東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権2日目・神宮球場・第一、第二試合

大会2日目神宮球場第一試合・東北福祉大 VS 四国学院大



注目の 小久保 気(四国学院大4年)右腕は、非常にオーソドックスなフォーム。球速は130キロ台中盤~140キロ台前半ぐらい。勝負どころでは、140キロ台中盤まで出して来る。しかし178センチと中背の体格のせいもあるが、それほどボール自体に凄みや伸びみたいなものは感じられない。また普段の球筋も真ん中~高めが多いなど、コマンドも繊細というほどでもない。カーブと追い込むと縦に大きく落ちるフォークがあり、この球には結構な落差がある。もう少しストレートの質・コマンドを磨いて、社会人で2年間ぐらいしてからの方がプロ入りは良いのではないのだろうか? 大学の先輩でありプロ入りした 高野 圭佑(JR西日本-ロッテ7位)の方が、ボール自体のインパクトはあったように思えるので。

東北福祉大では、全日本メンバーでもある 楠本 泰史(花咲徳栄出身・4年)中堅手が注目。故障でショートから一塁、そして最終学年では中堅にコンバートされた。俊足を活かした広い守備範囲を誇り、身体能力が高いだけにセンターでも活かせそう。この春には首位者にも輝いたように、ボールを芯で捉える能力には確かなものがある。ただし左打ちの長打が売りではない外野手となると、なかなかプロ側の敷居は高くなりがち。それだけにドラフト指名は微妙であり、指名されても中位より下の順位になるのは間違えなさそうだ。できれば、もう少し中堅守備などを見てみたかった。日米野球などで、再度確認してみたい。

また福祉大の投手では、津森 宥紀(和歌山東出身・2年)右腕は、サイドからコンスタントに140キロ台の速球を投げ込む速球派。他にもスライダー・シンカーなどをテンポよく投げ込んでくる。順調にこのまま最終学年まで行ければ、即戦力のリリーフ候補としてドラフト指名される可能性は充分に秘めている。

小久保 気(四国学院大4年)投手 178/78 右/左

楠本 泰史(東北福祉大4年)中堅 180/77 右/左
津森 宥紀(東北福祉大2年)投手 177/78 右/右

大会2日目神宮球場第二試合・近大工学部 VS 中部大



近大工学部の先発・向井 翔也(広島工出身・3年)右腕は、少々肩で投げるような負担のかかるフォームながらも、130キロ台後半~MAX143キロの速球を投げ込む。特にその速球以上に、縦に割れるスライダー、緩いカーブ、フォークなどの落差もあり、変化球各種の曲がりが良いのが持ち味。ストレートがキレ型でさほど球威がないので、甘いところに入ると長打を浴びやすい。将来的にドラフト候補になりえるかと言われると微妙だが、社会人でも野球を続けて行ける素材だろう。最終学年でストレートに厚みが出てくれば、周りの目も変わってきそうだが。

むしろプロ向きという意味では、その後に投げた 野村 健人(南陽工出身・3年)右腕。こちらは体格にも恵まれ、小さめのテイクバックながらもズシリと厚みのある球を投げ込んでくる。球速の中心は140キロ前後(MAX145キロ)ぐらいだったが、それよど5キロぐらい速く見える勢いと威力がある。変化球は、カーブ・スライダー・フォークなどがありそうだが、野村の方はストレートへの比重が高いタイプ。今後の成長次第では、来年のドラフト候補に名前があがってきても不思議ではないところまで来ている。

また中部大で光っていたのは、1番を打っていた 土田 昂平(砺波工出身・4年)左翼手。砺波工業時代から注目されてきた県内NO.1打者で、ヘッドスピードが速くスイングはプロ級。ミート能力も確かで、今春のリーグ戦では打率.405厘でリーグ2位の好成績。一塁までの塁間も、3.9秒前後とプロでも俊足の部類。これだけの俊足ながら、守備位置が左翼なのは気になる。守備範囲は広そうで、肩も標準レベルぐらいはありそうに見えたのだが。残念だったのは、ファールを追った際に負傷してしまい、試合の途中で交代。大学からのドラフト指名となると厳しそうだが、社会人での2年後を期待した。

向井 翔也(近大工学部3年)投手 175/65 右/右
野村 健人(近大工学部3年)投手 182/78 右/右

土田 昂平(中部大4年)左翼 176/74 左/左

スポンサーサイト
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.