東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年 選抜レポート11
大会4日目・第三試合 智弁和歌山 VS 明徳義塾

明徳義塾の先発・岸 潤一郎(3年)投手は、一年生の頃から活躍全国でもお馴染みの好投手。サイドに近いスリークオータから、常時130キロ台後半~MAX143キロのストレートと、球速はそれほど伸びていなかったが、ベース板の上を通過する時の球威は、ワンランク力強さを増した印象。更に序盤戦は、140キロ台を超える球が多かった。

投球の8割はストーレートといった配球で、変化球は小さく横滑りするスライダーとシンカー。追い込んでから、打者を仕留めきれるほどの決め手はないものの、勝負どころでコースを間違わないストレートのコントロールで、延長15回を1失点で投げ込んだ。そういった体力・精神力の強さは、並の高校生ではない。同じようなタイプでは、岸本 淳希(敦賀気比-中日育成)投手などがいるが、ややストレートが物足りなかった岸本に比べると、ストレートの威力・投手として総合力は、岸の方がワンランク上だと言えよう。ドラフト順位にこだわらずプロ志望を貫けば、中位~下位指名ならば充分指名されるだけの力はあると評価する。素材としての伸び代はもうあまり感じられないが、意識とマインドの良さがあり、少しずつ何かを敏感感じ取って行けるタイプの投手ではないのだろうか。

タレントいう意味では、対戦相手の智弁和歌山は素晴らしかった。一番の 大畑 達矢(3年)遊撃手は、「報知高校野球」では、センターとして紹介されている。構えからして筋の良さそうな選手であり、遊撃守備も安定しており野球センスの高さが感じられる。

高嶋監督もそのパワーを絶賛する 山本 龍河(2年)中堅手は、タレント揃いのチームの中でも打者としての資質は一番だった。打席での雰囲気、ライトスタンドに叩き込んだパワーなど、来年は全国を代表するスラッガーとして話題を集めそう。打球判断の悪かった守備の向上を、今後は期待したい。

また4番を務めた 長 壱成(3年)捕手も、キャッチング・リード含めて捕手らしい捕手であり、更に猛肩の片鱗を垣間見せた試合だった。打撃も、このメンバーの中で4番を務めるように、捕手として必要な能力は充分ある。不思議とこれだけの資質を持っていながらプロの臭いはして来ないが、六大学などの伝統ある学校に進んでプレーを続けて行けそうな好捕手。

他にも、ボールを呼びこむセンスに優れた5番・片山 翔太(3年)左翼手や来年は山本と共に破壊力抜群の打線を形成しそうな雰囲気バツグンの春野 航輝(2年)右翼手など、下級生にもタレント揃い。

また試合途中で登板したエースの 東妻 勇輔(3年)右腕は、力が入り過ぎという印象は受けた。しかしコンスタントに140キロ台を記録し、MAX144キロ。スライダーとのコンビネーションで、想像以上のスピード能力の持ち主。コントロールのアバウトさが、最後のワイルドピッチにもつながってゆく。

試合の方では、好投手タイプだった岸(明徳義塾)投手に、プロの匂いがしてきたことが収穫。更に智和歌の選手たちには好選手が多く、卒業後は有力大学などでの活躍を期待させる面子が揃った。更に山本・春野などの下級生達は、更に来年スケールを上回るチームを作る可能性があり、非常に楽しみなチームだった言えよう。

東妻 勇輔(智弁和歌山3年)投手 170/69 右/右
長   壱成(智弁和歌山3年)捕手 181/74 右/右
大畑 達矢(智弁和歌山3年)遊撃 181/71 右/左
片山 翔太(智弁和歌山3年)左翼 179/79 右/左
山本 龍河(智弁和歌山2年)中堅 182/86 右/左
春野 航輝(智弁和歌山2年)右翼 184/90 右/右

岸 潤一郎(明徳義塾3年)投手 175/73 右/右


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.