FC2ブログ

2015年 (35) 千葉リーグレポート

仙台から戻ってきただけに、さすがに家のことをやらないと出かけられない状況になっていました。そのため昼飯を食べてから、千葉マリンに向かいます。お目当ては、この日の第三試合 国際武道大 VS 東京情報大 の試合にしぼりました。

この試合のお目当ては、千葉明徳時代に  を付けた、 鈴木 康平(国際武道大4年)右腕。鈴木は、球速こそ135~MAX89マイル(142.4キロ)ぐらいと並ですが、ビシッとしたキレのある球を投げ込みます。何よりストレートのコマンドは高く、両コーナーに散らす技術はしっかりしているところには好感。

変化球は、カーブ・スライダー・それにフォーク系の球もあるよう。カーブが曲がりきらなく高めに抜けたり、スライダーを投げるときに腕が身体から離れて出てくることがあったりと、変化球の精度・キレともイマイチで、追い込んでからの決め手不足を感じます。フォークもまだまだ、信頼できるほどのものではありませんでした。

4回ぐらいには、すでに自分のスピードガンでは計測していなかったものの、マリンのガンでMAX145キロを記録。特に球に指にかかった時のボールには、見るべきものがあります。しかしまだまだ、相手を力で押し込めるほどのボールが安定して投げられるわけではない発展途上の投手。この辺は、体がビシッとしてきたらという、高校時代からあまり変わっていません。プロで本格的に鍛えたら化けそうな気もする素材であり、本人がプロ志望を示せば、素材を買って下位~育成枠ぐらいで指名して来る球団があっても不思議ではありません。一、二年覚悟で育てようという球団が、ドラフト会議当日現れるのか気になります。

一方の東京情報大で気になったのは、三番を務めていた 石井 大和(拓大紅陵出身・3年)捕手の地肩の強さ。イニング間練習から際立つ地肩を見せていましたが、それほど捕ってからすぐ投げないので正確なタイムが計測できませんでした。しかし二度の盗塁のケースを文句なしに刺す地肩の強さは本物で、来年の注目捕手として気にしたい存在。打っても、センター前にヒットを放つなど存在感を示してくれました。

(最後に)

この日は風が強過ぎて、私自身観戦の集中力が低かった記憶があります。まして隣の海辺では、音楽イベントを行っており、どうも きゃりーぱみゅぱみゅが来ているらしかったので、余計に気になって観戦できませんでした。いずれにしても、もう一度出きれば秋に観てから、鈴木を判断出来るのかがベストかと思います。しかし今回ぐらいしか観られる機会が春にはなかったので、この日に無理してでも観に来たのは正解だと思いました。
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード