FC2ブログ

ヤクルト5位指名 中根 祐二(東北福祉大)投手

中根 祐二(東北福祉大)投手 183/81 右/右 (仙台育英出身)





               「若干復調気味」





春の大学選手権の時は、下級生の時のような勢いのある球が陰を潜めただけでなく、球の走り、コントロールもイマイチだった。その頃に比べるとこの秋のピッチングは、制球を重視して好転の兆しが見えつつあようだ。

(投球内容)

静かに足を軽くあげ、綺麗なフォームで投げ込んで来る正統派右腕。

球速 130キロ台後半~140キロ台前半

力んで速い球を投げようという意識が薄れ、コースを丹念に突く投球に意識が切り替わりました。力みがなくなった分、球速はありませんが空振りが取れる球質が復活しつつあります。打者のバットが、ボールの下をくぐる場面が目立ちます。ただこの日は、他の投手を神宮で見てきましたが、この球速だと生で見ていたら、かなり遅くは見えたのではないかというほどの球速表示ではありました。

変化球 スライダー・フォークなど

横滑りするスライダーとフォークのような縦の変化を魅せます。特に球種は増えていないのですが、春と違い上手くコンビネーションに馴染むようになってきました。それまであまりフォークで空振りが取れなかったのですが、その辺もだいぶ変わってきています。変化球が体の近くで曲がるようになり、キレも増しているのではないのでしょうか。

その他

牽制・クィック・フィールディングなどの技術に、特に課題は感じません。そういった技術は、名門で培われてきており、最上級生になるまでに高められてきています。

ただ気になったのは、外角中心にボールを集められる制球力は良かったのですが、ボールが真ん中~高めのゾーンに集中する点。同じ高めでも内角ならば良いのですが、外角はバットが伸ばしやすい位置にあり、捉えられれば長打に結びつきます。下級生の時のような勢いがあれば問題がないのですが、現状はちと怖いなあという印象は否めませんでした。

(投球のまとめ)

今日の試合を見るかぎり、だいぶ先発の投球も板についてきたのかと思います。球の勢いが薄れたのも、下級生の時はリリーフ中心で、力の限り投げていればよかったのが、先発に変わったからという見方もできます。ですから再びプロでリリーフを任されるようになれば、速球が蘇る可能性はあると思います。

結局先発すると、明らかにスケールが小さく見えるのは、彼の馬力・体格やフォームから感じられる威圧感などが、その程度の器しかないからだとも言えると思います。実際183センチという体格も、そのピッチングは170センチ台後半ぐらいの投手の投球にしか見えません。そういった意味では、プロでは更なるパワーアップ・スケールの向上に努めて欲しいものです。

(投球フォーム)

<広がる可能性>

春よりも、お尻がしっかり一塁側に落とすことができています。これにより見分けの難しいカーブや縦に鋭く落ちるフォークなどの習得が可能で、実際にキレが増してきました。ただ少し前に倒れ込むようなフォームなので、「着地」までの粘りは、あまり感じられません。この辺が、好い変化球を投げる上での、マイナスポイントにはなるのですが。

<ボールの支配>

グラブは内に最後まで抱えれているので、両コーナーへの投げ分けは安定。ただ足の甲での地面の押しつけが浅いので、ボールが上吊る傾向が見られます。「球持ち」は素晴らしいので、指先の感覚も良くなってきました。低めにボールを押し込めるようになれば、ピッチングの安定感も更に増すのではないのでしょうか。

<故障のリスク>

お尻を一塁側に落とせますし、それほど力投派でもないので肘のへの負担は少ないフォームです。それでもフォークを多投するので、アフターケアには充分注意してもらいたいもの。振り下ろす腕の角度にも無理はありませんので、肩への負担も少なそうです。

<実戦的な術>

「着地」までの粘りがないので、打者としてはタイミングが合わせやすいフォームではあります。ただ体の「開き」は平均的で、ボールの出所が見やすいというほどではありません。ただフォームとしては素直で、けして打ちにくいフォームではありません。

振り下ろした腕は体に絡んできますが、彼ならばもっと絡んできてもと思います。腕をもっと鋭く強く振れるようになるといいですね。足がガニ股になるように「体重移動」は、思いのほか上手く行っていません。彼の球の伸びは、下半身で作り出されると言うよりは「球持ち」の良さを生かしてバックスピンのかけかたが非凡なのでしょう。ただ伸びはあっても勢いを感じないのは、この下半身の使えないフォームにあります。

(投球フォームのまとめ)

春より、お尻が一塁側に落とせるようになって、変化球のキレが増しました。ただそれほど苦になるフォームではないので、コントロールを間違うと怖い側面があります。

「球持ち」は好いので、足の甲での押しつけができるようになれば、高めに集まる制球の改善に期待が持てます。重心が沈めば、もう少し上手く「体重移動」もできるようになり、ボールに上手く体重が乗せられるようになるのではないのでしょうか。もう少し実戦的なフォームをしているのかなと思えたのですが、それほどでもないことがわかりました。

(最後に)

春に比べると、制球力・変化球のキレに改善が見られました。また力みがなくなった分、ストレートの質も蘇りつつあります。ただ球速は、下半身の頃ほどの勢いには未だに戻っていません。そう考えると、このぐらいの順位は妥当であるように思えます。

気になるのは、年々レベルが下がってきた理由です。何処かを痛めていたのか?あまり向上心がないのか?自分を活かすセンスに欠けるのか?この秋は先発での適性を魅せましたが、やはりプロのローテーション投手としては、今の球威・球速では物足りません。プロで存在感を示すには、現状大学下級生時代のような勢いのある球を連発するリリーフであるように思えます。粗さが解消された今だからこそ、リリーフでも安定した投球が期待できます。あの頃の球の勢いが戻れば、一年目から活躍できると評価します。

ただここ2年ぐらい、そういった投球が見られていないのも事実。そう考えると、プロでどう転ぶかは微妙だと言わざる得ません。細かいことをやるほどのセンスやそれほど実戦的なフォームではないことを考えると尚更です。内容は好転しつつありますが、評価は春のまま据え置きとさせて頂きたいと思います。

(2011年・神宮大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード