してマウンドに上がると140キロ台を記録するというからスローイングも一級品だ。タイプ的には、選抜に出場していた 前田 銀治(三島南3年)外野手に似た位置づけの選手ではないかと。前田の方が右方向にも打てる分対応力は高さそうだが、一発屋という魅力では、この西原の方がわかりやすいタイプかと。前田も身体能力は悪くないが、ここまで突出した能力は持っていない。特に前田は少しもっさりしていてキレに欠ける印象を受けたが、この西原はそういった違和感も感じられなかった。夏に向けて本物なのか、追いかけてみたい一人だった。

一方の東海大星翔では、植田 響(3年)捕手が目立っていた。ボールまわしからテンポの好いリードに、捕手としてのセンスの良さが滲みでる。普段は座ったまま返球するなどテンポ重視だが、ランナーが居る時はしっかり立って丁寧に返球。けして、雑なキャッチングをする選手でもないし、ワンバウンド処理も素早く対応できていた。特に同時にいろいろなことに対応できる処理能力が素晴らしく、これを観ていて感じたのは、春江工業時代の 栗原 陵矢(ソフトバンク)のシートノック時を思い出す。スローイングは、驚くほど強肩だとは思わなかったが、ランナーの滑り込むところに制球できたりする。ただし、送球の精度はまだ発展途上ではないかと。

打撃は、ヘッドを効かせたスイングの持ち主で、右に左へと鋭い打球を飛ばし捕手としては合格レベルなのでは? プロ志望であれば、下位~育成あたりならば指名されても不思議ではない。ポテンシャルが凄いというよりも、センスや総合力で評価したいタイプ。こちらも夏の大会などで見極めてみたいが、これから九州地区では話題になってゆく存在ではないのだろうか。

中村 碧人(宮崎商3年)遊撃 175/75 右/右
西原 太一(宮崎商3年)右翼 181/78 右/右

植田 響(東海大星翔3年)捕手 176/83 右/右

九州国際大付属 VS 大分舞鶴


九州遠征二日目の目的は、秋に150キロ台を記録するまでに成長したという 柳川 大晟(九州国際大付3年)右腕の確認だった。しかし先発は、2枚看板の一人・山本 大揮(3年)右腕の方だった。山本は正統派の投手で、コンスタントに130キロ台後半~MAXで144キロに到達。適度な勢いと球威も感じられ、両サイドにボールを散らせて来る。変化球も、小さく横滑りするカットボールやスライダーでカウントを整えつつ、チェンジアップを織り交ぜてくるオーソドックスなもの。高校からプロというよりも、有力大学で主戦となり、実績と総合力を引き上げられれば、4年後の上位候補へといった期待が膨らむタイプ。さすがに、強豪校の主戦格と思わせる安定感がある。

その山本が終盤まで試合を作るが、8回にやや怪しくピンチになる。そこで、それまでピッチング練習もしていなかった 柳川 が、キャッチャーを座らせていつでもスタンバイO.Kといった展開になる。しかし、このピンチを乗り越え山本が完投することに。私は飛行機の時間との関係で、この8回の場面で球場を跡にした。最終回に柳川が登板したら、飛行機の予約時間を間違えたと後悔しただろうなと思いながら、大分駅に向かうバスを待っていた(飛行機の変更がきかない予約をしてしまっていたので)。

また九州国際大付属で目立ったのが、野田 海人(2年)捕手という選手。二塁ベース際まで勢いが全く衰えない強肩ぶりは見事。一球一球ランナーがいなくても立って返球するのだが、その割に送球が少し雑に見えたのは気になった。全体に、いかにも九州の捕手らしい粗っぽさは感じられるものの、ポテンシャルの高さは確か。打っても3番を任されるように、打力も一定の水準を満たしている。イメージ的には、梅野 隆太郎(阪神)の福岡城東時代を見ているようだった。ちなみにこの野田は、脚力もあるところも梅野そっくりだ。間違いなく、来年のドラフト候補に浮上して来る男だろう。

(最後に)

投手よりも、野手が楽しめた一日となった。柳川が見られなかったのは残念だが、昨夏に比べると線の細さは薄れた感じだった。夏まで追いかけたい選手、来年のドラフト候補となりうるだろう選手を確認できて、九州遠征はまずまずの収穫だったのではないのだろうか。

山本 大揮(九州国際大付3年)投手 181/73  右/右
野田 海人(九州国際大付2年)捕手         右/右

2021年 九州遠征初日

初日の観戦目的は、中津で観戦許可の降りた 九州地区大学リーグの試合でした。しかし中津の通り道にある、北九州市民球場で高校野球の大会が行われおり、そちらに少し立ち寄ってからゆくことにしました。

お目当ては、稲川 竜汰(折尾愛真3年)右腕という投手。182/91 の恵まれた体格が目を惹く本格派で、コンスタントに140キロ台を越えて来ると評判の馬力型です。しかし、昨年8月に骨折してからの回復途上との話で、球速は130~130キロ台中盤ぐらいと平凡でした。むしろこの日は、両サイドに投げ分ける制球力や、スライダー・カーブ・フォークなどを交えた変化球が意外に良いのだということにに関心したぐらい。この体格で140キロ台を連発し、この変化球レベルだと確かに話題になりそうな素材です。夏の大会に間に合うかはわかりませんが、今年の福岡を代表する素材ではあるのは間違いなさそうでした。

もうひとり事前に教えてもらっていたのが、井崎 燦志郎(福岡高3年)右腕。こちらも同じ時刻に、春日球場で試合が行われていたのですが、中津に向かうことを考えると断念しました。力投派らしく、コンスタントに140キロ台~中盤はこの日も出ていたということなので、夏に見ることができたらと思います。

またこちらの観戦を優先したので見られなかったのですが、九州大会に出場していた 真颯館 に 松本 翔(3年)左腕という選手がいます。昨夏に少し投げている映像を見たのですが、左のスリークォーターからまとまりとキレのある球を投げていたのが印象的。一冬越えたら、それなりのレベルにはなるのかなと思っています。特にドラフト戦線でまだ大きく話題にはなっていないのでどうなるかわかりませんが、今年の福岡を代表する左腕の一人であるのは間違い無さそうです。選抜にも出場していた 毛利 海大(福岡大大濠3年)左腕と、県下NO.1左腕の座を争う存在になってくれそうです。

中津の球場に着くと、すでに 日本文理大と西日本工業大 の試合が始まっていました。先発は、お目当ての 隅田投手ではなく、下山 大輝(西日本工業大4年)右腕というサブマリン。テンポよくポンポン投げ込むリズム感があり、両サイドに散らせるコントロールもあります。球速は、125~130キロぐらいといった感じで、球威・球速という意味では平凡に感じられました。下手投げの球速を理解するには、プラス15キロぐらいすると、上手投げ球速と比較できるといつも書きます。そのためこの球速だと、大方140キロ~140キロ台中盤ぐらいを投げていたことになります。右打者の外角に逃げるスライダーで空振りを誘えていましたが、左打者にはシンカーを積極的に使うも見極められていたのは気になります。特に腕を柔らかくしならせ、タイミングがとりにくい。あるいは、下手特有の浮き上がるような感覚に陥るような球筋があるとか、そういった特徴はあまり感じられません。そういった意味では、良い投手ではあるもののプロの匂いは感じられなかったというのが率直な感想でしょうか。

そしてこの日の登板が心配になった6回に、お目当てだった 隅田 知一郎(西日本工業大4年)左腕が登場。中背の体格から、非常にオーソドックスなフォームから投げ込むサウスポー。けして押しかけるスカウトの前でも力んで投げる様子もなく、コンスタントに140キロを越えMAXで146キロを記録。両サイドに投げ分けるコントロールもあり、安心してみていられるタイプかと。カット気味の小さな曲がりのスライダーなどでも空振りが奪え、右打者外角に腕を振って投げ込むチェンジアップの落差や抜け方は見事。三振の多くは、変化球で奪えていた点も評価できます。投球のメリハリ・テンポ・マウンドさばきも良く、波佐見時代と比べ大きくは変わっていなかったものの、着実にパワーアップを遂げてきた感じです。もし大学選手権などでアピールできれば、上位指名が有力な選手ではないかと。内容次第では、まとまりとボールの力を兼ね備えた実戦派サウスポーとして、1位の12名の中に入ってきても不思議ではないように感じました。


中津の球場は、バスが1~2時間に一本しかなかったので、第三試合の観戦を断念して駅に向かいます。行きはタクシーでバス停の場所がよくわからなかったのですが、受付の部員の方が調べてくれたりして助かりました。コロナ渦でいつリーグ戦が中止になってもおかしくない難しい状況の中、リーグ戦を継続している関係者の皆様には頭の下がる思いです。ぜひ今年こそは、彼らのプレーが全国の舞台で披露できることを願ってやみません。


稲川 竜汰(折尾愛真3年)投手 182/91 右/右

下山 大輝(西日本工大4年)投手 180/76 右/右
隅田知一郎(西日本工大4年)投手 177/76 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2021年 東京都春季高校野球大会

東京で気になっていた、左右の投手が登場するカードとなったので、駒沢球場まで東京都春季大会を観戦に足を運びました。

関東一 VS 日本学園

関東一高の先発・市川 祐(3年)投手は、右の正統派右腕。すでに昨年の段階から140キロ台を連発できるスピード能力があったが、私が会場に着いたときにはすでに大量リードだったせいか? 球速は120キロ台後半~130キロ台中盤。スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜるオーソドックス投球スタイルは変わらなかった。ただし、身のこなしやボールの感じからも、いくら力を抜いて投げていたとしても、ドラフト候補の匂いは全くしなかったのは残念だった。現状は、大学などに進学するタイプとみて良いのではないのだろうか。

関東一では、4番を打つ 楠原 悠太(3年)遊撃手が気になった。私が見ているところでは、あまり打撃で派手な活躍は見られなかったものの、ここまでの春季大会では3試合でマルチ安打を放つなど安定した内容。均整の取れた体格からの、守備・肩などの身体能力も高そうで、今後の試合でも注視したいと思わせる雰囲気があった。秋は、捕手として出場していた選手だった。

また対戦相手の 日本学園の4番・澤田 夕輝(3年)捕手という選手も、同校では抜けたスイングをする強打者で、捕手としてもなかなかの強肩であった。制球の精度や細かい部分で、まだまだ高いレベルの野球で揉まれなければという感じは受けたが、持っている素材は悪くない。外野手だった選手なので、大学などで捕手の技量を磨ければひょっとするかもしれない。

市川 祐 (関東一3年)投手 184/82 右/右
楠原 悠太(関東一3年)遊撃 179/75 右/左

澤田夕輝(日本学園3年)捕手 右/右


八王子学園八王子 VS 専修大付属

八王子の先発は、星野 翔太(2年)右腕。均整の取れた体格から投げ込まれる本格派で、130キロ台中盤のストレートと曲がりの大きなスライダーを武器に、専修大付属相手に6回までヒットを許さない快投ぶり。まだ線の細さは感じられるが、フォームに癖がなく、球速以上に球筋の良さもあり、順調に肉付けして行ければ来年の今頃には140キロ台を投げる本格派として注目される存在になっているかもしれない。

八王子の4番・落合 俊介(3年)右翼手は、脚力があり肩も強そうな選手。打撃ではあまり目立たなかったが、今後の試合を観る機会があれば、その身体能力含めて注目して行きたい選手だった。

そしてコールド目の前の7回に登場したのが、この日のお目当てだった 羽田 慎之助(八王子3年)左腕。「和製ランディ・ジョンソン」とありきたりな愛称がついているが、まさにそういった上半身主導で腕をブンと振ってくる粗っぽさがある。球速こそコンスタントに130キロ台後半~MAXで91マイル・146キロを記録。明らかに、ボールの勢い・威力は、この日登板した選手たちとは違っていた。ただし、コントロールは相当アバウトな上に、変化球がどうなのか? また1試合20球ぐらいを目安に登板しているようで、出塁を許し球数が増えて来るとボールの勢い・球速も明らかに落ちるスタミナなども不安が残った。素材としてはロマン溢れるが、上のレベルで使えるようになるまでには、かなりの育成力と忍耐力に時間が必要になりそうだ。一昔前ならば上位指名になったタイプだが、今の総合力が求められるスカウティングでは育成指名あたりになってもおかしくない。そのへんは、球団やスカウトの考え方で評価が別れる存在となりそうだ。いずれにしても、もう少し長いイニングを投げてもらわないと、全容が掴みきれない。そういった投球が見られるのは、夏の大会まで待たないと行けないのではないのだろうか。

星野 翔太(八王子学園八王子2年)投手 181/82 右/右
落合 俊介(八王子学園八王子3年)右翼 183/71 左/左
羽田慎之助(八王子学園八王子3年)投手 190/82 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

中京大 VS 東海大学園大

4/3(土) 全国の大学リーグの多くが、この日から春季リーグをスタートさせました。そんな中、私は愛知の瑞穂球場で行われる 愛知学生リーグに足を運ぶことに。しかし、第二試合は中止になり、観られたのは1試合のみとなりました。

中京大 VS 東海学園大

今回の観戦の目的は、伊藤 稜(中京大4年)左腕の視察でした。176/73 というプロフィールでしたが、実際観ているともっとガッチリした体型に見えます。小さめなテイクバックながら、ボールはビシッとしていて常時140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速でも、それ以上に感じさせる力強さがあります。かなりそのストレートが暴れて制球に苦しむも、小さく横滑りするカットボールでカウントを整えつつ、チェンジアップや時々決まるスライダーのキレは悪く有りません。普段はこんなコントロールに苦しむことも珍しく、球速も150キロを記録することもあるということで、良いときよりはかなり不安定な内容だったのかもしれません。ただし、今日みた感じだと、本当の制球力がないところに危うさを感じられる部分もあり、ドラフト順位としては4位前後ぐらいなのかなと感じです。それでも、左腕でこれだけのボールを投げる選手なので、大学選手権あたりでアピールできれば、その評価が一つ二つ上がっても不思議ではないのでしょう。本会議での指名は、ほぼ濃厚なレベルにはあると考えられます。

その伊藤以上に強力なインパクトを残したのが、澤井 廉(中京大3年)右翼手。第一打席で、いきなり左中間スタンドの一番深いところに叩き込んだ打球は圧巻でした。その他の打席でも、強烈な打球でヒットを連発し、このリーグでは頭ひとつ抜けた強打者なのではないかと実感します。残念ながら、守備・走力などに関してはよくわからなかったのですが、来年の大学球界を代表する、左のスラッガーとして注目して行きたい存在でした。できれば大学ジャパンなどのメンバーに選出されて、高いレベルでの経験を積ませてあげたいところはあります。

中京大では、最後に 三浦 大輝(時習館出身・3年)右腕が登板。こちらは、完全に力で押す力投派で、常時145キロ前後~後半を出せる馬力があり、来年に向けて覚えておいても良さそうな速球派でした。東海学園大では、先発の 浦野 光市(藤枝明誠出身・4年)左腕が、脱力したフォームから135キロ前後のまっすぐに、スライダーやチェンジアップなどを低めに集める技巧派でした。けして悪い投手ではなかったのですが、やはり上のレベルを意識すると球威の無さが気になります。そのためこの試合では、中京大打線に捕まっていました。東海地区の社会人チームあたりで、野球を続けて行ければと感じました。

伊藤 稜 (中京大4年)投手 176/73 左/左
澤井 廉 (中京大3年)右翼 180/80 左/左
三浦 大輝(中京大3年)投手 180/83 右/左

浦野 光市(東海学園大4年)投手 175/73 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2021年 スポニチ大会三日目レポート 

関東の観戦者にとって、スポニチ大会で優先するのは、遠い地域にあるチームの観戦と指名有力候補のチェックとなる。すでに二日目までに 廣畑(倉敷オーシャンズ)と鈴木(TDK)を確認していたので、あとは、八木(HONDA鈴鹿)・小木田(TDK)あたりが観られないかというのが、この日の目的でした。その思惑どおりに、しっかり見ることができた三日目となりました。

その 八木 玲於(23歳・HONDA鈴鹿)投手は、試合の最終回に登場。177/85 のガッチリとした体格の投手で、コンスタントに140キロ台後半~最速150キロを記録。空振りを取れるような球質というよりも、球威のある力のあるボールです。これにスライダーと、フォークを多めに使ってくるピッチングスタイル。スピード能力に関しては、廣畑・鈴木 とともに、今年の社会人ではトップクラス。都市対抗では、コンスタントに150~154キロを投げ込んでくるリリーフタイプ。球速の割に合わされやすいフォームなのと、コントロールがかなり粗っぽいの欠点。この日は四死球などで崩れることはなかったのですが、本当にボールを観られたときにどうなるのか?というのが今後のチェックポイントになるのではないのでしょうか。現状は、指名候補の一人ではあるものの、指名確実なレベルかと言われると微妙な気はします。

彼と良く似たタイプだと思われるのが、小木田 敦也(23歳・TDK))投手。174/75 という中背の体格で、140キロ台後半のボールをビシバシ投げ込んできます。変化球は、カットボール・スライダー・ツーシムだかフォークなどの沈む球があります。こちらは、全体的にボールは高いものの、両サイドにしっかりコントロールできており、観ていて収まりの良さは彼の方が上かと。八木に比べると、すでに一昨年から指名解禁の年を迎えていますが、順調さを欠いたりムラがあるのか指名が見送られてきた要因ではないかと。ただし、八木と小木田どちらを評価するかと言われたら、個人的には小木田の方を推したいという気がします。変化球も多彩ですし、投球以外のレベルも高い。中継ぎ候補を探しているのであれば、個人的には指名はありなのではないかとみています。しいていえば、今年何か変わったのか?と言われると疑問は残ります。安定して一年間良いパフォーマンスを示せるかが、指名のカギを握るのではないのでしょうか。

もう一人あげておきたいのが、坂巻 拳(24歳・三菱自動車岡崎)投手。こちらは、187/97 の恵まれた体格を生かした大型左腕。以前は145キロ前後の球速で押す粗っぽいタイプでしたが、この日は140キロ台前半~中盤ぐらいと球速は抑え気味。その分、丁寧に投げている感じでコントロールも許容範囲に収まります。

それでも荒れ球で的が絞り難く、球速以上にそのボールには力を感じます。変化球も右打者の外角に小さく逃げるツーシーム的なボールが有効であり、これにスライダーやチェンジアップ系の沈む球もあります。相手のペースになるとちょっと弱そうなところを顔を覗かせるのですが、なんとか崩れずに踏ん張れていました。まだまだ絶対的な内容ではありませんでしたが、こういった投球が年間で持続できれば指名があっても不思議ではないところまで来ているのではないかと思います。一年間、追いかけてみたいと思わせてくれる内容でした。

八木 玲於(23歳・HONDA鈴鹿)投手   177/85 右/右
小木田敦也(23歳・TDK))投手     174/75 右/右
坂巻 拳 (24歳・三菱自動車岡崎)投手 187/94 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード