FC2ブログ

2012年夏 甲子園初日

夏の予選や、昨日まで「全国の決勝戦」の録画に追われていた私にとって、甲子園がどんな組み合わせで行われるか確認するまでもなく、大会初日が始まってしまった気がする。今回は、今後の観戦やレポート作成のためにも、簡単に大会初日で、気になった選手をピックアップして行きたいと思う。

第一試合 常葉橘 VS 福井工大福井

昨夏を観た、上野 幸己(福井工大福井 3年)左腕が、エースに成長していたのかと思っていたら、この夏緒戦として活躍したのは、菅原 秀(3年)右腕という 182/75 と均整の取れた体格の持ち主。右の本格派で、コンスタントに140キロ台(MAX145キロだったかな?)のストレートに、スライダー・それにナックルカーブという、独特の縦に割れるカーブを投げ込んでくる。ストレートの威力はあるのだが、それほど手元で伸びたりはしないのに、この低めに切れ込むカーブがあるせいか? 打者は思わず高めのストレートを振ってしまう。ボールのバラツキは目立つものの、ストレートも微妙に動くなど曲者だ。

指を立てる独特のナックルカーブというボールは、あまり観たことのない球筋のボール。特に曲がりが尋常ではなく、この球を上手く扱えるようになると面白いだろう。まだ高校からプロに入るほどの総合力はないが、一つ一つのボールの威力には観るべきものがあり、試合を上手くまとめられる制球力がついて来ると、将来楽しみな存在だと言えるであろう。大学などに進んでからの、更なる成長が期待される。

常葉橘では、2番手に登場した 高橋 遙人(2年)左腕が目を惹いた。左のスリークオーターから、常時130~136キロ程度ながらキレのある球質とピッチングの安定感が目を惹いた。球筋などはどことなく 森福允彦(ソフトバンク)などを彷彿とさせる。カーブ・スライダーとオーソドックスなピッチングスタイルだが、変化球も低めに集まり、ピッチングの基礎ができている投手。新チーム以後、東海地区を代表する左腕として話題になるだろうし、一冬越えてコンスタントに140キロ台に乗せて来るようだと、ドラフト候補として注目される存在になるはず。ただ今の段階では、今後のスケールアップはあまり感じさせず、名門大学や強豪社会人に進んで行くような、大人びたタイプとの印象が強い

打者では、福井工大福井の核弾頭・菅野 真史(3年)右翼手が目立っていた。キッチリ叩ける強いスイングに、低めの球を拾う膝の柔らかさを兼備。更に塁間4.0秒を切るような俊足ぶりも目立っていた。また 2番・遊撃手の 藤村 凌(3年)遊撃手の安定した守備にも見るべきものがあった。

常葉菊川では、3番の城戸 健太朗(3年)捕手が、素早いスローイングと柔らかいリストワークで存在感をアピール。また1年生核弾頭である 木村 聡司(1年)遊撃手も、スローイングの精度に課題は残すが、キッチリしたスイングができており、将来楽しみな大型内野手だった。。

高校からプロといった選手はいなかったが、有力大学に進みそうな選手はおり、中々緒戦としては興味深い試合であった。常葉の高橋・木村に関しては、上手く伸びてゆけば 来年・再来年のドラフト候補として、東海地区を代表する選手に育つ可能性を充分秘めている。


第二試合 飯塚 VS 広島工業

広島工業の先発・辻駒 祐太(3年)右腕は、中背の体格ながら正当派右腕といった感じの好投手。フォームに癖がなく、135キロ前後(MAX138キロ)のストレートを、時々シュートさせたり、カーブ・スライダー・シンカー系など球種は多彩。両コーナーに散らせる投球が身上で、特に右打者外角に決めるスライダーの精度には自信を持っていそうだ。

まだまだボールに凄みがないのと、それほど甘くない球を痛打されるなど、ボールが合わされやすいのが気になる。ただ上手く肉付けすれば、まだまだ大学などでも球威・球速は伸び代が残されている感じがする。

また注目の打者である 宇佐美 塁大(広島工業 3年)三塁手は、想像以上の強打者だった。広島大会3本塁打を含む、高校通算40本以上の強打で、ヘッドスピードの鋭さが目を惹く。打球も芯で捉えている打球も多く、もう少し見てみたかった。広島大会などの模様を見直し、最終的な評価を固めたい。各球団も、ドラフト候補としてマークしている球団も少ないないはずだが、打球がみんな引っ張りばかりだったので、右方向への融通性もあるのか注目したい。

また飯塚の4番・石田 健大(3年)中堅手も、高校通算22本塁打の強打者。しかしこの試合では、右に左へと合わせる上手さ目立っていた。中堅手としての動きも悪くなく、少々制球力には不安が残るが、地肩もスローイングを見る限り強そう。こちらは、ドラフト候補ということはないだろうが、今後も注目に値する打者。2回戦以降のプレーぶりにも、注視してみたい。


第三試合 仙台育英 VS 佐賀北

仙台育英の先発・渡辺 郁也(3年)右腕は、右スリークオーターから繰り出す速球は、常時130~135キロ程度だったものの、打者の手元までの伸びは素晴らしかった。変化球は、スライダーと高速で沈むシンカー系の球があるようだ。ポンポンとテンポの良さが魅力があるだが、甘くない球で踏み込まれて打たれてしまう、ボールの見やすさが課題。ただ野球センスは素晴らしいだけに、大学などでの活躍も期待される好投手。更にパワーアップが図れれば、社会人ぐらいまで続けられる素材かもしれない。

一方の佐賀北では、昨年から注目される強打者・本村 祥次(3年)中堅手が、甲子園でも存在感を示した。試合では、センターからレフト方向への打撃が目立ち、第四打席には、センターオーバーのツーベースも。ただ塁間4.3秒と左打者としても並で、地肩・守備力共に図抜けたものはなく大学タイプの野手。今後、いかに自分の色を出してゆくのかが求められる。


(大会初日を振り返って)

ドラフト候補という観点で見られるのは、宇佐美 塁大(広島工業 3年)三塁ぐらいかなと。ただその宇佐美も、守備力・右方向への対応力なども含めて、もう少し見てみないと最終的な判断はできない。もう一試合ぐらい見たかったが、この続きは広島大会の模様を見直すことで、判断して行きたい。

あとの選手は、大学などでの活躍を期待したいところ。ただそんな中、来年組ではあるが、新チーム以後話題になりそうなのが、高橋 遥人(常葉橘)左腕もいる。静岡には、聖隷クリストファーに鈴木という楽しみな投手がいるという。ひょっとして2014年度は、静岡の年になるかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード