東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年 選抜レポート2
大会初日第二試合 福知山成美 VS 山梨学院大付

福知山成美の左腕・石原 丈路(3年)投手は、旧チームでも見たことがない投手だったので、ぜひ見てみたかった一人。182/72 の均整の取れた体格から、MAX140キロを記録する左腕だと訊いていたからだ。

今日の試合を観る限り、球速は130キロ前後と前評判ほどの勢いはなかった。特に残念なのは、まだボールにグッと体重が乗り切らないので、その点で球威・勢いが伴わない。変化球は、左腕らしい大きなカーブとのコンビネーション。他にもスライダー・スクリュー系のボールも併せ持つというが、試合を観る限り数えるほどしか投げていなかった。けして筋の悪い投手ではないが、関西の大学などに進んで素質が開花するのを待つ、そんな感じの選手ではないのだろうか。

山梨学院大付は、各打者振り込んでいるのかスイングの鋭さが目を惹いた。ドラフト候補と言われる 菊池 海斗(3年)遊撃手は、広角に打つ打撃が持ち味で、右方向にも強い打球を飛ばせるのが特徴。ただし昨夏も見て思ったが、ドラフト候補と言うほどのインパクトは打撃にないし、遊撃手としてもフットワークなどを見ていると心もとない。力のある選手ではあるが、夏まで候補として追いかけてみたいというほどの魅力は感じなかった。

むしろ目を惹いたのは、1番の 金城 義(3年)中堅手の鋭いヘッドスピード。身体を揺らがない受け身の構えは気になったものの、甘い球を逃さない「鋭さ」を持っている。また出塁すると、すかさず盗塁を決めるなどスピード感溢れるプレーヤー。167/68 の小柄な体格と、思ったほど地肩が強くなかったことを考えると、やはり大学などに進むタイプなのだろう。

また4番を打つ 稲葉 皇介(3年)三塁手は、185/85 の恵まれた体格を活かし、強い打球を飛ばせるのが魅力。強打者だが、打球が上に上がるというよりは強烈な球足ではじき返すタイプの強打者といった選手だった。打つだけならば、3番の菊池よりもインパクトは上だと言えよう。

福知山成美では、4番の 前田 涼太(3年)三塁手の、打球の速さが際立っていた。ノーステップで送球できる強肩とヘッドを立てながら外角の球を捉えられる技術もあり、大学などでも通用する打者ではないのだろうか。

またヤクルト・西田 明央(北照)捕手の弟である 西田 友紀(3年)遊撃手は、ヘッドスピードなどスイング自体は平凡だったものの、ボールの呼び込み方が上手く、鍛え方次第では、まだまだ伸びる要素がありそうな選手だった。兄のようなドラフト候補云々ではないが、夏までの成長次第では大学などで野球を続けて行ける可能性が残されている。

全体的には、野手にタレントの多い試合といった感じだった。夏に再び甲子園を目指すためには、両チーム共に投手陣の更なる成長・充実を図る必要が求められそう。

石原 丈路(福知山成美3年)投手 182/72 左/左
前田 涼太(福知山成美3年)三塁 174/75 右/右
西田 友紀(福知山整備3年)遊撃 173/75 右/右

金城  義(山梨学院大付3年)中堅  167/68 右/右
菊池 海斗(山梨学院大付3年)遊撃 178/73 右/右
稲葉 皇介(山梨学院大付3年)三塁 185/85 右/右


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.