FC2ブログ

2017年夏甲子園3日目・第三・第四試合


大会3日目・第三試合 おかやま山陽 VS 聖光学院

おかやま山陽の先発・大江 海成(3年)右腕は、かなり肘が下がって出て来るスリークォーターから135~130キロ台後半の速球を投げ込んでくる。変化球は、カットボールにスプリットというところで球速以上にボールに勢いが感じられる。ただしその分投球に角度がなく、一辺倒な印象も否めない。大学などでも続けて行ける素材だと思うが、今後どのぐらい上積みが残っているだろうか?

聖光学院の先発・斎藤 郁也(3年)右腕は、腕が突っ張って投げるアーム式の力投派。球速は135~140キロ前半を記録するが、腕がしならないぶん、ボールの伸びでは大江の方があるように感じる。カーブ・スライダー・チェンジアップをなどを織り交ぜ、特にチェンジアップで空振りが奪えるのが強味。こちらも現時点ではプロ云々の素材ではないが、地方大学などでなら早くから頭角をあらわすかもしれない。

プロも注目するという 小松 章浩(おかやま山陽3年)右腕は、試合中盤から登場。181/79 の均整の取れた体格から、135~140キロぐらいの角度のある速球に、スライダー、フォークなどを投げ込んで来る。思ったほどストレートの勢い・球速が物足りなく、ボール全体が高いのも気になるところ。またフォークがまだ身体の近くで落ちていないのか? 見極められてしまうことも少なくない。将来性を秘めた素材なので、大学などでもうワンランク上の総合力を身につけたい。

聖光学院では、4番を打つ・柳沼 楽人(3年)一塁手が抜けた存在だった。コンタクト能力もあり、かつパワフルな打撃は、園部 聡(オリックス)を彷彿とさせる。下級生時代から全国で実績を残してきた先輩に比べると、実績・実力的にワンランク劣る印象はあるが、東北などの大学に進めば主力として活躍して行けそうな素材ではあった。今後の試合でも、どのぐらいの活躍を示すのか注目したい。

大江 海成(おかやま山陽3年)投手 176/76 右/右
小松 章浩(おかやま山陽3年)投手 181/79 右/右

斎藤 郁也(聖光学院3年)投手 174/71 右/左
柳沼 楽人(聖光学院3年)一塁 177/81 右/右

大会3日目・第四試合 早稲田佐賀 VS 聖心ウルスラ学園

聖心ウルスラ学園の先発・戸郷 翔征(2年)右腕は、サイドに近い腰高のスリークォーターで、常時135~140キロ台前半のキレの良い球が特徴。身体の近くでキュッと曲がるスライダーとのコンビネーション。シンカー気味の球もあるようだが、現状はこの球は発展途上。しかしボールの勢い、マウンド捌き、制球力などの総合力も高く、新チーム以後は宮崎を代表する存在になりそう。来年のドラフト候補の一人として、覚えておいて損はないだろう。

早稲田佐賀の方では、途中から登板した 森田 直哉(3年)左腕。181/79 の均整の取れた体格ながら、投げ終わった後バランスを崩すフォーム。球速は130~中盤程度だが、打者がタイミングがとり難いのか球速以上に威力はありそう。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、大学などで野球を続けてゆくのだろう。ドラフト候補云々ではないが、今後何処までストレートが磨かれるか。理想なステップを見つけて、力をうまく伝えられるようになりたい。

戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園3年)投手 184/70 右/右

森田 直哉(早稲田佐賀3年)投手 181/79 左/左

スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード