fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2022年秋 生観戦レポートいろいろ

まだ生で見たことがなかったり、よくわからない選手についてドラフトまでに見ておこうと、この秋幾つかの会場に足を運びました。今回は、そんな観戦レポートをまとめて幾つかご紹介します。

日本選手権予選

生で見たことがなかった 入江 空(24歳・茨城日産)左腕を、日本選手権の予選でみました。オーソドックスなフォームから繰り出す力投派のサウスポーで、球速は常時140キロ台~MAXで91マイル(146キロ)ぐらいと、驚くようなものではありませんでした。それでもボール自体には力がありましたし、右打者の内角を厳しく突くなど物足りなさは感じません。曲がりながら落ちるスライダーのキレも効果的でしたし、映像で見た時にみた抜けの良いチェンジアップも、この日はそれなりといった感じでした。コントロールにも大きな破綻はないのですが、結構ムラっ気がありそうな選手で、高卒のお山の大将のような選手をみているような立ち振舞なので、年齢の割にはどうなのかな?という印象は受けました。それでも、中位~下位ゾーンあたりでの指名は、左腕であることも考えれば充分ありなのではないかとみています。

久々に、森井 絃斗(23歳・セガサミー)右腕をみました。板野高校時代はサイドから、非常に重い球を投げる剛腕のイメージ。社会人3年目ぐらいまで順調で指名も期待されたのですが、故障だったのか旬を逃した印象です。その後低迷していましたが、今年になりちょくちょく投げているのは知っていました。今はオーソドックスな上手投げといったフォームに変わっていたものの、球速は常時140キロ台後半~MAXで150キロを超えてきて力強かったです。できれば、ドラフトまでに他の試合も確認して、現状をしっかり把握できればと思っています。下位指名あたりで、ひょっとしたら指名されるかもしれないので。

北東北リーグ

盛岡からさらに乗り換えて、雫石にある球場に足を運びました。ドラフト上位候補の・金村 尚真(富士大)右腕が先発。球速は140キロ前後(MAXで89マイル・143キロ)ほどと、やや元気がないのは気になりました。スライダー・カーブ・チェンジアップなどを投げ分ける投球術や制球力はさすがだったのですが、肝心の真っ直ぐに絶対的なものがなく、厳しいところに投げるも失点し、青森大に優勝を決定づけられてしまいました。今年の大学生でも屈指の実戦派ですが、この日の投球を見てしまうと、1位の12名というのは正直怖いなというのが率直な感想。このへんは、大学選手権や下級生の頃のイメージとは違う側面が見られたのは収穫でした。それでも、2位の間では消えるのではないのでしょうか。

この試合の目的の1つが、プロ志望届を提出している 名原 典彦(青森大4年)中堅手のチェックでした。コロナ対応のため球場になかなか入ることができず、試合前練習を見ることができなかったのは心残りです。打撃に関しては、この日の決勝点への先駆けとなった三遊間に抜けるヒット一本でした。そのため、金村(富士大)の徹底マークにあい、打撃では持ち味を殺されていました。そういった意味では、レベルの高い投手に対する対応力という意味では物足りなさが残りました。それでも肩はあまりわからなかったのですが、打球勘や守備の動きの良さは目をひき、脚力もある選手だと実感。評価としては、育成枠あたりなのではないかと思います。右打ちの強打の外野手で、守備・走力との身体能力があるアスリート系外野手なのではないかと。

また、もう一人のお目当てであった 松山 晋也(八戸学院大4年)右腕は、試合前にブルペンに入っていたので先発かと思いきや、この日はベンチ入りメンバーから外れてました(翌日に先発した)。かなり担いで投げる力投派で、「打てるものなら打ってみろ」というわかりやすいタイプ。投球の模様は、幾つかの映像があったので、それを参考に寸評を作成せざるえなくなりました ・・・ 。見た印象では、相手の勢いを牛耳れるリリーフタイプの投手で、中位~下位での本会議での指名ができそうに映ったが、当日はどういった評価になるのか注視したい。

神奈川大学リーグ

球場に到着してすぐに、土井 克也(神奈川大4年)捕手が、いきなりレフトスタンドに本塁打。攻守にバランスのとれた好捕手ですが、現時点ではプロ志望届を提出していません。唐津商時代からプロ注目の素材で、下級生からスタメンを守り続けた実績の持ち主。しかし、この春は打撃でのアピールがイマイチで、やや陰は薄くなっていました。今年の大学生捕手で指名を意識できる貴重な存在だけに、志望届を提出しないのか気になります。

この日のお目当ては、神奈川リーグが誇るもう一人のドラフト候補 吉田 賢吾(桐蔭横浜大4年)捕手の確認に。打つことに関しては、今年の大学生でも一番ではないかと評価している選手で、この日も第一打席に内角の難しい球をセンターにはじき返していました。この日は、捕手としてのディフェンス面を改めて生で見たかったという思い足、球場までを運びました。しっかり声を出し、周りに指示の出せるキャプテンシーのある選手です。キャッチングもそれなりですし、打球への反応なども悪くありません。元々、サードあたりもこなせそうな足回りの良さもあります。地肩も悪くはないのですが、タイムにすると1.9~2.0秒ぐらいと、プロの捕手としては平凡。それでも、結構細かい部分まで意識のゆく選手で、独特のルーティンでも打席に入るようにプレーにもこだわりが感じられます。元々他のポジションを担っていた選手なので、あまり捕手っぽくないというか、ディフェンスに関しては平凡なイメージがありました。この日もプロの捕手として勝負して行けるかと言われると微妙な感じはしましたが、だいぶ捕手らしい所作や動きになってきたなという気がします。プロでも「打てる捕手」として、勝負して行けるかもしれないと思って帰ってきました。実際指名順位となると読み難いのですが、これだけの打力のある捕手は貴重なので、中位(3位~5位)ゾーンあたりになるのではないかとみています。

スポンサーサイト



2022年 関西5リーグ対抗戦レポート

金曜日に日帰りで京都まで足を運んだ、関西5リーグ対抗戦のレポートです。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2022年 平塚合宿レポート 外野手編

平塚合宿レポートも、今回が最終回。最後を飾るのは、外野手についてです。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2022年 平塚合宿レポート 内野手編

平塚合宿に参加していた、気になった内野手について触れてみました。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2022年 平塚合宿レポート 捕手編

平塚合宿レポート、本日は捕手についてです。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード