FC2ブログ

2020年 ソフトバンクの指名を考える

(ソフトバンク指名選手)

1位 井上 朋也(花咲徳栄)三塁   ☆☆
2位 笹川 吉康(横浜商業)中堅   
3位 牧原 巧汰(日大藤沢)捕手   
4位 川原田純平(青森山田)遊撃   
5位 田上 奏大(履正社)投手     未確認
育1 佐藤 宏樹(慶応大)投手    未確認
育2 中道 佑哉(八戸学院大)投手  指名見送り
育3 桑原 秀侍(神村学園)投手   
育4 早 真之介(京都国際)右翼   
育5 緒方 理貢(駒沢大)外野      指名見送り
育6 居谷 匠真(明豊)捕手     指名見送り
育7 大城 真乃(宜野座)投手     指名見送り
育8 中村 亮太(東農大北海道)投手  指名見送り

1位の 井上 朋也(花咲徳栄)三塁手は、高校球界を代表する右の強打者。先輩の 野村 佑希(日ハム)のような天性の飛ばし屋というよりは、ある程度率も残しながら長打も打て脆さがないのが魅力。下級生までは外野手だったが、三塁手としても水準レベルで動けることを魅せて、評価を不動のものにした。和製大砲というよりも、勝負強さを売りにするポイントゲッタータイプかと。

2位の 笹川 吉康(横浜商業)中堅手は、柳田悠岐を彷彿とさせる左の強打者。大型の割に守備の動きもよく、身体能力も高い。高校生としては意識が非常に高いのが特徴だが、まだ線が細くプロの身体作りからはじめる必要がありそう。バットを振れる選手だが、現状はそれほど打球は上がらない。柳田を目指すのであれば、打球の角度も身につけたい。

3位の 牧原 巧汰(日大藤沢)捕手は、柔らかいリストワークを活かした打撃が魅力の捕手。プロの捕手としては少々荒っぽく、むしろ他のポジションにコンバートする形になるかもしれない。当たったときの飛距離もある選手で、長打力を秘めた中距離ヒッター。チームでも一番を担っていたように、捕手でも動ける身体能力がある。

4位の 川原田純平(青森山田)遊撃手は、今宮健太を彷彿させるようなスピード感と瞬時の反応に優れた遊撃手。打撃は、揺さぶり型の1,2番タイプ。ボールに喰らいつくしぶとさもあり、なかなか嫌らしい選手に育ってゆく可能性を秘めている。運動神経が素晴らしいので、守備でも異彩を放つ存在になるかもしれない。

5位の 田上 奏大(履正社)投手は、普段を外野を守っていた選手で公式戦での登板がないままプロ入りした隠し玉。私自身もまともに投球の模様を見たことがない選手で、一部の映像を見ただけで終わった。確かに150キロ級の凄みのあるボールと尋常じゃない曲がりをするスライダーを持っている。ただし、それでも実戦で投げなかったのには、それなりの理由があったからだろう。そういった一か八かの素材であるが、ソフトバンクならばどうにかしてくれそうな期待感はある。

育1位の佐藤 宏樹(慶応大)投手は、ボールはドラフト上位級のサウスポー。故障で最終学年アピールが全くできなかったのと、制球力の不安定さをいかに解消できるか? 逆に育成2位の中道 佑哉(八戸学院大)投手は、ボールの出どころを隠して投げる技巧派左腕。140キロ出るか出ないかのサウスポーで、球威・球速はギリギリのところで投げている感じ。打ち難いが、このタイプにしては制球が不安定なのがどう出るか?育成3位の 桑原 秀侍(神村学園)投手は、小柄ながら全身を使った力投派。150キロ近いボールを連発できる馬力がある一方で、チェンジアップやフォークなど変化球でも空振りが奪えるのでを付けた。 今後の伸び代や将来性よりも、すでに力は出し切っているタイプであり、比較的早く出てきて欲しい。投手としてダメでも、ショートなど内野手としての将来性も感じさせ、スケールではそちらの方があるかもしれない。育成4位の早 真之介(京都国際)は、守備でも打撃でも走塁でも、攻撃的なプレースタイルが魅力。守備や走塁が思ったほどではないものの、確実性よりも破壊力を秘めた打撃は、大化けしても不思議ではない。育成5位の緒方 理貢(駒沢大)外野手は、地面をスレスレを這うような返球が最大の武器。育成6位の居谷 匠真(大分・明豊)捕手は、担当スカウトが強肩・強打の捕手とのコメントを残していたが、私にはよくわからなかっただけに逆に興味深い人材。7位の大城 真乃(沖縄・宜野座)投手は、球速は130キロ台の平凡な左腕だがチェンジアップの威力には目を見張るものがある。8位の 中村 亮太(東農大北海道)投手は、荒削りで実戦力に欠けるものの、140キロ台後半の速球と縦の変化を投げ込んでくるポテンシャル型。ソフトバンクの育成で、荒削りな素材をどう料理してゆくのか気になるところ。

(ソフトバンクの指名を考える)

先発・リリーフ・現レギュラー陣含めて、12球団で最も死角が少ないソフトバンク。それだけに、中途半端な大学・社会人を獲るならば高校生など化ければ大きそうな選手を積極的な指名に踏み切った。特に今年の指名を見ていると、次世代の野手と左腕投手の獲得を重点的。あとは、粗削りでも150キロ級以上を望めそうな投手という観点で育成まで指名してきたことが伺える。

1位の井上・笹川・牧原 は、内外野捕手とポジションこそ違えど、パンチ力と対応力を兼ね備えた中距離・ポイントゲッタータイプ。そのため、天性のスラッガー・4番候補というよりも、3番・5番などの4番の脇を固めるタイプの強打者の指名となった。そのへんは、佐藤(近大)を外して時点で、そういった人材はいないと割り切ったのだろう。4位の川原田は、レギュラーの今宮と同タイプだが30歳を越えてきたことで、高校生でもそういう人材を求めた形。以後幅広く、個性的な面子を指名してきた。

5位~育成に関しては、まさに個性を持った一芸を評価した感じの指名であり、総合的な判断では高い評価はし難い。その中で良いものを引き出しつつ、欠点を許容範囲にまで引き上げられれば、一軍でも戦力になれるというソフトバンクらしい指名だと言えよう。ソフトバンクの場合、1位~育成までの中で2~3人出てきてくれればといった指名であり、今年もその独特の視点からの選出となったと考えられる。

そのため私個人としては、そう高く評価した選手を指名していないので面子的には物足りなさは残る。それでも、ソフトバンクならば成立する指名なのだと理解できる。高い評価はできないが、何かこの中からでも凄い選手が出てきそうという予感をさせてくれるのは、ソフトバンクの現在の戦力が証明してくれている。

蔵の評価:☆☆ (この中から2~3人出てくれば)

スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2020年 中日の指名を考える

(中日指名選手)

1位 高橋 宏斗(中京大中京)投手 ☆☆☆☆☆
2位 森 博人(日体大)投手    ☆☆☆
3位 土田 龍空(近江)遊撃    ☆☆
4位 福島 章太(倉敷工)投手   ☆☆
5位 加藤 翼(帝京大可児)投手  ☆☆
6位 三好 大倫(JFE西日本)外野  指名見送り
育1 近藤 廉(札幌学院大)投手  未確認
育2 上田 洸太朗(享栄)投手   指名見送り
育3 松木平 優太(精華)投手    指名見送り

1位の 高橋 宏斗(中京大中京)投手は、横浜高校時代の松坂大輔を彷彿とさせる今年の高校NO.1投手。150キロ前後の真っ直ぐに加え、大きく横曲がりするスライダーに、カットボールやツーシームやスプリット系の沈む球も併せ持つ。特にここぞの場面で、外角低めにズバッと決められる爽快感は素晴らしく、高校生ながら2年目ぐらいにはローテーションにバリバリ入って来られそうな総合力を持っている。順調にゆけば、一年目の後半戦には一軍に顔を覗かせるのではないのだろうか。

2位の 森 博人(日体大)投手は、下級生までは150キロの力で押す一辺倒な印象が強かった。しかし、最終学年になり打者の内角を厳しく突くカットボールなどを武器に、投球に奥行きが出てきた。先発だと、力まずに投げられ課題の制球力も大きく改善。この投球を素直にぶつけられれば、プロの先発でもやれるのではないのだろうか。数年先を見越してという素材ではなく、一年目からある程度一軍戦力としてやってもらいたいタイプであり、それだけの力もあるのではないかとみている。

3位の 土田 龍空(近江)遊撃手は、高校球界屈指の守備力を誇る遊撃手。守備に関しては、プロで磨けば名手級にまで到達しても不思議ではない素材。打撃は、ミートセンスは悪くないものの、まだまだ弱さは否めない。時間はある程度かかるとは思うが、守備に関してはポスト京田 を充分に意識できる素材だろう。

4位の 福島 章太(倉敷工)投手は、ゴロンとした体型から繰り出す140キロ台のストレートは球速以上に手元まで来る感じ。スライダーやチェンジアップの切れもよく、速球だけの投手ではけしてない。制球の不安定さは残すが、将来楽しみなサウスポー。

5位の 加藤 翼(岐阜・帝京大可児)投手は、小柄ながら150キロを越える爆発力が魅力のリリーフタイプ。かなり制球と調子のムラが激しいタイプだが、プロ志望合同練習会では低め膝下に最高のボールを決められるなど潜在能力の高さを感じさせた。どう転ぶかは危うい素材ではあるが、上手く導けばチームに欠かせないリリーバーに育っても不思議ではない。

6位の 三好 大倫(23歳・JFE西日本)外野手は、元々は四国を代表するサウスポーとして知られた存在。社会人に入っても、投手としてしばらく過ごしていた。左右に打ち返す好打者タイプで、走力・守備力は思ったほどは高くない。まだまだこれからといった選手で、社会人在籍だっただけに本会議で指名されたが、限りなく育成枠に近い指名だと考えて良いのではないのだろうか。

育成1位の近藤 廉(札幌学院大)投手は、ストレートとの見分けが難しいカットボールが武器の速球派。ボールの割に、札幌学生リーグの2部で、通算 3勝9敗 防御率 2.72 の成績だったのはなぜなのか?という疑問も残る。いずれにしてもプロでは、まずはリリーフから入ってゆくサウスポーではないのだろうか。育2位の上田 洸太朗(享栄)投手は、剛球タイプのサウスポー。こちらもまだ、速球とスライダーとカーブという非常にシンプルな構成であり、プロで投球の幅を広げてゆくことが求められる。非常にゆっくりした成長曲線を描いてきた選手で、プロでも少し長い目で観てあげたいタイプ。育成3位の 松木平 優太(大阪・精華)投手は、まだ140キロにみたいな球速ではあるものの、空振りを誘える球質が光る。まだ変化球もカーブ・スライダーなどで絶対的な球種は見当たらないが、柔らかい腕の振りからも将来良い変化球を習得できそうといった予感めいたものを感じさせてくれる好素材。育成ではあるが、非常に将来どうなるのか?といったワクワク感を抱きたくなる好素材だった。

(中日の指名を考える)

11勝ながら防御率1点台の大野に、先発転向で輝きを取り戻した福谷、右のエース柳に加え梅津などの好素材も控えるが、けして頭数が揃っているとは言えない先発陣。そんな中、現有戦力との競争にはなるだろうが、そこに割って入ることができる森を獲得し、また比較的短期間での一軍戦力が見込める 高橋宏斗 を加えて投手陣を強化できた。

次世代の遊撃候補として、守備では文句なしの土田を獲得。外野陣の高齢化が進んでおり、三好を加える形となっている。あとは、将来を見越しての楽しみな投手を多く獲得した形。投手育成力には定評があるチームだけに、将来にどんな影響力を及ぼすのか楽しみな面子となった。リリーフ陣も心配ではあるのだが、森が先発と両睨みできる素材だけに、一応の補強はしてみせた形となっている。

野手補強は良いのか?と思う部分もあるのだが、このへんは即効性の高い外国人に期待といった感じなのだろうか? 高橋・森の加入は大きいが、それ以外は将来性を見越した投手指名になり、ここ数年獲得した好素材野手の奮起に期待ということなのだろう。全体的に選手層がまだ薄く、今回のドラフトでその不安を払拭するまでには至らなかった。指名した面子は良かったが、今季優勝を狙うという意気込みは、指名からはあまり伝わって来なかったのは正直気になった。

蔵の評価:☆☆☆ (もう少し現有戦力への刺激が欲しかった)

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2020年 ロッテの指名を考える

(ロッテ指名選手)

1位 鈴木 昭汰(法政大)投手    ☆☆☆
2位 中森 俊介(明石商)投手    ☆☆☆
3位 小川 龍成(国学院大)遊撃   
4位 河村 説人(星槎道都大)投手  ☆☆
5位 西川 僚祐(東海大相模)左翼  ☆☆
育1 谷川 唯人(立正大学淞南)捕手 指名見送り
育2 小沼 健太(BC茨城)投手    指名見送り
育3 山本 大斗(開星)外野     指名見送り
育4 佐藤 奨真(専修大)投手     指名見送り

1位の 鈴木 昭汰(法政大)投手は、常総学院時代はいかにも左の好投手といった洗練されたタイプだった。しかし、法大の上級生に進むにつれて着実にパワーアップ。左腕から、145~150キロにまで到達するようになった。またスライダーやツーシームにチェンジアップなど、各変化球の切れも良く三振が誘える。ただし、速い球を投げようという意識が強くなったせいか? 制球を乱すことも多くなり、以前よりも粗っぽい投手になってしまった。その辺のバランスが、上手くプロで取れると良いのだが・・・。

2位の 中森 俊介(明石商)投手は、1年夏から甲子園で活躍してきた好投手。スピンの効いた150キロの真っ直ぐを、コース一杯に決められる爽快感がある。スライダー・チェンジアップもなかなか甘いところにゆかないなど、高校生でも完成度は高い。そういった意味では、2,3年目には一軍のローテーションに収まってくる総合力がある。

3位の 小川 龍成(国学院大)遊撃手は、スピード感のあるプレーが持ち味。プロでも上位クラスの脚力があり、守備も一歩目が鋭く守備範囲が広い。何より、プレーに丁寧さがあるところは好感が持てる。その一方で、走力の割に盗塁が決められなかったり、守備でも滑り込んでくる走者へのタッチが弱いなど甘さを残す。特に打撃に関しては、打てる範囲が狭く、まだスイングも弱々しい。小坂誠のような名手に育つ可能性もあるが、一軍に定着するのには少し時間がかかるかもしれない。

4位の 河村 説人(星槎道都大)投手は、190センチを越える長身から繰り出す角度が売りの速球派。球速も150キロにまで到達するが、空振りを誘うというよりは芯をずらせて打ち損じを誘うタイプ。フォーク・カーブ・スライダーなどの変化球も織り交ぜるが、こちらも的を絞らせない球で三振を奪う感じの変化球ではない。高校以来ゆったりとした成長曲線を描いてきた選手であり、それは今も続いている感じ。即戦力というよりも、数年後までにビシッとして来られるかがポイントだろうか。それでもある程度のところまでは来ているので、一軍には顔を覗かせるぐらいのところまでは来ている。

5位の 西川 僚祐(東海大相模)左翼は、高校球界屈指のパワーヒッター。独特の脆さがある一方で、内角の球をさばくのが上手い。守備や走力は正直期待できないのだが、球際では強さを発揮したり実戦で強い。そういった意味では、左翼あたりならばありなのかもしれない。2割5分でも30本打てるようになって欲しい、わかりやすいタイプだ。

育成1位の 谷川 唯人(立正大学淞南)捕手と 山本 大斗(開星)外野の島根勢は、 を付けるほどではなかったが、育成ならば充分ありの指名ではないかと。谷川は、ワンバウンド処理など、キャッチングに優れた捕手。打撃が少々弱く  こそ付けなかったが、なかなか将来楽しみなキャッチャー。山本は、パワフルな打撃をする強打者。5位の西川ほどの飛ばし屋ではないが、強肩を含めて西川よりも守備や走力・対応力などではバランスが取れている。育成2位の 小沼 健太(BC茨城)投手は、角度を感じさせる球筋が魅力の本格派。ただ、昨年も同じぐらいの投球は魅せており、なぜ今年の指名なのだろう?という思いは残る。それでも本格派を育てるのが上手いロッテだけに、もう少し体重が乗ったリリースを身につけられるかがポイントではないのだろうか。育成4位の 佐藤 奨真(専修大)投手 は、135キロぐらいでも内角を厳しく突いたり、コースを丹念につくサウスポー。球威・球速不足は否めないが、テンポの良さでマウンドさばきが光る実戦派。プロで、何かをつかめればといった感じだろうか? こちらは完成度が高いので、できるだけ早く支配下を勝ち取り結果を残して欲しいタイプ。

(ロッテの指名を考える)

10勝の美馬・9勝のニ木・7勝の石川・小島・岩下 と頭数が揃う先発陣。先発の小島以外、先発でもリリーフでも左腕が弱いところを、鈴木を獲得し左腕不足を補った形。先発だと6番手争い・あるいはリリーフでの両睨みはきかせそうな人材ではある。また高卒ながら中森・大卒ながら成長途上の河村と加え、近未来に備えた形となっている。

澤村が抜けることで、リリーフ陣が薄くなるのは気になる材料。それでもリリーフ陣は充実しており、どうしてもすぐに補わければというほど深刻な状況ではない。といった意味では、投手陣は左腕の鈴木以外は、多少を余裕を持たせて育成できる余裕があるチーム。今季には、満を持して佐々木朗希を実戦投入してくる。

むしろ心配なのは野手陣の方なのだが、ここ数年獲得した有望な選手達を無理してでも経験を積ませてきた成果がどうなるか? パンチに欠けるニ遊間には小川を獲得することで、厚みをもたせた形。次世代の大砲候補として西川、強打の外野手で山本なども加え、将来に備えた。

特に今すぐ、何処其処を補強しないという感じではないので、何が何でも即戦力というチーム事情ではない。ただ現状のレギュラー陣がまだ期待値込みだったりで、数字が物足りないのをどう引き上げてゆけるのか? そういった意味では、今ドラフトで来季大きく上積みが期待できる新戦力を加えたとか、来季は優勝を狙うぞといった意気込みはあまり伝わって来るような指名ではなかったように思える。ロッテはチーム事情より、評価した選手を優先して獲るといった傾向が強いチームだったのが、だいぶチームの補強ポイントに合わせた指名にはなってきた感じはする。ただし、やや他球団の指名に比べると、パンチが弱く感じてしまったので少し辛めの評価とさせて頂いた。

蔵の評価:☆☆ (やや他球団に比べるとインパクトが)

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2020年 阪神の指名を考える 

(阪神指名選手)

1位 佐藤 輝明(近畿大)三塁      ☆☆☆☆
2位 伊藤 将司(JR東日本)投手     ☆☆
3位 佐藤 蓮(上武大)投手       
4位 榮枝 裕貴(立命館大)捕手     ☆☆
5位 村上 頌樹(東洋大)投手      ☆☆
6位 中野 拓夢(三菱自動車岡崎)遊撃  ☆☆
7位 高寺 望夢(上田西)遊撃      ☆☆
8位 石井 大智(高知FD)投手      
育1 岩田 将貴(九州産業大)投手    

1位の 佐藤 輝明(近畿大)三塁手は、規格外のパワーと高い身体能力を誇るロマンあふれる素材。ボールを捉える確実性と三塁守備の不安定感はあるものの、バットを振れるスケールに、強肩・俊足の高い身体能力はセ・リーグらしからぬ素材。そして、周りの声を意に介さず我道を行ける性格は、周りの声に左右されることが多い阪神でもやって行けそうなマインドの持ち主でもある。

2位の 伊藤 将司(JR東日本)投手は、コントロールと多彩な変化球で翻弄する実戦派。プロの投手としては、球威・球速の無さが気になるものの、正確な制球力・実戦的なマウンドさばき、強い精神力で、異彩を放つことができるだろうか?

3位の 佐藤 蓮(上武大)投手は、いかにも阪神が好きそうな馬力あふれる速球派。ただ横浜市長杯で魅せたような、全くストライクが入らなく制御できなくなるとどうしようもなくなる脆さも同居する。150キロ台中盤をも可能にするエンジンの大きさで、プロの打者を力でねじ伏せられるかが鍵になるのではないのだろうか。

4位の 榮枝 裕貴(立命館大)捕手は、なんと言っても塁間1.8秒前後のスローイングが自慢のキャッチャー。それほど細かいところまで意識がゆくという感じではないが、キャッチングも柔らかく、打撃の潜在能力も悪くないように思える。梅野などがいるチーム事情だけに、容易に将来の正捕手とは言えないが、一軍捕手陣に刺激を与えられる人材ではあるだろう。

5位の 村上 頌樹(東洋大)投手は、肉離れの影響で開幕戦の途中でリタイアしアピールできなかった最終学年。しかし元来は、糸を引くような140キロ台中盤の速球を両サイドに投げ分けてくる実戦派。気になるのは、低めの変化球が見極められてしまうケースが多いこと。2位の伊藤同様に、今の打力が飛躍的に向上したNPBにおいて、彼らのような球威・球速で一軍打者を何処まで抑え込めるのだろうといった不安は拭えない。

6位の 中野 拓夢(24歳・三菱自動車岡崎)遊撃手は、守備は即戦力級の好選手。走力もそれなり、打撃も当てるのが上手い。ただし、左の好打者にしてはインステップして踏み込むので一歩目が遅れること。きれいなインサイドアウトのスイング軌道であり、ミート力は高いがプロの球を木製バットではじき返せるのかといった不安はつきまとう。

7位の 高寺 望夢(長野・上田西)遊撃手は、バットコントロールに優れた天才肌。脚力もあり、地肩も相当強い。腰高の守備でキャッチングには不安を残すが、深いところからでも送球が乱れない。将来的には、二塁・三塁・外野の人材なのかなとは思うのだが、非常に楽しみな素材であるのは確かなのだろう。

8位の 石井 大智(高知FD)投手は、独立では頭ひとつ抜けた力の持ち主といった感じで風格すら漂っていた。140キロ台後半の速球にはキレがあり、シンカーの落差もまずまず。緩いカーブやスライダーでもカウントを整えられるなど、総合力も高い。ただ気になるのは、毎年シーズン半ばになると失速するなど、好調期間の持続力にある。精神面なのか体力面なのか、原因がちょっとわからないが、そのへんが心配と言えば心配。

育成1位の 岩田 将貴(九州産業大)投手は、左のサイドハンドという変則タイプ。大きく一塁側にステップしてから、腕が横に出てくるという、左打者にはたまったものではないタイプ。この手のタイプにしては、非常に制球力が好いのが特徴。球速は130キロ台中盤ぐらいまでだが、彼の場合は逆に独特の球筋で勝負するタイプであり、球威・球速不足はあまり気にならない。

(阪神の指名を考える)

11勝の秋山・西がおり、7勝の岩貞・青柳がいて、5勝の高橋遥人などの有望株もおり頭数が揃う。それに、その他の現有戦力や外国人と競わせる形で、伊藤や村上・石井などの実戦力の高い素材をぶつけるといった構図。ここ数年、高卒の有望株を集めてスケールなどは追求できたので、今年はあえて実戦力を重視した指名だったのかもしれない。あとはピッチングは上手いが、プロとしては球威・球速が物足りない部分を、いかに補って行けるかだろう。

能見・藤川などのチームを支えてきた投手がチームを去ったリリーフ陣にも、エンジンの大きな佐藤や左の変則である岩田を獲得するなど気を配ってみた。8位の石井などは、先発でもリリーフでも登板可能なタイプであり、その辺も幅広く即戦力投手を網羅した形ではある。

1位の佐藤は、内外野いける素材でもあり、そのへんは幅の広い起用法が想定される。福留が抜け、糸井にもさすがに衰えが見える昨今、食い込む隙間は外野にはまだある。決め手に欠けるものの人材が多い遊撃手には、しっかり守れるショートが欲しいということで中野を獲得。どちらかというとオフェンス型の木浪とは対照的に、どちらかというとディフェンス型の中野を加えた意味は大きい。

7位ながら将来性の高い 高寺 を加えつつ、4位では 梅野・坂本に 続く捕手をということで肩に絶対的な自信を持つ榮枝を獲得するなど、こちらも幅広く野手陣を網羅した形だ。近年獲得した高卒の好素材が育つまでの間の部分を、今年のドラフトで埋めようという意図がしっかり感じられる指名とはなっている。

育成も含めて指名全員に  を付けたように可能性を感じられる選手を幅広く網羅した点は興味深い。昨年は有望な高校生を獲りまくったので、今年は一転して実戦力を重視した指名になっている。ただこのメンバーで、こと今の阪神に混ざった時に埋もれてしまわないのか?といった不安が拭えない選手が多い。これがBクラスに毎年低迷している選手層の薄いチームならば素晴らしい指名だと思うのだが、今の阪神の現有戦力と比べてしまうと物足りないなという面子が多いと思うのだ。まぁそんな中でも、スケール型の投打の佐藤や個性派の岩田・天才肌の高寺などもおさえているので、こういった選手が将来的に異彩を放てくれればということなのだろうか。個人的には、上手く隙間を縫うことよりも、埋没してしまう恐れの方が大きい指名といった印象は拭えなかった。それでも球団の、今季に賭ける意気込みは感じられた。

蔵の評価:☆☆☆ (現有戦力の中で埋没しないのか?)

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2020年 西武の指名を考える

(西武指名選手)

1位 渡部 健人(桐蔭横浜大)三塁    ☆☆☆
2位 佐々木 健(NTT東日本)投手    ☆☆
3位 山村 崇嘉(東海大相模)内野    ☆☆
4位 若林 楽人(駒沢大)外野      ☆☆
5位 大曲 錬(福岡大準硬式)投手    ☆☆
6位 ブランドン大河(東農大北海道)三塁 未確認
7位 仲三河 優太(大阪桐蔭)外野    
育1 赤上 優人(東北公益文科大)投手  未確認
育2 長谷川 信哉(敦賀気比)外野    指名見送り
育3 宮本ジョセフ拳(名古屋学院大)外野 未確認
育4 豆田 泰志(浦和実)投手       
育5 水上 由伸(四国学院大)投手     

1位の 渡部 健人(桐蔭横浜大)三塁手は、最終学年になって才能を爆発させた強打者。下級生までは、見た目ほど打球が上がらない印象だったが、最終学年になって打球に角度をつけるコツを掴んだのか本塁打を連発。ぽっちゃり体型でも走力は基準レベルあり、球際でのグラブさばきも上手い。けして守備範囲が広いとは言えないが、プロでも三塁を担える可能性を秘めている。また一人、西武に楽しみな飛ばし屋候補が加わった。

2位の 佐々木 健(NTT東日本)投手は、爆発力のある投球が魅力のサウスポー。制球の不安定さは拭えないが、好調時にはコンスタントに150キロ前後を刻む能力を持つ。変化球も、スライダーでカウントを整え、低めのチェンジアップで引っ掛けさせる。爆発的な投球がシーズン通して持続できるのかとか、毎試合安定して能力を出せるのかといった疑問は残るものの、短いイニングでならばボールの凄みは今年の新人の中でも指折りだと言えよう。先発よりも、力で押すリリーフでの適性が高そうに見える。

3位の 山村 崇嘉(東海大相模)内野手も、柔らかい身のこなしと、弧をの大きなスイングは高校球界随一の素材。下級生までは一塁手のイメージが強かったが、最終学年ではショートやサードをこなせることをアピールし、一気に評価が高まった。メンタルにも強さがあり、少々のことではへこたれない。好い意味では気持ちが強いが、プレーが荒っぽくなる一面があるのは気になるところ。

4位の 若林 楽人(駒沢大)外野手は、三拍子揃ったアスリート系外野手。確実性には欠けるが、好調時の爆発力は見事。トップを深くとって、強烈な打球を生み出す原動力にしている。4位でもポテンシャルが高く、大物に育っても不思議ではない。

5位の 大曲 錬(福岡大準硬式)投手は、準硬式の選手ながら、非常に実戦力の高い好投手。特にフォーム技術は特筆ものであり、硬式球への対応に戸惑わなければ1年目から一軍の戦力として期待できるのではないのだろうか。リリーフよりも、こちらは先発タイプといった感じで、もし硬式球で同様のパフォーマンスを魅せていたら、上位で消えていただろうと言われている。

6位の ブランドン 大河(東農大北海道)三塁も、高い身体能力を持った内野手。強い打球を放てるだけでなく、確実性もそれなりに高く脆さは感じられない。ボールと身体との距離をとって打ちたい選手で、内角への対応が鍵となる。また強肩ではあるのだが、キャッチングにやや難があり、スローイングもしっかり型が作れずに投げるので制球に不安を残す。彼の場合は、むしろ守備の方が大丈夫なのだろうか?という不安を残す。将来的には、外野あたりの方が適性は高いのかもしれない。

7位の 仲三河 優太(大阪・大阪桐蔭)外野手は、非常に雰囲気を持った強打者。上半身の使い方は非凡なのだが、下半身の状態が悪かったせいか? 膝が固いのが気になるところ。強肩には目を見張るものがあるが、走力の方でも厳しい状態だった。今後は、下半身が回復するのかで、いろいろ起用法や打撃が変わってきそうだ。

育成1位は、赤上 優人(東北公益文科大)投手は小柄でも勢いのあるボールを投げ込んでくる。ストレートで空振りを奪えるのは魅力だが、制球に課題を残す。長谷川 信哉(敦賀気比)外野手は、強肩ぶり以上に中継や送球する相手まで丁寧・かつ正確に送球するのには驚いた。また一瞬の判断力にに優れるなど、キラリ光るものは持っている。打撃の方では、上半身の動きに課題を残すので改善できるかだろう。育成3位の 宮本ジョセフ拳(名古屋学院大)外野手も、高い身体能力を持った外野手。強肩・俊足の身体能力があるのは間違いなさそうだったが、その能力を実戦で活かせる技術があるのかは微妙。しかし走力・守備などの意識は、大学でかなり高まってきた。またスイングにも悪い癖がないので、素直に伸びて行ける素材なのは有り難い。育成4位の 豆田 泰志(浦和実)投手は。小柄な力投派ながら実戦力を兼ね備えている点が、他の力投派とは一味違う。浮き上がるような高めに真っ直ぐは、観ていても爽快な気分にさせてくれる。また育成5位の 水上 由伸(四国学院大)投手 は、140キロ台後半のストレート以上に、変化球のキレが良く三振が奪える。ボールの威力の割に打たれるのは、合わされやすいフォームだから。このへんを、プロ入り後改善できるかではないのだろうか。育成枠で獲得した各選手は、なかなか興味深い選手が多かった。

(西武の指名を考える)

早川(早大)左腕の入札に失敗すると、一気に野手中心の指名が続いた。そんな中、同じ左腕の 佐々木 を2位で指名。好調時の150キロを越えるストレートの迫力は早川とも遜色ないが、先発でゲームを作る・まとめるという意味では大きな差がある。一年目となると、リリーフからではないかと。むしろ先発でと期待がかかるのは、5位の大曲の方。こちらは、実戦力をともなう先発タイプ。硬式球への対応に戸惑わなければ、一年目から先発に入ってきても不思議ではない。

野手に共通するのは、みなスイングが強いこと。気になる点は、みな適性ポジションが一塁か三塁、もしくは外野だということだろうか? 若林こそ身体能力が高く中堅を担えそうな選手だが、あとは外野でも右翼か左翼かといった感じ。大量に有望株の野手は獲得したものの、役割やポジションが重なり出場機会を潰し合わないかは心配になる。そういった意味では、野手偏重の指名でも構わないのだが、もう少しポジションに融通性をもたせられそうな面子を獲得した方が良かったのではないかという思いはある。

また元々投手陣は、リリーフ陣はともかく先発陣が弱い状況。リリーフ型の佐々木と5位指名の大曲に、一年目から多くは望めないといった感じがするのだが ・・・ 。育成含めて指名した面子は悪くなかったものの、そういった役割や戦力補強といった観点では、どうなのだろう?という思いは残った。まぁこの中の二人ぐらいが、主力として育ってくれれば成功なのだろうが。

蔵の評価:☆☆☆ (現状を大きく変えてくれそうな指名ではなかった)

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード