FC2ブログ

大学選手権3日目・東京ドーム1

東京ドーム第一試合 桐蔭横浜大 VS 愛知大

共に大学選手権2度目の登場だったのですが、緒戦で投げなかった投手同士の先発だったので、簡単に触れてみたいと思います。桐蔭横浜大の先発・横山 弘樹(宮崎日大出身 4年)右腕は、常時135~後半程度の球速。しかしベース板まで球威が落ちない球なので、球速表示以上に威力を感じます。

問題は、癖のあるテイクバックのため、腕を十分捻り出せないフォームにあります。そのため制球も不安定ですし、変化球もしっかり曲がり切りません。変化球は、カーブ・スライダーなど抜けることもシバシバ。それでも、勝負どころで、なんとか踏ん張る投球が持ち味のよう。あとこの投げ方にしては、チェンジアップ気味に沈む、恐らくフォークだと思うのですが、この球が投球のアクセントにはなっています。

社会人の練習にも参加していたということですから、卒業後も野球を続けるのでしょう。現状、何処ぞのチームで続けることはできますが、社会人レベルで活躍出来るほどのレベルには達していないようには思います。この投手、リーグ戦でもリリーフでも見たのですが、その時は140キロを超えるボールを投げていました。素材型なので、上手く投球のコツを掴めれば面白いと思います。

愛知大の先発は、水越 太一(愛知大)左腕。こちらは、125~130キロぐらいの球速で、スライダーを武器にします。その他にカーブなども織り交ぜますが、ストレートの球威・球速が物足りません。社会人で続けられるかは微妙なラインですが、ピッチングできる左腕というアピールポイントはあります。

東京ドーム第二試合 日本文理大 VS 東北福祉大

毎回のように投手を交代する、日本文理大独特のリレーは今年も健在。その中で目立ったのが、平塚合宿に追加招集された 田中 豊樹(佐賀商出身 2年)右腕。個人的には、佐賀商の下級生の時から見たことのある選手だった。その時は、最終学年では確認できずに終わった投手だと記憶している。178/88の体格が示す通り、ガッチリした体型から重いボールを投げ込んで来る。普段は135キロぐらいだが、要所では140キロ台中盤の球を。この日のMAXは、東京ドームのガンでも146キロを記録した。

変化球は、スライダー・チェンジアップなど。特にこれは!という程の球はない。馬力は素晴らしいが、投球に繊細さ・インテリジェンス・テクニックを感じる投球ではなく、とにかく力でグイグイ押すだけのピッチング。そこから最終学年までに、投球を膨らませることができるのかが課題。

東北福祉大では、1年生の 波多野 陽介(日本文理出身 1年)右腕が登板。日本文理時代から、全国ではお馴染みの好投手。相変わらずのアーム式のフォームから、常時140キロ前後のストレートと、スライダーとのコンビネーション。それほど、高校時代から変わった感じはしなかった。彼も、もうワンランク・ツーランクの上積みを期待したい。

日本文理大には、浦塚 翔太(日田林工出身4年)右腕という、150キロ近く投げる投手がいたはずだが、この試合では登板無し。野球部のHPにも名前がないところを見ると、すでに辞めてしまったのだろうか? 大学2年当時で、チームの守護神的な役割を果たしていた投手だけに、残念でならなかった。

スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード