FC2ブログ

2014年 選抜レポート1

いよいよ今年も、選抜大会が始まりました。個別の寸評はまた後日として、各試合の短評を簡単に発表してゆきたいと思います。

大会初日第一試合 岩国 VS 神村学園

岩国高校は、秋の中国地区チャンピオンとして神宮大会に出場。その中でもエースの 柳川 健大(岩国・3年)投手は、神宮大会NO.1右腕であり、このひと冬の成長次第ではドラフト候補に入って来るのではないかと期待される存在でした。

柳川の投球の特徴としては、速球よりスライダーが多いということ。カウントを取りにゆく横滑りするスライダーと、低めのボールゾーンに切れ込む二種類のスライダーを使い分けます。ストレートは、常時135~MAX140キロ。思ったほど、昨秋からストレートに成長がないのが気になります。他に左打者には、チェンジアップを使うなど、投球スタイルもほとんど秋と同じでした。

この選手、マウンドをパッと外すようなセンスもありますし、コントロールも特に悪いわけではありません。クィックも牽制も、フィールディングなども大きな欠点はありません。何が悪いというわけではないのですが、これは!というものがまだないですね。現状の内容を見るかぎり、ドラフト候補というよりは有力大学へと進んでゆくタイプかと思います。もう少しフォーシームのストレートこそ投球の軸だという意識を持って、夏までに取り組んで欲しいと思いました。

この試合で目立っていたのは、神村学園の3・4番コンビ。3番の 山本 卓弥(2年)一塁手は、ボールを強く叩くというよりは上手く合わせるリストワークの良さが光ります。監督が「空振の三振を見たことがない」というほど、高いミート能力は神村打線の中でも光っていました。特にスイングに強さはないのですが、内角の球を上手く巻き込んでライトポール際に試合を決める一発を放ちます。まだ新2年生ということで、今後の成長が楽しみ。ただ気になったのは、背番号9ながら今日はファーストを守っていたこと。また一塁までの塁間が、4.35秒強ぐらいと走力がないのも気になる部分ではありました。

また4番を打つ 小島 千聖(3年)三塁手は、山本とは対照的に引き手の強さを活かしたパワフルな強打者。技術で魅了するというよりは、圧倒的な破壊力で粉砕するタイプの強打者です。プロ云々というタイプではありませんが、今後の試合でもこの二人を中心に、神村学園の打線は機能してゆくことになりそう。

また岩国の核弾頭・川本 拓歩(2年)二塁手は、高い身体能力が魅力。神村の二人のような非凡な打撃能力は感じませんが、中学時代から100メートル 11秒6 で走り抜ける脚力の持ち主。実際に試合で計測した時は、4.1秒前後とそれほど際立つタイムではありませんでしたが。非凡な走力を、実戦で活かせるようになると面白いと思います。

セカンド守備に関しては、無難といった感じで難しい打球は飛んで来なかったので細かい部分はよくわからず。ただこの選手が気になったのは、打ち上げた打球が中々落ちて来ないなど、非凡なポテンシャルを秘めているのではないかという期待が高まります。まだ新2年生ということで、来年に向けて気に留めておきたい一人でした。

期待の柳川が思ったほどではなかったのが残念だったが、両チームの下級生にタレントもおり、将来に向けて明るい展望が開ける試合だった。

柳川 健大(岩国高校3年)投手 184/71 右/右
川本 拓歩(岩国高校2年)二塁 178/71 右/左

山本 卓弥(神村学園2年)一塁 184/83 右/左
小島 千聖(神村学園3年)三塁 170/78 右/右

スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード