東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年夏・甲子園大会初日レポート
遅ればせながら、甲子園のレポートを少しずつ行って行きたいと思います。とりあえず軽くみて、詳細はその後のレポート・寸評に繋げて行きたいと思います。

大会初日第一試合 彦根東 VS 波佐見

彦根東の先発は、増居 翔太(2年)左腕。球速こそ130キロ前後程度だが、球持ちがよく差し込まれやすいのと、低めを中心に球筋が集まるのは好感。カーブ・スライダーなどを織り交ぜるオーソドックスなスタイルで、新チーム結成直後の秋のチームでは中々攻略が難しそう。来年のドラフト候補云々ということはないと思うが、ゲームメイクできるセンスとまとまりがあり、今後もアマ球界で長く活躍して行ける可能性を持った投手だった。

波佐見の先発・隅田 知一郎(3年)左腕は、事前に知らない投手だった。しかし常時135~MAX143キロのストレートには球威があり、容易に前に飛ばさせない強さがあった。変化球は、スライダー・チェンジアップなどだが、増居のような細かいコントロールはなく、アバウトなところが今後の課題。大学にいって力量を高めれば、すでに140キロ台を叩き出せる左腕だけに可能性を秘めた素材ではないのだろうか。

波佐見では、1番を打っていた 村川 大介(3年)遊撃手の力量が抜けていた。コンタクト能力が高い上に、右に左に鋭い当たりを連発。最初は緊張でぎこちなかった遊撃守備も、徐々に動きの良さを魅せてきた。また二塁打を2本打ったあとに、相手守備を冷静にみてセーフティバントを決める視野の広さ、野球センスの高さは際立つ。その時の一塁到達タイムは、3.7秒と快速ぶりも印象づけた。173/69 と小柄な選手だが、石井琢朗を彷彿とさせる選手で面白い存在かもしれない。この試合のみで破れてしまったのは残念だが、長崎大会の模様を見ながら寸評を作成してみたい。

また試合後「筒香2世」の呼び声もあがった波佐見の4番・内野 裕太(2年)左翼手も来年に向けて楽しみなスラッガー候補。内角低めの球を叩いて、まさかスタンドインするとは思わない低い弾道には驚いた。その後もヒットを放つなど、存在感を示した。県大会では結果を残せなかったが、甲子園で監督の期待に応える活躍を魅せた。

増居 翔太(彦根東2年)投手 171/59 左/左

隅田知一郎(波佐見3年)投手 172/66 左/左
村川 竜也(波佐見3年)遊撃 167/62 右/右
内野 裕太(波佐見2年)左翼 175/83 右/左

大会初日第二試合 済美 VS 東筑

済美の先発・八塚 凌ニ(3年)右腕は、非常にオーソドックスなフォームと投球。135~140キロぐらいの速球と、スライダー・チェンジアップとのコンビネーションで投球を組み立ててくる。ただしこの投手、球速以上に手元で伸びてくるので、打者は差し込まれることが多いのが特徴。こういった投手は、コンスタントに140キロ台ぐらい刻めると、まとまりもあるだけに面白くなってくるかもしれない。しかしながら4番を打つ打力もあり、大学などでは野手に専念するかもしれない。右方向に打球が伸びるのが、この選手の持ち味か。

東筑の先発・石田 旭昇(2年)右腕は、サイドハンドかの135キロ前後の速球と右打者内角に食い込む2種類のツーシームに特徴。他にカーブだかスライダーなども投げて来る。かなりコントロールが粗っぽい荒れ球投手で、打者としては的が絞り難い。また135キロぐらいでも球威があり、うまくハマってくると厄介な投手だと言えよう。来年のドラフト候補とかいうことはないが、この荒れ球をうまく活かしつつ変化球を磨くと、実戦派として異彩を放つ存在になりえるかもしれない。

済美では、2番手で投げた 影山 尭紀(3年)左腕が、八塚以上の投球で好投。135キロ前後ながらキレのある速球を投げ込み、この球で空振りが誘えていた。他にスライダー、チェンジアップなどもあるようだが、次戦での投球も注目される。

また愛媛では話題だった強打者・亀岡 京平(3年)三塁手は、右に左へと腕っ節の強い打撃が目立った。特にセンターバックスクリーン横の中断スタンドに叩き込んだパワーは、想像以上。パワフル打者にありがちな脆さがなく、県大会でも.550厘のコンタクト能力の高さも実証できた。また三塁手としても、出だしの一歩目が鋭く守備範囲が非常に広い。走力は無さそうだが、打撃と守備力があるので、次戦でも注目してみたい強打者だった。

八塚 凌ニ(済美3年)投手 175/77 右/右
影山 尭紀(済美3年)投手 173/77 左/左
亀岡 京平(済美3年)三塁 172/87 右/右

石田 旭昇(東筑2年)投手 173/67 右/右

大会初日第三試合 津田学園 VS 藤枝明誠

藤枝明誠の先発・久保田 蒼布(3年)右腕は、サイドハンドから130~135キロぐらいの速球に、スライダー・シンカーなどを織り交ぜて来る好投手。特にシンカーが強力で、両サイドを広く使った投球に特徴がある。U-18の日本代表候補にも入っている選手ではあるが、ドラフト候補というタイプではない実戦型。

藤枝明誠では、4番の 中田 悠斗(3年)右翼手も旧チームか目立っていた好打者。ヘッドスピードが鋭く、柔らかいハンドリングを活かしたミート力に、パンチ力を兼ね備えた中距離ヒッター。俊足で守備・肩も基準レベルに達し、三拍子のバランスが取れている。高校からプロというほどではないにしろ、大学などでも活躍が期待される存在。

また津田学園では、1年生ながら5番を担った・藤井 久大(1年)右翼手の、振り出し鋭いスイングが目立った。小柄だが打撃センスはすでに光っており、2年後は三重を代表する野手に成長しそう。また三重屈指の捕手である久保田 拓真(3年)は、負担を軽くするためなのか6番打者として出場。しかしヒットを連発し打撃でも存在感を示し、捕手としてもグラブさばきは光っていた。試合では、座ったままでも送球できる強肩ぶりは確認できなかったものの、次戦でのスローイング機会を待ちたいところ。今後も継続して注目したい、評判通りの大型捕手だった。

久保田蒼布(藤枝明誠3年)投手 176/68 右/右
中田 悠斗(藤枝明誠3年)右翼 180/78 右/左

藤井 久大(津田学園1年)右翼 167/64 左/左
久保田拓真(津田学園3年)捕手 183/78 右/右

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.