東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年夏 甲子園総括(将来候補・野手編)
2017年の甲子園総括も、今回が最終回。過去総括の段階で、将来の候補を二回に分けたのは初めてではないのでしょうか。それだけ下級生の充実が、本大会目立っていたということなのでしょう。

(将来の内野手編)

今大会出場組の中で、来年世代を引っ張ってゆく存在の一人になりそうなのが、野村 佑希(花咲徳栄2年)一塁手。初の甲子園出場で最初は硬さも見られたものの、初ヒットを記録したあとは決勝まで評判どうりの打力を発揮して見せた。甲子園では6試合 2本 6打点 打率.520厘 と今後に向けて大いに励みになる実績。新チーム以後三塁あたりで存在感を示せれば、右の大砲候補として上位指名を期待される存在に育ってゆくだろう。来年は、同じ野村姓 の 野村 大樹(早実)捕手と共に脚光を浴びることになりそう。

その野村と共に、来年の候補として期待できるのが、太田 椋(天理2年)遊撃手の守備。打撃では全国レベルの投手と甲子園の雰囲気に慣れるのに時間がかかったが、守備は一つ上の世代にはいないような上手さとスケールを感じさせる存在。打撃が順調に伸びて行けば、上位指名も意識できるショートとしてマークされるだろう。来年世代のショートでは、選抜に出場していたU18メンバーの 小園 海斗(報徳学園)、田中 悠我(帝京)などがおり、誰が伸びて来るのか楽しみな面々が揃う。

またまだ粗っぽいが、当たった時の飛距離が圧巻の 林 晃汰(智弁和歌山2年)三塁手も楽しみな強打者。ボールを捉えるまでのコンタクトには課題を残すものの、捉えてからのスイングの大きさ、フォロースルーなどは天性の長距離砲の匂いがする。

また将来的にどのポジションに収まるのが見えて来ないが、中学時代からこの世代で天才と呼ばれてきた 根尾 昂(大阪桐蔭2年)遊撃手がおり、吉田 正尚(青学大-オリックス)外野手のような、ミート能力とフルスイングのあわせ技で魅了する天才肌。今はまだ中学時代のネームバリューが先行している感じだが、最終学年になって何処まで秘めたる才能を全面に出して来るのか楽しみ。

野村 佑希(花咲徳栄2年)一塁  185/87 右/右
太田 椋 (天理2年)遊撃    181/73 右/右
林  晃汰(智弁和歌山2年)三塁 178/82 右/左
根尾 昂 (大阪桐蔭2年)遊撃  177/75 右/左

(将来の外野手編)

その根尾のチームメイトである 藤原 恭大(大阪桐蔭2年)中堅手は、少なくても高校での内容ならば根尾以上にインパクトがある。すでにU18のメンバーに2年生ながら選出されるなど、実績では同世代をリードしている。こちらは、同じ左打ちの 柳田 悠岐(ソフトバンク)のような打者になることが期待される。

個人的に今大会最も驚かされたのが、浜田 太貴(明豊2年)左翼手の日本人離れした腕っぷしの強さを活かしたスイング。日本人で、こんなスイングをする選手を今ままで見たことがない。173/72 と体は大きくないが、県大会3本塁打の片鱗を甲子園でも2本・9打点と遺憾なく発揮してくれた。守備も含めて来夏までに、どのぐらいまでに育つのか注目したい。

また大会緒戦で、とてもホームランになるとは思えない低い弾道でスタンドインさせた 内野 裕太(波佐見2年)左翼手には、筒香嘉智2世 の声も上がった。県大会ではイマイチだったが、この実力が本物なのか今後も見守ってゆきたい。

6番ながら2本の二塁打を放つことでリストの強さを証明した 谷口 嘉紀(神戸国際大附2年)中堅手。試合では強肩ぶりも印象的で、強肩・強打の外野手として来年への期待がかかる。

藤原 恭大(大阪桐蔭2年)中堅 181/80 左/左
浜田 太貴(明豊2年)左翼   173/72 右/右
内野 裕太(波佐見2年)左翼  175/83 右/左
谷口 嘉紀(神国大附2年)中堅 177/76 右/右

(将来の候補・1年生野手編)

その他1年生では、内藤 圭史(大垣日大)左翼手が、強さと上手さを兼ね備えた強打で、3年生達と混ざっても全く違和感がなかった。小柄ながら振り出しの鋭さが光った 藤井 久大(津田学園1年)右翼手。更に 小泉 龍之介(横浜1年)なども県大会から評判の高い強打者だった。

内藤 圭史(大垣日大1年)左翼 180/72 右/右
藤井 久大(津田学園1年)右翼 167/64 左/左
小泉龍之介(横浜1年)右翼   171/72 右/右

(最後に)

「プレミアム世代」は、投手だけでなく野手の人材も例年以上を予感させる。10年に1度級の今年ほどではないかもしれないが、例年以上のメンバーが揃うのではないか、そんな期待を抱かせる夏の大会だった。野手組は、今大会に出場していなかったところにも有力どころが残っているので、もっと全体的にいろいろな選手が秋以降名前があがってくるだろう。



スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 甲子園総括(将来候補・投手編)
いわゆる2000年に産まれた世代を「プレミアム世代」と呼んでいるわけだが、来年のドラフト戦線における彼らへの期待は大きい。事前に今大会は下級生の活躍が目立つ大会になるのではないかと述べたが、私がチェックした選手も例年以上に彼らが多かった。今回の甲子園総括は、来年以降のドラフト候補になり得るだろう、下級生投手に注目してみたい。

(投手編)

今回の甲子園では、3年生投手に有力な候補が少ない大会だと位置づけていた。その代わり2年生に関しては、秋以降各地区をリードしてゆくであろう選手たちが多く出場している大会だった。そのため満遍なく各地区から一人は、有力な選手をあげることができる。

そんな中でも、北信越地区の充実が目立つ。その筆頭格が、直江 大輔(松商学園2年)右腕。正統派の好投手といった感じで、すでに140キロ台を記録するストレートだけでなく、変化球も織り交ぜた総合力に優れた好投手。ここから大学タイプに留まるのか? それとも総合力を引き上げ高卒プロまでの投手になれるかの未来像を描くのは難しい。しかし秋の北信越大会を、引っ張ってゆく存在の一人であるのは間違いないだろう。

その直江とは対照的なのが、鈴木 裕太(日本文理2年)右腕。こちらは粗っぽい投げ方ながら、140キロ台の中盤の重いストレートでグイグイ押してくるパワーピッチャー。緒戦の鳴門渦潮戦では、力みからボールが浮いてしまって制御できず早々降板することに。そういった不安定さは観られるものの、日本文理伝統の縦スラも織り交ぜ三振を奪えるボールの力を持っている。すでに球威・球速だけで言えば、今年の指名レベルの投手にも負けないものを持っている。

もう一人が、山田 龍聖(高岡商2年)左腕。すでにコンスタントに140キロ台を記録できるスピード能力に、ボールの球威も一級品の速球派サウスポー。フォームに癖はなく、素材では 森田 駿哉(富山商-法政大)左腕を上回るものがあると地元での評価も高い。鈴木同様に、ボールが高めに抜けて制御できず不安を残したが、来年のドラフト候補に入ってくるのは間違いない大器。

北信越は、この3人を中心に秋以降展開して行きそう。ただし直江には凄みを、鈴木や山田には制球力など実戦力に課題があり、どのように進化を遂げて行けるかの未来像は描き難い。

東北地区では、県大会で痛めた怪我の影響で登板できなかった 山口 航輝(明桜2年)右腕が大器。骨太の体格から、やや肘の下がったスリークオーター気味の腕の振りから140キロ台中盤の力強いストレートを投げ込んでくる。一見荒々しいそうな素材型に見えるのだが、マウンドでは冷静で意外にマウンドセンスや器用な面も持ち合わせている。また投手としてだけでなく、野手としての才能も期待されている投打にスケールの大きな存在。秋田で、これだけスケールが大きな選手が出てきたのは久々ではないのだろうか。

東海地区では、修行 恵大(2年)右腕、杉本 幸基(2年)右腕という、二人の速球派を抱える大垣日大が楽しみ。修行はスラッとした投手体型から、手足の長い投手体型を活かし140キロを超える速球と勝負どころではフォークを落とすことができる正統派。杉本の方は、下半身を上手く使いつつ上半身を鋭く振ることができる速球派。腕の振りが素晴らしいので、速球の勢いだけでなくスライダーやチェンジアップのキレも一級品という楽しみな二人。逸材が2枚が揃うチームだけに、秋の大会では一気に東海地区を制覇しても不思議ではない。

近畿地区では、平田 龍輝(智弁和歌山)右腕が甲子園で144キロを記録し楽しみな存在。183/81 と体格にも恵まれ、追い込むとフォークで仕留めて来るというパターン。また同じ近畿地区では、柿木 蓮(大阪桐蔭2年)右腕がおり、コンスタントに145キロ前後(MAX147キロ)の速球を投げ込み、年内中に150キロ越えも見込める存在。また夏の大会では登板はなかったが、選抜でも才能の片鱗を魅せた 横川 凱(大阪桐蔭2年)左腕も控えている。190/84 という破格の体格の左腕であり、そこからコンスタントに140キロ台のボールを投げ込んでくる大器。先の山田(高岡商)と共に、全国屈指の左腕としてその成長が注目されてゆくことだろう。

中国地区では、甲子園では147キロを記録した速球派の 森 悠祐(広陵2年)右腕のスピード能力は一級品。まだまだ速い球を投げているだけという感じではあるが、才能はプロ級の素材。四国では、市川 悠太(明徳義塾2年)右腕が、サイドに近いスリークォーターから140キロ台の力強い速球を内角にしっかりコントロールできるなど実戦派。秋の四国大会を勝ち抜いて行ける、確かな実戦力を持っている。また九州地区では、戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園2年)右腕は、市川同様にサイドに近いスリークォーター。こちらは球威よりもキレのある真っ直ぐに特徴があり、体の近くでキュッと鋭く曲がるスライダーのキレにも目を見張るものがある。

最後に関東には、万波 中正(横浜2年)右腕と 及川 雅貴(横浜1年)左腕がいる。万波は入団以来規格外のパワーで注目されてきたが、対応力が課題。むしろ最近では、140キロ台中盤の重い球を投げ込む投手の素材としても注目されている。いずれにしても投打に粗さと可能性を秘めており、どっちの才能が秀でて来るのか注目したい。また 及川 の方は、まだ凄みこそ感じられないものの、すでに左腕から140キロ台を記録する楽しみな正統派。中学時代から名の知れた投手であり、横滑りのスライダーとのコンビネーションで試合をまとめるセンスも持ち合わせている。あと2年間で、どのぐらい凄みを増して来られるか。同じく一年生だと、宮城 大弥(興南1年)左腕の存在も目立つ。球速は135~後半ぐらいなものの球速以上の勢いを感じさせ、曲がりながら沈むスライダーとの投球が光る。こちらもマウンド捌きは抜群なだけに、あと2年でどのぐらいスケールアップできるか? このまま順調に伸びて行ければ、春・夏を連覇した時のエース 島袋 洋奨(中央大-ソフトバンク)級の左腕に成長しても不思議ではないだろう。

(最後に)

甲子園にこの夏出場した投手だけでも、これだけの選手の名前が上がる年は珍しい。不作が叫ばれた今年の3年生世代と比べると、来年度は相当期待ができる面子が投手には揃っているということ。「プレミアム世代」の投手達は、今から豊作を予感させる。

鈴木 裕太(日本文理)投手   182/84 右/右
山田 龍聖(高岡商)投手    182/78 左/左
山口 航輝(明桜)右翼     181/85 右/右
修行 恵大(大垣日大)投手   183/70 右/右
杉本 幸基(大垣日大)投手   181/76 右/右
平田 龍輝(智弁和歌山)投手  183/81 右/右
柿木 蓮 (大阪桐蔭)投手   181/83 右/右
横川 凱 (大阪桐蔭)投手   190/84 左/左
森  悠祐(広陵)投手     178/70 右/右
市川 悠太(明徳義塾)投手   183/70 右/右
戸郷 翔征(聖心ウルスラ)投手 184/70 右/右
万波 中正(横浜)右翼     190/89 右/右
及川 雅貴(横浜)投手     181/78 左/左
宮城 大弥(興南)投手     173/70 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 甲子園総括(野手編)
夏の甲子園総括、今回は野手編。中村 奨成(広陵)捕手の、記録ずくめの活躍に盛り上がった大会。果たして彼は、どのような存在なのか改めて考えてみた。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017年夏 甲子園総括(投手編)
昨日幕を閉じた 高校野球夏の選手権大会。今年は、秋のドラフトに向けどんな選手がいたのだろうか? まずは、対象となる3年生投手について取り上げてみた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017年 大学選手権総括(野手編)
遅れ馳せながら行っている、大学選手権の総括。2日目の今回は、野手についてドラフト目線で行って行きたいと思います。また今回は、ポジション別にドラフト目線の有力選手のご紹介をして行きます。

(捕手編)

今大会のメンバーの中でも、指名が有力視されているのが、小林 遼(仙台育英出身・新4年)捕手。しかし今季は、バントの際に浮いた球をダイビングキャッチした好プレーは見られたものの、やや精彩欠いた印象を受けた。リーグ戦では打率.200厘と低迷し、オープン戦の頃にはさほど気にならなかったスローイングがワンバウンドで物足りない。知り合いが、送球がおかしかったと観戦した時に言っていたとおり、何処か痛めているのかわからないが、その辺が大きなマイナス材料。そういった問題の解決が見えて来ないようだと、社会人に流れるかもしれない。

リーグ戦の開幕戦で、4番としても良かった 春日 大生(東福岡出身4年)捕手が、あまり見せ場なく終わってしまったのは残念。1.8秒台中盤で投げられる強肩の持ち主だが、送球の際に落球してしまい送球できず。打ってもヒットを放てないなど、残念な結果に終わったまま大会を終えた。小林遼(富士大)よりも体格に恵まれプロっぽい捕手ではあるが、そのまま社会人に進むことになるのではないのだろうか。ただし個人的には、高山 竜太朗(九州産業大-巨人育成)捕手よりも総合力では上を行っているとは思うのので、ひょっとすると育成あたりで指名されても不思議ではない。

また来年の選手になるが、京都学園大の 橋本 昂希(地球環境出身・3年)捕手が気になった。捕ってから無駄のない動きで、走者の滑り込んでくるところにドンビシャの送球で二度の捕殺。なんとそのタイムは、1.7秒台を記録。もしこの送球を安定してできるのであれば、学生球界屈指の強肩捕手なのは間違いない。ミットを構える時に少し独特の座り方をしている選手だが、内角を活かした強気のリードをしてくる。打撃は下位で目立たなかったが、来年に向けて覚えておいて損のなさそうな選手だった。

捕手は全体的に寂しい印象で、不出場組でも 小畑 尋規(立正大)捕手や大平 達樹(桜美林大)捕手などの名前があがるぐらい。大学生はイマイチだが、今年は高校生や社会人捕手の人材には恵まれているので、そちらの方に期待するという年になりそうだ。

小林 遼 (富士大)捕手   173/80 右/左
春日 大生(福岡大)捕手   176/77 右/右
橋本 昂稀(京都学園大)捕手 172/72 右/右

(内野手編)

4年生内野手で指名が有力なのは、笠松 悠哉(大阪桐蔭出身・4年)三塁手。富士大戦では、当たり千金のサード横を抜けるタイムリーで勝ち越し。強烈なヘッドスピードと、時々ポカはするもののダイナミックな三塁守備が魅力の大型サード。時々魅せる惚れ惚れするようなホームランと、リーグ戦16打点の無類の勝負強さで精神面も強い。個人的にはプロの指導者や環境で鍛えたら、大きく化けるのではないかと期待している素材。プロ側の評価が見えて来ないが、私ならば指名リストに名前を連ねてみたい。

また指名は微妙だが、チームメイトの熊谷 敬宥(仙台育英出身・4年)遊撃手は、軽快な遊撃守備と右打席から4.20秒前後(左打者換算で3.95秒に相当)する俊足で今春はリーグ戦で9盗塁。しかし打力の弱さはいかんともし難く、この試合でもノーヒット。現状は社会人タイプに見えるが、守備・走塁はプロ級なだけに秋に打撃で大きな変化が観られれば一気に指名候補まで浮上しそう。

また石巻専修大の核弾頭・小野 侑宏(聖和学園出身・4年)二塁手は、甘い球を逃さない「鋭さ」を持った好選手。ボールを呼び込んで、二塁打・三塁打の多い長打で存在感を示した。1年秋に首位打者を経験して、この春で5度目ベストナインを獲得。さらにこの春は、打率.417厘で再び首位打者に輝き、MVPも獲得したリーグの看板選手。この試合を観る限り、本会議は微妙なものの育成枠ぐらいならば面白い素材ではないかと思わせる。春3失策した二塁守備が平凡なのと4盗塁を記録したものの、塁間4.25秒前後と走力は並。そういった意味では打撃と意識はプロ級だが、総合力でどう判断されるだろうか?

東農大北海道の 周東 佑京(東農大二出身・4年)三塁手は、第一打席の三塁打で11秒台前半で走り抜けられるアスリート系内野手。ショート前のゴロをかっさらって送球しようとしてエラーしてしまったりと、気合が空回りしてしまっていた。これでセンターラインが守れるようだと面白い選手だが、その辺がマイナスポイントか。しかし身体能力の高さ・秘めたるポテンシャルは高そうで、球団によっては育成あたりで指名を検討する球団が出てくるかもしれない。

また来年のドラフトでは大いに注目されそうな 九州産業大の中心打者である 岩城 駿也(東海大五出身)一塁手が、右に左に長打を放ち評判どうりの打力を披露。私が観戦した開幕戦では結果を残せなかったが、春季リーグでは脅威の25打点をあげた。ライトフェンス直撃の長打を放ったかと思ったら、左中間スタンドにホームラン。一塁手ではあるが、右打席から塁間4.35秒で到達し、これを左打者に換算すると4.1秒であり基準レベル以上の走力はある。打撃は間違いなくプロ級なので、来年どこまで内容を高めて行けるのか注目したい。

笠松 悠也(立教大)三塁   181/85 右/右
熊谷 敬宥(立教大)遊撃   175/72 右/右
小野 侑宏(石巻専修大)二塁 170/70 右/左
周東佑京(東農大北海道)三塁 180/66 右/左
岩城 駿也(九州産業大)一塁 180/80 右/右

(外野手編)

東北福祉大の 楠本 泰史(花咲徳栄出身・4年)中堅手が注目。故障でショートから一塁、そして最終学年では中堅にコンバートされた。俊足を活かした広い守備範囲を誇り、身体能力が高いだけにセンターでも活かせそう。この春には首位者にも輝いたように、ボールを芯で捉える能力には確かなものがある。ただし左打ちの長打が売りではない外野手となると、なかなかプロ側の敷居は高くなりがち。それだけにドラフト指名は微妙であり、指名されても中位より下の順位になるのは間違えなさそうだ。できればもう少し、中堅守備などを見てみたかった。日米野球などで、再度確認してみたい。

上武大の核弾頭・島田 海吏(九州学院出身・4年)中堅手は、柔らかいハンドリングと塁間3.8秒台のプロでもトップクラスの脚力が売り。残念なのは、これだけの脚力がありながらフライをあげるケースが多いのが昨年からどうしても気になる。天才的なボール捌きを魅せるときもあるのだが、リーグ戦で1割台に低迷することもある波が激しいタイプ。それでも今春のリーグ戦では、打率.385厘でリーグ2位の好成績。この試合では出塁してすかさず盗塁を決めていたように、リーグ戦で8盗塁を決めるなど走力もプロ級なのは間違いない。あまりプロの匂いのして来るタイプではない左の巧打者タイプだが、このタイプとしては究極系の選手だけ、何かしらの形で本会議の中で指名があるのではないかとみている。

また福井工大の 樋口 拓真(九州国際大附出身・4年)中堅手は、この試合でも4安打と大活躍。守ってはダイビングキャッチで好捕し、走ってはセーフティバントを決めるなど塁間4.1秒前後の脚力で存在感を示した。バットの芯で高い確率でボールを捉えられる選手で、卒業後も社会人などで野球を続けてゆくことを期待させる。

中部大で光っていた1番打者の 土田 昂平(砺波工出身・4年)左翼手。砺波工業時代から注目されてきた県内NO.1打者で、ヘッドスピードが速くスイングはプロ級。ミート能力も確かで、今春のリーグ戦では打率.405厘でリーグ2位の好成績。一塁までの塁間も、3.9秒前後とプロでも俊足の部類。これだけの俊足ながら、守備位置が左翼なのは気になる。守備範囲は広そうで、肩も標準レベルぐらいはありそうに見えたのだが。残念だったのは、ファールを追った際に負傷してしまい、試合の途中で交代。大学からのドラフト指名となると厳しそうだが、社会人での2年後を期待したい。

楠本 泰史(東北福祉大)中堅 180/77 右/左
島田 海吏(上武大)  中堅 176/72 右/左
樋口 拓真(福井工大) 中堅 178/76 右/左
土田 昂平(中部大)  左翼 176/74 左/左

(最後に)

指名確実なレベルの野手は少なく、流動的な選手を含めても質・両ともに、野手はやや寂しい。野手に関しては、高校生野手が10年に1度級の当たり年であり、各チーム高校生中心の指名になるのではないのだろうか。その合間を縫って本物を見出して行けるのかは、まさにスカウトの眼力が問われる年となりそうだ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.