FC2ブログ

2015年 都市対抗神奈川予選(40)

今日は、地元・神奈川の選手で、唯一確認したくて出来ていなかった、船本 一樹(JX-ENEOS・24歳)右腕を見に、横浜スタジアムに足を運びました。今日は風こそあって日陰では心地よかったのですが、直射日光はかなりキツイ観戦となりました。

JX-ENEOS VS 東芝

法政時代、オープン戦に行けば必ず投げていた印象が残る 船本 一樹 を目的に、球場まで足を運ぶことになろうと思いませんでした。春先のスポニチ大会の頃から、今年の船本はかなり良くなっていると訊いていて気になっていたからです。そしてその後も、登板する殆どの試合で大きな失点をしない安定感を見せていました。

船本は、188/88 の大型投手で、腰高のサイドハンドに近いスリークオーターでしょうか。球速こそコンスタントに140キロ前後~MAX89マイル(142.4キロ)を記録するも、ボールの勢い・キレはイマイチ。更に繊細なコントロールはなく、高めに浮いた球を痛打されます。

サイド特有の大きなスライダーは、早く曲がり過ぎて決まりませんし、シンカーや小さく沈むツーシーム的なボールも打ち返されるなど、もう投げる球が殆どないという状況。もう少し実戦的な投球を期待しましたが、細かいコントロール・繊細な投球術はなく、それほど甘くない球でも痛打を浴びてしまうフォームも気になります。しいて特筆すべき点をあげるとするならば、0.8秒~0.9秒台で投げ込まれる高速クィックの速さは、アマ球界でも随一かと。いずれにしても今後も何度か見ることになるでしょうから、その時にどんなピッチングを見せるのか見てみたいところ。今日の内容では、ドラフト候補としては厳しいといえるでしょう。

一方の 東芝の先発は、谷岡 竜平(成立学園出身・20歳)右腕。こちらは、コンスタントに90マイル(144キロ)を超えるようなストレートを投げ込み、ハマスタのガンでMAX148キロ。私のガンでも、92マイル(147.2キロ)を記録。ボールの勢い・球速は本物ですが、かなりコントロールはアバウトな印象。あくまでも細かい投げ分けは出来ず、ストライクゾーンの枠の中に投げ込んで来るといった感じ。変化球は、130キロ台後半のスプリット気味に小さく沈む球とのコンビネーションで。この球は空振りを誘うというよりは、引っ掛けさせる類か。そして3回ぐらいから、スライダーを使い出す配球に変えることで、いつもよりも長いイニングを投げることができました。だいたいこの投手、勢いにかまけて投げるのですが、3回ぐらいには馴れられて打たれるというパターンが多い。まぁそういうところから脱っしつつあったのは、またワンランク成長したのかなと思える部分。まだプロで即戦力が期待できるレベルではありませんが、高卒3年目を迎える来年は、ドラフト候補に間違いなくあがって来る存在。

野手では、立教時代からあまり良いと思ったことがない 松本 幸一郎(25歳・東芝)遊撃手が目の色が違うかなという印象を受けます。ボールへ食いついてゆく貪欲さが出てきており、守備でスローイングミスもありましたが、総じて再三飛んで来る打球に対する動きは良かったと思います。大卒3年目の今年、プロへのラストチャンスと位置づけ、例年以上に意欲的なのではないのでしょうか。今後も、どんなプレーを見せるのか注目して行きたいところ。

またENEOSの方でも、松本 大希(慶応大出身・24歳)右翼手の、ライトスタンドに叩き込んだ打球は圧巻でした。桐光学園-慶応大と、殆ど気にしたことがなかった選手ですが、今後も気にしてみたい一人。

異常にテンポが悪かったのと観戦目的を果たしたので、試合中盤で球場をあとにしました。とりあえず、船本 の投球を、ようやく確認出来てよかったです。
スポンサーサイト



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード