FC2ブログ

2015年 センバツ大会初日

いよいよ2015年度の、センバツ大会が始まりました。今年もドラフト的観点で、気になった選手たちを取り上げてゆきます。

第一試合 九州学院 VS 八戸学院光星

九州学院は、秋の九州チャンピオンとして神宮大会にも出場。エースの 伊勢 大夢(3年)右腕は、球速こそ130~MAX139キロぐらいと地味だったものの、ボールは手元まで伸びとスリークオーターを活かしたスライダーのキレとチェンジアップを織り交ぜ序盤戦は健在ぶりをアピール。ただし一冬越えてパワーアップしていればドラフト候補にもという期待もあったが、秋からの大きな上積みはなく、このまま大学へ進学することになりそう。特に終盤まで好投するも、緊張の糸が切れてからは相手の勢いを止められなかった投球は過大。夏までに球種を増やしたりして投球の幅を更に広げ、1試合トータルでピッチングを組み立てられるようにしたい。

光星の先発は、中川 優(3年)右腕。170/78 と上背はないものの、がっちりとした体格。球速も常時135キロ前後~MAX138キロを記録し、こちらは伸びやキレよりも球威で詰まらせて打たせて取るタイプ。それ以上にスライダーを全面に打ち出したピッチングスタイルで、ときどきチェンジアップも織り交ぜて来る。特に際立ったものはないのだが、粘り強い投球で試合をまとめてくる。

相手投手の緊張の糸が切れたところを、畳み掛けるように鋭い当たりを連発した光星打線。しかし突出した選手はいないが、全体のレベルが高い。そんななk名前をあげるとすれば、3番の 足立 悠哉(3年)遊撃手。ボール捌きの上手い安定感抜群のショートストップで、守備は上のレベルに進んでもショートとして勝負して行ける技量の持ち主。打撃は少し弱そうに見えるものの、鋭い打球を連発したり長打も放つなど、思ったよりもスイングは強かった。

タレント揃いという意味では、九州学院の方が目立つ。特に 友田 晃聡(3年)二塁手は、攻守に目立っていた。この試合でも、先制のタイムリを始めヒットを連発。高校生でも、上位レベルのセカンド守備も健在。しいてい言えば、あまり走力がないのが残念なところ。いずれにして彼も、強豪・名門の大学などに進んで、野球を続けて行く素材だろう。

残念ながらこの試合では、ドラフト候補と呼べるほどの選手はいなかった。しかし今日の登板はなかったが、八木 彬(光星3年)右腕は、140キロ台中盤を連発できる注目の速球派。彼の登板を、今後の楽しみにしたい。

中川 優  (八戸学院光星3年)投手 170/78 右/右
足立 悠哉(八戸学院光星3年)遊撃 168/75 右/左

伊勢 大夢(九州学院3年)投手 182/78 右/右
友田 晃聡(九州学院3年)二塁 176/73 右/左

八木 彬 (八戸学院光星3年)投手 178/83 右/右

第二試合  大阪桐蔭 VS 東海大菅生

この試合は、投手よりも野手が目立つ試合でした。そんな中、投手ながら野手としての才能を評価されている 勝俣 翔貴(東海大菅生3年)右腕が登場。下半身に粘りのフォームのため上体がツッコミ、140キロを記録しても大阪桐蔭レベルの打線ならば、苦になく打ち返していました。投手としては全く良いところがなく、早々降板。

しかし野手としては、神宮大会も絶賛したヘッドスピードの速さは全国でも屈指なはず。低めの球をすくいあげ、ライトへの強烈なランナーは目が覚めるような打球。その後は2本のヒットを放ち、特にレフト方向にもキッチリ打ち返したところは、単なる強打者ではない幅の広さを示して魅せた。右翼手としてはけして上手くないが、140キロ級の強肩ぶりは披露。いずれにしても、ドラフト候補として夏まで追いかけられる素材なのは間違いない。

一方の大阪桐蔭は、昨年の優勝メンバー中心に野手に人材が揃う。中でも 福田 光輝(3年)遊撃手の守備力は、全国でも指折り。特にいち早く打球の正面に回りこむポジションイニングの速さが際立ち、地肩は強くなくても投げやすい姿勢に持ってゆくのが上手い。打球への反応、グラブ捌き含めて上のレベルでも守備で勝負して行ける。しかし打撃の弱さは相変わらず、この辺が大学タイプと見ると、プロでもショートが期待できる素材と見るのかは意見が別れるかも。ただし地肩の無さも含めると、大学タイプだと私は評価する。

バリバリの強打者タイプである 青柳 昂樹(3年)中堅手は、182/78 の恵まれた体格を持つ大型外野手。意外に動ける身体能力を持っているのが自慢だが、相変わらず伸び上がるようなスイングと、対応力の粗さは気になるところ。捉えた時の打球は凄いが、夏までに劇的な成長を遂げない限り、高校からプロということはなさそう。

昨年の優勝メンバーの中でも、藤井 健平(3年)右翼手は、打撃技術では最も高いものを持っている。右翼手としての守備も上手く、攻守にバランスの取れた野球の上手い選手。こういった選手は、ドラフト候補というよりも、名門大学などでそのセンスを遺憾なく発揮させたい。彼も良い選手だが、ドラフト候補という匂いはして来ない。こうなると、今年の大阪桐蔭からプロ入り選手が出るのかには疑問が残る。

勝俣 翔 (東海大菅生3年)投手 180/78 右/左

福田 光輝(大阪桐蔭3年)遊撃 175/70 右/左
青柳 昂樹(大阪桐蔭3年)中堅 182/78 右/右
藤井 健平(大阪桐蔭3年)右翼 177/70 左/左

第三試合 常総学院 VS 米子北

この試合で目立ったのは、常総学院の核弾頭・宇草 孔基(3年)二塁手。ボールを手元まで呼び込めるだけでなく、地面に着きそうなぐらいの低めの球をヒットしてしまうなど、鋭さと柔らかさを兼ね備えたスイングには見るべきものがあった。出塁すればすかさず盗塁を決めるなど、打って・走ってのアピール。守備ではミスもあったが、元来はしっかり回りこんで丁寧な守備に心がける。しかし新チーム結成以来の59試合で11失策と多く、この辺が課題か。大学タイプだと思うが、もう少し何試合か見てみたいと思わせる選手だった。

2年生エースの 鈴木 昭汰(2年)左腕は、いかにも中学時代から揉まれてきたような洗練された左腕。左腕でピッチングが出来るということからも、今後も投手を続けてゆくとは思われるが、ミートセンスに優れた打撃の方が個人的には目を惹いた。投手としての今後上積みが何処まで残されているかは疑問だが、将来性では野手としての方が高いかもしれない。

米子北では、MAX143キロと評判の・高橋 晟一朗(3年)右腕が登場。秋季中国大会では、常時135キロ前後出ていた感じだった。しかし今日は、120キロ台のボールも多く思いの外球速表示が低かった。しかしボール自体は、ウエートの乗った厚みのあるボールを投げており、140キロ腕の片鱗は感じられる。課題は、常総打線が全く苦にしていなかったように、合わされやすいフォームの改善ではないのだろうか。いずれにしても、高校からプロというのは厳しそう。夏までに、どんな投球を構築して来るのか注目したい。

宇草 孔基(常総学院3年)二塁 183/71 右/左
鈴木 昭汰(常総学院2年)投手 173/68 左/左

高橋 晟一朗(米子北3年)投手 176/76 右/右

スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード