FC2ブログ

大学選手権 東京ドーム2日目

この日は、前日中止になった 三重中京大VS大体大 の試合が第四試合にありましたが、すでに生観戦のレポートで報告済み。そのためここでは 第一試合~第三試合のレポートを行いたいと思います。

第一試合 旭川大 VS 東日本国際大

東日本国際大の先発・西川 和美(小高工業出身 4年)右腕は、ズシリと来る135~140キロ台前半のストレートに威力があり、横滑りするスライダーとのコンビネーションで、延長タイブレイクまで粘り強く投げ続けた。恐らく他球場ならば常時130キロ台後半~145キロぐらいは出ていそうで、ボールの威力は充分。球種に乏しい部分はあるが、社会人でもやって行けそうな力のある球が印象的。

また4番を打つ 四家 祐雅(聖光学院出身 3年)右翼手の、豪快でフォローの大きなスイングは、アマでも貴重な存在。四家は聖光学院時代も生で観て、いいスイングをする選手だなと思ったものだが、大学に入り更にスケールアップ。この日は、延長タイブレイクまでは、当たりは好くても結果が出なかったものの、最後の打席で試合を決めるセンターオーバーのツーベースを放った。守備力・走力は高くないが、打力で勝負できる迫力がある。来年のドラフト候補として、注目してみたい。

旭川大では、最後に登場した佐藤 佑貴(釧路工業出身 3年)右腕のボールに力があった。独特の縦の変化と、他球場なら140キロ台を連発しそうなボールの勢いには見るべきものがある。頭の片隅に、覚えておきたい投手。

第二試合 龍谷大 VS 京都学園大

関西勢同士の対決となった両校の先発は、すでに全国でもお馴染みの存在。龍谷大の先発は、井口 勇佑(天理出身 4年)右腕。190/87の超大型サイドハンドで、常時135キロ~後半ぐらいの球威のあるストレートに、カーブ・スライダー・シンカーなどを織り交ぜてきます。この選手のは、細かい制球力でコースを丹念に突くタイプではなく、大型な体格を活かした威圧感とボールの威力で圧倒するタイプ。プロに行くほどの絶対的な決め手は感じませんが、社会人でも活躍して行きそうな選手です。

一方、京都学園大の先発・稲垣 将大(米子松蔭出身 4年)右腕は、177/65の中背の体格から、135~140キロ弱の速球に、スライダー・カーブ・ツーシーム・フォークなどを織り交ぜる好投手タイプ。ただこういったタイプにしては、結構制球がアバウトで、この試合では落ちきらないフォークを龍谷打線に狙い打ちされた印象がある。経験豊富なマウンド捌きで、テンポの良さでポンポンと投げ込んで来るタイプだが、この日は充分持ち味を発揮できなかった。球の威力で圧倒できない、全国レベルの打線相手には、アバウトな部分が仇となった印象。それでも彼もまた、社会人などで野球を続けて行くことは間違いないだろう。

龍谷大では、4番の古本 武尊(福岡大大濠出身 4年)右翼手が、ドラフト候補として注目される。強烈なスイングから繰り出される長打力が自慢の強打者だが、稲垣の縦の変化にタイミングが合わないなど、脆い印象は否めなかった。甘い球を打ち損じる場面も目立ち、プロレベルの投手相手だと、現状厳しいなぁといった感じで、個人的には指名リストから外しそう。ただ関西学生球界屈指の強打者だけに、ひょっとすると、下位指名や育成枠あたりで指名して来る球団が出てくるかもしれない。

龍谷大では終盤に同じくドラフト候補として注目される 杉上 諒(葺合出身 4年)右腕が登場。球速は130キロ台後半~MAX142キロ程度と並みだったが、東京ドームだと言うことを考えると、他球場ならば常時140キロ前後~中盤ぐらいは充分期待できる内容で、それ以上にボールの勢いには目を見張るものがあった。変化球も横滑りするスライダーやフォークなどもあり、ドラフトの候補の片鱗を魅せてくれた。昨年の5リーグ対抗で見た時は、常時135キロぐらいだった記憶があるので、その時に比べると、遙かに内容のある投球。ただ総合力で大卒プロかと言われると微妙で、決め手になるほどの武器があるのと言われると疑問になる。有力社会人チームで2年後を目指すか、下位指名でもドラフトを待つのか進路が注目される。

第三試合 亜大 VS 八戸大

亜大は東都リーグ戦で、八戸大は前日のレポートで触れたので、今回は簡単に。八戸大の先発は、昨年北海道で注目された 尾山 翔悟(北海学園札幌出身 1年)右腕。185/77の大型右腕で、岩隈(マリナーズ)テイストの軽く投げている感じのフォーム。球速は、135~140キロぐらいの角度と伸びのあるストレートに、スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜて来る。それほど細かいコントロールはないが、四死球で自滅する荒々しさは感じない。最終学年までに、体幹をきっちり鍛えてパワーアップできれば、将来プロを意識できる素材だろう。

亜大の先発は、ご存じ 東浜 巨(沖縄尚学出身 4年)右腕。この日は東京ドームの厳しいスピードガンの影響もあって、常時135~MAX140キロぐらいではあったが、最近にないボールのキレ・テンポの良さは感じさせる内容。特にスライダーやツーシームを魅せておいての、勝負どころでのストレートはビシッとしており、大きなコントロールミスをしないあたりも、さすがだと思わせる内容。肘の状態次第では東芝入りも臭わせるが、普通に行けば1位指名競合は揺らがない。日本一の称号を手みやげに、プロ入りを実現するか注目したい。

野手では、高田 知季(亜大 4年)遊撃手が、ドラフト候補。守備・走力はそれなりだが、やはり打撃に これは! というものが感じられない。ただある程度守りで試合を作れる野手だけに、順位にこだわらなければ指名して来る球団はあるかもしれない。ただタイプ的には、社会人タイプの野手という印象は否めない。

(この日の感想)

改めて 東浜 巨(亜大)は、要所をシッカリ締めるあたりはさすがだなと思えたこと。また杉上・高田・古本の3人はボーダーレベルの選手だと感じ、個人的にはあまり推せないが、指名があっても不思議ではないものを、それぞれ持っている。そういった意味では、前日に比べるとドラフト的な観点では収穫は少なくなかった。更にこの後に行われた 第四試合・三重中京大VS大体大の試合が素晴らしかっただけに、朝から最終試合まで観戦できた人は、満足の行く1日だったのではないのでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード