fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2023年 選抜総括(将来編)

選抜総括の最終回、今回は将来の候補になりえそうな下級生たちについて触れて行きます。

(投手編)

秋以降、来年世代を引っ張っていてくれそうなのが、高尾 響(広陵2年)右腕。130キロ台後半~要所で投げる140キロ台中盤の速球の威力には目を見張るものがあった。スライダー・スプリット・カーブなども織り交ぜ、フィールディング含めて洗練されている。けして、スケールで魅了するタイプではないものの、すでにかなりの総合力を身につけている。どららかというと体格にも恵まれていないので、高校からプロというよりも、有力大学などを経てどうなるのか? といった進路をたどるかもしれない。

こちらも大学タイプかなといった気はしますが、小宅 雅己(慶應義塾2年)右腕は総合力が高い。スリークォーターから繰り出す130キロ台後半の球には伸びがあり、球速以上に厄介。両サイドや低めに集める制球力もあり、カーブやスライダーを織り交ぜてくる。まだ新2年生ということで、来夏までに何処まで伸びて来るか? 近い将来は、付属の大学に進んでリーグ戦を盛り上げてくれそうな存在になれるかもしれない。

そういった意味では来年のドラフト候補として期待したいのが、平 悠真(高知2年)右腕が登場。球速は135キロ前後と、秋からの上積みが観られなかったのは残念。そのぶん変化球を多く混ぜ、フォークなどが有効だった。高めに甘く浮いた球を捉えられていたので、今後はそういった球を減らして行きたい。ただ素材的には、来夏までにあと10キロぐらいはまだ上積みが望める素材ではないかとみている。またチームメイトの 辻井 翔大(2年)右腕 投げっぷりが良くく、スケールよりも洗練されたタイプの好投手。こちらも球速は135キロぐらいだが、打者の内角を厳しく突いてくる実戦的なタイプ。カーブ・スライダーだけでなく、縦の変化球で空振りが取れるなど終盤まで的を絞らせないで好投した。野球センスも高く、将来的には野手としての可能性も模索して行きたい。

まだまだこれからだが、世代を代表する素材として注目された 小川 哲平(作新学院2年)や今朝丸 裕喜(報徳学園2年)右腕が甲子園デビューを果たした。小川は骨太のガッチリした体格から投げ込むパワー型で、対照的に今朝丸は、スラッとした体型のセンス型。この二人が、今後どんな成長を遂げてゆくのか注視して行きたい。

高尾 響 (広陵高校2年)投手 172/68 右/右
小宅 雅己(慶応義塾2年)投手 180/75 右/左
平  悠真(高知高校2年)投手 183/78 右/右
辻井 翔大(高知高校2年)投手 170/73 右/右
小川 哲平(作新学院2年)投手 183/90 右/右
今朝丸裕喜(報徳学園2年)投手 185/70 右/右

(野手編)

野手で来年の候補になってきそうなのが、健大高崎の4番の 箱山 遥人(2年)捕手。緒戦ではレフト方向へ2本のヒットを放つなど、下級生ながら存在感を示した。まだ先輩とのバッテリーということで遠慮があるのか? やや自分の色が出せていない。まだキャッチングやフットワークなど、もう少し素軽さが欲しい。しかし、秋以降はドラフト候補としてプロからも注目される存在になりうるのではないのだろうか。

こちらも大学タイプかなという気はするものの、すでにかなり高い技術・能力を示しているのが、徳丸 快晴(大阪桐蔭2年)右翼手。守備や走力に体格などでアピール度が薄い点と、長打力というよりはポイントゲッタータイプ。有力大学に進んで、その能力を示してゆくタイプではないかとみている。

高校からプロにというところまで行けるかは微妙なものの、片井 海斗五十嵐将斗 の二松学舎大附属の二人も楽しみな強打者達。片井は、高尾(広陵)の真っ直ぐに対応できていたところに可能性を感じさせ、五十嵐は広陵戦であわやホームランの大飛球を放っていた。

箱山 遥人(健大高崎2年)捕手 175/83 右/右
徳丸 快晴(大阪桐蔭2年)右翼 178/83 左/左
片井 海斗(二松学舎大付2年)一塁 175/97 右/右
五十嵐将斗(二松学舎大付2年)右翼 180/102 右/右

(最後に)

まだ2年春の時期ということもあり、プロの素材というよりも大学などに進んで行きそうな完成度の高いセンス型目立つ。また、ここには名前は上げなかったものの、まだ形になっておらず将来どうなるかわからないけれど、気になる選手は複数いた。夏の大会では、もっともっと下級生の名前が上がってくるだろうから、彼らの成長を今は待ちたい。

2023年 選抜総括(野手編)

選抜総括・今回は、3年生の野手編について、ポジション別に考えてみたい。

(捕手編)

堀 柊那(報徳学園3年)は、きめ細かいところまで意識がゆく、捕手らしい捕手。フットワークやワンバウンド処理など、足回りも素軽い。ただし、1.8秒前後スローイングでは、焦って投げてしまい制球を乱す場面も。またプレーも、意外に丁寧にといったタイプではなかった。打撃に関しては、長打で魅了するというよりも、右方向にはじき返す実戦的なタイプ。高校NO.1捕手の評価に異論はないものの、1位指名でといったほどのインパクトまでは感じなかった。現状は、2位・3位ゾーンぐらいでみてゆきたい。

むしろ圧倒的な地肩という意味では、鈴木 叶(常葉菊川3年)。秋は粗っぽい印象を受けたが、体を小さく屈め的を大きく魅せるキャッチングだったり、ランナーが出れば立って返球するなど雑な感じは薄れてきた。執拗に内角を使いたがるリードなどは気になったものの、二塁までの到達タイムが 1.7秒台中盤だったのは驚きだった。打撃でも平野(専大松戸)のスピードにもついて行けており、2打席目には真っ直ぐをセンター前にはじき返した。インテリジェンスやセンスをというよりも、ポテンシャルが勝ったタイプといった感じはするが、プロ志望であれば 中位ゾーン(3位~5位ぐらい)での指名も意識できる素材ではないのだろうか。少々腕が横から出てくるので制球が安定するのか?という疑問は残ったものの、地肩の強さは一級品だった。いずれにしても、高校からプロ入りを意識できる素材だろう。

もう一人あげておきたいのが、坂根 葉矢斗(3年)。フットワークが機敏で、テンポの良いリードが持ち味。打っても4番で、緒戦の第一打席にはきっちりライト前に強い打球を放っていた。この選抜では緊張からか? 送球ミスやキャッチングミスなども目立ってしまったが、元来は攻守にバランスがとれてた選手であり、ドラフト候補として夏まで追いかけてみたい。

また将来的に捕手かは微妙だが、南川 幸輝(3年)捕手の成長ぶりも目をひいた。秋までは、打力は確かなものの、プレーが雑で捕手としてはどうかという疑問が残った。しかし、粗かった守りも改善されてきており、返球も丁寧になってきた。キャッチングなどにブレがなくなり格段に成長。打球への反応も鋭くなり、プレーに集中力が感じれた。将来的には他のポジションかもしれないが、左打席から4.15秒前後と走力も標準レベルはある。こと打つことに関しては、ドラフト級の打力の持ち主だといえよう。高校から指名されるのか? あるいは、本人がプロ志望なのか? という部分は不明だが、ドラフト候補としてみていける選手だった。

堀   柊那(報徳学園3年)捕手 179/76 右/右
鈴木 叶 (常葉菊川3年)捕手 180/76 右/右
坂根 葉矢斗(履正社3年)捕手 171/90 右/右
南川 幸輝(大阪桐蔭3年)捕手 178/82 右/左


(内野手編)

内野手で最も注目を集めたのは、真鍋 慧(3年)一塁手。初戦からレフト前にキレイにはじき返したり、低めの球を上手く捉えるなど、この日も凄みよりも上手さが光る内容だった。打撃能力の高さは誰もが認めるところだが、皆が望むほど本塁打が出るのか?といった疑問と、守備の不安や走力の無さを露呈してしまった大会でもあった。それでも進学する選手が多い同校の中でも、この選手は高校からのプロ入りが期待できる素材であり、上位指名候補であるのは間違い無さそうだ。オーバーフェンスはまだ見られないが、大会中に一本ぐらいインパクトのあるホームランを放ちたい。

同じ一塁手では、仲田 侑仁(沖縄尚学3年)は評価を高めた大会ではなかったのだろうか。初戦では、左中間スタンド中段に叩き込むだパワーは圧巻。パワフルな打者でありながら脆さがなく、ボール球を振らない眼の良さが光る。一歩目のスタートが遅れたセカンドゴロのタイムではあるが、右打席から4.6秒前後(左打者換算で4.35秒前後)と、走力がないのと他のポジションが担えそうなのか? 夏までに見極めて行きたいポイント。

真鍋 慧 (広陵高校3年)一塁 189/90 右/左
仲田 侑仁(沖縄尚学3年)一塁 186/96 右/右

他のポジションの内野手は、センス型で進学の可能性も高そうな選手たち。そんな中では、進藤 天(3年)遊撃手。初戦ではトンネルこそしていたが、打球への反応・フットワーク・ボールさばきの良い守備は下級生から光っていた。肩も深いところから強い送球ができるなど基準を満たすものがあるが、一塁までの到達タイムは右打席から4.1秒(左打者換算で3.85秒前後に相当)と、走力がプロでも上位クラスであることを証明。また打撃でも派手さこそないが、実戦的なプレーで多くの打点を叩き出していた。

個人的に大会前から期待していたのが、山口 翔梧(龍谷大平安)遊撃手。秋には6割以上の打率を残し、芯で捉えられる能力に注目してきた。しかし、初戦では結果を残せなかったものの、サードゴロの一塁到達タイムは、右打席から4.15秒前後(左打者換算で3.9秒前後に相当)と、プロでも俊足レベルの脚力。2戦目では、ライト前にきっちりはじき返しただげでなく、一発も放って魅せた。また初戦ではミスが目立っていたが、二戦目からは動きの良いプレーを見せていた。個人的には、夏まで気にかけてみたいひとりだった。

またプロ志望といわれるのが、  山田 脩也(仙台育英)遊撃手。初戦では、最後の最後でサヨナラ打を放つ活躍。地肩や走力など身体能力は悪くないが、プロに混ぜてしまうと突き抜けたものがないところをどうみるか? センス型で大学進学タイプにも見えなくはなかったが、バットの使い方が山田哲人(ヤクルト)に少し似ているところは面白いと感じた。ただし、この選抜ではアピールという意味では物足りなかったことは否めない。

進藤 天 (山梨学院3年)遊撃  172/72 右/右
山口 翔梧(龍谷大平安3年)遊撃 176/68 右/右
山田 脩也(仙台育英3年)遊撃  177/71 右/右


(外野手編)

外野手は、高校からプロといったほどのインパクトを与えてくれた選手はいなかった。球団によっては、夏まで追いかけるかもしれない選手とすれば、西  稜太(履正社3年)中堅手。大会では初戦で姿を消してしまったが、高めの球をうまく上からたたきヒットを放った。ヒットはこの1本に終わったが、一塁までの到達タイムは 4.0秒前後と俊足。三拍子バランスのとれたプレーヤーとして、継続して追いかけてゆく球団もあるだろう。

秋の外野から、この選抜ではセカンドを守っていた 青山 達史(智弁和歌山3年)。けして動きの俊敏な選手ではないが、強肩でゲッツーが成立させやすかったり、丁寧にプレーしようとする姿勢は伝わってきた。むしろ自慢の打撃では、ボテボテの内野安打やレフト前へのポテンヒットなど、徹底的な内角攻めにあい芯で捉えた打球がなく甲子園をあとにした。特に長いリーチが災いして、内角のさばきが窮屈。また今回のセカンド守備が、スカウトたちからプロでも内野が可能と判断されるかどうか? 個人的には、上のレベルでは三塁もしくは外野ではないかとみている。

同じく背番号8を付けながら捕手を担っていた 知花 慎之助(沖縄尚学)。守ってもフットワークが機敏で、打球への反応にも優れ強肩でもある。いろいろ細かく指示を出すなど適正は感じれたが、投手への返球が乱れる場面が散見された。柔らかいハンドリングを生かした打撃は健在で、対応力と鋭いヘッドスピードを持っている。気になるのは、ボール球の見極めという眼の部分。 それでもなんとなく、広陵時代の 上本 博紀(早大-阪神)を彷彿とさせる選手だった。高校からプロというよりは、有力大学に進んで実績を残しプロを目指といった感じで、将来的にはキャッチャーではなく、別のポジションで野球センスの高さを生かしてくれそうだ。

西  稜太(履正社3年)中堅   173/74 右/左
青山 達史(智弁和歌山3年)二塁 184/87 右/右
知花慎之助(沖縄尚学3年)捕手  172/70 右/右


(最後に)

この選抜に限らず、今年のドラフト戦線にいえるのは、一塁や捕手の人材は豊富だということ。ショートも全体的に数はいるのだが、上位候補といった圧倒的な存在がいない感じ。外野手の人材に欠けるところも、この選抜は今年のドラフト戦線を象徴するような大会だった気がする。そういった意味では、夏に向けて外野手にスターが飛び出してくることを期待してみたい。

2023年 選抜総括(投手編)

甲子園出場全校をチェックできたので、今回は3年生の投手達について、ドラフト目線で考えて行きたい。

(投手編)

スカウト達の注目を最も集めたのは、前田 悠伍(大阪桐蔭)左腕ではなかったのだろうか? 甲子園のガンが左腕には厳しいという状況でもあったが、MAX142キロ止まりと球速面ではやや物足りなかったのは確か。それでも、腕の振りは昨秋より上がってきており、ボールの勢い・質という意味では悪くなかったように思える。この投手の良さは、スライダー・カーブ・チェンジアップなどの変化球のキレ・精度が高いこと。そして、ピンチではしっかり踏ん張りの効くハートの強さにある。そういった意味では、緒戦も二戦目も、厳しい場面をきっちり抑え込めた点はさすが。ただし、二戦目のリリーフでも球速は上がらず、その点でやや伸び悩んでいるとか、物足りないと判断する球団があっても不思議ではなく、評価は別れる可能性は否定できない。個人的には、改めてその力を再認識した大会ではあり、1位指名を意識できる素材だと評価したいのだが。夏に、甲子園行きを逃したりすると、ひょっとしたら2位あたりまで残る可能性もあるのではないのだろうか。

大会前から、前田に次ぐ注目度があったと思われるのが、平野 大地(仙台松戸)右腕。秋は故障などもあり、充分にその能力を発揮できなかったが、一冬越えて健在ぶりをアピールできた大会だった。球速は146キロぐらいではあるが、ボールに球威があり存在感は充分。縦の割れのカーブに、武器であるスライダー。また、この冬習得したフォークなど、投球の幅を広げてきた。秋の故障の影響で、オフシーズンに充分に投げ込みができなかった関係からか、どうしても変化球を多めに投げてしまい投球で凄みがあまり感じられない。そのため、現時点では上位候補(2~3位)クラスだとは評価できても、夏までのさらなる引き上げがないと1位の12名に入ってくるとようなインパクトは与えられなかったのではないのだろうか。

このひと冬の間に一番成長を遂げたのは、日当 直喜(東海大菅生)右腕ではないのだろうか。190/98 の巨体から繰り出す速球は、大会最速となる148キロを記録。また、その球質は実に重い。緒戦は全部真っ直ぐを投げていたが、2戦目の登板では、カーブ・スライダー・武器であるフォークなども織り交ぜ、制球の粗さも修正されていた。ただの速いだけの投手ではないことを改めて証明しただけに、本人がプロ志望であれば上位候補(2~3位)あたりのランクには充分に評価されていそうな内容だった。しいて言えば、高校生にしては身体が出来上がり過ぎていて、プロ入り後の上積みが何処まで残されているのか?といった部分に、不安が残らなくもないところか。

その他指名が有力視されるのが、升田 早人(光)右腕。立ち上がりから140キロ台(最速143キロ)の球速を連発し、ボールの力強さが目立った。球筋全体が高いのは気になったが、ボールの強さでそれをカバー。カーブ・スライダーなどの変化球が低めに決まり、高低に散らして効果的なピッチングができていた。特に、打者の手元でグンと勢いを増す真っ直ぐには威力があり、彦根総合の打者達が最後まで対応できなかった。現状は、中位(3位~5位)ゾーンぐらいだとみているが、夏までにさらなる成長が見られると、上位候補にまで浮上してきても不思議ではなく、素材の良さを印象づけた大会となった。

また多くのスカウトが甲子園をあとにしたあとに登板した 南 恒誠(大阪桐蔭)右腕も一冬越えて安定感が増してきた。初回から指にかかった140キロ台の球速を連発し、カーブ・スライダー・チェンジアップなどの各変化球のキレも良くコンビネーションが冴えていた。制球力・マウンドさばきも良く、すでにかなりレベルまで来ており総合力の高さが感じられる。彼も中位ゾーンだと評価したいところで、夏にさらなる上積みが望めれば、高校からプロ入りも現実味を帯びてきたそうだ。

その他にも、指名を意識できる選手は複数いた。開幕戦に登場した ハップス 大起(東北)右腕などは、MAX143キロと昨秋からの大きな上積みは見られなかったものの、カウントが悪くなかったり、ランナーを背負うような場面でも、内角を突いたり多彩な変化球を織り交ぜたりと、踏ん張りの効くところを魅せた。元々バネのある素材も魅力で、本人がプロ志望であれば、下位~育成指名あたりにはなるかもしれないが、何かしらの形で素材の良さを買って指名してくる球団がありそうだ。

能代松陽の 森岡 大智 右腕も、コンパクトに腕をたたんで投げるフォームからMAX141キロを記録。球速のほとんどは、135キロ~140キロぐらいではあったものの、ボールの勢いやコントロールなども悪くなかった。変化球も、カーブ・スライダー、それに縦に沈む球がある。この球が挟んでいるのか? 縦スラなのかよくわからなかったが、かなりの確率で落ちており有効だった。高校から指名となるボーダーレベルの選手との印象を受けたが、夏に向けてのひと押しがあるようならば、指名圏内に入ってきそうだ。

仙台育英のトリオは意見が別れそうな感じで、左腕ながら制球に不安がある 仁田 陽翔 は、球速以上に勢いを感じさせる球を投げていた。サウスポーということを考えると、プロ側の興味を誘う存在はあるように思える。またエースの 高橋 煌稀 右腕は、143キロのボールを低めに集められるなど、3人の中で最も実戦力が高い。二人とも現状、そこまで高い評価はできそうもないが、中位~下位ぐらいの評価でもプロ志望なのかどうかで、指名有無が変わってきそうだ。

その他では、荒削りながら緒戦で147キロを記録した 岩井 聖(龍谷大平安)右腕。最速145キロを記録した 福田 幸之介(履正社)左腕などは、球威・球速という意味では大会NO.1左腕だった。ただし、制球力の粗さなどからも、そこまで高い評価ができるのか意見が分かれそうだった。

逆に将来性は高そうなものの、大学進学タイプではないかと思えたのが、盛田 智矢(報徳学園)右腕や小玉 湧斗(健大高崎)あたりではないのだろうか。本人の意志がよくわからないが、現時点では無理して高い順位でまでして獲るという判断には至らない可能性があり、それでもプロ入りを望むのか? 

(最後に)

高校生投手に関しては、質・量 共に、前評判どおり悪い大会ではなかった。ただし、全体的に言えるのは、秋からの上積みが乏しく、球速が上がってきた選手が少なかった。もちろん 日当や升田 のように、秋より着実に球威・球速を伸ばし指名圏内へと引き上げた選手もいたのだがが・・・。むしろいたずらに球速向上には走らず、球質や球威や制球力などの課題を重視して、取り組んできた選手が多かった気がする。それだけに、冬場に投手としての土台ができあがった選手達が、今度は夏に向けて球速を伸ばしてくる選手達が多数出てくることを楽しみにしている。昨年同様に、入学以降コロナの影響を受けてきた世代だけに、成長が遅くなってしまっているのかもしれないので。

サラスカさん企画・西尾さんシリーズ

サラリーマンスカウトさんのところで、スポーツライターの 西尾 典文さんとコラボ企画。今回は、その動画のご紹介を。



西尾典文さん×蔵建て男さん共演!2022年ドラフト指名選手・ルーキーについて・新人王の予想は??



センバツ優勝予想・注目選手【蔵建て男×西尾典文×サラリーマンスカウト】座談会



2023年ドラフトはどうなる!?蔵建て男×西尾典文×サラリーマンスカウト激論

サラスカさん動画一覧

今年も、サラリーマンスカウトさんのところの動画に出演させて頂きました。すでに、5本ほど公開されているので、そちらを貼らして頂きます。



横浜DeNAベイスターズ2023年ドラフト補強ポイントは?【蔵建て男さん2月版】



2023年ドラフト3位12人予想【蔵建て男さん2月版】ポテンシャルナンバーワン大学生右腕は?



2023年ドラフト2位12人予想【蔵建て男さん2月版】1位固いと思ってた選手が2位で!?



2023年ドラフト1位12人予想【蔵建て男さん2月版】



蔵建て男さん2023年ドラフト候補気になる7選手

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード