東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年 春季神奈川大会準決勝・決勝
壮絶な打撃戦の末、横浜の猛追を退け東海大相模の優勝で幕を閉じた春季神奈川大会。その中で、ドラフトを意識できそうな選手の印象を簡単にまとめてみることにする。

その中でも注目度NO.1は、全国屈指の外野手に位置付けられる 増田 珠(横浜3年)中堅手が、改めて凄みを増してきた。元々次のプレーを常に想定する意識の高さと、気持ちを前面に押し出す泥臭さを併せ持つ。一冬越えて体に厚みを増してきて、センスだけでなく強さも身につけつつある。そのため県大会中には、場外弾を放つなど飛距離も伸びている。けして長距離打者ではないのだが、ボールを芯で捉える能力が卓越しているので、山田 哲人(ヤクルト)のように、技術で運べる打者に育つかもしれない。三振をしない圧倒的なコンタクト能力と、隙無しのプレースタイルは、短期間で一軍まで昇りつめられる可能性を秘めている。けして長打力を売りにするタイプの外野手ではないだけに、1位指名となると需要があるかは微妙だが、上位指名で消える選手であるのは間違いない。彼のプレーを見ていると、高校時代の 内川 聖一(現ソフトバンク)を彷彿とさせる。

福永 奨(横浜3年)捕手も、圧倒的なディフェンス力と気持を前面に押し出すプレースタイル。こちらはコンタクト能力に課題があるものの、しっかり捉えればスタンドインできるパンチ力を秘めている。高校生にして、小賢しいぐらいのプレーができる天性の捕手。圧倒的な地肩の持ち主で、捕手としては横浜高校史上NO.1だろう。ドラフト的には上位指名されるような存在感はまだ示せていないが、プロ入り後グッと伸びてきそう。春~夏に向けて何か大きな変化が感じ取れるようだと、一気に評価も浮上してきそう。現時点でも志望届けを提出すれば、何かしらの形では指名されるのではないのだろうか。

先日もご紹介した神奈川屈指の好投手・本田 仁海(星槎国際3年)右腕は、センターカメラから映像をみて改めて力のある投手だと実感。本田の良いところは、速球派でありながらしっかり両サイドに投げ分けることができ、コントロールに不安がないところ。スライダーのキレもよく、ゲームメイクできる先発投手としての可能性を感じさせる。今年の候補の多くは、技術的に粗くボールの勢いで押せばリリーフならというタイプが多い。しかし彼は、今後球種を増やしどんどんピッチングの幅を広げて行けそうな、将来のローテーション候補だと言えよう。ただし現状は、速球とスライダーとの単調なコンビネーションであり、140キロ台をコンスタントに超えるボールがあっても、横浜打線を抑え込むことはできなかった。しかし春の時点でこれだけの投球ができれば、現時点で指名リストには名前を載せるだけの力はあると判断する。ただし上位指名とか、そういったスケール感はその投球からは感じられない。下位指名あたりで拾って、上手く化けるのを待ちたいタイプではないのだろうか。

1年生・4番として注目されてきた 森下 翔太(東海大相模2年)中堅手は、攻守に能力が高く来年のドラフト候補としてマークできる素材。中学時代から名の知れている 万波 中正(横浜2年)右翼手は、相変わらず打てるポイントが狭く、圧倒的なパワーを活かしきれていない物足りなさは残る。来年の候補には当然名前があがる選手だが、高校からプロ入りできるのかはこれからの成長次第といった感じだろうか。

また入学以来評判だった 安里 海(東海大相模3年)左腕も、135~後半ぐらいのボールには力があるものの、高校からプロといった図抜けた潜在能力は感じられなかった。また清宮幸太郎のリトル時代のチームメイトで世界一メンバーとして活躍した 逢坂 倫充(桐光学園3年)遊撃手も、3番・ショートを任されているが、期待値ほどの成長は魅せていない。右打席から4.2秒前後(左打者なら3.9秒台)で一塁まで到達できる走力もあるものの、現状はセンスの勝った早熟タイプとのイメージは拭えなかった。こちらも、大学進学タイプではないのだろうか。

また準決勝のテレビ中継まで残れなかったが、スカウトからも注目されているという 石井 涼(三浦学苑)右腕や、付属高だけに進学しそうな神奈川を代表するスラッガー・正木 智也(慶応3年)外野手。ポテンシャルの高いプレーで注目される 柿崎 颯馬(桐蔭学園3年)外野手など、今年の神奈川は強打の外野手に恵まれている。学校数は多い県だけに、夏までに新たな人材がきっと浮上して来るだろう。ここにあげた選手たちは、夏にはすべてチェックを入れておきたい。

スポンサーサイト
2017年春・東京都春季大会決勝戦

日大三 VS 早稲田実業

神宮球場でナイターで行われた、春季東京大会決勝戦。すでに関東大会出場を決めている両校でしたが、凄まじい試合を演じてくれました。清宮 幸太郎(西東京・早稲田実)一塁手は、序盤結果が出なかったのですが、試合終盤にライトスタンドに特大の一発を放つと、3点差を追う9回に今度はレフトスタンドに叩き込むなど役者が違います。改めて、打って欲しいところで打ってくれるスター性を感じます。清原和博、・松井秀喜級の素材であることは間違いないでしょう。

その清宮に後輩ながら強烈なライバル心を持つのが、野村 大樹(早実2年)三塁手。この選手、172/80 と体格が小さいのですが、三塁手としても悪くないですし、走力も右打席から4.2秒台(左打席で3.9秒台)で走り抜けられる俊足。守れる、走れると付加価値が、清宮にはない魅力。清宮のあとで、俺が美味しいところを持ってゆくんだ、回せ回せというのがネクストからでも伝わってくれるような天性の強打者思考。こういうガツガツした高校生は、めったにいません。そういったマインド的な部分が、何より評価したいポイント。この選手は、体格に関係なく高校からプロにゆくべき選手ではないのでしょうか。

そしてこの試合、もう一人注目だったのは、清宮と東京で評価を二分する 金成 麗生(日大三3年)一塁手。しかしこの試合では、打撃ではなく投手として登板したところに興味深かったです。元々投手だったのは知っていたのですが、投げているところを見たことがありませんでした(記憶に残っていないだけか?)。193/101 という破格の体格の大型左腕で、MAX148キロまで到達。特に手元でピュッと切れるとか、グ~ンと来るような勢いは感じませんが、この体格から投げ込まれる威圧感と球威はかなりのもの。コンスタントに140キロ台を記録できるスピード能力は、全国の高校生左腕でも屈指のものがあることがわかりました。しかしながら、いかんせんコントロールと変化球が。これだけのポテンシャルがありながら、選抜でも登板がなかったのも頷けます。打者としてはドラフトとなると微妙な選手だけに、むしろ指名されるとしたら投手としての可能性を評価されてかもしれません。今後どの程度アピールのチャンスがあるかはわかりませんが、投手・金成 という観点でも追いかけてみたいと思わせるものがありました。

清宮幸太郎(早稲田実3年)一塁 184/97 右/左
野村 大樹(早稲田実2年)三塁 172/80 右/右

金成 麗生(日大三3年)一塁&投手 193/101 左/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2017年春・六大学第二週レポート
先週の開幕週に出場していなかった、慶応と立教のドラフト候補について観て行きます。

東大 VS 慶応大

慶応のドラフト候補と言えば、4番を打つ 岩見 雅紀(慶応大4年)左翼手。187/110 という一昔前ならば、まずスカウトに見向きもされなかった重量級選手。しかしこの岩見、圧倒的な飛距離は日本人離れしており、外人とパワーで競ってもヒケをとらない飛距離の持ち主だと言えよう。

課題はなんと言っても、この体型だけに走力・守備力の部分。慶応では左翼を守っているが、けして打球勘・キャッチング・守備範囲も狭く、プロの左翼手として厳しいレベル。それだけにプロだと、一塁もしくはDH要員ということになる。特に体にキレがないので、プロレベルの球速・キレのある球に対応できるのか? という疑問が残る。

その辺の疑問を払拭してくれたのが、この春のHONDAとのオープン戦。昨年ドラフト候補と注目され、先のスポニチ大会でも活躍した149キロ右腕。斉藤友貴哉(桐蔭横浜大)投手が力勝負できた140キロ台中盤以上の速球を、苦になく打ち返してみせた。この選手、右方向に打てる打球の幅や変化球への対応もそれほど悪くはない。ボールを飛ばす角度・その飛距離は、明らかに先輩である 横尾俊建(日ハム)よりも真の長距離砲の匂いがする。守備・走塁に眼をつぶってでも、右の長距離砲は評価してゆくという昨今の流れを考えると、すでに2本塁打を放っている岩見のドラフト指名も現実味を帯びて来るのではないのだろうか?打ったのが東大戦だっただけに、他の試合でもどのぐらいやれるのか注目される。

立教大 VS 法政大

その岩見と並ぶ、六大学を代表する強打者・笠松 悠哉(立教大4年)三塁手は、開幕週から打ちまくった。笠松の場合は、強烈なヘッドスピードを誇り、右に左にセンターへと打ち返す。今シーズンは、思いっきりは好いものの、あまり打球が上がる雰囲気はして来ない。それでもこの選手、プロの指導者につけたら驚くほど伸びそうな雰囲気を持っていると大阪桐蔭から言い続けてきた選手。三塁守備も一見ぎこちなく見えるのだが、なかなかミスしない安定感がある。また右打席から4.4秒前後(左打者換算で4.15秒ぐらいに相当)する脚力もあり、プロレベルに混ぜても平均レベルの身体能力がある右の強打者。

プロでも20本級の打者になれる可能性を秘めており、それでいて守備・走塁も無難にこなせるという融通性がきくところは岩見にはない魅力。球界に不足する、強打の右の強打者が欲しいという球団にとっては面白い存在ではないのだろうか。まだ5試合を消化した段階ではあるが、打率.438厘と順調なスタートを切った。ちなみに岩見は、4試合を消化時点で打率.167厘。リーグ戦ではなった2本のヒットが、いずれもホームランになっている。

その他では、対戦相手で登板してい 菅野 秀哉(法政大3年)右腕は、コンスタントに145キロ以上のボールを投げ込んでおり、来年のドラフト候補に位置づけられる。福島の小高工業時代からプロに注目されてきた素材で、順調さを欠くチームメイトが多いなか順調にここまで来ている印象だ。

岩見 雅紀(慶応大4年)左翼 187/110 右/右

笠松 悠哉(立教大3年)三塁 181/85 右/右 

菅野 秀哉(法政大3年)投手 183/73 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

4/9(日)の六大学 & 神奈川リーグレポート(21)

法大 VS 早大2回戦

早稲田の先発は、最終学年になった 柳澤 一輝(広陵出身)右腕。元々140キロ台後半を連発できる能力がありながら、なかなかリーグ戦では実績を積み重ねられずリリーフで時々投げる程度だった。しかしこの試合では、第二戦の先発。かなり雨模様なのと先発ということもあり、球速は135~140キロ台前半とかなり抑え気味。それでも球速以上に感じさせるボールの勢いに、曲がりながら落ちるスライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ、8回まで投げて5安打・10奪三振・1四死球・3失点の内容。リーグ戦に慣れるに従い、どんな投球を魅せてくれるのか今後も追いかけてみたい。持っている球威・球速の能力は、今年の大学生でも上位の器なので。

法政の先発は、高校時代プロからも注目された 内沢 航大(八戸工大一出身2年)右腕。195センチの長身右腕で、140キロ台のボールを連発する大器。けして制球難ではないのだが、甘いところに入ってしまうコントロールの無さと、横滑りするスライダーとの単調なコンビネーションなのが的を絞られやすい要因か? 僅か2回を、3安打・3失点で降板した。素材は確かなものがあるので、いかに実戦で使える投手になれるのか? そういった部分で伸び悩む選手が多い法政だけに、彼を育てきれるのか注目される。

柳澤 一輝(早稲田大4年)投手 180/82 右/右

内沢 航大(法政大2年)投手 195/90 右/左

明治大 VS 東大2回戦

静高時代からプロ注目だった 水野 匡貴(明治大4年)右腕が、第二戦の先発。腕をコンパクトにたたんで投げるフォームから135キロ~140キロ台前半ぐらいのボール投げ込む。変化球は、横滑りするスライダーとのコンビネーション。特に高校時代から、何が好いとも悪いともない選手で、あと一歩突き抜けたものがない。大学で総合力が引き上げられればと思っていたが、それほど高校時代から大きく伸びた印象はない。このまま社会人チームに進み、さらなる成長に期待することになるのではないのだろうか。投手としてのセンスや、コントロールにも大きな破綻はないのだが。この試合では、東大相手に5回を3安打・6三振・2四死球・無失点という無難な内容だった。

水野 匡貴(明治大4年)投手 182/82 右/右

横浜商科大 VS 神奈川工科大 第三戦

今シーズンまだ未確認だった、横浜商科大の試合があったので観戦してきました。横浜商科大の先発は、渡辺 佑樹((富士学苑出身4年)左腕。オーソドックスなサウスポーだが、球速は135キロ前後ぐらい。カーブ・スライダー・チェンジアップなど一通りのボールを投げ込んでくる。特に両サイドに投げ分けるコントロールは安定しており、派手さはないが大崩れしないサウスポーといった感じに。特にことごとく右打者が外角に沈むチェンジアップにタイミングが合わず、この球は面白いと思わせるものがあった。まとまったサウスポーというアピールポイントはあるものの、ドラフト候補の匂いはしてこない。このまま有力社会人チームで、野球を続けることになるのではないのだろうか。

創学館時代からプロから注目されてきた 佐藤 広之(横浜商科大4年)中堅手は、相変わらず高い身体能力が光った。黒人の血を引くハーフで、オコエ瑠偉(楽天)のようなタイプの選手。特に試合前練習から、地面を這うような強肩ぶりは一級品。しかし左打席から4.07秒ぐらいの平凡なタイムで、何処か足を痛めているような走り方だった。打撃も当たれば強い打球が飛ぶが、粗い部分があり対応力は相変わらず。身体能力はプロでもアピールできるほどだが、打撃の弱さがプロ入りには大きなネックになりそう。ひょっとしたら育成あたりでの指名が何処からあるかもしれないが、常識的には社会人に進むことになるのではないのだろうか。

対応力で光ったのは、3番を打つ 大城 悠也(熊本城北出身4年)一塁手。けして大物打ちではないが、私が観戦していた3打席ではセンター前、ライト前に上手く合わせていた。投手としても140キロ台のボールを投げられるほどの強肩の持ち主だが、一塁ではアピールは乏しい。こちらも社会人などで、野球を続けてゆくことになりそうだ。

渡辺 佑樹(横浜商科大4年)投手 182/77 左/左
佐藤 広之(横浜商科大4年)中堅 186/80 右/左
大城 悠也(横浜商科大4年)一塁 184/78 左/左


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

4/8(土) 東京6大学レポート 

東大 VS 明大

明治の先発は、六大学で1番プロに近い男・齊藤 大将(桐蔭学園出身4年)左腕が先発。左スリークォーターから繰り出す130キロ台後半~140キロ台中盤の速球にはキレがある。なんだか腕の出どころが、スリークォーターという以上にサイドに近い位置まで、より下がった気がするのは気のせいだろうか? 東大相手だということもあり、速球中心にガンガン攻めのピッチングを魅せた。左打者の背中越しから来る感覚に陥る独特の球筋が武器であり、対左打者に強さを発揮するタイプ。コントロールは結構アバウトな部分があるのと、ボールが揃い出すとカカカ~ンと連打を食らうことがある。変則タイプであり、性格的にもムラッ気があって浮き沈みが激しい。上手くその気の強い部分を活かすと、リリーフで持ち味を発揮できそうだ。そういった特殊なタイプだけに、1位指名という感じはしないものの、ドラフトでは外れ1位~2位以内の中では指名されてしまうのかなという気はする。上手くハマれば、1年目からリリーフならば一軍での活躍も見込めそう。

東大の先発は、大学球界注目度NO.1投手の 宮台 康平(湘南出身4年)左腕。こちらはオーソドックスフォームから、コンスタントに140キロ台~150キロ近いスピードボールを投げ込んでくる。まだまだ筋力・体力が不足しており、ボールの質もけして高くない。そのため145キロを越えて来ないと、ボール自体に見栄えはしてこない。まだ下半身が不安定なのもありストレートの球筋もばらつく傾向が強く、この投手の良さはむしろチェンジアップにあると言えるであろう。この球を右打者にも左打者にも自在に使えるところに、最大の良さがある。いずれにしてもプロ入り後1、2年は、基礎筋力・体力を養うのに費やされるのではないのだろうか。もし獲得するのであれば、高校生を指名したぐらいの感覚で育成プログラムを組むべき。内容的には、ドラフト4位級ぐらいの投手だが、いろいろ東大なり左腕などの付加価値がついて、最終的には3位以内での指名になるのではないのだろうか。

齊藤 大将(明治大4年)投手 179/72 左/左

宮台 康平(東京大4年)投手 178/83 左/左

早大 VS 法大

法大の先発・熊谷 拓也(平塚学園出身4年)右腕は、オーソドックスなフォームからコンスタントに145キロ前後は出ていそうな勢いのあるボールを投げ込んでいた。不思議と合わされやすいフォームなのか? これだけのボールがあっても、1試合トータルで抑えきれない内容が続く。この日も早大相手に、6回1/3イニングで8安打・自責点3。特にコントロールが悪いとか、変化球が全然というわけではない。投球に深みが感じられないこと、フォームが合わされやすいこと、投球に繊細さがないことなど、総合力で自慢の速球が活かしきれていない惜しい投手。ボール自体はドラフト級だが、あえて強豪社会人チームなどで腕を磨き2年後にという判断になるのではないのだろうか。高校時代から見違えるほど速球は速くなっているので、社会人ではリリーフ中心に起用されることで活路を開くことになりそうだ。

また野手で目立っていたのが、 法大の 中山 翔大(履正社出身3年)一塁手。こちらは腕っぷしの強さを活かした、パワフルな打撃が際立つ。とにかくバットを振れるという魅力があり、右に左にも長打を飛ばせるのが特徴。履正社時代から打撃には目を見張るものがあったが、守備・走塁に課題があり現在は一塁を守っている。こういった右の強打者は今のドラフトでは評価される追い風が吹いているだけに、今後も存在感を示し続ければ来年はドラフト候補として注目されることになりそう。

また早大では、1年生の 早川 隆久(木更津総合出身)左腕が開幕戦デビュー。1回2/3イニングで3安打・4奪三振・自責点0 の内容で、将来性と物足りなさの両面を感じさせた。高校時代から指摘するとおり、ボールの芯にまだ強さがなく、球速はあっても本当の球威がない。この辺は、大学生に混ぜると一目瞭然ということを改めて実感させられる。しかしこれから早稲田を背負ってゆく素材なのは間違いなく、ボールの質が4年間で変わってゆくのか注視してゆきたい。順調に育てば、最終学年には上位指名候補としてマークされているはずだ。

熊谷 拓也(法政大4年)投手 180/79 右/右
中山 翔太(法政大3年)一塁 186/90 右/右

早川 隆久(早稲田大1年)投手 180/72 左/左


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.