東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2018年(2) 日体大 VS DeNA
毎年恒例・春先のDeNA2軍とアマチュアチームとの、プロアマ交流戦を観戦してきました。今回の対戦相手は、秋の神宮大会優勝チームの日体大。複数の、ドラフト候補を抱える注目チームです。

日体大の先発は、東妻 勇輔(智弁和歌山出身・新4年)右腕。170/70 と上背はないのですが、150キロを超えるストレートを投げ込む力投派。立ち上がり強風と味方のエラーでリズムが掴めず、アバウトな制球力はさらに荒れ荒れといった内容に。それでもコンスタントに145~MAX94マイル(151キロ)を記録する速球に加え、カットボール・ツーシームなどボールを動かしつつ、カーブ・スライダー・チェンジアップを織り交ぜ三振の山を築きます。特に強靭な腕の振りから繰り出されるスライダーの曲がり幅が大きく、右打者がのけぞった球がストライクに入ってきます。さらに腕の振りから見分けのつかない、チェンジアップの威力も絶大。ボール一つ一つは、今年のドラフト候補のなかでもトップ級なのは間違いないでしょう。プロでは典型的なリリーフタイプですが、イメージ的には 近藤大亮(パナソニック-オリックス)的な体型ながら、ボールの感じは三重中京大時代の 則本昂大(楽天)を、更に汚くしたような球威があります。はまれば、観客を熱く魅了する投球が大いに期待できそうです。

しかしすでに、持ち得る能力を惜しみなく出し切っているので、今後の上積み・成長といった意味ではどうでしょうか? あくまでも今ある能力が、プロで通用するかどうかの判断になろうかと。そう考えると怖さもあり、上位指名するのには勇気がいるのでは?今年はタマが豊富な年なので、3位前後ぐらいの評価に留まる可能性もあります。

驚いたのは、この東妻の後に投げた各投手も、軒並み90マイル(145キロ)以上を記録したということ。2番手の吉田 大喜(大冠出身・3年)右腕は、正統派のフォームから非常に球筋の好い92マイル(148キロ)を記録。フォークやスライダーなど、一通りの変化球も身につけています。セットポジションに課題があるのか?ランナーを背負ってからのピッチングに不安を残したものの、筋の良さを魅せてくれました。

横浜高校時代は、一学年下に藤平 尚真(楽天)などがいたため陰の薄かった 北山 比呂(横浜出身・3年)投手は、こちらも最速93マイル(150キロ)の速球でグイグイ押してきながら、スライダーやフォークを織り交ぜるピッチング。吉田とともに、来年楽しみな存在。さらに、森 博人(豊川出身・2年)右腕も、コンスタントに140キロ台を越えてきて、最速92マイル(148キロ)を記録。キレのあるスライダーを武器に今後に期待を持たせる内容でした。

最後にはエースの松本 航(明石商出身・4年)右腕が登板。3日前に体調を崩して、登板が危ぶまれたものの最後の1イニングに登場。球速は、140~最速90マイル(145キロ)程度だったものの、元々ボールの力で押すというよりは、マウンドセンスと投球術で試合を作る先発タイプの好投手。変化球も、スライダー・チェンジアップ・ツーシーム・フォークなど実に多彩。しかしこちらは、大学からプロ入りするか社会人に流れるかは微妙なタイプなだけに、今シーズンのアピール次第ではないのでしょうか。力投派が目立ったなかで、投球にセンスを感じさせるタイプです。

野手では、中心打者である 高垣 鋭次(智弁和歌山出身・2年)がセカンドへ、大木 惇司(東福岡出身・3年)が中堅手にコンバートされていたのが目新しいところでしょうか。

東妻 勇輔(4年) 170/70 右/右
吉田 大喜(3年) 175/77 右/右
北山 比呂(3年) 175/72 右/右
森  博人(2年) 176/65 右/右

総じてDeNAが繰り出す投手陣よりもボールに勢いがあり、DeNA打線から14奪三振を奪っていました。東洋大の繰り出す150キロトリオのような恵まれた体格の選手たちではないのですが、持ち得る能力を出し尽くせる才能には好感が持てます。今シーズンも、全国の頂点を狙える陣容ではないのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.