東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年 大学選手権総括(野手編)
遅れ馳せながら行っている、大学選手権の総括。2日目の今回は、野手についてドラフト目線で行って行きたいと思います。また今回は、ポジション別にドラフト目線の有力選手のご紹介をして行きます。

(捕手編)

今大会のメンバーの中でも、指名が有力視されているのが、小林 遼(仙台育英出身・新4年)捕手。しかし今季は、バントの際に浮いた球をダイビングキャッチした好プレーは見られたものの、やや精彩欠いた印象を受けた。リーグ戦では打率.200厘と低迷し、オープン戦の頃にはさほど気にならなかったスローイングがワンバウンドで物足りない。知り合いが、送球がおかしかったと観戦した時に言っていたとおり、何処か痛めているのかわからないが、その辺が大きなマイナス材料。そういった問題の解決が見えて来ないようだと、社会人に流れるかもしれない。

リーグ戦の開幕戦で、4番としても良かった 春日 大生(東福岡出身4年)捕手が、あまり見せ場なく終わってしまったのは残念。1.8秒台中盤で投げられる強肩の持ち主だが、送球の際に落球してしまい送球できず。打ってもヒットを放てないなど、残念な結果に終わったまま大会を終えた。小林遼(富士大)よりも体格に恵まれプロっぽい捕手ではあるが、そのまま社会人に進むことになるのではないのだろうか。ただし個人的には、高山 竜太朗(九州産業大-巨人育成)捕手よりも総合力では上を行っているとは思うのので、ひょっとすると育成あたりで指名されても不思議ではない。

また来年の選手になるが、京都学園大の 橋本 昂希(地球環境出身・3年)捕手が気になった。捕ってから無駄のない動きで、走者の滑り込んでくるところにドンビシャの送球で二度の捕殺。なんとそのタイムは、1.7秒台を記録。もしこの送球を安定してできるのであれば、学生球界屈指の強肩捕手なのは間違いない。ミットを構える時に少し独特の座り方をしている選手だが、内角を活かした強気のリードをしてくる。打撃は下位で目立たなかったが、来年に向けて覚えておいて損のなさそうな選手だった。

捕手は全体的に寂しい印象で、不出場組でも 小畑 尋規(立正大)捕手や大平 達樹(桜美林大)捕手などの名前があがるぐらい。大学生はイマイチだが、今年は高校生や社会人捕手の人材には恵まれているので、そちらの方に期待するという年になりそうだ。

小林 遼 (富士大)捕手   173/80 右/左
春日 大生(福岡大)捕手   176/77 右/右
橋本 昂稀(京都学園大)捕手 172/72 右/右

(内野手編)

4年生内野手で指名が有力なのは、笠松 悠哉(大阪桐蔭出身・4年)三塁手。富士大戦では、当たり千金のサード横を抜けるタイムリーで勝ち越し。強烈なヘッドスピードと、時々ポカはするもののダイナミックな三塁守備が魅力の大型サード。時々魅せる惚れ惚れするようなホームランと、リーグ戦16打点の無類の勝負強さで精神面も強い。個人的にはプロの指導者や環境で鍛えたら、大きく化けるのではないかと期待している素材。プロ側の評価が見えて来ないが、私ならば指名リストに名前を連ねてみたい。

また指名は微妙だが、チームメイトの熊谷 敬宥(仙台育英出身・4年)遊撃手は、軽快な遊撃守備と右打席から4.20秒前後(左打者換算で3.95秒に相当)する俊足で今春はリーグ戦で9盗塁。しかし打力の弱さはいかんともし難く、この試合でもノーヒット。現状は社会人タイプに見えるが、守備・走塁はプロ級なだけに秋に打撃で大きな変化が観られれば一気に指名候補まで浮上しそう。

また石巻専修大の核弾頭・小野 侑宏(聖和学園出身・4年)二塁手は、甘い球を逃さない「鋭さ」を持った好選手。ボールを呼び込んで、二塁打・三塁打の多い長打で存在感を示した。1年秋に首位打者を経験して、この春で5度目ベストナインを獲得。さらにこの春は、打率.417厘で再び首位打者に輝き、MVPも獲得したリーグの看板選手。この試合を観る限り、本会議は微妙なものの育成枠ぐらいならば面白い素材ではないかと思わせる。春3失策した二塁守備が平凡なのと4盗塁を記録したものの、塁間4.25秒前後と走力は並。そういった意味では打撃と意識はプロ級だが、総合力でどう判断されるだろうか?

東農大北海道の 周東 佑京(東農大二出身・4年)三塁手は、第一打席の三塁打で11秒台前半で走り抜けられるアスリート系内野手。ショート前のゴロをかっさらって送球しようとしてエラーしてしまったりと、気合が空回りしてしまっていた。これでセンターラインが守れるようだと面白い選手だが、その辺がマイナスポイントか。しかし身体能力の高さ・秘めたるポテンシャルは高そうで、球団によっては育成あたりで指名を検討する球団が出てくるかもしれない。

また来年のドラフトでは大いに注目されそうな 九州産業大の中心打者である 岩城 駿也(東海大五出身)一塁手が、右に左に長打を放ち評判どうりの打力を披露。私が観戦した開幕戦では結果を残せなかったが、春季リーグでは脅威の25打点をあげた。ライトフェンス直撃の長打を放ったかと思ったら、左中間スタンドにホームラン。一塁手ではあるが、右打席から塁間4.35秒で到達し、これを左打者に換算すると4.1秒であり基準レベル以上の走力はある。打撃は間違いなくプロ級なので、来年どこまで内容を高めて行けるのか注目したい。

笠松 悠也(立教大)三塁   181/85 右/右
熊谷 敬宥(立教大)遊撃   175/72 右/右
小野 侑宏(石巻専修大)二塁 170/70 右/左
周東佑京(東農大北海道)三塁 180/66 右/左
岩城 駿也(九州産業大)一塁 180/80 右/右

(外野手編)

東北福祉大の 楠本 泰史(花咲徳栄出身・4年)中堅手が注目。故障でショートから一塁、そして最終学年では中堅にコンバートされた。俊足を活かした広い守備範囲を誇り、身体能力が高いだけにセンターでも活かせそう。この春には首位者にも輝いたように、ボールを芯で捉える能力には確かなものがある。ただし左打ちの長打が売りではない外野手となると、なかなかプロ側の敷居は高くなりがち。それだけにドラフト指名は微妙であり、指名されても中位より下の順位になるのは間違えなさそうだ。できればもう少し、中堅守備などを見てみたかった。日米野球などで、再度確認してみたい。

上武大の核弾頭・島田 海吏(九州学院出身・4年)中堅手は、柔らかいハンドリングと塁間3.8秒台のプロでもトップクラスの脚力が売り。残念なのは、これだけの脚力がありながらフライをあげるケースが多いのが昨年からどうしても気になる。天才的なボール捌きを魅せるときもあるのだが、リーグ戦で1割台に低迷することもある波が激しいタイプ。それでも今春のリーグ戦では、打率.385厘でリーグ2位の好成績。この試合では出塁してすかさず盗塁を決めていたように、リーグ戦で8盗塁を決めるなど走力もプロ級なのは間違いない。あまりプロの匂いのして来るタイプではない左の巧打者タイプだが、このタイプとしては究極系の選手だけ、何かしらの形で本会議の中で指名があるのではないかとみている。

また福井工大の 樋口 拓真(九州国際大附出身・4年)中堅手は、この試合でも4安打と大活躍。守ってはダイビングキャッチで好捕し、走ってはセーフティバントを決めるなど塁間4.1秒前後の脚力で存在感を示した。バットの芯で高い確率でボールを捉えられる選手で、卒業後も社会人などで野球を続けてゆくことを期待させる。

中部大で光っていた1番打者の 土田 昂平(砺波工出身・4年)左翼手。砺波工業時代から注目されてきた県内NO.1打者で、ヘッドスピードが速くスイングはプロ級。ミート能力も確かで、今春のリーグ戦では打率.405厘でリーグ2位の好成績。一塁までの塁間も、3.9秒前後とプロでも俊足の部類。これだけの俊足ながら、守備位置が左翼なのは気になる。守備範囲は広そうで、肩も標準レベルぐらいはありそうに見えたのだが。残念だったのは、ファールを追った際に負傷してしまい、試合の途中で交代。大学からのドラフト指名となると厳しそうだが、社会人での2年後を期待したい。

楠本 泰史(東北福祉大)中堅 180/77 右/左
島田 海吏(上武大)  中堅 176/72 右/左
樋口 拓真(福井工大) 中堅 178/76 右/左
土田 昂平(中部大)  左翼 176/74 左/左

(最後に)

指名確実なレベルの野手は少なく、流動的な選手を含めても質・両ともに、野手はやや寂しい。野手に関しては、高校生野手が10年に1度級の当たり年であり、各チーム高校生中心の指名になるのではないのだろうか。その合間を縫って本物を見出して行けるのかは、まさにスカウトの眼力が問われる年となりそうだ。

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年 大学選手権総括(投手編)
大学野球一番の祭典である 全日本大学選手権 の模様を一通り観終えたので、遅れ馳せながら総括でも。今回も、ドラフト目線で大会を振り返って行きます。今回は、その投手編です。

(指名上位を確定的にした面子)

全国大会未経験だった 近藤 弘樹(安佐北出身・4年)右腕は、評判どうりの投球を魅せてくれた。ストレートはコンスタントに145キロ前後を刻み、最速では150キロを越えてきた。この選手は、ストレートのコマンドが安定しており、時々高めには浮くが両サイドに投げ分けられる。変化球は、スライダー・カーブ・チェンジアップだか沈む球があり、一通りの球がある。昨年よりも全体的にパワーアップしており、ある程度ストレートで押せるまでになっていた。ただしどの変化球でもカウントは整えられるものの、追い込んでから仕留められる変化球がないところが気になる。リーグ戦ではイニングを遥かに凌ぐ奪三振を奪えているが、プロの打者を想定するとどうだろうか? また投球に嫌らしさや攻めの厳しさはそれほど感じないので、そのへんがプロの打者の踏み込みを許さないかという心配にはなる。いずれにしても2位ぐらいまでには指名される選手ではないのだろうか。

昨秋の時点から上位指名候補と位置づけられていた九州産業大の先発は、草場 亮太(伊万里商出身・4年)右腕。コンスタントに140キロ台を刻み、MAXで150キロまで到達。カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜてくる。普段の投球は好いのだが、勝負どころになるとボールが浮いたり、変化球が甘くなる詰めの甘さはこの試合でも見られた。特にこの選手は立ち上がりは好いのだが、イニングが進むにつれ相手に馴れられて失点してしまうというパターンをこの試合も繰り返している。まだまだ伸び代を秘めた素材であり、プロ入り後グッとよくなる余力を残している。発展途上で即戦力としては不安は残るが、ハズレ1位~2位ぐらいまでには指名されそうな力はある。

近藤 弘樹(岡山商科大)投手 190/85 右/右
草場 亮太(九州産業大)投手 183/75 右/右

(志望届けを提出すれば指名確実な選手)

日本文理大の先発・ケムナブラッド誠(日南出身・4年)右腕も、素材の良さを改めて印象づけた。小さめのテイクバックから、ズバーンとミットに突き刺さる速球は、草場や近藤弘樹(岡山商科大)をも凌ぐものがあります。ボールが見え始めてから到達まで非常に早く、打者としてはタイミングを図るのが難しい。球質・フォームもあいまって、世代屈指のストレートの質・勢いを誇ります。フォームの感じは、薮田 和樹(亜大-広島2位)を彷彿す。ただし草場ほどボールが制御できてなく、平均してボールが上吊りやすい。また変化球もたまにスライダーを投げる程度で、投球のほとんどは速球といった未完の大器。その辺をどうみるかで、評価は別れる選手ではないのでしょうか。

上武大の宮川 哲(東海大山形出身・4年)右腕は、コンスタントに145キロ前後の速球を真上から投げ下ろしてくる。変化球はスライダー中心だが、このスライダーの球速が違って3種類ぐらいある印象。他にも縦に割れるカーブのような球やフォークのようなボールも持っている。ストレートが暴れて収まりが悪いものの、変化球の曲がりが独特で精度も高い。そのため打者としては、的が絞り難い荒れ球投手といった感じなのだろう。不思議とこれだけの球を投げながらも、あまりドラフト候補の匂いがして来ないのは何故なのだろうか? 掴みどころのないタイプで、あまり高い評価はできないが、実戦にゆくと期待以上の投球をしてくれるタイプ。ちなみにこの春は、3勝0敗 防御率 0.65 で最優秀防御率を記録。ドラフト順位はイメージし難いのだが、中位以降での指名があるのではないかと考える。

た岐阜経済大の先発・與座 海人(沖縄尚学出身・4年)右腕は、正統派のサブマリン。125キロ~130キロ台前半ぐらいの真っ直ぐに、カーブ・スライダー・シンカーなどを織り交ぜて来る。いつもいうようにアンダーハンドの球速の目安は、プラス15キロぐらいすると、上手の球速の投手と比較できる。そういった意味では、この選手は、おおよそ140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速で投げ込んで来るように感じるはず。ただしあくまでもこれは一つの目安であるので、実際は120キロ台の球であるので甘く入れば長打を浴びてしまうことは否定できない。それでも 高橋 礼(専修大)に比べると、ボールがしっかり手元で切れ浮き上がって来る感じの球もある。ただしこの手のタイプにしては、シンカーを滅多に使って来なく、あくまでもコーナーワークで勝負するので空振りが誘える球はない。またサイド・アンダー系の打ち難さを作るしなるような腕の振りでもない。それでもこの試合では、9回を投げて内野安打の1本・10奪三振・無失点とほぼ完璧なピッチングを魅せていた。プロでもほとんどいない実力派サブマリンでもあり、プロ側からみれば非常に興味深い素材。順位にこだわらなければ、本会議中に指名される可能性は高いとみる。

また社会人入りが濃厚とされるが、志望届けを提出すれば指名確実なレベルにある 濱口 雄大(高知農出身・4年)右腕は、代わりっぱなから質の良い140キロ台後半(MAX149キロ)を連発。変化球は、カットボール・スライダー・チェンジアップなどで、しっかりカウントを整えることもできていた。ストレートこそバラついていたものの、前評判ほどの制球難でもなく、2イニングを無四球で乗り越えた。できすぎだったのかもしれないが、この日の内容ならば3位以内の指名があっても不思議ではない。社会人入りが濃厚とも言われている選手だが、今大会の投球でプロ側の評価が代わり、進路にも変化が出てくるのか注目される。

ケムナブラッド誠(日本文理)投手 192/91 右/右
宮川 哲 (上武大)投手     178/78 右/右
與座 海人(岐阜経済大)投手   173/74 右/右
濱口 雄大(岐阜経済大)投手   177/80 右/左

(今後のアピール次第では面白い存在)

農大北海道の宮本 誉士樹(鎮西出身・4年)右腕は、昨年も大学選手権で140キロ台の速球を投げ込んでいた大型のサイドハンド。腕のしなりを活かすタイプではなく、腕が曲がらないままブンと振ってくる。何より個性的なのが、投球のほとんどが130キロ台中盤~140キロ台前半のストレートで構成されているということ。クロスへの球筋は比較的素直なフォームシーム気味なのだが、逆クロスへの球筋はナチュラルシュートするクセ球。そのため右打者の内角に鋭く食い込んでくるシュートボールになり、左打者は強烈に外に逃げてゆく。たまにシンカー系の沈む球がある程度で、カーブ・スライダー系などは見当たらない。かなり個性的な投手で、この球筋を面白いとプロが見るかどうか? 186センチの大型投手でもあり、本人がプロ志望が強いのであれば、育成あたりで指名する球団が出てきても不思議ではない。

帝京大の 菊地 丈留(帝京出身・4年)左腕は、全身を使って来るパワーピッチャー。球速こそ130キロ台後半だが、ボールの勢い・球威は140キロ台中盤を連発しているような迫力がある。変化球は、カーブ・スライダーと投球に深みは感じられないものの、気迫のこもった投球は見るべきものがあった。全く知らない投手だったが、4年生でこれほどの左腕が帝京にるたとは思わなかった。普段の内容がよくわからないが、社会人などで野球を続けたら2年後のプロ入りがあっても不思議ではない。この春のリーグ戦では、防御率2位の安定感。秋のアピール次第では、大学からのプロ入りもあるかもしれない。

宮本誉士樹(東農大北海道)投手 186/79 右/右
菊地 丈留(帝京大)投手    175/80 左/左

(社会人経由で2年後を目指せる素材)

東洋大の飯田 晴海(常総学院出身・4年)右腕については、リーグ戦終盤に詳しくレポートしたばかり。非常にオーソドックスなフォームから、130キロ台後半~140キロ台中盤の速球は手元までビシッと来る。リーグ戦で見た時よりもボールは来ていた印象で、内角への厳しい攻めや牽制の上手さも改めて印象づけられた。ただし中背の投手ゆえの平面的な球筋と、それほど苦にならないキレイなフォームであり、よほど繊細なコントロールや強烈なフィニッシュボールがないと、大学からプロ入りは厳しいのではないのだろうか? スカウトからも注目されているが、社会人経由の選手だとみている。

小久保 気(四国学院大4年)右腕は、非常にオーソドックスなフォーム。球速は130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらい。勝負どころでは、140キロ台中盤まで出して来る。しかし178センチと中背の体格のせいもあるが、それほどボール自体に凄みや伸びみたいなものは感じられない。また普段の球筋も真ん中~高めが多いなど、コマンドも繊細というほどでもない。カーブと追い込むと縦に大きく落ちるフォークがあり、この球には結構な落差がある。もう少しストレートの質・コマンドを磨いて、社会人で2年間ぐらいしてからの方がプロ入りは良いのではないのだろうか? 大学の先輩でありプロ入りした 高野 圭佑(JR西日本-ロッテ7位)の方が、ボール自体のインパクトはあったように思えるので。

岡山商科大の方では、豪腕・蔵本 治孝(神戸国際大附出身・4年)右腕は先発するも、僅か2回1/3でK.Oされた。何処かフワッとしていて下半身に力が入り切らないフォームは、元ソフトバンクの 若田部 健一 に似た印象を受ける。球速も最速で147キロを記録したものの、おおよそ130キロ台後半~140キロ台前半が多い。その球も高めに抜けることが多く、スライダーやチェンジアップぐらいで、この球もまだまだ使えるレベルではない。体重の乗り切らない今のフォームで140キロ台後半を叩き出せるスピード能力は確かなので、社会人などで良い指導者・環境に恵まれれば大化けするかもしれない。しかし現時点では、プロ云々ではまだないだろう。

九州産業大の本田 勝也(海星出身・)右腕は、両コーナーを突く制球力と追い込んでから縦に鋭く落ちる縦スラで空振りを誘える好投手。投げても140キロ台~MAX145キロを記録し、7回を投げて、5安打・5奪三振・無四球・自責点1と好投した。今春のリーグ戦では、7試合に登板して、3勝0敗 防御率 1.38でリーグ2位。3位の草場が2.79だったことを考えると、安定感では本田がこの春は上回ってことがわかる。肩を痛めていたせいなのか?テイクバックに癖があり、ボールにもそれほどドラフト候補の自己主張するような球は見られない。社会人などで更なるパワーを遂げるようだと、総合力の高い投手だけに楽しみだ。

飯田 晴海(東洋大)投手   175/77 右/右
小久保 気(四国学院大)投手 178/78 右/左
蔵本 治孝(岡山商大)投手  185/95 右/右
本田 勝也(九州産業大)投手 180/86 右/左

(最後に)

大学選手権を終えたことで、おおよそ2017年度の大学のドラフト戦線は見えてきた。大会不出場組での上位候補となると、馬場 皐輔(仙台大)右腕、齊藤 大将(明治大)左腕、高橋 遥人(亜細亜大)左腕、鍬原 拓也(中央大)右腕、東 克樹(立命館大)左腕あたりが有力どころとしてあげられる。更に秋に向け、評価が急浮上して来る選手が出てくるのか期待したい。投手に関しては、まずまずの面子が揃っていたのではないのだろうか。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年 センバツ総括 (将来編)
選抜総括も、今回が最終回。今回は、将来の候補編ということで下級生に目を向けてみたいと思います。

下級生で来年候補になれそうという観点でみると、そう多くの名前は現時点ではあげられません。そんな中、現時点で来年の候補になれそうな選手が多数あがるのが、優勝した大阪桐蔭の面子。その中心をなすのが、スーパー1年生として入学時から話題呼んできた 根尾 昂(大阪桐蔭2年)遊撃手が、初の全国デビュー。第一打席こそヒットを放ったが、この試合ではちょっと気負い過ぎたのかもしれない。それでも遊撃手をそつなくこなす野球センスを魅せたり、大器の雰囲気を漂わせていた。思いっきりの好いフルスイングは、吉田 正尚(青学大-オリックス)外野手を彷彿とさせる。また投手としてもバネを感じさせる投手で、MAX145キロの速球の勢いとスライダーの曲がりには見るべきものがあった。力みからか高めに抜けることが多かったり、投手としてはそれほどスケール感じられない。それでも野手としては、来年の有力な上位候補になって来る。

すでに完成度の高い根尾に比べると、これからの大きな上積みが期待できそうなのが、藤原 恭大(大阪桐蔭2年)中堅手。強烈なヘッドスピードを誇る強打に、塁間4.05秒前後の俊足を誇る核弾頭。また山田 健太(大阪桐蔭2年)三塁手も、レフトに特大のホームランを放つなど、スケールの大きな右の大型三塁手として期待がかかる。こ3人は、掛け値なしにドラフト候補に入ってきそうな選手達。

清宮の後ろで4番に座る 野村 大樹(早実2年)三塁手は、広角に鋭い当たりを連発する。172/80 と小柄だが、三塁の守備を無難に守れる守備力。右打席から4.25秒前後で駆け抜ける極力があり、これは左打者換算だと4.0秒前後に相当しプロに混ぜても俊足の部類。何より後輩ながら、清宮には絶対に負けない感がプレーの端々から伝わって来る選手であり、久々にギラギラした高校生を見た気がする。ある意味清宮以上にプロ向きのマインドの持ち主なのだが、高校からの指名となると流動的。しかし「東の野村・西の根尾で、年が明けるまでは世代を引っ張って行ける存在感がある。今年志望届けを提出しても、それなりの順位でプロ入りできるはずだ。

報徳の1番を打つ 小園 海斗(2年)遊撃手は三拍子揃った好選手。一塁までの塁間は、3.9秒前後と俊足。更にフットワーク、キャッチング、スローイングまでの流れも好いセンスに優れた遊撃手。打撃でも最終打席に、ライトスタンドに叩き込むなど将来が楽しみ。現時点ではセンスが秀でたタイプだが、来年に向けて「鋭さ」が加わって来るようだと高校からドラフト指名されるような存在になるかもしれない。

捕手では、藤原 駿也(創志学園2年)捕手は来年楽しみ。ボールを押し込むような力強いキャッチングと、地肩の強さは一級品。9番の打力は少し心配なのと雑にならないと好いのだが、来年に向けて注意を傾けてみたい捕手だった。古賀とはまさに、両極に位置する捕手だと思う。

ここまでに名前をあげた選手は、いずれも野手。投手で名前をあげるとすればやはり大阪桐蔭組の 静高戦に先発した 横川 凱(大阪桐蔭2年)左腕は、190センチの上背からMAX140キロに到達する威力のあるボールが魅力の大器。静高戦に先発したが、初回でK.Oされてしまうなどまだまだ未完成。しかし持ってスペック的には、世代でも屈指のサウスポーという位置づけられるのではないのだろうか。またチームメイトの 柿木 蓮(2年)右腕も、エースの徳本以上に力強いボールを投げていたのは印象的。コントロールが荒れ荒れで変化球レベルもイマイチだが、秘めたるポテンシャルは来年の候補になり得る器。

投手で名前があげられそうなのは、この大阪桐蔭の二人しかいなかった。いずれにしても、2年生中心で選抜を制した大阪桐蔭の面子は、過去に記憶がないぐらい充実した戦力。彼らが最終学年を迎えた時に、一体どのようなチームになっているのか興味深い。

根尾 昂 (大阪桐蔭2年)遊撃 177/75 右/左
藤原 恭大(大阪桐蔭2年)中堅 180/76 左/左
山田 健太(大阪桐蔭2年)三塁 183/82 右/右
野村 大樹(早稲田実2年)三塁 172/80 右/右
小園 海斗(報徳学園2年)遊撃 178/73 右/左
藤原 駿也(創志学園2年)捕手 176/82 右/両

横川 凱 (大阪桐蔭2年)投手 190/82 左/左
柿木 蓮 (大阪桐蔭2年)投手 181/84 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年 センバツ総括 (外野手編)
ここまで、投手編・捕手編・内野手編と更新してきた選抜総括。今回は、センバツ組の外野手について考えてみたい。

人材が豊富だった捕手、世代の中心選手が揃っていた内野手に比べると、外野手にセンバツの時点で指名が確定的な選手はいなかった。そんな中、特にスカウトの注目を集めていたのが、明徳の4番を打つ 西浦 颯大(3年)右翼手。左打席からの佇まいは、何処か上林 誠知(仙台育英-ソフトバンク)外野手を彷彿とさせる。この選手は打撃だけでなく、一塁までの塁間は左打席から3.9秒台、肩もまずまず強く守備もうまい。左打ちの外野手はなかなか指名され難い傾向にはあるのだが、守備・走塁もハイスペックなことを考えると、今後のアピール次第では指名される可能性も秘めているはず。上林ほどの天才肌かは微妙だが、意識も高く夏まで追いかけてみたい一人。

盛岡大附では、下級生の頃から活躍する核弾頭・植田 拓(3年)中堅手の、腕っぷしの強い打撃は健在。165センチと上背はないが、ガッチリした体格から強烈な打球を連発する小力のあるタイプ。チームの1番を担うように脚力もあり、地肩も強い。ただし打球への目測や球際でのあと一歩の弱さがあり、守備力はそれほど高くないのではないかという気もする。体格的にはドラフト候補かは微妙だが、個人的には育成枠あたりならば面白いのではないかとみている。マインド的にも、プロ向きの人材だと言えそうだ。

作新学院の1番を打つ 鈴木 萌斗(3年)中堅手の三拍子揃ったプレー。一塁到達タイムはいつも速いタイムが出ない選手だが、出塁するとさかさず盗塁する脚力はプロ級。広い守備範囲を誇り、中堅守備は安定している。ただし、地肩はそれほど強い選手ではない。そういった意味では高校からプロというよりも強豪・名門大学に進むセンス型で、ドラフト候補という匂いはして来ない。

創志学園の 難波 侑平(3年)投手は、4番で鋭い打球を連発する打撃の方の才能が秀でており、将来的には野手に専念するのではないのだろうか。柔らかいリストワークは魅力だが、大学進学タイプの選手ではないかという気がしている。同じく投手よりも野手の才能が注目されるのが、皆川 喬涼(前橋育英3年)中堅手。投手としても140キロ台を連発できる地肩があり、走力・長打力含めてポテンシャルは高い。しかし高校からプロに入るほどかと言われると、アピール不足は否めない。

また神宮大会ではこの安田以上に活躍した4番の若林 将平(履正社・3年)左翼手は、今大会力を発揮できなかった。貴重な右の強打者ではあるが、守備・走塁に特徴がないだけに、いかに打撃でアピールできるか? そういった意味では、高校からプロ入りするほどの圧倒的なものがあるのかには疑問。また強打者の 福元 悠真(智辯学園3年)右翼手も、下級生から活躍してきた強打者。しかし高校からプロというほどのインパクト示せず、こちらも大学に進学になるのではないのだろうか。

西浦 颯大(明徳義塾)右翼 178/70 右/左
植田 拓  (盛岡大附)中堅 165/72 右/右
鈴木 萌斗(作新学院)中堅 182/75 右/左
難波 侑平(創志学園)投手 178/75 右/左
皆川 喬涼(前橋育英)中堅 178/76 右/右
若林 将平(履正社) 左翼 181/86 右/右
福元 悠真(智弁学園)右翼 178/75 右/右

最初にも述べたように、選抜の時点で指名頭角と言えるほどの選手はいなかった。またこの中の多くが、進学するのではないかと思われる選手が多いのも特徴。全国的に見ても 増田 珠(横浜)、岡田 悠真(龍谷大平安)、梶原 昂希(大分雄城台)外野手などがいるぐらいで、捕手や内野手に比べると、例年に比べやや弱い印象は否めない。いずれにしても外野手については、この選抜組が世代の中心となることはないだろう。むしろ不出場組が中心となって、ドラフトが形成されることになりそうだ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年 センバツ総括 (内野手編)
遅ればせながら更新を続けている、選抜総括。今回は、内野手について考えてみましょう。

言わずと知れた 清宮 幸太郎(早実3年)一塁手は、第一打席にいきなり火の出るような強烈なセンター前ヒットを放つ。2打席目には滞空時間が異常に長いセンターフライを。さらに同点のチャンスの場面では、打ち気にはやらずに我慢して四球を選ぶなど並の精神力ではないところを魅せた。選抜でホームランを放つことなく甲子園を去ったものの、選抜以後ホームランを量産して通算100号に到達。順調に行けば 山本 大貴(神港学園出身・JR西日本)が記録した107本を塗り替えるのも現実味を帯びてきた。もはや1位競合の評価は不動であり、あとはプロ志望届けを提出するか否かに興味の対象は移っている。

またこの清宮のライバルとして注目される 安田 尚憲(履正社3年)三塁手は、最終打席にようやくレフトフェンス直撃を放ち能力を片鱗を魅せた。それまでは、桜井のスライダーを見極めことができず清宮同様に苦しんだ。その後チームは決勝まで進み、5試合 1本 3打点 打率.412厘 を残し、有力な1位候補であることを印象づけた。特に一塁手の清宮に比べると、三塁ができるのが最大の強み。その三塁守備も、ひと冬越えてだいぶ上手くなってきた。

その他指名が有力なのは、太田 英毅(智弁学園3年)遊撃手の、一歩目の鋭さを増した動きが際立っていた。守備でも走塁でも打撃でもスピード感を増しており、高校からプロに入るんだというギラギラしたものが感じられる。ただし相変わらず送球の際に横から腕が出てくるので、この辺は送球が乱れるために修正が必要だろう。打撃でも最終打席に、中段に叩き込むホームランをレフトスタンドを放った。この選手は、間違いなく高校からプロに入るべき選手だろう。

全国屈指のスケールを誇る遊撃手・嶋谷 将平(宇部鴻城3年)遊撃手も注目の候補。スケールがある一方で荒っぽさも残る選手であり、ゲッツー確実な場面で送球が乱れたり、平凡なゴロをエラーをするなど守備でも制裁を欠いた。右打席から4.2秒前後(左打者換算で3.95秒に相当)する脚力もあり、深いところから刺せる肩含めて素材はまさにドラフト上位級。強烈なヘッドスピードを誇る一方で、この試合ではスライダーにタイミングを簡単に崩され全く好いところなく甲子園を去ることになった。夏までの巻き返しがあれば、上位指名に名前を連ねても不思議ではない。

清宮幸太郎(早稲田実)一塁  184/97 右/左
安田 尚憲(履正社) 三塁  188/95 右/左
太田 英毅(智弁学園)遊撃  176/78 右/右
嶋谷 将平(宇部鴻城)遊撃  183/83 右/右

異色なのは、金成 麗生(日大三3年)一塁手は、追い込まれるとレフト方向に切り替える打撃は健在で、甲子園でもヒットを放って見せた。体格の割には動ける選手ではあるが、やはり大型過ぎて動作にキレがないのは気になる。規格外のパワーの持ち主ではあるが、日大三の選手でもあり高校からプロ入りさせるかは微妙だろう。しかし選抜以後、投手・金成 がスカウト達の視線を釘付けにしている。193/101 の体格から投げ込まれる140キロ台後半の速球は、全国屈指の剛球左腕という位置付け。高校からのプロ入りをさせない学校だが、 昨年は 坂倉 将吾(日大三)捕手が広島に入団。その流れにも、変化が生じてきているのかもしれない。

指名有力となるとこのあたりだが、その他スカウトの注目を集めていたのが、市呉の4番・新田 旬希(3年)遊撃手は、182/72 の大型遊撃手。強打者というよりは好打者タイプですが、対応力があり遊撃手としても安定した守備を魅せていた。驚くようなプレーはしていなかったものの、野球センスを感じさせる好選手。

小柄ながら攻守にセンス溢れる 西巻 賢ニ(仙台育英3年)遊撃手は、相変わらずの動きの良さが目立つ。ニ遊間らしい細かい動きができる選手で、プレーにスピード感がある。遊撃手としては動きだけでなく、スローイングも安定。右打席から4.2秒前後(左打者換算で3.95秒前後に相当)の脚力も、プロに混ぜても俊足レベル。鋭くはじき返す打撃レベルでも、上位レベルのものがある。こちらも上手い選手ではあるが、高校からプロに入るような凄みのある選手ではないだけに、有力大学でワンクッション置いてからという判断になるかもしれない。しかし育成枠でもプロに入る選手もいるので、本人がどの程度プロ入りへの意欲があるかにも左右されそう。

金成 麗生(日大三)一塁  193/101 左/左
新田 旬希(市呉)遊撃   182/72  右/左
西巻 賢ニ(仙台育英)遊撃 168/68  右/右

全体的にはそれほど数は多くないが、全国でも屈指の選手が集まっている。そのためこの選抜組が、内野手は全国を引っ張ってゆく面々とみて間違いないだろう。あとは、不出場組にどのぐらい候補がいるのか注視してみたい。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.