FC2ブログ

古本 武尊(龍谷大)右翼

古本 武尊(龍谷大)右翼 175/77 右/左 (福岡大大濠出身)





             「膝が固いだよなぁ」





今年の大学選手権・京都学園戦において、稲垣 将大(4年)投手のフォークボールを、ことごとく空振りしている姿をみて、この選手は膝が固いなぁという印象を強く受けた。膝が固くても、その球を見極められたり、カットできる術があればいいが、ことごとくその球を空振りしていたのだ。自分の打てるボールには、滅法強さを発揮する一方で、そういった脆さが私にはどうしても気になった。

この選手の良さは、打席での集中力。 今春のリーグ戦では、2本 9打点 打率.391厘 をマーク。大学選手権でも、首位打者に輝くなど、最終学年において、確実性が高まった。ただプロの変化球を想定すると、まだまだ縦の変化には厳しいなぁという印象は否めない。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.45秒弱ぐらい。これは、左打者としてはかなり遅く、プロの基準である4.2秒とは差がある数字。そのため、上のレベルで足を売りにすることはないだろう。

そのため守備範囲は、けして広い選手ではない。ただ難しい前に落ちるような球に対し滑りこんで好捕したりと、球際でのキャッチングの強さには見るべきものがある。また地肩も結構強いので、スローイングに関しては上のレベルでも充分通用するはず。プロならば右翼手というよりも、上手い部類の左翼手あたりで期待したい素材だろうか。

(打撃内容)

ツボにはまれば、ホームランの長打力があります。ただ本質的には、野手の間を強烈に抜けて行く、中距離タイプの打者といった印象で、それほど打球が上に上がるタイプではないように思えます。タイプ的には、広島の 松山 竜平(九州国際大出身)外野手に近いものを感じます。

<構え> ☆☆☆☆

前足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。背筋をスッと伸ばし、両目で前を見据える姿勢や全体のバランスは平均的でしょうか。やや固さは感じられる構えなのですが、アゴをグッと引いて、打席での高い集中力を感じさせます。

<仕掛け> 平均的な仕掛け

昨年は、足の上げがわかりづらく、恐らく「遅すぎる仕掛け」で打っていたように見えました。しかしこの大学選手権では、投手の重心が沈みきったあたりで始動する「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の長打力と対応力をバランスよく兼ね備えた中距離ヒッターの始動です。始動を早めたことで、対応力を大幅に改善したように思えます。

<足の運び> ☆☆☆☆

足を引き上げてから降ろすまでの「間」が取れるようになり、速球でも変化球でもタイミングを合わせられるようになりました。踏み込みは、真っ直ぐからややアウトステップ気味と、左打者らしい踏み込みです。

少し外の球や低めの球に対する粘りが悪くなりますが、打てるゾーンの球を確実に叩くには好いのではないのでしょうか。それでも踏み込んだ足下はブレないので、ある程度は外角の甘い球なら対応できるはずです。実際に大学選手権では、センターから右に左へと広角に打てる打撃を披露してくれました。

<リストワーク> ☆☆☆☆

打撃の準備である「トップ」の形を作るのは悪くなく、バットも上からミートポイントまでロスなく振り抜けます。またそれほどスイングの弧が大きかったり、フォロースルーを活かすようなスイングではないのですが、力強く最後まで振り抜けています。強打者ですが、ロスのないスイングが一つ大きな特徴にあげられます。

逆にバットのしなりを活かした大きなスイングや、フォロースルーを活かしてボールを運ぶスイングではないので、彼が長距離打者ではないことが、このスイングからも伺えます。

<軸> ☆☆☆☆

足を上げ下ろしするスタイルになりましたが、頭はそれほど動かず目線はぶれません。身体の開きも我慢出来ていますし、空振りをしても軸足の形が崩れることなく、綺麗な回転でスイングできています。そのため、調子の波は少ないタイプなのではないのでしょうか。

(打撃フォームのまとめ)

遅すぎる始動の改善や、下半身の使い方を大幅に改良。リーグ戦でも打てても、全国でも通用しない、そんなイメージが強かった打撃が、見事なまでに払拭されました。

(今後は)

素材としての膝の固さがネックになる可能性は否定できないが、それを度返しても、打席での集中力・問題意識を取り組んで改善してきた姿勢・それを可能にする器用さもあり、プロでやって行ける素材ではないかと評価します。

大学時代の松山竜平には、恐らくを付けなかったと思いますが、彼がプロでも頑張っている姿を見ると、古本はワンランク彼の学生時代より上だと思いますし、いろいろな意味で評価できる部分が少なくありません。

アマ球界では貴重な強打者だけに、大学からプロに入るべき素材ではないのでしょうか。それだけの基礎技術は、この一年で構築できたと評価します。

蔵の評価:

(2012年 大学選手権)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード