東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権3日目神宮大会レポート
大学選手権レポートの最終回。大会3日目の神宮球場の模様が消えてしまったので、後日再放送で確認して、ここに追加しようと思っています。この日に大会初登場した、和歌山大と国際武道大は、準々決勝まで勝ち上がっているのでその試合の模様からレポートさせてもらいます。

大会3日目神宮球場・第一試合・和歌山大 VS 岡山商科大

奈良学園大の、16連覇をを阻止したのが和歌山大。上武大の試合を観る限りは、突出した選手がいる印象はありませんでした。そんななか下級生の頃からチームを支えてきた 宮本 翔太(高川学園出身・4年)右腕がリリーフで登板。右肩を痛めた影響で、120キロ台後半~130キロ台前半ぐらいしか出ていませんでしたが、好調時には140キロ台中盤を記録する力量の持ち主。ぜひ秋には、回復した姿をリーグ戦で魅せて欲しいものです。

岡山商科大の方では、豪腕・蔵本 治孝(神戸国際大附出身・4年)右腕が、最速147キロを記録したものの、2回1/3 で降板。この投球の模様は、後日ここで補足させて頂きたいと思います。

宮本 翔太(和歌山大4年)投手 176/74 右/左

蔵本 治孝(岡山商大4年)投手 185/95 右/右

大会3日目神宮球場第二試合・国際武道大 VS 九州産業大





スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権大会3日目・東京ドーム編
大学選手権も3日目になると、すでに一度登場しとりあげているチームが多いので目新しいものがあった場合のみ追加で取り上げてみたい。そのため第一試合の東海大北海道と桐蔭横浜大戦は目新しいものがなかったので、取り上げないことをご了承願いたい。

大会3日目東京ドーム第2試合・富士大 VS 立教大

今大会初登場となった富士大の先発・田中 誠也(大阪桐蔭出身・2年)左腕は、投げ終わったあと大きくバランスを崩すほどの力投派左腕。171センチと上背はないが、135キロ前後のストレートでも勢いを感じさせる。変化球も右打者外角に沈むチェンジアップを武器に、カーブ・スライダーを織り交ぜ好投。強豪・富士大相手に、9回を5安打・10奪三振・自責点0で完投勝利を果たして魅せた。2年後のドラフト候補になれるかはまだ微妙ではあるが、ハートが強くリリーフならば面白そうな素材ではある。

ドラフト候補の 笠松 悠哉(大阪桐蔭出身・4年)三塁手は、当たり千金のサード横を抜けるタイムリーで勝ち越し。強烈なヘッドスピードと、時々ポカはするもののダイナミックな三塁守備が魅力の大型サード。時々魅せる惚れ惚れするようなホームランと、リーグ戦16打点の無類の勝負強さで精神面も強い。個人的にはプロの指導者や環境で鍛えたら、大きく化けるのではないかと期待している素材。プロ側の評価が見えて来ないが、私ならば指名リストに名前を連ねてみたい。

またJAPANのメンバーでもある 熊谷 敬宥(仙台育英出身・4年)遊撃手は、軽快な遊撃守備と右打席から4.20秒前後(左打者換算で3.95秒に相当)する俊足で今春はリーグ戦で9盗塁。しかし打力の弱さはいかんともし難く、この試合でもノーヒット。現状は社会人タイプに見えるが、守備・走塁はプロ級なだけに秋に打撃で大きな変化が観られれば一気に指名候補まで浮上しそうだが。

今や笠松以上に長距離打者の色彩の強くなった 山根 佑太(浦和学院出身・4年)左翼手も、右方向に鋭くはじき返し、荒削り見えるても打球は広角に飛ばせる。今春のリーグ戦で4本塁打を放つなど、笠松より打球が上がるタイプ。社会人で化ければ、将来プロへの可能性も秘めたスラッガー候補。

また緒戦では投げなかった富士大の 村上 英(宇都宮南出身・3年)右腕は、非常に重い球質が特徴。この試合でも144キロを記録したり、武器である縦スラ・チェンジアップ系の変化球にも独特のものがあり、来年に向けてどんな存在になるのか気になる一人。日本人離れした球威の持ち主で、グランドボーラーとしての可能性も感じさせる。

田中 誠也(立教大2年)投手 171/65 左/左
笠松 悠也(立教大4年)三塁 181/85 右/右
熊谷 敬宥(立教大4年)遊撃 175/72 右/右

村上 英(富士大3年)投手 180/84 右/右

大会3日目東京ドーム第3試合 天理大 VS 大商大

天理大では、1年生の 森浦 大輔(天理出身・1年)左腕の快投が光った。細身のサウスポーなのだが、球速は130キロ台後半~MAXで145キロまで立教大戦では記録。何よりピュッと上体と腕を鋭く振れるギャップが作れるために、手元までしっかりボールがキレて来る。変化球も、カーブ・スライダー・チェンジアップを織り交ぜる。特にスライダーではいつでもカウントが取れ、ストライクゾーンからボールゾーンに切れ込む空振りの取れる2種類のスライダーを使い分ける術も持っている。すでに現時点でもドラフトにかかりそうなぐらいの力量の持ち主だが、順調に4年間かけてレベルアップをして行ければ最終学年では即戦力を期待できる実戦型サウスポーとして注目される可能性を秘めている。何処まで自らを引き上げて行けるのか、今後も楽しみな投手が出てきた。

その森浦よりも、高校時代のネームバリューでは遥か上だった 吉川 貴大(開星出身・1年)右腕も、140キロ台を連発し今後が楽しみな投手。昨年の選抜では、甲子園で147キロを記録した速球派。大学のリーグ戦でも、今春4試合に登板し防御率0.79と順調なスタートをきった。独特の縦に割れるカーブようなスライダーと落差のあるフォークも併せ持っており、速球は結構暴れるが順調に行けば彼も4年後は指名を充分意識できる素材だろう。

また大商大では、橋本 侑樹(大垣日大出身・2年)左腕というのも勢いのあるボールを投げていた。テイクバックを小さくとって球の出どころを隠すフォームながら、140キロ台の速球には勢いが感じられる。少々まだ荒削りな部分があり、変化球がスライダーぐらいという感じなものの、今後に期待を持たせるサウスポーだった。

森浦 大輔(天理大1年)投手 175/70 左/左

吉川 貴大(大商大1年)投手 180/78 右/右
橋本 侑樹(大商大2年)投手 177/70 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権2日目・東京D・第二、第三試合
大会2日目東京ドーム第2試合 東海大九州 VS 天理大

この試合で目を惹いたのが、東海大九州のリリーフで登場した 小川 一平(横須賀工出身・2年)右腕。181/80 の均整のとれた体格の投手で、柔らかいの腕を思いっきり振って来られるのが長所。まだまだ細かいコントロールがなく荒削りな側面はあるが、MAX146キロを記録した球速に更なる上積みが期待できそう。志しを高く持って今後も取り組めば、最終学年にはドラフト候補・プロへの可能性を秘めた素材ではないのだろうか。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、これらのボールにも磨きをかけたい。

また先発した 牛丸 将希(玉名出身・4年)右腕も、ガッチリした体格から140キロ台の力強いボールを投げていた。立ち上がり制球に苦しみリズムに乗れないまま序盤でK.Oされてしまったが、スライダー・チェンジアップ系の球を織り交ぜ、卒業後も野球を続けて行ける素材。ボールには力があるが、合わされやすいフォームなどに何か工夫が持てると変わってきそう。

一方の天理大の方では、5番の 山本 柊作(天理出身・4年)左翼手が、ライトスタンドにホームランを放つなど打撃で気を吐いた。鋭い打球には目を見張るものがあるが、左翼手なのと一塁までの到達タイムが左打席から4.3秒前後と並なのが残念。企業チームで続けられるかはわからないが、クラブチームなどでも野球を続けて欲しい一人。

また4番の 田中 秀政(明徳義塾出身・3年)一塁手も、右打席からパワフルな打撃で3安打。こちらもポジション・走力などでの総合力の部分では気になるが、打撃では見るべきものがあるので今後も気にしてゆきたい選手だった。

小川 一平(東海大九州)投手 181/80 右/右
牛丸 将希(東海大九州)投手 172/67 右/右

山本 柊作(天理大)左翼 180/78 右/左
田中 秀政(天理大)一塁 175/85 右/右

大会2日目東京ドーム第3試合 石巻専修大 VS 岐阜経済大

緒戦では登板がなかった 石巻専修大の先発・菅野 一樹(聖和学園出身・2年)右腕は、非常にオーソドックスな投手。球速は130キロ台後半~140キロ台前半と平凡だが、ボールに厚みがあり、球速以上の球威を感じさせる。変化球も、カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜ、8回を投げて6安打・1失点と好投を見せた。試合の方は1-0で破れてしまったが、今後も順調にパワーアップして行ければ、最終学年でドラフト候補に位置づけられておかしくはない。

また初登場となった岐阜経済大の先発・與座 海人(沖縄尚学出身・4年)右腕は、正統派のサブマリン。125キロ~130キロ台前半ぐらいの真っ直ぐに、カーブ・スライダー・シンカーなどを織り交ぜて来る。いつもいうようにアンダーハンドの球速の目安は、プラス15キロぐらいすると、上手の球速の投手と比較できる。そういった意味では、この選手は、おおよそ140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速で投げ込んで来るように感じるはず。ただしあくまでもこれは一つの目安であるので、実際は120キロ台の球であるので甘く入れば長打を浴びてしまうことは否定できない。それでも 高橋 礼(専修大)に比べると、ボールがしっかり手元で切れて、浮き上がって来る感じの球もある。ただしこの手のタイプにしては、シンカーを滅多に使って来なく、あくまでもコーナーワークで勝負するので空振りが誘える球はない。またサイド・アンダー系の打ち難さを作るしなるような腕の振りでもない。それでもこの試合では、9回を投げて内野安打の1本・10奪三振・無失点とほぼ完璧なピッチングを魅せていた。プロでもほとんどいない実力派サブマリンでもあり、プロ側からみれば非常に興味深い素材。順位にこだわらなければ、本会議中に指名される可能性は高いとみる。

菅野 一樹(石巻専修大)投手 180/81 右/右

與座 海人(岐阜経済大)投手 173/74 右/右


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権2日目・神宮・第三、東京D・第一試合

大会2日目神宮球場第三試合・上武大 VS 福井工大

福井工大は二度目の登場ということで、上武大の選手たち中心にレポートします。上武大の先発・宮川 哲(東海大山形出身・4年)右腕は、コンスタントに145キロ前後の速球を真上から投げ下ろしてくる。変化球はスライダー中心だが、このスライダーの球速が違って3種類ぐらいある印象。他にも縦に割れるカーブのような球やフォークのようなボールも持っている。ストレートが暴れて収まりが悪いものの、変化球の曲がりが独特で精度も高い。そのため打者としては、的が絞り難い荒れ球投手といった感じなのだろう。不思議とこれだけの球を投げながらも、あまりドラフト候補の匂いがして来ないのは何故なのだろうか? 掴みどころのないタイプで、あまり高い評価はできないが、実戦にゆくと期待以上の投球をしてくれるタイプではないのだろうか。ちなみにこの春は、3勝0敗 防御率 0.65 で最優秀防御率を記録。ドラフト順位はイメージし難いのだが、中位以降での指名があるのではないかと考える。

上武大の核弾頭・島田 海吏(九州学院出身・4年)中堅手は、柔らかいハンドリングと塁間3.8秒台のプロでもトップクラスの脚力が売り。残念なのは、これだけの脚力がありながらフライをあげるケースが多いのが昨年からどうしても気になる。天才的なボール捌きを魅せるときもあるのだが、リーグ戦で1割台に低迷することもある波が激しいタイプ。それでも今春のリーグ戦では、打率.385厘でリーグ2位の好成績。この試合では出塁してすかさず盗塁を決めていたように、リーグ戦で8盗塁を決めるなど走力はプロ級なのは間違いない。あまりプロの匂いのして来るタイプではない左の巧打者タイプだが、このタイプとしては究極系の選手だけ、何かしらの形で本会議の中で指名があるのではないかとみている。

むしろこの試合で目を惹いたのは、3番を打つ・鳥巣 誉議(久留米商出身・4年)三塁手。ボールを手元まで呼び込んで叩く打撃に感性を感じ、今後の広がりを期待させる打撃の持ち主。左好打者タイプだけに、三塁手としてはパンチ不足。プロとなると難しいタイプではあるが、走っても一塁まで左打席から4.1秒前後、三塁守備も安定していて基準を満たすものがあった。

またリリーフで登板した 西村 雅暉(熊本国府出身・2年)右腕は、熊本国府時代から注目してきた速球派。高2の時に見たときは、骨太の球威型かなという印象があった。しかし昨年生で見た時に、意外にキレ型というか空振りが誘える球質であることがわかった。この試合でもズバーンと勢いのある145キロ前後の速球で、打者の空振りを誘えていた。まだ粗っぽく細かいコントロールがないのと、カーブ・スライダーなどの変化球はあるものの、絶対的な決め球はない。好素材なので順調に今後精進して行けば、大学からのプロ入りを期待できる素材だろう。

また緒戦で名前をあげた福井工大の 樋口 拓真(九州国際大附出身・4年)中堅手は、この試合でも4安打と大活躍。守ってはダイビングキャッチで好捕し、走ってはセーフティバントを決めるなど塁間4.1秒前後の脚力で存在感を示した。バットの芯で高い確率でボールを捉えられる選手で、卒業後も社会人などで野球を続けてゆくことを期待させる。

また和歌山大戦で登板した 石井 将希(桐生第一出身・4年)左腕は、常時140キロ台~145キロまで到達。少々身体がツッコミがちで、コントロールに不安定さは残すが、こういったサウスポーが潜んでいるところが上武大の層の厚さ。カーブ・スライダー・チェンジアップなども平凡だが、今後も野球を続ければ面白い存在になり得る。今度は選手層の厚いチームよりも、自分が任せられるような環境で居場所を見出せば、いっきに化けるかもしれない。イニングが進むにつれて、明らかに球威・球速が落ちるなど、体力面にも課題を残す。

宮川 哲 (上武大4年)投手 178/78 右/右
島田 海吏(上武大4年)中堅 176/72 右/左
鳥巣 誉議(上武大4年)三塁 177/72 右/左
西村 雅暉(上武大2年)投手 185/85 右/右
石井 将希(上武大4年)投手 179/74 左/左

樋口 拓真(福井工大4年)中堅 178/76 右/左

大会2日目東京ドーム第一試合・京都学園大 VS 大阪商業大



大商大の先発・大西 広樹(大商大高出身・2年)右腕は、ガッチリした体格から140キロ前後(MAX144キロ)の力強いボールを投げ込んでくる。やや下半身が使い切れていないせいか? ボールが全体的に高いのは気になる。変化球は、スライダーにチェンジアップ気味にシュート回転して沈むボールなどがある。今春のリーグ戦では、5勝0敗 防御率 1.43 という好成績。今後の2年間で、更に上積みがあるようだと、最終学年にはドラフト候補として指名を意識できる位置にまで来ているかもしれない。

京都学園大の先発・川瀬 航作(米子松蔭出身・2年)右腕は、サイドから140キロ前後(MAX144キロ)のボールを投げ込み、スライダー・シンカー系のボールを織り交ぜてくる。こちらも今春のリーグ戦で、6勝0敗 防御率 0.98 の好成績を残し安定し、特に右打者にも左打者にも内角を厳しく突く投球に特徴。実戦派のサイドとして、来年の候補に上がってくるかもしれない。

また野手では、京都学園大の 橋本 昂希(地球環境出身・3年)捕手が気になった。捕ってから無駄のない動きで、走者の滑り込んでくるところにドンビシャの送球で二度の捕殺。なんとそのタイムは、1.7秒台を記録。もしこの送球を安定してできるのであれば、学生球界屈指の強肩捕手なのは間違いない。ミットを構える時に、少し独特の座り方をしている選手だが、内角を活かした強気のリードをしてくる。打撃は下位で目立たなかったが、来年に向けて覚えておいて損のなさそうな選手だった。

大西 大樹(大商大2年)投手 176/84 右/右

川瀬 航作(京都学園大3年)投手 182/78 右/右
橋本 昂稀(京都学園大3年)捕手 172/72 右/右


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年大学選手権2日目・神宮球場・第一、第二試合

大会2日目神宮球場第一試合・東北福祉大 VS 四国学院大



注目の 小久保 気(四国学院大4年)右腕は、非常にオーソドックスなフォーム。球速は130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらい。勝負どころでは、140キロ台中盤まで出して来る。しかし178センチと中背の体格のせいもあるが、それほどボール自体に凄みや伸びみたいなものは感じられない。また普段の球筋も真ん中~高めが多いなど、コマンドも繊細というほどでもない。カーブと追い込むと縦に大きく落ちるフォークがあり、この球には結構な落差がある。もう少しストレートの質・コマンドを磨いて、社会人で2年間ぐらいしてからの方がプロ入りは良いのではないのだろうか? 大学の先輩でありプロ入りした 高野 圭佑(JR西日本-ロッテ7位)の方が、ボール自体のインパクトはあったように思えるので。

東北福祉大では、全日本メンバーでもある 楠本 泰史(花咲徳栄出身・4年)中堅手が注目。故障でショートから一塁、そして最終学年では中堅にコンバートされた。俊足を活かした広い守備範囲を誇り、身体能力が高いだけにセンターでも活かせそう。この春には首位者にも輝いたように、ボールを芯で捉える能力には確かなものがある。ただし左打ちの長打が売りではない外野手となると、なかなかプロ側の敷居は高くなりがち。それだけにドラフト指名は微妙であり、指名されても中位より下の順位になるのは間違えなさそうだ。できれば、もう少し中堅守備などを見てみたかった。日米野球などで、再度確認してみたい。

また福祉大の投手では、津森 宥紀(和歌山東出身・2年)右腕は、サイドからコンスタントに140キロ台の速球を投げ込む速球派。他にもスライダー・シンカーなどをテンポよく投げ込んでくる。順調にこのまま最終学年まで行ければ、即戦力のリリーフ候補としてドラフト指名される可能性は充分に秘めている。

小久保 気(四国学院大4年)投手 178/78 右/左

楠本 泰史(東北福祉大4年)中堅 180/77 右/左
津森 宥紀(東北福祉大2年)投手 177/78 右/右

大会2日目神宮球場第二試合・近大工学部 VS 中部大



近大工学部の先発・向井 翔也(広島工出身・3年)右腕は、少々肩で投げるような負担のかかるフォームながらも、130キロ台後半~MAX143キロの速球を投げ込む。特にその速球以上に、縦に割れるスライダー、緩いカーブ、フォークなどの落差もあり、変化球各種の曲がりが良いのが持ち味。ストレートがキレ型でさほど球威がないので、甘いところに入ると長打を浴びやすい。将来的にドラフト候補になりえるかと言われると微妙だが、社会人でも野球を続けて行ける素材だろう。最終学年でストレートに厚みが出てくれば、周りの目も変わってきそうだが。

むしろプロ向きという意味では、その後に投げた 野村 健人(南陽工出身・3年)右腕。こちらは体格にも恵まれ、小さめのテイクバックながらもズシリと厚みのある球を投げ込んでくる。球速の中心は140キロ前後(MAX145キロ)ぐらいだったが、それよど5キロぐらい速く見える勢いと威力がある。変化球は、カーブ・スライダー・フォークなどがありそうだが、野村の方はストレートへの比重が高いタイプ。今後の成長次第では、来年のドラフト候補に名前があがってきても不思議ではないところまで来ている。

また中部大で光っていたのは、1番を打っていた 土田 昂平(砺波工出身・4年)左翼手。砺波工業時代から注目されてきた県内NO.1打者で、ヘッドスピードが速くスイングはプロ級。ミート能力も確かで、今春のリーグ戦では打率.405厘でリーグ2位の好成績。一塁までの塁間も、3.9秒前後とプロでも俊足の部類。これだけの俊足ながら、守備位置が左翼なのは気になる。守備範囲は広そうで、肩も標準レベルぐらいはありそうに見えたのだが。残念だったのは、ファールを追った際に負傷してしまい、試合の途中で交代。大学からのドラフト指名となると厳しそうだが、社会人での2年後を期待した。

向井 翔也(近大工学部3年)投手 175/65 右/右
野村 健人(近大工学部3年)投手 182/78 右/右

土田 昂平(中部大4年)左翼 176/74 左/左

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.