東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年 選抜レポート4
大会二日目第一試合 駒大苫小牧 VS 創成館

駒大苫小牧の先発 伊藤 大海(2年)右腕は、中背の体格から投げ込むオーソドックスなタイプ。普段の球速は、130キロ前後ながら、勝負どころではMAX139キロのストレートを投げ込むように、力を入れた時のボールは素晴らしい。普段は小さく横滑りするスライダー、何やら縦に鋭く落ちる変化球を併せ持つ。またバッティングもスイングが鋭いだけでなく、膝を柔らかく使えるミート力もあり、投打に才能を秘めた野球センスの高い選手。来年のドラフト候補とかそういったスケールは全く感じないが、夏には140キロ台の大台に乗っけてきても全然不思議ではないだろう。

創成館では、2番手で登板した 立部 峻長(3年)右腕の厚みのあるストレートが目を惹いた。コントロールはアバウトだが、常時135~MAX139キロを記録し、馬力のあるタイプだけに夏には140キロ台に到達しそう。スライダーとのコンビネーションという単純なピッチングスタイルではあるが、大学などで大きく華開くかもしれない。

野手では、苫小牧の核弾頭 伊藤 優希(3年)中堅手が、やはり抜けている。右打席から、4.1秒台(左打者換算で3.9秒台)で走り抜ける脚力を活かし、この試合でもニ盗・三盗 を決めるなど走力には光るものが。元々このチームでは、ボールを捉えるセンスも一人抜けたものがある選手だった。上のレベルを意識すると、まだスイングの弱さなどを感じるので、木製バットでの打撃に対応するのに、少し時間がかかるかもしれない。いずれにしても、有力な大学で野球を続けて行ける素材だろう。

創成館では結果は出なかったものの、主将の 牧野 慎也(3年)遊撃手の、遊撃守備が気になった。新チーム結成以来の33試合で、ショートで失策3個という堅実性もあり、できれば生で試合前練習をじっくり見てみたいと思わせる選手だった。

ややタレントという意味では地味な印象を受けた試合だったが、まだまだ両チームには今日投げなかった選手に面白そうな選手が控えていそうで、その点でもう少しいろいろな選手を見たかったなぁというのが残念ではあったのだが。

伊藤 大海(駒大苫小牧2年)投手 174/71 右/左
伊藤 優希(駒大苫小牧3年)中堅 175/68 右/右

立部 峻長(創成館高校3年)投手 175/70 右/左
牧野 慎也(創成館高校3年)遊撃 173/75 右/右


大会二日目第二試合 池田 VS 海南

なんと言ってもこの試合の注目は、海南のエースで4番であったはずの 岡本 真幸(3年)右腕になるはずでした。しかし練習試合で骨折したためベンチにこそ入りましたが、出場できず。元来ならば、球威のある140キロ台のストレートで、ドラフト候補としてスカウトから注目される存在であったはず。ストレートは一級品も、変化球や総合力に課題があり、その辺が一冬越えてどうなのか?というのが注目のはずでした。夏の和歌山大会までになんとか回復して頂き、再度元気な姿で甲子園に戻って来て欲しい一人です。実戦力よりも、馬力で押す剛球タイプ。

池田も海南と同じく、27年ぶりの選抜出場だとか。その原動力になったのが、エースの 名西 宥人(3年)右腕。右スリークオーターから、キレのある球が持ち味。今日は130キロ前後と、ボールの勢い・キレともイマイチでしたが、好調時には140キロ近い球を投げ込みます。カーブ・スライダー・シンカーなどの持ち球は変わりませんが、イニングが進むにつれて相手に馴れられてしまう底の浅いピッチングが課題。今日は、9回を三失点しながらも、粘り強く投げきりました。肉体のポテンシャルよりも、野球センスに秀でた好投手。

池田は、今日は打線の中心である4番 岡本 昌也(3年)三塁手よりも、名西を全身を使ってリードしていた 三宅 駿(3年)捕手の、好守による頑張りの方が目立っていた気が致します。この選手の頑張りが、好投手・名西のピッチングを引き出しているのだと実感致します。

海南では、旧チームから活躍する1番 福田 力(3年)二塁手の逆らわない巧打に加え、再三のファインプレーでチームを助けていた 空山 侑大朗(3年)遊撃手に、最後の最後でミスが出てしまい後悔の残るサヨナラ負けとなってしまいました。

しかし投打の絶対的な柱である 岡本 真幸 を欠きながら、伝統の池田高校を終盤までリードした経験は、必ず夏に生きるのではないのでしょうか。タレントとしては少々物足りない試合でしたが、試合としては大変興味深いゲームだったと言えるのではないのでしょうか。

岡本 真幸 (海南3年)投手 180/83 右/右
福田 力   (海南3年)二塁 165/64 右/左
空山侑大朗(海南3年)遊撃 173/63 右/右

名西 宥人(池田3年)投手 170/64 右/右
三宅 駿  (池田3年)捕手 170/70 右/左
岡本 昌也(池田3年)三塁 173/78 右/右


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.