FC2ブログ

松永 昴大(大阪ガス)投手

松永 昴大(24歳・大阪ガス)投手 175/76 左/左 (関西国際大出身)






           「1位で消えるじゃないの」





関西国際大時代も、本人がプロ入り希望だったら、中位では指名されるのは確実だった 松永 昴大 。しかしプロへの魅力は感じず、大阪ガスに進んだ。そんな松永が、最近プロ志望へと変わったという。確かに松永は、大学時代よりも、ワンランク上の球威・球速・球のキレが身についてきて、プロへの色気を見せ始めている。

(投球内容)

左スリークオーターから、空振りを誘えるキレがありながら、力強さも併せ持つ投手へと変わってきた。

ストレート 常時140~MAX146キロ

東京ドームのスピードガンでも、コンスタントに140キロ台を記録、中盤を記録する球も珍しくなかった。150キロも記録するまでになったと言われるのも、なるほど納得させられる球ボール。特に左投手ながら、右打者外角にキッチリボールが集められる。その反面左打者に対しては、多少アバウトになり、ボールを適度に散らす程度だといった印象を受ける。ストレートでも空振りを誘えるが、三振の多くはスライダーで奪って行く。

変化球 スライダー・カットボール

大学時代は、武器である曲がりながら落ちるスライダーだけでなく、カットボール・フォーク・シュート系の球など、結構多彩で幅広い投球をしていた印象があります。しかし今は、ほとんどスライダーとのコンビネーションです。このスライダーが、低めに切れ込む時は、思わず打者は空振りをしてしまいます。それは、左打者のみならず右打者も同様です。この球に絶対的な自信を持っている反面、カウントを取り行くストライクゾーン決まるスライダーは、打者から狙い打ちされるケースが目立ちます。ストレートをまともに打ち返されるケースは少ないのですが、甘く入ったスライダーを打たれるケースが圧倒的に多いわけです。カウントを稼ぐ変化球が、彼の最大の課題であるように思えます。

その他

牽制も鋭く、フィールディングも非常に素早く上手です。しかし大学時代から、クィックができないことは変わりません。できないというよりも、ようはランナーを返さなければいいんだろうという、気持ちが強くあえて行わないのかもしれません。

(投球のまとめ)

右打者には、外角一杯にボールを集める制球力があり、内角低めに切れ込むスライダーで三振を奪うという必殺パターンが確立されています。しかし左のスリークオーターにしては、左打者への攻めを苦手にしている気が致します。制球は甘めになりまし、ここにという球筋が決まっていないように思います。それでも外角低めのスライダーで、三振の山を築けます。

まぁ怖いモノ知らずで、ガンガンボールを投げ込んできます。野球を舐めていると言われる通り、実際その投球からも、そんな気が致します。ただこういった選手は、ガンガン行けている時は良いのですが、そうではない時の脆さは半端ではありません。安定して活躍するというよりは、ハマッタ時が大きいというタイプなのではないのでしょうか。

(投球フォーム)

<広がる可能性>

引き上げた足を地面に向け、更にサイドハンドのように前に倒れ込むフォームです。そのためお尻は三塁側(左投手は)に落とせないので、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちるボールには適しません。

実際その投球を観ていても、スライダーやシュート系など横の変化が中心です。今後もそういったピッチングスタイルは、変わらないでしょう。

<ボールの支配>

グラブは身体の近くにあるので、両サイドへの投げ分けは安定。ただ足の甲の押しつけは浮きがちで、それでも腕を下げて投げる分、球筋はそれほど浮きません。ただ右打者外角一杯への球筋は安定していますが、その他のコースは、結構アバウトな気が致します。その辺を、球の威力で誤魔化しています。

<故障のリスク>

お尻は落とせないのですが、カーブやフォークなど使わないので、肘への負担は少ないはず。また腕の角度がない分、肩への負担も大きくありません。ただプロでならリリーフタイプなので、アフターケアには充分注意を払って欲しいものです。

<実戦的な術>

「着地」までの粘りにはそれほどでもなく、身体の「開き」も遅くはありません。そのため打者としては、それほど苦になるフォームではないはず。それを左打者の背中越しから来る球筋と、ボールの威力で補っています。

腕は鋭く振れるので、速球と変化球の見わけは困難。ボールにしっかり体重を乗せて投げているわけではないので、上半身腕や上体を鋭く振ることでキレを生み出します。逆に疲れが溜まって来るとこのキレが鈍るので、登板数を重ねた時に、持ち味が損なわれないか心配です。

(投球フォームのまとめ)

「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」と、実戦を司る4大動作の未熟さを感じます。その未熟さを、ボールの威力と勢いで、誤魔化しています。

(最後に)

都市対抗で魅せたようなボールの勢いやキレが、シーズン通して維持できるのであれば、プロでも1年目から活躍が期待できます。このボールの勢いがあれば、プロの打者でも短いイニングならば、中々掴まえ切れないのではないのでしょうか。

ボールだけを観ていれば、1位指名級だった 中後 悠平(近大-ロッテ2位)左腕のケースに似ています。確かに勢いで押せ押せの時は良いのですが、逆にそうでない時は気になります。1年目上手く行ってしまうと、プロへの執着心が薄いだけに、その後伸び悩んだりしそう。更に思い通りのボールが投げられずカベにぶつかった時には、攻めのバリエーションも不足しておりますし、対処できるのか不安な部分は残ります。

良い時ばかりに目を向けずに、そういった部分も加味して評価したい選手ですね。まあよほどそういった部分が目だたなければ、上位12名(1位指名)の中に入ることは揺らがないでしょうし、最低でも24名(2位)までには消えるのではないのでしょうか。ハマレバ大きなだけに、2位あたりで取れるようだと美味しいですが、1位だと一抹不安は拭えませんが・・・。

蔵の評価:☆☆☆

(2012年 都市対抗)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード