FC2ブログ

2021年 東京都春季高校野球大会

東京で気になっていた、左右の投手が登場するカードとなったので、駒沢球場まで東京都春季大会を観戦に足を運びました。

関東一 VS 日本学園

関東一高の先発・市川 祐(3年)投手は、右の正統派右腕。すでに昨年の段階から140キロ台を連発できるスピード能力があったが、私が会場に着いたときにはすでに大量リードだったせいか? 球速は120キロ台後半~130キロ台中盤。スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜるオーソドックス投球スタイルは変わらなかった。ただし、身のこなしやボールの感じからも、いくら力を抜いて投げていたとしても、ドラフト候補の匂いは全くしなかったのは残念だった。現状は、大学などに進学するタイプとみて良いのではないのだろうか。

関東一では、4番を打つ 楠原 悠太(3年)遊撃手が気になった。私が見ているところでは、あまり打撃で派手な活躍は見られなかったものの、ここまでの春季大会では3試合でマルチ安打を放つなど安定した内容。均整の取れた体格からの、守備・肩などの身体能力も高そうで、今後の試合でも注視したいと思わせる雰囲気があった。秋は、捕手として出場していた選手だった。

また対戦相手の 日本学園の4番・澤田 夕輝(3年)捕手という選手も、同校では抜けたスイングをする強打者で、捕手としてもなかなかの強肩であった。制球の精度や細かい部分で、まだまだ高いレベルの野球で揉まれなければという感じは受けたが、持っている素材は悪くない。外野手だった選手なので、大学などで捕手の技量を磨ければひょっとするかもしれない。

市川 祐 (関東一3年)投手 184/82 右/右
楠原 悠太(関東一3年)遊撃 179/75 右/左

澤田夕輝(日本学園3年)捕手 右/右


八王子学園八王子 VS 専修大付属

八王子の先発は、星野 翔太(2年)右腕。均整の取れた体格から投げ込まれる本格派で、130キロ台中盤のストレートと曲がりの大きなスライダーを武器に、専修大付属相手に6回までヒットを許さない快投ぶり。まだ線の細さは感じられるが、フォームに癖がなく、球速以上に球筋の良さもあり、順調に肉付けして行ければ来年の今頃には140キロ台を投げる本格派として注目される存在になっているかもしれない。

八王子の4番・落合 俊介(3年)右翼手は、脚力があり肩も強そうな選手。打撃ではあまり目立たなかったが、今後の試合を観る機会があれば、その身体能力含めて注目して行きたい選手だった。

そしてコールド目の前の7回に登場したのが、この日のお目当てだった 羽田 慎之助(八王子3年)左腕。「和製ランディ・ジョンソン」とありきたりな愛称がついているが、まさにそういった上半身主導で腕をブンと振ってくる粗っぽさがある。球速こそコンスタントに130キロ台後半~MAXで91マイル・146キロを記録。明らかに、ボールの勢い・威力は、この日登板した選手たちとは違っていた。ただし、コントロールは相当アバウトな上に、変化球がどうなのか? また1試合20球ぐらいを目安に登板しているようで、出塁を許し球数が増えて来るとボールの勢い・球速も明らかに落ちるスタミナなども不安が残った。素材としてはロマン溢れるが、上のレベルで使えるようになるまでには、かなりの育成力と忍耐力に時間が必要になりそうだ。一昔前ならば上位指名になったタイプだが、今の総合力が求められるスカウティングでは育成指名あたりになってもおかしくない。そのへんは、球団やスカウトの考え方で評価が別れる存在となりそうだ。いずれにしても、もう少し長いイニングを投げてもらわないと、全容が掴みきれない。そういった投球が見られるのは、夏の大会まで待たないと行けないのではないのだろうか。

星野 翔太(八王子学園八王子2年)投手 181/82 右/右
落合 俊介(八王子学園八王子3年)右翼 183/71 左/左
羽田慎之助(八王子学園八王子3年)投手 190/82 左/左

スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

中京大 VS 東海大学園大

4/3(土) 全国の大学リーグの多くが、この日から春季リーグをスタートさせました。そんな中、私は愛知の瑞穂球場で行われる 愛知学生リーグに足を運ぶことに。しかし、第二試合は中止になり、観られたのは1試合のみとなりました。

中京大 VS 東海学園大

今回の観戦の目的は、伊藤 稜(中京大4年)左腕の視察でした。176/73 というプロフィールでしたが、実際観ているともっとガッチリした体型に見えます。小さめなテイクバックながら、ボールはビシッとしていて常時140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速でも、それ以上に感じさせる力強さがあります。かなりそのストレートが暴れて制球に苦しむも、小さく横滑りするカットボールでカウントを整えつつ、チェンジアップや時々決まるスライダーのキレは悪く有りません。普段はこんなコントロールに苦しむことも珍しく、球速も150キロを記録することもあるということで、良いときよりはかなり不安定な内容だったのかもしれません。ただし、今日みた感じだと、本当の制球力がないところに危うさを感じられる部分もあり、ドラフト順位としては4位前後ぐらいなのかなと感じです。それでも、左腕でこれだけのボールを投げる選手なので、大学選手権あたりでアピールできれば、その評価が一つ二つ上がっても不思議ではないのでしょう。本会議での指名は、ほぼ濃厚なレベルにはあると考えられます。

その伊藤以上に強力なインパクトを残したのが、澤井 廉(中京大3年)右翼手。第一打席で、いきなり左中間スタンドの一番深いところに叩き込んだ打球は圧巻でした。その他の打席でも、強烈な打球でヒットを連発し、このリーグでは頭ひとつ抜けた強打者なのではないかと実感します。残念ながら、守備・走力などに関してはよくわからなかったのですが、来年の大学球界を代表する、左のスラッガーとして注目して行きたい存在でした。できれば大学ジャパンなどのメンバーに選出されて、高いレベルでの経験を積ませてあげたいところはあります。

中京大では、最後に 三浦 大輝(時習館出身・3年)右腕が登板。こちらは、完全に力で押す力投派で、常時145キロ前後~後半を出せる馬力があり、来年に向けて覚えておいても良さそうな速球派でした。東海学園大では、先発の 浦野 光市(藤枝明誠出身・4年)左腕が、脱力したフォームから135キロ前後のまっすぐに、スライダーやチェンジアップなどを低めに集める技巧派でした。けして悪い投手ではなかったのですが、やはり上のレベルを意識すると球威の無さが気になります。そのためこの試合では、中京大打線に捕まっていました。東海地区の社会人チームあたりで、野球を続けて行ければと感じました。

伊藤 稜 (中京大4年)投手 176/73 左/左
澤井 廉 (中京大3年)右翼 180/80 左/左
三浦 大輝(中京大3年)投手 180/83 右/左

浦野 光市(東海学園大4年)投手 175/73 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2021年 スポニチ大会三日目レポート 

関東の観戦者にとって、スポニチ大会で優先するのは、遠い地域にあるチームの観戦と指名有力候補のチェックとなる。すでに二日目までに 廣畑(倉敷オーシャンズ)と鈴木(TDK)を確認していたので、あとは、八木(HONDA鈴鹿)・小木田(TDK)あたりが観られないかというのが、この日の目的でした。その思惑どおりに、しっかり見ることができた三日目となりました。

その 八木 玲於(23歳・HONDA鈴鹿)投手は、試合の最終回に登場。177/85 のガッチリとした体格の投手で、コンスタントに140キロ台後半~最速150キロを記録。空振りを取れるような球質というよりも、球威のある力のあるボールです。これにスライダーと、フォークを多めに使ってくるピッチングスタイル。スピード能力に関しては、廣畑・鈴木 とともに、今年の社会人ではトップクラス。都市対抗では、コンスタントに150~154キロを投げ込んでくるリリーフタイプ。球速の割に合わされやすいフォームなのと、コントロールがかなり粗っぽいの欠点。この日は四死球などで崩れることはなかったのですが、本当にボールを観られたときにどうなるのか?というのが今後のチェックポイントになるのではないのでしょうか。現状は、指名候補の一人ではあるものの、指名確実なレベルかと言われると微妙な気はします。

彼と良く似たタイプだと思われるのが、小木田 敦也(23歳・TDK))投手。174/75 という中背の体格で、140キロ台後半のボールをビシバシ投げ込んできます。変化球は、カットボール・スライダー・ツーシムだかフォークなどの沈む球があります。こちらは、全体的にボールは高いものの、両サイドにしっかりコントロールできており、観ていて収まりの良さは彼の方が上かと。八木に比べると、すでに一昨年から指名解禁の年を迎えていますが、順調さを欠いたりムラがあるのか指名が見送られてきた要因ではないかと。ただし、八木と小木田どちらを評価するかと言われたら、個人的には小木田の方を推したいという気がします。変化球も多彩ですし、投球以外のレベルも高い。中継ぎ候補を探しているのであれば、個人的には指名はありなのではないかとみています。しいていえば、今年何か変わったのか?と言われると疑問は残ります。安定して一年間良いパフォーマンスを示せるかが、指名のカギを握るのではないのでしょうか。

もう一人あげておきたいのが、坂巻 拳(24歳・三菱自動車岡崎)投手。こちらは、187/97 の恵まれた体格を生かした大型左腕。以前は145キロ前後の球速で押す粗っぽいタイプでしたが、この日は140キロ台前半~中盤ぐらいと球速は抑え気味。その分、丁寧に投げている感じでコントロールも許容範囲に収まります。

それでも荒れ球で的が絞り難く、球速以上にそのボールには力を感じます。変化球も右打者の外角に小さく逃げるツーシーム的なボールが有効であり、これにスライダーやチェンジアップ系の沈む球もあります。相手のペースになるとちょっと弱そうなところを顔を覗かせるのですが、なんとか崩れずに踏ん張れていました。まだまだ絶対的な内容ではありませんでしたが、こういった投球が年間で持続できれば指名があっても不思議ではないところまで来ているのではないかと思います。一年間、追いかけてみたいと思わせてくれる内容でした。

八木 玲於(23歳・HONDA鈴鹿)投手   177/85 右/右
小木田敦也(23歳・TDK))投手     174/75 右/右
坂巻 拳 (24歳・三菱自動車岡崎)投手 187/94 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2021年 スポニチ大会二日目レポート 


今大会で最も生で確認してみたいと思っていたのが、この鈴木 大貴(24歳・TDK)右腕でした。ワインドアップから、振りかぶった腕を二回ダンダンと後ろに反動をつけて投げる変速ですが、腕の振りとしてはサイドハンドようなスリークォーターです。都市対抗の時には、常時150キロ前後~中盤ぐらい出していたのですが、この日は私が確認した中では神宮のガンで149キロ。

しかしビシッとしたボールの質は素晴らしく、コントロール・テンポなども良く、今大会出場した選手の中では一番総合力は高く感じました。変化球は、横滑りする大きなスライダーとのコンビネーションで、あまり効果的とは言えないものの、シンカー系の球もあります。

課題は、ランナーを出すと変則のフォームが普通になるので、相手としては合わされやすくなること。また、球速がかなり落ちる傾向が観られます。また持ち球が基本スライダーと単調なので、そのへんも幅を広げてゆかないといった気がします。中背の 廣畑 敦也(24歳・倉敷OS)右腕よりも体格に恵まれている分、スケールは感じさせる素材です。いずれにしても、ドラフトの有力な指名候補には上がってくるのではないのでしょうか。イメージ的には、コントロールやテンポを良くした 三上 朋也(DeNA)とかそういったタイプかと。

一方のHODAの先発は、高卒3年目を迎える 米倉 貫太(21歳・埼玉栄出身)右腕。こちらは、184/86 の惚れ惚れするような体格とフォームから投げ込む正統派です。埼玉栄時代から、ドラフト界隈では名の知られた選手で、球速はコンスタントに140台~中盤を出せます。カーブような軌道をたどるスライダーに、チェンジアップ・フォークなどを織り交ぜるオーソドックスなスタイル。まだ、おっかなビックリ投げている感じで、持ち得る能力を充分出せているかは微妙です。これからシーズンが進むにつれ自信を深めて殻を破って行けるのか? 信頼を失って大事な試合を任されるまでにはならないのか? 現時点では、どっちに転ぶかはわかりません。素材の良さは誰もが認めるところですが、まだ投げているだけといった感じで、投球に深みも大胆さもないので、これからどういった色を出せるかではないのでしょうか。独立リーグの選手とかならば、この素材でそのまま育成枠でとかは充分ありうると思います。しかし、社会人チーム所属の選手だけに、そういったことができないことがプロを目指す上でどう出るかは微妙ではないのでしょうか。現状は候補には入れて良いと思いますが、どっちに転ぶかはまだわかりません。

東京ガスの試合では、終盤にルーキーの 益田 武尚(23歳・北九州市立大出身)右腕が登場。リリーフだということもあり、140キロ台中盤の威力のある球に加え、カットボールやフォーク系の沈む球で空振りも奪えており、リリーフならば見栄えのする球を投げ込んできます。昨年見た時は、何かしらの形で指名されるレベルにあるのではないかと思っていましたが、有力社会人チームに内定し、この中背の体格も考えると、プロ側が無理してまで獲得に動かなかったのも納得できる部分はあります。これから、チームでも積極的に起用されてゆく存在だと思うので、来年までに文句なしの領域にまで到達してプロ入りを実現して欲しい選手です。

鈴木 大貴(24歳・TDK)投手   182/84 右/右
米倉 貫太(21歳・HONDA)投手  184/86 右/右
益田 武尚(23歳・東京ガス)投手 175/86 右/右

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2021年 スポニチ大会初日

今日は、大会に出場する選手で記事を作成する予定があったので、取材申請を出してスポニチ大会を観戦してきました。お目当ての 廣畑 敦也(24歳・倉敷オーシャンズ)右腕が先発ではないとわかり、バスもちょうどない時間帯だったので 大森海岸の駅から30分以上歩いての会場入りでした。

そのお目当ての 廣畑 敦也 投手が登場したのは試合後半から。球速は常時150キロ前後を記録し、MAXで大田スタジアムのガンで153キロを記録。マイガンでは、93マイル(148キロ)でしたが明らかにボールの勢い・質が他の投手とは違っていました。

変化球は、130キロ台後半のカットボールのような球に、130キロ弱のスライダー。さらにチェンジアップのような球に、スプリットのような沈む球も投げていたかと。やや力みからか? 左打者への投球を中心に制球がアバウトになっていましたが、寒さも考えるとこの時期としてはこれ以上のものを望むのはといった感じでした。上背はないのですが、上位指名を意識できるボールを投げ込んでいたのは確かです。

倉敷オーシャンズには、ドラフト候補云々は他にいないかもしれません。しかし、各打者の振りが強く、2年前の日本一チーム・JFE東日本相手に、打力で上回る内容でした。JFE東日本では、3年目を迎えた 平山 快(25歳・東海大出身)三塁手が、チームでは抜けた存在に見えました。ただし、今川 優馬(日ハム)が抜けて、少々元気がなかったのは気になりましたが。また東芝では、ルーキーの 大庭 樹也(23歳・専修大出身)遊撃手が、一番打者として出場。低めの変化球を上手く捉える打撃は、少し気になりました。183センチの大型内野手で、やや動きは緩慢かなとは思えたのですが、深いところから強い送球を魅せる強肩には目を惹くものがあります。お馴染みのメンバーが揃う打線の中では、目新しさという意味でも注視して行きたい一人です。

廣畑 敦也(24歳・倉敷OS)投手   177/75 右/右
平山 快 (25歳・JFE東日本)三塁  181/88 右/右
大庭 樹也(23歳・東芝)遊撃    183/84 右/右

第二試合の序盤で球場をあとにして、神宮球場に移動。普段あまり観られないカナフレックスでは、4年目の 黒岩 龍成(26歳・関西国際大出身)右腕という投手が気になりました。右の本格派で、コンスタントに140キロ台後半の速球を投げ込み、ボールにも力があって目に留まるものがありました。変化球も、スライダー・カットボール・チェンジアップだかフォーク系の沈む球もあります。年齢的には少々プロは厳しいところには差し掛かっていますが、このチームの選手を見る時には今後も気に留めてみたい一人。

また第三試合のTDKでは、高卒3年目の 佐藤 開陸(21歳・能代松陽出身)左腕が登板。165/63 の小柄な投手で、球速は135~140キロ台前半ぐらい。もう少し、ボールに球威・球速が欲しい感じはしました。スライダー・カーブ・チェンジアップなどもあり、適度にまとまりのある好投手。残念ながらこの試合では、ドラフト候補というほどのインパクトまでは感じませんでしたが。

一方の鷺宮製作所の先発は、ルーキーの 中島 隼也(23歳・城西国際大出身)右腕。こちらは城西国際大時代から知られた好投手で、非常にオーソドックスなフォームから投げ込んできます。球速は140キロ台前半ぐらいでしたが、スライダーやチェンジアップなどを織り交ぜ、メリハリの効いた投球ができます。ドラフト候補というインパクトには欠けるものの、社会人で長くやって行けそうなタイプです。チームの主戦への成長が、今後期待できます。

今日は、私にとっての今年初の生観戦。スピードガンが元気だったのを確認でき、今年はじめてお会いできた方も多く、普段歩かないのに歩きまくったものの、心地よい疲労となりました。

黒岩 龍成(26歳・カナフレックス)投手 178/73 右/右
佐藤 開陸(21歳・TDK)投手      165/63 左/左
中島 隼也(23歳・鷺宮製作所)投手   180/81 右/右

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード