FC2ブログ

首都リーグレポート

日体大はオープン戦でも観たのですが、その時に観られなかった選手を中心にレポートしたいと思います。

日体大 VS 東海大

日体大の先発・吉田 大喜(大冠出身・4年)右腕は、175センチと中背なもののボールには角度を感じさせる球筋。球速も常時145キロ前後は出てそうで、時々甘くは入るものの打ち損じをしてくれる勢いがある。また要所では、右打者の内角を厳しく突ける度胸と制球力がある。変化球は、大きく曲がりながら沈むスライダーに特徴がある。この球でカウントを整え、縦の変化で仕留めに行くのだが、この縦の変化球は発展途上。多少コントロールが甘くなり詰めの甘さを感じさせる部分はあるが、首都では最もプロ入りの可能性が高い投手ではないのだろうか。

一方の東海大の先発・原田 泰成(東海大望洋出身・4年)右腕は、140キロ前後~中盤ぐらいの球速で吉田よりも勢いではワンランク劣る印象は否めない。持ち味は、両サイドへのコマンドの高い投球。立ち上がりは、高めに浮いた球を連打されるなど、全体的に球が高いのは気になるところ。吉田ほど勢いがないので、相手が打ち損じてくれないのもどうか。他に緩いカーブ・スライダー・フォークなどもあるが、まだ絶対的な球は見当たらない。投手としてのまとまりは、要所で強さを発揮するぶん吉田よりも完成度は高い。しかしこちらは、ややプロとなるとインパクトに欠ける部分もあるので、高い評価がされない限り有力・名門社会人チームに進むのかもしれない。現状はまだボーダーラインレベルの印象で、秋まで継続して見て判断して行きたい。

ドラフト指名確実な・海野 隆司(東海大4年)捕手は、4番打者ながら右方向にはじき返すなどつなぎ打撃を披露。このへんは、打順が変わっても昨秋から変わらず自分のスタイルを貫いている。テンポの良いリード・フットワークの素軽さなどは相変わらずなのだが、少々キャッチングが雑な面があるのが気になるところか。いずれにしても秋のドラフト会議では、3位以内の入団は揺らがないだろう。「甲斐キャノン」こと・甲斐 拓也(ソフトバンク)級のスローイングも健在で、送球に関しては私が今まで見てきたアマチュアの捕手でも歴代屈指なのではないかと思う。第二戦では、低めの難しい球からの送球でも見事を走者を刺すことができていた。

原田をリリーフした・小郷 賢人(東海大3年)右腕は、今の大学球界で屈指のスピードボーラー。150キロ前後~150キロ台中盤を記録する速球に、縦に切れ込むスライダーなど縦系の落差が強烈。並の打者では、なかなか対応するのは難しい。一見粗っぽくみえるが、この試合では意外にコントロールがまとまっていたように見えた。ストレートは汚い回転をするクセ球で詰まらせ、むしろ速球を意識させておいての縦の変化球で空振りを誘うタイプといった感じがする。

一方吉田の後を継いだ・森 博人(日体大3年)右腕も、切れ味鋭い150キロ級の速球を投げ込む快速球投手。こちらは、ストレートで空振りを誘える球質に加え、縦に鋭く切れ込むスライダーを武器にしている。昨年から140キロ台後半を投げられたが、さらに球速を増してきた成長株。小郷と共に、来年は首都リーグを引っ張って行く有力なドラフト候補になりそうだ。

また第二戦で先発した東海大の 山崎 伊織(明石商出身・3年)右腕は来年のドラフト候補。明石商時代から140キロ台の速球を投げ込む本格派と期待されてきたが、球速は140キロ前後ぐらいと意外にストレートの球速・厚みが高校時代と変わっていないところは気になるところ。スライダーやフォークなどを織り交ぜ、コンビネーションを活かし、コーナーや低めに丹念にボールを集めてくる。コントロール・マウンド捌きなどの総合力は悪くないが、来年指名を意識するためには、もう少しストレートの球威・球速に凄みが出てきて欲しい気はする。

オフの「本当の凄いやつ」で寸評を作成したり、オープン戦でもレポートした 北山 比呂(日体大3年)右腕。175センチと上背はないが、全身を絞り出して投げるようなフォームから145キロ前後の速球を安定して投げられる勢いがある。スライダーやフォークなどを織り交ぜるが、それほど細かいことができるタイプではないので、上のレベルではリリーフタイプだと考えられる。短いイニングならば、勢いの素晴らしい150キロ級のボールを連発できる投手。順調にゆけば、ドラフト指名は揺らがない。先輩の松本(西武)や東妻(ロッテ)のような、上位で指名される投手ではないように思う。

吉田 大喜(日体大4年)投手 175/77 右/右
森  博人(日体大3年)投手 175/79 右/右
北山 比呂(日体大4年)投手 176/79 右/右

原田 泰成(東海大4年)投手 180/92 右/右
海野 隆司(東海大4年)捕手 172/77 右/右
小郷 賢人(東海大3年)投手 180/80 右/右
山崎 伊織(東海大3年)投手 181/71 右/右

筑波大 VS 武蔵大

筑波大の先発・佐藤 隼輔(仙台出身・2年)左腕は、仙台高校時代からプロ志望届けを提出していれば指名濃厚だった逸材。球速こそ130キロ台後半~140キロ台中盤ぐらいだが、ボールに角度があり打ちづらい。身体が突っ込んだりとバランスを崩すこともあるが、縦に切れ込むスライダーを武器に大崩れしないのが特徴。この試合でも途中まで無失点を続け、連続無失点イニングを30イニング以上まで伸ばした。特にギアを上げた時のボールの勢いは、さすがといった気がする。順調にゆけば、2年後にはドラフト上位候補として再び脚光を浴びる存在になるだろう。

2戦目の先発を任された・村木 文哉(静岡出身・3年)右腕は、高校時代から東海地区を代表する投手として知られた存在だった選手。高校時代よりもオーソドックスなフォームになった感じだったが、球速は135キロぐらいでボールの切れ・制球ともにピリッとしなかった。緩いカーブ・スライダー・フォークなどの変化球とのコンビネーションだったが、来年ドラフト候補にあげられるためには、もうワンランクもツーランクもレベルアップを望みたい。3年夏の予選あたりでは、140キロ台中盤を連発していたことを考えれば、充分にそのポテンシャルは秘めているはず。

一方の武蔵大の先発・山内 大輔(東海大菅生出身・2年)右腕も、縦のスライダーを軸に変化球中心のピッチングながら、追い込むと投げる高めのストレートは140キロ台中盤ぐらい出ていそうな勢いが感じられた。また、フォークらしき縦の変化球も悪くない。ストレートにも角度があり、要所で低めやコース一杯などにズバッと投げ込んで打者は手を出せない。こちらも順調に伸びて行ければ、最終学年にはドラフト候補に入ってきても不思議ではなさそうだった。

佐藤 隼輔(筑波大2年)投手 180/78 左/左
村木 文哉(筑波大3年)投手 184/87 右/左

山内 大輔(武蔵大2年)投手 178/78 右/右

帝京大 VS 桜美林大

帝京大の先発・広畑 敦也(玉野光南出身・4年)右腕は、第一節の日体大戦で150キロを記録した速球派。確かにコンスタントに140キロ台を越え、時にはそのぐらいの球速は叩き出せるのかもしれない。しかし中背のスリークォーターで、ボールが平面的で合わせやすく球速ほど苦にならないタイプ。変化球もカーブやスライダーといった感じで、投球に奥深さは感じられない。球速はプロ級でも、社会人などに進むタイプではないのだろうか。

打者では第二戦でホームランを連発した・光本 将吾(滋賀学園出身・1年)右翼手の今後に期待したい。チームでも5番をすでに任されているなど、その将来性は監督も高く評価しているという。これから、帝京の看板選手に育ってゆくのかもしれない。また第二戦のロングリリーフでチームに勝ちを呼び込んだ・金田 悠太朗(厚木北出身・3年)右腕も、140キロ前後の速球に変化球を織り交ぜ、8回を1安打に抑えるなど安定感抜群の好投手だった。

また桜美林大では、4番の 會田 和磨(東亜学園出身・4年)三塁手にホームランが出た。右の大型三塁手で、打席での雰囲気もなかなかのもの。今後のリーグ戦でも、どのぐらいの成績を残すのか注視して行きたい強打者だった。

また投手陣では、土井 大輝(習志野出身・4年)右腕は、140キロ前後は出ていそうな勢いのある速球と変化球とのコンビネーション冴える好投手で安心して見ていられるタイプ。タイブレークで登場した・飯村 将太(霞ヶ浦出身・3年)右腕も、140キロ台中盤は出ていそうな力のある速球に縦の変化球で後ろを任されている。こちらは少々コントロール含めて収まりが悪いが、来年候補になりうるのか見極めて行きたい一人だった。

広畑 敦也(帝京大4年)投手 174/76 右/右
光本 将吾(帝京大1年)右翼 182/84 右/右
金田悠太朗(帝京大3年)投手 177/70 右/右

會田 和磨(桜美林大4年)三塁 181/83 右/右
土井 大輝(桜美林大4年)投手 180/80 右/右
飯村 将太(桜美林大3年)投手 183/82 右/右

スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード