fc2ブログ

東南西北

プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!

2024年選抜大会総括(投手編)


(選抜総括・投手編)

今大会で最もスカウト達の評価が高かったのは、恐らく 今朝丸裕喜(報徳学園3年)右腕ではないのだろうか。スラッとした投手体型で身のこなしも柔らかく、それでいて140キロ台後半の球速を刻んで来る。キレの良いスライダーを武器に、カーブやフォークなども悪くない。制球力にも不安がなく、まだ球威や球質の部分では高校生のそれを脱してはいないものの、2試合目の登板となった大阪桐蔭戦では、初戦以上に内容を良化させた点も評価したいポイント。夏に向けてさらなる上積みがあれば、上位指名(2位以内)は、充分に意識できる素材ではないのだろうか。

その今朝丸と同様に、夏までの上積みがあれば上位指名が望めそうなのが、平嶋 桂知(大阪桐蔭3年)右腕。こちらは、安定して140キロ台後半を出せるなど、エンジンの大きさ・ボールの力などでは今朝丸を上回る。変化球も、スライダーだけでなく、カウントを稼ぐフォークと、空振りを誘えるフォークを使い分けるなど、まとまりや投球術も水準を満たすものがある。一冬越えた成長ぶりや、プレーへの貪欲さなどを考えると、まだまだ資質を伸ばして行ける、そういった期待を抱きたくなる。ただし気になるのは、2戦目の登板となった報徳学園戦では、初戦に比べるとパフォーマンスがかなり低下しており、本当の意味での体力や調子の波という部分ではどうなのだろう?という不安は残った。

その他、高校からの指名が有力に思えたのが、洗平 比呂(八戸学院光星3年)左腕。初戦の関東一高戦では、思ったほどボールが来ていなく物足りなさはあったが、次の試合の登板では球速も取り戻してきた。特に要所で、ビシッと良いところに決められたり力の加減を変えたりできる点は、良い投手に共通してみられる特徴。左腕らしい大きなカーブ・スライダー・ツーシーム系の球も織り交ぜ、手足の長い投手体型は177センチには見えないほどマウンドでは大きく見える。夏に向けての上積み次第では、中位(3位~5位)ぐらいでの指名も期待できそうだ。

個人的に面白いと思ったのは、平  悠真(高知3年)右腕。長身から繰り出される角度のあるボールは、140キロ前後の球速でも見栄えがする。また、要所ではズバッと良いところに決められる爽快感がある。ブレーキの効いたカーブに小さく横滑りするスライダー・それに落差のあるフォークも併せ持ち、まだまだ伸びしろを秘めた素材なども考えると、プロ入り後大きく才能を開花させられるのではないのだろうか。こちらは、下位~育成あたりを今のところは想定している。

今朝丸裕喜(報徳学園3年)投手   187/77 右/右
平嶋 桂知 (大阪桐蔭3年)投手  187/86 右/両
洗平 比呂(八戸学院光星3年)投手 177/76 左/左
平  悠真 (高知3年)投手    183/84 右/右

その他指名確定とまでは春の時点では言えないものの、横の角度を活かした投球をする 中崎 琉生(京都国際3年)や山口 瑛太(創志学園3年)などの左腕達。球威・球速で魅了するタイプではないものの、制球力や投球術に長けており、サウスポーであることを考えれば指名の可能性を秘めている。

また右腕では、前評判どおりの力を出しきれなかった 小川 哲平(作新学院3年)の巻き返しを期待。大会屈指の強打者である モイセエフ ニキータ(豊川)を苦しめた 吉岡 暖(阿南光3年)右腕の投球術。球質の良さが光った 関 浩一郎(青森山田3年)。強いボールが印象的だった 伊東 尚輝(愛工大名電3年)。上背はないが、勢いのあるボールを投げていた 坂井 遼 (関東一3年)。世代屈指の総合力を誇る 高尾 響 (広陵3年)などは、高校からのプロ入りを選択するのか注目される。

中崎 琉生(京都国際3年)投手 176/74 左/左
山口 瑛太(創志学園3年)投手 172/69 左/左

小川 哲平(作新学院3年)投手  183/92 右/右
吉岡 暖(阿南光3年)投手    182/78 右/右
関 浩一郎(青森山田3年)投手  187/81 右/右
伊東 尚輝(愛工大名電3年)投手 183/84 右/右
坂井 遼 (関東一3年)投手   178/78 右/右
高尾 響 (広陵3年)投手    172/73 右/右

(最後に)

春の時点で1位指名確定的とはいうほどの圧倒的な選手はいなかったが、夏までの上積み次第では上位を狙えたり、春の時点で指名を意識できる選手は複数いた。また、夏まで追いかけてみたいと思わせてくれる選手も結構いたので、投手に関しては例年並ぐらいの評価はできる大会だったのではないのだろうか。今大会不出組にも有力どころが複数いるので、投手に関しては彼らが中心となってドラフト迎えるのかといわれると微妙な印象は受ける。春季大会では、彼らを上回るパフォーマンスを示す選手が複数出てくることになるのかもしれない。

スポンサーサイト



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

FC2カウンター

フリーエリア

アマゾン

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード