東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
セガサミー VS オリックス(二軍)
今日は、テレビでオリックスとセガサミーの試合が5回まで中継がありました。そこで簡単ではあるのですが、両チームで気になった選手を何人か触れてみます。

セガサミーの先発は、森脇 亮介(26歳・日大出身)右腕。京都の塔南高校時代は、京都屈指の好投手として注目されました。日大進学後も早くから期待され、主力投手として活躍。セガサミー入社後も、主戦として4年目を迎えます。140キロ台中盤~後半ぐらいのキレのある球と、スライダーやシンカー系の球にカーブなども織り交ぜたコンビネーションで勝負するタイプです。

ドラフト適齢期も過ぎてきたのと先発などもあり、今日はおそらく130キロ台後半~140キロ台前半程度だと思われます。しかしボールにキレがあるタイプなので、オリックスの各打者がポップフライをあげる場面が目立ちました。それではまずいと叩きつけにゆくと、今度は内野ゴロの山。この時期では、プロの打者でもこういった生きた球を投げられる投手への対応には苦労していたようです。凄みはないのですが、投手として円熟味が出てきた感じに。スポニチ大会でも、どんな投球を魅せてくれるか楽しみです。

セガサミーの野手で目立ったのは、中継中唯一のヒットを放っていた 喜多 亮太(22歳・敦賀気比出身)捕手。敦賀気比時代から注目された強肩・強打の捕手で、5年目を迎えるシーズンです。高校時代は、キャッチングに難がありました。しかし今はミットをしっかり投手に示し、そのミットが全くブレません。以前はミットを地面に降ろしてしまう癖もあったのですが、それも見事修正。ワンバウンド処理への反応、対応にも優れ、キャッチングに好感が持てるレベルにまでなりました。

スローイングを観られる機会はなかったのですが、高校時代から1.9~2.0秒ぐらいの送球をする選手。地肩はドラフト候補としては平均的でしたが、送球の精度が低かった選手。その辺がどのぐらい改善されているのかスポニチ大会では注目したいポイント。スイングも9番ながら、なかなか鋭いスイングをしていました。高校時代からボールを手元まで引きつけて、甘い球を逃さないタイプ。今日試合に出ていたセガサミーの野手では目立ったスイングをしていたので、打撃とディフェンスのバランスが取れていれば、指名候補に上がって来るかもしれません。今後も、追いかけてみたい一人。

もう一人セガサミーで気になったのは、4番に入っていた 根岸 晃太郎(25歳・日大出身)遊撃手。こちらは180センチ台と体格を恵まれた遊撃手で、守備も無難にボールをさばいていました。さすがに4番を任されていただけに、スイングには強さを感じます。確実性に課題があった選手ですが、社会人2年目の昨年は都市対抗予選でも活躍。遊撃手としてのレベルがどの程度なのか、打撃の確実性も含めてスポニチ大会では能力を見極めてみたいと思わせる選手です。右打ちで二遊間を担える強打の内野手として、実力がともなえばプロ側の需要も高いかと思いますので。

オリックスでは、アマ時代あまり観られなかったルーキーの 西村 凌(22歳・SUBARU出身)捕手がマスクを被っていました。こちらもグラブ捌きなどに優れ、捕手としてのセンスが感じられます。ただし喜多あたりと比べると、青山 大起 投手の力のある速球にミット負けしてしまうなどキャッチングの弱さを魅せていました。試合では中継中に一つ捕殺をしていましたが、プロの捕手としては数年は下で勉強することになりそう。その他、高卒ルーキーの 比屋根 彰人(飛龍出身)内野手が早くも試合に出場していましたが、森脇の前にピッチャーゴロ。まだまだ、高校生レベルなのでしょう。

3年目を迎えた 青山 大起(24歳・トヨタ自動車)右腕は、常時140~中盤ぐらいは出ていそうな強い球が印象的。智弁学園時代から注目された本格派でしたが、選手層の厚いトヨタでは確認できなかった選手です。プロ入り後の一軍実績は乏しいものの、だいぶ地に足の着いた投球ができるようになり着実な成長を感じます。絶対的な決め手はないのですが、先発タイプで今年は一軍での登板が増えて来るのでは?

また高卒2年目の 根本 薫(20歳・霞ヶ浦出身)外野手が4番で抜擢されるなど期待の高さを伺わせます。なかなか良いスイングをしている選手なので、今年はファームの主力として、来季あたりは一軍を狙える選手に育つかもしれませんね。

(最後に)

スポニチ大会にも出場するセガサミーだけに、先にあげた 喜多 と 根岸 あたりは、候補になりえる選手なのか見極めたいところです。スポニチ大会はまだまだ寒い時期なので、ドラフト候補としての評価づけよりも一年間誰を追いかけてゆくか見きわめる大会という色彩が強いです。まずは結果云々よりも、そういった視点でアマチュア野球最初の公式大会を今年も観てみたいものです。

セガサミー

森脇 亮介(26歳)投手 173/66 右/右
喜多 亮太(22歳)捕手 176/67 右/右
根岸晃太郎(25歳)遊撃 180/79 右/右

スポンサーサイト
2017年夏 大会7日目

大会7日目・第一試合 京都成章 VS 神村学園

京都成章の先発・北山 亘基(3年)右腕は、変則クィック気味のフォームからポンポンと投げ込んで来る。球速は130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいだが、ボールに勢いがあり身体の近くでキュッと鋭く曲がるスライダーが武器。ボールが高めに抜けたりと、コントロールがイマイチなのが今後の課題か。大学などで更なるパワーアップを遂げると、4年後には面白い存在になっているかもしれない。

神村学園では、3番を打つ 田中 怜央那(3年)捕手の落ち着いたプレーが印象的。肩はよくわからなかったが、再三のワンバウンド処理をしっかりと前で止めていた。全体的に、キャッチング、リードなどディフェンス面に優れていた。打撃も結果は出なかったがタイミングが合っており、県予選でも.450厘をマーク。別の試合の模様もみて、レポートを作成してみたい好選手だった。

北山 亘基(京都成章3年)投手 182/75 右/右

田中怜央那(神村学園3年)捕手 175/85 右/右

大会7日目・第二試合 高岡商 VS 東海大菅生

東海大菅生の先発・松本 健吾(3年)右腕は、179/74 の均整の取れた体格から投げ込む正統派。球速は135キロ前後~140キロぐらいと球速は平凡も、今後身体ができてきてビシッとすれば見違えるほどに変わるかもしれない。そのためまだ下半身が不安定で、球筋はバラつく傾向にある。それでもカウントを稼ぐスライダーと、縦に切れ込む空振りを誘うスライダー。更に、左打者に逃げながら沈むフォーク系の球がある。まずは付属の大学などに進み、4年後を期待してみたい将来性のある素材だった。

高岡商では、2番手で投げた 山田 龍聖(2年)左腕は評判どおりの速球派だった。140キロ台の球威のある速球を投げ込み、フォームも本格派。富山県下では、法政に進んだ 森田 駿哉(富山商)以上の素材と評判の大器。ただ試合では力みからか? ボールが高めに抜けるなど制御できず、スライダーでもカウントを整えられず制球に苦しんだ。現状はまだ速い球を投げているだけという感じではあるが、確かに左腕でこれだけのボールをすでに投げられている点は素晴らしい。最終学年でどの程度まとめられるかはわからないが、間違いなく来年のドラフト候補に入ってくる一人だろう。

また野手では、小玉 佳吾(東海大菅生3年)二塁手が、非常にポテンシャルを秘めていそう。元々140キロ台を投げる投手として評判の選手だったが、こういう選手がセカンドを任されているところは興味深い。セカンドのプレーも想像以上に動けており、試合でも2安打。もう少し他の試合も確認して、レポートを作成してみたい。イメージ的には、中村 奨吾(早大-ロッテ)のような大型二塁手になってくれればと思うのだが。いずれにしても高校からプロというよりは、大学などでいかに実績を残せるかではないのだろうか。

松本 健吾(東海大菅生3年)投手 179/74 右/右
小玉 佳吾(東海大菅生3年)二塁 181/81 右/右

山田 龍聖(高岡商2年)投手 182/78 左/左

大会7日目・第三試合 青森山田 VS 彦根東

49校最後に登場したのが、青森山田。リリーフにまわっているエース・三上 世視滝(3年)左腕の登板がないまま緒戦勝利を飾った。野手では、中沢 樹希也(2年)左翼手が、2打席連続ホームランを放つなど存在感を示した。腕っぷしの強い強打者で、対空時間の長い飛球が印象的。来年に向けて、この経験を活かしたい。チーム全体に言えるのは、突出した選手がいるというよりも総合力で勝負するチームだった。

中沢樹希也(青森山田2年)左翼 170/78 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 大会6日目・第三、第四試合

大会6日目第三試合 明桜 VS 二松学舎大附

二松学舎大附の先発・市川 睦(3年)左腕は、130~MAX139キロぐらいの速球を投げ込んで来る。変化球は、スライダーよりも緩いカーブでカウントを整えることが多く、追い込むとチェンジアップやフォークなど沈む球を使って来る。特にストレートで右打者内角に厳しく突くことで、球威・球速が平凡な部分を補っている。ドラフト候補というよりも、大学進学タイプの好投手であり、今後のどのぐらい実戦力に磨きがかかって来るか注目される。

また市川の後を継いだ 田中 彗(3年)右腕は、174/66 と身体はは大きくないが全身で投げ込む力投派。130キロ台後半を連発するなど、将来的には140キロ台を期待させるリリーフタイプ。いずれにしてもこちらも大学などで、更なるパワーアップが見込めそう。

明桜では、山口 航輝(2年)右翼手が負傷のため登板できなかったのが痛かった。181/85 の骨太の体格から140キロ台中盤を連発できる豪腕。来年度の東北を引っ張って行ける存在だったたけに、秋以降の回復を期待したい。しかし4番を打つ打撃の方にも定評があり、体幹の強さを活かしたパワフルな打撃が持ち味。一見もっさりしてそうな選手なのだが、意外に走力や守備などの動きが良いのも抑えておきたいポイント。あとは、やや遠回りに出てくるスイング軌道を改善したい。

二松学舎の4番・永井 敦士(3年)左翼手は、腕っぷしの強さを活かした強打が持ち味。しかし試合では長打を狙うことなく、打ち返す打撃に終始し右に左へと4安打。右打席から4.35秒ぐらいで一塁まで走り抜けることができ、これは左打者の4.1秒に相当するタイム。そう考えると、見た目以上に走力は基準レベルはあることがわかる。ただしレフト守備や肩があまり強そうもない返球をみていると、守備には難がありそう。いずれにしても高卒プロというよりは、大学でその強打を元に実績を残してからという判断になりそうだ。

市川 睦 (二松学舎大附3年)投手 182/78 左/左
田中 彗 (二松学舎大附3年)投手 174/66 右/右
永井 敦士(二松学舎大附3年)左翼 178/91 右/右

山口 航輝(明桜2年)右翼 181/85 右/右

大会6日目第四試合 明豊 VS 坂井

この試合ぶったまげたのは、浜田 太貴(明豊2年)左翼手の、異常に腕っ節の強いスイング。こんなスイングをする選手は、日本人で今まであまり見た記憶がないのですが。第一打席には、引き手の強さを活かしレフトフェンス直撃のツーベース、続く打席でも少々差し込まれながらも右中間を破り長打。また決勝となるホームランを、空高く舞い上げた。大分県大会でも3本塁打・11打点を稼ぎ、甲子園での3試合でも2本塁・9打点・打率.600厘 をマーク。来年に向けて、非常に楽しみな、右のスラッガーが現れたのではないのだろうか。

その他明豊では、1番の 三村 鷹人(3年)遊撃手が、スローイングが安定した遊撃守備が光った。コンタクト能力も兼備しており、有力大学でもやって行けるであろう好選手。また大分大会4本塁打の 杉園 大樹(3年)は、この試合では良いところなかった。他の試合も観て、コメントをここでプラスするかもしれない。

坂井では、4番の 牧野 大和(3年)中堅手が、攻守に活躍。ヒットはクリーンヒットという感じの当たりは少なかったが、2本のヒットを記録。何より中堅からの送球でランナーを捕殺するなど、攻守にバランスの取れた好選手。大学などでも、その肩を売りに活躍が楽しみな選手だった。

浜田 太貴(明豊2年)左翼 173/72 右/右
三村 鷹人(明豊3年)遊撃 165/62 右/左 

牧野 大和(坂井3年)中堅 180/78 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏 大会6日目・第一、第二試合

大会6日目第一試合 天理 VS 大垣日大

大垣日大の先発・修行 恵大(2年)右腕は、手足の長いスラッとした投手体型。まだ線の細さは気になるものの、角度のある135~140キロ台前半のボールを投げ込み、曲がりながら沈むスライダーでカウントを整え、勝負どころではフォークを落として来る。まだそれほど細かいコントロール、絶対的な球威・球速などはないものの、上積みが多いに見込める素材で来年のドラフト候補に入ってくるのは間違いない。

大垣日大の2番手・杉本 幸基(2年)右腕も素晴らしい素材。腕の振りが素晴らしく、それでいて下半身もしっかりリードできる全身を使ったフォームは魅力たっぷし。球速こそまだ135~140キロぐらいだが、腕の振りが良いので打者も思わず振ってしまう勢いがある。ブレーキの良いスライダーに、落差のあるチェンジアップ系の球も兼備。まだ余力を残した 修行 に対し、杉本 は持ち得る能力を遺憾なく発揮する力投派。順調に伸びてくれば、彼も来年のドラフト候補として注目される存在になるだろう。

天理では、太田 椋(2年)遊撃手の守備が光った。大胆でありながらとっさの判断力に優れ、それでいて堅実な安定感もある。181/73 の体格で、これだけ動ける遊撃手も珍しい。打撃はまだ絶対的な凄みはないが、坂本 勇人(巨人)を彷彿とさせるフォームから鋭い打球を飛ばす。すでにスカウトが徹底マークしているとの噂もあるが、来年の上位候補としてマークしたい逸材なのは間違いない。

また2打席連続本塁打を放った 4番 神野 大樹(3年)右翼手のリストの強さも目立った。打席での集中力・気合も素晴らしく、今後が楽しみな右の強打者。172/77 と体格に恵まれないだけに、高校からプロというよりも大学などでワンクッション置くことになりそう。どのぐらい、上のレベルで実績を残せるか?

また大垣日大では、中軸を任されている 内藤 圭史(1年)左翼手も、強さと上手さを兼ね備えた強打者。すでに3年生に混じっていても全く違和感のない打力の持ち主であり、何処までスケールアップして行けるのか注目して行きたい好選手だった。

修行 恵大(大垣日大2年)投手 183/70 右/右
杉本 幸基(大垣日大2年)投手 181/76 右/右
内藤 圭史(大垣日大1年)左翼 180/72 右/右

太田 椋 (天理2年)遊撃 181/73 右/右
神野 太樹(天理3年)右翼 172/77 右/右

大会6日目第2試合 三本松 VS 下関国際

三本松の先発・佐藤 圭悟(3年)右腕は、小さめのテイクバックからピュッと打者が差し込まれるような投球が持ち味。球速は135~140キロ台前半ぐらいを記録し、カウントを取るスライダー、縦スラなのかシンカーなのか沈む球を織り交ぜてくる。それほど細かいコントロールはないが、マウンド捌きの良さを活かしたテンポの良い投球で、自分のペースに巻き込むのが上手い好投手。けしてスケール溢れる素材ではないが、大学などでも野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また下関国際では、2番打者の 甲山 達也(2年)遊撃手に光るものがあった。反応の良い守備で安定感があり、打撃でもヒットこそ記録できなかったが、ミートポイントでボールを捉えておりエラーを誘った。またボール球に手を出さないなど目の良さを持っており、潜在能力はこのチームでも一番ではないのだろうか。まだ2年生ということで、来年は県下を代表するショートストップとして注目されそう。

佐藤 圭悟(三本松3年)投手 174/66 右/左

甲山 達也(下関国際2年)遊撃 171/68 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年夏甲子園5日目

大会5日目第一試合 仙台育英 VS 滝川西

仙台育英の先発・長谷川 拓帆(3年)左腕は、少しもっさりした体型の投手。しかし夏に向けボールにキレを増してきて、ぼやけていた球筋が明確になってきた。球速こそ135~後半だったが、ストレートで空振りを奪える機会も増えてきている。変化球は、スライダー、スプリットなどがあるようだが、スプリットが決まないなど変化球の制球に苦しんだ。イメージ的には高校の先輩である 木村 謙吾(元楽天)を彷彿とさせる左腕だが、高校からプロというよりは大学でしっかり力を付けてからのプロ入りを目指したい。現在の実力・左腕だということも加味すると、有力な大学への進学も期待できるだろう。

滝川西では、2番手に投げた 高島 泰都(3年)右腕に可能性が感じられた。180/78 の均整の取れた体格から、130キロ台後半~140キロ台前半の速球を投げ込み、手元までズシッとした球威が感じられる。変化球はスライダーなどまだまだなところがあるのと、セットポジションになると腰高になり制球が乱れるところが今後の課題か。高校の時点では完成しきれなかった印象だが、今後もしっかりした野球環境で真摯に向き合えば大化けの可能性を秘めていると選手ではないのだろうか。

また仙台育英の野手では、3番の 山田 利輝(3年)左翼手が、第一打席にレフトスタンドに、第二打席にはライト方向にと、振り出しの良い打撃で存在感を示した。好選手として知られる 西巻 賢二(3年)遊撃手は、ヒットなども放ち無難に立ち回っていたが、この試合ではややアピール不足。好い選手ではあるが、大学タイプのセンス型といった印象を受ける。「鋭さ」を磨き、4年後のプロ入りを実現させて欲しい。うまく行けば、上本 博紀(早稲田大-阪神)のようになっても不思議ではない。

長谷川拓帆(仙台育英3年)投手 178/82 左/左
山田 利輝(仙台育英3年)左翼 176/70 右/右
西巻 賢二(仙台育英3年)遊撃 168/73 右/右

高島 泰都(滝川西3年)投手 180/78 右/右

大会5日目第二試合 日本文理 VS 鳴門渦潮

日本文理の先発・鈴木 裕太(2年)右腕は、下半身があまり使えない粗っぽい投げ方ながら、コンスタントに140~中盤の重く勢いのある速球は一級品。初回は悪くなかったが、力み過ぎたのか?ボールが抜けて制御できないまま序盤でマウンドを降りることに。日本文理伝統の縦スラもすでに習得済みで、秋移行北信越を代表する投手になるのは間違いない。今後どの程度、まとめられるようになるのだろうか?いずれにしても、来年のドラフト候補に入ってくる一人だろう。

日本文理では、評判の高かった 川村 啓真(3年)右翼手が、自慢の打力を遺憾なく発揮。第一打席では、左中間スタンドに圧巻のホームランを放ち、第二打席も引っ張って長打、さらに後の打席でも外野の間を抜ける長打を放つなど大活躍。一塁までの塁間も4.05秒前後と中の上レベルの脚力に、右翼を守る守備にも不安はない。高校からプロかと言われると疑問だが、何処の強豪大学に進んでもやって行けそうな選手だった。

また右中間にスタンドに叩き込んだ6番・主将の 笠原 遥也(3年)遊撃手も好選手。打撃だけでなく、反応の良い守備で再三転がって来る打球処理していた。大学でも、野球を続けて行ける好選手ではないのだろうか。

鳴門渦潮では、野口 智哉(3年)遊撃手が、リリーフで目立った。一球ごとに帽子を飛ばす力投派で、MAX143キロまで記録。適度に勢いを感じさせる速球を投げ込んでいたが、将来的には野手だろう。フルスイングが魅力の強打者あり、ショートを守るなどポテンシャルの高さを感じさせる。緒戦で敗れたが、県大会の模様もじっくり観てみたいと思わせる選手だった。

鈴木 裕太(日本文理2年)投手 182/84 右/右
川村 啓真(日本文理3年)右翼 172/79 右/左
笠原 遥也(日本文理3年)遊撃 171/65 右/左

野口 智哉(鳴門渦潮3年)遊撃 180/76 右/左

大会5日目第三試合 北海 VS 神戸国際大附

北海の先発・阪口 皓亮(3年)右腕は、今大会一番のサプライズだった。186/80 の均整の取れた体格から、膝下に145キロ前後の球を連発し、MAX148キロと自己最速を甲子園で実現。右打者外角に小さくズレるカットボール、高速で沈むスプリット、緩いカーブ、スライダーなどを織り交ぜる。ストレートの質、フォームの癖の無さ、球筋の安定、マウンド捌き、ピンチでも揺らがない精神面、上積みが期待できる素材など、素晴らしい。それにも増して、クィックも0.9秒台と高速の上、牽制、フィールディングなどもうまく、ピンチでもボールを長く持って投球するなど冷静だった。

これだけの逸材がそれほど話題にならなかったのは、南北海道大会で打たれまくったから。元々大会前から南北海道屈指の素材だとは言われていたが、正直ここまで甲子園でやるとは誰も思わなかったからだろう。この快投を甲子園ゆえの大舞台で、持ち得る潜在能力を引き出されたからなのか? 彼の短期間成長故なのかはわからないが、この試合の投球を見る限り、ドラフトでは3位以内~上位で指名される素材ではないのだろうか。個人的にはこの夏みた全国の投手の中でも、最も好感の持てる選手だった。本当なら外れ1位とか2位級ぐらいに評価したいところだが、それまでの過程などの不安要素も加味すると、あまり入れ込みすぎるのも危険。その素材を買って、3位以内ぐらいと一応位置づけておく。

神戸国際大附の先発・岡野 佑大(3年)右腕、小さめのテイクバックからコンスタントに140キロ台~中盤を刻む好投手。カウントを取りにゆくスライダーと、ボールゾーンに切れ込んで空振りを誘うスライダーを巧みに使い分ける。投球にそれほど奥行きは感じられないが、大学や社会人でも早い段階から活躍できそうな完成度を誇る。長いイニングを投げたときに、対応されないだけの引き出しを増やしたい。

選抜では緒戦で破れてしまってよくわからなかった 猪田 和希(神戸国際大附3年)捕手。183/80 の大型捕手だが身体を小さく屈め的を大きく魅せ、ミットもブレずワンバウンド処理も素早く対応。低めの球に対してもミットを下から出すなど、思った以上にディフェンスがしっかりしている。特に選抜でわからなかった打撃の部分でも、ミ-トポイント確かで、それでいてパワフルな打撃はドラフト級の攻守にバランスの取れた選手。しいて言えば強肩であるはずだが、スローイングの際に力んで二度のスローイングの際に満足のゆく送球ができなかったことだろうか。いずれにしても志望届けを提出すれば、下位指名ならば充分指名されるのではないかと思われる捕手だった。卒業後は、社会人に進むという話しもあるのだけに進路が気になるところ。

また六番を打つ谷口 嘉紀(2年)中堅手もセンター横とライト方向に2本の本塁打を放ち、リストの強さを印象づけた。センターからの強肩も披露しており、来年の候補としてマークしたい野手の一人。以後の試合でも、どんな活躍を魅せるのか注目してみたい。

阪口 皓亮(北海3年)投手 186/80 右/左

岡野 佑大(神戸国際大附3年)投手 178/70 右/左
猪田 和希(神戸国際大附3年)捕手 183/80 右/右
谷口 嘉紀(神戸国際大附2年)中堅 177/76 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.