fc2ブログ

立大VS慶大 1回戦

今回は、ようやく先週土曜日に行われた 立大VS慶大 の模様を観られましたので、こちらのレポート致します。明日4時に起きて、宮崎に春季九州大会を観に行かないといけないので、この試合は注目の選手を掻い摘む程度に見ただけなので、ご了承くださいませ。

慶大 VS 立大

なんと言ってもこの試合の注目は、ドラフト上位候補の 白村 明弘(慶大 4年)右腕。昨秋ようやくシーズン4勝をあげたり、8者連続三振を奪うなど派手な活躍が目立ちましたが、個人的には根本的には何も変わっていないなと思っていました。その辺は、防御率 2.45 という、ドラフト上位候補としては物足りない防御率からも伺えます。

この試合でも、立ち上がりから常時145キロ前後のボールの勢いはドラフト上位級。変化球は、曲がりながら落ちるスライダーと、独特の変化を魅せるツーシーム。こういった一つ一つのボールは素晴らしいのですが、試合全体をまとめるセンスには欠けます。特にランナーを背負うと、途端にガタガタになるのは気になります。

特に大量失点を浴びた3回は、先頭打者を三振。特にこの回からは、右打者の内角にもツーシームを魅せ、ピッチングの幅を広げ始めた矢先でした。セカンドとライトの間にポテンヒットを打たれ、自らのセカンド牽制悪送球でランナーを三塁に。そこから、あっさりタイムリーヒット。更に気落ちしたところを本塁打と、ガタガタと崩れる精神面の弱さは気になります。

なるほど上位候補と呼ばれるだけのボールは投げますが、それが結果につながらないのは、数字だけでなくピッチングの上でも納得の内容。結局ここで歯止めが聞けば良かったのですが、更に失点を重ね 5回1/3イニングで・自責点5 と立て直すことが出来ません。やはり今シーズンも、根本的には変わっていないことを露呈した残念なピッチングとなりました。まだ今後のシーズンを見て最終的な判断は致しますが、素材としてドラフト指名することは出来ても、即戦力を期待して上位指名とか、そういったことは厳しい選手だということを強く実感する試合となりました。

立大の先発は、斎藤 俊介(成田出身 2年)右腕。こちらは、1年生ながら秋の東大戦で初勝利をあげた選手が開幕投手でした。球速は140キロ前後ぐらいと凄みはありませんが、カーブ・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ、結構コーナーや低めにボールが散っており、慶応打線も捉えきれませんでした。5回を投げて 3安打・4三振・3四死球・無失点は立派ではないのでしょうか。

慶応では久々に最後、山形 晃平(土佐出身 4年)右腕が登場。まだまだ怪我からの回復途上といった内容でしたが、ボールの走りは悪くありません。ただスライダーの曲がりが早すぎたり、コントロールがイマイチな部分があり、1回を1安打・2奪三振・1四球・自責点1の内容。今後もう少し良くなると思いますが、こちらは社会人などに行ってからということになりそう。

また立大の新主将に就任した 平原 康多(帝京出身 4年)右翼手は、第一打席こそエンドランで上手く一二塁間を抜きましたが、この日はこれだけで2三振をきするなどイマイチ。塁間4.2秒(左打者換算で3.95秒前後に相当)で、走力には見るべきものがありましたが。いずれにしても、こちらもドラフト候補というよりは、社会人に進むことになりそうです。特に体が固く打てるボールが限られているのが気になります。元々、甘い球を逃さず叩くことで結果を残すタイプですが、プロの変化球に対応するのは厳しいのではないのでしょうか。

(感想)

ちょっと内容をすっ飛ばして見ているので、両先発投手以外の投手や野手などもまだ充分に観られておりません。その他の選手たちについては、また別の試合で取り上げてみたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード