東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権初日・神宮編
今日から、大学野球最大の大会・全日本大学選手権がはじまりました。そこで今回は、大会初日の神宮大会の模様をレポートしたいと思います。

大会初日・神宮球場第一試合 東農大北海道 VS 福井工大



福井工大の先発・近藤 洸(福井工大福井出身・4年)左腕は、小気味の好い左腕で球速も135~140キロ台前半でまとまる好投手。変化球もカーブ・スライダーなどを織り交ぜるが、左腕にしてはチェンジアップらしい右打者から逃げてゆく球が見当たらない。驚くようなボールはないものの、左腕で140キロ台前後を投げ込め、まとまりのある左腕を最終学年まで知らなかったことは、全国は広いなと改めて実感させられた。イメージ的には、JR九州の主戦として活躍する 井上 翔夢(西日本工業大出身)左腕を彷彿とさせるようなサウスポーだった。ドラフト候補というよりも、社会人などに進んで野球を続ける存在ではないのだろうか。

一方の東農大北海道の先発・宮本 誉士樹(鎮西出身・4年)右腕は、昨年も大学選手権で140キロ台の速球を投げ込んでいた大型のサイドハンド。腕のしなりを活かすタイプではなく、腕が曲がらないままブンと振ってくる。何より個性的なのが、投球のほとんどが130キロ台中盤~140キロ台前半のストレートで構成されているということ。クロスへの球筋は比較的素直なフォームシーム気味なのだが、逆クロスへの球筋はナチュラルシュートするクセ球。そのため右打者の内角に鋭く食い込んでくるシュートボールになり、左打者は強烈に外に逃げてゆく。たまにシンカー系の沈む球がある程度で、カーブ・スライダー系などは見当たらない。かなり個性的な投手で、この球筋を面白いとプロが見るかどうか? 186センチの大型投手でもあり、本人がプロ志望が強いのであれば、育成あたりで指名する球団が出てきても不思議ではない。

野手では、両チームの1番打者が目立っていた。東農大北海道の 周東 佑京(東農大二出身・4年)三塁手は、第一打席の三塁打で11秒台前半で走り抜けられるアスリート系内野手。ショート前のゴロをかっさらって送球しようとしてエラーしてしまったりと、気合が空回りしてしまっていた。これでセンターラインが守れるようだと面白い選手だが、その辺がマイナスポイントか。また福井工大の 樋口 拓真(九州国際大附出身・4年)中堅手は、ミートポイント確かな打撃で、どの打席でも芯でボールを捉えていた。周東がポテンシャル型ならば、樋口は技術の高さで対応する三拍子揃った好選手。ドラフト候補というインパクトはないが、今後の試合でも注目したい。

近藤 洸 (福井工大4年)投手 174/78 左/左
樋口 拓真(福井工大4年)中堅 178/76 右/左

宮本誉士樹(東農大北海道4年)投手 186/79 右/右
周東 佑京(東農大北海道4年)三塁 180/66 右/左

大会初日・神宮球場第二試合 岡山商科大 VS 近畿大



今大会注目のドラフト候補・近藤 弘樹(安佐北出身・4年)右腕は、評判どうりの投球を魅せてくれた。ストレートはコンスタントに145キロ前後を刻み、最速では150キロを越えてきた。この選手は、ストレートのコマンドが安定しており、時々高めには浮くが両サイドに投げ分けられる。変化球は、スライダー・カーブ・チェンジアップだか沈む球があり、一通りの球がある。昨年よりも全体的にパワーアップしており、ある程度ストレートで押せるまでになっていた。ただしどの変化球でもカウントは整えられるものの、追い込んでから仕留められる変化球がないところが気になる。リーグ戦ではイニングを遥かに凌ぐ奪三振を奪えているが、プロの打者を想定するとどうだろうか? また投球に嫌らしさや攻めの厳しさはそれほど感じないので、そのへんがプロの打者の踏み込みを許さないかという心配にはなる。いずれにしても2位ぐらい中には指名される選手ではないのだろうか。

一方で近大のプロ注目の投手・岡田 和馬(南陽工出身・4年)左腕は、最後まで登板しないで敗戦となった。リーグ戦では4勝0敗 防御率 0.26 という圧倒的な内容でリーグMVPを受賞。140キロ台を記録する投球に安定感も兼ね備える存在だけに、今大会でぜひアピールして欲しかった存在だったのだが・・・。今大会で一気に全国デビュー、ブレイク候補の一人だっただけに残念だった。

近藤 弘樹(岡山商科大4年)投手 190/85 右/右

岡田 和馬(近畿大4年)投手 182/74 左/左

大会初日・神宮大会第三試合 九州産業大 VS 日本文理大



ドラフト指名候補同士の先発となったこの試合、九州産業大の先発は、草場 亮太(伊万里商出身・4年)右腕。草場については、すでに今春リーグ戦でレポート、寸評も作成しているので詳細は控えめに。この試合でもコンスタントに140キロ台を刻み、MAXで150キロまで到達。カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜてくる。普段の投球は好いのだが、勝負どころになるとボールが浮いたり、変化球が甘くなる詰めの甘さはこの試合でも見られた。特にこの選手は立ち上がりは好いのだが、イニングが進むにつれ相手に馴れられて失点してしまうというパターンをこの試合も繰り返している。まだまだ伸び代を秘めた素材であり、プロ入り後グッとよくなる余力を残している。まだまだ発展途上で即戦力としては不安は残るが、ハズレ1位~2位ぐらいまでには指名されそうな力はある。

一方、日本文理大の先発・ケムナブラッド誠(日南出身・4年)右腕も、素材の良さを改めて印象づけた。小さめのテイクバックから、ズバーンとミットに突き刺さる速球は、草場や近藤弘樹(岡山商科大)をも凌ぐものがあります。ボールが見え始めてから到達まで非常に早く、打者としてはタイミングを図るのが難しい。球質・フォームもあいまって、世代屈指のストレートの質・勢いを誇ります。フォームの感じは、薮田 和樹(亜大-広島2位)を彷彿す。ただし草場ほどボールが制御できてなく、平均してボールが上吊りやすい。また変化球もたまにスライダーを投げる程度で、投球のほとんどは速球といった未完の大器。その辺をどうみるかで、評価は別れる選手ではないのでしょうか。

その他では、九州産業大の中心打者である 岩城 駿也(東海大五出身)一塁手が、右に左に長打を放ち評判どうりの打力を披露。私が観戦した開幕戦では結果を残せなかったが、春季リーグでは脅威の25打点をあげた。ライトフェンス直撃の長打を放ったかと思ったら、左中間スタンドにホームラン。一塁手ではあるが、右打席から塁間4.35秒で到達し、これを左打者に換算すると4.1秒であり基準レベル以上の走力はある。打撃は間違いなくプロ級なので、来年どこまで内容を高めて行けるのか注目したい。

日本文理大では、リリーフで登板した 鶴永 竜治(川内出身・3年)右腕が、コンスタントに140キロ台を記録し、MAXで147キロぐらいまで到達。ボールが暴れたり、変化球にこれはという球はないものの、ケムナ同様に素材の良さを示してくれた。来年、指名されるかまで行けるかは今後次第だが、ドラフト候補として名前があがってくる素材ではないのだろうか。

草場 亮太(九州産業大4年)投手 183/75 右/右
岩城 駿也(九州産業大3年)一塁 180/80 右/右

ケムナブラッド誠(日本文理大4年)投手 192/91 右/右
鶴永 竜治    (日本文理大3年)投手 179/73 右/右

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.