FC2ブログ

宮川 将(大体大)投手

宮川 将(大体大)投手 183/83 右/右 (大体大浪商出身)





             「評価が難しいよね」





大体大浪商時代には、大阪NO.1右腕と言われながら、早々進学を表明。私自身☆☆を付けながらも、プロ志望届けを出すことなく大体大に進学した。高校時代は、135~後半ぐらいの球速でも、ビシッと高校生離れした大人の球を投げ込んでおり、その球速以上に感じさせるボールが印象的。大学進学後、球速もその球に追いついてきた。ただその分、投球の繊細さが薄れ、私には物足りない投球が続いていた。

(投球内容)

ストレート 常時140~140キロ台中盤

昨年は東京ドームのガンでも145キロを連発していたように、全身を使った力投派だった。しかし今年は、高校時代のような安定した下半身を活かしたピッチングフォームを戻し、球速は若干落ちたものの球筋の不安定さは少なくなった気がする。この投手のストレートは、けして綺麗な回転で伸びのある球ではなく、少し手元で微妙に変化したり、球威で詰まらせる汚い回転が持ち味。そのため、ストレートで空振りをバシバシ奪うタイプではけしてない。

変化球 スライダー・チェンジアップ・カーブなど

7種の変化球を、実に器用に扱うというのが捕手の談話。実際には、小さく横滑りするスライダーとのコンビネーション中心に、追い込むと縦のスライダーを混ぜたり、チェンジアップ・緩いカーブなど球種の見わけが難しいほど、いろいろな球を持っているよう。ただそれほど絶対的な球種は、無いように思える。ある意味、器用貧乏な投手なのだろう。

その他

クィックは、1.0~1.15秒ぐらいと、素早く投げ込みます。ただ高校時代からの寸評を見ても、一度も彼の牽制に触れられているものがない。単なる偶然なのだろうか? 彼は、あまり牽制を入れたがらない投手なのではないのだろうか?フィールディングは、かなり機敏であり上手い部類だろう。

(投球のまとめ)

高校時代は、しっかりペース配分を刻んで投げて来るような先発タイプであったが、大学入学後はパワーアップを図り、力で押す力投派に変貌しつつあった。そういった部分をみると、少し高校時代への投球に戻りつつあるように感じられる。

基本的には、両サイドに球を集めて、詰まらせて討ち取るのが身上。特に右打者に対しては、昨年までは徹底的に外角に速球とスライダーを集める投球から、この大学選手権では内角の球で詰まらせる場面が何度か見られました。左打者にも外角中心にボールを集めますが、インサイド低めにスライダーを食い込ませることができます。

元々右打者にも左打者にも、外角でしっかりピッチングを組み立てるという投球の基礎が出来ていました。それに加え最終学年では、内角を意識的に厳しく突く投球を身につけてきました。更に追い込むと縦の変化もあり、相手としては、的が絞りにくい多彩な投球を魅せてきます。そういった投球の幅や選択肢が増えたことは、高く評価できるポイントではないのでしょうか。

(投球フォーム)

<広がる可能性>

高校時代から、お尻を一塁側に落とせるタイプのフォームでした。そのためブレーキの効いたカーブや縦の変化にも、無理なく投げられるフォーム。「着地」までの粘りは平均的で、この点が武器になるほどの絶対的な変化球を身につけられない要因かもしれません。

<ボールの支配>

昨年までは、グラブが最後ほどけてしまい、投げ終わったあと大きく暴れるフォームでした。そこをしっかり抱え込むことができ、両サイドへの球筋は安定。ただ相変わらず足の甲の地面への押し込みは浅く、力んで投げるとボールが上吊る傾向が残ります。そのためストレートは、真ん中~高めに抜けやすい一面があります。それでも、「球持ち」は悪くないので、指先の感覚はまずまず。ある程度は、思い通りにボールをコントロールできつつあるようです。

<故障のリスク>

お尻が落とせるので、身体を捻り出すのに無理がありません。腕の角度はあっても、振り下ろしに無理がないので、肩への負担も少ないのでは? そういった意味では、比較的故障の可能性の少ないフォームだと言えそうです。以前ほど全身を使った力投派でもなくなっているので、身体への負担は随分軽減されていそうです。

<実戦的な術>

「着地」までの粘りは平均的、身体の「開き」もそれほどでもありません。そういった意味では、フォーム的に苦になるほどのイヤらしさはありませんが、その分多彩な球種と縦・横を活かした幅広く多彩なコンビネーションで、相手の的を絞らせません。

腕は強く振り下ろせており、多彩な変化球とストレートの見わけ難しいはず。「体重移動」も悪くないので、ボールに力があるのが特徴です。もう少し投球の核であるフォーシームの質が向上すれば、申し分ないと思うのですが、あえて汚いボールを投げ続けているのかもしれません。

(投球フォームのまとめ)

それほど「開き」や「着地」に粘りがないので、フォームとしてはイヤらしさは感じないはず。それを多彩なコンビネーションで補っている。

特に故障し難い負担の少ないフォームと、安定した制球力(高めには浮きやすいが)があり、ボールも伸びやキレはないが、球威は兼ね備えている。そのため単調になって打ち込まれるというタイプではないだろう。ただボールに凄みがあるとか、何か武器になるほどのものがあるかと言われると疑問であり、その辺が評価としては難しいところ。

(最後に)

プロに混ぜてしまうと、それほど際だつものはないものの、ソツなくこなしてしまう器用さあるのかなという気はして来る。上位指名でどうとかいうタイプではないが、下位指名なら期待以上の活躍も見込めるかもしれない。

というのは、際だつ武器もない変わりに、大きな欠点もないからだ。故障し難いフォームと多彩な投球は期待できるだけに、そういった息の長い活躍は期待できよう。地味ながら安定した活躍がで、長くプロの世界で生き残って行けるかもしれない。評価は別れるタイプかもしれないが、個人的には現時点ではつけてみたいと思う。

蔵の評価:

(2012年 大学選手権)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード