FC2ブログ

立田 将太(大和広陵3年)投手 最終寸評

立田 将太(大和広陵3年)投手 181/82 右/右





            「最後の最後で片鱗魅せた」





昨年の選抜で、2年生ながら大人びた投球と才能の片鱗を魅せた 立田 将太 。順調に行っていれば、甲子園に出てこなくも上位指名は揺らがなかった。しかし春季大会~夏の予選になっても、立田 はまともに投げないし、一向に調子が上がって来ない。これではスカウト達も、高い評価をすることが出来なかったのも致し方ない。しかし高校生活最後となる、智弁学園戦では、その能力を片鱗を改めて魅せてくれた。

(投球内容)

脇腹痛で調整が遅れたのか、中々長いイニング投げられないし、投げ込み不足からか制球を乱す場面も目だった。特に破れた智弁学園戦では、5点をリードしながら四球などで崩れ、そのリードを守れないまま最後の夏を終えてしまったのである。

ストレート 常時140キロ前後~後半

すでに2年生の時点で、MAX149キロを記録。普段は140キロ前後ぐらいの投球でも、ランナーを得点圏に背負ったり、相手の打者が強打者になると、140キロ台中盤以上は出ているだろうと思われる、ウエートのグッと乗ったボールを投げ込んでくる。特に高校球界NO.1スラッガーの呼び声高い 岡本 和真(智弁学園)の時のボールには、思わず唸るものがあった。その岡本を5打席の対戦の中で、最終回のヒット1本に抑えこんで魅せた。

ピタッとフォームが決まった時には、右打者外角に素晴らしいボールを投げ込んでくる。このボールの素晴らしさは、今年の候補の中でも、安楽 智大(済美)に次ぐぐらいの球ではないのだろうか。しかし投げ込み不足の影響か? ボールが高めに抜けてしまい四球を出したり、甘い球を球を痛打される場面も少なくなかった。

変化球 スライダー

2年春の選抜では、結構緩いカーブを投げていました。しかしこの夏は、スライダーとのコンビネーションのみ。この球自体悪くありませんが、空振りを誘うようなボールではありません。そのためどうしても、投球が単調になり的を絞りやすくなっていたのが気になります。特に良かった時は、右打者外角のストライクゾーンからボールゾーンに逃げてゆくスライダーを上手く振らせていただけに、そういった投球ができなかったのは残念。

その他

牽制は走者を刺すほとではありませんが、適度に混ぜてきて下手ではありません。クィックもクィックも1.05~1.25秒ぐらいと、ほぼ基準レベル。フィールディングの動きもよく、動ける身体能力と野球センスを兼ね備えます。

(投球のまとめ)

元々はボール球を振らせたり、投球の強弱もつけて、小賢しいぐらいのピッチングの上手さ・嫌らしさがありました。しかし最終学年では余裕がなかったのか、そういった上手い側面が陰を潜め、力で抑えこむしかなくなっていました。やはり調整不足で、そこまでいろいろなことができるほど、制球力も安定していなかったからでしょう。

しかしそういった投球センスを持ちあわせている選手なので、状態さえ取り戻せばまた、好い意味での小賢しさをまた魅せてくれるはず。将来的には、一軍のローテーションでやって行ける総合力と勝てる投球ができる投手への変貌が期待できます。

(投球フォーム)

足を引き上げて軸足一本で立った時の、Yの字のバランスが実に素晴らしい立ち方。

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げた足を比較的高い位置でピンと伸ばしているので、適度に体を捻り出すスペースは確保出来ています。すなわちカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に大きく落ちる球種の習得にも無理がありません。

「着地」のタイミングは平均的で、体を捻り出す時間は並でしょうか。そのため現状は、絶対的な変化球の曲がり・キレがないのだと考えられます。また将来プロを見越して、あえて変化球をいろいろ覚えずにいたものと思われます。今後球種を増やし、ピッチングの幅を広げて行ける可能性は残されています。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは最後まで体の近くにあり、両サイドへのコントロールは安定。しかし足の甲での地面への押し付けが浮いてしまい、浮き上がろうとする力を押さえ込めません。そのため力を入れたボールは、高めに浮いて抜けてしまいます。「球持ち」自体は、けして悪い選手ではないので、この部分が改善されれば、コントロールの好い速球への期待も膨らみます。

<故障のリスク> ☆☆☆☆

お尻は落とせるフォームですし、カーブやフォークを殆ど投げてきませんので、肘への負担は少ないはず。

振り下ろす腕の角度はありますが、送り出しに無理は感じません。そういった意味では、肩への負担も少ないはず。しかし気になるのが、癖になりやすい脇腹痛だということ。この辺が、プロ入り後もどうなるかは気になります。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」のタイミングとしては平均的で、体の「開き」も並ぐらいでしょうか。そういった意味では、特別合わせやすいわけでも、打ち難いわけでもありません。

素晴らしいのは、腕の振りが非常に強いこと。これにより、速球と変化球の見極めは困難。またボールへの体重の乗せも悪くないので、打者の手元までの勢いや球威は全く落ちません。それでも足の甲で地面を押し付けられないので、下半身で作り出したエネルギーをフォーム後半に充分伝えられていません。そのため、投げ終わったあとは一塁側にも上体が流れてしまっています。この辺がもう少しロスなくできるようになると、とてつもないボールを投げ込んで来る可能性があります。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」の観点でいえば、特に際立って気になるところはありませんが、いずれもまだもっと良くなる余地が残されています。この辺の動作一つ一つを高めて行ければ、まだまだ良くなる可能性を秘めています。まさに、伸び代は充分残されていると言えます。

足の甲への押し付けができないために高めに浮く欠点と、左脇腹痛の故障癖が心配ではありますが、大きな欠点はないフォームだと言えます。強靭な上半身の振りを支えるだけの、強い下半身を身につけてもらいたいものです。

(最後に)

まだまだ発展途上の選手ではありますが、伸び代を多く残していますし、持っているポテンシャルも極めて高いと言えます。更にそれだけでなくピッチングの上手さや小賢しさがあり、状態の立て直しに成功すれば、比較的早く一軍へ上がって来る可能性があります。近い将来、チームの中心的な役割を果たす可能性を充分秘めています。

順調さを欠いた最終学年だっただけに、極めて高い評価はできませんが、持っている器は今年の上位12名に入ってきても不思議ではありません。中々スカウトにアピールできなかった状況だっただけに、指名は3位前後になると思いますが、能力の割には美味しい指名ではないかと考えます。ただし私も不安な部分は残るだけに、少し割り引いては考えてみたいと思います。順調だったならば、あと一つぐらいは☆の数の多い、最上位クラスの選手だと評価していた選手でした。

蔵の評価:☆☆☆

(2014年夏 奈良大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード