東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
岡本 和真(智弁学園・3年)一塁&三塁
岡本 和真(智弁学園・3年)一塁&三塁 183/95 右/右





         「注目されるなか打てたのは大きい」





選抜NO.1打者として注目される中、いきなりセンターバックスクリーンに叩き込んだ 岡本 和真 。続く打席では、センター方向に火の出るような打球を放って魅せ、三打席目は強引に引っ張ってレフトスタンドへこの日2本目のホームラン。確かに出来過ぎな感は否めなかったが、最も注目される緒戦において、そのプレッシャーをものともせずに結果を残したことは高く評価したい。

ただし彼の本当の技量を測るには、続く2回戦で対決する大会NO.1左腕・田嶋 大樹(佐野日大)との対戦にあった。レフトフライのあと、三振・三振 と抑えこまれ、ようやく4打席目に低めの球をすくって、ショート強襲のヒットを放って魅せた。昨夏から観て思っていた、対応力に少し弱さのあることを露呈したこと。特に低めに落ちて行くスライダーを、見極められなかった目と、その球を続けられて同じような空振りを繰り返す膝の固さは、素材として多少の疑問を持たざるえなかった。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間を、4.75秒弱ぐらいで走り抜けます。これを左打者に換算しても4.5秒弱程度で、走力はかなり見劣ります。実際もう少し早く走れそうですが、新チーム結成以来の52試合で6盗塁ですから、全く動けない選手ではありませんが、足を売りにするタイプではないことがわかります。プロでは、かなり遅い部類になるのは間違いありません。

昨夏見た時は、打球への反応・キャッチングは悪く見えませんでしたが、スローイングの際に腕が横から出るのが気になりました。しかしこの選抜では、いきなり三塁ゴロを取り損なうなど、プロの三塁手としては物足りません。もちろん投手として、140キロ台のボールを投げ込む地肩があるので、肩自体は悪くないのでしょうが。

結局チームでも、背番号5をつけながら一塁を守ります。将来的に何処を守らせればいいのか?あるいは、一塁というポジションで目をつむれるかどうかが、一つ評価の別れ目になるのではないのでしょうか。

現状、守備・走塁のレベルは、かなり低いと言わざるえません。

(打撃内容)

昨夏などは、どの試合でも結果を残すなど、やはり奈良では図抜けた打力の持ち主だとは思いました。しかし生粋のスラッガーという感じは致しませんが、選抜での打球を見るかぎり、飛距離は全国でも1,2を争う存在なのでしょう。昨夏の時点で通算37本塁を放っていたホームランも、春までに55本に到達。更に選抜で2本加え、ハイペースでホームランを量産しています。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで構え、グリップは高く添えた強打者スタイル。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスと平均的。構えとしては、それほど特筆すべきものはありません。

<仕掛け> 平均的

昨夏は、投手の重心が下る途中で動き出していたのが、今は丁度底のあたりで始動する「平均的な仕掛け」を採用。これは、ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離打者やポイントゲッターが多く採用します。

<足の運び> ☆☆☆

始動~着地までの「間」はある程度取れているので、速球でも変化球でもそれなりに対応。大きく足を引き上げてまわしこみ、真っ直ぐ踏み出していた足を軽くアウトステップして踏み出します。昨夏までは、膝を内に閉めてしまう癖がありましたが、その辺は改善。右方向にも打ち返すことは出来ますが、基本はセンターからレフト方向に巻き込みたいタイプ。

踏み込んだ足元もインパクトの際になんとか我慢できており、体の開きを抑えることができている。ただし田嶋大樹(佐野日大)左腕の、低めに切れ込むスライダーを同じように空振りを繰り返していたように、膝の送りが固いのが気になります。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を早めにつくることで、速い球に立ち遅れる心配はありません。前の肩が奥に入り込み過ぎる癖がありましたが、その辺は改善されてフラットになってきました。

バットを振り出す際に、少し体から離れて出てくる傾向があり、綺麗にヘッドが抜けて来ないのが気になります。それでもバットの先端であるヘッドを立てることで、ドアスイングになるのを防ぎます。昨年よりもフォローするーの使い方が上手くなり、ボールを遠くに運べるようになってきました。ヘッドスピード・打球の速さは充分木製バットで通用するものがありますが、ボールを捉える感性はあまり評価できません。

また田嶋に同じようにボールになる球を続けられ見極められなかったように、ボールを見る目はそれほど優れていないのではないかと思います。ボールを飛ばす能力は買いますが、ボールを捉える能力はそれほど評価致しません。

<軸> ☆☆☆

足の上げ下げが大きいので、目線はそれなりに動きます。体の「開き」はなんとか抑えられていますが、軸足が前に崩れるなど、やや体が突っ込む傾向にあるようです。強打者にしては、動作が忙しいのが気になります。

(打撃のまとめ)

以前よりは、なんでもかんでも打ちたいという傾向は薄まったものの、ボールを絞り込んで捉えるという技術は、正直あまり買えません。それでも三重高校戦での二本のホームランを見ていると、レベルの劣る相手の球ならば逃さず叩く「鋭さ」は身についてきたのではないのでしょうか。

根本的に対応力に物足りなさは残りますが、ヘッドスピード・打球の速さ、注目されるなか結果を残した点では、やはり今年の高校生でも3本の指に入る打者であるのは間違いないでしょう。

(最後に)

能力的には、毎年1人ぐらいは出る高校生スラッガーかなという印象はあります。それも守備・走力でのアピールに欠け、対応力に疑問が残るところもあり、個人的にはあまり好みではありません。

とは言っても、彼を指名しないで誰を指名するんだということになると思いますし、この選抜での活躍で評価は更に上がったことは間違いありません。中位~上位での指名は濃厚ではあると思いますが、プロでは時間がかかるのではないのでしょうか? 夏までに、さらに凄みを増してゆけば、文句なしの上位指名・あるいは1位指名になりそう。個人的には、世間の評判よりはテンション・評価は低めというのが現状の評価でしょうか。

蔵の評価:☆☆

(2014年 選抜)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.