FC2ブログ

2013年 甲子園5日目レポート

第一試合 岩国商 VS 前橋育英

来年のドラフト候補として注目される 高橋 光成(2年)右腕。188/82 のスラっとした投手体型と良い変化球も投げられそうな柔らかい腕の振りに高い将来性を感じさせる。球速は、135~140キロ台中盤ぐらい。縦・横二種類のスライダーを使い分け、チェンジアップ・カーブなどの曲がりも良い。

試合では、9者連続三振を奪るなど強烈なインパクトを残した。ただ制球重視と言うのもあったのかもしれないが、ストレートに関しては、思ったほどでもなかったというのが率直な感想。それでも来夏までには、それなりのボールを投げられるようになるだろうなという予感はする。いずれにしても、順調に行けばドラフト上位候補になれる器だろう。

岩国商の先発の 高橋 由弥(3年)左腕は、選抜の時よりもストレートの平均球速が上がってきた印象。コンスタントに135~130キロ台後半を出せるようになってきた。ボールになるスライダーもよく、あとはストレートにもう少し厚みが出てきたら、制球・変化球に欠点がないので、将来楽しみ。大学進学タイプだが、4年後どのぐらいの投手に育つだろうか。

第二試合 樟南 VS 佐世保実業

佐世保実業・木下 愛(3年)左腕、樟南・山下 敦大(3年)左腕と、共に160センチ台の小柄で、よくまとまった実戦派サウスポー。左でピッチングができるという意味では、大学などでも重宝されそうなタイプです。

山下は鹿児島大会も見ているのですが、四球も多く内容としてはピリッとしませんでした。しかし再三のピンチを、好守の 緒方 壮助(樟南・3年)捕手の好リードもあり切り抜けます。大会前からオススメの捕手として名前をあげていた緒方は、低めのミットの出し方も上手く、低めのボール球をことごとく拾って好投を導きます。鹿児島随一のスローイングや自慢の強打ではあまりアピールできませんでしたが、有り余る捕手としての高い資質を示すには充分な試合でした。スカウト達から名前があがる選手ではありませんでしたが、彼らにどのように映ったのか気になるところです。捕手的適正という意味では、今大会NO.1の捕手だと評価します。二回戦以降では、スローイングと打撃でのアピールも期待したいところ。

佐世保実業では、三塁の 山口 晃(3年)が、MAX146キロを投げ込むと評判でした。しかし登板の機会のないまま敗退。長崎大会の映像に収めてあったら、レポートを作成してみたいと思います。試合の方は、数少ないチャンスをスクイズで奪いとった樟南らしい得点で、接戦をものにしました。

第三試合 自由ヶ丘 VS 延岡学園

スーパー1年生として注目されたものの、伸び悩んでいた 岩重 章仁(延岡学園・3年)右翼手が、最後の夏に好い形で甲子園を迎えることが出来ました。一打席目にセンター前にはじき返し気分が楽になったのか、センターオーバーの長打を放つなど存在感をアピール。やや右翼手としての動き危なっかしい部分はあるのですが、今後の試合に期待を持たせる内容でした。

また自由ヶ丘では、強肩・ショートの 野田 泰右(3年)右腕が、終盤にマウンドにあがります。167/65 と体格には恵まれませんが、癖のないフォームから 常時135~MAX141キロをマーク。ストレートの勢いだけでなく、スライダーやチェンジアップなどの縦の変化が好いのが特徴的でした。
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード