東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2018年春 東都リーグレポート3
開幕週に引き続き、東都リーグ中継を元に気になった選手について取り上げたいと思います。特に今回は、開幕週に登場しなかった亜細亜大と国学院大の選手たちを中心に。

中央大 VS 亜大

亜細亜大の先発・中村 稔弥(清峰出身・4年)左腕は、秋の防御率1位にも輝いたように実績充分。球速こそ135~142キロぐらいと平凡なものの、小さめなテイクバックから出処が見難く打者はワンテンポ差し込まれる。思った以上に速球中心の配球で、左打者にはスライダー、右打者にはチェンジアップとのコンビネーションで投球を組み立てる。それほど細かいコントロールはなく、微妙な駆け引きをするといったほどでもないまま、のらりくらりとイニングを食うタイプ。特に左投手の割には左打者を苦手としている印象で、左腕の有り難みは薄い。大崩れしない先発タイプなものの、大学からプロとなると決め手に欠けるきらいがあり、各球団どう評価するだろうか? あくまでも、指名ボーダーラインの投手だとみている。秋のシーズンも含めてプロでの可能性を見極めてゆきたいが、本人はプロ志向が強いのだという。

今日圧巻だったのは、亜大の4番・頓宮 裕真(岡山理大付出身・4年)一塁手。本職の捕手での出場ではなかったが、当たったときの飛距離は圧巻の選手。そんな打撃が今日も爆発し、二打席目には速球を、三打席目にはスライダーをうまく拾って共にレフトスタンドに叩き込んだ。多少脆い部分はあるものの、パワーはプロでも一級品。また捕手としても強肩ではあるので、緊急時の捕手という第三の捕手的な役割は期待できそうだ。いずれにしても捕手としてプロに入団しても、打撃を生かしてコンバートされそうといったタイプではあるのだが。起用の幅が狭いところを各球団どうみるかではないのだろうか?シーズン通してどのぐらいの成績を残すのか注目されるが、東都に久々に現れたスラッガーだとスカウト達の注目を集めていた。

中央では開幕週に打たれたエース・伊藤 優輔(都立小山台出身・4年)右腕が、2回までは素晴らしいピッチングを披露。開幕週のような力みは感じられず、コンスタントに145キロ前後を記録し、MAXでは149キロまで到達した。決め球も右打者外角に逃げるスライダーや、フォークのような縦の変化球もあり快調だった。しかし3回に四球を出すと、一気に崩れ大量失点。またも、結果を残すことができなかった。この選手はなんとなく、社会人を経て2年後あたりに上位指名されそうなタイプといった感じがするのだが・・・。

中村 稔弥(亜細亜大4年)投手 178/84 左/左
頓宮 裕真(亜細亜大4年)捕手 182/98 右/右

伊藤 優輔(中央大4年)投手 179/80 右/右

駒沢大 VS 国学院大

国学院の先発・清水 昇(帝京出身・4年)右腕は、絵に描いたような本格派。球速はコンスタントに140キロ台を記録し、MAXで146キロを記録。リリーフならば、150キロ級を投げられる能力を持っている。変化球もカーブ・スライダー・フォークなど一通りあり、とくに悪いところもなければ、特筆すべきところもないといったバランス型。イメージ的には同姓の ロッテなどで活躍した 清水 直行 的な投手だろうか。大学からのドラフト指名は濃厚で、中位ぐらいでの指名があっても不思議ではない。何か、自分の特徴や色を出して行きたい。

駒大では、捕手の 長 壱成(智弁和歌山出身・4年)捕手が、攻守にバランスが取れている。大学からプロといった匂いはあまりして来ないのだが、強豪社会人でも野球を続けて行ける素材だろう。東都の4年生捕手の中では、一番の実力者ではないのだろうか。

清水 昇(国学大4年)投手 180/80 右/右

長 壱成(駒沢大4年)捕手 181/76 右/右

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

首都リーグレポート 2

武蔵大 VS 筑波大

筑波大の第二戦で先発した・ヒンブル・ローレンスポール(東福岡出身・3年)右腕は、172/75 と上背はないものの、コンスタントに140キロ台を記録してそうな勢いのある速球を投げ込む。さらにカーブ・スライダー・フォーク系の沈む球もあり、一通りの変化球と適度な制球力もある小力のある速球派。凄みはないが、来年に向けて覚えておきたい一人ではないのだろうか。

筑波大では、緒戦の先発を任されるようになった 村木 文哉(静岡出身・2年)右腕が目立っていた。高校時代から東海地区を代表する好投手として知られ、184/85 の均整の取れた体格は目を惹く。長身から投げ下ろす140キロ台の速球に、スライダーやフォークなど、ビシッとして来ると最終学年にはドラフト候補としてマークされる存在だろう。

ヒンブル・ローレンスポール(武蔵大3年)投手 172/75 右/右

村木 文哉(筑波大2年)投手 184/85 右/左

東海大 VS 帝京大

故障で登板がなかった東海大のエース・青島 凌也(東海大相模出身・4年)右腕は、日体大戦のリリーフで復帰。スピンの効いた速球は健在で、カーブ・スライダー・チェンジアップ系の沈む球とのコンビネーションも冴え、テンポの良さ・制球力もほぼ普段の力の出せるところまで来ている。今後の上積みというよりも、現在の完成された投球で何処まで通用するかといったタイプ。しかし典型的なゲームメイクできる先発型であり、中位ぐらいでの指名ならば開幕ローテーションも期待できる素材だけに面白い存在ではないのだろうか。上位では面白味はないが、中位ぐらいならば頭数の足りない球団には魅力のある存在となりえそう。次週あたりからは、先発に復帰するのではないかとみている。

東海大ではリリーフで 小郷 賢人(関西出身・2年)右腕に注目。テイクバックは小さめなものの、そこからコンスタントに150キロ前後を刻めるスピード能力は一級品。スライダーの曲がり・精度も悪くなく、ストレートも膝下に決まったりと思ったよりも実戦的。それでもまだ粗っぽいところは残るが、近い将来首都リーグの看板選手になりえる存在だろう。

また日体大2回戦などでも先発した・原田 泰成(東海大望洋出身・3年)右腕は、来年のドラフト候補。180/92 のガッチリした体格からコンスタントに140キロ台中盤を投げ込める馬力が魅力。まとまりがいまいちなコントロールや変化球の精度には課題を残すが、覚えておいて損はない。高校時代よりも、さらにパワーアップした印象がある。

帝京大は、2戦目の先発を任された・金田 悠太朗(厚木北出身・4年)右腕は、オーソドックスな上手投げだが、140キロ台を記録していそうな勢いのある速球は投げ込んでいた。東海大の4番・平山 快(東海大相模出身・4年)三塁手に、右中間スタンドに叩き込まれたが、ちょっと気に留めておきたい一人。

青島 凌也(東海大4年)投手 178/78 右/右
小郷 賢人(東海大2年)投手 180/80 右/右
原田 泰成(東海大3年)投手 180/92 右/右

金田 悠太朗(帝京大4年)投手 177/67 右投げ

日体大 VS 桜美林大

桜美林大の2戦目で先発するも勝てなかった日体大は、東妻 勇輔(智弁和歌山出身・4年)右腕を2戦目のリリーフで起用。全身を使った力投派だけに、本質的にはリリーフ向きなのだと思う。140キロ台後半のボールの勢い、制御できないぐらい曲がるスライダー、それに全く見分けのつかないスプリットなど、一つ一つのボールはプロでも上位クラス。それを、うまくまとめることが今後の課題か。東海大戦でも合わせられ失点したように、「開き」が早く打者としては球速ほどは苦にならないのかもしれない。特にスプリットを使えない右打者に対してが、この選手の場合鍵になりそうだ。いずれにしても馬力は破格なだけに、2位前後の指名になるのではないのだろうか。

日体大では、東海大戦で2本のホームランを放った エドポロ・ジョセフ(柏日体大出身・3年)左翼手のパワーも光っていた。192/95 と破格の体格の持ち主であり、来年のスラッガー枠として追いかけてみたい右の長距離候補。

桜美林大の2戦目を任されたのが、飯村 将太(霞ヶ浦出身・2年)右腕。183/78 の均整の取れた体格から、角度のある球筋が魅力。球速もコンスタントに140キロ前後は出ていそうで、スライダー・縦に沈む球もありそうで悪くない。奥行きのある素材で、今後どういった成長曲線を描いてゆくのか楽しみな投手だった。

東妻 勇輔(日体大4年)投手 170/76 右/右
エドポロ・ジョセフ(日体大3年)左翼 192/95 右/右

飯村 将太(桜美林大2年)投手 183/78 右/右

(首都リーグについて)

2週に渡って中継された試合の模様を一通り見てみたが、いまの首都リーグには楽しみな投手が多いということ。春のDeNA戦で触れた日体大投手陣に関してはあえて割愛させて頂いたが、その他でも多くの140キロ台を記録してそうな投手がいた。

生での観戦ではなかったので投手中心のレポートになってしまったが、これらを元にぜひ生観戦のときに注目する選手の目安にしてゆきたい。一時は人材が枯渇していた時期もあった同リーグだが、現在は非常に興味深いリーグとなっていた。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

首都リーグレポート 1
今季から、首都大学リーグの模様が中継されるようになった。そこで今回は、気になった選手を取り上げてみたい。

日体大 VS 桜美林大

ドラフト候補の日体大の先発・松本 航(明石商出身・4年)右腕が、7回を5安打・1失点と持ち味を発揮した試合となった。176センチと中背の体格ながら、140キロ前後~中盤ぐらいの速球には伸びがあり、手元で小さくズレるスライダー、ブレーキの効いたカーブ・フォーク・ツーシーム系など多彩な変化球とのコンビネーションが光る。今後の上積み云々というよりは、すでに完成された能力をどうみるかといったタイプ。先発投手の頭数が足りない球団が、2位ぐらいで欲しいタイプではないのだろうか。逆に頭数が揃っている球団には、スケールの点で見劣りしており、食指が伸びづらいタイプかもしれない。ゲームメイクできるセンスがあり、プロでも先発の一角を期待してみたい。このまま順調にゆけば、2位前後での指名も期待できそうだ。

また日体大の3番打者・船山 貴大(日大三出身・4年)遊撃手は、右方向にヒットを放つなど実戦的な打撃で存在感をアピール。168センチと体格には恵まれていないが、大学球界屈指のショートストップとして守れるショートが欲しい球団には魅力を感じるかもしれない。特に二遊間タイプには貴重な、右打ちだというのもポイントが高い。プロ志望で順位にこだわらなければ、下位でチームに加えてみたいと考える球団もあるのではないのだろうか。

東海大 VS 帝京大

帝京大の先発・廣畑 敦也(玉野光南出身・3年)右腕は、174センチと中背ながらスリークォータから140~中盤ぐらいの球には勢いがあった。特に高めの速球では空振りを誘える一方で、普段は低めにも集めることができる。変化球は、カーブ・スライダーと縦の変化が欲しいところはあるが、来年も楽しみな存在なのは間違いない。

東海大の先発・飯嶋 海斗(成田出身・4年)左腕は、大きく一塁側にステップしてから投げ込むスリークォーター。左打者は、恐怖感を抱くフォームではないのだろうか。球速は135~140キロぐらいだが、スライダー・チェンジアップを右打者外角低めで微妙に出し入れでき臭いところを突けるのが魅力。特に力みなく脱力して投げ込んでくるので、ペースにハマると厄介なタイプだろう。対左打者用にと、食指を伸ばす球団もあるかもしれないが、実際のところ球威・球速的にはプロに混ぜるのは怖い気もしなくはない。その辺の能力の見極めは、もう少し何度かみて判断して行きたい。

東海大は、この試合で敗れたとはいえ巨大戦力。野手では、4番の 平山 快(東海大相模出身・4年)三塁手が、勝負強い打撃で2安打を放った。しかしその打撃でなく、三塁からの送球が極めて強く強肩ぶりの方が目を惹いた。また捕手の、海野 隆司(関西出身・3年)捕手の強肩ぶりは健在。関西時代は、塁間1.7秒台で投げ込める猛肩で、全国でも屈指のレベルを誇っていた。下位打線を担う打撃は物足りないが、来年に向けて覚えておきたい一人。

飯嶋 海斗(東海大4年)投手 185/74 左/左
平山 快 (東海大4年)三塁 181/83 右/右
海野 隆司(東海大3年)捕手 172/77 右/右

廣畑 敦也(帝京大3年)投手 174/76 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

4/10 東都リーグレポート2

立正大 VS 駒沢大

この試合で目立ったのは、駒大の2番手で登板した・白銀 滉大(柏日体出身・4年)右腕。サイドハンドのように重心を深く沈ませて投げるスリークォーターで、高めに145キロ前後の速球を投げ込んでくる。その球の勢いがよく、打者は思わず吊られてしまう。また低めには小さく沈むシンカーもあり、この球とのコンビネーションで安定。昨秋のリーグ戦では、防御率2位の実績も誇っている。リリーフならばプロでもという感じをさせてくれる選手であり、プロ志望ならば本会議での指名も意識できる素材だろう。

打者では、初戦で無安打に終わった 小郷 裕哉(立正大4年)右翼手が2安打を放った。また最後の打席では大きな外野フライを放つなど、ミートポイントは確かだった。少々払うような力感のないスイングは気になるが、野手の間を抜けてゆく長打の多い選手。初戦で計測したときには、一塁までの塁間が左打席から4.2秒前後と平凡だったものの、もう少し速いタイムが出るはずの選手で、走力がどの程度なのか見極めてゆきたい。

白銀 滉大(駒沢大4年)投手 179/73 右/右

小郷 裕哉(立正大4年)右翼 176/84 右/左

東洋大 VS 中央大

今年の大学生の中でも、ポテンシャルはNO.1ではないかと言い続けてきた 梅津 晃大(仙台育英出身・4年)右腕が先発。187/92 の恵まれた体格から、惚れ惚れするようなフォームで投げ込む右の本格派。普段は140キロ台前半が多いものの、力を入れて投げたときには150キロ前後を記録(MAX153キロ)する。特に素晴らしいのは、力を入れた球でも低め膝下に集まるということ。こういった選手は、なかなかいない。

変化球はフォークと右打者にはスライダーを使って来るが、まだ絶対的な威力はない。投球もシンプルな構成で、特にギアを上げるぐらいで、「間」を意識したりとか厳しいところ突くといったこともない。それでも7回を投げて2四死球と、唯一の失点もミス絡みでのもので、打たれてのものではなかった。これから間違いなくよくなるという未来像が描けるといった意味では、福祉大時代の斎藤隆 を彷彿させるような逸材だ。ドラフトでも1位入札は、決定的になった試合ではないのだろうか。

8回から東洋大は、後ろにまわった 甲斐野 央(東洋大姫路出身・4年)右腕が登場。150キロの速球だけでなく、実戦力も兼ね備えた今年の総合力NO.1投手。しかしこの日は、代わりっぱなにいきなりツーベースを打たれたり、9回にも先頭打者に本塁打を喰らうなど不用意な投球が目立った。梅津にはないピンポイントで決められるコントロールはあるものの、球威のある梅津に比べるとポカを喰らう可能性は高いのかもしれない。それでも本塁打を打たれてからはモノの違いを魅せて、最速151キロを記録。今後のシーズンで、充分に評価を不動のものにしてゆくはず。この選手は、元来は先発型でしっかりゲームメイクできるタイプ。フォークやスライダーを交えつつ、一年目から7、8勝~10勝ぐらいは期待できるものがあるだろう。順調にゆけば、秋のドラフト会議で1位競合も期待できそうで、一年目から活躍して欲しい球団からの需要が高そうだ。

梅津 晃大(東洋大4年)投手 187/92 右/右
甲斐野 央(東洋大4年)投手 185/75 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

4/9 東都リーグレポート
今年のドラフト戦線を語る上で外せないのが、東洋大学。そんな東洋大学が、東都開幕戦で登場してきました。本当は神宮に足を運びたかったのですが、家の事情で外せなかったのでネット中継を見てのレポートです。ぜひこのセンターカメラからの映像と、生観戦をしたときの違いなどを踏まえて、寸評作成に役立てようと思います。

東洋大 VS 中央大大

中央大の先発は、左ひざ骨折から復活をきす 伊藤 優輔(都小山台出身・4年)右腕。オーソドックスな右上手投げながら、コンスタントに145キロ前後(MAX147キロ)を記録。変化球は、スライダー・ツーシームにフォークでしょうか? 一通りの球は持っています。高校時代は、確か21世紀枠で選抜に出場したことがあった、当時都立屈指の投手として話題になった選手です。

右打者に対しては、外角にしっかり速球と変化球を集められるのですが、左打者に対しては的がつけられずコントロールを乱すのが今後の課題。沢村(巨人)や鍵谷(日ハム)などの中央の先輩達に比べ、先発タイプといった感じがします。久々の実戦ということで、4回を投げて7安打・3四死球・自責点2と結果は残せず。しかしボール1つ1つは良かったので、今後もドラフト候補としてマークできる存在。ただし最終的には、名門・強豪社会人チームに流れそうな気はします。

東洋の先発は、この冬急成長を遂げた・上茶谷 大河(京都学園出身・4年)右腕。こちらもオーソドックスな右の本格派ながら、楽天とのプロアマ交流戦では150キロ台に到達。甲斐野・梅津に続く第三の男として注目されました。

球速こそ先発ということもあり、140キロ台前半~MAXで146キロぐらい。それでも打者の手元まで伸びが素晴らしく、打者はなかなかボールに当てることができない。さらに内角を厳しく突く制球力や度胸がありコマンドも高い。変化球は、小さく沈むスプリットとのコンビネーションで、時々スライダーを交えて来るといった感じ。一見単調そうなコンビネーションだが、9回を投げて6安打・2四球で完封勝利をあげてみせた。

多くのスカウトが集結する注目の開幕戦で、存在感をアピール。ゲームメイクできる先発タイプとして、高い評価を受けたのではないのだろうか。今日の内容を見る限り上位指名は確実であり、場合によっては1位指名の12名に入ってきても不思議ではない。今後の1シーズン通して、どのぐらいの成績を残すのか気にしてみたい。

伊藤 優輔(中央大4年)投手 179/80 右/右

上茶谷大河(東洋大4年)投手 181/85 右/右


立正大 VS 駒沢大

この試合で目立ったのは、駒大の4番打者・岡田 耕太(敦賀気比出身・4年)一塁手の打棒。敦賀気比時代は、強肩の捕手でもあり塁間1.7秒台で到達するなど捕ってから異常に速かった。現在は、打棒をいかして一塁手と身体能力を活かせていないのは残念。しかし入学以来、この選手の打撃はプロ級として期待してきた。2部にチームがいたり、思ったほどの実績をここまで残せて来なかった。しかし最終学年になり、モノの違いを魅せてくれるのではないかとみていた。その期待どうり、この試合では左中間スタンドへの一発を含む2安打・4打点の活躍。打つだけならばプロ級の能力だと、改めて実感させてくれた。

一方立正の方では、最終回にドラフト候補の 釘宮 光希(日大三出身・4年)右腕が登場。175/75 と上勢はないが、140キロ台中盤の速球とフォークとのコンビネーションで存在感を示した。リリーフならばどうか?というタイプだが、今後の内容が注目される。やや一辺倒で素材としての奥行きはないが、縦の変化も良いのでハマる可能性を秘めている。

その他立正では、1番の小郷 裕哉(関西出身・4年)右翼手が、高めの速球が見極められず精彩を欠いて無安打に。上尾時代に好投手としてここでも紹介した・渡部 勝太(上尾出身・2年)右腕が、148キロを記録するなど、大幅にスピードアップしていたところが目新しいところだろうか。

岡田 耕太(駒沢大4年)一塁 174/82 右/右

釘宮 光希(立正大4年)投手 175/75 右/右
小郷 裕哉(立正大4年)右翼 176/84 右/左
渡部 勝太(立正大2年)投手 172/70 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.