FC2ブログ
東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2018年夏 甲子園8日目レポート
大会8日目の第二試合まで、出場全校が出揃い、このレポートも最終回。大会二度目に初登場した選手のレポートは、確認次第初登場したときのレポートに加筆する形でフォローするので、よろしくお願い致します。

第一試合 二松学舎大付 VS 広陵

広陵の先発・森 悠祐(3年)右腕は、昨夏の甲子園で140キロ台中盤を連発して注目された。一年経って驚いたのは、非常に投手らしくなり制球も安定してきたこと。初回こそ失点したが、右打者のアウトロー中心に常時140キロ~中盤の速球を投げ込んでくる。広島予選では、低めに切れ込むスライダーを振らせる場面が目立った。しかしこの試合では、そのスライダーを見逃され苦しんだ。他にもチェンジアップなどを織り交ぜ、厳しく内角を突くなどピッチングの幅を広げている。また牽制やクィック、フィールディングなどの各動作もハイレベルあり、それでいてしっかりランナーを背負うと間合いをとってじっくり投げ込んたりとセンスを感じさせた。まだ絶対的なものがないので、高校からのプロ入りというよりも六大学などの名門で、才能を磨いてゆくことになるのではないのだろうか。

二松学舎大付では、2番手で登場した 岸川 海(3年)右腕の球速が目立っていた。非常に力みのないフォームから、コンスタントに145キロ(MAX147キロ)を記録。この重い速球に加え、スライダー・フォーク系の球を織り交ぜる。まだ繊細なコントロールがあるといったことはないが、ストライクゾーンの枠の中には安定して投げられる感じ。今年の東東京に、これほどの速球派がいたとは正直知らなかった。こちらも高卒プロといったよりも、ワンクション置いて資質を高められたら、近い将来150キロを出せるようになっても不思議ではない。今後も、その投球を追いかけて行きたい有望株だった。

広陵では、2番手で登板した・河野 佳(2年)右腕に注目。中背でそれほどスケール感のあるフォームではなかったが、コンスタントに130キロ台後半~外角一杯にズバッと142キロの速球を投げ込んでみせた。スリークォーターで持ち球は、スライダーとのコンビネーション。先輩の森投手同様に、この一年間で投球に幅を持たせられるかが課題となりそうだ。

二松学舎大付では、一番の 右田 稜真(2年)右翼手が、右に左に強い打球を打てるのが印象的。2年生ながら1番・センターを任されていたが、走力・守備力がよくわからない部分があったので、引き続き浦和学院戦で確認して、ここに加筆してみたい。

森 悠祐(広陵3年)投手 175/75 右/右
河野 佳(広陵2年)投手 174/76 右/右

岸川 海 (二松学舎大付3年)投手 178/78 右/右
右田 稜真(二松学舎大付3年)中堅 181/83 右/右

第二試合 浦和学院 VS 仙台育英

浦和学院の先発・渡辺 勇太朗(3年)右腕は、昨夏から来年の1位候補と期待してきた大器。肘痛などで本格的に戦線に復帰したのは、春の関東大会からとまだ調整途上といった感じの県大会だった。この甲子園ではかなり状態は上がってきたものの、まだまだ好い球と悪い球、コントロールのバラツキが感じられた。それでも追い込んでからの右打者外角一杯、左打者内角クロスへの球筋の速球は一級品。最速で149キロまで到達し、一定の存在感を示してくれた。また打者の近くで小さく曲がりながら沈むスライダーで空振りを奪いつつ、ツーシームなどの変化球を交えて来る。現在の完成度よりも、まだまだ伸び代を秘めた上積みに期待していう部分はあるが、ハズレ1位から2位指名内では消えるであろう内容だった。吉田 輝星(金足農業)と並び、大会屈指の素材として高い評価がなされそうだ。

また1年時から浦和学院の4番として活躍してきた 蛭間 拓哉(3年)中堅手も初の甲子園で存在感を示した。低めの難しい球をヒットに繋げる技術を魅せたり、左中間スタンドに叩きつけたりと長短打で能力の高さを実証。走塁でも、南埼玉大会9盗塁の片鱗をこの試合でも盗塁を決め魅せた。また守備では、地面に着きそうなところをギリギリキャッチする好捕を見せるなど三拍子揃ったところをアピール。上位指名とはゆかないが、志望届けを提出すれば指名されるぐらいの内容を示した。 しかし本人のプロ志向が高くない限り、先輩たち同様に東都などの有力校に進んでゆくような気はする。

そのほかでは、1番打者の 中前 祐也(2年)遊撃手は、巧打・好守で来年度世代注目の遊撃手となる存在。また投手としての才能を期待されながら伸び悩んだ 佐野 涼弥(3年)左翼手もヒットを連発し4打点を荒稼ぎ。また最終回には、美又 王寿(1年)右腕が登場し、140キロ台を記録してみせた。いずれに将来に、可能性を見出だせるパフォーマンスだった。

仙台育英は、突出したタレントがいない総合力で勝負するチームだった。そんな中、3回からリリーフした 大栄 陽斗(2年)右腕は、この経験をいかに生かして行けるか? スケールで魅了するタイプではないが、来夏には140キロ台をコンスタントに記録してくるのではないのだろうか。

渡辺勇太朗(浦和学院3年)投手 190/90 右/右
蛭間 拓哉(浦和学院3年)中堅 174/81 左/左
中前 祐也(浦和学院2年)遊撃 178/78 右/左
佐野 涼弥(浦和学院3年)左翼 178/80 左/左
美又 王寿(浦和学院1年)投手 173/77 右/右

大栄 陽斗(仙台育英2年)投手 174/72 右/右

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2018年夏 甲子園7日目レポート・後編

第三試合 報徳学園 VS 聖光学院

聖光学院の先発・衛藤 慎也(3年)右腕は、疲労骨折の後に手術、その後も肘痛に悩まされ、なんとか夏の大会に間に合ったという苦労人。中背の体格ながら、コンスタントに140キロ台~140キロ台中盤を連発し見違えるほど力強くなっていて驚いた。縦に割れるスライダーにも威力があり、今後フォークの精度が高まってくると面白い。コントロールやフォームにも破綻がなく、順調に肉付けして行ければ素直に結果に現れるタイプ。高校からのプロ入りはないだろうが、大学などに進めば早くから存在感を示せそうなセンスの持ち主。4年後の即戦力候補として、気に留めておきたい。

聖光学院の野手では、1番の 田野 孔誠(3年)遊撃手が目立っていた。一打席目に鋭くライト方向にはじき返したと思ったら、三塁の守備位置が深いのをみてセーフティバントを決めるなど、強弱を付けたプレーができる視野の広さを持っている。遊撃手としての動きもまずまずで、一塁までの塁間も右打席から4.25秒(左打者換算で4.0秒に相当)弱で到達するなど俊足。三拍子バランスの取れた好選手で、大学などでのさらなるレベルアップを期待したい。

報徳学園では、なんと言っても上位候補の 小園 海斗(3年)遊撃手のプレーが凄みを増してきた。相手の隙きを突いて、積極的に次の塁を狙うスピード感は一級品。難しい球をレフト方向にヒットにしたり、ファールで粘ったりと、この辺は世代のトップレベルを体現してきた経験値が他の選手とは違う。遊撃手としても洗練されており、プロでも二遊間で勝負して行ける素材。それほど強肩には見えないが、深いところに守っているのは一歩目への自信の現れだろう。1位とは言わないまでも2位以内では、間違いなく消える素材ではないのだろうか。

他には、捕手の 堀尾 浩誠(3年)は好捕手だった。スローイングも二塁まで1.85秒前後で到達する強肩でもあり、ディフェンス全般に大きな欠点が見当たらない。少々打撃は地味だが、大学などでも活躍して行けるだけの下地は備えている。投手では、エースの 渡辺 友哉(3年)左腕は、左投手の球速が出にくい甲子園のガンでも135~後半を出すなど、スピード能力があり体格にも恵まれている。また2番手で登板した 木村 勇仁(3年)右腕も、小柄ながら140キロ前後の速球に、特にカットボールのキレ・活かした方には光るものを持っていた。二人とも大学でさらなる上積みがあれば、社会人などへの可能性も広がってゆくだろう。

衛藤 慎也(聖光学院3年)投手 176/74 右/右
田野 孔誠(聖光学院3年)遊撃 171/70 右/右

小園 海斗(報徳学園3年)遊撃 178/79 右/左
堀尾 浩誠(報徳学園3年)捕手 176/77 右/右
渡辺 友哉(報徳学園3年)投手 180/70 左/左
木村 勇仁(報徳学園3年)投手 172/65 右/右

第四試合 白山 VS 愛工大名電

愛工大名電の2番手として登板した 秋山 凌祐(3年)右腕は、まさに正統派という言葉がしっくり来る好投手。球速こそ130キロ台後半~MAXで144キロぐらいだが、実にスピンと効いた良い真っ直ぐを投げ込んでくる。変化球も、スライダー・カーブ・チェンジアップのブレーキもよく、マウンド捌き、コントロールも安定。大学などに進んだら、チームの主戦として多くの多くの勝ち星をを積み上げてゆくのではないのだろうか。卒業後も、追いかけてみたい好素材だった。

同じく名電では、一番を打つ・柳本 優飛(3年)右翼手が、鋭い当たりを連発。名電は各選手鋭い打球を連発していたが、その中でもこの選手が頭一つ抜けた存在のよう。一塁までの塁間を4.15秒前後とドラフト候補としては平凡で、守備含めて総合力を大学などで引き上げたい。中央の大学でも、やって行ける資質を持った選手ではないのだろうか。

一方の白山では、1番の 栗山 翔伍(3年)遊撃手が際立っていた。171/67 と身体は大きくないが、一歩目のダッシュが素晴らしく、守備範囲が広い。さらに深いところから、送球が乱れない地肩の強さも確か。一塁までの塁間も、右打席から4.25秒弱(左打者換算で4.0秒弱に相当)であり、走力もプロに混ぜても俊足の部類に入る。三重予選.458厘の打率も本物で結果は出なかったが振りの良さは確か。高校から志望届けを出しても意外な掘り出しものとして面白いかもしれない。身体は大きくはないが、ポテンシャルは高く才能では見劣ることはなさそう。育成あたりならば、指名する球団が出てきても不思議ではないぐらい。ただし常識的に考えれば、志しを高く持って大学などで資質を磨くことになりそうだ。

また4番の 辻 宏樹(3年)捕手も、打力で存在感を示した。捕手としても非常に丁寧にプレーをする選手との印象で、キャッチングなどは実に丁寧。しいて言えば、スローイングが大きな欠点。捕ってから投げるまでに時間がかかり過ぎて、どうしても盗塁を許してしまう。捕手としての適正・技術はある選手なので、そこが修正されてくると上のレベルでも存在感を示せる好捕手ではないのだろうか。

秋山 凌祐(愛工大名電3年)投手 175/74 右/左
柳本 優飛(愛工大名電3年)遊撃 172/72 右/左

栗山 翔伍(白山3年)遊撃 171/67 右/右
辻  宏樹(白山3年)捕手 176/81 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2018年夏 甲子園7日目レポート・前編

第一試合 鳥取城北 VS 龍谷大平安

龍谷大平安の先発・小寺 智也(3年)右腕は、非常にオーソドックスなフォームから投げ込む正統派。球速は、常時140キロ前後~MAXで147キロまで記録した。何より素晴らしいのが、ストレートのコマンドの高さ。両サイドに、ビタビタと決めてくる。また曲がりながら沈むスライダーにも威力があり、この球を振らせるのもうまい。高校からプロといったスケール型ではないが、関西の大学などに進んだら、4年間で何十勝もしてリーグ記録に迫ろうかなんて大投手になれる資質を秘めている。しいて気になる点をあげれば、クレバーの投球の割に感情が表情に現れる点だろうか。いずれにしても総合力を引き上げて、4年後には即戦力候補という評価を得てプロ入りを実現させて欲しい。

