東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権初日・東京ドーム編・第一・第二試合

大会初日東京ドーム第一試合・石巻専修大 VS 共栄大



石巻専修大の先発・松澤 寛人(糸魚川出身・1年)右腕は、サイドから実に力強い投球を魅せてくれた。球威のある力強い140キロ台中盤の球を最後まで持続し、1失点・4安打・9奪三振で見事完投。変化球は、スライダー・カーブなどで、サイドにしてはシンカー系のボールが見当たらない。それでも単調になりそうなところ、投げるタイミングなど間合いを変えて、投球に奥深さを出している。そういった投球術もすでに身につけており、今後さらに精進して4年間を過ごせれば最終学年では上位指名も意識できる存在になるのではないのだろうか。

また1番を打つ 小野 侑宏(聖和学園出身・4年)二塁手は、甘い球を逃さない「鋭さ」を持った好選手。ボールを呼び込んで、二塁打・三塁打の多い長打で存在感を示した。1年秋に首位打者を経験して、この春で5度目ベストナインを獲得。さらに、この春は、打率.417厘で再び首位打者に輝き、MVPも獲得したリーグの看板選手。この試合を観る限り、本会議は微妙なものの育成枠ぐらいならば面白い素材ではないかと思わせる。春3失策した二塁守備が平凡なのと4盗塁を記録したものの、塁間4.25秒前後と走力は平凡。そういった意味では打撃と意識はプロ級だが、総合力でどう判断されるだろうか?

共栄大は、リーグ戦でレポートしたチーム。開幕週では、1番・三塁手で出場していた 長谷川 亮太(武南出身4年)は、5番・一塁手として出場で、あまり好いところを魅せられず。伊藤 ヴィットル(本庄第一出身・4年)遊撃手は、再三転がってくるゴロを無難に捌くなど身体能力の片鱗は垣間魅せてくれたがプロとなるとどうだろうか?大田のガンで146キロまで記録していた、 太田 莞地(浦和実出身3年)右腕の登板がないまま破れてしまったのは残念だった。

松澤 寛人(石巻専修大1年)投手 174/76 右/右
小野 侑宏(石巻専修大4年)二塁 170/70 右/左

長谷川 亮太 (共栄大4年)三塁 180/75 右/右
伊藤ヴィットル(共栄大4年)遊撃 178/72 右/左
太田   莞地(共栄大3年)投手  177/70 右/左

大会初日東京ドーム第二試合・ 東洋大 VS 東海大北海道



飯田 晴海(常総学院出身・4年)右腕については、リーグ戦終盤に詳しくレポートしたばかり。非常にオーソドックスなフォームから、130キロ台後半~140キロ台中盤の速球は手元までビシッと来る。リーグ戦で見た時よりもボールは来ていた印象で、内角への厳しい攻めや牽制の上手さも改めて印象づけられた。ただし中背の投手ゆえの平面的な球筋と、それほど苦にならないキレイなフォームであり、よほど繊細なコントロールや強烈なフィニッシュボールがないと、大学からプロ入りは厳しいのではないのだろうか? スカウトからも注目されているが、社会人経由の選手だとみている。

東洋大では終盤に 甲斐野 央(東洋大姫路出身・3年)右腕が、長身かラ繰り出す速球は147キロまで到達。正直ここまで速いとは思っていなかったので、嬉しい誤算となった。これまで適度の速さのあるオーソドックスな投手という認識しかなかったが、秋に向け楽しみな選手がでてきた。

東海大北海道は東洋から勝ち星をあげたが、誰か突出した選手がいるという感じではなかった。試合運びの上手さとまとまりの良さで、東都代表を撃破した印象だった。

飯田 晴海(東洋大4年)投手 175/77 右/右
甲斐野 央(東洋大3年)投手 185/75 右/左

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.