東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年大学選手権3日目神宮大会レポート
大学選手権レポートの最終回。大会3日目の神宮球場の模様が消えてしまったので、後日再放送で確認して、ここに追加しようと思っています。この日に大会初登場した、和歌山大と国際武道大は、準々決勝まで勝ち上がっているのでその試合の模様からレポートさせてもらいます。

大会3日目神宮球場・第一試合・和歌山大 VS 岡山商科大

奈良学園大の、16連覇をを阻止したのが和歌山大。上武大の試合を観る限りは、突出した選手がいる印象はありませんでした。そんななか下級生の頃からチームを支えてきた 宮本 翔太(高川学園出身・4年)右腕がリリーフで登板。右肩を痛めた影響で、120キロ台後半~130キロ台前半ぐらいしか出ていませんでしたが、好調時には140キロ台中盤を記録する力量の持ち主。ぜひ秋には、回復した姿をリーグ戦で魅せて欲しいものです。

岡山商科大の方では、豪腕・蔵本 治孝(神戸国際大附出身・4年)右腕が、最速147キロを記録したものの、2回1/3 で降板。この投球の模様は、後日ここで補足させて頂きたいと思います。

宮本 翔太(和歌山大4年)投手 176/74 右/左

蔵本 治孝(岡山商大4年)投手 185/95 右/右

大会3日目神宮球場第二試合・国際武道大 VS 九州産業大





スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.