東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年 本当に凄いやつ54 田中 英祐(京都大・3年)投手
そろそろ個別にとりあげる選手には限界が出てきたので、実際に観戦していない選手でも、動画や知り得る情報から今後の参考のためのレポートを作成したり、2013年度のプレーは確認できなくても、それ以前に実際に確認できた選手のメモを元に、有力候補のレポートを作成してゆこうと思います。恐らく今年の観戦はじめは、2月の後半~3月上旬になると考えられます。

田中 英祐(京都大・3年)投手 179/72 右/右 (白陵出身)

この選手は残念ながら実際の投球を見たことがありませんが、動画なども結構あがってるので簡単な感想や残した成績、フォーム分析などをして、少しでも実像に迫られたらと思います。

(第一印象)

もっと淡々と投げ込むタイプなのかなと思っていたのですが、一球一球かなり力を込めて投げ込む力投派といった印象を受けます。そのためボールの勢いも常時140キロ台を越えていそうで、MAX148キロの球速には偽りないボールの勢いを感じます。

変化球は、カーブ・スライダー・ツーシーム・フォークボールなど、ひと通りは持っているよう。フォーム的にはスライダー投手なのかなという印象を受けましたが、緩いカーブなども使ってきます。

その他

牽制なども鋭く、クィックなども使ってこられるなど、投球以外の部分もそれなりにこなす能力がありそう。3年間の通算防御率が2.34という数字だけに、ある程度ピッチングができる投手のようです。けして、ただの球の速いだけの投手ではないのでしょう。

ボールの勢いだけ見れば、間違いなくドラフト候補と呼んで良さそうです。京大だからという、色眼鏡はこの選手に不要なはず。あとは、変化球や制球力など含めて、投球の総合力がプロでやれるほどなのかどうか?その辺は、今年実際を確かめてからということになります。

(成績から考える)

1年春からリーグ戦に登場し、2年生になってからは完全にチームの主力として活躍してきています。三年間の通算成績は

45試合 4勝21敗 257回2/3 214安打 85四死球 169奪三振 防御率 2.34

1、被安打はイニングの70%以下 ✕

被安打率は、83.1% 。設定を甘くして80%以下でも、このファクターをクリア出来ていません。ボールの威力が劣っているというよりは、コンビネーションや変化球も含めて、課題があることが考えられます。

2、四死球は、イニングの1/3以下 ◯

四死球率は、33.0%であり、基準である33.3%以下を僅かに満たしている。絶対的な制球力はないが、四死球で自滅するような投手ではないということなのだろう。

3、奪三振は、1イニングあたり0.8個以上 ✕

この選手を見ていて一番気になったのが、この奪三振率の低さ。彼の奪三振率は、1イニングあたり0.66個。これは、極めて平凡な成績であり、140キロ台を連発するような速球を持つ選手には、決め手が欠けている印象を受けます。ストレートで仕留めきれず、そうかといって空振りの取れる変化球がない、そういったイメージが浮かびます。

4、防御率は、1点台以内 △

通算の防御率は、2.34 。2年秋・3年秋には1点台をマークし、特に3年秋には1.06でリーグ4位に。ドラフト指名を意識するのであれば、0点台の絶対領域の安定感も欲しいところ。

(成績からわかること)

データから見るかぎり、数字的にはドラフト指名は微妙な位置にいるのがわかります。特に被安打の多さと奪三振の少なさからも、変化球や投球術のレベルがどうなのかな?という不安は残ります。それだけに、その辺を最終学年でいかに払拭できるかではないのでしょうか。

(投球フォームから考える)

次は、投球フォームの観点から今後の可能性を模索してみたいと思います。ランナーがいなくても、セットポジションから、勢いよく足を引き上げてきます。

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げた足を地面の方に向けて、お尻はしっかり一塁側には落ちないフォーム。そのため体を捻り出すスペースは、それほど確保出来ていません。カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦の変化球には適さないのではないかと考えられます。また、腕の振りがスリークオーターなので、こういった球の曲がりも中途半端になっている可能性があります。

「着地」までの粘りは適度に前に足を逃がすことができ、体を捻り出す時間は悪くありません。そういった意味では、カーブやフォークといった球種以外ならば、修得して行ける可能性があります。しかし実際には、カーブやフォークといった球種を持ち球にしているし、データを見るかぎり変化球の精度不足が懸念されるので、この辺は実際に確認してみたいところ。

<ボールの支配> ☆☆☆☆

グラブは最後まで内に抱えられ、両サイドへの制球は安定。足の甲でも地面を押し付けられており、それほどボールは上吊らないのではないかと考えられます。実際の成績的には、制球は悪くないよう。

ただし結構足を勢いよく引き上げ投げ込む力投派だったり、指先の感覚自体はどうなのかな?という疑問もあり、その辺は生で見てみないとよくわかりません。

<故障のリスク> ☆☆☆

お尻をしっかり落とせない割に、カーブやフォークといった球種を投げるので、その点で肘への影響は気になります。ただし投球において、これらの球種をどの程度投げているのか、その頻度も大事な要素。

腕の角度には無理がなく、スリークオーターなので肩への負担は少なそう。それでも力投派なので、体の消耗は少なくないと言えるでしょう。その点では、日頃からケアには充分注意して欲しいところ。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りがある程度作れているので、「開き」が早そうなスリークオーターの割には我慢して投げられているように思います。コースにしっかり投げていれば、そうは痛手は喰らわないのでは。

腕がしっかり振れるのが最大の魅力であり、速球と変化球の見極めは困難。重心が深く沈んでいるので、「体重移動」はどうかなと思ったのですが、地面を強く蹴り上げられており、ボールに上手く体重が乗せられていることを裏付けます。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」「体重移動」はまずまずで、「開き」「球持ち」は平均的といった印象をうけました。しかし、フォームに大きな欠点はありません。

コントロールを司る動作もよいのですが、あとは故障に気をつけて欲しいところ。けしてフォームだけ見ていると、素材型ではないことが伺われます。

(最後に)

成績やフォーム分析や一部動画を見るかぎり、指名確実という絶対的な選手ではないよう。それでも確かな球速があり、ドラフト候補としてはマークできる素材ということでしょうか。

やはり詳細に関しては、実際に見てみないとなんとも言えません。出来れば春季リーグ戦に、その投球を確認してみたいですね。期待して、その日が来るのを今から楽しみにしております。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.