FC2ブログ

伊藤 拓郎(東東京・帝京) 野手寸評!

伊藤 拓郎(東東京・帝京)投手&一塁 185/81 右/右





         「なんだかとても脆く見えますが・・・」





横浜が9位で指名した 伊藤 拓郎 を 横浜は野手としても高く評価していたと言う。私自身彼を野手として観たことがなかったのだが、今回は改めて見なおしてみた。今回は、野手 伊藤 拓郎 を考えてみたい。

(守備・走塁面)

投げない時のポジションは、ファースト。ただ急造一塁手としていった感じで、キャッチングもぎこちなく、危なっかしい。また細かいポジションニングなども、上手く理解していないようだった。ただ慣れていないだけと言うよりは、根本的に一塁手としての適正が高いようには見えない。球団としては140キロ台を連発できる強肩も生かして、外野手として考えているようだ。

一塁までの塁間を、4.5秒前後で到達。これを左打者に換算すると、4.2秒に相当しプロの基準レベル。その動作を見ていると、あまり動けるタイプには見えないがタイムは悪くない。実際にこの夏の東東京予選の8試合で、投手ながら5盗塁を決めている。ただ上のレベルで、足を売りにするほどではないように思える。

まあ守備のセンスは疑問だが、走力・地肩の身体能力は、左翼ならば問題ないだろう。

(打撃内容)

この夏の東東京大会では、8試合で 1本 8打点 打率.440厘 を残し三番打者として活躍。確かにあの体だから、ボールをしっかり捉えれば飛んで行く。しかし柔軟性に欠け、非常に脆い印象は否めない。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢などもよく、全体にバランスが取れている。ただ構え全体が固く、柔軟性に欠けるの印象は否めない。もう少しリラックスして、自分のリズムなども刻みたいところ。

<仕掛け> 遅めの仕掛け

投手の重心が下がりきって、前に移動する段階で始動する「遅めの仕掛け」を採用。この仕掛けは、長距離打者が採用する仕掛けとなる。またこの選手は、右に左にセンターへと、どの方向にも打球を飛ばせる。

<足の運び> ☆☆☆

ボールをよ~く引きつけてから、足を軽く上げて始動する。始動~着地までの「間」は短いので、打てるポイントは限られる。あらかじめ狙いを定め、その球を逃さず叩く「鋭さ」が求められる。

引き上げた足は、ベース側に踏み込むインステップを採用。外角の球を強く意識したスタイルで、外の球を強く叩くことができる。インパクトの際にも足元がブレないので、右方向にもしっかりはじき返すことができる。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」は、遅れずに作れている。ただ「トップ」自体はあまり深くないし、しっかり「トップ」を作れているという感じではない。打撃の準備としては、少し中途半端なまま降りだしてくる。

スイングも少し遠回りを軌道しながら、バットの先端を下がらないにして、最後まで振り切る。そのためドアスイングというほど、大きなロスは感じられない。フォロースルーの段階でも、グリップを高く引き上げてボールを運ぶといったタイプではなく、最後までしっかり振りきって来るスイング。そのためボールが上に上がるよりも、強い打球で野手の間や頭の上を越すような当たりが多くなるのではないのだろうか。現時点では、スイングを見るかぎりは、長距離砲ではない。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げは静かなので、目線の動きは小さく安定。体の開きも我慢でき、軸足にも強さと安定感を感じる。柔軟性はないが、体軸の安定感は強く感じられる。

(打撃のまとめ)

体の強さと軸のしっかりした打撃は認めるが、柔軟性・ボールを捉えるセンス・ボールを見極める能力などに特別なものは感じられない。特に膝が硬いので、低めに投げておけば大丈夫との印象を強く受ける。

(今後は)

投手としてダメだったら、野手でもと言う感じの指名だろうか?しかし私には、野手としての素質はあまり感じない。まあ肩や足は悪くないのだが、この固さはかなり打者としては致命的なのではないのだろうか?それでも「仕掛け」と「軸足の強さ」からは、長距離打者の可能性は感じられる。あとは、フォロースルーなどを上手く使い、ボールを上手く運べるようになる、オーバーフェンスも増えてくるかもしれない。

またこの選手、性格的には野手というよりは投手タイプだと思う。野手のように攻撃的でガンガン行くというよりは、きめ細かく心根の優しい青年といった感じだからだ。

とにかくまずは、投手として育てて欲しい。ただ投手としてもある程度形ができている選手なので、2年ぐらいやってメドがつかなければ、野手へのコンバートもありかなとは思うのだが・・・。いずれにしても、投打共にかなり厳しいプロ生活が待っているだろう。心して、プロの世界に飛び込んで来てもらいたい。

(2011年・夏)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード