FC2ブログ

東北福祉大 VS 八戸学院大レポート

弘前で行われるはずだったこの大会が、コロナによる球場使用ができなくなり、一週間延期された末に福祉大グランドに変更して行われました。ツアーのキャンセル料をとられながらも、日帰りの遠征として仙台まで観に行ってきました。ただし所用山積みだったので、第一試合の 東北福祉大と八戸学院大 の試合しか見られずに、帰宅することになりました。

福祉大の先発は、ヤクルトから2位指名された 山野 太一(高川学園出身4年)左腕。だいたい球速は常時140キロ台~MAXで91マイル・146キロぐらいで、両サイドに投げ分けるコントロールがあります。この投手はスライダー中心に組み立てるスタイルで、この球でいつでもカウントを整えられるのが強味。立ち上がりはカーブやチェンジアップの精度が悪かったものの、徐々にこういった球もコントロールできてきました。また要所だと145キロを超えるような球で力でねじ伏せにきますが、全般的には丁寧にコントロールに気をつけて投げている感じがします。

同じく上位指名された 鈴木 昭汰(法政大-ロッテ1位)や佐々木健(NTT東日本-西武2位)のような150キロを超えるような凄みはありませんでしたが、伊藤(JR東日本-阪神2位)や森浦(天理大-広島2位)のような実戦力で勝負するタイプのサウスポーと言えます。今年は2位ぐらいまでに指名される大学・社会人左腕が多かったのですが、この中で誰がものになるのか興味深いところです。先発ならば5勝前後級ぐらいかなと 山野 は感じましたが、どうなることでしょう。

一方の八戸学院大の先発は、ソフトバンクから育成2位指名された・中道 佑哉(野辺地西出身4年)左腕。 こちらの球速は130キロ台後半~MAXで87マイル(140キロ)と驚くほどではありません。かなりストレートが暴れる制球力の無さが以前から気になっていました。テイクバックを小さくとって、ボールの出どころを隠す感じのスリークォーター。特にボールが、右打者の外角・左打者の内角に来る逆クロスへの球筋に集まる特徴があります。そのためアバウトなのですが、左打者の内角には厳しくゆく傾向があります。この選手は右打者の外角ボールゾーン~ストライクゾーンに入ってくる、バックドアのスライダーを得意にしており、これが決まるかがこの選手の生命線ではないかと。変化球は他にもチェンジアップ系の少し右打者外角に逃げる球もありますが、やはり速球とスライダーとのコンビネーションが主体といえるでしょう。それほど奥行きのあるピッチングをするわけではないので、相手の目が慣れる前に替える必要があり、プロでは左の中継ぎ候補としての獲得だと思います。そのため力量的には、育成枠での指名が妥当だったかと思います。面白いのは、スケール型の 佐藤 宏樹(慶応大)左腕を育成1位でとり、実戦型のこの中道を続けて育成2位で獲得した点。なかなか対照的な二人であり、興味深い指名ではありました。今後の伸びしろは微妙ですが、プロで何か良いヒントが見つけられると貴重な存在になりえるかもしれません。

またヤクルトから4位指名された、元山 飛優(福祉大4年)遊撃手がスタメン出場。転がって来るゴロに対しハンドリングの良さを活かした守備は、試合前のノックから目立っていました。ただし以前から少しスローイングが雑というか、独りよがりのプレーが目立つのは気になっていました。この日も単純なショートゴロをミスするなど、天才的な動きができる反面、そういったポカもするタイプなのかなといった気がしました。このへんがアマチュアフリークからは絶大な人気がある一方で、意外にプロの評価は厳しく4位指名まで残った要因かと。それでもバットの芯のあたりでボールを捉えられる打撃センスやスケールの大きな守備は、いずれは出てくる選手だなという気がします。1,2年一軍定着にはかかるかもしれませんが、将来スターになれる素養を持った選手ではないのでしょうか。

そして八戸学院大は、試合中盤からエースの 大道 温貴(春日部共栄出身・4年)右腕を投入しました。ボールはコンスタントに145キロ前後~MAXで92マイル・148キロに到達。立ち上がりからビシッとしたボールの勢いは確かだったのですが、ストレートが高めに抜けがちで、スライダーも微妙に決まらないなど制御に苦労していました。この辺の本当の意味でのコントロールの無さというか、欲しい時にストライクがとれない収まりの悪さがあり、外れ1位候補などとも言われながらも、3位ぐらいまで残った原因ではないかと思います。

特にこの選手が良いのは、右打者外角に切れ込むスライダーのキレにあります。これは、右打者は容易には捉えられない球ではないかと。これを左打者内角にも使ってくるのですが、まだ決めきれないことが多いのが課題かと。他にもチェンジアップだかフォーク系の球などもあり、そういった精度が上がってくるようだと楽になるのではないかと。しかし3イニング目ぐらいからコントロールも安定しはじめ、要所で良いところに決まるようになり絶好調モードに入ってきました。結果としては、タイブレークで点をとられるまで好投し、一世一代の投球だったのかもしれません。一年目から先発などある程度経験できるレベルにはあると思いますが、本格化するのは数年先かと。2、3年目ぐらいにローテーションに定着して、二桁を狙えるところまで来られれば良いですね。

また福祉大は、来年のドラフト候補・椋木 蓮(高川学園出身・3年)右腕を投入。こちらは肘がしならないスリークォーターですが、常時140キロ台後半~MAX93マイル・150キロに到達するなど力強いボールが魅力のリリーバー。肘を上手く使えないために、スライダーやシンカーなどの変化球レベルがあまり高くないのは気になりましたが、両サイドにはボールを散らす制球力はありました。球威のある球質で、空振りを誘うというよりも詰まらせて討ち取るタイプ。来年の有力な候補として、その名前を頭に入れておいて損はないのではないのでしょうか。

山野 太一(東北福祉大4年)投手 172/73 左/左
元山 飛優(東北福祉大4年)遊撃 180/78 右/左
椋木 蓮 (東北福祉大3年)投手 178/75 右/右

中道 佑哉(八戸学院大4年)投手 182/75 左/左
大道 温貴(八戸学院大4年)投手 178/83 右/右

スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

最近の生観戦

ドラウト直前ということで、テレビ・動画配信の無さそうな試合を生観戦してきました。神奈川リーグと、神宮大会の北海道代表決定戦となるはずの試合のレポートです。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2020年秋・亜細亜大 VS 國學院大 レポート

いろいろ条件が整ってきましたので、今年始めて神宮球場に足を運んできました。外苑前の駅の改札から神宮に向かう通路が整備されていたりと、いろいろと様変わりしていたことに驚かされます。

亜細亜大 VS 国学院大

亜大の先発は、プロ志望届を提出している 内間 拓馬(宜野座出身・4年)右腕。立ち上がりから制球に苦しみ、初回はグダグダの内容に。しかし二回以降は、少しずつ調子を取り戻します。それでも5回を投げて、4安打・4四球・2失点とピリッとしない内容でした。球速こそコンスタントに145~150キロぐらい出せる馬力があるのですが、力の入れ加減・抜き加減がわからい選手なのか、ストレートが定まりません。むしろスライダー・カット・カーブ・ツーシーム的なボールでカウントが整えられるので、これらの球を中心に魅せておいて、最後力のある球で仕留めるというピッチングスタイルの方が合っているのかもしれません。確かに馬力は感じられるものの、テンポ・制球力・まとまりなどに欠けるところをみると、高い評価はし難い。結構評価的に下位指名あたりでどうかといった感じで、育成でもプロ入りする気持ちがあるのかも含めて気になるところです。

国学の先発も志望届を提出している 上出 拓真(札幌第一出身・4年)右腕。少々担いで投げるフォームから、130キロ台後半~140キロ台前半のボールを投げ込むものの、球速・ボールの質・制球力含めて特筆すべきものは残念ながらありませんでした。変化球は、スライダーやチェンジアップ系などのボールがありそうといった感じ。こちらはちょっと、売りが何なのかわからず指名となると厳しいのではないかと感じました。

今日確認したかったのは、むしろ野手の方。亜細亜の 矢野 雅哉(育英出身・4年)遊撃手は、プロに混ぜてもトップクラスの強肩自慢のショートです。打球への一歩目の反応が鋭く、ニ遊間の選手らしく細かいステップが刻めスピード感も感じます。こと守備に関しては、プロの素材といいった匂いがします。また今シーズンは打撃が絶不調で、なんとか出塁してやろうとセーフティバントを試みヒットを放つなど、脚力・ドロ臭さも感じられます。セーフティとはいえ、一塁到達タイムは3.7秒とプロでも俊足の部類の脚力があるのも間違い有りません。他にも三遊間をきっちり破る打撃を魅せるなど、元々昨秋の首位打者でコツコツ当てるのは上手いです。ただしこの選手、昔ながらの揺さぶり二番タイプで、今のNPBに混ぜてしまうといかにも非力。打撃に関しては、プロのそれと感じられるものはなく、この辺を各球団どう判断するのか? こちらも、指名があっても下位指名なのだろうなと感じます。

一方国学院では、志望届を提出している 中山 遥斗(大阪桐蔭出身・4年)二塁手。こちらは、強烈なスイングはまさにプロでやって行けそうな打力があります。しかし試合前から、セカンド守備ではちょっと雑なスローイングが気になりました。試合でもよくエラーをするなど、プロのニ遊間となると厳しいと言わざるえません。三塁手として見るのはありかもしれませんが、そこまで長打を連発できるほどなのかと言われると、こちらも微妙。スイングには見るべきものはあるものの、指名となるとどうでしょうか?

そういった意味では攻守にバランスが取れている印象があるのが、小川 龍成(国学院大4年)遊撃手の方。元々丁寧なプレーが身上の選手で、試合前練習から動きの良さを感じさせプロでもニ遊間を担って行ける能力を感じます。ただしスピード感のある守備・走力が売りの選手のはずなのですが、ベースカバーが抜けてしまい、空いたベースを亜細亜大に陥れられるなど、結構ヌケた部分が多いのが気になりました。また滑り込んでくる走者へのタッチも甘く、これが結構盗塁を許すかどうかの大きな別れ目になるプレーになるので、プロのショートしては少し心配になるものも感じました。また打撃の方でも、今日は5打数0安打と良いところが見られず散々な一日となりました。この選手を生で見ていると、センスは感じられるものの、あまりプロっぽくは見えないです。どこかアマチュアっぽく見えてしまうので、指名はされるとは思いますが下位指名クラスなのだろうなという気はします。いずれにしてもプロに入っても学ばないと行けないことも多そうで、少し時間がかかるのではないのでしょうか。

内間 拓馬(亜細亜大4年)投手 179/84 右/右
矢野 雅哉(亜細亜大4年)遊撃 173/71 右/左

上出 拓真(国学院大4年)投手 183/85 右/右
中山 遥斗(国学院大4年)二塁 173/70 右/右
小川 龍成(国学院大4年)遊撃 172/72 右/左

(今日のまとめ)

どの選手も一長一短という感じで、決め手に欠ける内容でした。このへんは、生で見るほうが伝わってくるものは大きいと思います。そういった意味では、これらの選手を見極めるには意義のある一日だったのではないのでしょうか。いろいろ制約があり、試合前練習しか見られなかった 中央と駒沢 の試合も、できれば足を運びたいと思っています。ただし明日も午前中用が入っているので、それが早めに終わると良いのですが ・・・ 。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

7/15 のドラフト候補

今日は、日中でかけていたので、出かける前と帰ってきてからちょろとしか観られませんでした。そんななか確認できた中で注目だったのが、小牟田 龍宝(青森山田3年)右腕。昨年、堀田 賢慎(巨人1位)を輩出した同校において、再びプロを意識できる選手が出てきました。

しかし昨年の堀田がロマンあふれるスケール型ならば、小牟田の方は変化球を交えた総合力で勝負するタイプ。真っすぐの割合は少なく、チェンジアップを多く織り交ぜ、他にスライダー・カーブなども使ってきます。ストレートも少し力を抜いてカウントを整えに来るのか? あるいはあれがカットボールなのかもしれません。そのため滅多に、140キロ台を超えるような勢いのある真っすぐは観られませんでした。たまに力を入れて投げるストレートが、140キロ台中盤ぐらいは出ていそうで、適度な勢いと角度を感じさせる球ではありましたが。

できればセンターカメラからの映像で、相手もそれなりに強いところと戦った時にどう見えるかで判断したいところ。投手としてはある程度まとまっているので、自滅するような危うさは感じられません。あとは、キャパ全開で投げた時に、どんなピッチングを魅せてくれるかでしょうね。今日見た感じでは、正直下位~育成あたりぐらいの投手なのかなといった感じでした。次回見るときには、150キロとも言われる速球派の片鱗を魅せて欲しいところです。

小牟田 龍宝(青森山田3年)投手 178/82 右/右

鹿児島大会では、八方 悠介(鹿児島城西3年)右腕が登場。こちらは選抜出場校なので、8月に甲子園で本気モードでの投球が見られそう。それでも140キロ前後の速球に、スライダーやチェンジアップを織り交ぜたコンビネーションは健在。一冬越えて見違えるほどといったほどではなかったものの、良い成長曲線を描いてきているのではないかと。彼もセンターカメラから、強豪校相手にどんなピッチングをするかで判断したいのですが、昨秋よりはドラフト候補らしくなってきた感じがします。ニ木 康太(鹿児島情報-ロッテ6位)の高校時代に比べると、しなやかさや将来性ではニ木の方が感じました。線の細さと球威の物足りなさが目立った高校時代のニ木よりも、ボールは強いですし投球もしっかりしている感じがします。こちらはプロ志望かはわかりませんが、現状は育成あたりで指名があるかないかぐらいかなという印象ではあります。甲子園での投球をみて、判断して行きたい投手でした。

八方 悠介(鹿児島城西3年)投手 180/74 右/右

二人ともフォームこそ違えど、変化球とのコンビネーションで仕留めてくる実戦派。ただこういった投球ができる選手を、素直に肉付けさせた方が、モノになる確率は高いのかなといった気はします。また私自身は確認できませんでしたが、藤田 青空(弘前東3年)捕手という選手が、プロ注目の選手らしいので、次回の試合では注目してみてみたいと思います。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2020年(1)  慶応大 VS 仙台大レポート 

今年初の、本格的生観戦となった 仙台大 VS 慶応大 の印象をまとめてみました。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード