FC2ブログ

102 神奈川高校選抜 VS 関東学院大 

今日は、スリランカに遠征するために結成された、神奈川選抜チームと関東学院大の壮行試合が行われるということで、地元関東学院大のグランドに行きました。試合直前に試合があることを知ったので、慌てて準備をしたため、防寒もイマイチ。そのため、非常に寒さのきつい観戦となりました。ただ試合の方は、一応殆どの選手が出場し、大きな参考にはなりました。今回は、気になった選手をとりあげてみましょう。

立川 慎 (湘南学院 2年)投手 180/70 右/右

今回の選抜メンバーでは、最も来年のドラフト候補として期待される存在です。1年生の頃から130キロ台中盤のボールを投げ込み、それでいてまとまりのある好投手して注目してきました。夏の大会では、140キロ級の力のあるボールを連発。今年の神奈川では、4本の指に入る投手だと思っています。しかし夏の大会の映像から、少し気になることがありました。なんだか下半身が使えない上体だけで投げるようなフォームで、ボールがみんな上吊っていたこと。今日もその傾向が見られ、更にこの寒さのせいか、球速も79マイル(126.4キロ)止まりと極めて物足りない内容でした。変化球は、スライダーと鋭く落ちるフォークで三振を奪っています。来年に向け、心配だなぁと言った内容でした。

篠原 迪(西湘高 2年)投手 178/65 右/右

均整の取れた体格から、MAX81マイル(129.6キロ)を記録し、カーブ・横滑りするスライダーを投げ込みます。今日投げた高校選抜の中では、一番の球速でしたし、実際に一番の投手でした。テンポ・フォーム、所作などにもセンスを感じさせますし、牽制・クィックなどの動作も鋭く、スジの良さを感じます。一冬越えて、どのぐらい伸びているのか、一度春季大会で見に行きたいと思わせる内容でした。

今井 和樹(金井高 2年)投手 174/57 右/右

体は大きくないのですが、スリークオーターからテンポよく投げ込んで来る好投手。旧チームから、エースナンバーをつけていました。MAXは、79マイル(126.4キロ)程度でしたが、キレの良い速球とスライダーで、センスの良い好投手といった感じです。中々高校生レベルだと、苦労するタイプではないのでしょうか。

北川 尚由(柏陽高 2年)投手 178/68 右/右

軽くトルネードのように体を捻って投げ込んできます。70マイル後半(MAX79マイル 126.4キロ)のストレートに、スライダーを投げ込んで来る、少し威圧感のあるフォームが魅力。三振を奪える投手として、旧チームから注目される。公立の逸材として、春季大会では一部話題になるかもしれない。

武 雅俊(湘南工科大付 2年)投手 182/70 右/右

今日出場した8人の投手の中で、唯一最後の2イニングを任された投手。球速は、75~78マイルぐらいだったが、ブルペンではもっと出ていそうな勢いのあるボールを投げていた。カーブ・スライダーなどをなげて来るのだが、カーブの時に極端に腕が緩むのが気になる。

阿部 大亮(厚木北 2年)左翼 175/73 右/左

チームの三番・左翼手として出場。打席での雰囲気をもっており、第一打席ではいきなりセンターオーバーツーベース・第二打席では、センター前、第四打席では、ライトライナーが犠牲フライにと、今日一番の打撃を魅せてくれました。

パワーだけでなく、合わせる上手さもあり、こと打つことに関しては、このメンバーでは抜けています。ただ塁間4.4秒台の走力とレフトの守備的なアピールがないところが残念。あくまでも、打ってナンボといった感じの選手でしょうか。試合では、積極的に盗塁を決めてはいましたが。ただ覚えておいて、損のない打者だと思います。

安徳 豪(横浜商業 2年)中堅 178/73 右/右

今回の神奈川選抜の4番を任されていた選手。あんまり打撃では存在感を示しませんでしたが、中堅手としての打球の判断(強風でミスもしていましたが)、盗塁なども決めるなど、三拍子バランスの取れたプレーヤーかもしれません。今回の観戦だけでは良くわからない部分もあったので、出来ればもう一度ぐらいじっくり見てみたいと思います。

志村 竜也(藤沢翔陵高 2年)一塁 169/80 左/左

5番・ファーストで出場し、守備や走力でのアピールは低そうな選手だったのですが、レフト前への強烈な打球が目を惹きました。旧チームから、チームでは3番を任されており、打線の中心として活躍してきた強打が自慢。

長谷川 寛之(横浜高 2年)セカンド 174/65 右/右

横浜高校では、旧チームからショートを守っている選手。今日は、6番・二塁手として出場。攻守に派手さはないのですが、ソツのないプレーをする選手との印象。外野の頭を越えるような長打は、一二塁間を抜く右方向への打撃など、状況に応じて強弱をつけた打撃を魅せてくれています。このチームにあっては、よく野球がわかっている選手、そんな印象を受けます。

(今日の感想)

こうやって一部のメンバーですが、簡単にご紹介致しました。各投手、指先にも力が入らないような寒い状況だったので、球速も5~10キロ程度はみんな遅かった感じです。最も期待された 立川 の出来もイマイチだったので、今日みた感じではドラフト候補と呼べる選手はいなかったように思います。

ただ来春の神奈川で話題になりそうな選手は何人かおりましたし、そこから大学へと続けて行ける選手も、何人かいたと思います。来年の神奈川に目星をつける意味では、寒い中みた意味はあったのではないのでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード