FC2ブログ

2017年夏甲子園4日目・第一・第二試合


大会4日目・第一試合 中京大中京 VS 広陵

中京大中京の先発は、磯村 峻平(3年)左腕。球速は135~140キロ強ぐらいだが、ボールにキレと勢いがあり球速以上に感じさせる球質。変化球はスライダーとのコンビネーションで、やや単調な印象は否めない。フォークもあるのだがまだ精度は低く、この球を打者に意識させることができるようになると、投球に奥行きが出て来るだろう。高卒プロという匂いはして来ないが、大学などでも活躍が期待される存在。

ドラフト候補としても注目される広陵の先発・平元 銀次郎(3年)左腕。こちらも135~140キロぐらいの球速だが、磯村ほどのキレは感じられない。ただし広島大会のときは、コンスタントに140キロ台~中盤ぐらいまで出ていて、これは単にスピードガンの違いからなのだろうか? 変化球は、110キロ台の緩いカーブと120キロ台のスライダー。時々左打者外角にズバッと良い球を決めるときはあるが、まだコントロール、投球術、ボールのキレ含めて物足りず、高校からの指名はどうだろうか? 大学などで更に総合力が引き上げられるようだと、卒業時には上位レベルに到達していても不思議はない。

この二人以上の球速を叩き出していたのが、伊藤 稜(中京大中京3年)左腕。小さめなテイクバックから、コンスタントに140キロ前後~MAX143キロに到達。ボールには確かな勢いが感じられるものの、その割に打者が苦になく合わしていたのが気になった。変化球もスライダーのみのようで、打者としては的が絞りやすいのかもしれない。この辺はチェンジアップ系のボールなど習得したり、フォームに更なる工夫を重ねるなど改善の余地がありそう。それでもランナーを背負うとじっくりボールを持つなど投げ急がないセンスもあり、まだまだ大学などでの成長が期待できる。

また中京大中京の核弾頭・伊藤 康祐(3年)中堅手も好選手。センターバックスクリーンに叩き込むパンチ力があり、右打席から4.3秒強(左打者換算で4.05秒強)ぐらいの俊足に、守備・肩なども悪く無さそうで三拍子バランスが取れている。関東などの有力大学などでも、野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また今大会注目の捕手であった 中村 奨成(広陵3年)捕手は、衝撃的な内容だった。ライトスタンドに2本の本塁打を叩き出したり、センター前、レフト前にもヒットを放つなど大当たり。県大会、打率.176厘の不調を払拭して見せた。また捕手としても打球への反応が素早かったり、バント処理の際に二塁で刺したような圧倒的な強肩ぶりも確か。強肩と超高校級の打撃で、1位指名候補であることを決定づけた。こと中国地区では、あの 谷繁元信(大洋-中日)以来の大物ではないのだろうか。

気になる点をあげれば、2度のキャッチングミスがあったこと。けして打球への反応が悪かったり、ミットの出し方は間違っていないものの、いずれも前に止められなかったのは悔やまれる。また打っているのが速球系だけなので、変化球をしっかりコンタクトしているところを次回の試合で観てみたい。昨年はややプレーに雑な面があったが、そういった部分はこの一年間でだいぶ解消されつつある。ただし投手の気持ちを察するようなきめ細やかなタイプというよりは、圧倒的な打力と地肩で魅了するポテンシャル型捕手であるのは間違いない。

また最終回に登板した 森 悠祐(広陵2年)右腕は、制球に苦しんだものの、MAX147キロを記録するなどスピード能力は一級品であることを示し、U-18の候補メンバーでもある 鵜飼 航丞(中京大中京3年)一塁手は県大会打率.190厘だったが、2本のヒットを放ち名目躍如といったところだった。

磯村 峻平(中京大中京3年)投手 178/77 左/左
伊藤 稜 (中京大中京3年)投手 177/81 左/左
伊藤 康祐(中京大中京3年)中堅 172/76 右/右
鵜飼 航丞(中京大中京3年)一塁 181/83 右/右

平元銀次郎(広陵3年)投手 180/73 左/左
中村 奨成(広陵3年)捕手 181/78 右/右
森  悠祐(広陵2年)投手 178/70 右/右

大会4日目・第2試合 横浜 VS 秀岳館

選抜で最も株をあげた男・川端 健斗(秀岳館3年)左腕が登場。相変わらず投げ終わったあとのバランスが悪いが、コンスタントに140キロ台~中盤の速球には勢いがある。更にハードな曲がりをするスライダーの威力は一級品で、三振を奪えるサウスポー。チェンジアップ系の球も投げるものの、現状は速球とスライダーのコンビネーション。全国で3本の指に入るサウスポーであり、ドラフトでも2,3位ぐらいでは消えるのではないのだろうか。粗っぽいコントロールなだけに、じっくりとみられると苦しいのと一辺倒な投球を今後いかに改善して行けるかではないのだろうか。

横浜の2番手で登場したのが、スーパー1年生である・及川 雅貴(1年)左腕。まだボールに凄みはないものの、すでにコンスタントに140キロ台を刻み、横滑りするスライダーとのコンビネーションで一定のまとまりを持つ。また田中将大を彷彿とさせるような顔つきで、意志の強さも滲みでる。この投手を今後、どの程度の選手までに育てあげられるかで、横浜の未来は大きく変わってきそうだ。やはり現時点でのレベルから考えると、上位指名でプロに送り出せるまでには育てあげたい。

横浜ではドラフト上位候補の 増田 珠(3年)中堅手が4番で出場。神奈川県大会では、打率.600厘 5本 11打点と存在感を示したが、この試合ではセンター前一本にとどまり充分なアピールとは行かなかった。甲子園でのアピール次第では、1位指名候補まで浮上しても不思議ではない状況だっただけに残念。緒戦で姿を消し、ドラフトでは2位指名前後に留まるのではないのだろうか。

来年の候補と期待される 万波 中正(横浜2年)右翼手は、リリーフで登場し常時140キロ台~中盤の速球を投げ込むなど、最近では投手の素材という色彩が強くなってきた。打席でもマウンドでも、力みが薄れ周りを見えるようになってきたところは成長の証。まだまだ投打に粗いが、ポテンシャルの高さがあるのは間違いない。来年のドラフト候補として、追いかけてみたい一人。

また県大会では、川端以上の投球で成長を実感させられた 田浦 文丸(秀岳館3年)左腕。しかし体調が悪く、予選よりも15キロ近い遅い内容で、全く物足りなかった。チェンジアップが良くなったことで投球の幅が広がったことは認めるが、次戦の巻き返しに期待したい。熊本予選並の投球を見せれば、いっきに指名候補に再浮上して来るだろう。

また指名候補と目されていた 福永 奨(横浜3年)捕手は、ホームランを放ったり捕殺を決めたりと存在感を示した。打撃も窮屈でバットの抜けが悪かったスイングが改善され、だいぶ素直に振れるようになってきている。また投げるまでに時間がかかったスローイングも捕ってから素早くなり、持ち前の強肩が生きるようになってきた。志望届けを提出すれば指名は濃厚な素材だが、ここに来て進学が噂されているのは残念。

川端 健斗(秀岳館3年)投手 175/70 左/左
田浦 文丸(秀岳館3年)投手 170/75 左/左

及川 雅貴(横浜1年)投手 181/78 左/左
増田 珠 (横浜3年)中堅 180/81 右/右
万波 中正(横浜2年)右翼 190/89 右/右
福永 奨 (横浜3年)捕手 177/81 右/右

スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード