FC2ブログ

坂口 真規(東海大)三塁手

坂口 真規(東海大)三塁 187/95 右/右 (智弁和歌山出身)





          「意識は変わりつつあるが・・・」





智弁和歌山時代は、スカウト達から熱い視線を浴びたスラッガー。鳴り物入りで東海大に進学も、長く下位打線を任されるだけで上級生になってしまった。さすがにこのままではヤバイと、バットを短く持ったり、プレーへの意識にも変化が見られ始める。長打よりも勝負強い打撃に、少しプレーに欲が出てきた。

正直、智弁和歌山時代から、私はあまり彼に魅力を感じなかった。それでも、高校時代から注目のビッグネーム。試合に出場していれば、それなりに注目してみたが、チェックを入れようと思ったことは殆どなかった。そのため彼の大学に入ってからの寸評は、今回が初めてになる。

(守備・走塁面)

一塁までチンタラ走っていた高校時代に比べ、今は当たり次第では一所懸命走る姿が増えてきた。一塁までの塁間は、4.45秒強ぐらい。これを左打者に換算すれば、4.2秒強に相当。これは、プロのスカウトが左打者に求める基準レベルのタイムとなる。そう坂口は、純粋に走るだけならば、充分プロの基準レベルなのだ。

それでも今でも、アウトだと思うと勢いを緩めてしまうことも少なくない。まして盗塁をバシバシして来るタイプではないので、走力でのアピールは正直薄い。

高校時代は一塁手だったが、東海大進学後は三塁手に。実際三塁手としては、打球への反応・キャッチングなどに大きな欠点はなく、三塁手としては基準レベルだろう。更に地肩もまずまずなので、こと守備・走力が極端に劣っている印象はない。他のポジションは期待し難いが、三塁・一塁あたりならば、プロでも問題なさそうだ。

(打撃内容)

実際こうやって見てみると、彼の評価を決定づけるのは、やはり打撃ということになる。高校時代は、引っ張って上手く巻き込めればスタンドインという感じの打者だったが、今はセンター方向や右方向にも打ち返すことができ、勝負強さを売りにしている。勿論ツボに入ればスタンドインの長打力は、彼の魅力の一つ。以前ほど脆い印象はなくなり、それだからこそ東海大では4番を任され、春季リーグでは10打点を残すことができたのだろう。

<構え> ☆☆☆☆

ほぼ両足を揃えたスクエアスタンスであり、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスも程よい。特に力んで構えている印象はないのだが、あまり自分のリズムを刻むのが上手くないのか、何処か固い印象は否めない。構え自体は好いのだが、何処か物足りなく感じるのは、高校時代から変わらない。

<仕掛け> 早めの仕掛け

投手の重心が下がる時に始動する、早めの仕掛けを採用。これは、典型的なアベレージヒッターが採用する仕掛けであり、彼のプレースタイルからすると、かなり意外な印象を受ける。より対応力を求めてきた結果なのだろうが、実は高校時代から早めの仕掛けを採用。身体の強さがあり長打を放つが、本質的にはスラッガーではないことがわかる。

<足の運び> ☆☆☆

足を引き上げて、真っ直ぐ踏み込んで来る。足を上げてから降ろすまでの「間」は取れているので、速球でも変化球でも、幅広くボールに合わせられるタイプ。ただ残念なのは、足を引き上げた時に、膝を内に閉めてしまうので、せっかく図ったタイミングが狂いやすい。

踏み込んだ足下は、インパクトの際にブレないので、外角の球を右方向にも打ち返すことができる。ただ今年の大学選手権では、右方向よりも長打を意識して引っ張りにかかっていたのは残念だ。

<リストワーク> ☆☆

打撃の準備である、「トップ」を作るのは遅くない。ただ「トップ」の形を作ってから、更にグリップを後ろに引く癖があるので、その辺がタイミングを狂わせる要因ではないかと思う。

バットの振り出しも、やや身体から離れて振られて来る。またボールを捉える時も、バットの先端であるヘッドが下がって下を向いているので、ボールはフェアゾーンに落ちにくい。それでもドアスイングにならないのは、踏み込んだ足下が、インパクトの際にブレずに地面を捉え続けているからだろう。

上手くボールを捉えられれば、大きな弧のスイングとフォロースルーを活かし、ボールを遠くに強く運ぶことができる。

<軸> ☆☆☆☆

足を上げ下げする割には、頭の動きは小さく目線は安定。身体の開きも我慢でき、軸足も安定している。軸を起点に、クルッと上手く腰の回転で打つことができている。

(打撃フォームのまとめ)

足下がブレなくなったのは成長の証だが、膝の閉めやトップの移動・ヘッドの下がりなど、打ち損じが多くなる要素を多分に含んでいる。本質的には、それほど高校時代から大きく打撃フォームをいじっているわけではない。

ついつい色気が出てきて、引っ張りにかかろうとすると、フォームのバランスを崩し始める悪癖がある。それでも本塁打を連発できるような、天性のホームラン打者ならばそれもありだろう。しかし彼の場合、本質的にはスラッガーではないので、そういった打撃は、できるだけ慎むべきではないのだろうか。

(最後に)

昨年の秋ぐらいから、意識が変わってきたなと思える場面も増えてきた。今春のリーグ戦も、けして悪くはなかった。しかし大学選手権では、ちょっと色気が出てしまい、持ち味を発揮しきれなかったのかなと思う。それは、外の球を引っ張りにかかり、空振りする場面が目立ったからだ。

大学の4年間ので中で、少しずつでは成長の跡は伺えた。ただプロで期待に応えるだけの技術は、まだ身につけていないと考える。更に高見を目指し、社会人からプロを目指すのが得策ではないのだろうか。急がばまわれ である。

(2012年 大学選手権)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード