FC2ブログ

2015年夏 甲子園2日目・第一・第二試合

大会二日目は、ドラフト的にも大変興味深い日となりました。その第一・第二試合についてレポートしてゆきます。


大会二日目・第一試合 花巻東 VS 専大松戸

花巻東の先発は、東北地区で最も注目されるドラフト候補・高橋 樹也(花巻東3年)左腕。球速こそ135~MAX140キロ程度でしたが、ボールにキレがあり打者が差し込まれる球質。更にそのボールを、打者の内外角にきっちりコントロールでき・マウンド捌きにも目を見張るものがありました。

春季東北大会の投球を見た知り合いが、全然物足りなかったと言っていたり、私自身岩手大会の決勝の模様を動画で見る限り、お疲れで球威・球速に欠ける内容を見ていたので、疲れが癒えた今回の投球が見極めのラストチャンスだと思っていました。しかし今回の投球をみて、なるほど東北NO.1候補と言われる片鱗は感じます。ストライクゾーンからボールゾーンに切れ込むスライダーの生かし方、チェンジアップなども織り交ぜ、左腕に必要な要素は兼ね備えているように思います。

イメージ的には、PL学園~大洋に入団し、通算100勝以上をあげた 野村 弘樹 の高校時代を彷彿とさせます。連投するとパフォーマンスが低下し見栄えのしない投球にはなりますが、現時点でこれだけやれる左腕は貴重ですから、中位ぐらいでの指名は期待できるのではないのでしょうか。

一方の専大松戸の先発・原 嵩(専大松戸3年)右腕は、この夏の予選レポートでも触れてきた選手。相変わらずコントロールがアバウトなので、肝心なところでのまとまりの悪さから、四球を出したり、痛打を浴びる物足りなさを感じます。球速は、130キロ台後半~MAXで144キロぐらい。それも指にかかった時には、時々おっ!と唸らせるボールを投げ込みます。変化球は、カーブ・スライダー・チェンジアップあたりか。投手としては発展途上ですが、安定して凄い球が投げられるようになると、大化けの可能性も秘めています。専大松戸の先輩である 上沢 直之(日ハム)の高校時代に比べると、ピッチングセンスでは数段劣りますが、馬力・凄みという意味では原の方が分があります。あまり高い評価はできませんが、下位指名ならば素材を買って指名される可能性は充分あるでしょう。

あとこの選手、非常に野球に対する意識が高い。器用さやセンスはありませんが、そういった部分で資質を飛躍的に伸ばして行ける可能性は秘めています。物凄い長打力があるわけではありませんが、ストレートに非常に強いこと、足もかなり速いこと、間違いなく強肩であることも考えると、投手として大成できなくても、野手としての可能性を模索できるものがあります。

むしろスカウト好みという意味では、渡辺 大樹(専大松戸3年)遊撃手の方が魅力的に写るかもしれません。この試合でも、初回から深いところから刺す強肩ぶりを披露。見た目のゴツさからは想像できないタイムで、駆け抜ける脚力もあります。ストレートに差し込まれたり鋭く振れないスイング、動作の切り返しが鈍い、意識がまだまだ高校生という物足りなさは感じますが、全国の内野手でもここまでのポテンシャルを秘めた選手は少なく、中位ぐらいでは指名されるのではないのでしょうか。進む環境に影響されそうですが、どの時点で眼の色が変わって来るかで、一軍までの定着までの事件は変わってきそう。個人的には好みではありませんが、プロが好む大型内野手です。

この三人に関しては、志望届けを提出すれば中位前後で指名されるものと予想されます。今大会2日目にして、指名の意識できる選手が一気に登場してきました。

第二試合 霞ヶ浦 VS 広島新庄

原 嵩(専大松戸)と並ぶ、関東を代表する右腕である 綾部 翔(霞ヶ浦3年)右腕が登場。187/83 と恵まれた体格から 130キロ台後半~MAX142キロ のストレートを投げ込んでくる。この体格ならば、もっと凄い球を投げてもと思うが、私が6月に関東一との試合で見た時もこのぐらいだったので、現状はこのレベルなのだろう。変化球は、縦・横2種類のスライダーとチェンジアップ。まだ細かいコントロールや、奥行きのある投球術など細かいことができる技術はない。しかしこの選手、フォームの土台・体格・野球に対する向き合い方も良さそうなので、今後爆発的に伸びても不思議ではないだろう。

指名となると現状、原同様に5位前後ぐらいかなという印象はある。しかしあとになって、なんでこの順位だったと言われるような存在に育っているかもしれない。下位指名で獲れるならば、かなり面白い存在ではないのだろうか。

広島新庄の先発・堀 瑞輝(2年)左腕は、かなり肘の下がったスリークオーター。粗っぽいフォームの選手で、スライダーが抜けたり、細かいコントロールがないのが課題。球速は、135~140キロくらいもボールに力があり、容易には打ち返せない。ボールの出処も見難く荒れ球でもあり、なかなか的を絞らせない厄介なタイプ。

馬力のある選手なので、来夏までにどのぐらいなって行くか。コントロール難や変化球の部分で伸び悩む要素はあるが、ボールの威力という意味では、高校の先輩・田口 麗斗(巨人3位)以上の投手に育つ可能性は充分あるのではないのだろうか。秋以降、大いに中国地区では注目される一人になりそう。
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード