FC2ブログ

2015年 都市対抗レポート10 


大会4日目・第二試合 NTT西日本 VS 永和商事

この試合の注目は、昨年補強選手ながら大阪ガスのスタメンマスクをかぶっていた 戸柱 恭孝(25歳・NTT西日本)捕手。昨年何故指名されなかったろうと思った選手ですが、会社側の引き止めとかもあったのでしょうか? それでも今年になって、昨年気になっていた一度地面にミットを降ろしてしまう癖は改善され、ボール一球、一球の押し込みも駒大時代の良い時に戻ってきました。ちょっと低めの球に対し、上から捕りに行く癖があるのは気になりますが、最初からフォークボールなどの予測できる球に対しては、ミットを下から出せるようにはなっています。またカバーリングにも素早く駆け出すなど、昨年同様、いやそれ以上にモチベーションを維持できている点は高く評価できます。

リードセンスも悪く無いですし、この試合では見られませんでしたが、塁間1.9秒前後のスローイングも悪くはありません。昨年も良かった打撃も健在でしたし、今年は満を持してプロ入りできるのではないのでしょうか。素材としてはA級ではありませんが、一つ一つ段階を踏んで、資質を伸ばしてきた確かな土台があります。そういった意味では、一年目から一軍枠を争える捕手ではないのでしょうか。ドラフトでも、中位ぐらいでの指名は充分期待できそう。

投手では、リリーフで登場した 松田 拓磨(25歳・亜細亜大出身)右腕が気になりました。腕が少し下がったスリークオーターで、腕がやや突っ張って投げる独特のテイクバック。ストレートは、常時140キロ~MAX146キロぐらい。それなりに勢いはありますが、ボールそのものの力強さに際立つものはありません。むしろ気になったのは、独特の曲がりする変化球の数々。特に曲がりながら落ちるスライダーのキレに威力があり、カーブのブレーキもいい。更にフォークもあり、どの球もなかなか厄介な独特の変化。ストレートを見せ球に、これらの球を投げたら結構プロでもハマるかもなぁという気は致します。年齢的には今年がラストチャンスの可能性も高く、能力的にはボーダーライン。しかし下位でもプロ入りの意思があるならば、面白いかもしれません。

永和商事も非常に良いチームになってきたのですが、投手ではリリーフで登場した 渡辺 康介(26歳・日本ウェルネススポーツ北九州出身)右腕は、常時140キロ~MAXで145キロぐらい。球速に驚くほどのものはありませんが、それ以上に感じさせる球威・ボールの厚みが感じられます。フォークとのコンビネーションで、ボールの威力は面白いものの、コントロールのまとまりに欠けるところが指名となるとネックか。

ドラフト候補という感じではないのですが、松林 勇太(24歳・吉備国際大出身)捕手も、好センスの選手で気になりました。9番打者でしたが、打撃でもアピール。気になるのは、スローイングの形が悪く送球が安定しないことか。それでも名前を、頭の片隅入れておこうと思います。

戸柱 恭孝(25歳・NTT西日本)捕手 179/88 右/左
松田 拓磨(25歳・NTT西日本)投手 181/78 右/右

渡辺 康介(26歳・永和商事)投手 186/88 右/右
松林 勇太(24歳・永和商事)捕手 177/73 右/右
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード