東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
浅間 大基(横浜。3年)中堅手
浅間 大基(横浜・3年)中堅 182/72 右/左





         「ギラギラしたものが感じられない」





疲労骨折明けで、選抜でのプレーも心配された 浅間 大基 。オフの寸評でも潜在能力は相当高いのでは?と書いた選手で、スポーツ新聞では「巨人の1位候補」との見出しも大々的に出た。しかしその能力は認めるものの、高校からドラフト1位で指名されるほどの絶対的なものを感じたかというと、そこまでのものは感じられなかった。今回は、オフの寸評とも重複する部分が多いのだが、改めてこの選手のことを考えてみたい。

(プレースタイル)

名門・横浜高校において、一年から不動のレギュラーとして活躍。そのため極めて・走塁・守備・打撃ともハイレベルな技術の持ち主だといえよう。それでも何処かスマートにプレーしようという天才肌で、底から沸き上がるようなギラギラしたものが感じられない。何か垢抜けたものは感じても、凄みみたいなものが感じられないのだ。まだまだこの選手、持っている潜在能力の半分も出しきっていないのではないかという、歯がゆさも残る。

(守備・走塁面)

打球への反応、その後の落下点までのボールの追い方をみても狂いがありません。そのため普段から、余裕を持ってキャッチングできます。それでいて球際でのギリギリのプレーも上手く、高校生としては全国でもトップクラスの守備力があると言えるでしょう。また元投手だっただけに、肩も結構強い。レーザービームというほどの超強肩ではないにしろ、プロに混ぜても強肩として存在感を示せるはず。こと守備に関しては、今すぐ上のレベルに混ぜても、それほど遜色がないと評価できます。

一塁までの塁間は、4.1秒前後と際立って速いタイムではありません。これは、ドラフトに指名される左打者の平均的なタイム。しかし実際には、相手の隙を突くセンス・盗塁する勇気は持っているので、その走力以上に実戦的な走塁は期待できます。足で魅了するほどの絶対的なものがあるのかは微妙ですが、プロに混ぜても年間20盗塁ぐらいを記録できる脚力はあるのではないのでしょうか。

そういった意味では、守備・走塁にしても、比較的早い段階からプロに順応して行けるだけの技術があります。あとは本人がいかにそういったものに意識を傾け、その術を更に磨くかで位置づけは変わってくると思われます。

(打撃内容)

現状は、オーバーフェンスをするよりも、外野手の間や頭の上を越えてゆくような二塁打・三塁打が多い中距離タイプというイメージがあります。しかし練習試合でたまたま見た彼のセンターフライが、空高く上がって中々落ちて来ないのをみて、この選手の持っている潜在能力は相当高いのではないかと思うようになりました。これは、高校時代中距離打者にしか見えなかった先輩である 多村 仁志(DeNA)外野手が、プロに入って長打力に魅力を見出したような変化が、プロ入り後期待できるのではないかとみています。単なる中距離打者というよりは、中長距離砲への変貌を期待させます。

<構え> ☆☆☆☆

前足を引いた左オープンスタンスで、グリップの高さは高めに添えます。背筋をしっかり伸ばし、全体のバランス・両目で前を見据える姿勢も悪くありません。適度な緊張感のなかにも、リラックスした良い構えではないのでしょうか。

<仕掛け> 遅すぎる仕掛け

開いていた足をスクエアに戻し、リリース直前に小さくステップする「遅すぎる仕掛け」を採用。これだと打てるタイミング限られて、一定レベル以上の球速・キレにのある球に差し込まれやすい傾向にあります。

<足の運び> ☆☆☆

始動~着地までの「間」がないので、瞬時にいろいろな球には対応できず、狙い球を絞る必要があります。またベース側にインステップして踏み込んでくるので、内角の捌きも窮屈になりがち。どうしても右投手の内角に食い込んで来る球筋に対し、左のアベレージ打者がインステップすると率が残りません。それでも踏み込んだ足元はブレないので、外の球や低めの球には、開きを我慢して対応できます。打てるタイミング・捌けるコースが、かなり限定されているのではないかと推測します。

<リストワーク> ☆☆☆☆

始動の遅さを、比較的早めに「トップ」を作って対応できています。これによりに、速い球にもそれなりには対応できるようになっています。振り出しも、けしてインサイド・アウトの軌道ではありませんが、始動~インパクトまでにロスは感じません。真ん中~外の球を叩くには無理のないスイングではありますが、内角の捌きはどうでしょうか?

スイングの弧は、強打者らしく大きめ。フォロースルーを活かすようなタイプではないのですが、ボールを捉える部分が打球に角度をつけて捉えられます。見た目は線の細さを感じますが、打球やスイング自体は、結構強いものがあります。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが静かなので、目線は上下に動かず、ボールを的確に追うことができます。体の開きも我慢出来ていますし、軸足もそれなり。軸足を崩してでも、柔らかく膝を使えう選手なので、この辺はあまり気にしなくて良いでしょう。

(打撃のまとめ)

打撃フォームは、秋から全くいじっていないのではないかと思われます。まだまだスイングに凄み、打席での隙なし鋭さは、秋同様に感じられません。あくまでも、潜在能力の高さでプレーしている印象は否めません。

現状は、捌けるボールが限られており、その辺をいかに広げて行けるかでしょう。素材的には「柔らかさに」加え「強さ」もある素材だけに、今後どういったプレーヤーに進化してゆくのか楽しみです。

(最後に)

けして長距離打者ではない左の外野手ということで、ドラフト1位で指名するほどの需要があるのかは正直疑問。近年で似たタイプだと 駿太(オリックス)選手が1位で指名されたり、現在内野手ですが高校時代は外野手だった 西川遥輝(日ハム)が2位で指名された例などがありました。

そういった選手でも欲しいという需要があれば確かに上位指名になる可能性はあると思いますが、その能力の割に低い順位で取られることが多いタイプだとも言えるでしょう(イチローなどは4位)。現状では、3位前後の指名になると考えています。

ただし夏までに、何か明らかに凄みを増したとか意識が変わってきたというものを実感できるようになれば、真の1位指名候補に浮上して来るかもしれません。現状はまだ、そこまでの領域には至っていない、そういった物足りなさが残ります。

蔵の評価:☆☆☆

(2014年 選抜)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.