鳥取城北の先発・難波 海斗(3年)は135キロぐらいの球速なものの、スライダーやフォークを低めに集め粘り強く強打の龍谷大平安打線相手に投げ続けた。特に8回ぐらいから球速が上がり、コンスタントに140キロ台を記録し、MAX143キロまで到達した。この夏はじめて公式戦を経験したという投手ながら、試合の中で成長を実感させられる内容だった。この経験を糧に、今後何処まで資質を伸ばして行けるのか気になるところ。

鳥取城北は、非常に基本に忠実な野球をする好チーム。特にヒットこそ出なかったが、2番打者の 河野 律樹(2年)遊撃手の守備力が光った。踏ん張りの効く上に、スローイングが乱れないなど安定感ピカイチ。来夏までに、打力の成長も楽しみに待ちたい好選手。

龍谷大平安は、全国制覇をも意識できる大型チーム。中でも 3番の 松本 渉(3年)中堅手は、三拍子ハイセンスに揃った天才肌。京都大会打率.750厘のボールさばきに、一塁までの塁間を左打席から3.75秒前後で走り抜ける脚力はプロでもトップクラス。中堅守備もうまく、168/64 という体格でなければ間違いなくドラフト候補に上がってくる存在。こういったタイプは、大学などで文句なしの成績を残し、周りを黙らせてドラフト候補にのし上がってきて欲しい。

ドラフト的に注目なのは、4番の 松田 憲之朗(3年)遊撃手の方。高校通算58本塁打の長打力を持ちながら、ショートを守る有望株。ショートしては球際に強くけして下手ではないが、上のレベルだと少々スピード感に欠ける印象。むしろ、うまいサードで勝負する方が将来的に得策ではないかという気はする。打者としては腕っぷしの強さを活かしたパワフルな打撃が売りなのだが、気になるのはボール球を振ってしまう「眼」の悪さにある。このへんが、指名への分かれ目になってくるのではないのだろうか。今後の試合も含めて、見極めてゆきたい。

また素材はドラフト上位級と言われながら、県大会でも登板がなかった 島田 直哉(3年)右腕の投球が甲子園であるのかが今後の関心事となる。

小寺 智也(龍谷大平安3年)投手 181/81 右/右
松本 渉 (龍谷大平安3年)中堅 168/64 右/左
松田憲之朗(龍谷大平安3年)遊撃 182/84 右/右
島田 直哉(龍谷大平安3年)投手 185/78 右/右

難波 海斗(鳥取城北3年)投手 170/67 右/右
河野 律樹(鳥取城北2年)遊撃 164/59 右/右

第二試合 八戸学院光星 VS 明石商

八戸学院光星の2番手・福山 優希(3年)右腕は、178/77 と中背で角度は感じられないが130キロ台後半~140キロ台前半の速球を投げ込んでくる。変化球はスライダーとのコンビネーションで、比較的低めに集められるところが好いところ。イニングを重ねてゆくと慣れやすい投球を、大学などで改善できれば面白い。潜在能力的には、140キロ台中盤以上の球を連発できる馬力を秘めていそうだ。

明石商の先発・福谷 航太(3年)右腕は、183/72 のスラッとした投手体型に高い将来性を感じさせる本格派。まだ発展途上といった感じで、球速は130キロ台中盤が多いものの最速では140キロ台を越えてくる。身体の近くで小さく曲がるスライダーと、小さく沈むスプリットが武器。ストレートの球威にはまだ物足りないものがあるが、変化球に良さがあるので可能性を感じさせる。身体ができたときに一体どんな球を投げられるようになっているのか、大化けの予感を抱かせてくれた。

八戸学院光星は、野手にタレントが揃う。一番の 近藤 俊太(3年)二塁手は、振りの強さはチームナンバー1。それでいて左方向にもしっかり打ち返せる、技術も兼ね備えた好打者。一塁までの塁間も、左打席から4.1秒ぐらいと中の上レベルで、踏ん張りが効かないセカンド守備が今後の課題か。3番の 長南 佳洋(3年)中堅手は、打撃では精細を欠いていた。しかし左打席から、3.75秒前後で到達する快速ぶりはプロでもトップクラスの脚力。また右に左へと2本塁打を放った 東 健太郎(3年)左翼手は、大舞台でも臆することなく潔いスイングをする。強力打線の中でも、4番を任せられる片鱗を魅せてくれた。守備が左翼なのと、走力があまり速くないのが残念なところ。いずれにしても高校からプロといったことはないだろうが、大学でもそれぞれ進んだ先で存在感を示せそうな能力の持ち主だった。

明石商では、二人のスーパー1年生が目立っていた。リリーフで登場した 中森 俊介(1年)右腕は、181/78 と堂々とした体型の持ち主。球速も最速145キロするなど、一年生とは思えない力強いボールを披露。鋭いスライダーのキレも併せ持ち、2年後にはドラフト上位指名をも視野に入れられる大器だった。突然制球が乱れたりと、まだまだ精神面の不安定さが今後の課題だろうか?

またチームの核弾頭を務める 来田 涼斗(1年)左翼手も逸材。中学時代は大阪桐蔭などからも勧誘された経歴の持ち主で、その所作には大物感漂う。まさに 柳田悠岐(ソフトバンク)を彷彿とさせるようなフルスイングがモットーで、それでいて当て勘・ボールを見極める眼などにも確かなものがある。一塁までの塁間4.1秒ぐらいだったが、もっと速いタイムも出せそう。左翼手としての動きも悪くなく、新チーム以後はセンターなどを任されるのではないのだろうか? 最後レフト前へのゴロをはじいてしまい、それが勝ち越し点に繋がってしまった。この苦い経験が、今後の野球への取り組みに生かされて欲しい。2年後は何処までの選手に育っているかは想像できないが、相当の大器なのは間違いない。数多くの打者が「柳田二世」と評されてきた、彼こそ本物ではないかとはじめて思わせてくれる選手だった。

福山 優希(八戸学院光星3年)投手 178/77 右/右
近藤 俊太(八戸学院光星3年)二塁 177/75 右/左
長南 佳洋(八戸学院光星3年)中堅 174/71 右/左
東 健太郎(八戸学院光星3年)左翼 180/80 右/左

福谷 航太(明石商3年)投手 183/72 右/左
中森 俊介(明石商1年)投手 181/78 右/左
来田 涼斗(明石商1年)左翼 177/74 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2018年夏 甲子園6日目レポート

第一試合 木更津総合 VS 敦賀気比

野手が投手をやっている感じが否めない 野尻 幸輝(木更津総合3年)投手だが、早めに追い込んで主導権を握る投球で安定。球速的には135~140キロぐらいと並で、スライダーやフォークなどを織り交ぜるスリークォーター。大雑把そうにみえて、意外に繊細というか投手らしい一面があるのには驚いた。投手としても、強豪相手に驚くほど試合を作って魅せる。それでも将来性では、やはりパワフル強打者としての才能。左の中距離ヒッターという感じで高校からのプロ入りとなると厳しいが、元々は三塁手でフィールディングなどの動きはさすが。大学などで、強打の三塁手として実績を残せれば面白いかもしれない。特に三塁をきっちり守れるという付加価値を示せれば、その可能性は多いに広がるはず。特に今年の木更津総合は、まさに彼のチーム。チームの中での存在感は、際立っている。彼が序盤でマウンドを降りるような展開になると、一気にガタガタとゆきそうだ。ちなみ肩幅が広く、顔の形などは、大魔神・佐々木主浩(元ベイスターズ)を彷彿させるものがある。けして投球フォームや内容が似ているというわけではないのだが・・・。

またリリーフでは、根本 太一(2年)右腕が登板。コンスタントに140キロ台後半の重い速球を、右打者外角にズバズバ決めて来る。変化球はスライダーとのコンビネーションで単調だが、それでも来年の有力な上位候補なのは揺らがない。秋以降、関東を代表するドラフト候補として大いに注目を浴びるだろう。現状は速球に頼った投球のためか、球威・球速の割に被安打が多い。的を絞らせない投球術を磨いたり、球種を増やすなど身につけることも多そうだ。

敦賀気比では、4番の 阪口 竜暉(3年)一塁手のスイングが際立っていた。高校通算20本塁打を超える長打力を持つが、一塁手ということもありドラフト候補としては厳しい印象。確かな打力はあるので、強打の敦賀気比においても頭ひとつ抜けた存在。プロを目指すのならば、やはり一塁以外のポジションも担えることが条件となる。走力も並な選手だけに、何処まで打撃以外の付加価値を上のステージで身につけられるかではないのだろうか。

野尻 幸輝(木更津総合3年)投手 178/78 右/左
根本 太一(木更津総合2年)投手 180/78 右/右

阪口 竜暉(敦賀気比3年)一塁 179/88 右/右

第二試合 折尾愛真 VS 日大三

日大三の 日置 航(3年)遊撃手は、対応力が高いうえに強烈な打球が持ち味の強打者。ショートとしても球際に強く、走力も兼ね備えた三拍子揃った好選手。リーダーシップ溢れるキャプテンで、今後もアマの王道を突き進んでゆきそうな存在。派手さはないのだが、仮にプロ志望届けを提出したら4位以降ぐらいで指名される力はあるのではないのだろうか。ただし意識も高い選手なのだが、不思議と高校からプロといった匂いはしてこない。

他にも日大三は、自分の叩き込めるツボを持っている4番・大塚 晃平(3年)右翼手の長打力。癖のないスイングに潜在能力の片鱗を感じさせる 佐藤 コビィ(3年)一塁手。高い対応力を秘めている 上野 隆成(3年)左翼手など能力の高い選手が揃っている。大学などで、一気に才能が爆発しても不思議ではない。

一方の折尾愛真も、野手にタレント揃い。中でも最もプロから注目されていたのが、松井 義弥(3年)三塁手の破格のパワーなのだとか。しかしステップが狭く前に体重が移ってゆかないスイングで、どうしても手打ちになってしまっている。スイングスピードもまだまだ鈍く、一定レベル以上の投手の球に対しては厳しいのではないかという気がした。三塁手としては動きは悪くなかっただけに、もっと鍛えればまだまだ上手くなれるだろうし、外野手として強肩を活かして存在感を示せるかもしれない。しかし現状では、プロでは厳しいのではないかという気がした。

同じ北福岡大会決勝戦で2本塁打を放った核弾頭・長野 匠馬(3年)左翼手は、バット振れる強さとアッパー気味のスイングがハマれば破格のホームランを放つことができる。しかしこちらも、対応力が粗くまだプロといった段階ではないような。また予選で6本塁打の 野元 涼(3年)一塁手も、スイングが鈍くこちらも一定レベル以上のキレのある球に対し木製バットではまだ苦しみそう。むしろ135~140キロ台前半を記録した、投手としての可能性の方が魅力を感じたぐらいだった。

そういったなかで目を惹いたのは、二遊間の 上地 龍聖(3年)二塁手と 斉藤 隼人(2年)の方。二人とも上記の3人ほど癖がなく対応力が高そうなのと、確かな守備力がある。それだけに上のレベルで活躍するとしたら、彼らの方ではないかと感じた。特に軽やかな守備に、試合ではレフトスタンドにもホームランを放った斉藤は、来年の福岡を代表する内野手に育ってゆくのではないのだろうか。

日置 航 (日大三3年)遊撃 176/77 右/右
大塚 晃平(日大三3年)右翼 181/78 右/右
佐藤コビィ(日大三3年)一塁 184/83 右/右
上野 隆成(日大三3年)左翼 180/81 右/右

松井 義弥(折尾愛真3年)三塁 191/88 右/左
長野 匠馬(折尾愛真3年)左翼 175/86 右/右
野元 涼 (折尾愛真3年)一塁 179/90 右/左
上地 龍聖(折尾愛真3年)二塁 173/77 右/右
斉藤 隼人(折尾愛真2年)遊撃 165/67 右/右

第三試合 羽黒 VS 奈良大付属

羽黒の先発・篠田 怜汰(2年)右腕は、スラッとした投手体型。球速は、130キロ台後半~MAX144キロで非常に回転の好いボールを投げ込んでくる有望株。緩いカーブ・スプリットなどを織り交ぜるが、中間球であるスライダーをもう少しうまく扱えるようになりたい。フォームにも癖がなく、制球にも大きな狂いはない。このまま順調に来夏までにレベルアップして行ければ、有力なドラフト指名候補と育って来るはず。秋以降、東北を代表する逸材として話題になるだろう。

一方の奈良大付属の先発・木村 光(3年)右腕も、オーソドックスなフォームから投げ込んでくる。球速はコンスタントに140キロ前後を刻んできて適度な勢いがあり、こちらは曲がりながら落ちるスライダーが大きな武器。さらに縦に沈む球などあるようだが、まだこれはモノにできていない印象。この投手は篠田とは対照的に、今後は緩急をつけたり、縦の変化をしっかり身につけて投球の幅を広げるのが課題ではないのだろうか。すでにある程度形ができている投手なので、大学などでも早い時期から実戦に入って行けるレベルに達している。関西の大学あたりで、スキルアップを図っていて欲しい。また野手としてのセンスもあり、打撃能力だけでなく相手の隙きを突く走塁など視野も広い。

野手では、羽黒の4番・竹内 大貴(3年)二塁手のパンチの効いた強打。県大会でも目立っていた選手で、セカンドができるのも大きい。大学などでも、充分続けて行ける高い資質を秘めている。また奈良大付属では、1番の 宮川 寛志(3年)右翼手が、ホームランを放つなど鋭い当たりを連発していた。兄の哲は、上武大時代にドラフト候補として注目され東芝で活躍している血筋。大学などに進んでも、追いかけてみたい才能の二人だった。

残念だったのは、山形県大会でエースナンバーを背負い140キロ台後半を連発していた 佐藤 幸弥(3年)右腕が最後まで登板なく終わったところ。特にリリーフで甲子園のスピードガンならば、150キロをも期待できただけに惜しかった。高校からプロとなると厳しいとは思うが、大学や社会人でもその球速が話題になることがありそうだ。

篠田 怜汰(羽黒2年)投手 178/70 右/右
竹内 大貴(羽黒3年)二塁 177/80 右/左
佐藤 幸弥(羽黒3年)投手 175/77 右/左

木村 光 (奈良大付3年)投手 172/67 右/左
宮川 寛志(奈良大附3年)右翼 177/70 右/左

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

2018年夏 甲子園5日目レポート・後編

第三試合 創志学園 VS 創成館

創成館の先発・川原 陸(3年)左腕は、U-18日本代表候補のドラフト候補。185/84 の雄大な体格を活かしたフォームから、135キロ前後の速球とスライダーを中心にピッチングを組み立ててくる。神宮大会では大阪桐蔭を破り、選抜でもベスト8。そんな経験豊富な彼でも、甲子園初戦は特別でピリッとしない内容だった。

元々相手を押し切れるほどの速球に勢いがなく、それでいて相手を仕留め来るほどの変化球がない。ピンチになればなるほどギアを上げて力を発揮する精神力の強さが持ち味だが、この試合では踏ん張りが効かず甘い球を打たれてしまった。大崩しないゲームメイクできる投手との印象を受けるが、本格的に投手に転向して日が浅いのだという。そういった思いどうりに投げられなかったときに、どう対応すべきかの引き出しがまだ少なかったのかもしれない。

それでもまだまだ秘めたる能力があるとプロ側からも評価されており、志望届けを提出すれば4位以降にはなってしまうかもしれないが、本会議中に指名される可能性は高いのではないかとみている。大学などで才能を磨くのもよし、プロ志向が高いのであれば提出するのもよしといったタイプだろうか。うまく引き出しを増やすことができれば、プロでもローテーション投手にまで育つかもしれない。

一方の創志学園の先発・西 純矢(2年)右腕も、下級生ながらU-18の日本代表候補に選出されている逸材。コンスタントに145キロ前後~MAX149キロを記録する球速や、マウンドで吠える気合の入った投球が注目されがち。しかしストレートを低めに集めたり、内角を厳しく突いたりとコントロール・活かし方も実戦的。特に低めに切れ込むスライダーのキレは一級品で、この球を見極めるのは高校では困難。またこのスライダーを、右打者だけでなく左打者の膝下に投げる技術を持っている。球速はでるがスケール型というよりは、総合力やパッとマウンドを外せるような野球センスが光るタイプ。来夏までにさらに凄みを増して行けるのか注目されるが、このまま順調にゆけば上位指名でのプロ入りは揺らがない。

打者では、創成館の核弾頭・峯 圭汰(3年)中堅手の思いっきりの良さが光った。走塁でも、相手の隙きを突く次の塁を狙うアグレッシブなプレーヤー。また4番の 杉原 健介(3年)三塁手は、鋭い打球を放つ強打者。それでいて三塁手としての動きも好いなど、攻守にバランスがとれていた。ともに、大学などで野球を続けて行ける選手だろう。

創志学園では、岡山県大会で5本塁打を放った 金山 昌平(3年)一塁手の存在感が光る。けして荒削りな一発屋ではなく、対応力もありレフト方向へも打ち返す技術も兼ね備えている。高校からプロとまではゆかないだろうが、社会人でもやって行けそうな力の持ち主だった。さらに背番号6を付けながらレフトを守る、中山 瞬(3年)左翼手あたりも、振りの良さが目立ち秘めたるポテンシャルは高いのではないかという印象を受けた。大学などで、才能が開花することを楽しみにしたい。

川原 陸 (創成館3年)投手 185/84 左/左
峯  圭汰(創成館3年)中堅 171/70 右/右
杉原 健介(創成館3年)三塁 165/82 右/左

西  鉄矢(創志学園2年)投手 184/79 右/右
金山 昌平(創志学園3年)一塁 182/83 右/左
中山 瞬 (創志学園3年)左翼 180/82 右/右

第四試合 興南 VS 土浦日大

土浦日大の先発・富田 卓(3年)右腕は、183/82 と骨太の体格になり昨年から大幅にパワーアップ。それでも球速は135キロ前後と平凡で、むしろフォークボール並に縦に落ちるスライダーと左打者にはツーシーム・チェンジアップ系の小さく沈む球に特徴がある。変化球がよく、コントロールにも大きな乱れはない。それだけに、大学などでストレートにさらなる磨きがかかればという期待は抱きたくなる。この一年で9キロの球速を伸ばしたように、弛まる努力を続けることで何処まで資質を膨らませられるのか人の可能性を目撃したい。

興南では、2番手でノーアウト満塁から登板した 宮城 大弥(2年)左腕の投球に尽きる。左腕からコンスタントに140キロ前後を記録する速球を、右打者内角の厳しいところに投げ込んでくる。速球に勢いがあるだけでなく、低めで変化するスライダーでも空振りが誘える。特に左投手のスピード表示の厳しい甲子園で、MAX143キロを記録した能力は確か。元々マウンドさばきが好い投手だけに、秋以降九州地区を代表するサウスポーとしてクローズアップされそうだ。当然来年のドラフト候補として、マークされる一人になるだろう。

打者では左サイドの藤木球筋に苦しんだものの、土浦日大4番の 井上 莞嗣(3年)三塁手のパワフルな打撃には今後も注目。少々脆いところがあるのと、サードの守備の動きの悪さは気になる材料。大学などで、そのへんを改善してゆければ資質は高い。興南では1年生ながらスタメンを張っていた・西里  颯 (1年)三塁手が、上本博紀(阪神)ばりの不思議な嗅覚を持っていそうな選手で、今後どうなってゆくのか見守ってゆきたい。

富田 卓 (土浦日大3年)投手 183/82 右/右
井上 莞嗣(土浦日大3年)三塁 188/92 右/左

宮城 大弥(興南2年)投手 173/70 左/左
西里 颯 (興南1年)三塁 176/68 右/右

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.