東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権初日・東京ドーム第三、第四試合

大会初日東京ドーム第三試合 帝京大 VS 桐蔭横浜大



帝京大の先発・小倉 大生(岡山学芸館出身・4年)右腕は、非常に投手らしい投手。球速は130キロ台中盤が多く、MAXで140キロ強。カーブ・スライダー・フォーク系の織り交ぜ持ち球もオーソドックス。安定した制球力とマウンド捌きをする選手で、見ていて大崩れするタイプではない。その一方でストレートにあと一歩強さがなく、この辺が今後改善されてくると総合力の高い投手だけに期待が持てそう。帝京のエースとしての実績もある選手だけに、今後も野球を続けて欲しい一人。

一方の桐蔭横浜大の先発は、三浦 裕作(川崎北出身・2年)右腕も、総合力に優れた先発型。こちらは、130キロ台~MAXで144キロぐらいまで出せる投手で、ストレートの手元までの威力も水準レベルに達している。カーブ・スライダー・チェンジアップなどを織り交ぜ、コントロール・マウンド捌きもまずまず。すでに2年春のシーズンに4勝・MVPを獲得するなど、大学選手権出場の立役者となった。先輩の小野 和博(SUBARU)投手に近いレベルまで、来ているのではないのだろうか。確か小野が頭角を現したのは3年春だったと思うので、それより一年早く全国大会で登板。まだボール全体が高いのと、それほど繊細な投球術がない。そのため今後已を高め追求して行ければ、大学からのプロ入りも夢ではないのではないのだろうか。

両チームで目を惹いたのが、二人のリリーフ投手。菊地 丈留(帝京出身・4年)左腕は、全身を使って来るパワーピッチャー。球速こそ130キロ台後半だが、ボールの勢い・球威は140キロ台中盤を連発しているような迫力がある。変化球は、カーブ・スライダーと投球に深みは感じられないものの、気迫のこもった投球は見るべきものがあった。全く知らない投手だったが、4年生でこれほどの左腕が帝京にいたとは思わなかった。普段の内容がよくわからないが、社会人などで野球を続けたら2年後のプロ入りがあっても不思議ではない。秋も、注目して追いかけてみたい一人だった。

また桐蔭横浜大の 登坂 航大(市立川越出身・2年)右腕も、躍動感溢れる投球が光った。172センチと上背はないが、伝説の伊藤 智仁(元ヤクルト)投手のような、体重移動滑らかなフォームが印象的。ストレートはコンスタントに140キロ台を記録し、キレのある球は145キロまで到達。カーブ・スライダー・フォークなどの変化球も、フォームに勢いがあるので思わず振ってしまう。力投派なのだが、コース一杯に決まる爽快感は素晴らしい。あとはキレ型の力投派なので、少しでもキレが鈍ったり、コースを間違えると怖いタイプ。あと2年間あるので、ボールの芯に力がついて来ると、大学からのプロ入りも現実味を帯びてくる。同学年に先発した 三浦裕作 がいるのも、好い刺激となりそうだ。

打者では、内角の球を狙いすましたようにライトスタンドに叩き込んだ、帝京大の3番・木下 和哉(横浜隼人出身・4年)右翼手の打撃が光った。走っても左打席から4.1秒前後で駆け抜けるなど、走力も水準以上。社会人などで、野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また一年生ながら、桐蔭横浜大の4番に座った 渡部 健人(日本ウェルネス出身・1年)一塁手は、初の全国でデビューで2安打と存在感を示した。甘い球を逃さない強打は、すでに大学生に混ぜても全国級。昨年東京都大会で話題になった選手で、当時は100キロを超える体型でも、無難にショートをこなしていた動ける選手。将来的には大学でもサードあたりでアピールできれば、卒業時にはプロ入りも意識できる存在ではないのだろうか。

小倉 大生(帝京大4年)投手 181/80 右/右
菊地 丈留(帝京大4年)投手 175/80 左/左
木下 和哉(帝京大4年)右翼 175/77 左/左

三浦 裕作(桐蔭横浜2年)投手 183/77  右/右
登坂 航大(桐蔭横浜2年)投手 172/65  右/左
渡部 健人(桐蔭横浜1年)一塁 175/105 右/右

大会初日・東京ドーム第四試合 福岡大 VS 富士大



富士大はオープン戦で、福岡大は開幕戦を観戦していたチーム同士の対決。注目のドラフト候補・小林 遼(仙台育英出身・新4年)捕手は、バントの際に浮いた球をダイビングキャッチした好プレーは見られたものの、やや精彩欠いた印象を受けた。リーグ戦では打率.200厘と低迷し、オープン戦の頃にはさほど気にならなかったスローイングがワンバウンドでいう物足りない。知り合いが、送球がおかしかったと観戦した時に言っていたとおり、何処か痛めているのかわからないが、その辺が大きなマイナス材料。そういった問題の解決が見えて来ないようだと、社会人に流れるかもしれない。

富士大の先発は、加藤 弦(八重山商工出身・4年)右腕。130キロ台後半~MAXで143キロぐらいの球速も、高めのストレートの回転はよく空振りが奪える。緩いカーブに、フォークのような縦の変化を織り交ぜ、特に縦の変化の落差が大きいのが特徴。今後も野球も続け、そこで更にレベルアップするようだと、プロも視野に入ってくるかもしれない。

またその後をうけた、鈴木 翔天(向上出身・新3年)左腕が好投。バランスの取れた好投手タイプの左腕で、カーブ・スライダー・チェンジアップなどを持ち球にしている。春のオープン戦でもMAXで88マイル・141キロまで記録していたが、この試合でも143キロに到達。特にプロという匂いはまだしてこないが、来年までにう少し投球にメリハリがついて来ると、正統派左腕だけにドラフト候補に名前があがってくるかもしれない。特にボールになるスライダーを、振らせるのが上手い。

その他富士大では、4番の 三浦 智聡(盛岡大附出身・4年)一塁手が、レフトスタンドに叩き込んだり、センター前に強烈にはじき返すなど、パワフルな打撃で存在感を示した。守備位置の関係からドラフト候補かと訊かれる疑問だが、社会人で続けて行ける強打者だった。

福岡大では、開幕戦で良かった4番の 春日 大生(東福岡出身4年)捕手が、あまり見せ場なく終わってしまったのは残念。1.8秒台中盤で投げられる強肩の持ち主だが、送球の際に落球してしまい送球投げられず。打ってもヒットを放てないなど、残念な結果に終わった。小林よりも体格に恵まれプロっぽい捕手ではあるが、そのまま社会人に進むことになるのではないのだろうか。ただし個人的には、高山 竜太朗(九州産業大-巨人育成)捕手よりも、総合力では上を行っているとは思うのだが・・・。

小林 遼 (富士大4年)捕手 173/80 右/左
加藤 弦 (富士大4年)投手 180/71 右/左
三浦 智聡(富士大4年)一塁 175/77 右/右

春日 大生(福岡大4年)捕手 176/77 右/右

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.