FC2ブログ

2015年(51) 神奈川大会レポート

台風の影響もあり、全国的にも中止の多かった17日。そんな中で、比較的好カードが多かったのが、地元神奈川県。そんな中でも、最後にもう一度チェックしておくかと、春に観戦した 望月 惇志(創学館3年)投手を見に、地元・横須賀スタジアムに足を運びます。さすがに創学館の夏緒戦ということもあり、バックネット裏には登板があるかも怪しい状況ながら、10人前後のスカウトが足を運んでいました。

横浜創学館 VS 二宮

この試合、初回から10点入るワンサイドゲーム。それも四死球が絡むことなく、創学館の得点の殆どは、ヒットとエラーの連発という試合でした。しかし今年の創学館は、正直それほど強いとは思えません。昨年のチームでさえ甲子園に程遠かったことを考えると、強いところと当たると正直厳しいなぁというのが率直な感想。それでも 27-0 と一方的なゲームになりました。

そんな中、唯一の楽しみは、今日のお目当て 望月 惇志(創学館)右腕。その彼が、コールド目前の5回1イニングだけ、スカウトに顔見せ登板してきます。春見たときからも、腕が少し身体から離れて出てくるフォームであり、その辺は気になっていました。

今日は、一方的な展開&相手との力関係からも、常時130キロ台後半~MAX89マイル(142.4キロ)と地味な内容。一球、ファールになったボールが91マイル(145.6キロ)を記録しましたが、エラーではないかと思います。それでもこの投手の能力すれば、そのぐらい出ても不思議ではありません。

問題は、やはりコントロールが非常にアバウトだということ。今日は殆ど変化球はみられませんでしたが、カーブ・スライダーというj変化球レベルも低く、マウンドセンスもイマイチ。現状は、スピード能力が光るだけの素材型という域は脱していません。まぁ188/78 という恵まれた体格の持ち主であり、まだまだボールは速くなりそうという素材ではあるので、育成あたりで指名する球団が出てきも不思議ではありませんが、私ならば手を出さないタイプですね。イメージ的には、安斉雄虎(向上-元DeNA)投手を彷彿とさせるものがあります。ある意味、それ以上に未完成といっても過言でありません。

むしろ望月の前に投げていた 川井 啓徳(創学館1年)左腕という投手の方が気になりました。175/59 とそれほど身体は大きくありませんが、球筋がシッカリしているところには好感。球速はまだ120キロ台後半程度でしたが、2年後は県下でもそれなりの投手に育っていることが期待されます。マウンド捌きなど洗練されているので、秋以降登板がどんどん増えてゆくのではないのでしょうか。

日大藤沢 VS 平塚湘風

こちらは、テレビ中継での観戦。今年の神奈川の野手の中でも、注目度NO.1ではないかという 下地 滉太(日大藤沢3年)捕手が出場。春少し映像で確認した時は、キャッチングが粗っぽいところが引っかかる選手でした。

この夏も、投手にシッカリミットを示し、ボール押し込み等のキャッチングは悪くありません。ただ腕を伸ばすだけのキャッチングだったり、ミットを一度地面に付けてしまう癖があるので、急にコースを外れたボールへの対応がワンテンポ遅れるのが気になりました。それでもワンバウンド処理の時のミットの出し方、反応などは悪くありません。

自慢の強肩も、何より捕ってから速いのが特徴で、1.8秒台後半ぐらいでは投げられます。驚くような地肩ではないと思いますが、投げるのが速いので到達タイムを稼げるタイプ。プレースタイルは好みではありませんが、プロからも注目されるディフェンス力があるのは確かでしょう。

気になる打撃の方は、一本ショート横を抜けて行くヒットを放ちます。けして非力な選手ではないのですが、柔軟性に欠ける印象で脆いですね。攻守の内容からも、高校からプロに入るほどの絶対的なものは感じられなかったなぁというのが率直なところ。
スポンサーサイト



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード