fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2022年秋 関西学生リーグレポート2


関西大 VS 京都大

京大では、プロ志望届を提出している 水口 創太(膳所出身)右腕がリリーフで登場。194センチの大型右腕で、角度のある140キロ台中盤の真っすぐは健在だった。春先にオープン戦で見たときは、意外にスライダーでしっかりカウントが整えられるのに好感が持てた。真っ直ぐにはバラツキはあるものの、スライダーでカウントを整えつつ、縦スラなのか?縦の変化球で空振りを誘いに来る。素材型の高校生をとるつもりで、育成枠あたりならば指名して来る球団があるかもしれない。レベル的には、東大時代の 松家 卓弘(元ベイスターズ)と遜色はないように思われます。

また関西大では、来年のドラフト候補にあがるであろう 有馬 諒(近江出身・3年)捕手に注目。柔らかいキャッチングに、周り細かく指示を出すなど、捕手らしい捕手といった感じがする。普段のキャッチングは良いものの、ワンバウンド処理などはやや物足りないところも。大学通算4割を残すように、派手さはないが関西学生リーグでは充分に状況に応じた打撃を魅せる打力もある。実戦で何処まで刺せるかは別にしても、二塁までの送球も1.8秒台中盤を記録。攻守にバランスのとれた、好捕手であるのは間違いない。全国やプロなど、上のレベルを意識して、さらに能力を引き上げられるのかが今後のポイント。

この日目立っていたのは、関西大のリリーフで出てきた 辰己 晴野(米子松蔭出身・4年)左腕という投手。オーソドックスなフォームのサウスポーで、球速は130キロ台後半ぐらいだと思うが適度な勢いを感じる。それ以上に、カーブ・スライダー・ツーシーム系の各変化球の曲がりが好い。マウンドさばき、制球力も安定しており、確かな実力の持ち主ではないのだろうか。ちなみに春のリーグ戦では、0勝2敗 ながら、防御率 3.08 で、リーグ10位の防御率を記録していた。卒業後も、野球を続けて行って頂きたい一人。また関西大では、実績充分の 定本 拓真(三重出身)投手の登板がないまま開幕週を終えたのは気になるところ。

水口 創太(京都大4年)投手 194/94 右/右

有馬 翔 (関西大3年)捕手 181/83 右/右
辰己 晴野(関西大4年)投手 182/90 左/左

スポンサーサイト



2022年秋 関西学生リーグ 近大&関西学院大 レポート


近畿大 VS 関西学院大

近大の先発は、久保 玲司(関大北陽出身・4年)左腕。春のリーグ戦では5勝をあげ、リーグMVPに輝いた技巧派のサウスポー。球速は常時130キロ台といった感じで、特にボール自体にはなんの変哲もありません。テイクバックが小さめでボールの出どころが見難いのと、引き上げた足をホーム側に倒すという独特のフォーム。ボールを両サイドに散らし(内角も結構突いてはきます)、カーブ・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ相手の打ち損じを誘います。投げるタイミングを変えたりと工夫は感じられるのですが、NPBの打者相手に幻惑できるかは微妙です。プロ志望届を提出してますが、このフォームや投球に面白味を見出だす球団があるかどうかではないのでしょうか? 個人的には、あまりピンと来たことはありません。

またリリーフで登場した 大石 晨慈(近大附属出身・4年)左腕も、プロ志望届を提出している。大型の左のスリークォーターで、長い腕を活かして130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらいのボールを投げ込んでくる。スライダー・チェンジアップを織り交ぜ、特にチェンジアップを右打者にも使ってくる配球。もう少し腕を下げて横の角度が出てくれば特徴も出てくるが、現状ドラフト指名というインパクトまでは春同様に受けなかった。

近大で注目は、1番を打つ 梶田 蓮(三重出身・4年)右翼手。柔らかいリストワークで低めの球を拾ったり、ボールを引き付けて叩くことができる好打者です。守備でも後ろに伸びてゆく打球を好捕したりと大学選手権でも目立っていました。一塁までの塁間は4.1秒前後と、ドラフト候補としては平均的。好選手ではあるのですが、プロとなるとややパンチ不足。今のところ志望届も提出しておらず、有力社会人チームへ内定しているかもしれません。

また、パンチの効いた打撃が目をひく4番・谷口 嘉紀(神戸国際大附4年)中堅手は、高校時代から気になる存在。ただし、守備や右打席から4.5秒前後(左打者換算で4.25秒前後)の走力などは平凡で、肩などは悪くないものの、こちらもプロとなるとややパンチ不足。梶田同様に現時点ではプロ志望届を提出しておらず、有力社会人チームに進むのではないのでしょうか?

来年の候補として名前が上がりそうな 坂下 翔馬(智弁学園出身・3年)遊撃手、打撃ではミート力があり、ショートとしての動きの良さや肩の強さも悪くありません。ただリーグ戦を何試合か見ていると、細かいミスが多くポカを結構するタイプなのでは? そのへんは、少々来年に向けてしっかり見極めたいポイントです。

また、関西学院大の先発・西 隼人(福岡大大濠出身・4年)右腕は、オーソドックスなフォームから145キロ前後の真っ直ぐを投げ込んできます。カーブ・スライダー・チェンジアップなど一通り織り交ぜて、それほどコントロール・マウンドさばきも悪くありません。ただし、これは! といった絶対的なものもなく、春も防御率 1.25(4位)と好成績ながら、0勝3敗 で終わっているのもわからなくはありません。ギアをあげた時に凄味みたいのが出てくれば好いのですが、淡々と投げている印象は否めません。志望届も提出してますが、こちらも指名となるとどうでしょうか?

また関西学院大では、佐藤輝明(阪神)の弟である 佐藤 太紀(関西学院出身・4年)内野手が代打で出場。兄に負けず劣らずの体格の持ち主ですが、右打ちで癖のあるフォームです。荒削りですが、バットが振れる選手です。現状指名云々の実績ではないと思うので、独立経由で才能の開花を待ちたいところでしょうか。

久保 玲司(近畿大4年)投手 172/67 左/左
大石 晨慈(近畿大4年)投手 180/90 左/左
梶田 蓮 (近畿大4年)中堅 172/70 右/左
谷口 嘉紀(近畿大4年)右翼 180/83 右/右
坂下 翔馬(近畿大3年)遊撃 165/70 右/左

西  隼人(関西学院大4年)投手 178/84 右/左
佐藤 太紀(関西学院大4年)内野 187/85 右/右

2022年 甲子園レポート11


大会8日目・第一試合 有田工 VS 浜田

浜田の先発・波田 瑛介(2年)左腕は、球速こそ130キロ前後ながら、それ以上に感じさせるキレのある球を投げ込むスリークォーター。特に、低めに切れ込むスライダーやチェンジアップを振らせるのが上手く、将来はかなりの実戦派に育ちそう。高校からプロといったスケール型ではなく、先輩の和田毅(ソフトバンク)のように大学などに進み実戦力を磨きをかけ、実績を残すことで評価されてゆくタイプではないのだろうか。

また野手では、一番の 中野 拓実(3年)遊撃手の、動きの好い守備が光った。動きだけでなく、スローイングが実に安定しているところに好感が持てる。こちらも高校からプロというよりも、その高い守備力を生かして、アマチュア球界の高いところで長く活躍してゆける選手になれるかもしれない。

一方の有田工業では、4番の 角田 貴弘(2年)一塁手は、選抜同様に荒削りながらパワフルな打撃に将来性を感じさせる強打者候補。また、1番を打つ 塚本 侑弥(3年)投手は、その投球よりも投手ながら一番を任される野球センスと、振りの良さが目立った。卒業後は、野手に専念したらどのぐらいの打者になれるのか興味深い。

波田 瑛介(浜田2年)投手 176/68 左/左
中野 拓実(浜田3年)遊撃 167/67 右/左

角田 貴弘(有田工2年)一塁 178/84 右/右
塚本 侑弥(有田工3年)投手 168/69 右/右

大会8日目・第二試合 九州学院 VS 帝京五

九州学院の先発・直江 新(2年)右腕は、140キロ前後の伸びのある真っ直ぐを中心に、カーブ・スライダー・ツーシームように沈むスプリットを織り交ぜてくる。立ち上がりから制球に苦しむも、変化球を多く織り交ぜることで4回以降立ち直ることができた。高卒プロとかそういったタイプではないが、すでに140キロ台を連発できるなど、秋以降新チームで注目を浴びる存在になるかもしれない。

また打者では、1番を打つ 柔らかいリストワークを活かした 大城戸 陸琥(2年)中堅手の対応力が光った。さらに左打席から、4.0秒前後で駆け抜ける俊足の持ち主でもある。注目のヤ村上(ヤクルト)弟こと、村上 慶太(3年)一塁手も、相変わらずキッチリボールを捉えられない歯がゆさは残るものの、それでもヒットにしてしまったり、流した打球が外野の頭を超えるなど、潜在能力の片鱗を感じさせてくれる。育成あたりならば、その可能性を評価して指名してくる球団が出てきても不思議ではない。

帝京五では、3番の 岩来 太陽(3年)一塁手の鋭いスイングが印象的だった。結果的には第一打席の右中間へのツーベース一本ではあったものの、同チームでは最も将来性を感じさせる打者。一塁手ということで守備でのアピールは薄いが、一塁到達4.45秒強(左打者換算で4.2秒台に相当)ぐらいと、けして動けない選手ではない。上のステージでは、他のポジションを担って存在感をアピールして頂きたい。

九州学院も帝京五も、各打者の打撃レベルは高く、名前をあげた選手以外にも大学などで頭角を現す選手も出てくるかもしれない。

直江 新 (九州学院2年)投手 175/68 右/右
大城戸陸琥(九州学院2年)中堅 165/70 右/左
村上 慶太(九州学院3年)一塁 190/94 右/左

岩来 太陽(帝京五.3年)一塁 178/78 右/右

大会8日目・第三試合 智弁和歌山 VS 国学院栃木

今大会最後の登場となった智弁和歌山は、下級生の頃から注目されてきた 武元 一輝(3年)右腕が先発。大型で球速などは下級生のときから非凡なものがあったものの、微妙に収まりの悪さなどがあった。しかし、最終学年になってだいぶ投手らしくなってきており、マウンドさばき、制球力なども向上。球速は、常時140キロ~中盤ぐらいと大きくは伸びていなかったものの、指にかかった時の148キロのボールには今後の可能性の片鱗が感じられる。変化球は、カーブ・スライダー、また縦の変化も縦スラななのか? そういった球も見られた。まだまだ成長途上ではあるものの、右の速球派として志望届を提出すれば、本会議の中での指名があるのではないのだろうか。

またこの選手、打者としての可能性も取り沙汰されてきた。しかしだいぶ投手らしくなった一方、野手としての色彩は薄れた印象。それでも第一打席にライトに大きな打球を飛ばすなど、才能の片鱗は魅せてくれた。元々大型の割に、器用な打撃をする選手との印象で、むしろ角度がついた打球を飛ばしせたのは好印象。左打席から4.15秒前後と、走力に関しては平均的。やはり上のレベルで勝負するとなると、まずは投手としてではないのだろうか。

捕手の 渡部 海(智弁和歌山3年)捕手は、地肩の強さに甘んじることなく、捕ってから素早い送球には目をひくものがあった。ミットを構えた時にも小さくかがめて、投手に的がつけやすいように構えることができ、キャッチングにもフレーミングなど工夫の跡だけでなく、しっかりブレずに止めることができている。打撃でも確実性とパンチ力を兼ね備えており、攻守のバランスのとれた捕手。プロ志望ならば、下位~育成あたりでならば指名してくる球団が出てくるかもしれない実力の持ち主だった。

また、初戦での登板がなかった 中川 真乃介(国学院栃木3年)右腕は、少し体を捻るフォームで開きを遅らせる工夫がみられる。球速もコンスタントに140キロを越えてきており、140キロ台中盤まで出し重い球をどんどん投げ込んできた。まだマウンド経験が不足している印象で、2イニング目から制球がブレ出すなどスタミナ面も不安。そういった意味では、高校からプロというよりも大学などでワンクッション置いてからのプロ入りを目指すのが得策ではないのだろうか。面白いものを持っているので、今後も気にかけてみたい隠れた存在だった。

また国学院栃木では、初戦でもヒットを連発していた 長田 悠也(2年)遊撃手が、この日もレフトやセンター方向に鋭い打球を連発し4安打を記録。腰の回転を活かした引っ張って巻き込む打撃を得意とし、スイングにもスケールの大きさを感じさせる。またショートしての動きもまずまずで、地肩の強さには目をひくものがあった。180センチ台の大型ショートでもあり、来年のドラフト候補としてマークしてゆきたい。

武元 一輝(智弁和歌山3年)投手 187/86 右/左
渡部 海 (智弁和歌山3年)捕手 179/80 右/右

中川真乃介(国学院栃木3年)投手 186/86 右/右
長田 悠也(国学院栃木2年)遊撃 182/81 右/右

2022年 甲子園レポート10


大会6日目・第三試合 明徳義塾 VS 九州国際大付属

明徳の先発・吉村 優聖歩(3年)左腕は、体をトルネードしてひねり、さらにアウトステップして投げ込んでくる変則左腕。球速こそ130~中盤ぐらいと驚くべきものはないが、独特の横の角度を活かした投球は左打者にとっては厄介。微妙なコースの出し入れができる制球力や投球術があり、変化球もスライダー・カーブ・チェンジアップなどを織り交ぜてくる。初見ではなかなか対応しづらいタイプであり、プロでもいないだけに面白味はある。ただし、常識的にみれば、球威・球速の物足りなさからも、大学でどのぐらいやれるか見極めてからでも遅くはないだろう。

九州国際大付属は、中軸の3人が注目。3番を打つ 黒田 義信(3年)中堅手は、絶妙なセーフティバントを決めて魅せた。一塁までの駆け抜けタイムは3.7秒台に達し、肩・守備力など走守はまさにプロ級。打撃はドラフト候補としてはやや弱いものの、高校からの指名を期待できる素材ではないのだろうか。

高校球界を代表する捕手の一人である 野田 海人(3年)捕手は、キャッチングに成長の跡が感じられた。選抜では肩だか肘だかの調子が悪かったのか? 精彩をかいていた送球も、だいぶ回復の兆しがありそうだった。秋までは大差なかった松尾(大阪桐蔭)とはかなり開いてしまった印象はあるが、適度に打てて守れてという攻守のバランスからも指名を意識できる素材だろう。九州の捕手らしく、荒っぽい面は否めないが。ドラフトでは、下位~育成ぐらいに落ち着く可能性もでてきた。

佐倉 侠史朗(2年)一塁手は、ガッチリした体格からパワフルな打撃が持ち味。打席でも雰囲気があり、粗さは残すものの捉えた時の破壊力は、先輩たちを凌ぐものがある。一塁までの塁間は左打席から4.45秒前後と、走力は期待できない。それでも最後まで全力で駆け抜けるなど、諦めない姿勢には好感が持てる。高校からのプロ入りを目指すとなると、他のポジションをこなせる融通性を示すか、打撃で圧倒することが求められる。

またこの試合では、両チームのショートストップが光った試合でもあった。尾崎 悠斗(九州国際大付属3年)遊撃手は、グラブがボールに吸い付くようなキャッチングが光った。また、辰己 遊(明徳義塾3年)遊撃手は、再三転がってくる当たりを、ミスすることなくことごとくさばいて魅せた。二人とも守備力は上のレベルでも通用するものを持っており、今後は打撃での成長を望みたい。

吉村優聖歩(明徳義塾3年)投手 181/72 左/左
辰己 遊 (明徳義塾3年)遊撃 175/70 右/右

黒田 義信(九州国際大付3年)中堅 180/73 右/左
野田 海人(九州国際大付3年)捕手 174/74 右/右
佐倉侠史朗(九州国際大付2年)一塁 181/104 右/左
尾崎 悠斗(九州国際大付3年)遊撃 173/71 右/右

大会6日目・第四試合 下関国際 VS 富島

富島の先発・日高 暖己(3年)右腕は、球速こそ130キロ台中盤~140キロ台前半のボールが多く、球威・球速という意味では際立つものはない。それでも、立ち上がりから打者の内角を厳しく突くなど、指先の感覚の良さはピカイチ。カーブやスライダーにチェンジアップなども交えつつ、両サイドだけでなくフォークなどにも落差があり的が絞り難い。まだ体が出来ていなく体力・筋力が足りないのかと思いきや、宮崎大会では最終回に140キロ台後半を連発するなど、普段はかなりセーブして投げているのが伺える。本格的に体ができてくれば、将来プロでもローテーションを担って行ける選手ではないのだろうか。ドラフトでも3,4位ぐらいは期待しても良さそうな有望株だった。

下関国際の先発・古賀 康誠(3年)左腕も、左投手の球速が出にくい甲子園のガンということもあり、130キロ台中盤~140キロそこそこと球速は物足りなかった。しかし、フォームに勢いがあり、打者は吊られて空振りを誘われやすい。そのため、スライダーやチェンジアップなどの変化球も効果的だった。かなりコントロールはバラツキがあるタイプなのだが、こういったタイプは相手打者としては厄介なはず。山口大会終盤から状態が悪く登板していなかったが、無事甲子園初戦の先発のマウンドにたった。ドラフトとなるとボーダーレベルの選手ではあるが、左腕だけに面白いと判断する球団があってもおかしくはない。育成あたりでならば、指名があるかもしれない。

2番手で登板した 仲井 慎(3年)右腕は、投げ始めから140キロ台中盤を連発する球速がある。スライダーとフォークなどの変化球のキレも良く、こちらも勢いがあって容易には攻略できない。普段守るショートでも、この強肩に加え、右打席から4.25秒前後(左打者換算で4.0秒前後に相当)する俊足持ち主。甲子園での活躍が認められ、高校ジャパンのメンバーにも選出された。いずれにしてもプロ志望届けを提出すれば、下位~育成あたりで指名を検討してくる球団もありそうだ。

日高 暖己(富島3年)投手 184/77 右/左

古賀 康誠(下関国際3年)投手 180/80 左/左
仲井 慎 (下関国際3年)遊撃 177/70 右/右

2022年夏 甲子園レポート9


大会6日目・第一試合 仙台育英 VS 鳥取商

仙台育英の先発・高橋 煌稀(2年)右腕は、140キロ前後の球速ながら、それ以上に打者の手元まで勢いが落ちない真っ直ぐを投げ込んでくる。変化球も、スライダー・チェンジアップ・フォーク・カーブなど一通りあり、マウンドさばき・制球力など総合力の高い好投手。体格にも恵まれ、来夏までに何処まで総合力を引き上げてくるのか注目して行きたい。

仙台育英の2番手・古川 翼(3年)左腕は、140キロぐらいの球威のある真っ直ぐに、スライダーやフォークを織り交ぜてくる。高校からプロ云々といった投手ではないが、適度なまとまりにマウンドさばきも良く、大学などでも重宝されそうなタイプだった。

仙台育英の3番手で登板した 仁田 陽翔(2年)左腕は、最速147キロを記録するなどボールの勢いは投げた投手の中でも一番だった。スライダーとのコンビネーションで、まだコントロールにはバラチキが観られるものの、来年のドラフト候補としてマークされる存在だろう。

4番手で投げた 斎藤 蓉(3年)左腕は、ビシッと手元まで来る140キロ台のボールが目をひく。大学や社会人での成長次第では、今後ドラフト候補として名前を聞くことになるかもしれない。最後に投げた 湯田 統真(2年)右腕も、140キロ台中盤のボールには球威があり、沈む球が独特で楽しみな下級生。打者では、4番の 斎藤 陽(2年)右翼手が、強打者でありながらバットコントロールが良いのが印象的だった。

鳥取商は、突き抜けた選手はいなかったが守りが良く鍛えられていた好チーム。先発の 山根 汰三(2年)右腕は、130キロ台中盤ながら、打者の内角を厳しく突く投球で仙台育英打線を苦しめた。来夏までに球速が上がって来ると、山陰を代表する投手として目立つ存在になってゆくのではないのだろうか。

高橋 煌稀(仙台育英2年)投手 183/84 右/右
古川 翼 (仙台育英3年)投手 172/76 左/左
仁田 陽翔(仙台育英2年)投手 174/73 左/左
斎藤 蓉 (仙台育英3年)投手 173/73 左/左
湯田 統真(仙台育英2年)投手 180/81 右/左
斎藤 陽 (仙台育英2年)右翼 165/73 右/左

山根 汰三(鳥取商2年)投手 175/63 右/右

大会6日目・第二試合 高松商 VS 佐久長聖

今大会注目度NO.1だった 浅野 翔吾(高松商3年)中堅手は、序盤は打席でも力みが感じられた。それでもファールフライを打った打球は空高く舞い上がり、ここまで落ちてこない打球を放つ打者も記憶にないぐらいだった。また3打席目には、甲子園の右中間に本塁打を放つという離れ業をしてのけた。特に浅野と言えば、引っ張ってレフトスタンドへの本塁打が代名詞みたいなところがあり、右方向への打球はこれまでホームランしたのを見たことがないほどだっただけに驚きだった。さらに続く打席では、高めに浮いたスライダーを、浅野らしくレフトスタンドに叩き込んでみせた。最終打席でも、レフト横を抜けるツーベース放つなど、強烈な印インパクトを植え付けることになる。また別の試合では、センターバックスクリーンに叩き込むなど、どの方向にも叩き込めるパワーがあることを改めて示した形。特に大きな穴があるタイプではないので、プロで全く通用しないとは考え難い。守備や走力でも水準以上のものを持っており、体格にものともせずに1位指名される公算は一気に強くなった。唯一気になったのは、外野からの返球がどうなのか?という部分。元々肩もまずまずだったのだが、内野へのコンバートなども視野に入れている球団などは、慎重に見極める必要がありそうだ。

高松商は、浅野を1番に入れても中軸が機能するだけの選手を揃えているが、上のレベルでとなるとどうだろうか? 個人的には、本塁打を打った4番・本田 倫太郎(3年)一塁手よりも、5番の 山田 一成(3年)三塁手の打撃の方が気になった。

佐久長聖では、4番の 寺尾 拳聖(3年)中堅手と5番の 寺川 裕也(3年)捕手の打撃も目をひいた。特に寺川は3安打放っただけでなく、捕手としても考えてリードしていたが、後半戦は打力に勝る高松商打線を、投手陣が上手く抑え込むことができなくなってしまった。いずれにしても、上のレベルでも野球を続けて欲しい選手たちだった。

浅野 翔吾(高松商3年)中堅 170/86 右/両
本田倫太郎(高松商3年)一塁 171/92 右/右
山田 一成(高松商3年)三塁 165/71 右/右

寺尾 拳聖(佐久長聖3年)中堅 174/74 右/右
寺川 裕也(佐久長聖3年)捕手 175/75 右/右

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード