東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年 選抜レポート14 最終回
大会六日目第一試合 横浜高校 VS 八戸学院光星

高校球界を代表する左腕・伊藤 将司(横浜3年)投手は、立ち上がりこそ無難に乗り越えたものの、明らかに身体が重苦しくボールの切れ・球速がなかった。その一方で光星学院の打者達は、この時期の高校生とは思えない鋭いスイングで、伊藤に襲いかかってゆく。

この試合の注目は、なんと言っても横浜高校の二人の野手。1番を打つ・浅間 大基(3年)中堅手は、先日スポーツ新聞でデカデカと巨人の1位指名の見出しが踊ったほど。しかしこのオフシーズンには疲労性の骨折で、選抜での出場も危ぶまれたところをなんとか間に合わせた。それでもライト線のツーベースなど2安打を放ったところは、さすがだと言えよう。この選手のボールを捉える感覚の良さはピカイチだし、ボールをポーンと高く上げ中々落下して来ない打球からも、潜在能力は全国屈指の外野手であるのは間違いない。

中堅守備も落下点への入りが上手く地肩も結構強いし、実戦で走れる走力など三拍子のバランスにも優れる。ただ何処か横浜高校の選手に見られがちなのんびりしたところがあり、潜在能力の半分も出せていないじゃねぇ?と思うことも少なくない。いずれにしても、けして長距離打者でもなければ、守備・足がプロに混ぜて図抜けていると言ったほどの選手でもない左打ちの外野手だけに、ドラフト上位で消えるということは、よほどのことがない限りないだろう。将来的には、高校時代を見ていてこんな長打力あったの?とプロ入り後驚かされた 多村 仁志(DeNA)外野手の左打者バージョンみたいに育つのではないかと思っているのだが・・・。現時点のプレーを見るかぎりは、3,4位ぐらいでの指名に結局は落ち着きそう。

もう一方の、高濱 祐仁(3年)遊撃手も、どこかぽわ~んとしており、浅間と共にまだ持ち得る能力の半分ぐらいでプレーしている気がする。それでも浅間同様に長打を含めてヒットを連発してしまうあたりは、ポテンシャルの高さは全国でも指折りの素材なんだろうとは思う。

特に初回、ランナーニ・三塁の一塁の空いている場面で、初球明らかに外したボール球を投げられた。ここで県大会みたいに敬遠されるのかな?と脳裏をよぎっても不思議ではない場面。しかし集中力を切らさず、続く2球目の甘い球を逃さなかったところは見事であった。高濱はまた、岡本 和真(智弁学園)あたりと違って、意外に守れる守備力がある。プロで遊撃は無理だとしても、二塁あたりならばこなして行けるだけのものは持っていると評価する。強打の二塁手という付加価値でアピールできれば、2位・3位あたりでの指名は充分期待できる素材だろう。むしろ内野手・右打ち・長打力というアピールポイントがある分、浅間よりもドラフトでは高い順位で取られる確率は高いように思える。

光星学院では、やはり 北條弟こと 北條 裕之(3年)三塁手が目立つ。背番号6をつけながら三塁を守っていたが、神宮大会で「コイツ野球を舐めているのか」と私を激怒させたような雑な守備を魅せられるならば、三塁あたりを無難に守った方がチームのためだろう。ただ今日のボール捌きを見ていても、北條自体の意識が変わっているようには思えない。光星が全国に後一歩届かないのも、こういった細かいプレーをしっかり指導できないからだといつも思うのだが・・・。

それでも野球への姿勢には疑問を持つが、持っているポテンシャルの高さは兄にもヒケを取らないぐらいの器の持ち主。しかし兄が甘い球を逃さない「鋭さ」を持ったプレーヤーだったのに対し、この選手も才能だけでプレーしている印象は否めない。それも意識という意味では、高濱・浅間の横浜勢に比べ、遥かに低い次元である。少なくても長打が売りではないタイプだけに、ニ遊間をキッチリ守れることが指名への条件になる。夏までプレーの変化を期待してみたいが、現実的には高校からの指名は厳しいのではないのだろうか。

光星は、二番打者だと思えない・足立 悠哉(2年)遊撃手の鋭いスイングや、選抜が最後となる台湾からの留学生・蔡 鉦宇(3年)一塁手の広角に強い打球を打てる強打などが目を惹いたが、ドラフト的な観点では北條だろう。

横浜は、伊藤の不調が痛かった。しかしそれ以上に、絶対的正捕手・高井 大地(横浜3年)捕手が手術明けで出場できず。また曲者であるはずの 川口 凌(3年)三塁手が持ち味を発揮できないまま終わるなど、消化不良の印象が残った。個々の能力は高くても、何処かのんびりしたムードの漂う横浜ナインが、この敗戦を糧に目の色が変わるのか注目したい。

一方光星学院のスイングの鋭さは、今大会でも全校の中で一番ではないだろうか。図抜けた選手はいないが、攻守にバランスが取れており、他チームとの力関係からも悲願の全国制覇も現実味を帯びたチームだと評価したい。

伊藤 将司(3年)投手 177/73 左/左
高井 大地(3年)捕手 173/76 右/右
川口 凌  (3年)三塁 168/63 右/左
高浜 祐仁(3年)遊撃 182/80 右/右
浅間 大基(3年)中堅 182/72 右/左

蔡   鉦宇(3年)一塁 173/78 右/左
足立 悠哉(2年)遊撃 166/63 右/左
北條 裕之(3年)三塁 175/72 右/右

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.