fc2ブログ

15,16 4月8日(金) 東京都春季大会2

今日は、池袋で打ち合わせがあり、その帰りに神宮第二によって、少し東京の春季大会を観て参りました。格別お目当ての選手がいたわけではないのですが、リストに名前があがっている選手も何人かいたので、どんなものだが観てきました。

神宮第二球場第一試合 国士舘 VS 日大二

試合会場に着いた時は、7回ぐらいだったかと思います。しかしこの試合、延長14回まで進み、結局一試合分近く観たことになります。とっても取り返しのシーソーゲームで、ようやく延長14回にサヨナラホームランが出て、国士舘が勝ちました。

日大二の先発は、竹内 亮(3年)投手。175センチの中背の右腕であり、常時125キロ前後・MAXで80マイル(128キロ)ぐらいのストレートと、スライダーとのコンビネーションで投げ込むオーソドックスな右腕でした。リストに名前はあがっておりますが、ドラフト候補云々と言う投手ではなく、高校生レベルの好投手といった、適度にまとまっている投手でした。

国士舘は、すでに私が会場入りした時には、エースの遠藤 尚樹(3年)は降板しており、本村 圭吾(2年)投手に代わっておりました。177/67のサイズだと記載しておりますが、ストレートでグイグイ押して来るピッチングスタイル。常時130~MAX85マイル(136キロ)を記録し、ストレートに力があります。気持ちで投げる力投派で、この投手の気迫溢れる投球が、同点に追いつき逆転への大きな原動力になったと言えると思います。順調に伸びれば、来年には140キロ台も期待できそうな投手だけに、秋以降は注目してみても良さそうです。あとは、速球以外の部分を、いかに磨いて行けるかではないのでしょうか。

野手では、国士舘の核弾頭・川内 翔太(3年)三塁手と言う、右の大型内野手が、抜けた打撃を魅せておりました。パンチ力もあり、打球も強烈ですね。次回機会があれば、どのぐらいのレベルにあるのか見極めてみたいと思わせる強打者。また背番号8をつけながらマスクを被っていた、岡 雄大(3年)も、存在感のある強打者です。国士舘は、この2人の打者が特に目立ちます。

また日大二では下位打線ながら、西川 尚輝(3年)遊撃手が、目立っていました。186の大型内野手ですが、遊撃守備も悪くないですし、打撃でもパンチの効いたところを魅せてくれました。彼が2年生だったら面白いなと思ってみていたのですが、残念ながら3年生でした。夏に向けて、どんなプレーを魅せてくれるのか気になるところです。


神宮第二球場第二試合 修徳 VS 東海大高輪台

修徳は、昨年も生で観ているチームなので、下級生達の成長も気になるところでした。そんななか修徳の高橋 史典(3年)投手は、テイクバックは小さめでスケールはないのですが、常時135キロ前後ぐらい(MAX86マイル・137.6キロ)のストレート中心に、テンポの好い投球が目立つ好投手。特にこれはと言う特徴はありませんが、よくまとまっている名門のエースと言った感じで、大学でも野球を続けて行ける素材。

東海大高輪台の先発は、谷 昴輝(3年)左腕。こちらは、右打者外角にボールを集める球筋が好い左腕投手。少し腕が外回りまわるフォームが気になり、球速も125キロ前後ぐらいで、際だつ特徴はありません。

打者では、野球小僧に名前のあった鳥海 翔平(修徳 3年)選手は、7番・一塁手として出場。また池田 拓也(3年)中堅手は、2番打者で、中堅守備が安定している印象はありましたが、それほど2人とも目立つ役回りではありませんでした。そんななか、捕手の大友 竜義(3年)は、塁間1.93秒でスローイングできるなど、まずまずの強肩捕手。打順は六番ですが、このチームでは目立つ好選手。

東海大高輪台では、浅川 慎介(3年)捕手が、4番も務めていて存在感のある選手ですが、スローイングイマイチで物足ませんでした。

試合の方は、修徳が勝ったそうで、このチームは関東大会まで駒を進めるかもしれませんね。第一試合が長引き、寒さで身体が冷え(温かいと言うので軽装だったのが失敗でした)、集中力も欠いてきたので、両チームを一巡見て、球場をあとにしました。ただ言えることは、大学などで野球を続けて行けそうな選手はおりましたが、ドラフト云々と言う選手はいないと言うことはわかりました。

今日観た修徳・国士舘あたりは、もし関東大会に進んで、また観られる機会があったら、もう少し細かく観てみたいと思います。それほど大きな収穫はありませんでしたが、リストに掲載されている多くの選手を、とりあえず観られて好かったです。

スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード