FC2ブログ

2019年スポニチ大会 Dグループの注目選

毎年恒例・社会人スポニチ大会の注目選手を、ドラフト目線で紹介する企画。最終回の今回は、Dグループの注目の選手達。

東京ガス ドラフト注目度 B

投手では、広島経済大時代から注目されてきた 野村 尚樹(23歳・広島経済大出身)投手が再び解禁の年を迎える。140キロ台の速球と、多彩な変化球を織り交ぜるピッチング。何かまとまりというか、絶対的なものがないところを、いかに埋められるかにかかっていると思います。野手では、社会人日本代表の4番を務める 笹川 晃平(25歳・東洋大出身)外野手が、再び指名の機会を狙うことになる。社会人では抜けた存在の外野手だけに、昨年何故指名漏れしたのか?その理由がよくわからない。春先から、勝負強さとガッツあふれるプレーを魅せていたのだが。プロ入りの意志があるならば、今年も気合の入ったプレーを魅せてくれそう。その他同じく昨年有力候補だった 石川 裕也(25歳・日大国際関係学部出身)遊撃手も、今年も有力な候補になる。こちらも社会人を代表する内野手なだけに、何か抜けたものを示せれば指名があっても不思議ではない。またPL学園時代から注目されてきたジャパンメンバーの 中山 悠輝(24歳・PL学園出身)内野手も、ジリジリと成長を続けているので変化を見逃さないように注視したい。

△ 野村 尚樹(23歳)投手 182/84 右/右
◎ 笹川 晃平(25歳)外野 182/86 右/右
◯ 石川 裕也(25歳)遊撃 182/84 右/右
△ 中山 悠輝(24歳)内野 185/85 右/右

MHPS横浜 ドラフト注目度 B

高卒3年目を迎える、浜屋 将太(20歳・樟南出身)左腕が注目株。高校時代からまとまりのあるサウスポーで、総合力に優れた好投手だった。ただしプロとなると、まだ球威・球速・決め手といった部分で絶対的なものが物足りない。この辺を伸び盛りの年齢だけに、劇的に変えてくれば一気に指名圏内に入ってきても不思議ではないはず。

◯ 浜屋 将太(20歳)投手 175/77 左/左

パナソニック ドラフト注目度 A

アマ屈指の大砲である 片山 勢三(24歳・九州共立大出身)一塁手のバットに熱い視線を浴びることになるだろう。捉えた瞬間にホームランとわかる豪快なスイングは、まさに天性のスラッガー。問題は、年間を通しての安定した内容で、そのへんで評価が大きく変わりそう。近年こういった重量級のスラッガーはプロ側も高く評価するので、よほどのことがなければ指名されることになるのではないのだろうか。また三拍子バランスの取れた内野手ということでは、法兼 駿(25歳・法大出身)二塁手がいる。社会人でもトップクラスの二塁手だと思うのだが、遊撃など他のポジションへの融通が効くかどこかも大きなポイントかもしれない。実力のある素材がゴロゴロいるチームなので、誰が飛び出して来るかわからない。

◎ 片山 勢三(24歳)一塁 176/105 右/右
△ 法兼 駿 (25歳)二塁 174/80  右/左

東海理化 ドラフト注目度 A

ドラフト上位候補の 立野 和明(21歳・中部大第一出身)右腕は、140キロ台後半の質の良い真っ直ぐに加え、変化球のキレ・精度も水準以上であり、早くも1位候補の声が出てきている。今年の高卒3年目トリオの一角で、この投手を見るために球場に足を運ぶ価値があるだろう。高校から地道に力を付けてきた 中野 良紀(24歳・愛工大名電出身)遊撃手の攻守のハンドリングにも注意を払いたい。高校時代から、状況判断の良さは目を惹いていた。敦賀気比時代から、打撃はピカイチだった 米満 一聖(24歳・駒大出身)外野手なども、再び解禁の年を迎える。

◎ 立野 和明(21歳)投手 181/77 右/右
△ 中野 良紀(24歳)遊撃 178/80 右/左
△ 米満 一聖(24歳)外野 175/72 右/左

スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2019年スポニチ大会 Cグループの注目選手

毎年恒例・社会人スポニチ大会の注目選手を、ドラフト目線で紹介する企画。今回は、Cグループの注目の選手達。

セガサミー ドラフト注目度 B

日大時代から主戦として活躍してきた、東 範幸(24歳・日大出身)左腕が、再び解禁の年を迎える。2大大会での登板経験はないが、公式戦での登板も少くない。140キロ台をコンスタントに超えるような派手さはないが、マウンド経験豊富でまとまりのあるゲームメイクできるサウスポー。一皮むければ、と思いは強い。高校時代は、テンポの良い好投手としても活躍した 草海 光貴(21歳・上田西出身)遊撃手は、社会人では野球センスを活かし野手に専念。シュアな打撃と、動きの良い守備で魅了する。また高校時代から、好捕手として注目されてきた 木村 天響(21歳・富島出身)捕手も、正捕手の 喜多 亮太(BC石川石川へ)が抜けたことで、出場の機会が増えるかもしれない。

△ 東  範幸(24歳)投手 177/80 左/左
△ 草海 光貴(21歳)遊撃 168/64 右/右
△ 木村 天響(21歳)捕手 182/80 右/右

東芝 ドラフト注目度 A

秋の日本選手権では、150キロ台を先発で連発した 宮川 哲(24歳・上武大出身)右腕が注目。上武大時代も、何故指名漏れしたか不思議なぐらいの力量の持ち主だったが、さらに社会人に進んでパワーアップしているので確認して頂きたい。また社会人を代表する好投手となった 岡野 祐一郎(25歳・青学大出身)も、投球に磨きがかかってきた。プロでも即戦力候補として、今年は指名されても不思議ではないだろう。また故障から復調が期待される 善 武士(23歳・多良木出身)右腕も、回復すれば140キロ台中盤を連発できる速球派。高校時代バッテリーを組んだ 中村 浩人(法大出身)が入社したのも心強い。また野手では、左右に打ち分ける打撃が魅力区の 望月 涼太(24歳・九州共立大出身)内野手も再び解禁の年を迎える。

◎ 宮川 哲 (24歳)投手 177/80 右/右
◯ 岡野祐一郎(25歳)投手 180/85 右/右
△ 善 武士 (23歳)投手 178/75 右/右
△ 望月 涼太(24歳)内野 175/75 右/左

東邦ガス ドラフト注目度 C

高校時代からプロ注目の投手だった 田中 空良(22歳・豊川出身)右腕が、5年目のシーズンを迎える。もう一皮むければと思わせる選手だけに、一冬越えた成長に期待を託してみたい。またこちらも、高校・大学と速球派として期待されてきた 吐前 拓哉(24歳・東海学園大出身)右腕が再び解禁の年を迎えていたり、外野手に転向して身体能力を活かせそうな 木村 駿斗(24歳・亜大出身)外野手の2年目にも気を留めてみたい。

△ 田中 空良(22歳)投手 177/82 右/左
△ 吐前 拓哉(24歳)投手 186/85 右/右
△ 木村 駿斗(24歳)外野 182/78 右/左

JFE西日本 ドラフト注目度 A

上記の立野と共に、社会人高卒トリオの一角である 河野 竜生(21歳・鳴門出身)左腕。鳴門時代から甲子園で活躍したサウスポーだったが、社会人になりコンスタントに140キロ台を記録までに成長。元々持っていた投球センス・まとまりの良さに加え、力強さを増してきた。派手さこそないが、完成度・総合力では今年のサウスポーではアマNO.1の即戦力候補と言えるであろう。

腕の振りが魅力の 中川 一斗(24歳・天理大出身)左腕も、秋の日本選手権では140キロ台を記録した。チームでもリリーフとして、重要な地位を担っている。登板の機会があれば、注視して欲しい一人だ。

◎ 河野 竜生(21歳)投手 174/81 左/左
△ 中川 一斗(24歳)投手 173/70 左/左

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2019年スポニチ大会 Bグループの注目選手

毎年恒例・社会人スポニチ大会の注目選手を、ドラフト目線で紹介する企画。今回は、Bグループの注目の選手達。

NTT東日本 ドラフト注目度 B

4年春のリーグ戦初登板で、いきなり150キロ台の速球を投げ込み話題になった 小又 圭甫(24歳・国学院大出身)右腕。まだ社会人に入って2大大会での登板はないが、相変わらずそのストレートは健在。実戦力が備わってくれば、一気に上位候補に躍り出ても不思議ではない大器なのは間違いない。またリリーフだと150キロ級ボールを投げ込み一変する 熊谷 拓也(24歳・法大出身)も再び指名解禁の年を迎える。小又ほどのスケールはないが、確かな球速と実力を兼ね備えている。大舞台でのアピールができれば、指名圏内に入ってくる可能性は充分あるだろう。

◯ 小又 圭甫(24歳)投手 182/85 右/右
△ 熊谷 拓也(24歳)投手 180/85 右/右

JFE東日本 ドラフト注目度 C

本田 健一郎(23歳・武蔵大出身)右腕は、小柄なスリークォーターで140キロ台後半を連発できる速球派。高卒3年目を迎える 川口 廉(21歳・千葉黎明出身)右腕の登板はあるのか? 高校時代は脱力したフォームから130キロ台後半を記録していたが、この2年間で何処までビシッとしてきているのだろうか? 個人的には打者としての才能の方が気になっていた選手だったが・・・。天才肌の好打者・鳥巣 誉議(24歳・上武大出身)外野手も、社会人2年目を迎え持ち味が発揮できるのか注視したい。上記にあげた選手たちが、試合に出場してくるのか未知数な部分が気になる。

△ 本田健一郎(23歳)投手 170/70 右/右
△ 川口 廉 (21歳)投手 185/78 右/左
△ 鳥巣 誉議(24歳)外野 177/72 右/左

日本新薬 ドラフト注目度 B

いずれも昨年すでに解禁だった選手だが、惜しくもプロ入りを逃した3年目の選手が注目株。岩本 喜照(24歳・九州共立大出身)右腕は、指にかかった時のボールはびっくりするような球を投げ込む速球派。コンスタントに140キロ台中盤~150キロ台を記録して来るが、球速ほど有難味のあるボールは投げ込んでこない。10球に1球ぐらい凄い球を投げ込めるので、そういった球の割合が増えて来ると、社会人3年目で素質を開花させた 石川 歩(東京ガス-ロッテ)の再来が起こっても不思議ではない。

左打ちの外野手ということで評価され難いが、昨年のスポニチ大会では抜けた存在感を示していたのが、久保田 昌也(23歳・国学院大出身)外野手。鋭い打球、強肩、俊足 と三拍子揃っている。プロ側の需要は低いが、打撃はプロ級の選手だけに需要が合えば指名されるかもしれない。

◯ 岩本 喜照(24歳)投手 187/84 右/右
◯ 久保田昌也(24歳)外野 178/75 右/左

トヨタ自動車東日本 ドラフト注目度 C

このチームは申し訳ないが、あまり知っている選手がいない。今年の解禁組ではないが、千葉 英太(20歳・千厩出身)右腕が、来年のドラフト候補になりえるのかチェックしてみたい一人。高校時代から小柄ながら、岩手では140キロ台の速球を投げ込む投手として知られた存在だった。こういったチームから、新たな人材を見出したりするのが、生観戦の冥利に尽きるというものなのだが。

△ 千葉 英太(20歳)投手 172/67 右/右

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2019年スポニチ大会 Aグループの注目選手達

毎年恒例・社会人スポニチ大会の注目選手を、ドラフト目線で紹介する企画。予選は、A ~ D の4つのグループに別れて計16チームで催される。今年もぜひ、観戦の参考にして頂けたら幸いです。

HONDA ドラフト注目度 B 

大卒2年目の東野 龍ニ(24歳・駒大出身)左腕が、再び指名解禁となる。球速こそ140キロ出るか出ないかぐらいのサウスポーだが、つかみ何処のない実戦派サウスポー。ゲームメイクできる左腕として、内容の良化次第では指名圏内に入ってくるかもしれない。日大時代には、強打の三塁手として注目された 太田 和輝(24歳・日大出身)も、右打ちの強打の三塁手としてプロからも需要の高いポジションとなっている。一皮むけたところを示せれば、面白い存在になってくるはず。

◯ 東野 龍ニ(24歳)投手 175/82 左/左
△ 太田 和輝(24歳)三塁 183/90 右/右

SUBARU ドラフト注目度  B

強打・好守の 古川 幸拓(24歳・白鴎大出身)二塁手や、常葉菊川時代からセンスが光る 遠藤 康平(23歳・青学大出身)遊撃手などが、再び解禁の年を迎える。ただし野手の場合、なかなか大学を経由した社会人は近年指名され難い。確かな上積みががないと、指名は厳しいとみて良いだろう。むしろプロとなると大卒4年目になるが、高橋 史典(26歳・立正大出身)右腕などは、いつプロ入りしてもおかしくない力量の持ち主であり、リリーフならば即戦力で大車輪の活躍を見せてくれるのではないのだろうか。

△ 古川 幸拓(24歳)内野 173/70 右/左
△ 遠藤 康平(23歳)内野 172/72 右/右
◯ 高橋 史典(26歳)投手 182/82 右/右

NTT西日本 ドラフト注目度 B

萩原 僚麻(24歳・吉備国際大出身)右腕は、サイドから繰り出す140キロ台のキレ味抜群の速球に、強烈なシンカーを投げ込んでくる。腕の振りの良さと洗練されたマウンド捌きで、日本選手権でも先発し好投した。全国的な知名度は薄いが、確かな実力を持っている注目株。洗練された荻原とは対象的に、小柄だがガンガンストレートで押して来るのが 3年目の 河津 颯太(24歳・福井工大出身)右腕。イメージ的には、谷元圭介(日ハム-中日)に似たタイプ。また2年目の 大道寺 拓(24歳・筑波大出身)右腕も、リリーフで140キロ台中盤の速球中心に押してくる。変化球の精度が高まってくれば、指名圏内に入ってくるかもしれない。

◯ 萩原 僚麻(24歳)投手 174/78 右/右
△ 河津 颯太(24歳)投手 167/72 右/右
△ 大道寺 拓(24歳)投手 176/77 右/右

沖縄電力 ドラフト注目度 C

このチームは私自身あまりわからないのもあるのだが、他からも名前があがる選手が少ないのは確か。個人的には、内間 敦也(22歳・コザ出身)右腕は、高校時代沖縄では世代屈指のパフォーマンスを見せていた投手なので期待しているのだが・・・。上背はないが140キロ台の速球を武器に、投げっぷりの良さは一級品。しかし社会人に入って何度か見ているが、伸びていないのは気になる材料。今年は同期が大学最終学年を迎える年だけに、奮起して一皮むけて欲しい一人だ。

△ 内間 敦也(22歳)投手 172/86 右/右

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

2019年ドラフト戦線を考える (高校・大学野手編)

2019年ドラフト戦線を考える も、今回が最終回。最後は、高校生と大学生の野手達についてです。
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード