東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権2日目・東京D・第二、第三試合
大会2日目東京ドーム第2試合 東海大九州 VS 天理大

この試合で目を惹いたのが、東海大九州のリリーフで登場した 小川 一平(横須賀工出身・2年)右腕。181/80 の均整のとれた体格の投手で、柔らかいの腕を思いっきり振って来られるのが長所。まだまだ細かいコントロールがなく荒削りな側面はあるが、MAX146キロを記録した球速に更なる上積みが期待できそう。志しを高く持って今後も取り組めば、最終学年にはドラフト候補・プロへの可能性を秘めた素材ではないのだろうか。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、これらのボールにも磨きをかけたい。

また先発した 牛丸 将希(玉名出身・4年)右腕も、ガッチリした体格から140キロ台の力強いボールを投げていた。立ち上がり制球に苦しみリズムに乗れないまま序盤でK.Oされてしまったが、スライダー・チェンジアップ系の球を織り交ぜ、卒業後も野球を続けて行ける素材。ボールには力があるが、合わされやすいフォームなどに何か工夫が持てると変わってきそう。

一方の天理大の方では、5番の 山本 柊作(天理出身・4年)左翼手が、ライトスタンドにホームランを放つなど打撃で気を吐いた。鋭い打球には目を見張るものがあるが、左翼手なのと一塁までの到達タイムが左打席から4.3秒前後と並なのが残念。企業チームで続けられるかはわからないが、クラブチームなどでも野球を続けて欲しい一人。

また4番の 田中 秀政(明徳義塾出身・3年)一塁手も、右打席からパワフルな打撃で3安打。こちらもポジション・走力などでの総合力の部分では気になるが、打撃では見るべきものがあるので今後も気にしてゆきたい選手だった。

小川 一平(東海大九州)投手 181/80 右/右
牛丸 将希(東海大九州)投手 172/67 右/右

山本 柊作(天理大)左翼 180/78 右/左
田中 秀政(天理大)一塁 175/85 右/右

大会2日目東京ドーム第3試合 石巻専修大 VS 岐阜経済大

緒戦では登板がなかった 石巻専修大の先発・菅野 一樹(聖和学園出身・2年)右腕は、非常にオーソドックスな投手。球速は130キロ台後半~140キロ台前半と平凡だが、ボールに厚みがあり、球速以上の球威を感じさせる。変化球も、カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜ、8回を投げて6安打・1失点と好投を見せた。試合の方は1-0で破れてしまったが、今後も順調にパワーアップして行ければ、最終学年でドラフト候補に位置づけられておかしくはない。

また初登場となった岐阜経済大の先発・與座 海人(沖縄尚学出身・4年)右腕は、正統派のサブマリン。125キロ~130キロ台前半ぐらいの真っ直ぐに、カーブ・スライダー・シンカーなどを織り交ぜて来る。いつもいうようにアンダーハンドの球速の目安は、プラス15キロぐらいすると、上手の球速の投手と比較できる。そういった意味では、この選手は、おおよそ140キロ~140キロ台中盤ぐらいの球速で投げ込んで来るように感じるはず。ただしあくまでもこれは一つの目安であるので、実際は120キロ台の球であるので甘く入れば長打を浴びてしまうことは否定できない。それでも 高橋 礼(専修大)に比べると、ボールがしっかり手元で切れて、浮き上がって来る感じの球もある。ただしこの手のタイプにしては、シンカーを滅多に使って来なく、あくまでもコーナーワークで勝負するので空振りが誘える球はない。またサイド・アンダー系の打ち難さを作るしなるような腕の振りでもない。それでもこの試合では、9回を投げて内野安打の1本・10奪三振・無失点とほぼ完璧なピッチングを魅せていた。プロでもほとんどいない実力派サブマリンでもあり、プロ側からみれば非常に興味深い素材。順位にこだわらなければ、本会議中に指名される可能性は高いとみる。

また東海大北海道戦でリリーフ登板した岐阜経済大の 濱口 雄大(高知農出身・4年)右腕は、代わりっぱなから質の良い140キロ台後半(MAX149キロ)を連発。変化球は、カットボール・スライダー・チェンジアップなどで、しっかりカウントを整えることもできていた。ストレートこそバラついていたものの、前評判ほどの制球難でもなく、2イニングを無四球で乗り越えた。できすぎだったのかもしれないが、この日の内容ならば3位以内の指名があっても不思議ではない。社会人入りが濃厚とも言われている選手だが、今大会の投球でプロ側の評価が代わり、進路にも変化が出てくるのか注目される。

菅野 一樹(石巻専修大)投手 180/81 右/右

與座 海人(岐阜経済大)投手 173/74 右/右
濱口 雄大(岐阜経済大)投手 177/80 右/左

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.