fc2ブログ

神奈川リーグと北陸リーグレポート

本日は観戦にゆく予定だったのですが、体調がイマイチだったので無理せずに静養していました。観戦予定の試合は、一応ネット中継もあったので、それをみての簡単感想でもと。

横浜商科大の先発は、飯田 琉斗(向上出身・4年)右腕。全く知らない投手だったのですが、高3の夏に素晴らしいボールを投げていて、知り合いのスカウトに思わず紹介したような選手でした。商大に進んでから150キロ台の球速で話題になるも、そのボールの割に結果を残せずに殻を敗れないまま来た印象があります。

先発だと球速は140キロ前半ぐらいなのですが、要所では145~後半出せるスピード能力があります(この日の最速は149キロ)。むしろ今日などは、130キロ台後半のカットボールやツーシーム気味の球でカウントを整えられていたのは収穫なのでは? 他にも曲がりの大きなスライダーやフォークなどがあるも、それらのボールにはあまり打者が手を出してくれませんでした。ボールが見やすいのか? 球速ほど打者が苦にしなかったり、ボールになる球が見極められてしまう点は気になります。また細かい制球力はないので、余計な四球を出したり要所で甘くなったりするので、なかなか勝ちきれない感じがします。現状は、短いイニングで粗い部分を勢いで補う方が好いのではないかと感じます。ただし、志望届を提出した場合、下位~育成 あたりの評価になるのではないのでしょうか。粗さは感じましたが、この微妙に動かす小さな変化に、明るい兆しが見えたのは収穫でした。

桐蔭横浜大は、最終回に 菊地 大稀(佐渡高出身・4年)右腕が登場。佐渡高時代から話題の投手で、大学選手権でも緒戦の先発を任された存在。186/90 の恵まれた体格の選手で、1イニングということもあり140キロ台後半(MAX148キロ)を記録。変化球は、130キロ台のカットボールしか確認できませんでしので、別の試合で詳細を詰めて行きたいところ。飯田ほどボールに迫力は感じられませんが、その分まとまりはあるように思えます。こちらもプロ志望だということで、現状は育成であるかないかぐらいだと思いますが、何試合か観て能力を見極めて行きたいところです。むしろ彼は、リリーフよりもゲームメイクする先発タイプかもしれません。

第二試合に登場した 梶原 昂希(神奈川大4年)中堅手が、4安打と大暴れ。大分雄城台時代から、「ギータ(柳田悠岐)二世」と注目されてきた大型外野手です。ギータ(ソフトバンク)のようにフルスイングしてスタンドインにというよりも、広角に打ち分けて野手の間を抜けてゆく、二塁打・三塁打が多いタイプの強打者ではないかと。脚力も確かにあるのですが、一塁までの塁間(4.1秒前後と平凡)が速いというよりも、大型故に二塁打・三塁打などで長いストライドを活かし加速するタイプ。そのため、盗塁をバシバシ決められるのか?と言われると疑問は残ります。守備もまずまずの強肩ですし、守り自体も下手ではないように思えます。この選手、好いときは良いのですが、悪いときは全然なので、長い目で観て判断したいところではあります。今日は上手くボールを呼び込めて打てていたので良かったのですが、相手の投手レベルが上がったときにも、こういったタイミングで打てるのかどうか? 良く言えば三拍子バランスの取れた選手なのですが、悪く言えばプロレベルで売りにできるものは何なのかは掴みずらいものがあります。スケールを秘めてそうな素材が、プロで才能が爆発することを期待しての指名となりそうで、個人的には 中位~下位 ぐらいになるのではないかと観ています。この選手も、他の試合も観て正確なところを掴んで行けたらという気がしました。ただし、今日の活躍で、指名をかなり手繰り寄せた感はあります。

また北陸大学野球連盟の中継も、バックネット裏から行われていました。この日は、注目の 松井 友飛(金沢学院大4年)右腕が先発。189/85 の大型右腕で、2年生のときに神宮大会で投げていた投手です。その時は140キロ台前半ぐらいだったのですが、今日はコンスタントに140キロ台中盤~後半ぐらいは出ていそうな勢いのある球を投げていました。

かなり良くなっていると訊いておりましたし、大学JAPANの代表合宿に呼ばれるほどの逸材。足を振り子のように使い反動を付けて、投げ終わったあとバランスを崩すようなフォームです。それでも思ったほど制球に乱れはなく、富山大相手に完封勝ち。変化球はスライダー中心で、少々絶対的な球がないのかな?といった感じで、そのへんはまだ発展途上の感じはしました。真っ直ぐも全体的に真ん中~高めのゾーンに集まりやすく、空振りよりも詰まらせたり見逃し三振でアウトを取る感じには見えます。ただし、前出の飯田あたりと比べると、合わされやすさよりも打ち難さを感じさせる組みずらいタイプであり、ドラフトでも中位ぐらいは期待できるようなロマン溢れる素材だといった気がします。上位指名もありうるのか? 今後の試合も確認して判断して行きたいところ。この選手は、本会議での指名は確実なレベルではないのでしょうか。

飯田 琉斗(横浜商科大4年)投手 187/96 右/右
菊地 大稀(桐蔭横浜大4年)投手 185/80 右/右 
梶原 昂希(神奈川大学4年)中堅 188/83 右/左
松井 友飛(金沢学院大4年)投手 189/85 右/右

スポンサーサイト



テーマ : アマチュア野球観戦(独立リーグ含む!)
ジャンル : スポーツ

2021年夏 甲子園レポート12


大会8日目・第一試合 弘前学院聖愛 VS 石見智翠館

石見智翠館の先発・山崎 琢磨(3年)右腕は、球速こそ130キロ台後半~140キロ前半と平凡。それでもボールには力があり、スライダーとのコンビネーションでピッチングを組み立ててくる。立ち上がりを中心に球筋が高く、そこを狙い打たれた形。しかし、追い込んでからのスプリットの落差は見事で、今後真っ直ぐの球速・キレを磨いて行ければ、こういった球も活きそうだ。体格にも恵まれ将来性を秘めている素材だと思うが、高卒プロとなるとパンチが弱い。プロ志望だとも聞くが、スカウト的にはワンクッション置いてからのプロ入りを判断したいと考えるのではないのだろうか? また懐の深いバッティングにも、将来性を感じさせる素材だった。

また野手では、1番の 関山 和(3年)二塁手の、バットコントロールに優れたバッティングは目を惹いた。一塁までの塁間は、左打席から4.1秒と平均的だったが、セカンドの動きも悪くなかった。また4番の 上 翔曳(2年)捕手も、パワフルなバッティングの持ち主。二塁までの送球が2.1秒前後と平凡だったが、走者の滑りこむところに、ドンピシャにしてアウトにしていた。 大型捕手だけに、フットワークや各動作のキレに物足りなさはあるが、来年に向けてさらなる成長を待ちたいところ。

一方の、弘前学院聖愛の先発 葛西 倖生(2年)右腕は、低め膝下に集められる制球力が魅力。球速はまだ135~140キロぐらいだが、球速以上に威力が感じられる。またスライダーやツーシームを低めに集めたピッチングで、ゴロを打たせるのが持ち味。派手さはないが確かな実戦力の持ち主で、新チームで対戦するのには攻略が難しい投手だろう。すでに140キロに到達するなど、今後も更に出力を高めて行ければ、大学など上のステージでの活躍も期待できる存在になってゆくのではないのだろうか。

山崎 琢磨(石見智翠館3年)投手 185/92 右/左
関山 和 (石見智翠館3年)二塁 174/72 右/左
上 翔曳 (石見智翠館2年)捕手 182/91 右/右

葛西 倖生(弘前学院聖愛2年)投手 171/75 右/右

浦和学院と智弁和歌山

大会最後の登場になった浦和学院と、緒戦不戦勝になった智弁和歌山の選手たちについて、最後は触れて行きます。今年の浦和学院は、吉田 瑞樹(3年)捕手のチームといった感じ。視野の広い選手で、常にグランドの状況に目がゆくタイプ。走者に対しても、再三鋭い送球で牽制していた。その割に、二塁送球のときのボールが弱かったのは打者との関係で投げ難かったのだろうか? いずれにしてもフットワーク・インサイドワークなどに優れ好捕手。あとは、左打者流れてゆく変化球のキャッチングなどを磨いて欲しい。また、打者としても4番を任され長打を連発。甘い球ならば外野オーバーできるパンチ力に、内角を上手くさばいていた。ドラフト戦線的には話題にはなっていなかったが、強豪大学などでも活躍して行けそうな選手で、二塁到達8秒台前半など、脚力も感じさせる選手だった。

吉田 瑞樹(浦和学院3年)捕手 177/82 右/右

智弁和歌山のエース・中西 聖輝(3年)右腕は、182/91 でややもっさりした体型。それでもテンポの好い投球を心がけ、ストライクゾーンにポンポンと投げ込んでくる。普段の球速は140キロ前後と驚くような球ではないが、要所では140キロ台中盤を投げ込めるスピード能力がある。スライダーやチェンジアップなどもあり、ストラクゾーンの枠の中では勝負して来るタイプ。できれば、ボールゾーンにも外れてゆく変化球を今後は修得してゆきたい。まとまりと馬力のある選手だが、個人的にはあまり高校からプロに入るという匂いは伝わって来ない。果たしてこういった選手が志望届を提出した場合、プロ側はどのような判断をするのだろうか? 

野手では、一番の 宮坂 厚希(3年)中堅手の、対応力の高い打撃が目立つ。バットコントロールの巧みと鋭さを持った選手で、打撃能力はかなり高い。またセーフティバント気味ではあったが、一塁までの到達タイムが 3.85秒前後とかなりの俊足であることも証明。一学年上の 細川 凌平(日ハム)を彷彿させる三拍子揃った選手だが、こちらは有力大学などに進んでゆくタイプだろうか? 強烈なキャプテンシーも感じさせる選手で、選抜出場を逃した同校を、夏の優勝チームまで引き上げた。

また一年夏から4番を務めてきた 徳丸 天晴(3年)右翼手も、4番の重責を似ない続けた。センターから右方向に合わせるのが上手いのだが、逆にときには強引に引っ張って一発が打てるだぞという怖さを魅せて欲しいところ。持っている能力は素晴らしいのだが、どうも結果を求めていって、こちらが期待するレベルにまでは到達しないまま3年間を終えてしまった気がする。こちらは春から社会人入りの話を訊いており、社会人で殻を破って頂きたいものだ。

3人とも志望届を提出すれば、何かしらの形で指名されそうなぐらいの力はあるが、不思議と高校からプロといった匂いはして来ない選手たちだった。

中西 聖輝(智弁和歌山3年)投手 182/91 右/右
宮坂 厚希(智弁和歌山3年)中堅 178/76 右/左
徳丸 天晴(智弁和歌山3年)右翼 185/88 右/右

テーマ : アマチュア野球観戦(独立リーグ含む!)
ジャンル : スポーツ

2021年夏 甲子園レポート11


大会7日目・第三試合 樟南 VS 三重

樟南の先発・西田 恒河(3年)左腕は、球速こそ120キロ台後半~130キロ台中盤と、球威・球速こそ物足りなかったものの、鹿児島大会同様に安定したピッチングを魅せていた。変化球は、カーブ・スライダー・チェンジアップとあり、コンビネーションで討ち取って来る。非常に制球力・マウンドセンスの良い選手で、素直に上のレベルでストレートを磨くことができたら、プロをも視野に入れられるようになるかもしれない。高校の先輩である 浜屋 将太(西武)左腕も、高校時代はこんな感じだったので。むしろ安定感という意味では、その先輩以上ではないのだろうか。これからも、気に留めてゆきたい実戦派サウスポー。

三重の先発・上山 颯太(2年)右腕も、中々の好投手だった。けしてスケール感溢れるフォームではないのだが、135~140キロ級のボールは実に勢いと球威がありグッと来る感じの球質。変化球も、カーブ・スライダー・チェンジアップと一通りあり、フォークも狙って落とせる精度がある。コントロール・マウンドさばきも安定しており、秋季大会では中々容易には捉えられない存在になるのではないのだろうか。あまりドラフト候補の匂いはしてこないが、高いレベルで野球を続けて行けそうな素材だった。

両先発の投球が素晴らしく、野手は充分にアピールできずに終わってしまった。

西田 恒河(樟南3年)投手 175/76 左/左

上山 颯太(三重2年)投手 174/61 右/左


大会7日目・第四試合 日本文理 VS 敦賀気比

日本文理の先発・田中 晴也(2年)右腕は、骨太の体格のからゆったりしたフォームで投げ込む大器。球速も初回から147キロを記録するなど、来年の上位候補とマークできる素材。変化球もスライダーを中心に、カーブ・フォークなど織り交ぜ、時には内角を厳しく突いたりもする。あとはもう少し「間」だとか、フォームの粘りなどが出てくると良いが、秋以降に投球を奥行きを出せるかに懸かっている。


また6番を打っていた 玉木 聖大(2年)右翼手は、左中間スタンドに見事に本塁打。その後も、2本のヒットをセンター方向に打ち返した。186/90 の堂々とした体格で、長距離砲の可能性を感じさせる素材。大型でも脆さが感じられないところと、右翼手としての動きも悪くなかった。秋以降、北信越を代表する強打者として話題を集めそうだ。

一方の敦賀気比は、3年生が目立った。3番の 大島 正樹(3年)中堅手は、脚力に優れセンターからの返球で捕殺したりと俊足・好守の外野手。打球も鋭く、大学あたりでもやって行けそうな好選手だった。またプロ志望届を提出した旨を発表した 前川 誠太(3年)遊撃手も、ノーステップで深いところからアウトできる強肩ぶりを披露。打力も2安打を放つなどそれなりのところを魅せたが、球際での守備という意味で少々物足りなさも残った。178/68 と均整の取れた体格で鍛えがいのありそうな素材だが、当日指名があるのか気にしてみたい。

田中 晴也(日本文理2年)投手 185/82 右/左
玉木 聖大(日本文理2年)右翼 186/90 右/右

大島 正樹(敦賀気比3年)中堅 174/73 左/左
前川 誠太(敦賀気比3年)遊撃 178/68 右/右

テーマ : アマチュア野球観戦(独立リーグ含む!)
ジャンル : スポーツ

2021年夏 甲子園レポート10


大会7日目・第一試合 近江 VS 日大東北

近江の先発は、背番号8をつけた 山田 陽翔(2年)右腕。130キロ台後半~140キロ台中盤の速球を投げ込み、縦横2種類のスライダーに、フォークなどを織り交ぜてくる。2年生としては140キロ台を連発できるスピード能力はあるものの、野手をやっていることも多くボールの質やフォームのみやすさといった部分では課題を残す。それでも左打者内角に切れ込む縦スラの威力は一級品で、この部分では非凡なものを持っている。打者としては、甘い球を思い切って引っ叩くことができる潔いバッティングは見事。守備や走力がどの程度にもよるが、見ている限りは今のところ野手的なマインドの選手なのかなといった印象は受けた。それほど身体は大きくないが、秋以降関西でも中心的な役割を果たして行ける一人だろう。

山田のあとに登板したエースナンバーの 岩佐 直哉(3年)右腕は、コンスタントに140キロ~MAX146キロに到達。球威さほどではないが、ボールの勢いは悪くなかった。彼も縦・横2種類のスライダーに威力があり、左打者にスライダーで厳し突いてくる。高校からプロとなるとまだ物足りないが、大学経由でしっかりしたものを身につければ、4年後はプロの可能性も秘めていそうだ。

近江では、5番の 新野 翔太(3年)一塁手は、パワフルかつ柔らかいバッティングが光る。また捕手ながら長打力がある 島滝 悠真(3年)捕手も打撃で目立っていた。捕手としても身体を小さく屈め、投手に配慮する丁寧なプレーが光る。送球は2.1秒ぐらいで平凡でフットワーク等含めたキャッチングは並だったが。打撃と捕手適正は悪くない選手だった。

日大東北は、突出したタレントのいないチーム。それで急遽登板した 堀米 涼太(1年)左腕は、125キロぐらいと球威・球速は平凡だったものの、野球センスに優れた好選手。投球がしっかり組み立てられる投球術・制球力があり、フィールディングの反応も良かった。また 奈須 優翔(2年)捕手も、捕ってから型がしっかりした1.9秒台前半の速球は、ランナーが滑りこんでくるところにしっかりとコントロール。打撃でもチームの5番を放ちヒットを放っていた。このバッテリーは、秋季大会でチームを引っ張ってゆくことになりそうだ。

山田 陽翔(近江2年)投手 174/75 右/右
岩佐 直哉(近江3年)投手 180/83 右/右
新野 翔太(近江3年)一塁 180/85 左/左
島滝 悠真(近江3年)捕手 175/79 右/右

堀米 涼太(日大東北1年)投手 170/72 左/左
奈須 優翔(日大東北2年)捕手 176/66 右/左

大会7日目・第二試合 西日本短大付 VS 二松学舎大付

二松学舎大付属の先発・秋山 正雲(3年)左腕は、135~140キロ台前半と驚くほどのものはなかったが、カーブ・スライダー・チェンジアップを駆使して、メリハリのある投球を披露した。要所では140キロ台連発して140キロ台中盤まで出せる能力の持ち主で、右打者内角をクロスで強気に攻めたり両サイドで揺さぶって来るタイプ。制球力・マウンドさばきも良く、観ていて安心して見ていられるタイプ。170センチそこそこの体格からも上位指名とはゆかないまでも、左腕であることを考えれば充分に4位前後ぐらいの指名があっても不思議ではないのではないのだろうか。先輩の 大江 竜聖 (巨人)の高校時代に比べると、大江の方が力投派でガンガン来るイメージだったが、総合力いう意味では秋山の方が上ではないのだろうか。

西日本短大付属の先発・大嶋 柊(3年)右腕は、135~140キロぐらいと平凡な球速も、球威があってそれ以上に感じさせる。カスライダーやチェンジアップを低めに集めて痛打を浴びにくい投球ができ、ときに内角を厳しく突くコントロールもある。こちらは高校からプロといったほどではないが、ピッチングのできる投手にだけに大学などでの活躍・成長が待たれるタイプだろう。さらに大学で総合力に磨きがかかれば、卒業する頃にはドラフト候補として注目される存在になっているかもしれない。

また野手では、プロ注目の 林 直樹(西日本短大付3年)遊撃手だったが、低めのチェンジアップを上手く拾ってレフト前にヒットした。しかし、アピールといったほどではなかったのと、腰高で危なっかしい遊撃守備もあり、高校からプロとなると物足りない印象が残った。県大会でも何試合かみたが、大学などで力を付けてからでも遅くはないのではないのだろうか。地肩は結構強いので、サードあたりが合っているのかもしれない。

秋山 正雲(二松学舎大付3年)投手 170/75 左/左

大嶋 柊(西日本短大付3年)投手 177/76 右/右
林 直樹(西日本短大付3年)遊撃 182/82 右/右

テーマ : アマチュア野球観戦(独立リーグ含む!)
ジャンル : スポーツ

2021年夏 甲子園レポート9


大会6日目第三試合 京都国際 VS 前橋育英

京都国際の先発・森下 瑠大(2年)左腕は、135キロ~140キロぐらいと驚くような球威・球速はなかったものの、ストライク先行で常に有利な状況でピッチングができていた。変化球もスライダー・カットボール・カーブ・チェンジアップなどを巧みに織り交ぜ、相手に的を絞らせない。来年のドラフト候補というよりも、センスの勝った実戦派といった感じで、有力大学などに進んでゆくタイプに見えた。今後力をつけてモデルチェンジに成功すれば、ドラフト候補云々ということにもなってくるかもしれないが。

その巧みな投球を支えたのが、中川 勇斗(3年)捕手のテンポの良いインサイドワーク。フットワークも機敏で、キャッチングもフレーミングを意識し研究熱心なところを見せる。ワンバウンド処理などにまだ課題は残すが、再三塁上のランナーに送球をするなど、相手の足を封じる努力も怠らない。打っても小柄ながら4番を担い本塁打を放ったり盗塁を決めたりと、運動神経の高さを見せつけた。野球マニアがプレーをしているような感じの選手だったが、一躍ドラフト候補に浮上してきたのではないのだろうか。下位~育成ならば、チームに加えてみたいと思った球団やスカウトいても不思議ではない。

その中川の巧みなリードの前に力を封じられた形になったのが、前橋育英の4番・ 皆川 岳飛(3年)中堅手。当たった時の飛距離は圧巻だったが、県大会後半からレベルの高い投手だとどうなのかな?と思ってみていた。今回、そういった不安が当たってしまった形だろうか? 強打者の割に守備・肩なども悪くない選手だったが、一塁までの到達タイムは左打席から4.2秒前後と平凡なのはは気になった。進学が噂されており、大学で文句なしの実績を残し、4年後の上位を狙って欲しい存在だった。

また、前橋育英の核弾頭・横倉 拓実(2年)左翼手の脚力が光った。一塁までの塁間を、多少は走り打ちの気はするが、3.75秒前後で走る脚力はプロに混ぜても最上位クラス。その横倉に盗塁を許さなかった中川の警戒感がより光る形になってしまった。バットコントロールは良かったので、あとはスイングに鋭さ・強さを磨いてほしい。まだ2年生だけに、今後の注視してゆきたい。

森下 瑠大(京都国際2年)投手 178/73 左/左
中川 勇斗(京都国際3年)捕手 170/70 右/右

皆川 岳飛(前橋育英3年)中堅 181/79 右/左
横倉 拓実(前橋育英2年)左翼 166/64 右/左

大会6日目・第四試合 作新学院 VS 高松商

2年生ながらすでに高校通算30本塁打を誇る 浅野 翔吾(2年)右翼手は、実に堂々とした打席での佇まい。170センチと上背はないが、ガッチリした体格で右方向にもきっちり打ち返したかと思えば、うまくたたんで引っ張ってのヒットを放つなど、四国随一の打者と評される片鱗を見せてくれた。肩こそ平凡だったが、落下点までの入りなども思った以上に守備がしっかりしていたことは収穫だった。秋以降、四国で最も熱い視線を浴びる存在になるだろう。

作新学院では、県大会で3打席に終わったものの、この試合では4番に座った 小口 莉央(3年)一塁手の打撃が目立った。大型でも対応力が高く、右に左にセンターへと3安打を放った。バットが振れる選手で、長打力もありそう。守備位置が一塁なのは気になるが、こと打撃に関しては大学生級といったスイングだった。ぜひ今後も、野球を続けていって欲しい一人だ。

浅野 翔吾(高松商2年)右翼 170/83 右/右

小口 莉央(作新学院3年)一塁 183/90 右/右

テーマ : アマチュア野球観戦(独立リーグ含む!)
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード