東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2018年 大学選手権二日目・東京ドーム・第一・ニ試合

大会二日目・東京ドーム第一試合 東北福祉大 VS 広島大

福祉大の先発・山野 太一(高川学園出身2年)左腕は、正統派のサウスポー。球速は135~140キロ台前半のボールが多く、昨年の大会よりも5キロ~10キロ程度遅くなっていたのは正直気になった。この辺は、肩を痛めた影響がやはりあるのだろうという気はする。それでもカーブ・スライダー・チェンジアップを織り交ぜ、投球を組み立ててくる。昨年感じた勢いやキレが鈍っていたことは気になるが、今はとりあえずある程度投げられるまでに回復したということを喜ぶべきか? それでも2年後の、有力なドラフト候補であるのにはかわりない。

一方、広島大の先発・中田 朋輝(宇部出身4年)右腕は、腕の軌道があまりキレイでないのと、球離れの早いフォームが気になった。それでもコンスタントに140キロ台~中盤ぐらいの球速を刻み、スライダーや特に縦の変化を多く織り交ぜて来るピッチングスタイル。しかしそれほど細かいコントロールや投球術はないので、甘い球を全国レベルの福祉大打線に捉えられてしまっていた。国立大の選手だけに、今後野球を続けるのかは不明だが、しっかりした環境や指導者の元野球を続けたら、どのようになるのか興味は惹かれる。

東北福祉大の二番手・椋木 蓮(高川学園出身1年)右腕は、スラッとした体型が目を惹く好投手。球速は130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいと驚くほどではなかったが、質の好い真っ直ぐとスライダーのコンビネーションで将来楽しみな投手がまた一人出てきた印象。投球の幅を広げつつ成長してゆけば、卒業する頃には上位指名も意識できる存在になっているかもしれない。

広島大の2番手・本田 昂大(刈谷出身3年)右腕も想像以上の速球派だった。身体から絞り出すように投げるフォームながら、常時145キロ前後を連発するなど指にかかったストレートは、先発の中田投手以上のものがあった。強烈な縦の変化もあり、素材としての余力は感じないが、純粋に好い投手だと思う。来年度の、中国地区を代表する投手として覚えておいて損はなさそうだ。

また福祉大の3番手で登板した 藤川 昴蓮(京都外大西出身4年)右腕は、個人的に今大会一番観たかった投手。小さめのテイクバックから140キロ台後半速球を連発。腕の下がったスリークオーター故に、少々ボールはシュート回転したり抜け気味だった。しかしそのボールの勢い・球威は確かで、逸材揃いの福祉大の中でボール力は頭一つ抜けたものを持っている。福祉大の先輩である 佐藤 優(中日2位)の大学時代よりも、ストレートの威力・勢いは上ではないかと思えるほど。投球が単調なだけに先発となると苦しいが、短いイニングならば力で押し切れるぐらいの魅力があるのではないのだろうか。個人的には、リリーフ候補としてマークしたい一人。

野手では、元山 飛優(佐久長聖出身2年)遊撃手は、一歩目の反応が鋭い。捕ってから投げるまでの流れもよく、肩も基準以上。今春のリーグ戦では、首位打者・打点王・ベストナインを獲得し、この試合でも鋭い打球を連発していた。2年後の、上位指名候補だと期待させるだけのものがある大型ショートだ。

山野 太一(東北福祉大2年)投手 170/70 左/左
椋木 蓮 (東北福祉大1年)投手 179/71 右/右
藤川 昂蓮(東北福祉大4年)投手 183/83 右/右
元山 飛優(東北福祉大2年)遊撃 180/73 右/左 

中田 朋輝(広島大4年)投手 184/83 右/右
本田 昂大(広島大3年)投手 178/74 右/右

大会二日目・東京ドーム第ニ試合 福岡大 VS 福井工大

福岡大の先発・秋山 遼太郎(田川出身4年)左腕は、左のスリークォーター。球速こそ130キロ台中盤ぐらいだが、フォームに勢いがあって打者は遥かに速く感じているのではないのだろうか。特に右打者内角を厳しく突きつつ、外角にシュート系の球を使って左右の揺さぶりが身上。変化球は、他にスライダーを織り交ぜてきて安定している。プロ云々というタイプではないのだが、社会人の関係者ならばぜひチームに加わえてみたいと思うタイプ。ドラフト云々を抜きしてみれば、九州の大学球界を代表する好投手の一人だろう。もしプロを目指すのならば、今のピッチングスタイルを維持しながら、全体の球速を常時5キロ速くし球威も増すことではないのだろうか。

福井工大の先発・斉藤 隼大(三重出身2年)右腕は、オーソドックスな好投手。球速は135~後半ぐらいと平凡だが、コントロールミスが少なく、スライダー・フォークなどを織り交ぜ投球を組み立ててくる。特に縦の変化が大きな武器で、今後ストレートがワンランク・ツーランク上がってっくと印象もグッと変わってくるだろう。2年後までに、スケールを増して行けるのかどうかに懸かっている。

打者では、福井工大の芳野 了哉(日本航空石川出身4年)三塁手は、安定した三塁守備とパワフルな打撃が自慢の4番打者。この試合でも、右方向にツーベースを放って存在感を示した。福岡大では、7番打者ながらフルスイングで目立っていた 井上 絢登(久留米商出身・1年)右翼手が、レフト方向への長打で力のあるところを魅せた。今後「久留米商のギータ」jから「福岡大のギータ」になりえるのか気になるところ。

秋山遼太郎(福岡大4年)投手 168/74 左/左
井上 絢登(福岡大1年)右翼 178/80 右/左

斉藤 隼太(福井工大2年)投手 178/76 右/右
芳野 了哉(福井工大4年)三塁 182/82 右/右

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.