fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2024年センバツレポート3


大会二日目・第二試合・敦賀気比 VS 明豊

明豊では、2番手で登板したエースの 野田 皇志(3年)右腕。ガッチリした体格から繰り出すMAX142キロのストレートは、高校生離れした球威があった。変化球は、スライダーやチェンジアップを織り交ぜ、特にパームボールのような球速の遅いチェンジアップを多く織り交ぜてくる。荒っぽい速球派かと思いきや、意外に細かい部分まで意識がゆく繊細さも持っている。また、体幹の強さを活かしたパワフルなスイングも目をひいた。それでいて、打席では結構粘るなど、気持ちの強さだけでなく技術も兼ね備えた投打に優れた選手だった。

明豊の野手では、1番の 木村 留偉(3年)中堅手が、三拍子揃った好選手。打席でも鋭い当たりを連発し、二塁到達 7.6秒前後の快速ぶりが光った。センターの守備範囲も広そうで、上のレベルでの活躍も期待される。

一方の敦賀気比では、岡部 飛雄馬(2年)遊撃手の野球センスが際立つ。守ってはショートを担い、出塁すれば盗塁を決めるなど、小柄ながら将来楽しみな下級生といった感じがする。特に、野田の重い速球を苦になく打ち返すなど、小力のあるところを魅せていた。

また先発した 竹下 海斗(3年)左腕は、投手としても4番を打つ打撃の方に将来性が高そうな素材。球速は最速で135キロほどと驚くものはなかったが、地肩も悪くないだろう。ボールへのコンタクトがしっかりしており、結果はでなかったが打撃に専念させた時にはどうなるか気になる存在だった。

野田 皇志(明豊3年)投手 176/82 右/右
木村 留偉(明豊3年)中堅 172/71 右/左

岡部飛雄馬(敦賀気比2年)遊撃 163/61 右/左
竹下 海斗(敦賀気比3年)投手 178/72 左/左


大会二日目・第三試合 学法石川 VS 健大高崎

この試合の注目は、ドラフト候補の・箱山 遥人(健大高崎3年)捕手。ガンガン俺について来いといったタイプではなく、投手と対話しながら試合を作ってゆくタイプの捕手。それほどフットワークが機敏なタイプではないが、キャッチングなども安定していて、ワンバウンド処理なども必要な時にはしっかり対応してくる。ランナーがいなくても、立って返球するなど雑なところもみられない。

ただし、この試合では三遊間破るヒットなどは放っていたものの、4番を打つ打撃での印象は弱かった。また、自慢の送球を魅せる機会もなく、次戦以降でのアピールに期待といった感じで、どのランクに位置づけられるのかは2回戦以降に持ち越しとなった。

また健大高崎では、2番手で登板した 石垣 元気(2年)右腕が、オーソドックスなフォームからMAX147キロを記録。真っすぐの威力のみならず、スライダー・チェンジアップ・カーブなどの各変化球なども悪くなかった。まだ制球にバラツキは見られたが、2年春の時点としては充分合格ライン。今後の、成長を見守って行きたい投手だった。

学法石川は、それほど突出した選手がいる感じではなかった。そんな中、福尾 遥真(3年)遊撃手が、センターから右方向中心に打ち返し3安打を放って意地を魅せていた。

箱山 遥人(健大高崎3年)捕手 176/78 右/右
石垣 元気(健大高崎2年)投手 177/70 右/両

福尾 遥真(学法石川3年)遊撃 181/67 右/左

スポンサーサイト



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード